正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200911<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201001
NHKに半藤一利らに抗議する文書を郵送した・「日米開戦を語る 海軍はなぜ過ったのか~400時間の証言より~」で反日左翼の半藤一利,澤地久枝,戸高一成らが日本の無能ぶりや皇族批判を言いたい放題・【石油禁輸=経済封鎖=戦争行為】は海軍のシナリオどおり?アホか?
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




「日米開戦を語る 海軍はなぜ過ったのか~400時間の証言より~」
「日米開戦を語る 海軍はなぜ過ったのか~400時間の証言より~」

相変わらずNHKは、反日左翼丸出しの番組作りに励んでいる。

NHKが2009年12月 7日(月)午後10:00~午後11:15(75分)に放送した「日米開戦を語る 海軍はなぜ過ったのか~400時間の証言より~」を見た。

主な出演者は、半藤一利,澤地久枝,戸高一成の3人で、NHK取材デスクの小貫武という奴も口出しする。

この番組は、日本海軍中堅幹部などが戦後35年経った昭和55年から12年間継続して行った「海軍反省会」の録音テープからNHKの意に沿う部分を抜き出して、当時の日本を悪者に仕立て上げるという狡猾な手法をとっている。

既に、NHKは2009年8月9日、10日、11日に3日間にわたって「日本海軍400時間の証言」と題して「海軍反省会」に関する放送をしたが、今回は、反日左翼の半藤一利や澤地久枝などを出演させ、更にはっきりと戦前・戦中の日本の無能ぶりや皇族批判をアピールしようという意図が見え見えだった。

NHKにとって都合の良い反日左翼連中が、400時間に及ぶ「海軍反省会」の録音テープの中から彼らに都合の良い部分に関して言いたい放題言っていた。

見ていて腹立たしいことこの上なかったので、抗議文書を作成し、郵送した。


半藤
戸高一成
澤地久枝
小貫武



━━━━━━━━━━━━━━━━━
〒150-8001
NHK放送センター
「日米開戦を語る 海軍はなぜ過ったのか~400時間の証言より~」行

━━━━━━━━━━━━━━━━━
拝啓

2009年12月 7日(月)午後10:00~午後11:15(75分)に放送した「日米開戦を語る 海軍はなぜ過ったのか~400時間の証言より~」を視聴しました。


まず、番組最初の方で、「(海軍の)組織の利益を優先した結果、開戦が避けられなくなった。」と述べました。

その後、更に、澤地久枝氏は、「戦争を面子や競争で始めた人たちは、最悪の事態を全然考えていない。戦争で犠牲になって惨めな死に方をした人たちのことを全然考えていなかった。」と発言しました。

開戦が避けらなくなった原因は、日本海軍が組織を優先したからではないし、大東亜戦争は、海軍の面子や競争によって始められたわけでもありません。


米英蘭が日本に対して石油を売らなくなったことで戦争は始まっていたのです。

【石油禁輸=経済封鎖】は、「経済制裁」のような生ぬるいものではなく、既に【戦争行為】なのです。

番組では「戦争によって日本人だけでも310万人が犠牲になった」と強調していましたが、【石油禁輸=経済封鎖】は既に【戦争状態】に突入していたことを認識しなければなりません。

もしも日本が開戦をせずに、石油が枯渇したり、「ハル・ノート」に従って満州国や支那の権益を全て放棄して全員が日本列島に引き揚げたりしていたら、戦争をしたよりも遥かに多くの犠牲者が餓死などによって出た可能性が高かったのです。

ですから、当時の日本としては、開戦が犠牲者数を最小化する最善策だったのです。

大東亜戦争の日本人犠牲者数は310万人といいますが、開戦をしなければ1000万人以上の日本人が犠牲となったのではないでしょうか。

【石油禁輸=経済封鎖=戦争行為】ということを理解していない者が世の中には多過ぎます。



次に、澤地久枝氏は、「日本は陸上では侵略行為をやっていたけど、海軍は戦争体験のない戦争を知らない人たちだった。」と言っていました。

だったら、アメリカ海軍は、日本海軍と違って戦争体験があったのですか?

