正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201001
朝鮮学校で「スパイの子」“抗議行動”を告訴へ←ふざけんな!京都市の児童公園に勝手に朝礼台やサッカーゴールを置いて50年間グランドとして不法占拠している朝鮮学校が逆切れ!・頑張れ!「在日特権を許さない市民の会」(在特会)・12・20史上初! 京都ウトロデモ行進
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




朝鮮学校
写真は朝鮮学校(京都朝鮮第一初級学校ではない)

朝鮮学校で「スパイの子」 “抗議行動”を告訴へ
http://www.47news.jp/CN/200912/CN2009121801001139.html

朝鮮学校で「スパイの子」 “抗議行動”を告訴へ
2009/12/18 22:23 【共同通信】

 京都朝鮮第一初級学校(京都市南区)で今月4日、「在日特権を許さない市民の会」(在特会)の旗を持った男性約10人が抗議行動と称して校門に押しかけ、拡声器を使って「スパイの子ども」などと騒いでいたことが18日、分かった。

 校内には近隣の朝鮮学校も含めた児童約170人がいた。学校側は、偏見や差別感情が理由の「憎悪犯罪(ヘイトクライム)」だと反発。週明けにも威力業務妨害などの容疑で京都府警に告訴する。

 集まったのは在特会関西支部メンバーら。校門前にある京都市管理の公園に学校がサッカーゴールや朝礼台などを置いていたため、在特会の桜井誠会長は「不法占拠したことへの抗議」と説明している。

 学校が撮影した映像では、数人が朝礼台を正門まで運び「門を開けろ」と要求。学校関係者が「ここは学校です」と制止すると「こんなものは学校ではない」「朝鮮学校を日本からたたき出せ」などと拡声器で叫んだ。




上の記事だけ読むと「在日特権を許さない市民の会」(在特会)が悪いように書いているが、真実は全く異なる。

この問題は動画などを見ると、100%京都朝鮮第一初級学校が悪い!

京都市の「児童公園」に、朝鮮学校が勝手にサッカーゴールや朝礼台などを置いて自分らのグラウンドとして50年間も不正使用していた。

在特会関西支部メンバーらは、京都市の「児童公園」から、サッカーゴールや朝礼台を撤去して、朝鮮学校に運び込もうとしたのに、朝鮮学校は門を開けなかった。

どう考えても、非は100%朝鮮学校側にある。

こんなものは、学校ではないし、日本から叩き出すのは当たり前だ。


■動画
朝鮮学校が京都児童公園を不法占拠!

http://www.youtube.com/watch?v=uJmVxnWaW_s

■動画
(1/2)朝鮮学校による領土侵略を許すな!

http://www.youtube.com/watch?v=rwj5F3vcK6U

■動画
(2/2)朝鮮学校による領土侵略を許すな!
http://www.youtube.com/watch?v=2sl8yniMvM0







「在日特権を許さない市民の会」や「主権回復を目指す会」などは、本日12月20日、京都で「京都ウトロデモ行進」を行う。

私は、京都で遠過ぎるし、もともと本日20日は「新風東京都本部総会」に出席する予定だったので参加しないが、参加される方々には頑張って頂きたい。

京都ウトロ問題も、今回の朝鮮学校による児童公園不法占拠と同様、基本的には朝鮮人による土地の不法占拠問題だ。

ウトロ問題の発生は戦中まで遡るが、「成り立ち」と「経緯」、それと今年5月頃までの「あらすじ」がよくまとまっているサイトがあるので紹介しよう。


――――――
京都ウトロ

ウトロ51番地 - 大阪民国ダメポツアー
http://www.osaka-minkoku.info/osaka/kyoto01.htm

京都駅から近鉄京都線に乗りおよそ20分、お茶の里、10円玉の絵柄の平等院でお馴染みの「京都府宇治市」。どこを見回しても閑静な住宅街と茶畑が広がるこの街の一角に、奇妙な地区がある。

宇治市伊勢田町ウトロ51番地。
今も在日朝鮮人ばかり200人程が住んでいるとされる地区である。かつては宇治の市街地に続く道の入口として「宇土口」と呼ばれていたものが、ある朝鮮人が「口」をカタカナの「ロ」と誤読したことから、「ウトロ」に転じた。

