正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201001
日本の恥!マスコミは支那に帰りたくても帰ることが出来ず、成田空港で1カ月篭城中の馮正虎のことを報道しない・欧米、香港、台湾メディアが連日取材、支那人も「帰国を許さないとは中国の恥だ」・帰らないカルデロンは報じるが、帰れない馮正虎さんを報じない日本のマスゴミ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




馮正虎

成田空港で1カ月篭城中の支那人~日本メディアが報道しない不思議

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1203&f=column_1203_003.shtml

成田空港で1カ月篭城中の中国人~日本メディアが報道しない不思議
【コラム】 V 2009/12/03(木) 18:35

  成田空港で約1カ月籠城中の人権活動家、馮正虎さんのことをご存じだろうか。

  馮さんは上海の陳情者への法律相談など地道な人権擁護活動を続けてきた人だ。天安門事件当時、民主化運動の武力弾圧を批判したことがある。今年2月、当局に41日間監禁されたのち、出国を条件に釈放された。

  とりあえず当局が神経を尖らしている天安門事件20周年(6月4日)が過ぎるまで、昔留学したことのある日本に滞在したが、そのあと帰国しようとしたら、中国の入国を拒否された。11月4日までに8回帰国を試みたが全部未遂におわった。馮さんはこれに抗議するため最後に上海から強制送還されたあと日本への入国を拒否し、成田空港第一ターミナル南ウイングの制限エリア内で籠城生活を始めたのだった。

  その生活ぶりがツイッターで発信され、Twitter(ツイッター)でこの抗議活動を知った世界中の人権活動家が支援を開始。欧米、香港、台湾メディアが連日取材しネットでも話題になっている。中国国内でツイッターは読めないが、在外華人がブログなどで転載し、中国人の間でも「馮さんの帰国を許さないとは、中国の恥だ」と応援する声が盛り上がっている。

  ところが日本は当事国なのに今ひとつ報道が少ない。せいぜい朝日新聞が夕刊で紙面を割いたぐらいだ。

  馮さんは成田空港記者クラブを対象に会見も開いたし、日本の記者から個別取材もたくさん受けたという。しかし記事の扱いは小さい。
どうしてか、と成田空港の広報に聞いてみたら「政治難民の問題など切り口が難しいんじゃないでしょうか」という。

  考えようによっては日本は被害者だ。中国の人権問題がたまたま日本で発生した。空港側としても、いわれなく一部施設を占拠され正直迷惑な話だろう。かといって強制排除すれば、批判をうけること間違いなし。

  これは日本が国際的な人権問題に対して、その国の内政としてあまりかかわってこなかったツケだと思う。しかし人的往来の頻繁な今、隣の国の人権問題が自国の問題にもなりうる。これを日中問題として公式に中国政府に善処するよう、日本政府はどうして強く求められないのだろうか。

  日本政府の対応も国際社会の目に広くさらされている。馮さんが病気になって倒れるまで座して待つ、というような態度だと、あとで恥をかくのではないだろうか。




>欧米、香港、台湾メディアが連日取材しネットでも話題になっている。中国国内でツイッターは読めないが、在外華人がブログなどで転載し、中国人の間でも「馮さんの帰国を許さないとは、中国の恥だ」と応援する声が盛り上がっている。
>ところが日本は当事国なのに今ひとつ報道が少ない。せいぜい朝日新聞が夕刊で紙面を割いたぐらいだ。
>馮さんは成田空港記者クラブを対象に会見も開いたし、日本の記者から個別取材もたくさん受けたという。しかし記事の扱いは小さい。



日本のマスコミの異常さが、良く分かるニュースだ。

支那に帰りたくても帰ることが出来ず、日本への入国を拒否し、成田空港で1カ月篭城中の馮正虎さんのことを、世界中のマスコミが報道している。

しかし、肝心の日本のマスコミは、全くと言って良いほど報道していない。

日本のマスコミは、日本に不法入国・不法滞在して帰らなくてはならないのに帰ろうとしないカルデロン一家のことを連日大々的に応援報道をしたが、支那に帰りたいのに帰ることが出来ないで成田空港で1カ月篭城している馮正虎さんを応援する報道はしない。

