FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201807<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201809
津川雅彦さん死去・マスコミ批判「程度が低い!国民を洗脳」「核の傘に頼れば米国への弱味が永久」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓


人気ブログランキング




津川雅彦さん死去・マスコミ批判「程度が低い!国民を洗脳」「核の傘に頼れば米国への弱味が永久」
津川雅彦さん
「日本のマスコミは程度低いと世界で定評がある」
「新興宗教並みに国民を洗脳する。日本国民も疑問を持ち、マスコミの洗脳に軽々に乗せられないような賢さを持てる人が、もっと多くなると良いのになあ!」


「核攻撃から日本を守るのを、真剣に議論するのが、国を護る最低のプライドであり責任だ。」
「核の傘をアメリカだけに頼っていては、政治的にアメリカへの外交的弱味が永久に存在することになる。」
「日本の政治家が核と言った途端に、中国をはじめ世界中がピリッとした。その後日本に対して一目置いた発言が続いた。」


「東京新聞は、誘拐犯擁護と被害者叩きのやらせ読者欄を捏造」
「ジャーナリストの質はますます下品になっている。」




https://www.sankei.com/entertainments/news/180808/ent1808080002-n1.html
俳優の津川雅彦さん死去 78歳
2018.8.8 00:16更新、産経新聞

津川雅彦さん=2015年10月28日、東京・西新橋(野村成次撮影)
津川雅彦さん=2015年10月28日、東京・西新橋(野村成次撮影)

 俳優の津川雅彦(つがわ・まさひこ、本名・加藤雅彦=かとう・まさひこ)さんが4日、心不全のため死去した。78歳。京都市出身。葬儀は近親者で済ませた。

 祖父が映画監督の牧野省三、父は沢村国太郎、兄は長門裕之という芸能一家に生まれ、子役で数本に出演後、石原裕次郎の弟役で出演した「狂った果実」(昭和31年)で一躍人気に。

 加齢とともに欠点を抱えた中年男役として味わい深い演技を見せるようになり、「マノン」(56年)でブルーリボン賞助演男優賞を受賞。「タンポポ」や「マルサの女」など、伊丹十三監督作品の常連として活躍した。また、「プライド 運命の瞬間」(平成10年)では東条英機役で鬼気迫る熱演を見せ、話題を呼んだ。妻は4月に亡くなった女優の朝丘雪路さん。北朝鮮による拉致問題の啓発活動にも協力した。18年、紫綬褒章、26年に旭日小綬章受章。



https://www.sankei.com/entertainments/news/180808/ent1808080003-n1.html
【津川雅彦さん死去】
硬軟自在 男の色気 役柄幅広く 拉致問題解決にも強い関心
2018.8.8 01:27更新、産経新聞

津川雅彦さん=2017年3月31日、東京・豊洲 (戸加里真司撮影)
津川雅彦さん=2017年3月31日、東京・豊洲 (戸加里真司撮影)

 4日に心不全のため、78歳で亡くなった俳優の津川雅彦さんは、男の色気と変幻自在の語り口調で二枚目から悪役まで幅広い役柄を演じた名優だった。

 その才能を伊丹十三監督に愛され、「マルサの女」や「あげまん」など多くの作品で味わい深い演技を見せた。晩年も変わらぬ活躍で「後妻業の女」では好色な老人、アニメ作品「バケモノの子」では声優としてバケモノ界の長老を演じるなど名脇役として存在感を放った。また、マキノ雅彦名義で「寝ずの番」「次郎長三国志」などを監督。テレビドラマでもNHK大河「独眼竜政宗」、「サラリーマン金太郎」などに出演し人気を得た。一方、「たかじんのそこまで言って委員会」などのテレビ番組で政治的発言を行うことも多く、注目を集めた。

 私生活では、昭和48年に女優の朝丘雪路さんと結婚。翌年、生後5カ月の長女が誘拐されるが無事保護される事件が起き、苦難に直面した。そのため、北朝鮮による拉致問題の解決に大きな関心を寄せ、政府の啓発ポスターなどに協力。「拉致問題は私たちすべての問題です」とメッセージを寄せていた。

 今年5月、朝丘さんの死去を受けて開かれた会見では、肺炎をわずらっているにもかかわらず、酸素吸入の姿で報道陣の前に姿を現し、朝丘さんに感謝の言葉を述べていた。



お悔やみ申し上げます。

津川雅彦さんは芸能人であるにもかかわらず、日本のマスコミを徹底的に批判した堂々たる日本人だった!

また、アメリカの核の傘に頼っている日本の防衛外交政策を問題視し、日本の独自核武装の必要性も提案されていた!

平成21年(2009年)には、弊ブログにおいても津川雅彦さんの主張(ブログ)を紹介したことがある。


――――――――――
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-1815.html
日本のマスコミ世界で悪評
津川雅彦ブログ「日本のマスコミは程度低いと世界で定評」「新興宗教並みに国民を洗脳」「日本が核と言えば支那などピリッと」「東京新聞は誘拐犯擁護と被害者叩きのやらせ読者欄を捏造」


日本のマスコミ世界で悪評・津川雅彦ブログ「日本のマスコミは程度低いと世界で定評」「新興宗教並みに国民を洗脳」「日本が核と言えば支那などピリッと」「東京新聞は誘拐犯擁護と被害者叩きのやらせ読者欄を捏造」

written by : 津川雅彦 : 2009年2月27日 14:38

一番初めの訪問国ってだけで、日本のジャーナリストが内容はさておき、単純に喜ぶからだそうだとその筋から聞きました。
マスコミがはしゃげば、政治家も成果があったと思うおめでたい国だと、よく日本人を研究してるんですね。
さすがアメリカ感心しました。
外国首脳の中で麻生首相をホワイトハウスへ一番に呼んだのも、同じ理由だそうです!
その証拠に、某日本の新聞記事には、重厚な扱いと文字が踊ってました!
だから、準備時間がなくとも、共同宣言が出せなくとも、関係なく、いそいそ出かけた訳です。
他の国は、順番よりも内容を重視するインテリジェンスが当然ありますからね。
日本のマスコミは、程度が低いと世界では定評があるそうです。
経済と違い、今の政治もそうなんでしょうね。外交はなめきられていると思います。
これ自民党だけでなく、寄せ集めの民主党はもっとひどいとの話です。
そろそろ日本国民も疑問を持ち、マスコミの洗脳に軽々に乗せられないような賢さを持てる人が、もっと多くなると良いのになあ!



written by : 津川雅彦 : 2009年2月28日 15:33

(前略)
安倍さんも福田さんも麻生さんも信念のない首相だが、小沢を首相にしたら、もっと信念がもてないだろう!
社会党、魁、民社党、旧自民党、その他なんでも、ザッパに寄せ集めた、ゴミ箱みたいな政党だ。
信念なんか持ってたら、すぐちりじりバラバラになる。
日本を核や外的から守る事など、何の策なく、日米安保解消だけ言って、左翼の人気取りに走る。
(中略)
マスコミは何も言わずに、小沢を祭り上げることに必死だ!
マスコミは自分たちの影響力を確かめ、国民を動かす権力を持ちたいのが、彼らの本音だ。
以前小選挙区制を唱えた小沢を持ち上げ、小選挙区制は正義だと朝日が国民を洗脳し、自民党を出た小沢が、選挙で勝った時に、勝たしたのは朝日だとの誇ったマル秘文書が外に漏れて、常に政治的中立を守るべきがジャーナリストだと、一番主張していた朝日が、嘘ついたと騒動になったが、以来、全マスコミが、新興宗教並みに、国民の洗脳に走り出した。

その通りになるのは、誠に悔しいが、これで選挙があれば99%小沢が勝つだろう。
(以下略)



written by : 津川雅彦 : 2009年3月 9日 05:09

(前略)
辞めさせるチャンスはいっぱいあったのに、民主党員は頭が悪すぎる。
もともと、左翼、右翼、ごちゃ混ぜ、寄せ集めで数だけ揃え、質より量で勝負せざるを得ないのが民主党の本質だ。
だから小沢さんも政策より、大連立だ。審議拒否だと政局に頼らざるを得なかった。
民主党も陰謀術策にたけた。腕力勝負の小沢さんに頼らざるを得ない訳だ。
(中略)
ソマリアの海賊から、日本の商船を守らなければならない。
守らないのは、国家を放棄したに等しい。
韓国、中国、ロシアに一方的に盗られそうになっている日本領土はどうする。
北朝鮮は勿論イランやパキスタンにまで核兵器を持たれ、核攻撃から日本を守るのを、真剣に議論するのが、国を護る最低のプライドであり責任だ。
更に核の傘をアメリカだけに頼っていては、政治的にアメリカへの外交的弱味が永久に存在することになる。

