FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200703<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200705


露船員逮捕「ビール買いに」不法上陸・・・異色のロシア人・・・ロシア人の元「日本のスパイ」・「アジアのソ連化防いだ」・日本は誇り

露船員逮捕 「ビール買いに」…不法上陸 北海道根室
4月8日10時5分配信 毎日新聞

 北海道根室市の納沙布岬に7日、ゴムボートで不法上陸したロシア人の男が出入国管理法違反(旅券不携帯)容疑で根室署に現行犯逮捕された。「ビールを買おうと思った」と供述している。海難などの緊急避難でロシア人が漂着することはあるが、故意の上陸で逮捕されたケースは同署も「聞いたことがない」という。
 調べでは、逮捕されたのはロシア・サハリン州ユジノサハリンスク、1等航海士、セルゲイ・バシュケビッチ容疑者(29)。同容疑者は同日午前10時40分ごろ、同岬の先端付近に船外機付きのゴムボートで乗り付け、パスポートや船員手帳での入国手続きを取らずに上陸した疑い。
 同容疑者はこの日、ダイバー3人と北方領土の水晶島沖でウニ漁をしていた。潜水したダイバーが上がってくるのを待っている間に数キロ離れた同岬に上陸。近くのドライブインで1万円札を出し、缶ビール1ケース(24本)を買った。
 岬付近でウニ漁をしていた根室市の漁業者が「不審なボートがある」と歯舞漁協を通して同署納沙布駐在所に通報。ビールを積み込もうとしていた容疑者の身柄を駆けつけた同署員が拘束した。つかまえた署員は「悪気はなさそうだったが、酒臭かった」と話している。
 過去には77年に同岬と水晶島のほぼ中間点にある貝殻島まで泳いだ日本人が旧ソ連側に逮捕されたことがある。貝殻島沖では昨年8月、中間ラインから約400メートルロシア側で操業していた漁船がロシアの国境警備艇に銃撃・拿捕(だほ)され、乗組員1人が死亡する事件が起きている。【本間浩昭】

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000004-maip-soci









異色のロシア人だ。

「ビール買いに」不法上陸するのは困った異色のロシア人だが、今朝の産経新聞で紹介されていたのは立派な異色のロシア人だった。










ロシア人の元「日本のスパイ」
「アジアのソ連化防いだ」
日本は誇り
2007/04/08, 産経新聞


 第二次大戦当時、日本の特務機関で反ソ連謀略活動を行っていたロシア人の元諜報員が、産経新聞のインタビューに応じた。「日本のスパイ」は終戦後、ソ連軍に捕まり、強制労働など苦難の人生を歩んだが、日本を心の支えにして生きのびた。「日本軍がいなかったら、東アジアはロシアのものとなっていただろう」。東アジアの“ソ連化”と戦った日本は、老兵にとっていまも誇りだった。
(モスクワ 内藤泰朗)

 この元諜報員は、モスクワ南東約400キロのタンボフに住むウラジーミル・ゴリツォフ氏(90)。日本名は「ゴトウ」。同氏を訪れると「ヨクキテクレマシタ」と日本語で出迎えてくれた。日本語を使うのは60年ぶりだという。


 ゴリツォフ氏はロシア革命の前年、極東ウラジオストクでホテルなどを営んでいた企業家の一人息子として生まれたが、ボリシェビキ革命政権による富裕層弾圧が強まった1929年夏、ソ連を脱出し、満州に移民。日本の特務機関に加わり、対ソ連諜報・破壊工作を目的に創設された浅野部隊で反ソ連工作に当たってきた。

 「ロシアが(ソ連の独裁者)スターリンの赤い鉄のくびきから解き放たれ、元に戻ると信じていた」

 そう語るゴリツォフ氏は、ロシア語のラジオ放送や無線を傍受し、ソ連軍の脱走将兵から軍の配置などの情報を収集し日本語に翻訳する任務に当たっていたほか、国境を越え、ソ連で反革命運動の扇動や反ソ連勢力への武器搬入も行った。