日本のマスコミが如何に支那に支配されているかを証明するような出来事であり、こうなると日本のマスコミは「日本の恥」だ。


それでも、かろうじて「朝日新聞が夕刊で紙面を割いた」というので調べたら、やはり朝日新聞だけは11月と12月に2回夕刊で報じている。

あとの、NHKや日テレやTBSやフジTVやテレビ朝日やテレ東や読売新聞や日経新聞や毎日新聞や産経新聞や東京新聞などは報道していない。

朝日新聞以外の日本メディアは、馮正虎が最初に支那に帰国しようとして入国拒否された6月に少し報じたのみで、その後支那に8回帰国を試みたが拒否され11月4日に日本に送り返されてからは成田空港で篭城して戦っていることは全く報道していない。

朝日新聞は既に取り返しのつかない過ちを散々犯してきたのでこの程度では絶対に免罪とならないが、これに関しては一応評価しておく。


http://www.asahi.com/national/update/1112/TKY200911120270.html

中国の人権活動家、成田の制限エリアで寝泊まり9日間
2009年11月12日19時39分

 天安門事件20周年にあわせて来日した上海の人権活動家、馮正虎(フォン・チョンフー)さん(55)が、中国当局に帰国を拒否されたことに抗議し、成田空港の入国手続き前の制限エリアで9日間にわたって寝泊まりを続けていることが12日、分かった。「中国当局に無理やり日本に戻された」として、日本への入国手続きを拒否。帰国実現への支援を訴えている。

 上海の民間の経済研究所長だった馮さんは、89年の天安門事件の際に、軍による民主化運動制圧に反対する声明を出して職を追われて以来、民主化や人権擁護の活動を続けている。

 今年2月に北京で当局に拘束された後、事件20周年の6月4日を過ぎるまで国外滞在することを条件に釈放。4月に来日し、天安門事件の抗議集会などに参加した。6月以来、8回帰国を試みたが、当局が拒否。今月3日にも上海の空港で入国を拒否され、4日に日本に送り返された。

 制限エリアは、空港の入国審査前と出国審査後に通る場所で、部外者の出入りや物品の持ち込みは許されない。馮さんは、持っていたビスケットを毎日2、3個ずつ食べ、エリア内にあるトイレの洗面所の水道水を飲んで飢えをしのいでいる。夜は並んだイスの上に横になり、旅行カバンを枕にして、体に上着をかけて寝ているという。「中国当局が帰国を認めるまで、空港にとどまる」と話す。

 馮さんは中国籍で、来年6月まで有効な日本の在留資格を持っている。入国するときは本人が自分の意思で上陸申請をする必要があり、入国管理局が強制的に入国させることはできないため、空港外に退去させることもできないという。東京入管成田空港支局は「入国するよう毎日説得を続けるしかないが、長期化すると健康状態への懸念も生じるため、正直言って困っている」と話している。



馮正虎


続く空港泊、1カ月に 中国に帰国拒否され成田へ 旅行客、食料手渡し
2009年12月3日、朝日新聞(夕刊)

 中国の人権活動家、馮正虎(フォンチョンフー)さん(55)が、中国当局に帰国を拒否されたことに抗議して、成田空港の入国手続き前の制限エリアで寝泊まりしている問題で、海外から馮さんのもとへ食料などの支援物資が続々と届けられている。3日で空港内にとどまってから1カ月になったが、「中国に帰り、社会的弱者のために力を尽くしたい。追放されて日本へ入国することは絶対に拒む」と訴えている。(山根祐作、鹿野幹男)

 馮さんが空港で寝泊まりを始めて10日ほどたったころから、欧米や中国、香港などの旅行客から、缶詰やビスケット、果物などの食料品や着替え、寝袋、洗面用具などの支援物資が次々に寄せられるようになった。1週間分の食料を届けるためだけに日帰りで来日した香港の人権活動家の女子大学生もいたという。制限エリアは、部外者の出入りや物品の持ち込みは許されないが、渡航客が入国手続き前に物品を他人に手渡すことについては明確な規制がない。

 支援の輪が広がったのは、海外メディアの報道やネット上での人権活動家らの呼びかけによる。11月17日付の英紙フィナンシャル・タイムズ(アジア版)は1面で馮さんを紹介。馮さんもミニブログ「ツイッター」で、空港での生活の様子を毎日報告している。