(中略)
更に将来は憲法改正をするべしか、国防について、冷静に議論して、国民の信を問うことこそ選挙を前に政党が第一にやるべきことだ。
小泉政権の頃、麻生さんと、中川さんが、『なぜ核が必要ないのかぐらいの議論をするべきだ』と発言し、左翼新聞、マスコミがヒステリックに問答無用と騒いだが、インテリジェンスが無さ過ぎる。
一方的に言論を圧迫するのは、共産主義国家だけに止めるべきだ。
麻生さん、中川さんが核と言った途端に、中国をはじめ世界中がピリッとした。
その後日本に対して一目置いた発言が続いた。

利口な政治家さえ出てくれば、日本の発言力は世界に通用する筈。
外交交渉は清濁混ぜ合わせてこそ説得力を持つ。
好い人だけで、何でも通用すると教えるバカは日教組だけで沢山だ。
今思うと北朝鮮が突然拉致被害者を返還したのは、そのせいかとも思うくらいだ。

(中略)
戸締まりなんかしないで、他人を信用してる好い人には、泥棒も入らないさと、お気楽に憲法第九条に固執して、武器放棄を叫ぶのは、笑ってしまう黄金バットだ。
やはり娘が誘拐された時に、東京新聞が芸能人の子供が誘拐されるのは、芸能人が悪い。子供が産まれた事を、自分の宣伝に使うげすな根性故で、自業自得だと書いた。
編集長に芸能人に問題はあっても、子供に罪はない。
ジャーナリストたるもの、誘拐犯を擁護するような記事は言語道断。
芸能人に嫉妬する東京新聞の読者が多いのだろうが、そんな大衆に媚びて売らんかなの記事は編集長の資格なしと激論を闘わしたが、私はジャーナリストとしての信念を貫いたとうそぶいた。
なんと翌日には東京新聞の読者欄が、拡大され、何十もの投書で全面が埋められ、その99%が津川と芸能人の質がわるい。東京新聞はよくぞ言った。誘拐されたのは、自業自得だ。内容で占められた。
見え見えのやらせ読者欄の捏造だ。
以来35年ジャーナリストの質はますます下品になっている。

週末にマスコミが一斉に支持率調査をやると大宣伝している!
その結果を信じなさいと洗脳に余念がない。
(以下略)



芸能人なのに、マスコミをぼろ糞に非難をしており、実に痛快だ!

それにしても、東京新聞による誘拐犯擁護と被害者叩きのやらせ読者欄の捏造は酷すぎる。

なお、次の箇所は内容としては非常に良いことを述べているが、間違いがある。



>小泉政権の頃、麻生さんと、中川さんが、『なぜ核が必要ないのかぐらいの議論をするべきだ』と発言し、左翼新聞、マスコミがヒステリックに問答無用と騒いだが、インテリジェンスが無さ過ぎる。


この部分、津川雅彦さんは少し勘違いしている。

細かいことかもしれないが、弊ブログは日本の核武装のためのブログなので、正確な情報を以下に掲載しておく。



小泉政権の平成14年(2002年)に日本の核武装について言及した著名な政治家は、小沢一郎と安倍晋三と福田康夫だった。

中川昭一が『なぜ核が必要ないのかぐらいの議論をするべきだ』と発言し、麻生太郎が中川発言を擁護したのは平成18年(2006年)の安倍政権の時だ。



平成14年(2002年)4月6日、自由党の小沢一郎党首は、福岡市内で講演し、「中国は超大国になろうと軍事力増強にいそしんでいる」とした上で、最近小沢に会いに来た「支那共産党情報部の人」に語った内容だとして「あまりいい気になると、日本人はヒステリーを起こす。(日本が)核兵器を作るのは簡単だ。その気になったら原発のプルトニウムで何千発分の核弾頭ができる。大陸間弾道弾になるようなロケットを持っている」と述べて、支那を強く牽制したことを明らかにした。

平成14年(2002年)5月13日、安倍晋三官房副長官は、早稲田大学での講義において「核兵器使用は違憲ではない」「核兵器を持ちたいなら堂々とそう言うべきだ」と明言した。

平成14年(2002年)5月31日、福田康夫官房長官は、午後の記者会見で「核兵器の保有は憲法上は否定されない」と語り、「非核三原則見直し」に言及した。

――以上が小泉政権時代の主な政治家の核武装関連発言――

――以下が安倍政権時代の中川昭一と麻生太郎の核武装関連発言――

平成18年(2006年)10月15日、中川昭一自民党政調会長は、テロ朝の「サンデープロジェクト」に出演し、「(日本に)核があることで、攻められないようにするために、その選択肢として核(兵器の保有)ということも議論としてある。議論は大いにしないと(いけない)」と述べた。その上で「もちろん(政府の)非核三原則はあるが、憲法でも核保有は禁止していない」と強調した。

平成18年(2006年)10月18日、麻生太郎外相は、衆院外務委員会で北朝鮮の核実験問題に関連し、「非核三原則を維持する政府の立場は変わっていない」と前置きしたうえで、「隣の国が(核兵器を)持つことになった時に、(日本が核保有の是非を)検討するのもだめ、意見の交換もだめというのは一つの考え方とは思うが、議論をしておくのも大事なことだ」と述べた。
――――――――――



人気ブログランキング




★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


『アメリカ人だから言えた 戦後日本教育の不都合な真実』2018/6/10
ケント・ギルバート (著)



『西部邁 日本人への警告 わが国にとって「保守vs.革新」とは何だったのか』2018/6/17
西村幸祐 (著), 富岡幸一郎 (著), 三浦小太郎 (著)



「津川雅彦さん、ありがとう!マスコミ最低!日本の核武装を実現しよう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓


人気ブログランキング



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:訃報 - ジャンル:ニュース

沖縄戦没者追悼式の中学生の詩が酷い!「NHKが説教される安倍晋三を放送した」とパヨクが歓喜!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






沖縄全戦没者追悼式で「平和の詩」を朗読する浦添市立港川中学校3年 相良倫子さん=沖縄県糸満市で2018年6月23日、
沖縄全戦没者追悼式で「戦争を絶対に許さない」「戦争の無意味さ」「戦力という愚かな力」などの言葉を綴った「平和の詩」を朗読する浦添市立港川中学校3年生の相良倫子さん

NHKがカメラワークを駆使して「平和を愛する女子中学生が平和を壊す安倍晋三に説教している」ように放送し、パヨクが歓喜!

許せない!パヨクやNHKなどの悪い大人たちによる中学生の政治利用



https://twitter.com/RyukyuShouenou/status/1010418720336797696
尚円王‏ @RyukyuShouenou
#NHK さんの素晴らしいカメラワークのおかげで、沖縄県の中学生に説教される瞬間の安倍晋三が地上波に乗りました。

このタイミングはあえて狙わなければ撮れない!

NHKさん、グッドジョブ👍

『戦闘の無意味さを、本当の平和を、戦力という愚かな力をもうことで得られる平和など無い!』

#安倍晋三
(動画)
16:06 - 2018年6月23日



>#NHK さんの素晴らしいカメラワークのおかげで、沖縄県の中学生に説教される瞬間の安倍晋三が地上波に乗りました。
>このタイミングはあえて狙わなければ撮れない!



確かにNHKの放送の仕方は、一定の防衛力を保持しようとする安倍首相に対して中学生が絶対的正論を訴えるような演出になっている。

当該中学生が読み上げた「平和の詩」の内容を冷静に分析すれば、極めて酷い内容となっている。

ところが、読み上げた「平和の詩」は美辞麗句(キレイごと)が並べられている上に、当該中学生は感情表現というか演技が抜群に上手いため、大多数の人は聴いていると何となく感動してしまうのだ。

NHKは、パヨクが実際に歓喜しているように【正しい女子中学生が邪悪な安倍晋三に説教している】ような絵になるようにカメラワークを施しており、悪意ある放送となっている。

NHKは同日夜の「ニュース7」でも、当該中学生の詩の読み上げを大絶賛していた。

NHKは、ニュース番組で最初に「感動的でした」などと絶賛しておいて、部分的に美辞麗句(キレイごと)を部分的に放送するため、一種の偏向報道となっている。






>『戦闘の無意味さを、本当の平和を、戦力という愚かな力をもうことで得られる平和など無い!』


それは間違った思い込みであり、戦力は決して愚かな力ではないんだよ。

かなり酷い内容の詩だが、まー中学校3年生ならこの程度が普通かもしれない。

選ばれた中学校3年生が悪いわけではなく、この詩を選んだ大人たちが悪いのだ。

そもそも、追悼式において、子供に政治的メッセージを読み上げさせること自体が間違っている!

