FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201810<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201812
東条英機の遺言(全文)・昭和23年12月22日夜、死刑執行(12月23日零時)数時間前
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






12月23日は、「天長節」(天皇誕生日)だ。


一方、12月23日は、巣鴨拘置所(巣鴨プリズン)において昭和23年(1948年)、いわゆる「A級戦犯」7人の処刑が行われた日でもある。

アメリカをはじめとする戦勝国は、見せしめと、当時の皇太子殿下(現在の天皇陛下)の誕生日にケチをつけるためにわざわざ12月23日を選んで処刑を決行した。

ちなみに、いわゆる「A級戦犯」の起訴は、先帝陛下(昭和天皇)の誕生日の4月29日に行われた。





東条英機の遺言

東条英機の遺言
(全文)


 開戦の時のことを思い起こすと実に断腸の思いがある。今回の処刑は個人的には慰められるところがあるけれども、国内的の自分の責任は、死をもって償えるものではない。しかし国際的な犯罪としては、どこまでも無罪を主張する。力の前に屈した。自分としては、国内的な責任を負うて、満足して刑場に行く。ただ同僚に責任を及ぼしたこと、下級者にまで刑の及びたることは、実に残念である。
 天皇陛下および国民に対しては、深くおわびする。
元来、日本の軍隊は、陛下の仁慈の御志により行動すべきものであったが、一部あやまちを生じ、世界の誤解を受けたるは遺憾である。日本の軍に従事し、倒れた人および遺家族に対しては、実に相済まぬと思っている。
 
 今回の判決の是非に関しては、もとより歴史の批判に待つ、もしこれが永久の平和のためということであったら、もう少し大きな態度で事に臨まなければならぬのではないか。この裁判は、結局は政治裁判に終わった。勝者の裁判たる性質を脱却せね。
 
 天皇陛下の御地位および陛下の御存在は、動かすべからざるものである。天皇陛下の形式については、あえて言わぬ。存在そのものが必要なのである。それにつきかれこれ言葉をさしはさむ者があるが、これらは空気や地面のありがたさを知らねと同様のものである。

 東亜の諸民族は、今回のことを忘れて将来相協力すべきものである。東亜民族もまた他の民族と同様の権利をもつべきであって、その有色人種たることをむしろ誇りとすべきである。インドの判事には、尊敬の念を禁じ得ない。これをもって東亜民族の誇りと感じた。
 今回の戦争にて、東亜民族の生存の権利が了解せられはじめたのであったら、しあわせである。列国も排他的な考えを廃して、共栄の心持ちをもって進むべきである。


 現在の日本を事実上統治する米国人に一言するが、どうか日本の米国に対する心持ちを離れしめざるように願いたい。
 また、日本人が赤化しないように頼む。
東亜民族の誠意を認識して、これと協力して行くようにしなければならぬ。実は、東亜の多民族の協力を得ることができなかったことが、今回の敗戦の原因であると考えている。

 こんご日本は米国の保護の下に生活していくのであるが、極東の大勢はどうであろうか。終戦後わずかに3年にして、アジア大陸赤化の形勢はかくのごとくである。こんごのことを考えれば、実に憂なきを得ぬ。もし日本が赤化の温床ともならば、危険この上ないではないか。

 日本は米国よりの食糧その他の援助を感謝している。しかし、もしも一般人が自己の生活の困難や、インフレや、食糧の不足などを米軍の日本にあるがためなりというような感想をもつようになったならば、それは危険である。実際にかかる宣伝をなしつつある者もあるのである。よって、米軍は日本人の心を失わぬように注意すべきことを希望する。

 米国の指導者は、大きな失敗を犯した。日本という赤化の防壁を破壊し去ったことである。いまや満州は赤化の根拠地である。朝鮮を二分したことは東亜の禍根である。米英はこれを救済する責任を負っている。従って、その意味においてトルーマン大統領が再任せられたことはよかったと思う。

 日本は米国の指導にもとづき武力を全面的に放棄した。それは一応は賢明であるというべきである。しかし、世界が全面的に武装を排除していないのに、一方的に武装をやめることは、泥棒がまだいるのに警察をやめるようなものである。

 私は、戦争を根絶するには、欲心を取り払わねばならぬと思う。現に世界各国はいずれも自国の存立や、自衛権の確保を説いている。これはお互いに欲心を放棄していない証拠である。国家から欲心を除くということは、不可能のことである。されば世界より戦争を除くということは不可能である。結局、自滅に陥るのであるかもわからぬが、事実はこの通りである。それゆえ、第3次世界大戦は避けることができない。
 第3次世界大戦において、おもなる立場に立つものは米国およびソ連である。第2次の世界大戦において、日本とドイツが取り去られてしまった。それゆえ、米国とソ連が直接に接触することになった。米ソ2国の思想上の相違はやむを得ぬ。この見地からいうも、第3次世界大戦は避けることはできぬ。
 第3次世界大戦においては、極東がその戦場となる。この時にあたって、米国は武力なき日本をいかにするのであろうか。米国はこの武力なき日本を守るの策をたてなければ、また何をかいわんや。そうでなしとすれば、米国に何らかの考えがなければならぬ。
 米国は、日本8千万国民の生きてゆける道を考えてくれねばならない。およそ生物としては、生きんことを欲するのは当然である。産児制限のごときは神意に反するもので、行うべきではない。

 なお言いたきことは、最近に至るまで戦犯容疑者の逮捕をなしつつある。今や戦後3年を経ておるのではないか。新たに戦犯を逮捕するというごときは、即時にやめるべきである。米国としては、日本国民が正業につくことを願い、その気持ちでやって行かなければならぬ。戦犯の逮捕は、我々の処刑をもって、一段落として放棄すべきである。

 戦死傷者、抑留者、戦災者の霊は、遺族の申し出があらば、これを靖国神社に合祀せられたし。出征地にある戦死者の墓には、保護を与えられたし。従って遺族の申し出あらば、これを内地に返還せられたし。 戦犯者の家族には、保護を十分に与えられたし。

 青少年の保護ということは、大事なことである。近時いかがわしき風潮は、占領軍の影響からきているものが少なくない。この点については、わが国古来の美風をも十分考慮にいれられたし。

 今回の処刑を機として敵、味方、中立国の罹災者の一大追悼会を発起せられたし。もちろん、日本軍人の間に間違いを犯した者はあろう。これらについては衷心、謝罪する。これと同時に、無差別爆撃や原子爆弾の投下をなしたことについて、米国側も大いに考えなければならぬ。従って、さようなことをしたことについては、米国側も大いに悔悟すべきである。

 最後に軍事的問題について一言するが、我が国従来の統帥権独立の思想は確かに間違っている。あれでは陸海軍一本の行動はとれない。兵役については、徴兵制によるか、傭兵制によるか考えなければならぬ。我が国民性を考えて、再建の際に考慮すべし。
 教育は精神教育を大いにとらなければならぬ。忠君愛国を基礎としなければならぬが、責任感をゆるがせにしてはならぬ。この点については、大いに米国に学ぶべきである。学校教育は、人としての完成を図る教育である。従前の醇朴剛健のみでは足らぬ。宗教の観念を教えなければならぬ。欧米の風俗を知らせる必要もある。俘虜のことについても研究して、国際間の俘虜の観念を徹底せしめる必要がある。



 以上が昭和23年12月22日夜、死刑執行(12月23日零時)数時間前に、東京巣鴨において、教誨師の花山信勝師の前で東条英機が朗読した遺言の摘要である。

『秘録 東京裁判』清瀬一郎著(中央公論新社)



★登録URL変更のお願い★

12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。


「遺言は、今なお心に染みる。」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

稲田防衛相が靖国神社参拝・蓮舫「不戦の誓いをした直後、違うメッセージが届く」・自民党幹部も批判
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






【真珠湾台無し】稲田防衛相の靖国参拝に米が強い不快感か?稲田氏「防衛大臣である稲田朋美が一国民として参拝」!?
稲田防衛相が靖国神社参拝
蓮舫「不戦の誓いをした直後、違うメッセージが届く」
与党防衛相経験者「和解を強調した日米の顔に泥を塗った」
自民党幹部「中韓に口実を与えた。防衛相在任中くらい我慢できないのか」

http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2949998_ie9.htm
稲田防衛相が靖国神社参拝、真珠湾慰霊の翌日なぜ?
12月29日18:01、TBS

稲田防衛相が靖国神社参拝、真珠湾慰霊の翌日なぜ?