更に、日本による陸上での侵略行為って何ですか?

支那事変は、支那共産党が盧溝橋事件を起こし、支那軍が停戦協定を何度も繰り返し破って継続・拡大した戦争です。
盧溝橋事件の約3週間後には、支那保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺しました(通州事件)。
更に2週間後、支那軍は数十万人という大軍で上海の国際租界の日本人居留区を包囲攻撃しました。
支那軍機は上海市街地のホテルやデパートを爆撃して民間人や外国人を大量に殺害しました。

その後も支那は、日本が提出した和平案をことごとく蹴り、戦争を継続し、支那人民を虐め抜きました。

支那が戦争を始めて、日本が何度も何度も「やめよう。やめよう。」と言ったのに、支那がそれを無視して戦争を継続・拡大して暴虐の限りを尽くした戦争なのですから、日本にとっては自衛戦争以外の何ものでもありません。



また、海軍は第一委員会(軍令部の作戦課で構成)を作り、そこで、「アメリカやイギリスから日本への石油の輸入が禁止された場合、武力行使し、資源を確保する」と定めていました。

既述したように、【石油禁輸=経済封鎖=戦争行為】ですし、実際に当時の日本に石油がなくなれば犠牲者数は何百万人・何千万人に上ったか分からないので、これは至極当然の作戦に過ぎません。

にもかからず、NHK取材デスクの小貫武氏は、「その後の日本は、まるで第一委員会のシナリオをなぞるように開戦へと向かって行きました。」と語り、まるで、日本海軍がシナリオを書いて、その通りに実行したような言い方でした。

そして、海軍の第一委員会が南部仏印進駐を政策遂行し、米国が石油禁輸を行ったことに触れると、澤地久枝氏は「それが開戦の条件とその前に決まっているから。」と言い、戸高一成氏も「シナリオどおりですね」と発言しました。

澤地久枝氏や戸高一成氏の言い分だと、日本海軍が米英蘭と開戦したいから、米英に石油禁輸させようとして南部仏印に進駐したことになりますが、酷い妄想です。

仏印進駐は、日本が仏印政府と交渉して平和裏に行ったものであり、日本がフランスの了承を得てフランス領に進駐すると、アメリカなどが日本に【石油禁輸=経済封鎖=戦争行為】を仕掛けるというのは全く筋が通りません。

実際にはイギリスなどが仏印経由やビルマ経由の援蒋ルートで蒋介石に武器などを援助していたため、日本の仏印進駐によってイギリスなどが蒋介石への武器援助をやり難くなって逆切れしたに過ぎません。



話を半藤一利氏に移します。

半藤一利氏は、「『犠牲者の上に戦後日本は出来た』などと盛んに言われたが、その犠牲者のことを本当に日本人が思っているかというと、僕は思っていないと思うんですよね。」と発言しました。

私は、非常に思い込みの激しい独善的な発言だと感じました。


また、半藤一利氏は、「おじいさんたちが作った近代日本を、選択を誤っために滅ぼした。」と発言しましたが、それではいったい日本はどのような選択をすれば良かったのですか?

既述したように、日本は特に悪い事をしていなかったにもかかわらず、米英蘭3カ国によって【石油禁輸=経済封鎖=戦争行為】に遭いました。

そのときの日本の選択として何が最善だったのかを具体的に述べず、ただ「選択を誤って滅ぼした」という発言は無責任です。


それから、半藤一利氏は、「最近、戦争が物語になってきた。事実を知ってほしいから、俺は一所懸命やっている。物語の昭和史は要らない。」と発言しました。

しかし、半藤一利氏は、著書で多くの嘘出鱈目を書いています。

半藤一利氏が、日本を悪者にするために、いかに事実を隠蔽して虚偽を述べたり、荒唐無稽な論理を述べたりしているかは、小田洋太郎・田端元共著『ノモンハン事件の真相と戦果――ソ連軍撃破の記録―』(有朋書院、2002年)で詳しく説明されていますので次に引用します。


