FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705


「1927年の南京事件への道」?・国共分裂と共産主義者らによる外国排斥工作・『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著10

 蒋介石と共産党との結局不可避的な分裂が始まったのはこの時であった。
そしてそれは内政に対してのみならず、外交関係に対しても重大な反響があった。
国民党の左右両翼が最も尖鋭に対立したのは、排外的煽動の問題においてであった。


条約改正に関しては右翼も左翼に劣らず積極的ではあったが、しかし右翼は先ず国内を統一し、外国も尊敬せざるを得ない国力を持つことによってこの目的を貫徹せんことを望んだ。
だが、国家改造の過程の1部として上海の金融業者からクレジットの便宜を得る必要があり、従って外人又は外国財団の憤懣を買うような行為は避ける必要があった。
それにしても内乱の目的を達するためには、民族的革命熱――それに乗じて党は政権を得んと望んでいた――を極度まで沸騰させることも必要であった。

不幸にして、排外宣伝の実行と、結局において金融王たちと巧く取引し得るような政策とを結びつけることは容易ではなかった。
一旦煽動された愛国的情熱はもはやブルジョア政治家達が制御しきれないほど猛烈なものとなっていたからである。



 共産主義者は直ちにこの情勢を利用した。
反帝国主義闘争を、もはや妥協の余地ない程度にまで激化せしめることは彼等の利益であった。

もし蒋介石が上海財団と取引の手を打ってしまえば、国民党革命はブルジョア的基礎において安定し、共産主義者は冷遇されるだろう。
反対にもし条約諸強国を怒らせて武力干渉をやらせることができれば、その時にはもはや「穏和」な国民主義の存在の余地はなくなるだろうし、しかも新たな外敵侵入の重圧と混乱の裡に共産主義者は暴力的な大衆蜂起を誘致する機会を見出し得るかもしれなかった。
また、外人殺害や外国財産掠奪の手段による挑戦は、条約諸強国特に英米を困惑的立場に追い込むことができるという希望もあった。

そうなれば、一方で被害者たる在支の外人及び利権筋が躍起となって干渉を要求するだろうし、他方では平和主義者や、支那の民族主義運動に同情する反帝国主義的世論の烈しい反対が起こるであろうからである。


P183
『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著(1939年)










1924年、共産党員の毛沢東らが、国民党に入党し、第1次国共合作が成立した。
反帝国主義闘争としてソ連と協調し、共産主義を受け入れ、助け合おうとしたのだ。
蒋介石がソ連留学して軍事行政学を学び、ボロディンら数十名のコミンテルン顧問が、広東に招かれた。

ところが、外国排斥運動をめぐって、国民党の右翼と、共産主義者を含む左翼は分裂し始める。

1926年、蒋介石は北伐を開始し、北伐軍は、長沙、漢口、福州、杭州・・・と次々と侵略に成功し、1927年3月、北伐軍は、更に上海、南京と立て続けに占領していった。

国民党右翼と外国勢力を分裂させるために、共産主義者ら左翼は外国排斥テロ活動を狙っていた。



次回に続く。










■関連記事


1927年の「南京事件」・最低だった幣原宥和外交
第5章日本は侵略国か、それとも権利を侵された国か
『シナ大陸の真相1931~1938』K・カール・カワカミ著4
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14335293.html


【今日は何の日?】1927年:南京事件が起こる・蒋介石の北伐軍が外国領事館などを襲撃
強姦・虐殺『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著
最低の幣原宥和外交『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16589572.html

<TBS>街頭インタビューに同一人物を呼ぶ・「サンデージャポン」・不祥事が続くTBSの免許を剥奪しチャンネル桜に替われ!


<TBS>街頭インタビューに同一人物を呼ぶ
4月7日0時34分配信 毎日新聞

 TBSの情報バラエティー番組「サンデー・ジャポン」で、番組スタッフから取材日時の事前連絡を受けて街頭インタビューに登場した男性がいたことがわかった。男性は、秋葉原の「オタク」に時事問題についての意見を聞くコーナーに昨年12月から今月にかけて4回登場し、このうち2回は事前連絡を受けていた。
 TBS広報部は、最初の2回は偶然マイクを向けたものだとし、事前連絡を受けて登場した2月の放送については「『街行く人に聞いてみた』とナレーションが付いており、通りがかりの人だと誤解されかねないものだった」と不適切さを認めた。金品の授受などは一切ないという。
 しかし、同一人物を意図的に登場させたことについては「個性的なキャラクターが番組にぴったりだったので連絡した。発言内容は誘導しておらず、バラエティー番組の演出の許容範囲内と考えている」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000007-mai-soci









TBSは、チャンネル桜に替われ!