「歴史的」と評された安倍総理の真珠湾訪問の翌日、現地に同行していた稲田防衛大臣が靖国神社を参拝しました。稲田大臣は大臣就任後は靖国神社を参拝せず、慎重な発言を繰り返してきましたが、なぜこの時期に参拝したのでしょうか。

 「防衛大臣である稲田朋美が一国民として参拝したということです」(稲田朋美防衛相)

 稲田氏は午前8時前に靖国神社を参拝しました。「防衛大臣 稲田朋美」と記帳し、神前に供える「玉串料」は私費で支払ったということです。

 「いかなる歴史観に立とうとも、いかなる敵、味方であろうとも、祖国のために命をささげた方々に対して感謝と敬意と追悼の意を表するのは、どの国でも理解をしていただけるものだと考えております」(稲田朋美防衛相)

 稲田氏は日本時間の28日、安倍総理らとともにハワイのアリゾナ記念館を訪れ、真珠湾攻撃の犠牲者に慰霊を行いました。

Q.参拝について総理と真珠湾で話した?
 「しておりません」(稲田朋美防衛相)

 一方、安倍総理は29日、ゴルフを楽しんでいました。稲田氏の靖国参拝については・・・

Q.総理、稲田大臣が靖国参拝しましたが?
 「それについてはノーコメント」(安倍首相)
Q.ご報告は受けていますか?
 「・・・・・・」

 なぜ、このタイミングで稲田氏は参拝に踏み切ったのでしょうか?これまで稲田氏は終戦の日に靖国参拝することを恒例としてきました。しかし、防衛大臣就任直後の今年は、アフリカ・ジブチに派遣されている自衛隊の部隊視察の日程が直前に入り、参拝を見送っていました。

 「私は、この靖国の問題というのは心の問題であって、私自身としては安倍内閣の一員として適切に判断していきたいと思っています」(稲田朋美防衛相 8月)

 大臣就任後、慎重発言を繰り返してきた稲田氏。野党側からは、防衛大臣として中国や韓国への刺激を避ける必要から公務をあえて入れて参拝を避けたのではと追及されます。

 「こうもおっしゃってますよ。いかなる歴史観に立とうとも、国のために命をささげた人々に感謝と敬意を表さなければならない」(民進党 辻元清美衆院議員)

 「今までの私の発言、読み上げられたとおりです。その気持ちに今も変わりません」(稲田朋美防衛相)

 靖国に関して沈黙を続けてきた稲田氏ですが、関係者によれば、今回の参拝は、ハワイ真珠湾の慰霊から帰国した28日夜から周囲と話し合って決めたということです。

 稲田氏の参拝について、野党側は・・・

 「きのう、日米のトップがまさに不戦の誓いをした直後の話なので、違ったメッセージとしてアメリカに届かないのか、そこは少し心配しています」(民進党 蓮舫代表)

 稲田氏の今回の参拝が今後にどう影響を及ぼすのでしょうか?

 「参拝に断固反対する。(参拝は)日本の一部の人間の間違った歴史観を示しただけでなく、“真珠湾の和解の旅”に対する強い皮肉となった」(中国外務省 華春瑩報道官)

 中国外務省は真珠湾訪問直後の参拝を受け、日本大使館の公使を呼び出し、直接抗議しました。

 また、韓国外務省も「戦争犯罪人を合祀した靖国神社の参拝に怒りと嘆かわしい思いを禁じ得ない」と批判しました。韓国政府は、日本と軍事情報を交換する協定を結んだばかりで、防衛大臣の靖国参拝は他の閣僚とは次元が違うという認識です。

 一方、アメリカ国務省は、「歴史問題には癒やしと和解を促進するアプローチが重要だと強調し続ける」とコメントしています。


http://www.news24.jp/articles/2016/12/29/04350336.html
真珠湾訪問直後のワケ…稲田防衛相靖国参拝
2016年12月29日 18:33、日テレ

真珠湾訪問直後のワケ…稲田防衛相靖国参拝
(一部抜粋)
 稲田防衛相は事前に安倍首相にも参拝の意向を伝えた模様で、参拝後は周辺に「肩の荷が下りた」と話しているという。

 Q:政界の反応はどうか?

 官邸には「首相が参拝したわけではないし、靖国参拝はたいした問題にはならない」という見方もあるが、与党内から批判の声もあがっている。

 ある防衛相経験者は、「真珠湾で和解を強調した次の日に参拝して日米両方の顔に泥を塗ることになった」と指摘しているほか、自民党幹部は「中国や韓国が言い訳する口実を与えた。防衛相在任中くらい我慢できないのか」と話している。稲田防衛相は年明けの国会で厳しい対応が迫られることになりそうだ。



>大臣就任後、慎重発言を繰り返してきた稲田氏。野党側からは、防衛大臣として中国や韓国への刺激を避ける必要から公務をあえて入れて参拝を避けたのではと追及されます。
>「こうもおっしゃってますよ。いかなる歴史観に立とうとも、国のために命をささげた人々に感謝と敬意を表さなければならない」(民進党 辻元清美衆院議員)



まずは最初に、これまでの経緯について簡単におさらいしよう。


平成18年(2006年)、稲田朋美は「首相の靖国参拝を阻止しようとする忘恩の輩に道徳・教育等を語る資格はない」 と発言していた。

また、同じ頃、稲田朋美は「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」(赤池誠章衆院議員らとの座談会、「WiLL」06年9月号/ワック)とも発言していた。

稲田朋美が言ったとおり、祖国日本が侵略されたり攻撃されたりしたら『靖国神社に祀られている英霊の後に続きます』と誓うことは正しいことだ。

靖国神社は国家のために尊い命を捧げられた人々を慰霊し、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建されており、『日本が侵略されたり攻撃されたりしたら後に続きます』と祖国防衛の誓いを立てることは、正しい。

また、平成22年(2010年)10月、稲田朋美は「今年の8月15日、菅総理及び菅内閣の閣僚は、ただ一人も靖国神社参拝をしませんでしたが、いかなる歴史観に立とうとも、国のために命をささげた人々に感謝と敬意を表することができない国に、モラルも安全保障もありません。 」などと8月15日に靖国神社参拝をしない菅直人内閣を厳しく批判した!

それにもかかわらず、稲田朋美は昨年まで毎年8月15日に靖国神社において祖国防衛への誓いを立てていたが、平成28年に防衛大臣になった途端に放棄したのだから許されざる裏切り行為をしたことになる。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000117620101006002.htm
平成22年10月6日、第176回国会 本会議(議事録)
稲田朋美
「ことしの八月十五日、菅総理及び菅内閣の閣僚は、ただ一人も靖国神社参拝をしませんでしたが、いかなる歴史観に立とうとも、国のために命をささげた人々に感謝と敬意を表することができない国に、モラルも安全保障もありません。 」
「要は、言葉ではなく、守る意思と覚悟の問題です。その意思も覚悟もない菅内閣にこの国の主権も領土も国民の生活も国家の名誉も守ることができないことが明らかになった今、総理がなすべきことは、内閣を総辞職するか、一刻も早く衆議院を解散し、国民に信を問うことであることを申し上げ、私の質問を終わります。」

(拍手)


↓ ↓ ↓

平成28年8月15日
防衛大臣になった稲田朋美は、バカンス丸出しの格好でニッコニコのウッキウキでジブチへ行ったため、靖国神社を参拝せず!