 ソ連が1945年8月に対日参戦すると、特務機関は解散し、資料は燃やされた。日本軍は協力していた白軍(帝政ロシア支持派)らロシア人たちを南に逃がそうとしたが、ゴリツォフ氏らを乗せた列車は赤軍(革命軍)に止められ、逮捕後、モスクワに送られた。


 「(当時、関東軍情報部長だった)秋草俊少将は、自分たちより私たち外国人をまず逃がそうとした。その場ですぐに銃殺されなかったのは、白軍の指導者たちが一緒だったため、日本の情報収集に役立つと思われたのかもしれない」。ゴリツォフ氏はこう指摘した。

 しかし、生き残った同氏を待ち受けていたのは、強制収容所(ラーゲリ)だった。シベリアや極北の炭坑などを転々とした。日本軍幹部が戦後、抑留されていたウラジーミルのラーゲリでは、先の秋草氏とも再会した。

 スターリンの死後、ラーゲリから解放。しかし「日本のスパイ」という過去は就職の妨げとなった。

肉体労働など、きつい仕事ばかりの苦しい生活だったが「日本」は常に誇りだった。

 「日本がなかったら、極東は完全にソ連化されていただろう。日本のおかげで、アジアはソ連化されなかったと言っても過言ではない。日本はその事実を誇りに思うべきだ」と語った。

 一方、北方領土問題については「4島は、いかなるときもロシアの領土となったことはない。ソ連が北方領土を占拠したのは歴史的な誤りであり、わが国最大の恥辱だ」と強調した。

 半世紀以上を経たいまも、「ロシア国民の敵」のレッテルをはられたままだが、一昨年の戦勝60周年には、タンボフ市から退役軍人を称賛する記念メダルが贈られた。「ブラックユーモアかと思った」と、笑ってみせた。

「1927年の南京事件への道」?・国民党(北伐軍)左翼(共産主義者)による南京事件勃発・蒋介石は英国との衝突を避け上海と漢口の左翼分子を鎮圧・『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著11

 国民党の左翼分子が、南京占領後、賀耀組の指揮する軍隊を煽動して外人迫害運動を起こさせたのは、斯様な衝突を惹起して、蒋介石を条約諸強国と噛み合せる目的を以てしたものであった。
6人の外人が殺害され、負傷した者も相当あった。
ソコニイ丘に集まった避難者の群れは、揚子江上の英米軍艦の砲撃に掩護されて漸く殺害を免れた。
市中のあらゆる外国財産は掠奪された。
その中には領事館もあった。
被害者の中には日本人、英人、米人、仏人、伊人が入っていた。
襲撃は予め周到に計画されたものとしか思えなかった。

後日の当局の取調べによって丹念に書き上げられた証拠によると、将校は毫も暴動を鎮圧しようとしなかったし、また国民軍は一般に規律のよい軍隊なので全市の掠奪が行われたわけでもなかった。


 この事件は当然に激しい外交的緊張を齎したが、南京の暴動に続いて、上海にも共産主義者の騒擾が計画されたらしかった。
上海の共同租界は、市の警察及び自衛団の他に、正規兵3個旅団の英国守備隊が警備していた。
だが、支那行政区と外国行政区とに2分された広大な都市は、テロリストの活躍にとって魅惑的な機会を供するものであった。
「一般労働組合」は、共産党の勢力下にあったが、上海の支那行政区から奉天軍が引揚げるや、共産党の武装部隊は各所の警察署を占領した。
英国守備隊の兵3名は狙撃弾に斃れたが、一般的な攻撃は1度も行われなかった。
蒋介石が上海に急行して共産主義者粉砕の緊急措置を執ったからである。
激烈な市街戦の後、彼は目的を達することが出来た。



 斯かる間に左翼分子は、その年の初めに広東から漢口に移転した国民政府の実権を掌握していた。
蒋介石は自己の1味を以て新政府を南京に樹ててこれに対抗し、漢口政府はまた蒋の国民軍総司令官の職を免じてこれに応酬した。