悪質な、子供の政治利用であり、絶対に許せない!





以下、女子中学生が読み上げ、パヨクが歓喜し、NHKがニュース番組でも絶賛した「平和の詩」を掲載し、その内容を冷静に分析する。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180623/k10011492831000.html
沖縄戦から73年 戦没者追悼式「平和の詩」全文

沖縄戦から73年 戦没者追悼式「平和の詩」全文
2018年6月23日 20時42分、NHK

20万人を超える人が亡くなった沖縄戦から73年。沖縄は23日、「慰霊の日」を迎えました。追悼式で中学生が平和の詩を読み上げました。(以下全文掲載)

「平和の詩」朗読作品「生きる」 (全文)
(浦添市立港川中学校3年 相良倫子さんの作品)
(浦添市立港川中学校3年 相良倫子さんの作品)

私は、生きている。
マントルの熱を伝える大地を踏みしめ、
心地よい湿気を孕んだ風を全身に受け、
草の匂いを鼻孔に感じ、
遠くから聞こえてくる潮騒に耳を傾けて。

私は今、生きている。

私の生きるこの島は、何と美しい島だろう。
青く輝く海、岩に打ち寄せしぶきを上げて光る波、
山羊の嘶き、小川のせせらぎ、畑に続く小道、
萌え出づる山の緑、優しい三線の響き、照りつける太陽の光。

私はなんと美しい島に、生まれ育ったのだろう。

ありったけの私の感覚器で、感受性で、島を感じる。
心がじわりと熱くなる。

私はこの瞬間を、生きている。

この瞬間の素晴らしさがこの瞬間の愛おしさが
今と言う安らぎとなり私の中に広がりゆく。

たまらなく込み上げるこの気持ちをどう表現しよう。
大切な今よかけがえのない今よ

私の生きる、この今よ。

七十三年前、私の愛する島が、死の島と化したあの日。
小鳥のさえずりは、恐怖の悲鳴と変わった。
優しく響く三線は、爆撃の轟に消えた。
青く広がる大空は、鉄の雨に見えなくなった。
草の匂いは死臭で濁り、光り輝いていた海の水面は、
戦艦で埋め尽くされた。

火炎放射器から吹き出す炎、幼子の泣き声、
燃えつくされた民家、火薬の匂い。
着弾に揺れる大地。血に染まった海。
魑魅魍魎の如く、姿を変えた人々。
阿鼻叫喚の壮絶な戦の記憶。

みんな、生きていたのだ。
私と何も変わらない、懸命に生きる命だったのだ。
彼らの人生を、それぞれの未来を。
疑うことなく、思い描いていたんだ。
家族がいて、仲間がいて、恋人がいた。
仕事があった。
生きがいがあった。
日々の小さな幸せを喜んだ。
手をとり合って生きてきた、私と同じ、人間だった。

それなのに。
壊されて、奪われた。
生きた時代が違う。
ただ、それだけで。
無辜の命を。
あたり前に生きていた、あの日々を。

摩文仁の丘。
眼下に広がる穏やかな海。
悲しくて、忘れることのできない、この島の全て。
私は手を強く握り、誓う。
奪われた命に想いを馳せて、心から、誓う。

私が生きている限り、
こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
もう二度と過去を未来にしないこと。


全ての人間が、国境を越え、人種を越え、
宗教を越え、あらゆる利害を越えて、平和である世界を目指すこと。
生きる事、命を大切にできることを、
誰からも侵されない世界を創ること。
平和を創造する努力を、厭わないことを。


あなたも、感じるだろう。
この島の美しさを。
あなたも、知っているだろう。
この島の悲しみを。
そして、あなたも、私と同じこの瞬間(とき)を一緒に生きているのだ。
今を一緒に、生きているのだ。

だから、きっとわかるはずなんだ。
戦争の無意味さを。
本当の平和を。
頭じゃなくて、その心で。
戦力という愚かな力を持つことで、
得られる平和など、本当は無いことを。


平和とは、あたり前に生きること。
その命を精一杯輝かせて生きることだということを。

私は、今を生きている。
みんなと一緒に。
そして、これからも生きていく。
一日一日を大切に。
平和を想って。平和を祈って。
なぜなら、未来は、
この瞬間の延長線上にあるからだ。
つまり、未来は、今なんだ。

大好きな、私の島。
誇り高き、みんなの島。
そして、この島に生きる、すべての命。
私と共に今を生きる、私の友。私の家族。

これからも、共に生きてゆこう。
この青に囲まれた美しい故郷から。
真の平和を発進しよう。
一人一人が立ち上がって、
みんなで未来を歩んでいこう。

摩文仁の丘の風に吹かれ、
私の命が鳴っている。
過去と現在、未来の共鳴。
鎮魂歌よ届け。悲しみの過去に。
命よ響け。生きゆく未来に。
私は今を、生きていく。



>それなのに。
>壊されて、奪われた。
>生きた時代が違う。
>ただ、それだけで。
>無辜の命を。
>あたり前に生きていた、あの日々を。



日本がアメリカと同等以上の戦力を持っていたら、そんなことにはならなかった。





>私が生きている限り、
>こんなにもたくさんの命を犠牲にした戦争を、絶対に許さないことを。
>もう二度と過去を未来にしないこと。



浦添市立港川中学校3年の相良倫子さんが、あの当時に生きていて「戦争を絶対に許さない」と言ったとしても、やっぱりアメリカ軍は沖縄への攻撃をやめなかった。

実際に、チベットや東トルキスタン(ウイグル)の人々が「戦争を絶対に許さない」と叫んでも、支那軍は容赦なくチベットや東トルキスタン(ウイグル)を攻撃し、たくさんの命を奪ったんだよ。

いくら相良倫子さんが今「戦争を絶対に許さない」と言っても、支那軍は聞く耳を持たない。






>誰からも侵されない世界を創ること。
>平和を創造する努力を、厭わないことを。



「誰からも侵されない世界を創る」ためには、日本が核ミサイルを持つことが最善策だ!

日本が核ミサイルを持てば、日本は極めて侵略され難くなる。






>だから、きっとわかるはずなんだ。
>戦争の無意味さを。
>本当の平和を。
>頭じゃなくて、その心で。
>戦力という愚かな力を持つことで、
>得られる平和など、本当は無いことを。



「きっとわかるはずなんだ。戦争の無意味さを。」という主張は、極めて無責任な主張だ!

殆どの戦争には重要な意味があり、特に自衛戦争は極めて重要であり、必要不可欠な戦争だ!

人民解放軍(支那軍)がチベットや東トルキスタン(ウイグル)と同じように沖縄を侵略するために攻撃をしてきたら、国(日本)は何もせずに沖縄を見捨てても良いのか?!

国(日本)は何もせずに沖縄県民を見殺しにしても良いのか?!

このように、普通に考えれば自衛戦争は絶対に必要であり、「きっとわかるはずなんだ。戦争の無意味さを。」などと軽々しく言ってはならない。

大東亜戦争も、日本の自衛戦争だった。

もちろん、沖縄戦も、日本の自衛戦争の一環だった。

また、「戦力という愚かな力を持つことで、得られる平和など、本当は無いことを。」というのも、間違った思い込みであり、自衛のための戦力は決して愚かな力ではない。

大東亜戦争の当時、日本がアメリカと同等以上の戦力を持っていたら、大東亜戦争も起こらなかったし、沖縄戦もなかった。

チベットや東トルキスタン(ウイグル)も、十分な戦力を持っていたら、人民解放軍(支那軍)によって侵略されて何百万人も虐殺されずに平和な独立国家を維持できていた。

浦添市立港川中学校3年の相良倫子さんはまだ中3なので勉強が不足しているけど、今後は歴史を良く勉強して現状を正確に把握して平和のためには何が必要かを正しく認識してほしい。

日本の平和や世界の平和のためには、日本の核武装が最も有効だ。

核武装した国は、大東亜戦争の時の日本や、その後のチベットや東トルキスタン(ウイグル)などのように、他国によって侵略されて国民が大量に殺戮された例が全くない!