TBSの主な不祥事(最近1年のみ)


2006年
5月
番組で紹介した白インゲン豆ダイエットを試した視聴者が多数入院

6月
筑紫哲也の「ニュース23」で、“超訳”
靖国神社に、「行くべきでないと強く感じているわけではない」と語ったヘンリー・ハイド米下院議員のコメントを、「行くべきではないと強く思っている」と日本語字幕を付けて放送。

7月
報道番組「イブニング・ファイブ」の731部隊に関する捏造報道の中で、内容と関係のない安倍晋三官房長官の顔写真を映す

8月
「KUNOICHI」収録中、一般参加者の1人が感電して病院で手当てを受けるが、総務省などに届け出ず


2007年
1月
「みのもんたの朝ズバッ!」で不二家が賞味期限切れチョコ再出荷と捏造報道

2月
頭のよくなる音・ハイパーソニック音で過剰表現・論文無断使用

サンデー・ジャポンで柳沢発言を不適切編集

3月
「人間!これでいいのだ」で捏造発覚

TBSの情報番組「サンデー・ジャポン」が11日の放送で柳沢伯夫厚生労働相の発言を不適切に編集

“2ちゃんねるそっくり”掲示板放映 TBS「担当者が作成」

「新SASUKE2007」の収録で、お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」のメンバー小杉竜一(33)が左肩を脱臼する事故などを隠蔽

漢字バトン

【フイルターを取って見る。】のhinokumagensaiさんから漢字バトンを戴きました。
http://blogs.yahoo.co.jp/hinokumagensai/30624499.html

受け取るまで好きな漢字など考えたこともなかったのですが、泥縄式に設問に答えてみました。






1)好きな漢字3つ

hinokumagensaiさんは、画数とか字体(形)を考慮して選んでいましたが、私にはそのような知識や意識や知識がないので、自ずと意味を重要視した選択になりました。


?【快】 
快感、快適、快刀乱麻、快楽、爽快、快音、快諾、快挙、快勝、快晴、快気祝いなど・・・・・心地よく感じるからです。

?【真】
真実、真理、真心、天真爛漫、真剣、真実一路など・・・・・心が洗われるうように感じるからです。
私のブログのテーマも言い換えれば、【真実の歴史、真実の外交、真実の国防】を実現させようとするものです。

?【夢】
人間という生き物は他の動物と違って、辛くなると死にたくなる人がいる生き物で、実際に自殺してしまう者も後を絶ちません。
そんなとき、人を支えるのは夢や希望ではないでしょうか。
動物にも夢があるかもしれないし寝ているときに夢を見るかもしれませんが、仮にそうだとしても、やっぱり夢が良いものでしょう。
私の夢は日本が普通の国になることです。
今のように、歴史に嘘を吐き、外国や国賊どもの利益を重視した外交をし、日本国民の生命・財産を危険に曝したままの防衛政策を打破して普通の国にすることです。
とりあえず、目先のささやかな夢としては、7月の参議院選挙で「維新政党・新風」が議席を獲得することです。



2)前の人が伝えたあなたをイメージする漢字は?

【情】 (憂国愛郷、正道猛進)



3) 漢字をどう思う?

支那文字。日本で役立っている数少ない支那起源のもの。朝鮮人は完全に捨て不自由しているが、日本人は上手く採り入れて有効活用している。



4) 好きな4字熟語を3つ

 【切磋琢磨】

 【不屈不撓】

 【質実剛健】



5)次にバトンをまわす人のイメージを漢字で!

私から一方的に指名するのは気が引けます。
どなたか、引き受けてくださる方は居ませんでしょうか?
m(._.)m
やってみると意外と面白いです。

もしも、自ら引き受けてくれる方が2~3人以上現れてくれなければ私から一方的にどなたかを指名させてもらいますので、絶対に嫌な方がいらっしゃいましたら、コメント欄にひと言
 「私は嫌」 と書いてください。

次にバトンをまわす人のイメージの漢字は、その方が決まり次第「修正」してここに掲載します。

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.