今や国民党の2分派の間に内乱が勃発し、しかも一方で国民党はなお奉天軍との戦争を続けているという有様だったが、その上に漢口、南京両政府内にもそれぞれ内訌を生じて事態の紛糾は一層激しくなった。
が、1927年の春夏に亘った戦争の決着は、共産主義者の敗北に帰し、彼等は上海におけると同様、広東、漢口においても弾圧された。
ロシア人の顧問たちは追放された。
ボロジンは7月27日、ガーレンはその2週間後に、漢口を去った。



 これより前、張作霖の牛耳る北京政府は、ソビエト公使館に手入れして文書を押収し、ソビエト政府と外交関係を決裂させていた。
押収文書中には露国公使が共産主義者の陰謀に関係したことを示すものがあったと主張された。

ロシアでは右文書を偽造だといって非難したが、1926年末のコミンテルン執行委員会の決議を見れば、当時におけるソビエト政策の方向、及びモスクワが支那の共産主義に与えた援助に関しては疑問の余地がない。
この文書の発表は、張作霖を完全に打ち破るまでは共産主義者の協力が得られるものと信じていた国民党内の一派に大きな衝撃を与えた。

 国民党の穏健派はその上に英国政府の親善方針によって強化された。
英国は、上海においてはその守備隊を擁して強硬なる態度をとる一方、その条約上の権益を犠牲にする――例えば漢口における英国租界を返還する如き――意志あることを示し、南京暴動の後と雖も極力軍事行動に引き込まれることを避けようとした。

英国政府は、英国と支那国民党との衝突を誘発することがボロジン一派の目的であることを知り抜いていたので、排英陰謀に対抗する固き決意の下に自ら進んで国民党と外交関係を結ぼうとしたのである。


P185-186
『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著(1939年)












1924年に成立した第1次国共合作だったが、その後、共産主義者を含む国民党の左翼分子は、英米などと国民党右翼(穏健派)を衝突させようとした。

1927年、国民党の北伐軍が南京を占領すると、左翼分子が中心となって外国領事館などで掠奪・強姦・虐殺を行った。

そのときの様子は下で紹介する『シナ大陸の真相1931~1938』K・カール・カワカミ著や『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著などで寧ろ詳細に述べられているので是非参照してほしい。

この『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著(1939年)では、この南京事件に至るまでの背景と経緯が述べられているので紹介した。










3月24日8時48分配信 サーチナ・中国情報局
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000001-scn-cn

 1927年3月24日、米英両軍が南京城内を砲撃する「南京事件」が起こった。

 1926年7月、国民革命軍総司令の蒋介石は、軍閥を打倒して中国を統一するため「北伐」を開始。北伐軍は武漢を占領した後、南京に向かったため、長江流域一帯に多くの権益を持つ列強との利害関係が複雑になった。米、英、仏、伊、日など各国は兵力を増強し、長江に軍艦を停泊させた。

 1927年3月24日、国民革命軍第6軍と第2軍が南京を占領。入城そのものは平和裏に行われたが、その後、軍人や民衆の一部が外国の領事館や居留地などを襲撃して暴行、掠奪、破壊などを行った。

 このため米英両軍は居留民保護を理由に南京に艦砲射撃を実施、中国側に約2000人の死傷者が出た。その後、米英などは中国に対し暴動の鎮圧や賠償などを要求した。

 一方、日本の幣原喜重郎外務大臣は英米からの共同軍事行動の要請を拒否。蒋介石に対して宥和的な方針を貫いた。大正デモクラシーという思想的背景があった他、満州の特殊権益などを守るためには蒋介石が力を失うと中国が分裂状態になり、交渉そのものが成立しなくなると判断したとされる。

 なお、南京を占領した国民党軍は、政治部主任などに共産党員が就任していた。蒋介石は南京事件の背後には共産党の扇動があったとみなし、4月には「四・一二」反共クーデターに踏み切った。










