FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201001
NHKに電凸!秀吉の朝鮮侵略・【ETV特集シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」第8回豊臣秀吉の朝鮮侵略】に抗議・秀吉軍の半数が朝鮮人だった事を隠蔽し、朝鮮人による女子供虐殺を日本人の仕業に演出・「倭乱」呼称を使用・李舜臣と亀船は最近の韓国の小説やドラマを垂れ流し
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




NHK豊臣秀吉の朝鮮侵略

11月29日(日)午後10時~11時29分、ボクシングの内藤vs亀田戦の後、NHK教育【ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」第8回 豊臣秀吉の朝鮮侵略】を見た。

この【ETV特集 シリーズ「日本と朝鮮半島2000年」】も、JAPANデビュー同様、最初から酷い捏造と虚偽のオンパレードだったが、今回もご多分にもれず酷かった。

今回はタイトルの【豊臣秀吉の朝鮮侵略】からして最初から完全に朝鮮目線だ。

ということで、NHKに抗議の電凸をした。

今回の電話の相手は、ひたすら私の抗議を聴くだけで、私が何を言っても「承りました。お伝えします。」を繰り返すだけだった。

私の電凸抗議内容は、主に次の4点。


―――――

番組タイトルの他、番組内でも盛んに【豊臣秀吉の朝鮮侵略】を強調したが、秀吉軍の半数が朝鮮人だったという絶対に欠かしてはならない重要な事実を全く説明しなかった。

実際には、秀吉軍は【虐げられた朝鮮民衆の解放軍】として迎え入れられ、秀吉軍の半数が朝鮮人だった。

番組では戦死したという女子供のドクロ(頭蓋骨)を引っ張り出して秀吉軍の虐殺を演出した。

しかし、朝鮮支配階級の女子供を殺害したのは、当時彼らに恨みを持って秀吉軍に参加した朝鮮人と考えるのが自然だ。

秀吉軍の半数が朝鮮人だったことを隠蔽し、頭蓋骨まで放映して秀吉軍による女子供を含めた大量殺害ばかりを強調したNHKの演出は悪質極まりない。

実際に大桃美代子は馬鹿だから、すぐに騙されて、「倭軍の行為がそこまでだったと思うとショックですね」などと言っていた。
大桃美代子




NHKアナウンサーの三宅民夫と女性ナレーターが、最初に「朝鮮では、壬辰倭乱(イムジンウェラン)と言われる。」と言った。

その後、ナレーションなどでずっと「イムジンウェラン」と言い続けた。

どうしてNHKが実態にそぐわない韓国の独善的な「壬辰倭乱(イムジンウェラン)」という呼称を朝鮮語で使用する必要があるのか?

「乱」とは、通常、支配されていた国や人が反乱を起こす武装蜂起などで用いる言葉だ。

しかしながら、日本は朝鮮に支配されていたわけではないから、「乱」と呼ぶのは不適切だ。

韓国の間違った「壬辰倭乱(イムジンウェラン)」という朝鮮語の呼称を、日本の公共放送が垂れ流して良いわけがなく、「文禄・慶長の役」と呼ばなければならない。
壬辰倭乱(イムジンウェラン)




番組では、インタビューに応えた韓国人(ハン・ミョンギ)が「満州」と何度も何度も発言している時に、何故か勝手に「東北地方」と訳して字幕にしていた。

実際には当時の支那大陸に「東北地方」など無かったのだから、韓国人(ハン・ミョンギ)の発言どおりに「満州」と訳して字幕にしないと、視聴者に大きな誤解を与えることになる。
満州を東北地方




番組では、李舜臣と亀船(亀甲船)について長々と説明していたが、朝鮮半島には亀船に関するマトモな資料は残っていない。

NHKは、亀船に関して、韓国の最近の小説やドラマを資料として扱って放送したが、韓国が最近作った小説やドラマが事実であるわけがなく、嘘っぱちの出鱈目を放送した。

最近の韓国人が作った亀船の復元図も模型も全て妄想の産物でしかないのに、NHKはそのような説明を一切付けないまま最近の韓国人の妄想を公共の電波を使って垂れ流した。
李舜臣ドラマ
―――――



以上の4点が番組を見て、後日、NHKに電凸して約15分間かけて抗議した主な内容だ。





以下に、その説明や根拠資料などを述べておく(①と④)。



初めに、①に関する説明と資料。

番組全体として、当時の朝鮮を独立国として扱おうとする傾向があったが、当時の朝鮮は明の属藩(属国)でしかなかった。

実際に番組でも、講和交渉は日本と明の間で行われ、朝鮮は参加しなかったことを取り上げていた。

講和交渉に参加しないのは、朝鮮が独立国ではなく、明の属藩(属国)に過ぎなかった何よりの証拠だ。


したがって、文禄の役でも、実際には当時の朝鮮の支配階級のみが明の支援を受けて秀吉軍と戦ったのであり、朝鮮民衆は逆に秀吉軍に参加して、明軍&朝鮮支配階級軍を相手に戦ったのだ。