ウトロ地区に隣り合うすぐ南側には、陸上自衛隊大久保駐屯地がある。

ウトロ問題は在日同士の揉め事、なぜか責任を日本に押し付ける
ウトロ地区の成り立ちは戦前に遡る。

第二次大戦中の1941年、当時の京都飛行場に隣接する日本国際航空工業の土地に、航空機工場を建設するために動員された労働者らへ、敷地の一画に飯場が作られたのがはじまりという。当時、この労働者募集は兵役を免れる事を望んだ人が集まったもので、一部の朝鮮人や反日団体が主張する「強制徴用」とは訳が違う。

しかし1945年に京都飛行場は米軍の爆撃を受け、それが元で航空機工場の建設が中止されるやいなや、当然労働者は全て失職することとなる。その後、基地を接収したGHQからの退去勧告・朝鮮への帰国要求を拒否した元作業員の朝鮮人労働者の一部が、そのまま飯場の土地に不法に居座った。

それが現在に至るウトロ地区の成り立ちである。


のちに土地の所有会社は合併で日産車体株式会社に移された。

日産車体側は、勝手に土地を不法占拠されているという理由で、ウトロ地区への水道などのインフラ整備を長い間認めてこなかった。それは住民側や人権問題を訴える市民団体などが相まって大きな運動となり1987年に日産車体側が根負けして水道の敷設を認める結果になった。

日産車体側も、1984年から土地問題を解決しようとウトロ住民側に土地交渉を持ちかけていた。
これに応じたのは「ウトロの自治会長」を名乗る「平山舛夫」こと「許昌九」という朝鮮人。

ウトロに水道を敷設した1987年、日産車体は許昌九にウトロの土地全域を3億円で売却した。
しかしこの許昌九という朝鮮人はオノレが作った「西日本殖産」という会社に4億4500万円で土地を転売。いわゆる「土地転がし」である。そして許昌九は突然行方をくらます。

後に「西日本殖産」はウトロ住民に対し4億4500万で土地売却を持ちかける。
つまり許昌九個人がウトロの土地転がしで差額の1億4500万を丸儲けしようと企んだ訳だ。

しかしウトロ問題を書いている在日朝鮮系の記事を見ていると、不思議と許昌九の名前が出てこないのですねえ。
「日産車体が西日本殖産に勝手に転売」だなんて書いてますよ。もしくは平山という男と「通名」で隠してます。

そして遂に西日本殖産(許昌九)側がウトロ住民に立ち退き訴訟を起こすことに。
しかしウトロ住民は在日団体もひっくるめて「全て日本政府が悪いニダ」「日産車体が補償するニダ」と何故か日本に責任転嫁。

もうこれ以上はややこしいのでこっちのページとかこのへんを見てください。頭が痛い…


こういう在日同士のゴタゴタがウトロ問題の真相だというのに、相変わらず在日団体は「全ての非は日本側にある」の一点張り。2006年、土地の所有権が西日本殖産側にあるという判決が下り、法的に現在のウトロ地区は西日本殖産の土地である。

現在も、西日本殖産側とウトロ住民の間で土地契約を結ぶ形で、土地問題の解決を迫ろうという方向で話が進んでいるそうな。

とりあえずウトロは在日土地問題の代表的地区だ。生野区はもちろん、関西一円のニダーランドを探訪してきたダメポツアーが行かない訳にはいくまい。
そんなわけで、行ってきましたよ、ウトロへ。