■関連記事


1927年の「南京事件」・最低だった幣原宥和外交
第5章日本は侵略国か、それとも権利を侵された国か
『シナ大陸の真相1931~1938』K・カール・カワカミ著4
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14335293.html


【今日は何の日?】1927年:南京事件が起こる・蒋介石の北伐軍が外国領事館などを襲撃
強姦・虐殺『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著
最低の幣原宥和外交『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16589572.html



「1927年の南京事件への道」?
群雄割拠の長い戦乱の後1927年に残ったのは国民党と奉天軍閥の2つのみだった
『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著9
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17523750.html

「1927年の南京事件への道」?
国共分裂と共産主義者らによる外国排斥工作
『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著10
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17595597.html

迎撃地点の探知防止・PAC3擬装作戦・首都圏の基地巡回・防衛省方針・MDは役に立たない・キッシンジャー氏:日本の核武装警戒、74年の米公文書で判明


迎撃地点の探知防止 PAC3擬装作戦 首都圏の基地巡回 防衛省方針
4月8日8時0分配信 産経新聞


 防衛省は弾道ミサイルを迎撃するミサイル防衛(MD)システムの基幹をなす地対空誘導弾パトリオット(PAC3)を航空自衛隊入間基地(埼玉県)に初配備したのを受け、定期的に、同基地から首都圏の他の配備予定基地や、東京・市ケ谷、練馬の両駐屯地などを巡回させるカムフラージュ作戦を展開する方針を固めた。訓練名目で頻繁に実戦並みの迎撃準備を行うことで、敵に動きを察知されにくくする。来年3月に首都圏防衛態勢が完全に整うまでの措置という。


 PAC3配備に伴い、防衛省が神経をとがらしているのは、システムを構成する発射機、レーダー装置、管制装置の着弾予想地点への移動だ。

 敵が、こうした日本側の部隊行動を察知すると迎撃ポイントの情報をつかみ、弾道ミサイルの標的を変えることも可能になる。

 衛星による探知を防ぐため、エンジンなどの熱が赤外線を発するのを防止する塗装が施されているものの、支援車両も含めて20~30両という車列の移動は隠しようがないからだ。



 特に、首都圏防衛態勢を形成する入間、茨城・霞ケ浦、千葉・習志野、神奈川・武山の4基地への配備が完了するのは来年3月末。それまでは弾道ミサイル発射の兆候が見えると、入間基地から迎撃ポイントまで移動しなくてはならない。このため、車列の移動をどう擬装するかが課題だった。

 そこで防衛省が考案したのが「巡回作戦」。訓練を名目にPAC3を配備予定基地と、東京23区をカバーするための拠点である市ケ谷、練馬などを常時移動するものだ。同時に、「一見するとPAC3との違いが分からない」(自衛隊幹部)とされる通常型のパトリオット部隊も頻繁に移動させ、敵の目を欺く作戦だ。



 また、敵国に弾道ミサイル発射の兆候が見えてから、初めてPAC3の移動が行われると、周辺住民はじめ国民が驚き、パニックが起きる可能性もある。巡回作戦には、平素からPAC3の移動を国民の目にふれさせることで、そうした事態を回避する狙いもある。

 弾道ミサイル迎撃では、通常、首相の承認(閣議決定)を経て防衛相が迎撃を命じる。ただ、これでは、「飛来の恐れ」の認定が難しいうえ、閣議決定時点で部隊行動が公になる。

 そこで、政府は3月23日、部隊指揮官の判断でも迎撃できる「緊急対処要領」を閣議決定。防衛省幹部は「実際の運用では緊急対処要領による迎撃が最も使いやすい」と、同要領による対処を基本にする考えを示している。その場合は、迎撃が行われれば、首相が国会に事後報告することになり、あらかじめ国民に対して情報を周知させるのは難しいのが実情だ。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070408-00000004-san-pol&kz=pol









うーむ、そもそも、PAC3が飛んで来る弾道ミサイルのコースを予め知らされていない実戦で本当に迎撃できるかどうかが大問題なのだが・・・

百歩譲って実戦でも迎撃できるものと仮定しよう。


だが、射程・射高が15Km~20KmしかないPAC3を、入間や霞ケ浦や習志野や武山などに配備して東京に向かって飛んで来る「ノドン」や「東風」を本当に撃ち落せるのか?!