朝鮮民衆が秀吉軍に参加して明軍&朝鮮支配階級軍を相手に戦った事実は、秀吉の朝鮮出兵について述べる際には欠かすことの出来ない重要事実なのだが、NHKはそのことについて全く説明しなかった。

秀吉軍は虐げられた朝鮮民衆の解放軍として迎え入れられた。

多数の朝鮮民衆が秀吉軍に従軍したため、秀吉軍の半数が朝鮮人だった。


――――――
「人心怨叛し、倭と同心」
「賊兵の数、半ばは我国人というが、然るか」
『宣祖実録』


「倭奴幾ばくもなし、半ばは叛民、極めて寒心すべし」
『鶴峯集』金誠一


日本軍は朝鮮上陸後わずか二十日間で首都漢城を占領した。
快進撃の背景には日本軍を解放軍として迎えた朝鮮民衆の支援もあったのだ。
『秀吉が勝てなかった朝鮮武将』貫井正之


景福宮などの焼失は、大部分の韓国の観光案内板によれば、「壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の兵によるもの」と書かれているが、それは嘘だ。
李恒福の『白沙集』によれば、秀吉軍の入城前にはすでに灰燼となっていた。
それは、民衆が兵乱と聞けばすぐに蜂起して、宮廷を襲い略奪したからだ。
ことに奴婢は、秀吉軍を解放軍として迎え、奴婢の身分台帳を保管していた掌隷院に火を放った。
それが歴史の史実だ。
『龍を気取る中国 虎の威を借る韓国』黄文雄


『宣祖実録』によれば、「人心怨叛し、倭と同心」するような社会状況の中で、明軍が朝鮮軍支援にかけつけてみると、「斬る所の首級半ば皆朝鮮の民」といったふうだったという。
また、江戸時代末期に日本で書かれた『征韓偉略』によれば、秀吉の軍隊が京城に入城した時、兵士の半ばは朝鮮の民であったという。
また、韓国の教科書には「文化財の被害も大きかった。景福宮が焼け、実録を保管した書庫が消失した」と書かれているが、火をつけたのは朝鮮の民であり、秀吉の軍隊が京城に入る前に、既にそれらの建物は焼け落ちていたのである。
宣祖の京城脱出と同時に、日頃から怨念を抱いていた民衆が略奪・放火をほしいままにしたのであり、「虐げられた朝鮮の民衆にとって、外敵の侵入はまさに解放軍の到来と映った」との指摘すらある。
『日韓・歴史克服への道』下條正男
――――――


すなわち、「朝鮮の支配勢力(第14代宣祖王とその取巻き両班・軍隊)=明の手先勢力」の圧政から開放を願っていた当時の朝鮮民衆が、支配をアジア広域に広げようとした秀吉の政策と利害が一致し利用した。

よって、倭軍と朝鮮人の連合軍が、明軍と戦ったというのが史実だ。

秀吉軍の半数は朝鮮民衆であり、明軍(一部は明の手下の朝鮮人)と戦ったのだ。

ところが、NHKは、朝鮮民衆から「解放軍」として歓迎された秀吉軍のことをひたすら「侵略軍」として扱い、秀吉軍の半数が朝鮮人だった事実を隠蔽した。

更に、文禄の役で戦死したという女子供のドクロ(頭蓋骨)を引っ張り出して、秀吉軍の虐殺を演出した。

朝鮮支配階級に恨みを持っていたのは、秀吉軍の日本兵というより朝鮮民衆参戦者と考えるのが自然であり、秀吉軍に投降せずに最後まで抵抗して戦死した女子供らは、秀吉軍の日本兵に殺されたのではなく、朝鮮人参戦者たちに殺されたと考えるべきだ。

秀吉軍の半数が朝鮮人だったことを隠蔽し、頭蓋骨まで放映して秀吉軍による女子供を含めた大量殺害ばかりを強調したNHKの演出は悪質極まりない。

頭蓋骨




②と③に関しては、特にこれ以上の説明や資料提示の必要はないと思う。




よって、あとは④の李舜臣と亀船について。

李舜臣

NHKは、李舜臣と亀船について長々と説明していたが、朝鮮半島には亀船に関するマトモな資料は残っていない。

NHKは、亀船に関して、韓国の最近の小説やドラマを資料として扱って放送したが、韓国が最近作った小説やドラマが事実であるわけがなく、嘘っぱちの出鱈目を垂れ流した。

最近の韓国人が作った亀船の復元図も模型も全て妄想の産物でしかないのに、NHKはそのような説明を一切付けないまま最近の韓国人の妄想を公共の電波を使って垂れ流したのだ。