平和を追求すなら、上記の歴史と現実を直視して核武装を実現させなければならない。




今年1月に亡くなった西部邁も、【核武装=核の最高の平和利用】と述べ、日本の核武装の必要性を訴えた。
『核』が日本を沈没から救う 西部邁ゼミナール 2010年10月16日放送
西部邁「核武装こそは、核の最高の平和利用」

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3019.html
「平和利用」――けじめなき言葉
【保守再考】(40)
西部邁
2007/02/19, 産経新聞

 人間は言葉の動物だ。だからかえって、人間は自分の言葉によって訛(あやま)り、他人の言葉によって誑(たぶらか)される。その好例が「平和」という言葉であることについて、平和列島の住民も少しは気づいているのではないか。

 平和という言葉は「戦争が"ない"状態」をしか意味しえない。つまりそれは消極的な意味の言葉にすぎない。平和を維持するには、また平和のなかで生じる国民精神の退廃を克服するには、どうすればよいのかという積極策は、平和という言葉をどれほど呉(かまびす)しく叫んでも、何一つ打ち出されない。

 平和という言葉に積極的な意味が宿っていると思うのは、訛言(かげん)であり誑妄(きょうもう)であり、呉しい誤解である。そうとわかれば、核エネルギーの「平和利用」という世界中に流布されてしまっている言葉についても、疑念を差し向けざるをえない。つまり、原子力発電で(家庭や企業に)電力を送ることだけを核の平和利用とよぶことから、核武装にたいする訛りと誑しの言説が広められているのではないかということだ。

 平和の対語は「戦争」なのであるから、平和利用を原発に限ると、核武装はそのエネルギーの「戦争利用」に当たる、という語感を(曖昧(あいまい)なものにせよ)世人は抱くであろう。そして彼らは、核の戦争利用と聞けば、そんな危険かつ野蛮な所業に手を染めるのは桑原、桑原、と尻込みしはじめる。

 しかし核武装こそは、少なくともそれを正当とする理念からすれば、核の平和利用の最たるものなのである。
なぜといって核武装は、「(自国の)核兵器による(他国からの)核攻撃の抑止」のためのもの、より広くいえば「核による大戦争の制止」のためのものだからである。
戦争が抑止されている状態、それが平和にほかならない以上、核武装には核の「最高の平和利用」との形容がふさわしい。

 私がかつてある国立大学の社会科学科に所属していたときに実際に起こったことだが、「戦争研究」という講座を新設することに大半の教官が反対した。彼らは「平和研究」という講座名ならば何の文句もいわなかったであろう。「平和のない状態が戦争である」という当たり前のことが、社会研究にたずさわっている者にすら通じないのである。言葉の(教化力ならぬ)"誑訛力"は凄いものだと認めざるを得ない。

 たとえ核の戦争利用といったとて、注意深い者なら、その戦争は侵略なのか自衛なのか、自衛だとしてもその戦争利用は予防的先制としてなのか(核攻撃を受けたのちの)報復としてなのか、について分類をほどこすであろう。その分類図のどこに位置するかによって戦争利用の意味が異なってくる。

 言葉において訛ったり誑されたりするのを避けるには、言葉の「けじめ」(仕分け)が必要だ。けじめなき言葉はムードでまぶされ、ムードだらけの言葉は表現を幼稚にする。政治から文化に至るまでの現代の多弁症は、けじめなきがゆえに、失語症も同然である。
 (にしべ・すすむ=評論家、秀明大学学頭)

 訛言=誤った風評▽誑妄=でたらめ



「平和を望むなら核武装せよ」急げ!核武装、デモin銀座(平成26年4月13日、銀座)
「平和を望むなら核武装せよ」

「核兵器保有国は侵略されない」急げ!核武装、デモin銀座(平成26年4月13日、銀座)
核兵器保有国侵略されない」

「急げ!核武装」急げ!核武装、デモin銀座(平成26年4月13日、銀座)
急げ!核武装、デモin銀座(平成26年4月13日、銀座)

●関連記事
北朝鮮がICBM用の水爆実験に成功!6回目核実験・核の傘は消滅・日本は制裁よりも核武装を急げ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6781.html






ちなみに、沖縄全戦没者追悼式では、毎年のように安倍首相に対して罵声やヤジが浴びせられている。

https://www.sankei.com/politics/news/160623/plt1606230038-n1.html
【沖縄戦没者追悼式】
「帰れ!」「本当にそう思っているのか」 今年も首相に罵声やヤジ
2016.6.23 13:50更新、産経新聞

2018.6.23 【沖縄戦没者追悼式】「帰れ!」「本当にそう思っているのか」 今年も首相に罵声やヤジ
沖縄全戦没者追悼式で献花した安倍首相(手前)と沖縄県の翁長雄志知事(左端)=23日午後、沖縄県糸満市の平和祈念公園

 沖縄県糸満市の平和祈念公園で23日に開かれた沖縄全戦没者追悼式では、出席した安倍晋三首相に対し、先の大戦末期の沖縄戦で亡くなった戦没者への「慰霊」とは全く関係のない罵声が飛び交った。

 首相はあいさつで、沖縄県にある米軍基地の負担軽減に引き続き取り組む考えを示したが、会場内から「本当にそう思っているのか」とヤジが飛び、首相があいさつを終えると、「帰れ!」との怒鳴り声もあった。また、沖縄県うるま市の女性会社員が元米兵に暴行、殺害された事件に言及した際には、「お前がやったんだろ」と意味不明な罵声も飛んだ。

 しかし、こうした怒声は数回あっただけで、首相があいさつを終えて退く際には少なくない拍手が送られた。前回平成27年の追悼式でも、「さっさと帰れ」「嘘を言うな」などの罵声が上がった。








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


『アメリカ人だから言えた 戦後日本教育の不都合な真実』2018/6/10
ケント・ギルバート (著)



『西部邁 日本人への警告 わが国にとって「保守vs.革新」とは何だったのか』2018/6/17
西村幸祐 (著), 富岡幸一郎 (著), 三浦小太郎 (著)



「パヨクやNHKは、知識の乏しい中学生を政治利用するな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

北朝鮮の核と拉致は軍事力でしか解決できない!交渉は時間の無駄!思い出せトランプ!核武装しろ日本
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






共同声明には具体的な項目が盛りこまれていません。「完全な非核化」の対象も北朝鮮だけでなく、在韓米軍も含めた「朝鮮半島」全域。北朝鮮の主張に沿ったものです。米国が北朝鮮から新たに得たものはほとんど見あた
米朝首脳会談は、共同声明に「完全かつ検証可能で不可逆的な核廃棄(CVID)」は記載されず、大失敗に終わった!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00000002-asahik-soci
非核化、あいまい合意 「検証可能」「不可逆的」、米主張の文言なし 米朝首脳会談
6/13(水) 5:30配信、朝日新聞デジタル

非核化、あいまい合意 「検証可能」「不可逆的」、米主張の文言なし 米朝首脳会談
米朝首脳会談では「包括的な合意」と言うものの

 北朝鮮の非核化をどのように、いつまでに成し遂げるのか。首脳会談で最大の懸案だった問題は北朝鮮の主張を米国がほぼ丸のみした形となった。

 米国のポンペオ国務長官は「完全で検証可能、不可逆的な非核化(CVID)が受け入れられる唯一の結果だ」と主張していた。事前協議でも直前まで、米国はCVIDを強く訴えた。これに対し北朝鮮は「米国も体制保証に関する具体的な期限や方法を示すべきだ」などと抵抗していた。

 しかし12日の共同声明は「朝鮮半島の完全な非核化」との表現にとどまった。正恩氏が5月9日にポンペオ氏と会談した際、「余すところなく非核化する」と語ったのと比べて進展があったとはいえず、結局、北朝鮮が押し切った格好だ。



トランプは「クリントンもブッシュもオバマも失敗したが、私は失敗しない」と豪語していたが、残念ながら大失敗した!

ただ、援助せず、制裁を継続することは、良かった!

トランプは2017年10月にツイッターで「交渉は時間の無駄」!「ロケットマンに優しくしても25年間うまくいかなかった。なぜ今うまくいくだろうか。クリントンもブッシュもオバマも失敗したが、私は失敗しない」 と豪語した!

あの頃のトランプは、歴史を良く知り、冷静かつ正確に北朝鮮を分析し、正しい対処法を知り、公言していた。

それにもかかわらず、結局トランプはロケットマンと交渉し、時間を無断にし、大失敗した!

情け無さ過ぎる。

トランプは正気に戻れ!

歴史を思い出せ!


トランプ「私は、われわれのすばらしい国務長官に『小さなロケットマンと交渉しようとして時間をむだにしている』と伝えた」 「ロケットマンに優しくしても、25年間うまくいかなかった。なぜ今うまくいくだろうか
トランプは、北朝鮮と会話をしようと必死になっていたティラーソン国務長官を批判し、2017年10月1日にツイッターに次のように書き込んだ。

「エネルギーを無駄にするな、レックス(ティラーソン国務長官)。われわれはやるべきことをやればいい」「リトル・ロケットマンと交渉しても時間の無駄だ」

Donald J. Trump‏
@realDonaldTrump

I told Rex Tillerson, our wonderful Secretary of State,
that he is wasting his time trying to negotiate with Little Rocket Man...