稲田朋美、バカンス丸出しの格好でウッキウキでジブチへ出発
稲田朋美、バカンス丸出しの格好でウッキウキでジブチへ出発

↓ ↓ ↓

平成28年9月30日
衆院予算委員会で、民進党の辻元清美らが稲田朋美防衛相に集中的に質問を浴びせた。

辻元清美は、「自国のために命を捧げた方に感謝の心をあらわすことができない国家であっては防衛は成り立たない」と発言した稲田朋美が8月15日にあった政府主催の全国戦没者追悼式を欠席したことを「言行不一致」と指摘した。

稲田朋美は「大変、残念だったと思う」と言葉を詰まらせ、涙ぐんだ。

稲田防衛相が涙 首相が助け舟 (2016年9月30日掲載) - ライブドアニュース
北朝鮮工作員の辻元清美に【日本の核保有の検討】【全国戦没者追悼式の欠席】などについて追及されて泣いた日本国防衛大臣の稲田朋美(平成28年9月30日、衆院予算委員会)


また、辻元清美は「毎年、靖国神社に行ってこられましたね。これ公式行事ですよ。あなたの、戦争でなくなった方々への心をささげるというのは、その程度だったのかと思われかねないですよ。」「ジブチに行きたくなかったんじゃないですか。稲田大臣が防衛大臣として靖国に行くと問題になるから、回避させるためではないかと報道されているんですよ。あなたは防衛大臣だったら信念を貫かれた方がいいと思いますよ」と指摘した。
【国会】辻元清美『防衛大臣を続けたいなら核武装論を撤回しろ!!』VS稲田大臣『核のない世界を目指す』 平成28年9月30日

■動画
稲田朋美が涙目!!辻元清美『戦没者追悼式欠席は言行不一致』
https://www.youtube.com/watch?v=jZpvaUhc7uI
辻元清美(民進党)vs稲田朋美防衛大臣、安倍総理【衆議院 国会中継】~平成28年9月30日 予算委員会~
■動画
辻元清美(民進党)vs稲田朋美防衛大臣、安倍総理【衆議院 国会中継】~平成28年9月30日 予算委員会~
https://www.youtube.com/watch?v=2zW7lW8YJBw

●関連記事
稲田が辻元の追及に涙!「核保有を国家戦略として検討すべき」発言&全国戦没者追悼式の欠席めぐり
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6387.html






>稲田氏の参拝について、野党側は・・・
>「きのう、日米のトップがまさに不戦の誓いをした直後の話なので、違ったメッセージとしてアメリカに届かないのか、そこは少し心配しています」(民進党 蓮舫代表)



蓮舫は、本当に馬鹿だ!

真珠湾でも慰霊をし、靖国神社でも慰霊をすることに、いったい何の問題があるのか?

むしろ、ほぼ同じ時期に日米両方の兵士等の慰霊をすることにより、靖国神社が全ての国の慰霊の施設と同様の施設であることを知らしめることができる。

上述しあとおり、平成28年9月30日の国会で民進党の辻元清美は、稲田防衛相に対して「毎年、靖国神社に行ってこられましたね。これ公式行事ですよ。あなたの、戦争でなくなった方々への心をささげるというのは、その程度だったのかと思われかねないですよ。」「ジブチに行きたくなかったんじゃないですか。稲田大臣が防衛大臣として靖国に行くと問題になるから、回避させるためではないかと報道されているんですよ。あなたは防衛大臣だったら信念を貫かれた方がいいと思いますよ」と指摘した。

蓮舫が代表を務める民進党の辻元清美が国会で稲田朋美防衛相に対して「靖国神社を参拝する信念を貫け」と言っていたのだ!


それと、そもそも首相が「不戦の誓い」をすることがおかしい。
【安倍首相真珠湾訪問】「和解の力」 安倍晋三首相の真珠湾での演説(全文).jpg日本時間28日朝、安倍晋三首相はハワイの真珠湾でオバマ米大統領と最後の首脳会談を行った後、アリゾナ記念館を訪れて献花、スピーチ

支那やロシアや北朝鮮や韓国などの外国が、日本を攻撃して来たり、日本を侵略して来たりすれば、日本政府は自衛戦争をしなければならない。

日本政府には、日本国民の生命と財産と自由を守る責務がある。

自衛戦争はきちんとしなければならないので、軽々しく「二度と戦争の惨禍を繰り返してはならない」とか「不戦の誓いをこれからも貫く」などと言うべきではない。

安倍首相の真珠湾訪問に同行した稲田朋美防衛大臣は平成18年に「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」と発言していた。(赤池誠章衆院議員らとの座談会、「WiLL」06年9月号/ワック)

この「不戦の誓い」をするのではなくて、祖国に何かあれば後に続きますと誓って実行する】ことこそ日本政府の責務だ。

すなわち日本政府(首相や防衛大臣など)は「日本がまた経済封鎖をされたり攻撃されたり侵略されたりしたら、日本国民の生命と財産と自由を守るために自衛戦争をします」と常日頃から誓っていなければならない。関連記事






>ある防衛相経験者は、「真珠湾で和解を強調した次の日に参拝して日米両方の顔に泥を塗ることになった」と指摘しているほか、自民党幹部は「中国や韓国が言い訳する口実を与えた。防衛相在任中くらい我慢できないのか」と話している。稲田防衛相は年明けの国会で厳しい対応が迫られることになりそうだ。


「真珠湾で和解を強調した次の日に参拝して日米両方の顔に泥を塗ることになった」と言ったある防衛相経験者は、支那工作員の蓮舫と思考回路が同じようだ。

防衛相経験者なら堂々と名乗って発言しろ!


また、「中国や韓国が言い訳する口実を与えた。防衛相在任中くらい我慢できないのか」と話している自民党幹部とやらは二階俊博が最有力候補だが、二階以外なら二階級のアホ売国奴だ。

まるで、小泉純一郎首相(当時)の靖国神社参拝について「中国、韓国の許しを得たんですか? 得てないでしょ?」と言った岡田克也のようだ。

岡田克也
民主党代表時代(2004~2005)の岡田の発言
靖国参拝に関する小泉総理との党首討論で、
「中国、韓国の許しを得たんですか? 得てないでしょ?」





なお、私も、稲田防衛相が参拝した12月29日の前日28日に靖国神社を参拝した。
20161228私も、稲田防衛相が参拝した12月29日の前日28日に靖国神社を参拝した。
平成28年12月28日の靖国神社(平成23年12月26日に朝鮮系支那人に油をかけて放火された神門から撮影)
その朝鮮系支那人の犯人はその後、年明け平成24年(2012年)1月8日、韓国のソウルの日本大使館にも火炎瓶を投げつけたために、韓国で逮捕され服役していた。

20161228私も、稲田防衛相が参拝した12月29日の前日28日に靖国神社を参拝した。
平成28年12月28日の靖国神社

私は、平成27年11月23日に韓国人のチョン・チャンハン(全昶漢)が侵入して爆弾を仕掛けた靖国神社の南門付近のトイレに行ってみた。
日本人殺害を狙った靖国神社爆破テロ事件(11月23日)で、12月9日に再来日して逮捕された韓国人のチョン・チャンハン=全昶漢(27)

すると、チョン・チャンハンが爆弾を仕掛けた南門付近のトイレがなくなっていた!
20161228私も、稲田防衛相が参拝した12月29日の前日28日に靖国神社を参拝した。
平成28年12月28日、靖国神社南門付近のトイレ跡

工事中のようだったが、新しいトイレに建て替えるのか、このまま南門付近のトイレをなくしてしまうのかは分からない。

ちなみに、私は今年も10回以上靖国神社を参拝した。

首相や防衛相をはじめとする国会議員は、最低でも春秋の例大祭や終戦の日など、1年に3回以上は靖国神社を参拝するべきだ。




左:『米国人弁護士が「断罪」 東京裁判という茶番』ケント・ギルバート著(2016/12/16)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『「カエルの楽園」が地獄と化す日』百田尚樹&石平著(2016/11/11 )


左:「在日特権と犯罪」坂東忠信著(2016/10/8)
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
右:デルモンテ 国産 旬にしぼったトマトジュース750ml瓶×12(6×2)本入



「首相や防衛相など国会議員は、8月15日や春秋例大祭などにきちんと靖国神社を参拝すべき!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:安倍内閣 - ジャンル:政治・経済

水原希子が靖国神社にNO!「私は世界平和を支持し、戦争に断固反対する」・リテラは馬鹿で嘘吐き
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






水原希子が靖国神社にNO!「私は世界平和を支持し、戦争に断固反対する」高市、丸川ら参拝政治家は水原のメッセージを知れ!
水原希子が靖国神社にNO!「私は世界平和を支持し、戦争に断固反対する」高市、丸川ら参拝政治家は水原のメッセージを知れ!

http://lite-ra.com/2016/08/post-2500.html
水原希子が靖国神社にNO!「私は世界平和を支持し、戦争に断固反対する」高市、丸川ら参拝政治家は水原のメッセージを知れ!
2016.08.16、.LITERA(リテラ)
LITERA(リテラ)水原希子が靖国神社にNO!「私は世界平和を支持し、戦争に断固反対する」高市、丸川ら参拝政治家は水原のメッセージを知れ!