 半藤一利氏「ノモンハンの夏」(34頁)は、日満議定書で『これには二つの密約がしかも公然と結ばれていた。1つは満州国居留日本人諸権利の確認尊重であるが、重要なのは第二条である。「日本国および満州国は締約国の地方の安寧および治安に対する一切の脅威は、同時に締約国の他方の安寧および存立に関する脅威たるの事実を確認し、両国共同して国家の防衛に当るべきと約す。これがため、所要の日本国軍は満州国内に駐屯するべきとする」要するに、満州国を侵すものは日本帝国を侵すものにひとしい、であるから関東軍が満州防衛をひきうけると謳いあげた密約である』と記し、「2つの密約」として、日本と、関東軍の陰謀と批難の口調だが、当時の満州国が十分な戦力を持たなかったのは明らかで、日本が防衛を行うのも建国の状況から当然のなり行きである。

「公然たる密約」とは意味不明で、公然では密約にはならない。親密の意味に捕らえたのであろうか。これは密約どころではなく、公然と議定書に書き、官報で公布し周知せしめて満州国を守ったものである。後の条約集にも記載されており、また、当時の朝日新聞9月15日号に「一切の権益を確認し、共同防衛を約す」と大見出しに出ている。

 どの国との共同防衛条約でも、趣旨は、「その国への侵犯は共同防衛国への侵犯への侵犯とみなすとして軍事援助をする」と言うもので、それでないと共同防衛条約にならない。「謳いあげた密約」などは、悪意に解釈するもので、不当である。ソ連などは共同防衛条約を結んだ上、自ら事件を起こして条約違反を口実に侵略する悪辣さである。

 また、半藤氏の「侵されても侵さない」(37頁)などの方針の存在は疑問である。

 「侵されても侵さない」方針を変更して、「満ソ国境処理要綱を作った」として、同書44頁に「ソ軍の不法行為にたいしては周到なる準備のもとに徹底的にこれを贋懲し、ソ軍を慴伏せしめその野望を初動において封殺破摧す」と、引用してあるが、この引用文には、「一、軍は侵さず、侵さしめざるを満州防衛の根本基調とす之が為満ソ国境上におけるソ連軍の不法行為にたいしては(以下略)」という、最初の重要な部分を抜かしているのは作為的に誤解へ誘導するものであり、原文改竄である。

 また、「挑戦的な満ソ国境処理要綱」といい、これを「侵されても侵さないという、従来の方針に背く、断じて侵させない」と、するものだった。と説明しているが、これも問題である。

 ノモンハン戦開始以後の6月29日に大陸指四一九号で国境外への飛行制限が指達され、この時、大陸命第三二〇号で、関東軍は越境したソ蒙軍を必ずしも撃破、撃退しなくても良い事になったもので「侵されても侵さない」などの方針が「満ソ国境処理要綱」以前にあったか疑問であるが、一方、この要綱を半藤氏は、自ら「昭和8年5月6日付けで配布された『極秘対ソ戦闘要綱』から一歩も外に出ていない」と記し、新たな挑戦的なものでないことを認める矛盾を書いている(45頁)。また、これは、「侵されても侵さない」の方針の存在を氏自ら否定される意味であり、氏の思考は分裂している。

 三木秀雄教授は、昭和天皇は「満州国境を厳守せよと大命を下してあった」から「侵入ソ連兵との交戦は理由のあることであった」(昭和天皇独白録――文芸春秋社)とあり、従って、満ソ国境紛争処理要綱は中央の認めたもので関東軍の独走ではない(「ノモンハン・ハルハ河戦争、シンポジウム」49頁 原書房1992年)と述べ、「侵されても侵さない」方針などない事が分かる。