...Save your energy Rex, we'll do what has to be done!


ドナルド・トランプ米大統領のツイッター
「私は、われわれのすばらしい国務長官に『小さなロケットマンと交渉しようとして時間をむだにしている』と伝えた」
「エネルギーを無駄にするな、レックス(ティラーソン国務長官)。われわれはやるべきことをやればいい」


7b6c5997d1d1683b155c15493b1f4610.pngクリントン(大統領)は失敗した、ブッシュ(大統領)も失敗した、そしてオバマ(大統領)も失敗した。私(トランプ大統領)は(働くので)失敗はしない。
「ロケットマンに優しくしても、25年間うまくいかなかった。なぜ今うまくいくだろうか。クリントンもブッシュもオバマも失敗したが、私は失敗しない」


まさに、そのとおりだった!(過去形)

1994年にアメリカ大統領だったビル・クリントンは、北朝鮮と交渉し、『米朝枠組み合意』に至った。


「米朝枠組合意」は、北朝鮮が進めていた核開発を凍結することと引き換えに、日本とアメリカと韓国が核拡散の恐れが比較的少ない2基の1000 MW軽水炉に置き換え、毎年50万トンの重油を北朝鮮に援助するというトンデモナイ合意だった!

北朝鮮が約束なんて守るわけがないのに、日本とアメリカと韓国が大量のエネルギーを北朝鮮に援助するという馬鹿げた合意だった!

要するに、北朝鮮は核兵器不拡散条約(NPT) に違反して核開発をしたら、毎年50万トンの重油と2基の原発を貰うことができるようになったのだ!

もちろん北朝鮮は、貰うモノだけ貰って核開発を凍結するという約束なんて平気で破って隠れて核開発を続けた。

核兵器不拡散条約(NPT) に違反して核開発をしたら日本やアメリカなどから莫大な重油などのエネルギーを貰えた北朝鮮は、1994年の『米朝枠組み合意』が破綻した2003年以降、益々核開発に邁進した!

北朝鮮にしてみれば、条約違反をして核開発をしたら過去10年間にわたって莫大なご褒美を貰えたのだから、癖になったのだ。

『米朝枠組み合意』破綻後に、以前にも増して核開発に邁進するようになった北朝鮮に対して、2003年からは「6カ国協議」「6者協議」と呼ばれる会合が繰り返されるようになった!

「6者」(6か国)とは、日本、アメリカ、韓国、ロシア、支那、北朝鮮の6か国のことだ。

すると、北朝鮮は、核施設凍結の条件として「重油50万トン以上の大型エネルギー支援」を5カ国に対して要求した!

馬鹿馬鹿しい。

1994年の『米朝枠組合意』の失敗にも懲りずに、こんな馬鹿馬鹿しい交渉を何回も繰り返したのだから、アメリカも日本も学習能力が欠如していたとしか言い様がない。

トランプは、2017年10月にツイッターで述べた「交渉は時間を無駄!エネルギーを無駄にするな、我々はやるべきことをやればいい。ロケットマンに優しくしても25年間うまくいかなかった。なぜ今うまくいくだろうか。クリントンもブッシュもオバマも失敗したが、私は失敗しない」を思い出せ!

正気に戻れ!






https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00000651-san-pol
米朝首脳会談 安倍首相がトランプ氏と電話会談、拉致提起に謝意 政府高官「金正恩氏はよく聞いていた」
6/12(火) 23:47配信 産経新聞

米朝首脳会談を受け記者団の質問に答える安倍晋三首相=12日午後、首相官邸(春名中撮影)
米朝首脳会談を受け記者団の質問に答える安倍晋三首相=12日午後、首相官邸(春名中撮影)

 トランプ米大統領は12日、米朝首脳会談後の記者会見で、日本人拉致問題について「共同声明に盛り込まなかったが、(会談で)取り上げた。安倍晋三首相の最重要課題でもあるからだ。これから彼らが取り組むことになる」と述べた。

 安倍首相は同日夜、トランプ氏と電話で会談し、米朝首脳会談の説明を受けた。電話会談後、首相公邸で記者団に「拉致問題について米朝首脳会談で取り上げていただいたことに感謝申し上げた」と述べた。

 日本政府高官によると、金正恩朝鮮労働党委員長は拉致問題に関するトランプ氏の話を「よく聞いていた」という。

 首相はトランプ氏からの説明の詳細を明かすことは避けたが、「トランプ氏に伝えた拉致問題についての私の考え方は、トランプ氏から金氏に明確に伝えていただいた」と語った。

 その上で「この問題はトランプ氏の強力な支援をいただきながら、日本が北朝鮮と直接向き合い、解決していかなければならないと決意している」と強調し、日朝首脳会談への意欲を改めて示した。



>その上で「この問題はトランプ氏の強力な支援をいただきながら、日本が北朝鮮と直接向き合い、解決していかなければならないと決意している」と強調し、日朝首脳会談への意欲を改めて示した。


これも完全な的外れだ!

日朝首脳会談などやっても拉致問題は解決しない!

なぜ歴史や最近の現実を学習しないのか?!

北朝鮮に取られた自国民を取り戻すために必要なのは、交渉カネではない!

軍事力増強(核武装)軍事的圧力だ!




1978年、レバノン政府は、北朝鮮によって4人のレバノン人が拉致されたことを知ると国交を断絶し、「武力攻撃をする」軍事的圧力をかけて拉致被害者全員(4人)の返還に成功した!

2018年、アメリカ政府は、北朝鮮によって3人のアメリカ人が拘束されたことを知ると、何度も軍事攻撃を示唆するなどして軍事的圧力をかけて人質3人の解放に成功した!

拉致問題の解決に、首脳会談や対話など必要ない!

言い換えれば、拉致問題は、首脳会談対話などでは解決しない!

過去においても、つい最近においても、拉致被害者や人質を救出したのは、軍事的圧力だ

言い換えれば、拉致問題は、軍事的圧力でしか解決できない!


「拉致は侵略だ! 自衛権の行使を!」【横田めぐみさん拉致事件発生より40年、届け我らの声よ同胞の元へ!拉致被害者全員奪還国民大行進】平成29年12月3日(日)、銀座
「拉致は侵略だ! 自衛権の行使を!」
【横田めぐみさん拉致事件発生より40年、届け我らの声よ同胞の元へ!拉致被害者全員奪還国民大行進】
平成29年12月3日(日)、銀座



1978年に北朝鮮の工作員により、レバノンから女性4人が拉致された。

レバノン政府は、自国民女性4人が北朝鮮によって拉致されていたことを知ると、北朝鮮に強硬に抗議し、「国交断絶」を宣言した!

その上で、レバノン政府は「女性返還に応じなければ武力による攻撃もする」と更に圧力をかけた!

その結果、北朝鮮は、拉致したレバノン人女性全員を解放し、女性達は無事にレバノンに帰還することができた!

日本政府も、レバノン政府を見習え!

残念ながら、レバノン政府と比べると、日本政府は全力で拉致事件を解決するためにやるべきことをやって来なかった。

具体的に解決策を提案すると、日本政府は、日本国内のパチンコ屋や朝鮮総連関係者など在日朝鮮人に対しても制裁や圧力を徹底的に行い、核武装をし、日本国憲法を破棄し、北朝鮮に対して「全ての日本人拉致被害者を帰さなければ武力攻撃をする」と圧力をかけろ!

拉致事件の解決は、首脳会談や対話ではなく、レバノン方式で実現させろ!


「拉致は侵略だ! 自衛権の行使を!」【横田めぐみさん拉致事件発生より40年、届け我らの声よ同胞の元へ!拉致被害者全員奪還国民大行進】平成29年12月3日(日)、銀座
「拉致は侵略だ! 自衛権の行使を!」
【横田めぐみさん拉致事件発生より40年、届け我らの声よ同胞の元へ!拉致被害者全員奪還国民大行進】
平成29年12月3日(日)、銀座



また、2018年、アメリカは、北朝鮮に捕まった3人のアメリカ人を軍事行動を示唆して解放させることに成功した!

【北朝鮮に解放された米国人3人が帰国、トランプ大統領

【北朝鮮に解放された米国人3人が帰国、トランプ大統領

何の罪もない多数の日本人は拉致されたまま何十年も帰してもらえず、スパイ活動をしていたアメリカ人3人は数年以内に解放された!

この差は何か?

どう考えても軍事力と攻撃実行力の差だ!