きのう戦後71年を迎えた、終戦の日。安倍晋三首相、稲田朋美防衛相の靖国参拝は回避された一方、高市早苗総務相、丸川珠代五輪担当相、萩生田光一官房副長官ら安倍政権幹部をはじめ多くの政治家が相次いで靖国神社を参拝した。

参拝した高市、丸川はいずれも、「国策に殉じた方に、尊敬と感謝の気持ちで参拝した」「慰霊のあり方は、外交問題になるべきではない」などと主張した。

しかし、靖国神社はただ祖先信仰や死者の霊を敬う場、日本の伝統にならった神社などではなく、大日本帝国が戦意を煽るために恣意的につくりあげたものだ。

実際、外遊日程を入れることで靖国参拝問題をごまかした稲田防衛相は、

「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」(赤池誠章衆院議員らとの座談会、「WiLL」06年9月号/ワック)

「首相が靖国に参拝することの意味は『不戦の誓い』だけで終わってはなりません。『他国の侵略には屈しない』『祖国が危機に直面すれば、国難に殉じた人々の後に続く』という意思の表明であり、日本が本当の意味での『国家』であることの表明でなければならないのです」(渡部昇一、八木秀次との共著『日本を弑する人々』PHP研究所)

などと語っており、明らかに靖国を先の大戦の慰霊の施設ではなく、国民をこれから戦地へ送り込み、国に命をかけさせるためのイデオロギー装置ととらえている。

今回の高市総務相や丸川五輪担当相らのように靖国参拝を肯定する政治家たちの「国のために尊い命を捧げた方々に追悼の意を表するもの」などというのは、詭弁にすぎない。

言っておくが、靖国に祀られている英霊とは戦前の大日本帝国のご都合主義から選ばれたものであり、たとえば数十万人にも及ぶ空襲や原爆の死者などの戦災者は一切祀られていない。靖国神社を参拝するということは、先の大戦に対する反省や、多くの国民を犠牲にした贖罪を伴った行為とは真逆の行為なのだ。

そうした靖国の本質に無自覚なまま多くの政治家が「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」などといって徒党を組んで靖国に参拝し、メディアでも本質的な批判はほとんどなされていない。

しかし、こうした“軍国主義の象徴”“戦争のための施設”であるという本質を見抜いたうえで靖国にNOを突きつけた人物がいる。

モデルで女優の水原希子だ。

本サイトでも報じたが、水原は先月、中国のネット上で「水原が靖国神社に参拝している写真」「水原が旭日旗を背景にポーズをとっている写真」が出回っているとして、「右翼だ」「侵略戦争を肯定している」なる批判が殺到。また、天安門に向けて中指を立てている中国の現代美術家の写真作品に対し、水原が過去に写真投稿SNS・インスタグラムで「いいね!」をつけたことも槍玉にあげられ、炎上事件に発展したため謝罪したことが大きな話題となった。さらに中国に謝罪したということで、今度は日本のネトウヨから攻撃されるという事態に陥った。

しかしネトウヨが非難するように、水原は中国に尻尾をふったわけでも、許してと懇願したわけでもない。ただ中国の顔色を伺って靖国に行ったことを隠したわけでもない。

謝罪動画は中国のファンに向けて英語で語りかけたものだったが、水原は靖国問題について、こう切り出した。

「まず第一に、私は世界平和を支持し、戦争に断固反対するものです」

水原はこう語ってから、彼女が靖国神社に参拝しているとされる写真を取り出し、「写っているのは絶対に私ではない」と否定した。つまり、彼女は中国に対する配慮ではなく、戦争に断固反対しているから軍国主義の象徴である靖国神社参拝に行くはずがない、と堂々と表明していたのだ。

靖国問題以外でも、水原は動画のなかで自らの出自を明かしたうえで、地球市民として、戦争を憎み、平和を希求するということを繰り返し語っていた。偏狭なナショナリズムを超え、相互理解と平和を訴える水原のスピーチを紹介した記事を以下に再録するので、あらためてご一読いただけたらと思う。
(編集部)

********************

「迷惑だから日本人の振りすんなや、クソ外人が」「中国人に謝るんじゃなくて、日本人に謝れよ」「在日は出ていけ」「堂々と靖国神社に行ったと言えばいい。謝るなよ」「都合の良い時だけ、日本人。悪くなったら、日本人じゃない」

モデルで女優の水原希子がいま、ネット上でこんなおぞましいヘイトスピーチにさらされている。
.
周知のように、騒動の発端は中国での炎上事件だ。水原は中国でも人気が高いのだが、7月、その中国のネット上で「水原が靖国神社に参拝している写真」「水原が旭日旗を背景にポーズをとっている写真」が出回っているとして、「右翼だ」「侵略戦争を肯定している」なる批判が殺到。さらに、天安門に向けて中指を立てている中国の現代美術家の写真作品に対し、水原が過去に写真投稿SNS・インスタグラムで「いいね!」をつけたことも槍玉にあげられ、炎上事件に発展したのである。

そこで今月15日、水原は騒動について自ら英語で説明する動画を中国の動画サイトに中国語字幕付きで投稿。靖国神社と旭日旗の写真に写っているのは自分ではないこと、天安門の写真も友人の投稿を促す意味で「いいね!」を押しただけで1時間以内に取り消したことを説明した。

すると、今度は日本のネトウヨが発狂。水原がアメリカ人の父親と在日韓国人の母親との間に生まれたことをあげつらって、冒頭に挙げたような、口にするのもはばかられる差別的言辞、ヘイトスピーチを水原に投じ始めたのだ。

いや、ネトウヨだけではない。ネットニュースも「中国に謝るのはけしからん」と大合唱、「中国の芸能界で稼ぎたいから尻尾をふっている」「日本人じゃないから許しては都合よすぎ」などと、水原攻撃を展開している。

数年前のまったく無関係な写真や真っ当なメッセージの込められたアート作品への「いいね!」にまでいちゃもんをつける中国のネット民も相当にひどいが、日本のネットの下劣ぶりはそれ以上だ。

そもそも、こいつらは本当に水原の釈明動画を見たのだろうか。彼女は中国に尻尾をふったわけでも、許してと懇願したわけでもない。中国の顔色を伺って靖国に行ったことを隠したわけでもない。

「まず第一に、私は世界平和を支持し、戦争に断固反対するものです」

水原はこう語ってから、彼女が靖国神社に参拝しているとされる写真を取り出し、「写っているのは絶対に私ではない」と否定した。つまり、彼女は中国に対する配慮ではなく、戦争に断固反対しているから軍国主義の象徴である靖国神社参拝に行くはずがない、と堂々と表明していた。

(以下略)

(小杉みすず)


.
>しかし、靖国神社はただ祖先信仰や死者の霊を敬う場、日本の伝統にならった神社などではなく、大日本帝国が戦意を煽るために恣意的につくりあげたものだ。


この部分はLITERA(リテラ)編集部か小杉みすずによって書かれた部分だが、出鱈目だ。

靖国神社は、戦意を煽るためにつくりあげたものではなく、慰霊のためにつくられた施設だ。

いかなる国も行っていることだが、国の命令によって戦って殉職した人たちを国の責任として慰霊することが第一の目的だ。

靖国神社は、明治7年(1874)1月27日、明治天皇が初めて招魂社に参拝された折にお詠みになられた「我國の為をつくせる人々の名もむさし野にとむる玉かき」の御製からも知ることができるように、国家のために尊い命を捧げられた人々の御霊を慰め、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建された神社だ。

また、「靖国」という社号も明治天皇の命名によるものであり、「祖国を平安にする」「平和な国家を建設する」という願いも込められている。


つまり、靖国神社創建の目的は、第一に慰霊、第二に事績(功績)を永く後世に伝えること、第三に平和への願い(誓い)だ。

LITERA(リテラ)が主張するように「大日本帝国が戦意を煽るために恣意的につくりあげたもの」ではない。






>実際、外遊日程を入れることで靖国参拝問題をごまかした稲田防衛相は、
>「靖国神社というのは不戦の誓いをするところではなくて、『祖国に何かあれば後に続きます』と誓うところでないといけないんです」(赤池誠章衆院議員らとの座談会、「WiLL」06年9月号/ワック)