(以下略)
京都ウトロ
――――――




―――――
エラ通信のチラシの裏
資料集 在日朝鮮人による不法占領地 宇土口【ウトロ】からの侵略、資料集積と考察
2009/05/27

http://era-tsushin.at.webry.info/200905/article_144.html

~ウトロ、これまでのあらすじ~
1.京都飛行場建設工事に従事する朝鮮人が、建設現場の飯場の周りにバラックを建てて、家族を呼び寄せて住み着く。
2.終戦後、「次の行き先が見つかるまで、しばらくの間住まわせてくれ」と土地所有者の日本国際航空工業(後の日産車体)に住民が要求して、結局移住せず、なし崩しにそのまま定住。
3.土地所有者(日産車体)と不法占拠者(在日朝鮮人)の間で土地譲渡協議が何度となく行なわれるが、妥結せず。
4.ウトロ地区自治会長「許昌九(平山枡夫)」に3億円で譲渡。
5.許は西日本殖産(許自身が取締役)に4億4500万円で転売。
6.許が住民に土地の購入を迫る。
7.許が西日本殖産に転売した事がばれて、住民から突き上げを食らう。
8.許失踪。
9.西日本殖産が住民に立ち退きを要求。
10.住民、(なぜか)日産車体および日産自動車銀座本社などへ立ち退き要求に対する抗議デモ。(「元はと言えば日本政府と日産車体の強制連行に原因がある。」との主張)
総連やサヨクマスコミも一斉に便乗して、政府や日産批判展開。
11.住民、時効による土地取得と、西日本殖産の所有の無効を求めて提訴。
12.和解提案。西日本殖産の提示額14億に対し、住民7億400万の提示。結局、和解は決裂し、2000年11月、住民側全面敗訴。
13.西日本殖産が井上正美(在日韓国人)に3億円で売却。
14.井上正美(在日韓国人)、住民に11億円で売却を提示。
15.西日本殖産が、「井上(在日韓国人)への売却は、井上(在日韓国人)に脅されて、一人の取締役が独断で売却したものであり、売却は無効」であるとして提訴。
16.西日本殖産が勝訴。(井上(在日韓国人)は恐喝容疑などで逮捕)
17.西日本殖産、住民立ち退きの強制執行の期限待ち(9月末まで)
18.住民、韓国政府や国連を巻き込んで、なんとか只で土地を手に入れようと必死w
20.毎日新聞社が政府や日本人を巻き込んで、なんとか只で土地を手に入れさせようと必死w ←今ココw

―――――




■動画
史上初!【京都ウトロ速報】突撃潜入編
2008年12月14日(日)


http://www.youtube.com/watch?v=3-yvIiRHAZA



―――――
12・20史上初! 京都ウトロデモ行進

不逞在日への巨額税金投入を許さないぞ!
虚偽歪曲ねつ造の強制連行を振りかざす反日韓国人を日本から叩き出そう!  

【日時】
平成21年12月20日(日)
集会開始14:00~ デモ出発15:00~
※デモコースは徒歩50分の距離を予定

【集合場所】
北山公園 宇治市伊勢田町北山20
http://www.city.uji.kyoto.jp/data/HVVKLmge326Gbzg/kitayama.htm

【注意事項】
雨天決行
特攻服など現場にそぐわない服装はご遠慮ください
日章旗、プラカード持参大歓迎
当日は撮影が入りますので、顔を写されたくない方はサングラスなどをご持参ください

【生中継】
ニコニコ生放送にて14:00から中継予定
http://live.nicovideo.jp/gate/lv8146253
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【主催】
在日特権を許さない市民の会 関西支部

【協賛】
主権回復を目指す会 関西支部

【主な参加弁士】
桜井誠 (在特会会長)
川東大了(在特会関西支部長)
西村斉 (在特会関西支部会計)
中谷辰一郎(主権回復を目指す会関西支部長)
荒巻靖彦(主権回復を目指す会関西支部運営)

【連絡先】
在特会関西支部メールアドレス
zaitokuhantai3@gmail.com

【経緯】
いよいよ表向きは停滞していたかに見えたウトロ問題が蠢き始めました。在特会・関西は去年のウトロ街宣以降も暇を見つけては流し街宣、ウトロ最寄の駅前街宣、役所への電話による聞き込み調査等をやってきましたが、役所への聞き込みではウトロ問題は停滞しているとの話でしたが今回の記事により嘘、出鱈目な回答だということが判明しました。地元の伊勢田連合町内会(西川博司会長)はウトロ町内会を含めた13の町内会で組織され、連合町内会によると、今年4月1日にウトロ問題の委員会を設立した。委員はウトロ町内会と隣接する町内会のメンバーなど6人で構成されている。

隣接する町内会のメンバーとやらの最近の言動は「運動会や夏祭りなどを通じウトロ地区の住民との交流はあるが、住環境の改善では連携不足の面があった」などと完全に国土交通省と府、市でつくる「ウトロ地区住環境改善検討協議会」の手中に呑み込まれたようであり、更に「ウトロの住民らが地区の将来像を模索する中で、連合町内会としても「ウトロや周辺の問題の解決を」との声が上がるようになったと発言しており、伊勢田連合町内会の西川博司会長は「ウトロの住環境改善は伊勢田のまちづくりと切っても切れない。伊勢田全体で問題解決に協力したい」、ウトロ町内会側も「地域住民と一緒に解決策を考えていきたい」と血税によるウトロプロジェクトをゴリ押ししようと算段している。よって在特会・関西は莫大な血税を不法者に垂れ流す事は断固として許さない! 在日特権は許さない! という怒りから史上初ウトロ抗議デモ行進を慣行します。
―――――





「ふざけるな!朝鮮学校!」
「ふざけるな!ウトロの在日!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:立てよ国民 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.