アメリカは核ミサイルを含む強力な軍事力を保有しており、しかも実際に北朝鮮への攻撃を実行する可能性が高い。

一方の日本は核ミサイルを持たずに専守防衛の自衛隊があるだけであり、北朝鮮への攻撃を実行する可能性はゼロだ。

日本を滅ぼすためにGHQによって押し付けられた日本国憲法と非核3原則のために、日本は敵国攻撃力や核ミサイルを持っていない。

これでは日本国民の生命と財産を守ることなどできないのだ!

日本国民の生命と財産を守り、拉致被害者を取り戻すには、日本もアメリカを見習って核ミサイルを保有し、敵国攻撃力を保有しなければならない。


●関連記事
トランプ「交渉は時間の無駄だ」・「25年間うまくいかなかった。私は失敗しない」・北朝鮮攻撃へ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6818.html
NHK視聴者アンケート「北朝鮮、対話か圧力か?」圧力が圧倒→アナ「ウワッ」→司会も挙動不審に
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6927.html
安倍総理は北と対話し過去の歴史問題を清算し国交正常化を願っている・金「いつでも日本と対話する」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7063.html
北朝鮮で拘束のアメリカ人3人解放!拉致被害者を取り戻せない日本との差は敵国攻撃力!ひうらさん
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7074.html
姜尚中「恥知らずの人が多い」!与良正男「国交正常化したら経済協力!韓国と同等の償いをします」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7087.html
米朝首脳会談6月12日開催せず!トランプ「我々の核の方が大量で強力!使用されないことを祈る」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7091.html








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


「北朝鮮との交渉は時間の無駄!」
「核問題も拉致問題も、軍事的圧力でしか解決できない!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

北朝鮮、核の製造や保有は継続!中止は実験だけ・トランプ「大きな進展だ」!また騙されるのか?!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






Trump-North-korea-8m.jpg North Korea has agreed to suspend all Nuclear Tests and close up a major test site. This is very good news for North Korea and the World- big progress


▼4月20日、北朝鮮が「核実験とICBMの発射実験を中止し核実験場を廃棄する」と発表したことに対するトランプ大統領のツイッター▼
Trump-North-korea-8m.jpg North Korea has agreed to suspend all Nuclear Tests and close up a major test site. This is very good news for North Korea and the World- big progress

North Korea has agreed to suspend all Nuclear Tests and close up a major test site.
This is very good news for North Korea and the World- big progress!
Look forward to our Summit.

3:50 PM- 20 Apr 2018
北朝鮮が核実験を中止することと主力の核実験場を閉鎖することに同意した。
これは北朝鮮にとっても世界にとってもグッドニュースで、大きな進展だ!
首脳会談が待ち遠しい。



https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180421-00000010-ann-int
米「会談楽しみ」 韓「進展」 北朝鮮の発表を歓迎
4/21(土) 11:46配信、テレ朝 news
米「会談楽しみ」 韓「進展」 北朝鮮の発表を歓迎

 北朝鮮の金正恩委員長は核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験を中止し、核実験場を廃棄する考えを示しました。北朝鮮の発表に対して、金委員長との首脳会談を控えているアメリカのトランプ大統領や韓国政府はそろって歓迎の意向を示しました。

 トランプ大統領は、ツイッターに「北朝鮮がすべての核実験の中止と主な実験場の廃棄に合意した。これは北朝鮮と世界にとって、とても素晴らしいニュースだ」と書き込んで評価しました。そのうえで、「首脳会談が楽しみだ」としています。また、韓国大統領府は「北の決定を歓迎する。これは全世界が願う朝鮮半島の非核化のための意味のある進展だ」とし、27日の南北首脳会談に対しても大きくプラスになると評価しています。



>北朝鮮の金正恩委員長は核実験とICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射実験を中止し、核実験場を廃棄する考えを示しました。北朝鮮の発表に対して、金委員長との首脳会談を控えているアメリカのトランプ大統領や韓国政府はそろって歓迎の意向を示しました。


北朝鮮の子供騙しの芝居にそろって歓迎の意向を示すアメリカのトランプ大統領や韓国政府は、頭が悪い。

北朝鮮は核実験と大陸間弾道ミサイル(ICBM)発射実験は中止するが、核兵器とミサイルの製造や保有をやめるとは言っていない。

北朝鮮が発表した決定書には「われわれに対する核の威嚇や挑発がない限り、核兵器を絶対に使用しない」とあり、これは核兵器の製造や保有は継続するという明確な意思表明だ!

また、北朝鮮は核実験場を廃棄することも発表したが、核兵器の製造工場などを廃棄するとは言っていない。

そもそも、今回北朝鮮が廃棄すると主張した核実験場は、岩盤崩落が起きたりして既に使えない場所だ!

北朝鮮は2007年にも既に老朽化してゴミ施設としてしか役に立たない寧辺の核施設を停止すると言って、アメリカを騙したことがある。

北朝鮮はまた同じ手口でアメリカを騙そうとしている。

今回金正恩は非核化への言及もしておらず、要するに「既に使い物になる核ミサイルを持っているし製造もできるので、実験は中断する」と言っているだけだ。

つまり、北朝鮮はしばらくは核実験とICBM発射実験は中止するが、現在ある核兵器やICBMの保有を継続し、製造も継続するということだ。






>トランプ大統領は、ツイッターに「北朝鮮がすべての核実験の中止と主な実験場の廃棄に合意した。これは北朝鮮と世界にとって、とても素晴らしいニュースだ」と書き込んで評価しました。そのうえで、「首脳会談が楽しみだ」としています。また、韓国大統領府は「北の決定を歓迎する。これは全世界が願う朝鮮半島の非核化のための意味のある進展だ」とし、27日の南北首脳会談に対しても大きくプラスになると評価しています。


頭がおかしい韓国政府はともかく、アメリカのトランプまでこの程度のことでこれほど大喜びするとは驚きだ!

トランプについてはもう少しマトモだと考えていたが、この程度のことでこれほど大喜びされると、かなり不安になってくる!

North Korea has agreed to suspend all Nuclear Tests and close up a major test site.



一方、日本政府は、比較的慎重だ。

安倍晋三首相は「前向きな動きと歓迎したい。ただ、大切なことはこの動きが核、大量破壊兵器、ミサイルの完全、検証可能、不可逆的な廃棄につながっていくかどうかだ。それをしっかりと注視していきたい」と北朝鮮に具体的な行動を要求し、「基本方針は変わらない。日米、日米韓で対応したい」とも強調した。

麻生太郎副総理・財務相も「この国とこれまで数々約束しましたよね。金も払った、ねえ。実験場とかそういうのをやめるという条件で。しかし、そういうことが続いた。口だけの話はなんとも言えませんな」と指摘した。

河野太郎外相も「核兵器の廃棄に言及しない、不十分なものだ。国際社会が求めているのは現実の行動であり、こうした言及があったからと言って制裁が緩和されるわけではない」と強調した。

小野寺五典防衛相も「中・短距離の弾道ミサイルや核の放棄に触れていない。これでは不十分だ」と断じた。
。小野寺氏は「国際社会が求めているのは完全で検証可能な不可逆的な方法で全ての大量破壊兵器とあらゆる弾道ミサイルを放棄することだ」とした上で、「日本にとっては中・短距離弾道ミサイルの放棄がなければ意味が

以上のとおり、日本政府は、韓国政府やトランプなどと比べれば、遥かに冷静で現実を直視している。


さらに、現実問題としては、安倍首相が述べた「完全で検証可能かつ不可逆的な核放棄」(CVID: complete, verifiable and irreversible disarmament)というのも簡単に確認できるものではない。

例えば3か月とかの期限でIAEA(国際原子力期間)が北朝鮮の核施設を査察し、北朝鮮が自発的に提出してきた核兵器を解体しても、北朝鮮は隠して保有し続けようとするので「完全なる非核化」というのは困難だ。

そして、北朝鮮の設計図や科学者の頭脳までは廃棄できないため、何かあれば北朝鮮はまたすぐに核武装してしまう。

トランプが簡単に北朝鮮に対する制裁を解除したり、米朝平和条約を結んだりしたら、日本は核武装すると宣言しておくべきだ!

トランプは日米首脳会談後の記者会見で、"If the meeting when I'm there isn't fruitful, I will respectfully leave the meeting."(もし米朝会談で成果がなかったら、俺は丁重に席を立つ)と述べた。
If the meeting when I'm there isn't fruitful, I will respectfully leave the meeting

日本は「米国が米朝首脳会談で拉致問題も含めて日本の思いどおりにならないのに妥協してしまったら日本も核武装する」と宣言しておくべきだ!


そして、トランプが日本を無視して対北朝鮮制裁を解除したり、米朝平和条約を結んだりしたら、日本は直ちに核武装に踏み切るべきだ!