国民を馬鹿にしているのだろうか・・・?



石破や久間などの族議員がアメリカのMD関連企業などからキックバックを貰うだけではなく、防衛省の幹部までが天下り先の確保などのためにMDが役立つという嘘宣伝に加担しているとしか考えられない。

日本がMDを配備することによって核武装を踏み止まれば有難いと考えている支那の手先勢力である野党やマスコミは、この膨大な日本国民の税金の無駄使いを殆ど追求しない。



アメリカは、巨額のMD開発費用を日本へのMD販売で補いながら、日本のMD関連技術を吸い取ることができるし、更には日本の自主核武装も思い止まらせることが出来るのだから「一石三鳥」だ。

はっきり言って、アメリカはMDが役に立つなんて全く考えておらず、日本人を騙して日本からカネと技術を奪い取りながら日本に核武装をさせない道具としか考えていない。








キッシンジャー氏:日本の核武装警戒、74年の米公文書で判明
2007/04/08, 毎日新聞

 【ワシントン共同】フォード米政権の国務長官だったヘンリー・キッシンジャー氏が1974年8月、「日本は現行の核拡散防止条約(NPT)の枠組みで、多数の核爆弾を製造することができる」と述べ、日本の核武装に強い懸念を示していたことが7日、機密指定を解除された米公文書で分かった。今回の文書は、同氏が日本に対して根深い不信感と警戒感を抱いていたことを物語っている。
 国家安全保障会議(NSC)の会談記録(極秘)によると、キッシンジャー氏は同年8月21日にオーストラリアのショー駐米大使(当時)と会談し「私は日本が核を保有すると常に信じてきた」と言明した。
 会談はインドによる初の地下核実験の3カ月後で、同氏は核拡散を懸念する大使に、NPTは核兵器を製造し爆発させた国だけを「核保有国」と定義していると説明。日本が核実験をしないまま「多数の核爆弾」を獲得する可能性に言及した。










■関連記事


MDは全く役に立たない 『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3942761.html


PAC3は遅くて大きいミサイル(アル・サムードやアビバル100)でさえ半分も迎撃できない。
速くて小さい支那の東風21や北のノドンは迎撃不可能
セオドア・ポストル教授(MIT)もMDは役に立たないと指摘
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/13737690.html


MD実験用の攻撃側ミサイル「アリーズ」は「ノドン」より大きくて遅い。
実験で成功しても実戦では役に立たない。
MDは無理だから核武装して抑止力を持て!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4586467.html


<ミサイル防衛>海上配備型の発射実験実施へ
海自が初めて
だから何なの?
仮に実験に成功しても実践では役に立たないのがMDの恐ろしいところ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16882873.html


核シェルターとMD。MDは役に立たないが、核シェルターは大いに有効。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4542490.html

イージス情報持ち出し支那籍2曹の妻、ハニートラップ?・国家機密法(スパイ防止法)案の制定を!・デンソー支那人技術者を処分保留で釈放、起訴見送りへ

イージス情報持ち出し 中国籍2曹の妻、ハニートラップ? 加藤昭氏指摘
4月7日8時0分配信 産経新聞


 海上自衛隊の護衛艦「しらね」乗組員の2等海曹(33)がイージス艦の秘密情報を持ち出した問題で、大宅賞ジャーナリストの加藤昭氏は7日付の夕刊紙「夕刊フジ」で、2曹の中国籍の妻(33)が、男性を誘惑して情報を入手する「ハニートラップ」を仕掛けていた可能性を指摘した。