祖国日本が侵略されたり攻撃されたりしたら『靖国神社に祀られている英霊の後に続きます』と誓うことは正しいことだ。

上述したとおり、靖国神社は国家のために尊い命を捧げられた人々を慰霊し、その事績を永く後世に伝えることを目的に創建されており、『日本が侵略されたり攻撃されたりしたら後に続きます』と祖国防衛の誓いを立てることは、正しい。

ただし、稲田朋美は昨年まで毎年8月15日に靖国神社において祖国防衛への誓いを立てていたが、今年防衛大臣になった途端に放棄したのだから許されざる裏切り行為をしたことになる。

http://www.shugiin.go.jp/internet/itdb_kaigiroku.nsf/html/kaigiroku/000117620101006002.htm
平成22年10月6日、第176回国会 本会議(議事録)
稲田朋美
「ことしの八月十五日、菅総理及び菅内閣の閣僚は、ただ一人も靖国神社参拝をしませんでしたが、いかなる歴史観に立とうとも、国のために命をささげた人々に感謝と敬意を表することができない国に、モラルも安全保障もありません。 」
「要は、言葉ではなく、守る意思と覚悟の問題です。その意思も覚悟もない菅内閣にこの国の主権も領土も国民の生活も国家の名誉も守ることができないことが明らかになった今、総理がなすべきことは、内閣を総辞職するか、一刻も早く衆議院を解散し、国民に信を問うことであることを申し上げ、私の質問を終わります。」

(拍手)


↓ ↓ ↓

平成28年8月15日
防衛大臣になった稲田朋美は、バカンス丸出しの格好でニッコニコのウッキウキでジブチへ行ったため、靖国神社を参拝せず!

稲田朋美、バカンス丸出しの格好でウッキウキでジブチへ出発
稲田朋美、バカンス丸出しの格好でウッキウキでジブチへ出発





>「首相が靖国に参拝することの意味は『不戦の誓い』だけで終わってはなりません。『他国の侵略には屈しない』『祖国が危機に直面すれば、国難に殉じた人々の後に続く』という意思の表明であり、日本が本当の意味での『国家』であることの表明でなければならないのです」(渡部昇一、八木秀次との共著『日本を弑する人々』PHP研究所)
>などと語っており、明らかに靖国を先の大戦の慰霊の施設ではなく、国民をこれから戦地へ送り込み、国に命をかけさせるためのイデオロギー装置ととらえている。



渡部昇一と八木秀次が述べたとおり、靖国神社を参拝して『他国の侵略には屈しない』『祖国が危機に直面すれば、国難に殉じた人々の後に続く』という意思を表明することは、正しいことだ。

上述したとおり、靖国神社の目的は、【1に慰霊、2に事績(功績)を永く後世に伝えること、3に平和への願い(誓い)】だから、日本が他国から侵略されたり攻撃を受けたりしたら祖国防衛をすると誓うことは重要なことだ。

それにもかかわらず、LITERA(リテラ)編集部か小杉みすずは、かなり頭が悪いらしく、靖国神社のことを「国民をこれから戦地へ送り込み、国に命をかけさせるためのイデオロギー装置」などと嘘出鱈目を述べている。

渡部昇一と八木秀次は『他国の侵略』『祖国が危機に直面』と明記しているにもかかわらず、LITERA(リテラ)編集部か小杉みすずは「国民をこれから戦地へ送り込み、国に命をかけさせるためのイデオロギー装置」と悪意ある歪曲・捏造をしている。






>靖国神社を参拝するということは、先の大戦に対する反省や、多くの国民を犠牲にした贖罪を伴った行為とは真逆の行為なのだ。


日本が先の大戦に対する反省や贖罪などをする必要はない。

支那事変は、支那共産党が盧溝橋事件(黄村=北京の豊台に駐屯中の日本軍を銃撃)を起こし、支那軍が停戦協定を何度も繰り返し破って継続・拡大した戦争。

盧溝橋事件の約3週間後には、支那保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺した(通州事件)。

更に2週間後、支那軍は数十万人という大軍で上海の国際租界の日本人居留区を包囲攻撃した。
支那軍機は上海市街地のホテルやデパートを爆撃して民間人や外国人を大量に殺害した。

その後も支那は、日本が提出した和平案をことごとく蹴り、戦争を継続し、支那人民を虐め抜いた。
支那軍による徴発・徴用・徴兵は過酷を極めた。
支那軍は、上海市街地爆撃の他、焦土作戦、黄河・揚子江の堤防破壊(決壊)などによって多くの民衆を殺害し、世界で初めて違法毒ガスを使用したり細菌戦を行なったりするなどの暴虐・悪逆の限りを尽くした。

支那が戦争を始めて、日本が何度も何度も「やめよう。やめよう。」と言ったのに、支那がそれを無視して戦争を継続・拡大して暴虐の限りを尽くした戦争なのだから、日本にとっては自衛戦争以外の何ものでもない。


米英は、そのような暴虐支那に対して大々的にカネや武器を支援し、日本に対しては経済制裁を行なうなど理不尽な行動をとった。

日本は何も悪いことをしていなかったにもかかわらず、石油の輸入が出来なくなってしまった。
米英蘭の3カ国が日本に「石油を売らない」と言うことは、日本に「死ね」と言うのと同じことだった。
ハル・ノートを呑んで、支那や満州から撤退したら、失業者が溢れ、夥しい数の日本人が餓死などで死んだだろう。

更に、当時は国家生存の条件とされていた大国の地位を失い、小国に転落すれば、いつソ連や米国の植民地にされてもおかしくなかったし、ましてやアジア諸国の独立なんて何十年・何百年後に実現したか分からない。

■動画
大東亜戦争の名言集
http://www.youtube.com/watch?v=Gz8s23-SQG4



以上が支那事変とその後に続く大東亜戦争(日米開戦まで)の概要だ。

LITERA(リテラ)編集部か小杉みすずが言うように、日本が先の大戦に対する反省や贖罪などをする必要はない。






>しかし、こうした“軍国主義の象徴”“戦争のための施設”であるという本質を見抜いたうえで靖国にNOを突きつけた人物がいる。
>モデルで女優の水原希子だ。



何度も言うが、靖国神社は“軍国主義の象徴”“戦争のための施設”ではなく【慰霊、事績を後世に伝えること、平和への願い】のための施設だ。





>謝罪動画は中国のファンに向けて英語で語りかけたものだったが、水原は靖国問題について、こう切り出した。
>「まず第一に、私は世界平和を支持し、戦争に断固反対するものです」



靖国神社を参拝する者も、世界平和を支持し、戦争に断固反対するものだ。





>水原はこう語ってから、彼女が靖国神社に参拝しているとされる写真を取り出し、「写っているのは絶対に私ではない」と否定した。つまり、彼女は中国に対する配慮ではなく、戦争に断固反対しているから軍国主義の象徴である靖国神社参拝に行くはずがない、と堂々と表明していたのだ。


その写真は次の写真だが、それが水原希子であるかないかはどうでも良い。
水原が靖国神社に参拝している写真

何度も言うとおり、靖国神社は『軍国主義の象徴』ではなく【慰霊、事績を後世に伝えること、平和への願いのための施設】だ。

リテラも、水原希子も、無知丸出し、馬鹿丸出しだ!





>「迷惑だから日本人の振りすんなや、クソ外人が」「中国人に謝るんじゃなくて、日本人に謝れよ」「在日は出ていけ」「堂々と靖国神社に行ったと言えばいい。謝るなよ」「都合の良い時だけ、日本人。悪くなったら、日本人じゃない」
>モデルで女優の水原希子がいま、ネット上でこんなおぞましいヘイトスピーチにさらされている。



なぜ、ヘイトスピーチなのか?