●関連記事
北朝鮮が核開発再開を宣言・6者協議(6カ国協議)離脱を表明・日本は「百害あって一利なし」の6者協議を無視し「百利あって一害なし」の核武装を急げ・世論調査で核武装賛成が増加!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-1766.html
北朝鮮の履行意思確認?また騙されるのか?!核施設閉鎖と「無能力化」も準備・ヒル次官補と韓国の千英宇本部長がソウルで記者会見・韓国は、重油提供に日本も参加することを「信じている」と期待←ふざけるな!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-2720.html
ヒルが日本に内緒で北朝鮮を初訪問・茶番劇である6者協議をまたまた開催して北朝鮮に莫大な資金を与えようと企む・日本が核武装を決断しない限り事態は悪化の一途・また騙されるのか?!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-2722.html
ミサイル失敗の次は核実験か!北朝鮮は地下核実験も準備中!米国の制裁は食糧援助を中止するのみ?日本は国会で抗議と中止を求める決議をするだけ?・日本も核ミサイルの保有を急げ!
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-4614.html
トランプ「交渉は時間の無駄だ」・「25年間うまくいかなかった。私は失敗しない」・北朝鮮攻撃へ
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6818.html
NHK視聴者アンケート「北朝鮮、対話か圧力か?」圧力が圧倒→アナ「ウワッ」→司会も挙動不審に
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6927.html
トランプ、5月に金正恩に死刑宣告!北の魂胆見抜き「戦争内閣」構築・河野太郎「北が核実験の用意」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-7038.html








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



【セット品】DHC 薬用リップクリーム 1.5g 4個
¥ 2,598

DHC 薬用ディープクレンジングオイル 200mL
¥2,200



【DHC】ビタミンBミックス 60日分 (120粒) ×5個セット
¥2,090

DHC マルチミネラル 徳用90日分 【2個セット】
¥2,360

DHC 熟成黒ニンニク20日分(60粒) ×2個
¥1,776



「北朝鮮に何度も騙されるな!」
「米国がまた騙されたら日本は核武装すると宣言しておけ!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:北朝鮮 - ジャンル:政治・経済

西部邁が死去!多摩川で自殺か・パヨクから保守へ「自主防衛必要!核武装こそ核の最高の平和利用」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






いつまでアメリカの属国でいるのか「世界大分裂を語る!!!」西部邁
「まずは、自主防衛!同盟・友好国の支援援助は第二段。世界秩序の国連は第三段階」

「自主防衛とは、単独でも自国を守ってみせるとの構えに立って、他国と安全保障や不可侵の条約をとりつけること。自主防衛に取り組むため、核武装を公の場でもっと議論しよう

「核武装こそは、核の最高の平和利用」


http://www.sankei.com/life/news/180121/lif1801210033-n1.html
評論家・西部邁さん死去 多摩川で自殺か 78歳、正論執筆メンバー
2018.1.21 16:26更新、産経新聞

評論家・西部邁さん死去、多摩川で自殺か 78歳…遺書のような文書も

 保守派の論客として知られる評論家の西部邁(すすむ)さん(78)=東京都世田谷区=が21日、死去した。

 警視庁田園調布署によると、同日午前6時40分ごろ、東京都大田区田園調布の多摩川河川敷から「川に飛び込んだ人がいる」と110番があった。飛び込んだのは西部さんで、署員らが現場に駆け付け病院に搬送されたが、死亡が確認された。

 同署によると、目立った外傷はなく、付近で遺書のような文書が見つかった。自殺を図り、溺死したとみられる。

 西部さんは21日未明から行方不明になっていた。同居する家族が探していたところ、多摩川で流されている西部さんを発見し、通報したという。

 西部さんは北海道出身。東大経済学部に在学中、全学連中央執行委員として安保闘争に参加し、学生運動の指揮を執った。大学院では経済学を専攻し、横浜国立大や東大などで教鞭(きょうべん)をとる傍ら大衆社会論を軸とした評論活動を開始。「経済倫理学序説」で吉野作造賞、「生まじめな戯れ」でサントリー学芸賞を受賞した。

 東大教授時代の昭和63年、助教授の推薦をめぐって教授会で否決されたことに抗議して辞任。以降、テレビの討論番組などに定期的に出演し、晩年は自ら発刊した雑誌を舞台に言論活動を展開した。

 正論執筆メンバーで、平成4年には戦後日本でタブー視された改憲論を正面から取り上げるなどの精力的な評論活動により、第8回正論大賞を受賞した。



当ブログでも、何度か取り上げた西部邁が死去した。

お悔やみ申し上げる。

西部邁は学生運動のリーダーとして左翼過激派だったが、やがて決別し、近年は自主防衛や核武装論議の必要性を訴え、「核武装こそが核の最高の平和利用」とも訴えた!






つい最近、村本大輔が日本国憲法9条を読んだことないことが判明した。
村本大輔「自衛隊は何が違憲なの?」

https://twitter.com/blue_kbx/status/947586858573164544
ブルー‏
@blue_kbx
村本大輔「自衛隊は何が違憲なの?」
井上達夫「9条2項を読んだ事ある?自分の無知を恥じなさい」
「俺は視聴者の代弁者!」
井「村本の発言にある種の愚民感を感じる。君は一見国民の目線に立ってるようだけど凄く上から目線なんだよ。説明すれば小学生でもわかる話。同じ事を護憲派がやる」

#朝生
(動画)
6:54 - 2018年1月1日



パヨクは、日本国憲法9条すら読まずに「憲法を守れ!」「憲法改正反対!」などと訴える。

田原総一朗は上の動画で村本大輔に対して「(憲法9条を)読めよ!ちゃんと!」と叱りつけていたが、実は1960年代の日米安保闘争に参加していた連中も「日米安保条約」の条文など誰も読んではいなかった。

当時、東大の安保闘争のリーダーだった西部邁も、日米安保の条文を読まずに「安保反対!」と叫んでいたのだ!

田原総一朗「60年安保デモに参加したが誰も条文読んでなかった。ファッション反対。」
田原総一朗「60年安保デモに参加したが誰も条文読んでなかった。ファッション反対。」

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20110810/280586/?P=4
田原総一朗の政財界「ここだけの話」
脱原発の風潮は60年安保闘争に似ている
2011.08.10

■条文を読まずに「安保反対!」と叫んでいた

 何の検証も議論も行われずに脱原発に突き進むのは、ある意味では恐い。私には、それは60年安保闘争と似ているように思える。

 60年安保闘争は、岸信介内閣が日米安全保障条約の改定に取り組んだときに始まった。私は当時、毎日デモに参加し、「安保反対! 岸首相は退陣せよ」と叫んでいた。

 安全保障条約は、吉田茂内閣が取り決め、岸内閣がその条約を改正し、その内容は日本にとって改善されていた。だが、私は吉田安保も改定された岸安保も条文を読んだことがなく、ただ当時のファッションで安保反対を唱えていただけだった。「岸信介はA級戦犯容疑者であるから、きっと日本をまた戦争に巻き込むための安保改定に違いない」と思っていたのである。

 当時、東大の安保闘争のリーダーは西部邁氏であった。私は西部さんに「吉田安保と岸安保はどこが違うのか。それぞれを読んだか」と聞いてみた。西部さんは「読むわけないだろう。岸がやることはろくなものではない。日本を戦争に導くだけだ」と言っていた。

 60年安保闘争に参加していた者はほとんど安保条約の中身など読んだこともなく、ただ反対していただけなのである。科学的・技術的な議論が行われない脱原発の動きは、この安保闘争とよく似ていると感じる。



>当時、東大の安保闘争のリーダーは西部邁氏であった。私は西部さんに「吉田安保と岸安保はどこが違うのか。それぞれを読んだか」と聞いてみた。西部さんは「読むわけないだろう。岸がやることはろくなものではない。日本を戦争に導くだけだ」と言っていた。
>60年安保闘争に参加していた者はほとんど安保条約の中身など読んだこともなく、ただ反対していただけなのである。科学的・技術的な議論が行われない脱原発の動きは、この安保闘争とよく似ていると感じる。



当時の東大の安保闘争のリーダー西部邁も、条文を読まずに「安保反対!」と叫んでいた!