P25-26


8月20日からの、フイ高地の攻防
・・・、8月20日から25日までの戦死者は182名、行方不明21名だから、これらを除けば、部隊としての生存者は556名になる。

 この戦闘に関して、半藤一利氏(「ノモンハンの夏」)は、ソ連側はフイ高地で日本兵「600以上の将兵の死体を壕から引き出された」という。と、書き、実際の日本兵士の戦死182名を指摘しないのは問題である。さらに「悲惨をいくら強調しても強調しすぎることはないであろう」と、述べているが、戦死・行方不明合計203名を悲惨とは思っていないのである。戦史を書くのではないと遁辞を述べているが、小説だからと、悲惨を強調する為に事実を隠蔽するのはモラルに反する。五味川氏のフイ高地の脱出者は68名とあるのは捜索第1中隊のみの数字で、配属された部隊の脱出者を無視したものである。次いでながら、半藤氏の「(張鼓峰で)日本軍は叩かれぱなしの手ひどい損害を蒙る」「ノモンハンの夏」(37頁)とか、日本の戦車は「対戦車戦能力はゼロの火砲」(183頁)などは事実の基本的調査を全く行っていない間違いがある。

P41


 半藤一利氏は、「酒井大佐は負傷後送され病院で責任をせまられて9月15日朝にチチハルの病院で自決した」、「岡本大佐は、東京の第一陸軍病院で負傷入院加療中に、15年5月に精神錯乱で入院中の将校に斬殺された。もちろんノモンハンでの敗戦責任がからんでいる」とあるが、荒唐無稽としか言えない論理で、敗戦責任なら荻州軍司令官や小松原師団長がとるべきであるのは論じるまでもなく、事実、退役になった。

 小松原師団長も荻州軍司令官も、酒井連隊長は負傷したから後任を求めたもので、ノモンハンで唯一の部隊感状を受けた酒井大佐にはその経験を生かすべく、学校への栄転を考慮しており、懲罰など考えられない。慰労的転任を処罰と歪曲する須見氏とそれを無批判に引用する姿勢が問題である。

 酒井連隊長の遺書の一部が関東軍1に掲載されているが、「ハイラル入院中何回も自決を考えたが、反撃準備中の自決は士気に悪影響があり、部隊の名誉にもかかわるので、いままで自決しなかった。今回、チチハルに移送されハイラルより影響はないと思うから(要旨)」と、あり、以前からの計画だったのは明瞭であり、それまで自決しなかった理由も明白であるにも拘わらず、自決強制と飛躍したのである。

P58

小田洋太郎・田端元共著『ノモンハン事件の真相と戦果――ソ連軍撃破の記録―』(有朋書院、2002年)



このように半藤一利氏は、ノモンハン事件に関する記述だけでも、これだけの矛盾、原文改竄、事実隠蔽、虚偽、荒唐無稽な論理があるのですから、全体ではどれだけの嘘出鱈目を書いているか分かったものではありません。

NHKの番組に出演する人選は非常に偏っています。

当該番組では、半藤一利氏,澤地久枝氏,戸高一成氏の3人が出演しましたが、全員が日本海軍など日本内部に開戦責任者を見出そうとする人たちばかりでした。

実際に悪かったのは米英蘭支ソなどであって、日本は悪くなかったし、開戦責任も日本側ではなく、米英蘭支ソなどの側にありました。

そして、そういう考え方をする有識者も多数いるのですから、今後はそういう人たちも多数出演させるべきです。

以上、ご回答よろしくお願い申し上げます。

敬具


〒1●●-0●●● 東京都●●区●●7-●-●
 ●●●●

━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━


半藤一利
ノモンハン事件




今でもNHKに受信料を払っている人には受信契約の解約をお奨めしたい。


尚、日本の対米英蘭開戦が不可避であり最善策だったとする根拠は、先日、当ブログの12月7日付記事で詳しく説明した。


真珠湾攻撃=自存自衛の戦いの口火
私たちは忘れない!
米国の侵略と対日嫌がらせの歴史、パールハーバーへの謀略
1924年「絶対的排日移民法」、1941年8月1日「対日石油全面禁輸」、東條内閣の和平努力など
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3663.html



また、今回、仏印進駐についていろいろと述べたが、仏印進駐についてはYahooブログの2007/12/4(火)付記事で詳しく説明してあるので、関心のある方はご覧頂きたい。

責任なし47 仏印進駐
【フランス領インドシナ進駐】
北部仏印、南部仏印進駐、援蒋ルートの遮断のまとめ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/28091945.html


南部仏印進駐





「ふざけんな!NHK!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

>>続きを読む

テーマ:NHK - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.