水原希子がアメリカ人と在日韓国人のハーフであって全く日本人でないにもかかわらず、日本人の振りをしていて、都合が悪くなったら支那人に対して「父親が米国人で母親は在日韓国人、日本人じゃないから許して」と謝罪したことは紛れもない事実だ。

断じてヘイトスピーチなどではない。


【画像】水原希子、天安門に中指を立てた画像にいいね!→中国全土で大炎上→緊急謝罪 父親が米国人で母親は在日韓国人だとカミングアウトwwww ←成り済まし は中指立て大好きですね♪(笑)
水原希子、中国SNSで大炎上!! 謝罪動画投稿も「日本人じゃないから許して」は都合よすぎ?
水原希子、天安門に中指を立てた画像に「いいね!」
→支那全土で大炎上
→緊急謝罪「父親が米国人で母親は在日韓国人、日本人じゃないから許して」


水原希子道歉视频 水原希子が中国人に謝罪動画を公開 Audrie Kiko Daniel (Kiko Mizuhara)
■動画
水原希子向中国道歉 Kiko Mizuhara apologizes to China
https://www.youtube.com/watch?v=8AGsDlGUjjQ



水原希子は、普段は日本人のようにして日本のテレビドラマやテレビCMで荒稼ぎしておいて、支那人に嫌われたくない時には「日本人じゃないから許してほしい」と支那人にお願いするのだから都合が良すぎる!
●詳細記事
水原希子(外国人)が天安門に中指立てた写真に「いいね!」→炎上→「日本人じゃないから許して」
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6302.html




左:「大嫌韓日記」桜井誠著 (2016/6/16)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「水原希子、リテラ、小杉みすずは、馬鹿で嘘吐き!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:サヨク・在日・プロ市民 - ジャンル:政治・経済

平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動
靖国崩壊を求める極左デモ断固抗議
反靖国・反天皇・ 極左キャンドルデモへのカウンター(平成28年8月13日、神保町交差点)
【平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動】(韓国人による違法な政治活動=英霊や日本人に対するヘイトスピーチ)に抗議する日本国民たち

http://peace-candle.net/node/237
2016平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動(8月13日)の賛同・協力のお願い
「2016 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動-戦争法の時代と東アジア」
(1) 開催日時:8月13日(土) 午後1時30分~6時30分 (開場:午後1時)
(2) 開催場所:韓国YMCA・スペースY (JR水道橋駅より徒歩7~8分)
(3) シンポジウム 『戦争法の時代と東アジア-「戦死者」とヤスクニ-』

(午後1時45分~4時15分)
報告1 基調「戦争法の時代-東アジアの中の日本の立ち位置」(仮題)
      報告者=高橋 哲哉さん (東京大学教授)
報告2 「戦争法と日韓・日朝の未来-戦争法を韓国から見る(仮題)
      報告者=金ミンチョルさん (韓国)

報告3 「戦争法下の沖縄-踏みにじられる琉球の自己決定権)
           報告者=新垣 毅さん (琉球新報編集委員)
(4) 被害者証言 (午後4時30分~6時15分)
    ・被害者証言-韓国、日本の遺族等
  (5)各団体からのアピール
    ・WAM、戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会、教科書ネットほか
  (6)コンサート
    ・ソン・ビョンフィさん、イ・ジョンヨルさん(韓国)、等
  (7)キャンドル・デモ (午後7時~   )
・韓国YMCAを出発→

  

>「2016 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動-戦争法の時代と東アジア」


毎年8月15日前の週末の夜に韓国人や朝鮮人や反日糞左翼によって行われる【平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動】が今年も行われてしまった。





>(2) 開催場所:韓国YMCA・スペースY (JR水道橋駅より徒歩7~8分)
>報告2 「戦争法と日韓・日朝の未来-戦争法を韓国から見る(仮題)
>      報告者=金ミンチョルさん (韓国)
> ・被害者証言-韓国、日本の遺族等
>(6)コンサート
> ・ソン・ビョンフィさん、イ・ジョンヨルさん(韓国)、等
>(7)キャンドル・デモ (午後7時~   )
>・韓国YMCAを出発→
 


最近では、この靖国神社を冒涜する【平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動】『韓国人の韓国人による韓国人のための英霊や日本人に対するヘイトスピーチデモ』(政治活動)であることを隠さなくなっている。

しかし、日本では、外国人が政治活動をすることが禁じられている!

昭和53年10月4日の「マクリーン事件」の最高裁判決で、「外国人の政治活動の自由は、わが国の政治的意思決定又はその実施に影響を及ぼす活動等が保障されていない。」とされた。

つまり、日本の政治的意思決定に影響を及ぼす外国人の政治活動は、禁止されている。

したがって、毎年8月15日前の週末に行われている【平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動】、今年も行われた「2016 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動-戦争法の時代と東アジア」はあからさまな外国人による政治活動であるため、日本国民に対して保障されている集会の自由や表現の自由の対象外だ!

よって、そももそも「2016 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動-戦争法の時代と東アジア」のような集会やデモは禁止されなければならないのに、自治体や警察などは違法な外国人による政治活動を許可している。

そして、我々日本国民が外国人による違法なデモ(政治活動、英霊や日本人に対するヘイトスピーチ)に抗議すると、警察は違法行為をしている外国人を守り、違法行為に抗議する日本人を弾圧している!




今年も外国人(韓国人・朝鮮人)による違法な政治活動(英霊や日本人に対するヘイトスピーチ)が行われたため、日本国民有志が抗議活動を行った!

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1052
反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター
日本国と英霊を罵るヘイトスピーチを絶対許さないぞ!

毎年8月15日を目前にして反日極左集団が首都東京で大規模な反日デモ(キャンドルデモ)を繰り返しています。このデモは靖国神社の破壊を主張し、また「天皇いらない」と叫び続け、悪質なのはこのデモに韓国など外国から多くの反日活動家たちを呼び寄せて参加させていることです。反日デモ粉砕! 入管法違反(政治活動の禁止)外国人の即時逮捕を求めて極左キャンドルデモにカウンターを行います。

【集合日時】
8月13日(土) 18:00

【開始時刻】
18時30分

【集合場所】
神保町交差点
地下鉄神保町駅A5番出口付近集合
http://map.enjoytokyo.jp/spot/?id=l_00006397

【主催】
行動する保守運動



20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター
神保町交差点に集合した【反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター】の参加者たち

20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター
日本国と英霊を罵る
ヘイトスピーチデモ
絶対許さないぞ!


20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター
靖国前で繰り広げられる
反日騒乱に終止符を!


20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター
靖国崩壊を求める極左デモ断固抗議
神保町交差点に集合した【反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター】の参加者たち



一方、韓国YMCAで、反日集会「2016 平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動-戦争法の時代と東アジア」を終えた韓国人や朝鮮人や反日極左たちは、英霊と日本人を冒涜するヘイトスピーチデモ(外国人による違法な政治活動)を予定どおり行った!
20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモ
「ヤスクニ反対♪」
「戦争反対♪」
「合祀をやめろ♪」
「平和を守ろう♪」
「安倍はやめろ♪」
「改憲反対♪」


20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモ
「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」(反靖国・反天皇・極左キャンドルデモ)=韓国人による違法な政治活動

幟(のぼり)には、「平和の灯を!ヤスクニの闇へ」「キリスト教平和ネット」などと書かれている。

まさに、韓国人の韓国人による韓国人のための反日ヘイトスピーチ(外国人による違法な政治活動)だ!


20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモ
そして、KBS(韓国放送公社)「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」(反靖国・反天皇・極左キャンドルデモ)=韓国人による違法な政治活動を取材(撮影)していた!

まさに、韓国人の韓国人による韓国人のための反日ヘイトスピーチ(外国人による違法な政治活動)だ!


20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモ
韓国人の韓国人による韓国人のための反日ヘイトスピーチ(外国人による違法な政治活動)を阻止しようとする日本国民有志を弾圧する警察

20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター
「平和の灯を!ヤスクニの闇へ キャンドル行動」は、「反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター」が待ち受ける神保町交差点に到着し激突!

