FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
202206<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>202208
秋田県知事「核保有の議論を」!公明党「核共有、日本の信頼損なう」・支那、ロシア、北朝鮮が核使用
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」
秋田県の佐竹敬久知事
「政治家には核兵器保有も含め、真剣な防衛政策の在り方の議論を始めてもらいたい」
「日本人を平和ボケ状態にした憲法9条はいますぐにでも改正するべきだ」






支那は、日本全国に核ミサイルの照準を定めた上で、日本の領土を自分の領土だと言い張り、日本の領海侵犯や領空侵犯の常習犯20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、
支那は、何十年も前から、日本の全ての大都市に核ミサイルの照準を定めている!
支那は、日本全国に核ミサイルの照準を定めた上で、日本の領土を自分の領土だと言い張り、日本の領海侵犯や領空侵犯の常習犯となっている!




20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」
4月25日
北朝鮮の金正恩は『核兵器を最大限、急速に強化・発展させる』として、核兵器の先制使用も辞さないと表明した!
北朝鮮・金正恩総書記
「核武力を質・量ともに強化し、任意の戦争状況で、様々な作戦の目的と任務に応じ、様々な手段で、核戦闘能力を発揮するべき。我々の核武力の基本的使命は戦争抑止だが、いかなる勢力も、我が国家の根本的利益を侵略するなら、我が核武力は第2の使命を決行せざるを得ない




20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」
4月27日
ロシアのプーチン大統領
ウクライナへの軍事作戦に介入する国に対して、核兵器の使用を示唆
「電光石火の対抗措置を受けることになる」
「(ロシアは)他国にない兵器を保有しており、必要な時に使う」

改めて核恫喝!






20220430秋田県知事「核保有の議論を」!公明党「核共有、日本の信頼損なう」・支那、ロシア、北朝鮮が核使用
公明党の山口那津男代表
「日本は核兵器のない世界を目指してリーダーシップを取るべきだ」
「日本が『核を共有する』と表明すれば、核不拡散の一角を破ることになりかねず、かえってリスクが高まる。不拡散の推進に反するような対応をとることは日本の外交姿勢の信頼性を損なうことになる」

4月26日の記者会見で





日本は、既に、支那、ロシア、北朝鮮などから核兵器で狙われている真っ最中なのだから、核抑止力のために今すぐ核兵器を保有しなければならない

プーチンや金正恩がやっている核恫喝だって、既に核兵器の使用の一種だ!

支那なんて日本全国の大都市に核ミサイルの照準を定めているのだから、日本の政治家が核武装しようとしないことは日本国民の生命や財産を守るという最低限度の責務を放棄していることになる!

秋田県知事はマトモであり、日本の核武装に反対し、日本国民の生命や財産を守る責務を放棄している岸田文雄や山口那津男らは、支那の犬であり、許されざる売国奴以外の何ものでもない!





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」
秋田県の佐竹敬久知事
「政治家には核兵器保有も含め、真剣な防衛政策の在り方の議論を始めてもらいたい」
「日本人を平和ボケ状態にした憲法9条はいますぐにでも改正するべきだ」

4月26日発売の月刊誌「WiLL」の記事で

https://www.sakigake.jp/news/article/20220427AK0008/
佐竹知事「核保有も含め議論を」「憲法9条改正すべき」 月刊誌で見解
会員向け記事 2022年4月27日 掲載、秋田魁新報
20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」

 佐竹敬久知事は26日発売の月刊誌「WiLL」の記事で「(政治家には)核兵器保有も含め、真剣な防衛政策の在り方の議論を始めてもらいたいとの見解を示した。また憲法に関しては「日本人を平和ボケ状態にした憲法9条はいますぐにでも改正するべきだ」と主張した。

 岸田文雄首相が核共有の議論を政府としてはしないと述べたことについて佐竹知事は「感情論だけでは日本は守れない。はじめから議論にふたをしてしまうのは言語道断だ」と主張。政治家が保有のメリットとデメリットを議論し、国民に説明しなければならないと訴えた。
(以下略)



https://www.sakigake.jp/news/article/20220428AK0001/
佐竹知事「核保有含め議論を」 「WiLL」掲載記事が波紋
有料会員向け記事 2022年4月28日 掲載、秋田魁新報
20220430秋田県知事「核保有の議論を」!公明党「核共有、日本の信頼損なう」・支那、ロシア、北朝鮮が核使用

 26日発売の月刊誌「WiLL」に掲載された佐竹敬久・秋田県知事のインタビュー記事が、波紋を広げている。「核兵器保有も含め、防衛政策の在り方の議論を始めてもらいたい」「日本人を平和ボケ状態にした憲法9条はいますぐにでも改正すべきだ」。こうした知事の主張に対し、県議会や市民団体などからは「理解に苦しむ」「真意が知りたい」といった声が上がっている。

 「公の媒体でこのように踏み込んで主張することは理解に苦しむ」。県議会のみらい会派の渡部英治氏は知事をこう批判する。唯一の戦争被爆国として非核三原則を掲げている日本で核保有の議論を進めようとすること自体が問題だと指摘した。

 一方、自民党会派の加藤鉱一氏はロシアのウクライナ侵攻や北朝鮮によるミサイル発射で国際情勢が緊迫化しているとし、「安全保障や国防について議論を深めるべきだという問題意識は理解できる」と話す。ただ、核兵器保有も含めた議論をすべきだとした点については「知事の発言は唐突で、違和感がある」と述べた。



佐竹敬久・秋田県知事の意見は、極めてマトモだ!

日本は、支那やロシアや北朝鮮などのならずもの国家(無法国家)から、核兵器で狙われているのだから、核武装しないことが異常なことなのだ!






現在、世界で最も滅ぼされるリスクの高い国は、日本と言っても過言ではない!

20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」



20220430秋田県知事「核保有の議論を」!公明党「核共有、日本の信頼損なう」・支那、ロシア、北朝鮮が核使用

20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」
支那は、何十年も前から、日本の全ての大都市に核ミサイルの照準を定めている!
支那は、日本全国に核ミサイルの照準を定めた上で、日本の領土を自分の領土だと言い張り、日本の領海侵犯や領空侵犯の常習犯となっている!


https://twitter.com/toshio_tamogami/status/1519819539013566464
田母神俊雄@toshio_tamogami
田母神俊雄@toshio_tamogami
岸田総理にとっては中国の日本侵略などあり得ないことなのかも。
独首相が来日して会談したが防衛費倍増の独に対し日本は数値目標を明示しないという。
防衛力増強への反対派がいる中でウクライナ事案が起きたことは国防態勢を整えるチャンスと思わないのだろうか。
危機が迫る。

午前8:23 · 2022年4月29日






20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」
4月25日
北朝鮮の金正恩は『核兵器を最大限、急速に強化・発展させる』として、核兵器の先制使用も辞さないと表明した!
北朝鮮・金正恩総書記
「核武力を質・量ともに強化し、任意の戦争状況で、様々な作戦の目的と任務に応じ、様々な手段で、核戦闘能力を発揮するべき。我々の核武力の基本的使命は戦争抑止だが、いかなる勢力も、我が国家の根本的利益を侵略するなら、我が核武力は第2の使命を決行せざるを得ない


https://news.yahoo.co.jp/articles/032c42ffb3de03c53a0c514e7b6660741ad0aca8
金正恩総書記「核の先制攻撃も辞さず」…どこに向けメッセージ?
4/27(水) 10:26配信、テレビ朝日系(ANN)
20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」
■動画

 朝鮮中央テレビは26日夜、朝鮮人民革命軍創建90年を記念する、軍事パレードの様子をおよそ2時間半にわたり伝えました。

 李雪主(リ・ソルジュ)夫人を伴い、「元帥服」と呼ばれる白い軍服姿で登場した金正恩総書記。

 子どもたちから花束を受け取ると、満面の笑みを浮かべ、頬に手を添えて言葉を交わすなど、子どもたちをねぎらうようなしぐさを見せました。

 パレードでは、大陸間弾道ミサイル「火星17」や、極超音速ミサイルとされる「火星8」、さらには新型のSLBM「潜水艦発射ミサイル」とみられる兵器も登場しました。

 そして、正恩氏は演説で、次のように述べました。

 北朝鮮・金正恩総書記:「核武力を質・量ともに強化し、任意の戦争状況で、様々な作戦の目的と任務に応じ、様々な手段で、核戦闘能力を発揮するべき。我々の核武力の基本的使命は戦争抑止だが、いかなる勢力も、我が国家の根本的利益を侵略するなら、我が核武力は第2の使命を決行せざるを得ない

 “核兵器を最大限、急速に強化・発展させる”として、核の先制使用も辞さないと表明したのです。

 この発言は、どこに向けてのメッセージなのでしょうか?

 コリア・レポート 辺真一編集長:「国際社会に向かって発した言葉だと。北朝鮮にとっての敵対勢力。主たる敵であるアメリカ、韓国、おそらく日本も加わると思う。特に、韓国の国防相がですね、“北朝鮮に核ミサイル発射の兆候があれば、先制攻撃も辞さない”発言をしたことに対して、北朝鮮なりの威嚇」

 核の使用については今月、妹の与正(ヨジョン)氏が、韓国との軍事対決が起きれば、核使用をためらわない意思を強調しましたが、今回の正恩氏の発言は、意味合いが全く違うと、辺氏は指摘します。

 コリア・レポート 辺真一編集長:「他の幹部の発言とは、段違いに重みが違うと思いますね。プーチン大統領も、核使用について言及しているけれども、自制が働いて、まだ核には手を付けていない。私だったら、プーチン大統領と違って、我慢はしませんよと。抑制しませんよと。脅迫に近いような、そういう意味合いを持っている点において、非常に強硬だなと」

 正恩氏は「いかなる勢力でも軍事的対決を望むなら、彼らは消滅するだろう」などと話しています。

(「グッド!モーニング」2022年4月27日放送分より)






20220430秋田県知事「核保有の議論を!憲法9条はすぐ改正すべき」・公明党山口「核共有、日本の信頼損なう」
4月27日
ロシアのプーチン大統領
ウクライナへの軍事作戦に介入する国に対して、核兵器の使用を示唆
「電光石火の対抗措置を受けることになる」
「(ロシアは)他国にない兵器を保有しており、必要な時に使う」

改めて核恫喝!


https://news.yahoo.co.jp/articles/c9af33cd204a1cea89f03a773b0bea4d78559594
プーチン氏、核使用改めて示唆 「他国にない兵器、必要な時に使う」
4/28(木) 5:32配信、毎日新聞
20220430秋田県知事「核保有の議論を」!公明党「核共有、日本の信頼損なう」・支那、ロシア、北朝鮮が核使用
ロシア・サンクトペテルブルクで演説するプーチン露大統領=2022年4月27日、AP

 ロシアのプーチン大統領は27日、ウクライナへの軍事作戦に介入する国に対し「電光石火の対抗措置を受けることになる」と述べ、ウクライナへの軍事支援を強化する欧米諸国をけん制した。DPA通信などが伝えた。また「(ロシアは)他国にない兵器を保有しており、必要な時に使う」とも強調。核兵器と直接は言及していないが、英メディアなどは「事実上の言及」とも報じており、改めて西側に警告した格好だ。

 プーチン氏はロシア北西部サンクトペテルブルクで開かれた議員関係の会合で演説。「他国にない兵器」について、「それをひけらかさず、必要な時に使う。皆がそれを知っておくべきだ」と述べた。

 プーチン氏はウクライナ侵攻後の2月27日、核抑止部隊に特別警戒態勢を取るよう指示するなど、これまでも核使用を示唆する発言を繰り返しているロシア国防省は4月20日、核弾頭搭載が可能な新型大陸間弾道ミサイル(ICBM)「サルマト」の発射実験に成功したとも発表。プーチン氏はこの時も「現代のあらゆるミサイル防衛(MD)にも打ち勝つことができる」と述べ、米国のMDシステムを突破できるとの認識を示した。

 米国防総省高官は20日のこのミサイル実験後、「責任ある核保有国に期待される発言ではない」と記者団に語っており、核保有国の指導者が使用の可能性を公然と口にする事態に国際社会からの懸念が高まっている。【ベルリン念佛明奈】



●関連記事
プーチンが核恫喝「ロシアは強力な核保有国!ロシアへの攻撃は侵略者の壊滅と悲惨な結果につながる」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8559.html




このように、現在、世界で最も滅ぼされるリスクの高い国は、日本と言っても過言ではない!

ところが、支那の犬であり、売国奴である岸田文雄や山口那津男などにとっては、日本国民の生命や財産などはどうでも良いことになっている。


https://www3.nhk.or.jp/news/html/20220426/k10013599601000.html
公明 山口代表 “核共有”に否定的考え「日本の信頼損なう」
2022年4月26日 13時55分、NHK
20220430秋田県知事「核保有の議論を」!公明党「核共有、日本の信頼損なう」・支那、ロシア、北朝鮮が核使用

アメリカの核兵器を同盟国で共有する「核共有」について、公明党の山口代表は、核の不拡散を推進してきたこれまでの対応を転換すれば日本の信頼を損なうと指摘し、否定的な考えを示しました。

公明党の山口代表は記者会見で、アメリカの核兵器を同盟国で共有する「核共有」について「岸田政権は非核三原則を堅持する姿勢であり、公明党も同様だ。日本は核兵器のない世界を目指してリーダーシップを取るべきだと述べました。

そのうえで「日本が『核を共有する』と表明すれば、核不拡散の一角を破ることになりかねず、かえってリスクが高まる。不拡散の推進に反するような対応をとることは日本の外交姿勢の信頼性を損なうことになる」と指摘し「核共有」に否定的な考えを示しました。

また、山口氏は「核共有」をめぐり、自民党内でタブー視せずに議論すべきだという声が出ていることについて「議論自体は否定すべきではないが、国の大きな方針に責任を担っていた人や政治的影響力の大きい立場の人は、発言を配慮して行う必要がある」と述べました。




日本は、既に、支那、ロシア、北朝鮮などから核兵器で狙われている真っ最中なのだから、核抑止力のために今すぐ核兵器を保有しなければならない

プーチンや金正恩がやっている核恫喝だって、既に核兵器の使用の一種だ!