 馮さんは6月以来、8回帰国を試みたが、中国当局が拒否。海外の人権団体などが帰国の実現を訴えている。11月中旬には、国連難民高等弁務官事務所の担当者が訪れ、日本へ一時入国する「難民申請」の意思を確認したが、馮さんは「私には帰るべき祖国がある」として断った。

 東京入国管理局成田空港支局によると、入国は自分の意思で申請する必要がある。強制的に入国させることは許されないため、空港外に退去させることもできないという。「空港内に長期間とどまった人に他の渡航者が物品を渡すことは想定外で、対応に苦慮している」と話している。




>「中国に帰り、社会的弱者のために力を尽くしたい。追放されて日本へ入国することは絶対に拒む」と訴えている。


素晴らしい!

在日朝鮮人や在日支那人は、馮正虎を見習え!

日本に居ないで朝鮮半島や支那に帰って力を尽くせ!




>馮さんが空港で寝泊まりを始めて10日ほどたったころから、欧米や中国、香港などの旅行客から、缶詰やビスケット、果物などの食料品や着替え、寝袋、洗面用具などの支援物資が次々に寄せられるようになった。


日本ではテレビも新聞も報道していないため、日本人はこの出来事を知らず、日本人からは支援物資が寄せられていない。

馮正虎は、最初は持っていたビスケットを毎日2、3個ずつ食べ、エリア内にあるトイレの洗面所の水道水を飲んで飢えをしのいでいた。

夜は並んだイスの上に横になり、旅行カバンを枕にして、体に上着をかけて寝ていた。

「中国当局が帰国を認めるまで、空港にとどまる」と話す。

日本のマスコミは、このことを報道し、馮正虎が希望どおりに支那に帰れるようにしろ!

鳩山よ、友愛はどうした?

馮正虎





日中記者交換協定
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E4%B8%AD%E8%A8%98%E8%80%85%E4%BA%A4%E6%8F%9B%E5%8D%94%E5%AE%9A
日中記者交換協定(にっちゅうきしゃこうかんきょうてい)は、日中国交正常化以前に、日本と中国の間で取り交わされた、日中双方の記者を相互に常駐させる取り決めのこと。日中記者協定とも呼ばれる。正式名は「日中双方の新聞記者交換に関するメモ」。

すなわち、中国政府(中国共産党)に不利な言動を行わない・日中関係の妨げになる言動を行わない・台湾(中華民国)独立を肯定しないことが取り決められている。違反すると、記者が中国国内から追放される。これらの協定により、中国に対する正しい報道がなされていないと批判がある。



■動画
日本に中国批判を禁止【日中記者交換協定】


http://www.youtube.com/watch?v=TajPV6IC4bY
【動画の要旨】
1964年に締結された【日中記者交換協定】によって、日本政府は支那を敵視してはならず、日本のマスコミは支那の意に反する報道を行わないことと決められている。
支那共産党は、日本のマスコミを支那のプロパガンダ機関として利用している。
共産支那によるチベットや東トルキスタンや内モンゴルへの侵略や大虐殺について、日本のマスコミは報道できない。

また、工作員に向けて発せられた【日本解放第二期工作要綱】では、支那が日本を支配する手段として日本のマスコミを徹底的に利用する具体的方法を詳細に述べている。
支那共産党は、日本のテレビ局内部に工作員を送り、役員などを取り込んできた。





●日本の大手メディアが支那の宣伝工作員である分かり易い事例
―――――
「北京週報日本語版」2007年8月10日より抜粋

渡辺恒雄
日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである。
・・・
今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。

安倍氏は参議院選挙の後に引き続き首相でありつづけるが、私も彼に絶対に靖国神社に行ってはならないと進言しなければならない。

もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。

さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。


私は新しい首相ができるだけ早く中国を訪問するよう促し、そのほかに皇室メンバーの訪中を促し、皇太子が日中友好関係のためになることはよいことであり、それから胡錦涛主席の訪日を招請する。
―――――





「日本のマスコミと政治家は、日本の恥だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:テレビ・マスコミ・報道の問題 - ジャンル:ニュース

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.