 加藤氏のリポートによると、福建省出身の「陳」と称する2曹の妻は、昨年12月に自らオーバーステイだとして入国管理局に出頭した際、「すべて終わった」と語った。防衛省幹部はこの言葉の意味を、「日本の機密情報管理の甘さをあざ笑い、『イージス艦情報はもらった』と任務完了を宣言したのではないか」と推測している。


 2曹の妻は3年前、東京都内で窃盗容疑で逮捕され、強制退去処分を受けた。間もなく日本に再入国し、横浜中華街で働いていた。知人の紹介で2曹と知り合い、昨年10月に結婚したが、防衛省幹部は「中国の秘密組織が仕掛けたハニートラップの可能性も高い」としている。

 また、同幹部は「イージス艦の機密情報に関するデータにアクセスできるのは『特定管理責任』が問われる限られた人間だけ」と述べ、本紙既報の佐官級の関与を示唆。持ち出された機密データの内容として、イージス艦の運用システム(操船技術)や構造図面、レーダーの周波数などの中枢情報を挙げている。



 加藤氏は「日本の安全保障の最前線ではこの種の話がゴロゴロ転がっている。安倍内閣は機密保全を高めるため、外国のスパイや協力者を処罰する法律を早急に整備すべきだろう」と提言し、リポートを結んでいる。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070407-00000007-san-int&kz=int









酷い話だ・・・

外国のスパイや協力者を処罰する法律を早急に整備すべきだ。

なぜ、法律を制定せずに野放しにしておくのか?!








(参考)

国家機密法(スパイ防止法)案とは
2001/10/27, 京都新聞

1980年の防衛庁スパイ事件を機に85年6月、自民党が議員立法で提案。
野党側が
(1)機密の範囲があいまい
(2)国民の知る権利や報道の自由など基本的人権を侵害する
と反対、廃案となった。
法案は「外国のために国家機密を探知、収集し外国に通報する」ことをスパイ行為と規定、最高刑は死刑または無期懲役。国家機密には防衛秘密のほか防衛上秘匿を要する外交秘密も含まれ、「外国への通報」には国内での公表や外国報道機関への配信など報道活動も該当するとされた。








■関連記事

<海自情報漏えい>イージスシステムの高度情報含まれる
警察と自衛隊の共同捜査は極めて異例
国家機密法(スパイ防止法)案の制定は必須
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17385523.html












デンソー中国人技術者を処分保留で釈放 起訴見送りへ
2007年04月06日14時28分、asahi.com

 大手自動車部品メーカー「デンソー」(本社・愛知県刈谷市)から設計データの入った社有パソコンが持ち出された事件で、名古屋地検は6日、横領容疑で逮捕された中国籍の同社技術者(41)を処分保留で釈放した。地検は今後、起訴猶予にするとみられている。

 技術者は06年10~12月、約13万件の図面を社有パソコンにダウンロード。2月5日ごろ、パソコンを無断で自宅に持ち出したうえ、私物の外部記録媒体を接続してデータを複写するなどの自己の目的に使用し、パソコンを横領したとして愛知県警に逮捕された。

 県警は、高度の機密を含むデータが海外に流出した疑いがあるとみて捜査に着手したが、
日本には情報の横領や窃盗の罪がないため、パソコン本体についての横領罪を適用した。しかし、パソコンは会社に返却されており、地検は、実質的な被害がなかった点などを考慮し、起訴を見送るとみられている。

 また、複写されたデータがほかに渡るなどした事実の解明に至らず、自己目的による流用の立証が十分でないと判断しているとみられる。








( ゜д゜)
 
(つд⊂)ゴシゴシ
 
(;゜д゜)
 
(つд⊂)ゴシゴシ
  _, ._
(;゜ Д゜) …?! あれだけのことやっといて不起訴か?


まさにスパイ天国!








■関連記事

デンソーの支那人社員逮捕=無断で産業データ持ち出す
合法的に入国する支那人はすべて工作員
支那人の留学生や社員や研究員には警戒必要・スパイ防止法の制定も
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/15985167.html







人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2020 Powered By FC2ブログ allrights reserved.