支那なんて日本全国の大都市に核ミサイルの照準を定めているのだから、日本の政治家が核武装しようとしないことは日本国民の生命や財産を守るという最低限度の責務を放棄していることになる!

秋田県知事はマトモであり、日本の核武装に反対し、日本国民の生命や財産を守る責務を放棄している岸田文雄や山口那津男らは、支那の犬であり、許されざる売国奴以外の何ものでもない!






なお、核共有(核シェアリング)と言っても、実際には核ミサイルを管理して使用する権限をアメリカが握ったままなので、あまり日本の核抑止力とはならない!

あくまで、日本自身が核ミサイルを保有(核武装)し、日本自身が核ミサイルを管理し、日本自身が核ミサイル発射の判断と実行ができなければ、日本が核抑止力(報復の核ミサイル攻撃力)を保有したとは言えない!

核共有(核シェアリング)なんて面倒なだけだから、そんな無駄な議論はせず、できるだけ早く「日本の自前の核武装」の議論をして実現させるべきだ!





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

deliciousicecoffee@naiceice
https://twitter.com/naiceice




報道しない自由 - 「見えない東京の壁」とマスメディアの終焉 - (ワニブックスPLUS新書)
西村 幸祐 (著),(2022/2/25)



[新版]日本国紀〈上〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)



[新版]日本国紀〈下〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)




美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)
高市 早苗 (著) 2021/9/19




命がけの証言
清水 ともみ 著(2021/1/24)




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!





日本は、支那やロシアや北朝鮮などから核兵器で狙われている真っ最中なのだから、すぐに核武装しなければならない!」
秋田県知事はマトモであり、日本国民の生命や財産を守る責務を放棄している岸田文雄や山口那津男らは、許されざる売国奴だ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

日本が自前の核を持つしかない理由・ウクライナ戦争で見えてきた【米国は頼りにできない】長谷川幸洋
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20220423日本が自前の核を持つしかない理由・ウクライナ戦争で見えてきた【米国は頼りにできない】長谷川幸洋

長谷川 幸洋

■ウクライナ戦争で見えてきた、日本が「自前の核」を持つしかない理由

(要約)

■米国は守ってくれない

今回のウクライナ戦争は、この核心部分に疑問を抱かせてしまった。米国はウクライナに軍事支援しているが、米軍を派遣していない。
なぜ、派遣しないのか、といえば、ロシアが核保有国であるからだ。つまり、ロシアと核戦争になるのを恐れている。

そうであれば、同じ核保有国の中国が日本を核で威嚇しつつ、尖閣諸島の奪取に動いても、米国は米軍を派遣しないかもしれない。
それどころか「核による報復を控えるのではないか」という類推が働く。

中国もそう考えて、尖閣攻撃をためらわない。つまり、米国の核抑止力が低下したのではないか。

 中国だけでなく、ロシアも北朝鮮もそう考えるかもしれない。

私は「米国との核共有だけで十分か」と思う。米国が中国との核戦争を避けるなら、尖閣が襲われたとき、ウクライナと同じように、多少の軍事支援はしても、本格的な対決を避けるかもしれない。衝突が核戦争に発展し、米国本土が核攻撃される事態を避けるためだ。

そもそも「米国自身が中国に攻撃されたわけではないのに、自国が核の反撃で破滅するリスクを負ってでも、同盟国を核の威嚇ないし攻撃で支援する」という話が合理的とはいえない。どの国も、同盟の約束より「自国の生存」が最優先であるのは当然だ。

だが、核の脅威と核戦争のリスクは現実になった。日本はどうやって、自分を守ったらいいのか。私は「自前の核能力も身につけるべきだ」と思う。

 そのためには、ウランの調達や核実験をどうするか、といった実務的問題に加えて、憲法を改正する必要もある。ハードルは非常に高い。それでも、自前の核開発を主張することが、米国に核共有を同意させる説得材料になるかもしれない。



とても良い寄稿だ!

米国は、ニューヨークやロサンゼルスやシカゴやワシントンDCなどに核ミサイルを撃ち込まれる覚悟をして、日本のために支那やロシアと本気の戦争をするわけがない!

馬鹿でも分かることだが、長谷川幸洋もやっと確信を持ったようだ。

マトモな思考力があれば誰でも分かることだと思うが、ピンと来ない平和ボケ日本人も結構多い。

長谷川幸洋の結論は、「日本も自前の核を持つしかない」だ!






ただ、長谷川幸洋の寄稿にある「そのためには、ウランの調達や核実験をどうするか、といった実務的問題に加えて、憲法を改正する必要もある。ハードルは非常に高い」は蛇足だ!

上記は、全て、日本の「自前の核」に反対する連中の屁理屈に過ぎない!


▼ウランの調達▼

「ウランの調達」こそ、「戦争回避」と違い、外交交渉や外交努力で何とでもできることだ!

また、ウランは、海水や海藻からも採取可能であり、今でもコストや時間をかければ調達可能であり、今後の科学技術の進歩によって更にコスト削減や時間短縮が可能になる!




▼核実験▼

まず、日本での核実験は「絶海の孤島の地下」「廃坑になった炭鉱跡」などで可能だ。

次に、「掘削船ちきゅう」は、世界最深の海底下約7,500メートルまで掘削する能力を備えているので、この能力を利用すれば、核実験の場所には困らない。

さらに、外国で核実験を行なうことも可能かもしれない。
実際に、冷戦初期の英国でも同様の議論があり、1952年10月にオーストラリアで英国最初の核実験を成功させた。
やがて、英国は70年代には米国のネバダ地下核実験場を借りて何度も実験を行った。
日本も、米国やインドなどに打診してみると良い。

最後に、コンピューター・シミュレーション技術での開発、製造も十分に可能!
核実験があまりにも面倒なら、実験なしで開発、製造しておけば良い。
コンピューター・シミュレーション技術などを活用して開発・製造しておけば、危機が迫ったときに念のために核実験を行なって配備するまでの時間も大幅に短縮できる。




▼憲法を改正しなくても核武装は可能▼

令和4年(2022年)2月24日、近藤正春・内閣法制局長官「以前も述べたが、自衛のための措置、防衛のための最小限の核使用なら否定されるものではない!」

現行憲法(GHQから押し付けられえた日本を滅ぼすための日本国憲法)のままでも、日本の核武装や核兵器使用は可能だ!

「自衛のための措置、防衛のための最小限の核使用」なんて、何とでも理屈を付けることができる。





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




https://news.yahoo.co.jp/articles/763ede5c29cdd9d3446805cf5d58a544918b5060
ウクライナ戦争で見えてきた、日本が「自前の核」を持つしかない理由
4/22(金) 6:32配信、現代ビジネス

米国は守ってくれない
20220423日本が自前の核を持つしかない理由・ウクライナ戦争で見えてきた【米国は頼りにできない】長谷川幸洋
長谷川 幸洋(ジャーナリスト)

■米国は頼りにできない…?

20220423日本が自前の核を持つしかない理由・ウクライナ戦争で見えてきた【米国は頼りにできない】長谷川幸洋
米国のバイデン大統領[Photo by gettyimages]

 ロシアによるウクライナ侵攻は、日本の安全保障にも深刻な課題を突きつけている。日本はロシアだけでなく、中国や北朝鮮といった核保有国に周辺をぐるりと囲まれている。そんな国が日本を攻撃するのを抑止するのに、はたして米国は頼りになるのか。

20220423日本が自前の核を持つしかない理由・ウクライナ戦争で見えてきた【米国は頼りにできない】長谷川幸洋
【写真】プーチンが核ミサイルで狙いうる「日本の都市」の場所

 なかでも、多くの日本人が懸念しているのは「中国が沖縄県・尖閣諸島の奪取に動くのではないか」「そのとき、米国はどこまで助けてくれるのか」という問題だ。

 米国は、これまで繰り返し「尖閣諸島にも日米安保条約第5条を適用する」と表明してきた。最近では、2021年10月5日の岸田文雄首相とジョー・バイデン大統領による電話会談でも、その点が確認された。

 第5条は、日米両国が「日本国の施政の下にある領域における、いずれか一方に対する武力攻撃が、自国の平和及び安全を危うくするものであることを認め、自国の憲法上の規定及び手続に従って共通の危険に対処するように行動することを宣言する」という規定である。

 この条文を「尖閣諸島にも適用する」とは「島が攻撃されれば、米国は支援する」という意味だ。だが、どう具体的に支援するのかは、明らかになっていない。状況次第という話だが、ここが日米同盟の核心であるのは間違いない。

 今回のウクライナ戦争は、この核心部分に疑問を抱かせてしまった。米国はウクライナに軍事支援しているが、米軍を派遣していない。
なぜ、派遣しないのか、といえば、ロシアが核保有国であるからだ。つまり、ロシアと核戦争になるのを恐れている。


 そうであれば、同じ核保有国の中国が日本を核で威嚇しつつ、尖閣諸島の奪取に動いても、米国は米軍を派遣しないかもしれない。それどころか「核による報復を控えるのではないか」という類推が働く。中国もそう考えて、尖閣攻撃をためらわない。つまり、米国の核抑止力が低下したのではないか。

 中国だけでなく、ロシアも北朝鮮もそう考えるかもしれない。そんな連想ゲームが一挙に膨らんだのである。

20220423日本が自前の核を持つしかない理由・ウクライナ戦争で見えてきた【米国は頼りにできない】長谷川幸洋
ロシアのプーチン大統領

■専門家にとっても「想定外」の事態

 いくら米国が条約上、日本防衛義務を負っていると言っても「核の応酬」が仮定の話だったこれまでと「現実の脅威」があからさまになってしまった現在とでは、状況が異なる。そもそも「核保有国が非保有国に軍事侵攻し、核で威嚇する」といった事態が、専門家でさえ「まったくの想定外」だったのだ。

 ハーバード大学ケネディスクールの専門家が3月末、米CNNの番組「スマーコニッシュ」で、そう打ち明けた。私は番組を見ていて、その率直さに感銘を受けた。マリアナ・ブジェリン(Mariana Budjeryn)博士は、こう語った。

----------
司会者(マイケル・スマーコニッシュ氏):もしもロシアが核を持っていなかったら、ウクライナは、とっくにNATOに入っていたはずです。そして、ウクライナが核を持っていたら、プーチンはウクライナに侵攻していなかったでしょう。

ブジェリン博士:その通りです。ただ、ウクライナが核を残していたとしても、核抑止力を有効にするためには、ある種の設備に投資し、いわゆる「ミッシング・リンク」を補う必要がありました。とはいえ、米国とウクライナ、英国、ロシアが1994年に調印したブダペスト覚書は、核不拡散(NPT)体制の一環でもあった。ウクライナが今回、受けたダメージは非常に大きく、その影響は他にも及びます。他の国は状況を見ています。台湾や韓国がそうです。
----------

----------
司会者:台湾や韓国にとって、教訓になりますね。もし、私が彼らの立場だったら「核が必要」と思うでしょう。核がなければ「ウクライナと同じことが、自分たちにも起きる」と思います。

ブジェリン博士:その通りです。プーチンは「核の脅し」を非常に効果的に使いました。彼は戦争が始まってから4日目に「核のカード」を切りました。戦略核部隊の核使用準備レベルを引き上げたのです。それが効いた。NATOと米国は腰が引けてしまった。いま、私たちは自覚しています。私たちは長い間「核を保有する2大国間では、核の抑止力がある」という研究をしていました。しかし「核保有国が非保有国に対して、核を使うのを抑止する」という問題については、ほとんど何も考えていませんでした。プーチンがウクライナを核で脅迫しても、それを抑止できる方策は、ほとんど何もないのです。

司会者:私たちが恐れている事態のエスカレーションを防ぐのに、私たちはいったい、何ができるのでしょうか。

ブジェリン博士:難しい質問ですね。戦争の結末について、これから多くの論文が出てくるでしょう。もしもウクライナが勝利して、なんとかロシアを追い出すことができれば、「どうやら、核は本質的な問題ではなかった」という話になるかもしれません。「核がなくても、核保有国をやっつけられる」という話になる。しかし、もしもウクライナが負ければ、核は世界中で、これまでとは「まったく別の価値を持つ」結果になります。
----------


 このやりとりに、戦争の本質的な側面が浮かび上がっている。韓国は米国と軍事同盟を結んでいるが、独自の核は持っていない。そこは、日本とまったく同じだ。一方、台湾に独自の核はなく、米国と同盟関係にもない。そこはウクライナと同じである。

■浮上してきた「核の共有」の議論

20220423日本が自前の核を持つしかない理由・ウクライナ戦争で見えてきた【米国は頼りにできない】長谷川幸洋
安倍晋三元首相[Photo by gettyimages]

 司会者が言うように「核を持たなければ、ウクライナと同じになる」とすれば、核保有問題が日本の安全保障の重大課題になるのは、当然だろう。そんな問題意識から、安倍晋三元首相は2月27日、フジテレビの番組で、次のように「核の共有(ニュークリア・シェアリング)」を提起した。

(中略)

 ただ、私は「米国との核共有だけで十分か」と思う。米国が中国との核戦争を避けるなら、尖閣が襲われたとき、ウクライナと同じように、多少の軍事支援はしても、本格的な対決を避けるかもしれない。衝突が核戦争に発展し、米国本土が核攻撃される事態を避けるためだ。

20220423日本が自前の核を持つしかない理由・ウクライナ戦争で見えてきた【米国は頼りにできない】長谷川幸洋
ウクライナのゼレンスキー大統領

 そもそも「米国自身が中国に攻撃されたわけではないのに、自国が核の反撃で破滅するリスクを負ってでも、同盟国を核の威嚇ないし攻撃で支援する」という話が合理的とはいえない。どの国も、同盟の約束より「自国の生存」が最優先であるのは当然だ。

 これまでは、核戦争は現実的でないと想定していたから、支援を言ってきたかもしれないのだ。米国が欧州や日本と同盟を結んできたのは、米国の核戦力が圧倒的に優位だったのに加えて「自由や民主主義を世界に広める」という理想主義のイデオロギーを信奉していた、という面もある。