その西部邁は、晩年には日本の核武装や自主防衛の必要性を盛んに訴え続けた。


http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3488.html
[時評・ウエーブ]西部邁 なぜ自主防衛論議が興らないか
2003/03/07 電気新聞

 アメリカで「日本の核武装」のことが公然と論じられはじめた。つまりアメリカは、「中国が北朝鮮問題に責任を持たないと、日本が核武装に赴く」との脅かしを中国にかけている。また「イラク問題で対米追随を渋るようなことをするなら、東アジアから米軍を撤退させる。そうなれば日本は核武装を強いられることになるが、そんな大胆なことを日本はできないだろう」とのメッセージを日本に寄せてもいる。

 こうした脅かしが通用するのは、日本が自主防衛の姿勢を確立していないからだ。自主防衛を単独防衛のことと同一視して、日米安保なくて日本が自衛できるわけがない、と反論するものがいる。しかし自主防衛とは、「単独でも自国を守ってみせるとの構えに立って、他国と安全保障や不可侵の条約をとりつけること」にほかならない。

 集団自衛の必要も公認できずに自主防衛に入ることなど不可能だと主張するものもたくさんいるが、話は逆である。自主防衛の構えがないもので集団自衛に本気で取り組めないのである。さらに中国の脅威なるものも、自主防衛の気構えすらない日本国民の過剰な脅えからきているのではないか。

 世界広しといえども、自主防衛と聞いて目を剥く、ものが多いのは日本だけだ。それは、ひとえに、GHQ(占領軍司令部)体制が日米安保体制となって今に引き継がれていることによる。日米安保条約は文面では双務的となっている。しかし実際には、ほぼ完全にアメリカ主導の下に運用されているのだ。
こうしたアメリカへの依存心が頂点に達していればこそ、「イラク問題で日本が協力しないなら、北朝鮮問題でのアメリカの協力もない」という判断に立って、イラク問題にかんして国連安保理での(日本)の対米追随発言が行われたわけだ。

 我が国が自主防衛という初歩的な段階でつまづいているあいだに、世界の防衛論議はプリヴェンティヴ(予防的)な先制攻撃を認めるところまできている。たとえば、イラクには炭疽菌がたくさん残っているはずなのでバグダッドに先制攻撃をかけようとしている。そして、アメリカの軍事行動に協力すべくイージス艦を派遣するようなことをしておきながら自主防衛論議を禁句としている。平常な神経では対応できないのが日本における防衛の現状だというほかない。

 防衛意識のあいまいさは「侵略」をどう定義するかに如実に現れている。パリ不戦条約においては「国際紛争(ディスピュート)を解決するための手段としての戦争」が侵略戦争とよばれた。その定義にしたがえば、国際的なもめ事を処理するために武力で先制するのが侵略となる。そして予防的侵略ならば認めようというのが世界の軍事常識となりつつある。そうならば我らの憲法の第九条について、「戦力不保持と交戦権否認」を規定している第二項は当然のこととして、(パリ不戦条約の意味での)「侵略」を否定した第一項も廃棄されなければならない。

 憲法で禁止されるべき戦争はどういう種類のものか。ヘゲモニック(覇権的)な先制攻撃(侵略)のみを禁じる、それがこれからの憲法でなければならない。そういうことについてすら何一つ議論していないものだから、我が国にあって自主防衛という当然の行いすらがなおざりにされてきたのである。

 自主防衛に正面から取り組むなら、中国や北朝鮮がすでに核武装している以上は、我が国が核武装することの是非が公の場でもっと議論されなければならない。だが、世界がますますキナクサイ状態に入っているというのにNPT(核拡散防止条約)からの脱退を口に出すものは一人もいないのである。




「核武装論 当たり前の話をしようではないか」西部邁著(2007/3/20)


また、西部邁は、【核武装=核の最高の平和利用】と述べ、日本の核武装の必要性を訴えた。

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3019.html
「平和利用」――けじめなき言葉
【保守再考】(40)
西部邁
2007/02/19, 産経新聞

 人間は言葉の動物だ。だからかえって、人間は自分の言葉によって訛(あやま)り、他人の言葉によって誑(たぶらか)される。その好例が「平和」という言葉であることについて、平和列島の住民も少しは気づいているのではないか。

 平和という言葉は「戦争が"ない"状態」をしか意味しえない。つまりそれは消極的な意味の言葉にすぎない。平和を維持するには、また平和のなかで生じる国民精神の退廃を克服するには、どうすればよいのかという積極策は、平和という言葉をどれほど呉(かまびす)しく叫んでも、何一つ打ち出されない。

 平和という言葉に積極的な意味が宿っていると思うのは、訛言(かげん)であり誑妄(きょうもう)であり、呉しい誤解である。そうとわかれば、核エネルギーの「平和利用」という世界中に流布されてしまっている言葉についても、疑念を差し向けざるをえない。つまり、原子力発電で(家庭や企業に)電力を送ることだけを核の平和利用とよぶことから、核武装にたいする訛りと誑しの言説が広められているのではないかということだ。

 平和の対語は「戦争」なのであるから、平和利用を原発に限ると、核武装はそのエネルギーの「戦争利用」に当たる、という語感を(曖昧(あいまい)なものにせよ)世人は抱くであろう。そして彼らは、核の戦争利用と聞けば、そんな危険かつ野蛮な所業に手を染めるのは桑原、桑原、と尻込みしはじめる。

 しかし核武装こそは、少なくともそれを正当とする理念からすれば、核の平和利用の最たるものなのである。
なぜといって核武装は、「(自国の)核兵器による(他国からの)核攻撃の抑止」のためのもの、より広くいえば「核による大戦争の制止」のためのものだからである。
戦争が抑止されている状態、それが平和にほかならない以上、核武装には核の「最高の平和利用」との形容がふさわしい。

 私がかつてある国立大学の社会科学科に所属していたときに実際に起こったことだが、「戦争研究」という講座を新設することに大半の教官が反対した。彼らは「平和研究」という講座名ならば何の文句もいわなかったであろう。「平和のない状態が戦争である」という当たり前のことが、社会研究にたずさわっている者にすら通じないのである。言葉の(教化力ならぬ)"誑訛力"は凄いものだと認めざるを得ない。

 たとえ核の戦争利用といったとて、注意深い者なら、その戦争は侵略なのか自衛なのか、自衛だとしてもその戦争利用は予防的先制としてなのか(核攻撃を受けたのちの)報復としてなのか、について分類をほどこすであろう。その分類図のどこに位置するかによって戦争利用の意味が異なってくる。

 言葉において訛ったり誑されたりするのを避けるには、言葉の「けじめ」(仕分け)が必要だ。けじめなき言葉はムードでまぶされ、ムードだらけの言葉は表現を幼稚にする。政治から文化に至るまでの現代の多弁症は、けじめなきがゆえに、失語症も同然である。
 (にしべ・すすむ=評論家、秀明大学学頭)

 訛言=誤った風評▽誑妄=でたらめ




『核』が日本を沈没から救う 西部邁ゼミナール 2010年10月16日放送
■動画
『核』が日本を沈没から救う 西部邁ゼミナール 2010年10月16日放送
https://www.youtube.com/watch?v=2-69iLsOE3g



いつまでアメリカの属国でいるのか「世界大分裂を語る!!!」西部邁×伊藤貫 隔月刊誌「表現者」連動企画TOKYOMX西部邁ゼミナール
■動画
いつまでアメリカの属国でいるのか「世界大分裂を語る!!!」西部邁×伊藤貫 隔月刊誌「表現者」連動企画TOKYOMX西部邁ゼミナール
https://www.youtube.com/watch?v=2VcZS2Hzve8

西部邁×伊藤貫「世界大分裂を語る!!!」【2】The System is Rigged!トップ0.1パーセント層が全てを支配する米国流民主主義の頽廃 2017年12月16日〔土〕
https://www.youtube.com/watch?v=t63ddMF5BSs
世界大分裂を語る【3】 「与党・政府・知識人の連合体によって嚮導される『穏健な社会主義』が近代文明の救済には不可欠」 西部邁×伊藤貫 西部邁ゼミナール2017年12月23日〔土〕
https://www.youtube.com/watch?v=pJ3LYxdo4E0



●関連記事
西部邁の自主防衛論
『なぜ自主防衛論議が興らないか』電気新聞
『多極世界の中での自主防衛』産経新聞(保守再考)
『核武装論議の広がりを期待する――自立国家の自主防衛には不可欠』産経新聞(正論)
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3488.html
「非核」における三猿主義....【保守再考】西部邁
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3315.html
核武装には核の「最高の平和利用」との形容がふさわしい・『「平和利用」――けじめなき言葉』・西部邁【保守再考】
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-3019.html
知性なし!安保法案反対派・馬鹿のオンパレ・横断幕にハングル・「安倍さんは戦地に行きますか?」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-5899.html



「保守の真髄 老酔狂で語る文明の紊乱」西部邁著(2017/12/12)







★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


「西部邁が訴えた【自主防衛】【核の最高の平和利用=核武装】を実現しよう!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.