亀船のミサイルか


こんなことをして恥ずかいと思わないNHKは、視聴者に受信料を請求する資格など全くない。

今でもNHKに受信料を払い続けている人は、すぐに受信契約を解約するべきだ。

―――――
☆☆☆ NHK解約祭り開催中! 50円でNHKを解約する方法 ☆☆☆

・ステップ1
 はがきに宛先「〒157-8530 NHK事務センター」と書こう!

・ステップ2
 1~8を裏面に書いてね
 ① 放送受信機廃止届
 ② 平成○年○月○日に受信設備撤廃(昔の日付でもOK)
 ③ 住所
 ④ 氏名
 ⑤ 電話番号
 ⑥ お客様番号(不明なら未記入でOK)
 ⑦ 印鑑
 ⑧ 返金請求「○月分として支払った金額○○円は郵便為替にて返却すること」
  (廃止月の受信料は全額返金されるよ)

・ステップ3
 ポストに入れ込もう!
 ※NHKがはがきを無視する例があるので、簡易書留(300円)だと更に良し
―――――




以下は、ブログ『こりあうぉっちんぐ』と『ウィキペディア(Wikipedia)』からの引用。

―――――
http://tosi.iza.ne.jp/blog/entry/414501/

 先日エントリした鎮海の海軍士官学校に係留されている亀甲船の復元、とされているものは下記の画像です。

亀船

 何せ史料が全く無いといってもいいものですから想像上の産物でしかないんですが(笑)。朝鮮流復元とでも申しましょうか。
 だいたい世界初の鉄甲船というのが間違いなんですが。すでに織田信長が造らせていましたからね。

 私も何度か書きましたし、エンコリでも完膚なきまでに論破されつくしているんですが、李舜臣といえども韓国にとっては貴重な英雄ですからね。
 日本には掃いて捨てるほどいるレベルでしかないけど、韓国では小学校には必ず銅像がある、というくらいです。昔、左翼がクビをちょん切ったことがあったと思いましたが。

 亀船については捏造以外の史料はないんですが、海からの引揚げも捏造の塊でしてね。
 以前、現役の海軍大佐が海から亀船の大砲と称するものを引揚げまして、政府はろくな調査もせずに国宝に指定したんですが、その大砲なるものは大佐が鋳造させてあらかじめ沈めておいたものであったというお粗末。

 つまり亀船には船そのものも艤装その他も全く史料が残っていないんです。ヒデヨシの水軍に大打撃を与えた、と現代の韓国人は信じ込んでいますが、日本の上陸軍はほとんど抵抗も受けずに上陸し、引揚げているんですが(笑)。

 おまけに日本の名のある武将は一人も戦死していませんが、李舜臣は戦死していますしね。ネルソンも戦死したけど、あれはフランス艦隊に大打撃を与えた後ですからね。
 もちろんネルソンといえども東郷提督の功績には及びませんが。

 李舜臣と亀船が日本に対する数少ない誇りであることは理解しますが、その誇りも捏造と歪曲で造られたもの、というのはいかにも韓国らしいですね。
―――――




『ウィキペディア(Wikipedia)』より

架空の亀甲船

亀甲船は日本軍の唐入りの際、朝鮮半島を攻略する日本海軍を迎撃する為に用いられた艦であるとされる事から朝鮮人の関心が高く、当時の朝鮮海軍の動向と共に韓国国内で研究の対象となっている。しかしながら、それらの研究は現実離れした結論が出されている事が多く「亀甲船は世界初の装甲艦である」「日本海軍を撃破した」等、史実とは明らかに異なる研究結果が韓国人学者から発表される傾向にある。現在、復元され韓国の鎮海に展示されている亀甲船はこれら架空の設定を反映した装甲艦であり、設計した人物が史書の「李忠武公全書」にある約700字程度の記述と絵図を現代の造船学に当てはめて無理矢理解釈したものである事から、実在した亀甲船とは大きく異なる軍艦であると思わる。


現実の亀甲船

現実の亀甲船は木造船の一種で手漕ぎの突撃艇であると推測され、史書の「李忠武公全書」に装甲艦であると指摘できる記述が存在しない事から装甲艦とは見なされない。






「ふざけんな!NHK!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.