■これからの日本が進むべき道

 だが、核の脅威と核戦争のリスクは現実になった。日本はどうやって、自分を守ったらいいのか。私は「自前の核能力も身につけるべきだ」と思う。

 そのためには、ウランの調達や核実験をどうするか、といった実務的問題に加えて、憲法を改正する必要もある。ハードルは非常に高い。それでも、自前の核開発を主張することが、米国に核共有を同意させる説得材料になるかもしれない。

 実際、米国が欧州の核共有に同意したのは、フランスが核実験に成功して自前で核開発し、ドイツやイタリアも後に続く可能性があったからだ。核共有を認めることで、独伊の自主開発を封じ込めようとしたのである。

 今回の戦争で、米国が変わる可能性もある。自分が破滅するリスクを冒してまで、もはや日本を核で防衛できない。「日本は日本で自分の核を持ってくれ」。そう言い出すかもしれない。米国が自国の生存を最優先に考える現実主義に立ち戻れば、そういう話になるだろう。

 ブジェリン博士が語ったように、もしもウクライナが今回の戦争で負けるようなことがあれば、核は「従来とまったく違った価値を持つ」。すなわち、核は非保有国を脅す「最高の切り札」になってしまう。そんな事態を視野に入れて、日本は核をめぐる議論を進めていく必要がある。

長谷川 幸洋(ジャーナリスト)



>今回のウクライナ戦争は、この核心部分に疑問を抱かせてしまった。米国はウクライナに軍事支援しているが、米軍を派遣していない。
>なぜ、派遣しないのか、といえば、ロシアが核保有国であるからだ。つまり、ロシアと核戦争になるのを恐れている。
>そうであれば、同じ核保有国の中国が日本を核で威嚇しつつ、尖閣諸島の奪取に動いても、米国は米軍を派遣しないかもしれない。
>それどころか「核による報復を控えるのではないか」という類推が働く。
>中国もそう考えて、尖閣攻撃をためらわない。つまり、米国の核抑止力が低下したのではないか。
>中国だけでなく、ロシアも北朝鮮もそう考えるかもしれない。



米国は、ニューヨークやロサンゼルスやシカゴやワシントンDCなどに核ミサイルを撃ち込まれる覚悟をして、日本のために支那やロシアと本気の戦争をするわけがない!

馬鹿でも分かることだが、長谷川幸洋もやっと確信を持ったようだ。

マトモな思考力があれば誰でも分かることだと思うが、ピンと来ない平和ボケ日本人も結構多い。






>ただ、私は「米国との核共有だけで十分か」と思う。米国が中国との核戦争を避けるなら、尖閣が襲われたとき、ウクライナと同じように、多少の軍事支援はしても、本格的な対決を避けるかもしれない。衝突が核戦争に発展し、米国本土が核攻撃される事態を避けるためだ。


核共有(核シェアリング)と言っても、実際には核ミサイルを管理して使用する権限をアメリカが握ったままなので、あまり日本の核抑止力とはならない!

あくまで、日本自身が核ミサイルを保有(核武装)し、日本自身が核ミサイルを管理し、日本自身が核ミサイル発射の判断と実行ができなければ、日本が核抑止力(報復の核ミサイル攻撃力)を保有したとは言えない!

核共有(核シェアリング)なんて面倒なだけだから、そんな無駄な議論はせず、できるだけ早く「日本の自前の核武装」の議論をして実現させるべきだ!






>そもそも「米国自身が中国に攻撃されたわけではないのに、自国が核の反撃で破滅するリスクを負ってでも、同盟国を核の威嚇ないし攻撃で支援する」という話が合理的とはいえない。どの国も、同盟の約束より「自国の生存」が最優先であるのは当然だ。


まさに、そのとおり。

米国が、ニューヨークやロサンゼルスやシカゴやワシントンDCなどに核ミサイルを撃ち込まれるリスクを負ってまで、日本のために支那やロシアと核ミサイルの撃ち合いをするわけがない!


▼現実、事実▼
━━━━━━━━━━
【アメリカが、日本のために、支那やロシアと本気で戦うことなど絶対に有りえない!】

元アメリカ国務長官 ヘンリー・キッシンジャー
「超大国は同盟国に対する『核の傘』を保障するため、自殺行為をする訳が無い」


元CIA長官 スタンスフォード・ターナー海軍大将
「もしロシアが日本に核ミサイルを撃ち込んだ場合、アメリカがロシアに対して核攻撃をかけるはずがない」


元アメリカ国務省次官補代理 ボブ・バーネット
もしロシアや中国が日本に核攻撃をかけたとすれば、米国大統領は決してミサイルを使って報復したりしない。残念だけど、アメリカは日本を見捨てるね。他にどうしようもないじゃないか。米国大統領は、自国民を中露からの核攻撃の危険にさらすわけには行かない


マーク・カーク議員(下院軍事委メンバー、共和党)
アメリカは核武装したロシアや中国と戦争するわけにはいかない。
今後、中国の軍事力は強大化していくから、アメリカが中国と戦争するということは、ますます非現実的なものとなる。

━━━━━━━━━━





>だが、核の脅威と核戦争のリスクは現実になった。日本はどうやって、自分を守ったらいいのか。私は「自前の核能力も身につけるべきだ」と思う。


長谷川幸洋の結論「日本も自前の核を持つしかない」は、正しい!





>そのためには、ウランの調達や核実験をどうするか、といった実務的問題に加えて、憲法を改正する必要もある。ハードルは非常に高い。それでも、自前の核開発を主張することが、米国に核共有を同意させる説得材料になるかもしれない。


この部分は、蛇足だ。

上記は、全て、日本の「自前の核」に反対する連中の屁理屈に過ぎない!




▼ウランの調達▼

「ウランの調達」こそ、「戦争回避」と違い、外交交渉や外交努力で何とでもできることだ!

また、ウランは、海水や海藻からも採取可能であり、今でもコストや時間をかければ調達可能であり、今後の科学技術の進歩によって更にコスト削減や時間短縮が可能になる!


https://www.jstage.jst.go.jp/article/jaesjb/61/1/61_26/_pdf
海水からのウラン採取技術の現状と展望
量子科学技術研究開発機構 玉田 正男

(一部抜粋)

日本近海に流れる暖流である黒潮は,秒速 2m,幅100km の大きな 潮 流 であ り,1 年 間 で 鉱 石 ウラン(<$260/kg-U)の発見資源量1)の 7 割に匹敵する 520 万トンのウランを日本にもたらす。
この資源量は,日本のすべての原子力発電所が稼働している場合の年間ウラン需要量の約 700 倍であり,日本は海水ウランの採取に適した位置に存在すると言える。
ウラン捕集材の海水への長期浸漬の影響や係留システムに関する要素技術など開発課題があるが,日本が国産エネルギー資源とその安定的な確保による国際競争力を堅持するため,海水ウランの採取技術の開発は資源政策として重要である。
(2018 年 9 月 26 日 記)



https://www.qst.go.jp/site/kankyou/28708.html
Project「環境資源材料研究」

3. 海水中の有用希少金属吸着材
掲載日:2019年11月14日更新

■海水中の有用希少金属吸着材

 わが国を取り巻く海洋には、ウラン、バナジウムなどの有用希少金属が極微量ながら溶存しており、今も海流に乗って日本の周りを通過しています。これらの金属を捕集することができれば、現在ほとんど海外に依存している希少な金属資源を長期間安定して確保することが可能となります。
水中の有用希少金属吸着材の画像1わが国を取り巻く海洋には、ウラン、バナジウムなどの有用希少金属が極微量ながら溶存しており、今も海流に乗って日本の周りを通過しています。
水中の有用希少金属吸着材の画像1

 特に、ウランの溶存総量は約45億トンと、陸地に埋蔵されているウランの約1000倍以上と試算されているものの、従来の技術では海水中に極微量溶存しているウランを回収することは経済的に割に合いませんでした。そこで、当プロジェクトでは、エネルギー資源であるウランの長期的安定確保を目的とし、放射線グラフト重合法によりウランを短時間で効率的に回収可能な吸着材の開発を行いました。
水中の有用希少金属吸着材の画像2
水中の有用希少金属吸着材の画像2

■実海域試験

 作製した布状のウラン吸着材を用いて、青森県むつ関根浜沖でウラン捕集試験を行った結果、イエローケーキ換算で1kg回収することに成功しました。しかし、係留装置がとても重く、係留に掛かる費用が捕集コストの大半を占めていることが分かりました。沖縄で実証した海洋試験では、吸着材のさらなる高効率化および軽量化(低コスト化)を図り、モール状の吸着材の開発・利用を試みました。その結果、布状吸着材と比較して、3倍の吸着性能の向上(温度効果:1.5倍、形状効果:2倍)、及び、10分の1の軽量化に成功し、低コスト化を実現することができました。
実海域試験の画像
実海域試験の画像






▼核実験▼

まず、日本での核実験は「絶海の孤島の地下」「廃坑になった炭鉱跡」などで可能だ。

次に、「掘削船ちきゅう」は、世界最深の海底下約7,500メートルまで掘削する能力を備えているので、この能力を利用すれば、核実験の場所には困らない。
日本で地下核実験を行なう場所がないと言うのは思考停止だ。
ちなみに、イスラエルの最初の地下核実験は、テルアヴィヴやエルサレム市からたった150kmくらいしか離れていないネゲヴ砂漠で行なわれた。

さらに、外国で核実験を行なうことも可能かもしれない。
実際に、冷戦初期の英国でも同様の議論があり、施設利用を米国に打診し、米国に断られると、1952年10月にオーストラリアで英国最初の核実験を成功させた。
やがて米英が補完し合うようになり、英国は70年代には米国のネバダ地下核実験場を借りて何度も実験を行った。
日本も、米国やインドなどに打診してみると良い。

最後に、コンピューター・シミュレーション技術での開発、製造も十分に可能!
核実験があまりにも面倒なら、実験なしで開発、製造しておけば良い。
コンピューター・シミュレーション技術などを活用して開発・製造しておけば、危機が迫ったときに念のために核実験を行なって配備するまでの時間も大幅に短縮できる。


●16年前の核実験場関連記事
石破茂「核保有議論は公の場で」日本海新聞10月22日付【永田町の風】に対する反論。...\(`o'")コラーッ!職務放棄するな!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3321.html
産経新聞(1面)「日本の核開発能力は? 技術あれど実証は困難 地下実験ムリ」(11月15日)に対するツッコミ■日本の核実験場などについて
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3336.html






▼憲法を改正しなくても核武装は可能▼

令和4年(2022年)2月24日、近藤正春・内閣法制局長官「以前も述べたが、自衛のための措置、防衛のための最小限の核使用なら否定されるものではない!」

現行憲法(GHQから押し付けられえた日本を滅ぼすための日本国憲法)のままでも、日本の核武装や核兵器使用は可能だ!

「自衛のための措置、防衛のための最小限の核使用」なんて、何とでも理屈を付けることができる。


(参考)
――――――――――
1957年5月7日、岸信介首相は参議院予算委員会で、「核兵器という名前がつくだけでみなが憲法違反であるというが、そうした憲法解釈は正しくない。…」とのべた。

1968年2月10日、高辻内閣法制局長官は参議院予算委員会で「核兵器はもってはならず、通常兵器はもっても良いと憲法に規定されていない。憲法には…戦力を保有しないという規定がある。しかし、現在、自衛隊法にもとづいて自衛隊が存在している。…自衛隊が憲法上、容認されるという解釈、まさにそれが兵器にたいする解釈でもある。すなわち、核兵器とその他の兵器は、憲法上では何の区別もない」とのべた。

1978年3月2日、園田外相は衆議院外務委員会で「憲法の規定自体に拘束されて日本が核兵器を保有できないとするものではない」とのべた。

1984年3月16日付の朝日新聞によると、茂串内閣法制局長官は、「日本には固有な自衛権があり、最小限必要な自衛力をもつことができる。したがって、その範囲で核兵器を保有できるというのが政府の見解であるとのべた。

1998年6月、大森政輔内閣法制局長官は、核兵器の使用と憲法九条との関係について「核兵器の使用も、わが国を防衛するための必要最小限にとどまるならば、可能ということに論理的になろうかと考える」と答弁した。

安倍晋三首相も、官房副長官だった2002年5月13日に、早稲田大学での講義において「核兵器使用は違憲ではない」、「核兵器を持ちたいなら堂々とそう言うべきだ」と明言している!
2002年5月13日、安倍晋三官房副長官は、早稲田大学での講義において「核兵器使用は違憲ではない」「核兵器を持ちたいなら堂々とそう言うべきだ」と明言した。

2002年5月31日、福田康夫官房長官は、午後の記者会見で「核兵器の保有は憲法上は否定されない」と語り、「非核三原則見直し」に言及した。


横畠裕介・内閣法制局長官は、参議院予算委員会で「憲法上、すべての種類の核兵器の使用が禁止されているとは考えていません。我が国を防衛するために必要最小限度のものにもちろん限られると言う事でございますが、
2016年3月18日、横畠裕介・内閣法制局長官は、参議院予算委員会で「憲法上、すべての種類の核兵器の使用が禁止されているとは考えていません。我が国を防衛するために必要最小限度のものにもちろん限られると言う事でございますが、禁止されているというふうには考えておりません」

2022年2月24日、近藤正春・内閣法制局長官「以前も述べたが、自衛のための措置、防衛のための最小限の核使用なら否定されるものではない!」
2022年2月24日、近藤正春・内閣法制局長官「以前も述べたが、自衛のための措置、防衛のための最小限の核使用なら否定されるものではない!」
――――――――――

●関連記事
岸田「核兵器保有の選択肢はない」・内閣法制局長官「自衛のためならOK」・白眞勲「驚き」と不満
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8561.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

deliciousicecoffee@naiceice
https://twitter.com/naiceice




報道しない自由 - 「見えない東京の壁」とマスメディアの終焉 - (ワニブックスPLUS新書)
西村 幸祐 (著),(2022/2/25)



[新版]日本国紀〈上〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)



[新版]日本国紀〈下〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)




美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)
高市 早苗 (著) 2021/9/19




命がけの証言
清水 ともみ 著(2021/1/24)




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!