20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター
神保町交差点を過ぎても、カウンター参加者たちは、違法デモを追撃した。

20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモ
「ヤスクニ反対♪」
「戦争反対♪」
「合祀をやめろ♪」
「平和を守ろう♪」
「安倍はやめろ♪」
「改憲反対♪」


20160813平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動-戦争法の時代と東アジア・韓国人による違法な政治活動・反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター
日本国民有志が韓国人の韓国人による韓国人のための反日ヘイトスピーチ(外国人による違法な政治活動)に抗議していたら、警察が日本国民(女性)に暴行を加えた!
そのため、日本国民有志たちは、座り込みの抗議を継続した。



(カウンター前の街宣の様子)
■動画
【集会編】反靖国・反天皇・ 極左キャンドルデモへのカウンター2016.8.13
https://www.youtube.com/watch?v=fKLLnrSQrS0
【衝撃!日本でこんなことが行われているなんて】 反靖国・反天皇・ 極左キャンドルデモへのカウンター H28/08/13
https://www.youtube.com/watch?v=ggCiQOvON-c



(反天連や違法韓国人たちと激突!)
■動画
【反天連登場】反靖国・反天皇・ 極左キャンドルデモへのカウンター2016.8.13
https://www.youtube.com/watch?v=GmYQL_87sq8
【神保町交差点通過】反靖国・反天皇・ 極左キャンドルデモへのカウンター2016.8.13
https://www.youtube.com/watch?v=MxsGmR2doUk
反靖国・反天皇・極左キャンドルデモへのカウンター 2016.08.13
https://www.youtube.com/watch?v=qPTYQ4d8KtE



(警察が日本人女性市民に暴行)
■動画
【速報版】極左キャンドルデモへのカウンターにて、梅乃結氏が警官に倒される
https://www.youtube.com/watch?v=y2KbEpJWtm8



(警察への抗議)
■動画
【警察に抗議編】反靖国・反天皇・ 極左キャンドルデモへのカウンター2016.8.13
https://www.youtube.com/watch?v=g_gMAgAMQMQ






なお、夜の【平和の灯を!ヤスクニの闇へキャンドル行動】への抗議活動の前に、有楽町では「愛国女性のつどい花時計」による【「靖国神社に行こう!」街宣】が行われた。
有楽町では「愛国女性のつどい花時計」による【「靖国神社に行こう!」街宣】が行われた。

有楽町では「愛国女性のつどい花時計」による【「靖国神社に行こう!」街宣】が行われた。
「愛国女性のつどい花時計」による【「靖国神社に行こう!」街宣】(平成28年8月13日16時頃)
■動画
【花時計】8月15日は靖国神社に行こう!in有楽町マリオン前28.8.13
https://www.youtube.com/watch?v=srKBVIGAj9o
靖国神社へ行こう! 愛国女性につどい花時計 H28/08/13
https://www.youtube.com/watch?v=bx7ipdVTVjQ




左:「大嫌韓日記」桜井誠著 (2016/6/16)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「韓国人による違法な政治活動を許すな!」
「靖国神社に行こう!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

大嘘吐きの稲田朋美!ヘタレ防衛相・終戦の日の靖国神社参拝を放棄!支那の不当な自粛要請に服従!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






稲田朋美が裏切る!終戦の日の靖国神社参拝を放棄!
「平気で嘘をつく人間性と卑怯な政治姿勢は問題だ」と他人を批判しておきながら、自分は平気で嘘を吐く卑怯な政治姿勢を晒している稲田朋美
――――――――――
平成24年の選挙公約「TPPに反対」
↓ ↓ ↓
現在、「TPPに賛成」
――――――――――
平成23年、「日本独自の核保有を、単なる議論や精神論ではなく国家戦略として検討すべき」
↓ ↓ ↓
平成28年、「現時点で核保有を検討すべきではない」
――――――――――
平成18年8月15日、靖国神社における集会
「首相の靖国参拝を阻止しようとする忘恩の輩に道徳・教育等を語る資格はない」
平成22年10月6日、第176回国会 本会議(議事録
「ことしの八月十五日、菅総理及び菅内閣の閣僚は、ただ一人も靖国神社参拝をしませんでしたが、いかなる歴史観に立とうとも、国のために命をささげた人々に感謝と敬意を表することができない国に、モラルも安全保障もありません。 」
「要は、言葉ではなく、守る意思と覚悟の問題です。その意思も覚悟もない菅内閣にこの国の主権も領土も国民の生活も国家の名誉も守ることができないことが明らかになった今、総理がなすべきことは、内閣を総辞職するか、一刻も早く衆議院を解散し、国民に信を問うことであることを申し上げ、私の質問を終わります。」

「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」に所属して毎年8月15日に靖国神社を参拝

↓ ↓ ↓
平成28年8月、支那が稲田朋美の名前を挙げて靖国参拝の自粛を要請
↓ ↓ ↓
毎年行ってきた8月15日の靖国神社の参拝を自粛
――――――――――


http://www.asahi.com/articles/ASJ8C53PGJ8CUHBI00P.html
閣僚の靖国参拝、中国が自粛要請 稲田防衛相を名指しか
2016年8月12日08時41分、朝日新聞

 中国政府が11日までに、日本政府に対して外交ルートを通じ、閣僚が靖国神社に参拝しないよう申し入れていたことがわかった。複数の日中関係筋が明らかにした。特に稲田朋美防衛相の名前を挙げて懸念を示した模様だ。中国では終戦の日の15日に向けて参拝への警戒が高まっている。

 関係筋によると、中国外務省内では、孔鉉佑外務次官補が今月中旬に訪日し、日本側に直接こうした懸念を伝えることを検討していたとの情報もある。

 中国政府はこれまでも、閣僚が靖国神社に参拝するたびに外交ルートで抗議を伝えてきたが、事前の申し入れは異例。中国国内では、稲田氏について、防衛相就任直後から「右翼で軍国主義の傾向がある」(国営新華社通信)との受け止めが広まっており、国防省が稲田氏のインタビューでの歴史認識をめぐる発言に「強烈な憤慨」を表明するなど発言や動向に警戒が強まっている。稲田氏への中国の警戒は、北京の第三国の外交団の間でも話題となっており、日中間の安全保障面での緊張が高まる原因になるとの懸念も出ている。


↓ ↓ ↓

http://www.asahi.com/articles/ASJ8D56MYJ8DULFA01H.html?iref=comtop_8_01
稲田防衛相、靖国参拝を見送りへ 終戦記念日
2016年8月12日18時40分、朝日新聞

 稲田朋美防衛相は今月13~16日の日程で、自衛隊の拠点があるアフリカ東部のジブチを訪問する。防衛省が12日発表した。稲田氏は毎年、終戦記念日の15日に靖国神社を参拝してきたが、外遊の予定を入れて15日の参拝を見送ることで、中国や韓国の反発を避ける狙いもあるとみられる。

 稲田氏は衆院議員に初当選した翌年の2006年以来、毎年、15日に靖国神社を参拝しており、対応が注目されていた。

 稲田氏は12日、就任後初めて石川県の航空自衛隊小松基地を視察し、隊員に訓示。次の視察先となるジブチについて、記者団に対し、「海賊対策で非常に困難な任務に携わっている第一線だ」と、訪問の意義を強調した。靖国神社の参拝については「靖国の問題は心の問題で安倍内閣の一員として適切に判断したい」と述べるにとどめた。(安倍龍太郎)



日本国民の期待を裏切る稲田朋美のような防衛大臣では、今後の日本の防衛について非常に不安になる。

稲田朋美は防衛相に就任した後、8月8日の閣議後会見で、東シナ海の尖閣諸島周辺を多数の支那公船が航行していることについて「いたずらに事態がエスカレートしないよう冷静な対応を継続しつつ、尖閣諸島を含むわが国固有の領土・領海・領空を断固として守り抜くため、引き続き警戒監視、情報収集に万全を期す」と語った。

しかし、今現在も、マトモに尖閣諸島周辺を守れていないのが現実だ。

支那が大量の船で尖閣諸島沖へ領海侵入しているにもかかわらず、「警戒監視、情報収集に万全を期す」と言うだけなら防衛大臣なんて誰にでもできる。




近年の稲田朋美は、嘘を吐いてばかりいる。

稲田朋美は、平成24年12月の解散総選挙の際には「TPPに反対」公約していた。

ところが、その選挙で第2次安倍内閣が発足し、稲田朋美が行政改革・公務員制度改革担当大臣に就任したら「TPPに賛成」となって有権者を裏切った(騙した)。




また、稲田朋美は、雑誌「正論」平成23年3月号で「日本独自の核保有を、単なる議論や精神論ではなく国家戦略として検討すべき」と述べていた。

ところが、稲田朋美は防衛相に就任した直後の8月3日夜の記者会見で核武装の必要性について「必要最小限度の自衛権の行使を考えた場合、現時点で核保有を検討すべきではない」と述べた。

こんな簡単に発言を180度変更する政治家なんて、信用できるわけがない。

そもそも、「核保有を検討すべきではない」という発言は、思考停止そのものであり、政治家として失格だ!