「日本は自前の核を持つしかない!」
「急げ!自主核武装!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

田村智子「核兵器は戦争抑止どころか悪の存在」・NATOの不参戦がロシアの核の戦争抑止力を証明
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20220329田村智子「核兵器は戦争抑止どころか悪の存在」・NATOの不参戦がロシアの核の戦争抑止力を証明
田村智子核兵器は、戦争を抑止するどころか、世界を恐怖に陥れる【悪の存在】だということが、いよいよ明らかになりました」


アメリカなどNATOの国々がロシアの核兵器に抑止されて戦争に参加できないことが、ロシアの核兵器の戦争抑止力を証明している!

田村智子は馬鹿だから真逆のことを言っているが、ロシアのウクライナ侵略により、ロシアの核核兵器の戦争抑止力が証明された!






20220329田村智子「核兵器は戦争抑止どころか悪の存在」・NATOの不参戦がロシアの核の戦争抑止力を証明

【サッチャー女史が説く核兵器有効論】

1.
1947年~1991年の冷戦期に、米ソが直接、軍事衝突しなかったのは、核兵器のおかげである。
核兵器の破壊力があまりに強いため、米ソ両国は、彼らが支配する第三世界の衛星国に代理戦争させることはあったが、核武装した米ソ同士の直接の軍事衝突は注意深く避けた。
この事実を見ても、核兵器に非常に強い戦争抑止効果があることは明らかだ。
もし核兵器が存在しなかったら、米ソ両国は冷戦期に正面衝突して、数千万人の戦死者を出すような大戦争が起きていたのではないだろうか。


2.
イギリスは中型国家であり、その軍事予算は限られている。
この限られた予算を使って最大限の戦争抑止力効果を得るためには、通常兵器に投資するよりも核兵器に投資したほうが、高い抑止効果を得られる。
核兵器への投資は、限られた英国軍事予算の生産的・効果的な使い方である。

3.
現在の国際社会は、核兵器を持つ国が支配している。
そのことが良いことか悪いことかは別として、それが国際政治の現実である。
もしイギリスが常に最新型の核抑止力を整備しておかなかったら、イギリス政府は国際社会で独立した発言力を失ってしまう。






日本の敵国である支那ロシア北朝鮮などは、アメリカの参戦を抑止する所謂「悪の存在」(核兵器)を保有しているのだから、日本も自主的な核抑止力(独自核武装)が必要となる!

サッチャーも説いた核兵器有効論(核兵器の戦争抑止力)が証明された今、日本も自主核抑止力の保有(独自核武装)の実現を急げ!





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




20220329田村智子「核兵器は戦争抑止どころか悪の存在」・NATOの不参戦がロシアの核の戦争抑止力を証明



https://twitter.com/PeachTjapan2/status/1508346630906384388
ピーチ太郎2nd@PeachTjapan2
【必死かっ‼️🤣】

田村智子「核兵器は、戦争を抑止するどころか、世界を恐怖に陥れる【悪の存在】だということが、いよいよ明らかになりました」

核抑止力を否定したくて
必死に探してきた言葉が
【悪の存在】

小学生かょ😂

■動画
午後4:33 · 2022年3月28日



https://twitter.com/PeachTjapan2/status/1508367500181864451
ピーチ太郎2nd@PeachTjapan2
【ロシアの核に抑止されて、手を出す事が出来ない米国やNATOの国々】

という子供でも分かり易い核抑止力の現れを、世界中が毎日繰り返し目にしている中で、核抑止力を無理やり否定しようとした結果、子供染みた表現に辿り着くしかなかったんだろうな😰

午後5:56 · 2022年3月28日




田村智子核兵器は、戦争を抑止するどころか、世界を恐怖に陥れる【悪の存在】だということが、いよいよ明らかになりました」

アメリカなどNATOの国々がロシアの核兵器に抑止されて戦争に参加できないことが、ロシアの核兵器の戦争抑止力を証明している!

核兵器を保有しているロシアにとっては、核兵器は立派に戦争(アメリカなどNATOの参戦)を抑止する「抑止力」となっている。

共産党の田村智子は馬鹿だから「悪の存在」と言うが、怖くて参戦できない米国などのNATOにとってロシアの核兵器は「悪の存在」でも、ロシアにとっては有り難い抑止力だ。

田村智子は馬鹿だから真逆のことを言っているが、ロシアのウクライナ侵略により、ロシアの核核兵器の戦争抑止力が証明された!






核兵器に非常に強い戦争抑止効果サッチャー女史が説く核兵器有効論20220329田村智子「核兵器は戦争抑止どころか悪の存在」・NATOの不参戦がロシアの核の戦争抑止力を証明

20220329田村智子「核兵器は戦争抑止どころか悪の存在」・NATOの不参戦がロシアの核の戦争抑止力を証明

【サッチャー女史が説く核兵器有効論】

1990年代初頭、英首相を退任したマーガレット・サッチャーはワシントンを訪れて、外交政策のスピーチの後の質問で、あるアメリカ人が、「すでにソ連は崩壊し、冷戦は終わった。それなのになぜ、最近のイギリス政府は、次世代の核兵器システム整備のために多額の国防予算を注ぎこんでいるのか?」と質問した。
彼の質問のトーンは、イギリス政府の核政策に批判的なものであった。
これに対してサッチャーは、以下3つの理由を挙げて、なぜイギリスが最新の核抑止力システムを整備しておく必要があるのか、という説明をした。

1.
1947年~1991年の冷戦期に、米ソが直接、軍事衝突しなかったのは、核兵器のおかげである。
核兵器の破壊力があまりに強いため、米ソ両国は、彼らが支配する第三世界の衛星国に代理戦争させることはあったが、核武装した米ソ同士の直接の軍事衝突は注意深く避けた。
この事実を見ても、核兵器に非常に強い戦争抑止効果があることは明らかだ。
もし核兵器が存在しなかったら、米ソ両国は冷戦期に正面衝突して、数千万人の戦死者を出すような大戦争が起きていたのではないだろうか。


2.
イギリスは中型国家であり、その軍事予算は限られている。
この限られた予算を使って最大限の戦争抑止力効果を得るためには、通常兵器に投資するよりも核兵器に投資したほうが、高い抑止効果を得られる。
核兵器への投資は、限られた英国軍事予算の生産的・効果的な使い方である。

3.
現在の国際社会は、核兵器を持つ国が支配している。
そのことが良いことか悪いことかは別として、それが国際政治の現実である。
もしイギリスが常に最新型の核抑止力を整備しておかなかったら、イギリス政府は国際社会で独立した発言力を失ってしまう。


このように語るサッチャー女史の態度は、堂々としたものであった。
彼女はにこやかに笑みを浮かべ、自信に満ちた声で、「核兵器を所有することが、いかにイギリスの国益に貢献してきたか。そして、イギリス政府の核兵器保有政策を批判する者が、いかに間違った感情的な議論をしてきたか」を熱心に解説した。
著者はサッチャー女史の力強く論理的な応答を観察しながら、日本の政界にサッチャーのような勇気と智慧を備えた人物がいないことを残念に思った。

P182-183
『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著






ロシアによるウクライナへの軍事侵攻(侵略)により、日本独自の核抑止力(日本の自主核武装)の必要性に気が付いたり改めて痛感したりしている日本人は増加しているが、未だに日本の自主核武装に躊躇する思考停止状態の日本人も少なくない。

当ブログにも、そのような思考停止状態の日本人から、「核共有(核シェアリング)の議論に留めるべきだ」とか「アメリカの核の傘で十分だ」とか「アメリカが日本の自主核武装を許さない」などという陳腐なコメントが今でも寄せられる。

しかし、「アメリカが日本の自主核武装を許さない」とか言う者は、アメリカから「死ね」と言われたら死ぬのか?

もういい加減に思考停止の被害妄想から目覚めるべきだ!

実は、イギリスも自主核武装する際には、アメリカなど世界各国から反対されていた。

それでも、英国は、アメリカなどの反対を押し切って、自主核武装を実現した!

フランスも、やはり自主核武装する際にはアメリカなど世界各国から反対されていたが、やはりアメリカなどの反対を押し切って自主核武装を実現させた。

日本が自主核武装する際にも、一応アメリカも、当初は日本に対して自主核武装を思いとどまるように説得するだろうが、日本が逆にアメリカを説得するか、あるいは英国やフランスのようにアメリカなどの反対を押し切って自主核武装を実現させれば良いだけのことだ!

英国は米国に逆らって自主核武装を実現したが、米英同盟は当然にように維持されたように、日本も米国の反対を押し切って自主核武装したところで日米同盟は維持される!

むしろ、日米同盟(日米安保条約)米英同盟のように、より強固に発展させるためにも、日本は自主的な核抑止力を保有(独自核武装)する方が良い!


――――――――――
下院軍事委員 マーク・カーク議員(共和党)
「日本は立派な民主主義国家であり、その日本が核抑止力を得るのは、アメリカの国益にとって明確なプラスだ。核を持った日本は、本当に頼りになる同盟国として、アジアの安定化のためアメリカと一緒に仕事をしてくれるだろう。・・・日本人は世界中で信頼されている。日本が核を持ってくれたら、頼もしい同盟国ができたと喜ぶ米国人は多いはずだ。
「アメリカの軍事力は明らかに過大評価されている。アメリカは中国やロシアと戦争できない。・・・だから僕は核を持った日本に、頼もしい同盟国になってほしいのだ。

――――――――――
日本には「日本が自主的な核抑止力を得ると、日米同盟が切れる」などと奇妙なことを雑誌に書いている人たちがいる。
この人達は日本の自主的核抑止力に関して、国務省・ペンタゴン・CIAの官僚、米国政治家、議会外交スタッフ等ときちんと議論して、そのようなことを書いているのだろうか。

それとも彼らは無知な大衆を相手にハッタリをかまして「評論家商売」をしているのだろうか。
私は30人以上のアメリカの外交・軍事関係者と、日本が自主的な核抑止力を得ることに関して議論したが、「日本が核抑止力を得たら、日米同盟は解消だ」と言ったアメリカ人はゼロであった。
「諸君!」2003年8月、伊藤貫
――――――――――
ケネス・ウォルツ
2013年に死亡したケネス・ウォルツは、論文“The Spread of Nuclear Weapons: More May Better,”で、「核保有国が十数カ国になった方が世界はより安定する」という主張を展開していた。
その核保有すべき「十数カ国」の中には、もちろん日本も含まれていた。

――――――――――
ハンティントン、ウォルツ、キッシンジャー等は、「冷戦後の日本には、自主防衛能力と独立した国家戦略が必要」との主旨を指摘
――――――――――
トランプ「日本も核兵器を持つ方が良い。米国に日本を守る費用負担の余裕ない」日本に自主防衛促す
トランプ「日本も核兵器を持つ方が良い。米国に日本を守る費用負担の余裕ない」日本に自主防衛促す
ドナルド・トランプ(2016年3月)
日本や韓国が、自分たちで防衛できるのならそのほうがいい。
北朝鮮が核兵器を持っている以上、むしろ日本も核兵器を持ったほうがいいのではないか。
もう米国には、日本やサウジアラビアのような国を守るために巨額の費用を負担する余裕はない。
私はむしろ、いずれ核武装すると思われる日本のような国が核兵器を開発するところを見たい。
今後、多くの国が核兵器を持つようになるのは時間の問題だ。

●関連記事
トランプ「日本も核兵器を持つ方が良い。米国に日本を守る費用負担の余裕ない」日本に自主防衛促す
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6173.html

――――――――――






日本の敵国である支那ロシア北朝鮮などは、アメリカの参戦を抑止する所謂「悪の存在」(核兵器)を保有しているのだから、日本も自主的な核抑止力(独自核武装)が必要となる!

サッチャーも説いた核兵器有効論(核兵器の戦争抑止力)が証明された今、日本も自主核抑止力の保有(独自核武装)の実現を急げ!






英国は2007年以降、核戦力の更新時期を迎え、その後はは原潜3隻と核弾頭約160発で核戦力を運用することにし、これにかける予算を約4~5兆円とした。

日本の場合には新規核戦力の保有となるが、それでも原潜3~4隻に核弾頭約160発~200発を入れたSLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を搭載して、約5兆円に抑えることは可能だろう。

「4隻の原潜が必要最低限」とする根拠は、常時1隻だけが海上パトロールを行い、もう1隻はいつでも出航できる状態になっていて、他の2隻は訓練、または補修中ということだ。

ちなみに、核爆弾を運ぶ手段に、SLBM(潜水艦発射弾道ミサイル)を使用せず、ICBM(大陸間弾道ミサイル)を使用したり、爆撃機に搭載したりするなら、もっとずっと安上がりに核武装が出来る。

しかし、日本の場合、日本から遠い海域にある潜水艦から発射されるミサイルの方が、敵の不意打ちの第一撃によって破壊されてしまう可能性も低いため適している。

だから、日本は、英国と同様に敵のソナーに捕捉されずに短時間で発射可能な原潜とSLBMの保有を目指すべきなのだ。

写真はトライデントII(またはトライデントD5)
写真はトライデントII(またはトライデントD5)

英国は、核兵器搭載の爆撃機に代えて原潜だけに頼るという1980年の英政府の決断以来、トライデント・ミサイル購入完了までに14年を要し、トライデント搭載の最初のバンガード級原潜が就役したのは1994年12月のことだった。

常時反撃態勢を整えておくには原潜1隻では不可能であり、英国では2001年に4番目の原潜を就役させ、4隻で運用してきた。

結局、英国は、原潜4隻と核弾頭約200発(SLBM64基)で核戦力を運用してきたが、英国がこの核戦力につぎ込んだ総経費は149億ポンド(3兆3160億円)と見積もられる。

この英国の核戦力も2007年以降に更新期を迎え、英国は原潜を4隻から3隻に減らし、核弾頭数も約200発から約160発に減らしたが、核戦力の更新に約4兆円をかけることとなっていた。

●関連記事
英の核戦力検証・狭い国土SLBMに特化・イギリスで更新期迎え論戦へ・費用は4兆円超
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3164.html
英が次世代核開発・潜水艦発射ミサイル・下院が政府方針承認■核戦力=英国製バンガード級原子力潜水艦4隻+米ロッキード社製SLBMトライデント64基+英国製核弾頭約200発→原潜3隻+核弾頭約160発
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-2961.html
核武装は必須!自衛隊OBと田母神俊雄氏が20年間で計約15兆2千億円の増額で「独自防衛」可能と試算・現行予算の1.3倍(年1兆5500億円の負担増)は捻出可能・石原慎太郎「ヤクザ国家には核武装しかない」・伊藤貫『核』が日本を沈没から救う
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4014.html
トランプ「駐留米軍費年5830億円全額払え」・岡田「9条改正すれば日本が普通の国へ突き進む」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6211.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

deliciousicecoffee@naiceice
https://twitter.com/naiceice




報道しない自由 - 「見えない東京の壁」とマスメディアの終焉 - (ワニブックスPLUS新書)
西村 幸祐 (著),(2022/2/25)



[新版]日本国紀〈上〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)



[新版]日本国紀〈下〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)




美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)
高市 早苗 (著) 2021/9/19




命がけの証言
清水 ともみ 著(2021/1/24)




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!





「田村智子は馬鹿だから真逆のことを言っているが、ロシアのウクライナ侵略により、ロシアの核の戦争抑止力が証明された!」
サッチャーが説く核兵器有効論が証明された今、日本も自主核抑止力の保有(独自核武装)の実現を急げ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
松川るい核兵器の攻撃や威嚇から自国を守るためには、核抑止力を保持するしかない。威力レベルが違い過ぎるので、通常兵器では抑止が出来ない。”究極的核軍縮”とか国際社会の取り組みはとても大事と思うが、それは中長期的な国際社会の努力であり、喫緊の事態の自国防衛には役に立たない
令和4年(2022年)3月16日、国会・参議院「外交防衛委員会」



20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
■動画


https://twitter.com/PeachTjapan2/status/1504009497840300040
ピーチ太郎2nd@PeachTjapan2
松川るい核兵器の攻撃や威嚇から自国を守る為には、核抑止力を保持するしかない。威力レベルが違い過ぎるので、通常兵器では抑止が出来ない。”究極的核軍縮”とか国際社会の取り組みはとても大事と思うが、それは中長期的な国際社会の努力であり、喫緊の事態の自国防衛には役に立たない

ですよね🤔
■動画
午後5:19 · 2022年3月16日





松川るい議員の【核抑止力の強化】に関する国会質問(議論)は、非常に良い!

日本は、【核抑止力を最大に強化】するために、『非核三原則』の破棄宣言を行い、急いで自主核抑止力(核ミサイル)を保有(核武装)しよう!





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




令和4年(2022年)3月10日、国会・参議院「予算委員会」
参議院 2022年03月10日 予算委員会 #05 松川るい(自由民主党・国民の声)

20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
■動画
【国会】自民・松川るい 核抑止力の質問と岸田総理の答弁に立憲共産党がざわつく【核抑止力・敵基地能力・学術会議のせいで・・・】
https://www.youtube.com/watch?v=TPidF4bmB00



https://mobile.twitter.com/nYcptxo1jgpcJT7/status/1501833610986680320
🇯🇵かず太郎🇯🇵@nYcptxo1jgpcJT7
【国会】自民・松川るい 核抑止力の質問と岸田総理の答弁に立憲共産党がざわつく【核抑止力・敵基地能力・学術会議のせいで・・・】
https://youtu.be/TPidF4bmB00
@YouTubeより令和4年3月10日 参議院予算委員会 自民党 松川るい#松川るい #核抑止力 #敵基地攻撃能力 #日本学術会議

20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
午後5:13 · 2022年3月10日




https://news.yahoo.co.jp/articles/d8d5405f7124f0031d8e1f7566f8a91359caae3c
“核共有”めぐる質問に「安全保障に資する議論は行われるべき」岸田首相が答弁
3/10(木) 13:45配信、TBS系(JNN)
“核共有”めぐる質問に「安全保障に資する議論は行われるべき」岸田首相が答弁
■動画

岸田総理は、アメリカの核兵器を自国の領土内に配備して共同運用する「核共有」の議論について、「一般論として我が国の安全保障に資する議論は行われるべき」との考えを示しました。

参議院・予算委員会ではウクライナ情勢に関連して、「核共有」について議論が行われました。

岸田総理はこれまで一貫して、「核共有について政府として考えていない」との見解を示していますが、自民党議員は「核共有の議論を含め、核の抑止力の議論をしてはいけないということは、おかしい」と訴えました。

自民 松川るい参院議員
「日本は核兵器国に囲まれているわけでありまして/核共有を含めてですね、核抑止力強化のためにいかなる方策があるか、もしくは今あるものをどうしていったらいいのか、そういったことがさまざまな検討されることはいいことだと思います」


岸田首相
「一般論として申し上げるならば、国の安全保障のあり方について、それぞれの時代状況、また国際状況等を踏まえた、さまざまな国民的議論が行われる。こうしたことはあるべきことだと思います」

岸田総理は、このように一般論と前置きをした上で、「我が国が安全保障を確保することに資する議論は行われるべき」との考えを示しました。

その上で、アメリカの核兵器による抑止力を、自国だけでなく日本にも提供する「拡大抑止」の考え方について「現状不可欠であり、重要な取り組みだ」との認識を示しました。
(10日14:42)




↓ ↓ ↓



令和4年(2022年)3月16日、国会・参議院「外交防衛委員会」
20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
松川るい核兵器の攻撃や威嚇から自国を守るためには、核抑止力を保持するしかない。威力レベルが違い過ぎるので、通常兵器では抑止が出来ない。”究極的核軍縮”とか国際社会の取り組みはとても大事と思うが、それは中長期的な国際社会の努力であり、喫緊の事態の自国防衛には役に立たない
令和4年(2022年)3月16日、国会・参議院「外交防衛委員会」



20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
■動画


https://twitter.com/PeachTjapan2/status/1504009497840300040
ピーチ太郎2nd@PeachTjapan2
松川るい核兵器の攻撃や威嚇から自国を守る為には、核抑止力を保持するしかない。威力レベルが違い過ぎるので、通常兵器では抑止が出来ない。”究極的核軍縮”とか国際社会の取り組みはとても大事と思うが、それは中長期的な国際社会の努力であり、喫緊の事態の自国防衛には役に立たない

ですよね🤔
■動画
午後5:19 · 2022年3月16日




20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
■動画
【国会】松川るい 今こそ核抑止力の強化を
https://www.youtube.com/watch?v=SYw_GkxLx4M



20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
■動画
参議院 2022年03月16日 外交防衛委員会 #04 松川るい(自由民主党・国民の声)
https://www.youtube.com/watch?v=pnIsAj5-cmw&t=5m13s

核抑止力の強化に関する質問は、動画の5:13~



https://twitter.com/Matsukawa_Rui/status/1503938280118960136
松川るい =自民党=@Matsukawa_Rui
松川るい =自民党=@Matsukawa_Rui
外交防衛委員会で質問に立ちました。

ウクライナ情勢、そして先日の予算委員会で時間が足りず深掘り出来なかった水際対策や核抑止力の強化について質問しましたが、今回も時間切れで、続きはまた次回に。。。

今日の詳しい内容は、あらためてご報告させていただきます。

松川るい =自民党=@Matsukawa_Rui20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」

松川るい =自民党=@Matsukawa_Rui20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」

20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」

松川るい =自民党=@Matsukawa_Rui20220317松川るい「核兵器から守るためには核抑止力を保持するしかない。通常兵器や国際社会は役に立たない」
午後0:36 · 2022年3月16日




>松川るい「核兵器の攻撃や威嚇から自国を守るためには、核抑止力を保持するしかない。威力レベルが違い過ぎるので、通常兵器では抑止が出来ない。”究極的核軍縮”とか国際社会の取り組みはとても大事と思うが、それは中長期的な国際社会の努力であり、喫緊の事態の自国防衛には役に立たない」
>令和4年(2022年)3月16日、国会・参議院「外交防衛委員会」



松川るい議員の【核抑止力の強化】に関する国会質問(議論)は、非常に良い!

日本は、【核抑止力を最大に強化】するために、『非核三原則』の破棄宣言を行い、急いで自主核抑止力(核ミサイル)を保有(核武装)しよう!




松川るい議員の発言は、真実を訴えた正論だ!

今回3月16日の国会・参議院「外交防衛委員会」で松川るい議員が述べたとおり、「核抑止力」(敵国に日本への核攻撃や核威嚇をさせない抑止力)というのは、相手(敵国)の捉え方や考え方などによって差異もあるし、変化するものでもある!

日本の核抑止力は、現在、「アメリカの核の傘」にほぼ全面的に依存している。

日本の核抑止力(敵国に日本への核攻撃や核威嚇をさせない抑止力)は、現在のように「アメリカの核の傘」にほぼ全面的に依存していても、多少はある。

しかし、核共有(核シェアリング)にすれば、もう少し日本の核抑止力(敵国に日本への核攻撃や核威嚇をさせない抑止力)は強化されるかもしれないし、日本自身が核ミサイルを保有(核武装)すれば間違いなく日本の核抑止力は非常に高まる!




まず、日本が現在ほぼ全面的に頼りにしている米国の「核の傘」について考えてみよう。

上の画像のように約半数の日本人が米国の核の傘に期待している。
「米国は日本のために報復攻撃(核攻撃)をしてくれると思いますか?」
思う 46.8%
思わない 43.2%


上の画像のように約半数の日本人が米国の核の傘に期待している。

しかし、結論から言うと、「アメリカの核の傘はない」に等しい!


支那やロシアが日本に核ミサイルを撃ち込んだ場合、アメリカは支那やロシアからニューヨークやロスアンゼルスやシカゴやワシントンDCなどを核攻撃されるリスクを負ってまで、日本のために支那やロシアへの報復核攻撃をしてはくれない

アメリカが日本のために支那やロシアと核戦争(核ミサイルの撃ち合い)をしてくれることは有り得ないし、北朝鮮がアメリカ本土に届く核ミサイルを保有すれば、北朝鮮に対しても核の傘は消滅する。

核抑止力というのは可変的なものであり、日本自身が核ミサイルを保有(核武装)して報復核攻撃能力を保有することが最大の抑止力となる!

米国の「核の傘」というのは、相手(支那などの敵国)に対して「有り得ないとは思うが、もしかすると米国は日本のために報復核攻撃をしてくるかもしれない」という僅かな不安を与えることによって多少の抑止効果が存在する。


しかし、ハンティントン、ウォルツ、ジャービス(コロンビア大学)など優秀な国際政治学者は、「米本土が直接、核攻撃されない限り、アメリカ大統領は決して核戦争を実行したりしない」と明言している!

2006年10月18日。来日したライス米国務長官は日米外相会談後の記者会見で、「あらゆる抑止力(full range of deterrence)」と2回強調し、米国の「核の傘」を再確認したが・・・
2006年10月18日。来日したライス米国務長官は日米外相会談後の記者会見で、「あらゆる抑止力(full range of deterrence)」と2回強調し、米国の「核の傘」を再確認したが・・・

━━━━━━━━━━
●米国の核の傘はない

元アメリカ国務長官 ヘンリー・キッシンジャー
「超大国は同盟国に対する『核の傘』を保障するため、自殺行為をする訳が無い」


元CIA長官 スタンスフォード・ターナー海軍大将
「もしロシアが日本に核ミサイルを撃ち込んだ場合、アメリカがロシアに対して核攻撃をかけるはずがない」


元アメリカ国務省次官補代理 ボブ・バーネット
(伊藤貫の親友がプライベートの場で)
「あれはイザとなれば役に立たない。もしロシアや中国が日本に核攻撃をかけたとすれば、米国大統領は決してミサイルを使って報復したりしない。残念だけど、アメリカは日本を見捨てるね。他にどうしようもないじゃないか。米国大統領は、自国民を中露からの核攻撃の危険にさらすわけには行かない」
(しかし)
「今まで他の日本政府高官には、日本はアメリカの『核の傘』に頼っていればよい。日本は核を持ってはいけないと語ってきた」


マーク・カーク議員(下院軍事委メンバー、共和党)
「アメリカは、世界中のどの国と戦争しても勝てる、というわけではない。アメリカは核武装したロシアや中国と戦争するわけにはいかない。
今後、中国の軍事力は強大化していくから、アメリカが中国と戦争するということは、ますます非現実的なものとなる。
だから日本は、自主的な核抑止力を持つ必要があるのだ。
アメリカの政治家・外交官・軍人の大部分は、今後、アメリカが日本を守るために核武装した中国と戦争することはありえないことを承知している。
そのような戦争は、アメリカ政府にとってリスクが大きすぎる。」

━━━━━━━━━━
●関連記事
日本も核武装すべきとの論評に、支那ネット上で非難殺到「米国が許さない」「夢でも見ているのか」・日本が固く決意すれば米国は日本の核武装を阻止できない・最近10年間は日本の核武装を推奨、容認する米専門筋が増加
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4727.html






日本の「核抑止力」(敵国に日本への核攻撃や核威嚇をさせない抑止力)を最大に強化するのは、日本自身が核武装することだ!

https://www.kk-bestsellers.com/articles/-/2098/
被爆国家である日本こそ核武装すべき
いま誇るべき日本人の精神 第2回
加瀬 英明 かせ ひであき
加瀬 英明
2016.05.29

世界で唯一の被爆国家だからこそ核武装をしなくてはならない。その権利が日本にはある。外交評論家の加瀬英明氏から話を聞いた。

 明治以後、日本が台湾、朝鮮半島を領有して、帝国主義の道を辿ったのは、独立を守るために、アメリカをはじめとする西洋の帝国主義諸国に対抗しなければならなかったから、避けられなかったことだった。