核ミサイルの照準を日本の大都市に定めている支那が大量の船を日本の尖閣諸島沖の領海へ侵入させている現実がある。

それなのに、5年前には「日本独自の核保有を、単なる議論や精神論ではなく国家戦略として検討すべき」と述べていた稲田朋美が、防衛大臣になった途端に「核保有の検討すらするべきではない」と発言したのだから、呆れてしまう。




その上に、稲田朋美は、毎年「終戦の日」に行ってきた靖国神社参拝を防衛相になった途端に支那の圧力に屈服してやめた。

稲田朋美は平成22年10月6日の第176回国会本会議(議事録)において、「ことしの八月十五日、菅総理及び菅内閣の閣僚は、ただ一人も靖国神社参拝をしませんでしたが、いかなる歴史観に立とうとも、国のために命をささげた人々に感謝と敬意を表することができない国に、モラルも安全保障もありません。 」などと8月15日に靖国神社参拝をしない菅直人内閣を厳しく批判していたにもかかわらずだ!

もう完全に、防衛大臣としても政治家としても信用できない。

私は、これまで稲田朋美を非常に高く評価してきた。

平成24年12月に第2次安倍内閣が発足し、稲田朋美が行政改革・公務員制度改革担当大臣に就任した際、私は当ブログ記事で【総合評価 99点】という極めて高い点数を付けて評価した。

●関連記事
期待の閣僚と危険な閣僚・稲田朋美、新藤義孝、古屋圭司、下村博文などに期待
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4911.html
(一部再掲載)

稲田朋美行政改革相
▼行政改革・公務員改革 稲田朋美
【総合評価 99点】

▽プラスポイント▽
南京大虐殺否定派
天皇陛下御即位二十年奉祝国会議員連盟(事務局次長)
外国人参政権反対派
みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会
正しい日本を創る会
国家基本問題研究所
国籍法改正慎重派
米国慰安婦決議反対
中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国会議員の会(事務局長)
「女子差別撤廃条約選択議定書」批准慎重派
皇室の伝統を守る一万人大会出席議員
人権擁護法案反対派
朝日新聞の外国人参政権に関する質問に「反対」と回答
「日本解体法案」反対請願
日本の水源林を守る議員勉強会
TPP参加の即時撤回を求める会(呼びかけ人)
靖国神社「みたま祭り」へ献灯した議員
改正国籍法の厳格な制度運用に関する請願
TPP交渉参加反対に関する国会請願の紹介議員
「河村発言」支持・「南京虐殺」の虚構を撃つ国民集会(出席、講演)
真・保守政策研究会

日本の戦争責任について否定的な立場を取っている東京裁判について、「東京裁判はポツダム宣言と近代法の大原則(罪刑法定主義)に違反した二重の意味での国際法違反と主張。

沖縄戦で発生した集団自決が軍命の強制によるものかどうかで、旧日本軍現地指揮官と親族が『沖縄ノート』の著者でノーベル賞受賞者でもある大江健三郎と出版社の岩波書店を訴えた大江健三郎・岩波書店沖縄戦裁判において原告側の弁護士。

所謂「従軍慰安婦問題」について、2007年6月14日に歴史事実委員会の全面広告に賛同者として名を連ね、米下院121号決議の全面撤回を主張。

皇室典範改正問題については、自民党新人議員の中でいち早く反対の立場を表明。慎重審議へ署名した新人議員とともに「伝統と創造の会」を結成し、会長に就任。

★公共放送のあり方について考える議員の会(会長)
2009年(平成21年)4月5日放送の、NHKスペシャル「シリーズ JAPANデビュー第1回アジアの“一等国”」の内容が偏向していることなどを検証している。
主な所属議員
古屋圭司 - 会長
稲田朋美 - 事務局長
安倍晋三
森喜朗
中川昭一

2011年8月1日、新藤義孝、佐藤正久と共に鬱陵島を視察するため韓国に行ったが、金浦空港で入国拒否され日本に引き返した。


▼マイナスポイント▼
(特になし)

【総合評価 99点】



しかし、数年前に「日本独自の核保有を、単なる議論や精神論ではなく国家戦略として検討すべき」 と発言していた稲田朋美が防衛相に就任したら「核保有を検討すべきではない」と発言した!

国民を馬鹿にするな!

そして、支那の不当な圧力に屈し、毎年続けてきた8月15日の靖国神社参拝をボイコットした!

【みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会】の所属議員だったにもかかわらず、肝心な時に靖国神社参拝を放棄して海外に逃亡するようでは、防衛大臣としても国会議員としても許されることではない。





そもそも稲田朋美の上司である安倍晋三は平成17年に「靖国神社参拝は首相として当然だし責務だ。」と言っていたくせに、翌年の平成18年に自分が首相になったら参拝をしなかった裏切り者だった。

安倍晋三首相は、自民党幹事長代理のときの平成17年(2005年)5月28日に、次のとおり発言した。

自民党幹事長代理 安倍晋三
「小泉総理大臣がわが国のために命をささげた人のために靖国神社をお参りするのは当然だと思うし、責務だ。次の総理にも、またその次の総理にもお参りをしてもらいたい。」

それなのに、安倍晋三は、翌年の平成18年に自分が次の総理大臣になったら靖国神社を参拝しなかった!

韓国の国立顕忠院には、すぐに訪問して献花したにもかかわらずだ!

国立顕忠院で献花する安倍総理
韓国の国立顕忠院で献花する安倍総理(平成18年10月)

韓国の国立ソウル顕忠院は、日本統治時代におけるテロリストたちの他、朝鮮戦争、韓国軍がベトナム人の大虐殺や強姦をしまくったベトナム戦争の戦死者を祀っている。

安倍晋三は、平成18年に首相になったら、すぐにその韓国の国立顕忠院に訪問して献花したが、その後靖国神社には全く参拝しなかった。

安倍晋三は、前回首相になる前年に「靖国神社参拝は首相の責務だ。次の総理にも、また次の総理にも参拝してもらいたい」と言っていたくせに、自分が首相になったら参拝しなかったことについて、平成24年12月の総選挙の前にも、平成25年2月7日の国会でも、「第1次安倍内閣において靖国神社を参拝できなかったことは痛恨の極みだ。」と述べた。

第1次安倍内閣において靖国神社を参拝できなかったことは痛恨の極みだ

安倍晋三は、幹事長代理の時に「靖国神社参拝は首相の責務だ」とまで発言し、平成24年(2012年)の総選挙や平成25年の国会で「第1次安倍内閣において靖国神社を参拝できなかったことは痛恨の極みだ」と発言したのだから、2度目に首相になった後、出来るだけ早く参拝しなければならなかった。

2回目の首相就任からちょうど1年が経った平成25年12月26日に、安倍晋三は、ようやく首相として初めて靖国神社を参拝した。

しかし、その後は、平成26年にも平成27年にも、またしても全く参拝しなくなっている。


(参考)
【靖国参拝】小泉元首相安倍氏支持「 参拝しないで日中うまくいったか?」
■動画
【靖国参拝】小泉元首相安倍氏支持「 参拝しないで日中うまくいったか?」
https://www.youtube.com/watch?v=HykHcZ0FPIQ

小泉純一郎
「私が首相を辞めた後、(首相は)一人も参拝しないが、日中問題はうまくいっているか? 」
「外国の首脳で靖国参拝を批判するのは中国、韓国以外いない。 」
「批判する方が今でもおかしいと思っている。」



【告知】

http://www.hanadokei2010.com/schedule_detail.php?schedule_no=459
愛国女性のつどい花時計

「靖国神社に行こう!」街宣
日時:8月13日(土)15時~17時
場所:有楽町駅「マリオン」前
ニコ生:http://live.nicovideo.jp/watch/lv272266925


http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1052
反靖国・反天皇・ 極左キャンドルデモへのカウンター
日本国と英霊を罵るヘイトスピーチを絶対許さないぞ!

【集合日時】
8月13日(土) 18:00
【開始時刻】
18時30分
【集合場所】
神保町交差点
地下鉄神保町駅A5番出口付近集合
http://map.enjoytokyo.jp/spot/?id=l_00006397
【主催】
行動する保守運動




左:「大嫌韓日記」桜井誠著 (2016/6/16)
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:『日本人に「憲法」は要らない』西村幸祐著(2016/8/9)


左:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 低塩 スマートPET 720ml×15本
中:【国産トマト100%】カゴメ トマトジュースプレミアム 食塩無添加 スマートPET 720ml×15本

右:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6


「嘘を吐く政治家や支那の言いなりになる政治家は信用できない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:軍事・安全保障・国防・戦争 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.