 公明党が一九六七(昭和四十二)年一月の総選挙で、はじめて衆議院に進出し、二十五人を当選させた。翌月に、院内ではじめて代議士会を開いた時に、「日本も国民を守るために、最強の防衛力を備えねばならない。核武装すべきだ」という提言が論じられた。
 十七年前に、西村真悟防衛政務次官(当時)が、国会で核兵器について論じるべきだと発言したために、更迭される事件が起こった。どうして論じてはならないのだろうか。

 三十年前だったら、どうだっただろうかと、思った。
 石原慎太郎氏が、一九六八(昭和四十三)年に、初めて全国区から参議院議員選挙に立候補した時には、日本の核武装を公約として掲げた。それにもかかわらず、史上かつてなかった三百万票を大量獲得して、当選している。

■もしも日本が原子爆弾を持っていたら

 私は、トルーマン大統領が一九四五(昭和二十)年八月に、広島、長崎に原子爆弾を投下することを決定したホワイトハウスの会議に出席した、ジョン・マクロイ元陸軍長官と、夕食をとったことがある。
 私は広島、長崎に対する原爆投下を話題にして、「もし、あの時、日本が原子爆弾を一発でも持っていて、アメリカのどこかに落とすことができたとしたら、日本に核攻撃を加えたでしようか」と、質問した。


 小人数の夕食会だった。『ニューヨーク・タイムズ』の大記者と呼ばれた、ジェームズ・レストンも招かれていた。
 すると、レストンが驚いて、私に「なぜ、そんな当たり前のことを質問するのか。きかなくても、答が分かっているだろうに」と、口をはさんだ。
 私は「これまで原爆投下の決定に参画した人に会ったことがないので、確かめてみたかった」と、答えた。
 すると、マクロイが「もちろん、君も答を知っているだろう。もし、日本があの時に原爆を一発でも持っていたとしたら、日本に対して使用することは、ありえなかった」と、いった。

 それ以来、私は日本は世界で唯一つの被爆国として、あの惨劇を二度と繰り返さないために、核武装すべきであり、どの国よりも被爆国家として、そうする権利があると、信じてきた。
 私は広島の平和記念公園の慰霊碑を詣でるたびに、「過ちは二度と繰り返しません。安らかにお休み下さい」という碑文を、核兵器を持たないために、悲惨な核攻撃を招くような過ちを、繰り返しませんという、誓いの言葉として読むべきだと、思う。
 日本が平和国家であれば、核兵器を持ったとしても、核攻撃を防ぐ抑止力として用いられ、外国を攻撃することはない。




3月12日付け当ブログ記事でも述べたとおり、最近、議論すべきか話題になっている核共有(核シェアリング)は、「核共有」と言っても、その核ミサイルを管理して使用する権限はアメリカが握ったままなので、あまり日本の核抑止力とはならない。

あくまで、日本自身が核ミサイルを保有(核武装)しなければ、日本が核抑止力(報復の核ミサイル攻撃力)を保有したとは言えない!

日本には核共有(核シェアリング)の議論にすら反対している馬鹿がいるが、日本は今こそ一気に核武装(日本自身の核ミサイル保有)について議論し、急いで核武装を実現しよう!





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

deliciousicecoffee@naiceice
https://twitter.com/naiceice




報道しない自由 - 「見えない東京の壁」とマスメディアの終焉 - (ワニブックスPLUS新書)
西村 幸祐 (著),(2022/2/25)



[新版]日本国紀〈上〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)



[新版]日本国紀〈下〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)




美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)
高市 早苗 (著) 2021/9/19




命がけの証言
清水 ともみ 著(2021/1/24)




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!





松川るい議員の【核抑止力の強化】に関する国会質問(議論)は、非常に良い!」
「日本は、【核抑止力を最大に強化】するために、『非核三原則』の破棄宣言を行い、急いで自主核抑止力(核ミサイル)を保有(核武装)しよう!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

山本太郎「日本の原発に弾道ミサイル直撃したら?」・被害発生の確率はゼロに近い・現実的に問題なし
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング


20220312山本太郎「日本の原発に弾道ミサイル直撃したら?」・被害発生の確率はゼロに近い・現実的に問題なし

ロシア軍がウクライナの原発を攻撃していることを受け、れいわ新選組の山本太郎は、3月11日、衆院内閣委員会で、「日本の原発に弾道ミサイルが直撃したら?」と政府に質問した。

政府側は「武力攻撃は規模が異なることから一概に答えられない」と回答。






結論から述べると、現実的には日本の原発がミサイル攻撃によって大きな被害を発生させられることは、限りなくゼロに近い!

まず、ミサイル攻撃で、日本の原子炉が持つ2mの厚みの鉄筋コンクリート製の格納容器を打ち破るのは至難の業だ。

日本の原発は、2001年9月11日にアメリカで発生した同時多発テロのような航空機による体当たり攻撃には、完璧に耐えることができる!
F4ファントム(Phantom)戦闘機を突撃させる実験のムービー(原発の壁は強固)Total Destruction Redux F4 Phantom vs. Concrete Wall Additional Camera Angles


次に、もし、ミサイルが日本の原発の2mの厚みの鉄筋コンクリート製の格納容器を打ち破ったとしても、その下の圧力容器も15センチ~20センチの厚さを持つステンレスと炭素鋼なので、一発のミサイルで日本の原子炉を破壊することは、ほぼ不可能だ!
原子炉の圧力容器
日本の原子炉の圧力容器

日本のように停止設備に優れた発電用の原子炉を1発のミサイルで暴走させるためには、ミサイルを圧力容器に直撃させる必要がある。

圧力容器以外の部分にミサイルを命中させ、もし暴走を始めさせたとしても、緊急停止措置(ECCS)によって停止させられるだけで済む。

また、日本で最大級の原子炉ですら圧力容器の大きさは直径5m以下なので、北朝鮮のミサイルでは現実的には命中は有り得ない。






したがって、日本は、原発へのミサイル攻撃による非現実的な被害妄想よりも、都市へのミサイル攻撃や核ミサイル攻撃を想定しておくべきなのだ!

日本の原発への攻撃を心配する前に、日本の都市への核ミサイル攻撃を心配し、日本は核抑止力(報復の核ミサイル攻撃力)を保有しなければならない!

最近、議論すべきか話題になっている核共有(核シェアリング)だが、「核共有」と言っても、その核ミサイルを管理して使用する権限はアメリカが握ったままなので、あまり日本の核抑止力とはならない。

あくまで、日本自身が核ミサイルを保有(核武装)しなければ、日本が核抑止力(報復の核ミサイル攻撃力)を保有したとは言えない!

日本には核共有(核シェアリング)の議論にすら反対している馬鹿がいるが、日本は今こそ一気に核武装(日本自身の核ミサイル保有)について議論し、急いで核武装を実現しよう!






山本太郎は大馬鹿!

世界一安全な日本の原発へのミサイル攻撃を恐れるのではなく、日本の都市への核ミサイル攻撃を恐れて、急いで日本自身の核武装(核抑止力の保有)を実現するべき!





以上が、概要。




人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



以下、詳細。




https://www.tokyo-sports.co.jp/social/4054538/
れいわ・山本太郎代表が政府に問う「日本の原発に弾道ミサイル直撃したら?」
2022年03月11日 14時45分、東スポWeb
20220312山本太郎「日本の原発に弾道ミサイル直撃したら?」・被害発生の確率はゼロに近い・現実的に問題なし
山本太郎氏(東スポWeb)

 れいわ新選組の山本太郎代表が11日、衆院内閣委員会で質疑に立ち、「日本の原発に弾道ミサイルが直撃したら?」と政府に危機対応について質問した。

 ロシア軍は4日にウクライナのザポリージャ原発を攻撃し、世界を震撼させた。山本氏は「一歩間違えば、世界を巻き込む大惨事。激しい怒りをもって抗議するものであります」としたうえで、「日本は大丈夫でしょうか。稼働中の原発に弾道ミサイルの直撃を受けた場合、どのような被害を想定しているか?」と質問した。

 政府側は「武力攻撃は規模が異なることから一概に答えられない」と回答。

 山本氏は「安保法質疑の際にも同じ趣旨の質問をした。7年たっても答弁は同じ。対策できないことは考えないというスタンス。核武装など勇ましい声は聞こえてくるが、海沿いに林立する原発には関心が薄い。外部からの攻撃、南海トラフ地震を考えれば原発はすべて廃炉にする以外ない」と力説した。

 原発を停止した場合の電力不足についても山本氏は自然再生エネルギーへの投資で解決できるとし、「大災害、そればかりでなく武力行使に対応する術を国は持っていない。原発を止めていくことでビジネスチャンスにつなげることはやるべき。新しい資本主義として、岸田総理に提案していただけませんか」と松野博一官房長官にぶつけたが、色よい返事は帰ってこなかった。



>ロシア軍は4日にウクライナのザポリージャ原発を攻撃し、世界を震撼させた。山本氏は「一歩間違えば、世界を巻き込む大惨事。激しい怒りをもって抗議するものであります」としたうえで、「日本は大丈夫でしょうか。稼働中の原発に弾道ミサイルの直撃を受けた場合、どのような被害を想定しているか?」と質問した。
> 政府側は「武力攻撃は規模が異なることから一概に答えられない」と回答。



政府側は「武力攻撃は規模が異なることから一概に答えられない」という回答は、現実的だ。

もし、アメリカなら、日本の原発をピンポイントのミサイル攻撃によって大きな被害を発生させることも可能かもしれない。

しかし、相手が北朝鮮だったら、普通のミサイル攻撃で日本の原発を攻撃しても、被害が発生する確率は限りなくゼロに近い。

相手が支那やロシアでも、核ミサイルではなく、普通のミサイルで日本の原発を攻撃しても、被害発生は至難の業だ。






結論を述べると、現実的には日本の原発がミサイル攻撃によって大きな被害を発生させられることは、限りなくゼロに近い!

まず、ミサイル攻撃で、日本の原子炉が持つ2mの厚みの鉄筋コンクリート製の格納容器を打ち破るのは至難の業だ。

日本の原発は、2001年9月11日にアメリカで発生した同時多発テロのような航空機による体当たり攻撃には、完璧に耐えることができる!


F4 Phantom Vs. Wall 原子力発電所と同じ壁に時速800kmで飛ぶF4ファントム(Phantom)戦闘機を突撃させる実験のムービー(原発の壁は強固)
■動画
F4 Phantom Vs. Wall
http://www.youtube.com/watch?v=--_RGM4Abv8


写真はコンクリートの壁に、F4ファントム(Phantom)戦闘機を時速約800kmで衝突させる瞬間。

F4ファントム(Phantom)戦闘機を突撃させる実験のムービー(原発の壁は強固)
■動画
Total Destruction Redux F4 Phantom vs. Concrete Wall Additional Camera Angles
https://www.youtube.com/watch?v=F4CX-9lkRMQ

1988年に行われた原子力発電所と同じ壁に時速800kmで飛ぶF4ファントム(Phantom)戦闘機を突撃させる実験のムービー
【原発の壁は強固】




次に、もし、ミサイルが日本の原発の2mの厚みの鉄筋コンクリート製の格納容器を打ち破ったとしても、その下の圧力容器も15センチ~20センチの厚さを持つステンレスと炭素鋼なので、一発のミサイルで日本の原子炉を破壊することは、ほぼ不可能だ!
原子炉の圧力容器
日本の原子炉の圧力容器

日本のように停止設備に優れた発電用の原子炉を1発のミサイルで暴走させるためには、ミサイルを圧力容器に直撃させる必要がある。

圧力容器以外の部分にミサイルを命中させ、もし暴走を始めさせたとしても、緊急停止措置(ECCS)によって停止させられるだけで済む。

また、日本で最大級の原子炉ですら圧力容器の大きさは直径5m以下なので、北朝鮮のミサイルでは現実的には命中は有り得ない。






したがって、日本は、原発へのミサイル攻撃による非現実的な被害妄想よりも、都市へのミサイル攻撃や核ミサイル攻撃を想定しておくべきなのだ!

日本の原発への攻撃を心配する前に、日本の都市への核ミサイル攻撃を心配し、日本は核抑止力(報復の核ミサイル攻撃力)を保有しなければならない!

最近、議論すべきか話題になっている核共有(核シェアリング)だが、「核共有」と言っても、その核ミサイルを管理して使用する権限はアメリカが握ったままなので、あまり日本の核抑止力とはならない。

あくまで、日本自身が核ミサイルを保有(核武装)しなければ、日本が核抑止力(報復の核ミサイル攻撃力)を保有したとは言えない!

日本には核共有(核シェアリング)の議論にすら反対している馬鹿がいるが、日本は今こそ一気に核武装(日本自身の核ミサイル保有)について議論し、急いで核武装を実現しよう!






山本太郎は大馬鹿!

世界一安全な日本の原発へのミサイル攻撃を恐れるのではなく、日本の都市への核ミサイル攻撃を恐れて、急いで日本自身の核武装(核抑止力の保有)を実現するべき!



(参考)

https://www.sankei.com/article/20180403-APLKR5I2ZFJWHGIPBISW4QQWOA/
原発は北朝鮮のミサイルに耐えられるか
2018/4/3 17:00、産経新聞
原発は北朝鮮のミサイルに耐えられるか
【原発最前線】原発は北朝鮮のミサイルに耐えられるか

 政府が弾道ミサイルなどへの破壊措置命令を出している間は関西電力高浜原発3、4号機(福井県)を運転してはならないとして、大阪府高槻市に住む女性(82)が2基の運転差し止めを求めた仮処分について、大阪地裁は3月30日、申し立てを退ける決定を出した。この申し立てと判断が注目された背景には、誰もが思い浮かべる素朴な疑問があった。「原発って、ミサイル攻撃に耐えられるの?」(社会部編集委員 鵜野光博)

■航空機衝突は対策済み

 関電などの説明を基に結論を先に書けば、原発は新規制基準によって大型航空機の衝突などのテロ対策を義務づけられてはいるものの、ミサイル攻撃についての基準はない。飛来するミサイルの種類や命中箇所によって結果は変わるため、一概に答えることはできない-ということになる。

 新規制基準では、原子炉建屋から100メートル程度離れた場所に「特定重大事故等対処施設」(特重施設)を設け、緊急時制御室や電源、注水ポンプなどを備えるよう求めている。これは航空機衝突を含むテロで炉心が大きく損傷した場合、放射性物質の放出を抑えるための施設だ。ただ、こうしたテロ対策の詳細について国は「明らかになると、今後のテロリストなどへの対策に支障を及ぼす恐れがある」として公表しておらず、原子力規制委員会の審査でも、特重施設にかかわるものは非公開で行われている。

■被害想定「仮定が大きすぎる」

 今回の運転差し止め仮処分申し立ての審尋では、住民側は「稼働中の原発がミサイルなどで攻撃された場合、全電源喪失、原子炉格納容器の破壊、原子炉容器直撃などの事態が発生し、重大事故が想定される」と主張。
これに対し関電は「仮にミサイルが直撃する事態を想定したとしても、テロ対策設備を可能な限り活用する」と反論。たとえ格納容器を直撃しても、鉄筋コンクリートや鋼板などによる多重障壁で「制御棒駆動装置や冷却設備が損傷しない可能性もある」としていた。


 万一ミサイルが発射された場合、法律的には原子力施設を対象とした「原子炉等規制法」ではなく、国防にかかわる「武力攻撃事態対処法」と「国民保護法」の出番となる。武力攻撃が発生した事態、あるいは事態が緊迫して武力攻撃が予測される事態に至った場合、これらの法律の下で、規制委は電力事業者に原子炉の運転停止を命令することができる。

 昨年9月に着任した規制委の更田(ふけた)豊志委員長は、記者会見で原発へのミサイル攻撃について問われ、「私たちが与えられている役割は、あくまで原子炉等規制法に定められた権限の中で行っている」「私たちも武力攻撃に対してどう対処するかという役割を担う部局の一つではある。当然、国家が危機事態の認定をしたら、私たちはその役割を果たすが、規制委がそれをリードする立場ではない」と述べている。また、ミサイルによる原発の被害想定については「あまりに仮定が大きすぎるので、お答えは差し控える」としている。

■前委員長は「失言」も

 ちなみに前委員長の田中俊一氏は昨年7月6日、高浜原発がある福井県高浜町で住民と意見交換した際、北朝鮮のミサイル攻撃を想定した対応について質問され、「北朝鮮の技術がどの程度か分からないが、小さな原子炉に落とすなら東京都のど真ん中に落としたほうがよっぽどいい」と発言。これが報道陣から問題発言と指摘され、「例えが不適切だった」と釈明する羽目になった。

 北朝鮮の弾道ミサイルの精度については、「原子炉をピンポイントで狙えるほどの高さはない」との指摘がある一方で、もし核弾頭を積んでいれば、着弾の際の被害は原子炉どころではなくなってしまう。
(以下略)






実は、山本太郎は、平成27年(2015年)にも、国会で同様のマヌケな質問をし、平成28年(2016年)にも同様のマヌケな主張をしていた。

山本太郎は、北朝鮮のミサイルが日本の日本の原子力発電所の敷地内に着弾した場合、甚大な被害が発生するとアホな思い込みをしている!


https://www.taro-yamamoto.jp/national-diet/4913
2015.7.29 安保特「原発への弾道ミサイル着弾の影響について~想定していません」
(本文省略)

2015.7.29 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 20220312山本太郎「日本の原発に弾道ミサイル直撃したら?」・被害発生の確率はゼロに近い・現実的に問題なし
■動画
2015.7.29 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会
https://www.youtube.com/watch?v=acC9ui9wZqc



●詳細関連記事
山本太郎が制裁に反対し北朝鮮決議を棄権した理由・原発をミサイル攻撃される!原発を即時撤退しろ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6123.html


(一部再掲載)

2015.7.29 我が国及び国際社会の平和安全法制に関する特別委員会 20220312山本太郎「日本の原発に弾道ミサイル直撃したら?」・被害発生の確率はゼロに近い・現実的に問題なし
【放射脳】 メロリンQ山本太郎「北朝鮮制裁決議はダメ!原発をミサイル攻撃されるぞ!原発を撤去しろ!」

http://blogos.com/article/159759/
北朝鮮決議に対し、棄権した理由
2016年02月09日 15:22、BLOGOS
山本太郎

北朝鮮決議に対し、棄権した理由。

北朝鮮が発射した飛翔体が、
ミサイルであろうが、ロケットであろうが、
国連安保理決議違反である事には変わりない。

世界との約束を反故にした事について、抗議するのは当然である。
よって決議すること自体に異議はない。

ただ、前回の核実験決議を棄権した時と理由は同じで、
決議文の内容が勇ましすぎる点が気にかかる。

世界と足並みを揃えて、制裁に踏み込む事は必要かも知れない。
が、衆議院の決議文にもない「我が国独自の制裁の徹底および強化」となれば、
国連安保理の制裁より、一歩も二歩も日本独自の制裁が前へ出る形になる。
挑発に対して、挑発で対抗すべきではない。
もし彼の国がこの先、暴発した場合、
まず標準を合わせる相手は制裁の先頭に立つ、日本になる可能性が高い。


舐められてたまるか!と言う感情も理解できない訳ではないが、
有事にターゲットとなり得る核施設(原発)が日本海側に沢山存在し、
再稼働まで行っている現実は無視できる話ではない。


どうしても勇ましい態度で臨む、と言うなら、
まず日本海側の原発の即時撤退を直ぐに始めなければならないのではないか?


弾道ミサイルなどが原発敷地内に着弾した場合の影響を「想定していない」と、
堂々と国会答弁する政府には特段の策もなく、
この国に生きる人々の生命・財産を護る気概など持ち合わせいない事は
想像に難くないが、わざわざ、
北朝鮮挑発の先頭に躍り出る様な表現は自制すべきではないか?

(以下略)



さて、山本太郎は、北朝鮮のミサイルが日本の日本の原子力発電所の敷地内に着弾した場合、甚大な被害が発生すると考えているようだ!

しかしながら、それは山本太郎の浅知恵でしかない!

実は、山本太郎と同様の間違った思い込みをしている人は多い。

しかし、北朝鮮が弾道ミサイルで日本の原子力発電所を攻撃しても、被害は発生しない!

写真はコンクリートの壁に、F4ファントム(Phantom)戦闘機を時速約800kmで衝突させる瞬間。
■動画
F4 Phantom Vs. Wall
http://www.youtube.com/watch?v=--_RGM4Abv8

1988年に行われた原子力発電所と同じ壁に時速800kmで飛ぶF4ファントム(Phantom)戦闘機を突撃させる実験のムービー(原発の壁は強固)


日本の原発をミサイル攻撃しても、被害が発生しない仕組みなどについては、以前、原子力関係者がYahoo!掲示板で非常に説得力のある説明をしていた。

http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3579.html
投稿者 :
zwerg1211

原発の危険性
2004/ 2/18 22:35

riyushirou様お久しぶりです。原子炉の危険性について誤解されているようなので横レスいたします。
日本のように停止設備に優れた発電用の原子炉を1発のミサイルで暴走させるためにはミサイルを圧力容器に直撃させる必要があります。それ以外の部分に命中させてもし暴走をはじめたとしても緊急停止措置(ECCS)によって停止させられるだけです。
日本で最大級の140万kwクラスの原子炉ですら圧力容器の直径は5m以下です。

CEP1000mのミサイルが命中する確率は80000分の1ということになりますので(弾道ミサイルなのでほぼ垂直に落下し、ミサイルがCEP内に均一のばら撒かれるとして)170発のミサイルをすべて一つの原子炉を目標に発射しても命中確率は400分の1以下です。(ただ、日本は複数の原子炉が近接している地点が多いので狙う原子炉によってはこの数倍の確率はあるかもしれません。)
また、ノドン、テポドンに搭載している弾頭の炸薬量はせいぜい500kg~1tのはずで、これでは日本の原子炉が持つ2mの厚みの鉄筋コンクリート製の格納容器を打ち破るのは至難の業でしょう。
もしうちやぶったとしても、その下の圧力容器も15センチ~20センチの厚さを持つステンレスと炭素鋼ですから一発のミサイルで日本の原子炉を破壊するのはほぼ不可能です。
(徹甲弾道弾の遅延信管付きというのが存在するのならば一定の効果はあるかもしれませんが二桁のマッハで物に衝突して確実に遅延できる信管というのは存在するのでしょうか。)
CEPの大きさから見て複数のミサイルが一つの原子炉に衝突することはまず有りえませんので、北朝鮮が核兵器を使用しない限り、日本の原子炉はほぼ安全と考えられます。
(以下略)



http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3578.html
原子力発電所の緊急設備について
2004/ 2/20 18:31

riyushirouさんは北朝鮮のミサイルの威力を非常に過大に誤解されているようです。
北朝鮮の弾道ミサイルの弾頭が最大級の1tクラスのものとしても核でさえなければそれが爆風で破壊できる範囲はせいぜい数10mに過ぎず、しかも10m以内でなければ強固な鉄筋コンクリート設備や分厚い炭素鋼構造物を破壊できません。(少なくとも内部からの水蒸気爆発の可能性は想定されているのでこのあたりは対爆仕様です。)
日本の原子力発電所はすべて独立した複数の緊急炉心冷却装置をもっていますので1発のミサイルですべて破壊することは不可能であり、緊急冷却装置をすべて破壊し、しかも圧力容器の外部の原子炉の致命的な部分を破壊するには原子炉主要部に最低2発のミサイルの命中が必要です。
北朝鮮のミサイルの1発の命中精度から考えても1個の原子炉の主要部(この場合でも命中必須範囲は20mにもなりません。)に2発のミサイルが命中する確率はまずありません。(圧力容器そのものへの直撃については前回述べました。)
また、緊急指揮所、緊急系の回路などは複数の系統が独立してそれぞれ十分な安全策を取られているので(炉心溶融の可能性も一応あるわけですから)たかが1tクラスの爆弾の攻撃では直撃でもなければ破壊されはしません。
1箇所を破壊するのに1発のミサイルが必要なので、これも北朝鮮のミサイルの命中精度から見てそのような偶然はありえないでしょう。
また、北朝鮮のミサイルの弾頭はどうやら徹甲タイプではないようなのでその場合はまず格納容器を破る必要があるので(格納容器にぶつかって爆発するので)最低3発の命中が必要といってもよいように思います。
(以下略)



http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3577.html
専門家の意見
2004/ 3/ 9 20:10

まず、最初に私は確かに化学屋で建設配線などの専門ではありませんが、知人に原子炉設備の建設などに直接かかわっていた人物が複数いますので彼らから情報を得ることができます。
(そういった原子力関係の機関にいた経験がありますので彼らはゼネコンの原子力施設の建設の関係者や大手重電メーカーの原子力担当者です。)
今回、そのうちの一人と話ができましたので、その内容を少し述べます。

彼からの情報によると日本の原子力発電所のうち80年以降に建設されたものは実際に耐空に配慮されたもののようです。
(これは志賀、東通の両原発の立地点が軍用機を運用している空港に近いため、緊急時の軍用機の墜落可能性が配慮されたようです。)
ここでの想定ははっきりしませんがどうやら燃料は満載で爆装したF4、F16というもののようで、この場合の爆発力はテポドンを上回ると予想できます。
これに対しては格納容器は直撃の場合それ自体は破壊されるものの内部施設への影響は軽微ということだそうで、テポドンであっても同様に1発の直撃には耐えられると考えて良いでしょう。
(もちろん速度はテポドンの方が圧倒的に大きいため徹甲弾であれば一発で貫徹し、内部の破壊も可能でしょうが、信管の問題、爆薬量の減少の問題が出てきます。米軍の爆弾が地下を攻撃できたのはこの能力に優れているからで北朝鮮の場合は同一視することはできません。また、徹甲弾を使用すると爆薬の量が減るため攻撃範囲が狭まりますので、より高い命中精度が必要となります。)
また、どうも勘違いされているようですがツインタワーに衝突した民間機の衝撃力破壊力はテポドンよりも圧倒的に大きいとされています(たしか原子力学会の試算では一桁どころの差ではなかったはずです。)
周辺の設備については耐爆仕様の部分が多く、系装関係などもそのようです。(内部からの爆発に耐えるためですが格納容器の外の部分は爆弾による攻撃でも格納容器内部からの爆発でも攻撃ベクトルはほぼ同じになるのでまず有効でしょう。)
また、多くの系装は複数のラインが独立し、しかも埋設されて存在するため、これをすべて破壊するのは圧力容器に直撃させるよりよほど難しいそうです。
また少なくとも加圧水型の原子炉は格納容器内だけで緊急対応ができ、一次冷却水も外へ出ていないため、格納容器の外がすべて破壊されても暴走させずに停止させることが可能であり、そのための設備も存在するそうです。
また、沸騰水型の原子炉は外部に対して水が抜け始めると自動停止するような構造となっているそうです。
なので、やはり最低でも格納容器にミサイルを直撃させ無ければ原子炉を暴走させることはできません。
(ここまでについては原子力発電所の建設、信頼性評価にかかわっていた方の発言をまとめました。)


(中略)

やはり北朝鮮型の命中精度の低い弾頭ミサイルの危険は原子炉に対する攻撃という意味では高くなく、人口密集地を狙われる方が厄介でしょう。
(以下略)




以上のとおり、北朝鮮が日本の原発をミサイル攻撃しても、山本太郎が妄想しているような被害は出ない!

それほど原発の安全性は高い!

それよりも、近い将来北朝鮮は、核弾頭を搭載したミサイルを保有するわけであり、その核ミサイルを直接東京や大阪などの大都市に撃ち込まれることが問題であり、日本の核武装以外には有効な対策はない!

山本太郎は、北朝鮮による日本の原発施設へのミサイル攻撃を心配する前に、北朝鮮の核ミサイルによる東京などの大都市への核攻撃を心配するべきだ!

本気で日本国民の生命や財産や自由を守りたいなら、北朝鮮への制裁に反対するのではなく、日本への核攻撃を抑止するために日本の核武装を早期に実現させるべきだ!





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング



さて、山本太郎が東日本大震災が発生した3月11日に国会で質問したので、東北出身の私としては山本太郎「人でなし」ぶりについて言及しないではいられない!

●関連記事
コイツだけは絶対に許さない!山本太郎「東日本の食材を僕は食べない。あなたを被曝させ続けるよ」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8206.html


(一部再掲載・修正)

https://twitter.com/tonoton47967402/status/1370141391293095936
やまP🔰@ohakalove
コイツだけは絶対に許さない
20210314コイツだけは絶対に許さない!山本太郎「東日本の食材を僕は食べない。あなたを被曝させ続けるよ」
午前10:30 · 2021年3月11日


山本太郎 
君が食べた 朝ご飯、安全だった?
君が学校で ほぼ毎日食べる 給食、安全かな?
残念ながら、かなり食べ物に対して 気を使わなければ あなたの身体は被曝(ひばく)し続ける。
東日本の食材を 僕は食べない。
あなたの身体の中で放射線を発し続けて あなたを被曝させ続けるよ。

2013年5月8日



https://twitter.com/AdNIfIkH96Z17Yl/status/1369989188808941568
伊達@教員投資家日本の城日米高配当投資@AdNIfIkH96Z17Yl
返信先: @ohakaloveさん
これは事実なんですか?
ビックリしました

私は震災から10年食べ続けてますが健康です

午後9:30 · 2021年3月11日



https://twitter.com/tonoton47967402/status/1370142164865351681
おとの@tonoton47967402
返信先: @ohakaloveさん
人間じゃない。
20210314コイツだけは絶対に許さない!山本太郎「東日本の食材を僕は食べない。あなたを被曝させ続けるよ」
午前7:38 · 2021年3月12日



https://twitter.com/ACyoj9LeWgQNXdE/status/1370144195130716161
紫電改_BORAD社長\皇道派@ACyoj9LeWgQNXdE
返信先: @ohakaloveさん
山本太郎を総理にとか言ってるやつは気狂いなんだね。よく分かったよ。
午前7:46 · 2021年3月12日




https://twitter.com/ohakalove/status/1369824115742240769
やまP🔰@ohakalove返信先:
この時にワイが山本太郎にブチ切れて「◯ね」って送ったら「生き延びてやるぜ♪」というファンキーなリプが返ってきたことも一生忘れない😤
午前10:34 · 2021年3月11日



https://twitter.com/MK3JgEDCL9dNMyM/status/1370400214016663558
つばき@MK3JgEDCL9dNMyM
返信先: @ohakaloveさん
ひどい差別です。私は宮城ですが、やはり京都の知り合いに「東北の食材は口にしないことにしているのよ。だって危ないじゃない?」と言われ、ショックでした。東北には美味しい物たくさんある!ちゃんと未だに放射線物質の検査してたりしてるんですよ。ちゃんと安全に食べれます。悔しいですよ。
午前0:44 · 2021年3月13日






>山本太郎 
>君が食べた 朝ご飯、安全だった?
>君が学校で ほぼ毎日食べる 給食、安全かな?
>残念ながら、かなり食べ物に対して 気を使わなければ あなたの身体は被曝(ひばく)し続ける。
>東日本の食材を 僕は食べない。
>あなたの身体の中で放射線を発し続けて あなたを被曝させ続けるよ。



被災地である東日本に対する全く根拠のない誹謗中傷であり、このような風評被害を撒き散らす山本太郎は、人間失格であり、人類とは認められない!

まさに、コイツだけは絶対に許さない!




上記の山本太郎による東日本への誹謗中傷は、東日本大震災から2年以上が経った2013年5月に山本太郎のブログで述べられた。

https://ameblo.jp/yamamototaro1124/entry-11526179168.html
「風評被害?実害だよ!」
2013-05-08 00:05:39

君が食べた 朝ご飯、安全だった?

君が学校で ほぼ毎日食べる 給食、安全かな?

残念ながら、かなり食べ物に対して 気を使わなければ あなたの身体は被曝(ひばく)し続ける。

(中略)

じゃあどうやって自分の身体を守るのか。

国や東日本の自治体がセシウム以外の多くの核種、土壌汚染を細かに調べないのであれば
東日本の食材を 僕は食べない。

(中略)

放射性物質を食べてしまっても、身体の外に出てくれるなら、少しはマシかも知れない。

だけど 筋肉や骨に取り込まれた放射性物質は、身体の外に出るかな?

あなたの身体の中で放射線を発し続けて あなたを被曝させ続けるよ。

(中略)

あなたがこのブログを読んでいる この瞬間も 被曝させられ続ける人々が汚染地にいて、僕たちは安全性不確かな食べ物により、せっせと放射性物質を体内に溜め込んで被曝し続けている。

27年前、チェルノブイリ原発事故があった ウクライナでは現在、年間の被曝が1ミリ シーベルト(国際基準)「以下」の地域でも「健康被害」が報告されている。

「食べ物による内部被曝の影響」で「健康被害」が出ているんだよ。




完全な嘘出鱈目、全く根拠のない誹謗中傷、悪質な風評被害拡散のオンパレードだ!

山本太郎の当該ブログ記事の最後の方には、如何にも尤もらしく『27年前、チェルノブイリ原発事故があった ウクライナでは現在、年間の被曝が1ミリ シーベルト(国際基準)「以下」の地域でも「健康被害」が報告されている。』などと記述されているが、これも全く根拠のない嘘出鱈目だ!

そもそも『年間の被曝が1ミリ シーベルト(国際基準)「以下」』というのが、真っ赤な嘘だ!

自然放射線による年間線量は、日本は2ミリシーベルトで、例えば韓国はその倍の3ミリシーベルトで、世界平均が2.4ミリシーベルトだ。

東日本と西日本の大地の放射線量を比べると、西日本の方が高い!

山本太郎は『年間の被曝が1ミリ シーベルト(国際基準)「以下」』と書いているが、そんな国際基準は無い!

おそらく山本太郎は、「国際放射線防護委員会(ICRP)」という反原発インチキ組織の主張を根拠に述べているのだろう。

しかし、「国際放射線防護委員会(ICRP)」というのは、反原発派や『反放射能派』の学者などが集まった民間の国際学術組織に過ぎず、インチキ組織だ!




したがって、津波などで家がなくなった人は仕方ないが、福島第一原発の事故のために強制的に避難生活をさせることは大きな間違いだ!

福島第一原発事故の放射線による健康被害はゼロ(0人)だ!

一方、避難生活による健康被害や自殺による死亡者は非常に多いため、原発事故が起きても無駄な避難さえしなければ全く問題はなかった。



平成28年(2016年)2月7日、松本市での講演で丸川珠代環境相は国際放射線防護委員会(ICRP)の勧告である被曝量1mSv/年(年間1ミリシーベルト)について『反放射能派』が騒いだせいで、何の根拠もなく決まった」という旨の主張をした。(関連記事
20190925IOC会長「放射性物質の対応適切!参加国に伝達する」!河野太郎が日本と韓国の放射線量を掲載!


もともと年間20ミリシーベルト以下なら避難の必要は無く、むしろ原発事故などの際には避難基準を年間100ミリシーベルトまで引き上げることになっていたにもかかわらず、逆に年間1ミリシーベルトに引き下げて、多くの福島県民に不必要な避難を強いた!

韓国人の乞食どもと同じように賠償金がほしい一部の福島県民は、東京電力を訴えるのではなく、避難基準を不当に厳しくして本当は必要ない避難をさせた菅直人や野田佳彦などを訴えるべきだ!

必要ない避難をさせた菅直人や野田佳彦

必要ない避難をさせた菅直人や野田佳彦 -


ウェード・アリソン博士は、実際のデータが示す単回急性被曝で問題がないと判断される100ミリシーベルトを1ヵ月の許容限度に設定できるとし、反原発のインチキ組織「国際放射線防護委員会(ICRP)」の許容する年間1ミリシーベルトの1,000倍以上の許容量まで大丈夫(問題なし)としている。

つまり、放射線医学の世界的権威、英オックスフォード大学名誉教授のウェード・アリソン博士は、年間被曝限度(避難基準)を【1ミリシーベルト】ではなく、【1,200ミリシーベルト(1.2シーベルト)】に設定すべきだと訴えている。
放射線医学の世界的権威、英オックスフォード大学名誉教授のウェード・アリソン博士は、年間被曝限度(避難基準)を【1ミリシーベルト】ではなく、【1,200ミリシーベルト(1.2シーベルト)】に設定すべきだ

山本太郎ら反日工作員が喚き散らしている避難基準値は年間1ミリシーベルトなのに、医学界の重鎮は何とその1200倍までOKと太鼓判を押している。

ウェード・アリソン博士は「放射能による健康被害を恐れて住民を避難させるほうが、放射線自体より遥かに大きな健康被害をもたらす。だから福島の住民は無駄な避難生活を止めて、自宅に帰り以前と変わらぬ生活を営むべきなのだ」と主張し、日本政府が極度に低い避難基準値を住民に押し付けて普通の暮らしを奪っていることに怒っている。

ウェード・アリソン博士は「放射能による健康被害を恐れて住民を避難させるほうが、放射線自体より遥かに大きな健康被害をもたらす。だから福島の住民は無駄な避難生活を止めて、自宅に帰り以前と変わらぬ生活を営む
●『年間の被曝が1ミリ シーベルト(国際基準)「以下」』は大噓!関連記事
総合1位『さよならパヨク』千葉麗子著・パヨクの実態暴露!反原発デモで痛感したパヨクの独善的体質
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6197.html
村西とおる「菅野完が百田尚樹の日本国紀を恥と酷評!恥は強姦の逃亡者」・菅野が有料メルマガでデマ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7315.html
IOC会長「放射性物質の対応適切!参加国に伝達する」!河野太郎が日本と韓国の放射線量を掲載!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7638.html
コイツだけは絶対に許さない!山本太郎「東日本の食材を僕は食べない。あなたを被曝させ続けるよ」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8206.html






山本太郎と同様のデマで東北を誹謗中傷した者は、他にもいる。

例えば、パチンカス(朝鮮人の家畜)のくせに保守論陣ぶって「虎ノ門ニュース」に出演していた武田邦彦は、東日本大震災で福島第一原発事故が発生してから6か月も経った2011年9月に「東北の野菜や牛肉は出来るだけ捨ててもらいたい。畑に青酸カリが撒かれた。」などとデマ・暴言・妄言を吐いて被災地・東北地方の風評被害を扇動した!
武田邦彦は朝鮮人の家畜!信じる者は不幸になる・「放射能ヒステリー」を煽る「武田邦彦」の正体・捏造や嘘の常習犯が「パチンコ礼賛論」でテレビ出演急増・低線量被曝肯定から恐怖扇動へ転向
2011年9月、武田邦彦「東北の野菜や牛肉は出来るだけ捨ててもらいたい。畑に青酸カリが撒かれた」

私は、当時の武田邦彦の言動は、明らかに犯罪に該当すると考えている。

なお、驚くべきことに、日本の被災地を誹謗中傷してトコトン虐め抜き、パチンカス(朝鮮人の家畜)としてパチンコ(朝鮮玉入れ)を礼賛する武田邦彦「虎ノ門ニュース」に2021年11月まで出演していた!

武田邦彦「汚染水」発言で嘘のオンパレ!「法律は全部『国際放射線防護委員会の勧告』で作られた」
●武田邦彦「東北の野菜や牛肉は出来るだけ捨ててもらいたい。畑に青酸カリが撒かれた」!関連記事
武田邦彦は朝鮮人の家畜!信じる者は不幸になる・「放射能ヒステリー」を煽る武田邦彦の正体・捏造や嘘の常習犯が「パチンコ礼賛論」でテレビ出演急増・低線量被曝奨励から恐怖扇動へ転向・フジテレビ「ホンマでっか」視聴率が急落
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4332.html
武田邦彦「タバコと肺がんはほぼ無関係」・次々と馬脚を露わす目立ちたがり屋の嘘吐きパチンカス=朝鮮人の家畜・「東北の野菜や牛肉は出来るだけ捨ててもらいたい。畑に青酸カリが撒かれた。」などと出鱈目のオンパレードに一関市長抗議
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4367.html

文科省に電凸!ラジウム上で50年間寝起きした92歳おばあさんは今も健康体・夫も長寿を全うし、家族もみんな健康・文科省が述べた年30ミリシーベルトは低過ぎる・最低でも年54ミリシーベルト・武田邦彦は黙れ!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4421.html
桜井誠が上念司に抗議街宣!虎8で上念が朝日新聞などソースに桜井を誹謗中傷&選挙妨害&切取り放映
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7934.html
武田邦彦「汚染水」発言で嘘のオンパレ!「法律は全部『国際放射線防護委員会の勧告』で作られた」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8259.html

韓国産水産加工物で違反多数!日本向けイカキムチなど大腸菌陽性で廃棄処分命令・カナダで深刻な被害
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-8542.html





人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

deliciousicecoffee@naiceice
https://twitter.com/naiceice




報道しない自由 - 「見えない東京の壁」とマスメディアの終焉 - (ワニブックスPLUS新書)
西村 幸祐 (著),(2022/2/25)



[新版]日本国紀〈上〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)



[新版]日本国紀〈下〉 (幻冬舎文庫)
2021/11/17
百田 尚樹 (著)




美しく、強く、成長する国へ。ー私の「日本経済強靱化計画」ー (WAC BUNKO 352)
高市 早苗 (著) 2021/9/19




命がけの証言
清水 ともみ 著(2021/1/24)




決定版 NHK契約・受信料対策マニュアル
【NHK受信料を払わなくても良い理由】新刊
小山 和伸 (著) (2020/8/5)
本書で法的処置も万全!
一問一答形式でNHKへの具体的な対処法を掲載。
放送法第四条を無視して反日偏向報道をしながら、受信契約と受信料支払いを強要するNHKを許すな!





山本太郎は大馬鹿!」
日本の原発へのミサイル攻撃を恐れるのではなく、日本の都市への核ミサイル攻撃を恐れて、急いで核武装を実現するべき!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング


FC2 ブログランキング

  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2022 Powered By FC2ブログ allrights reserved.