正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
責任なし22 盧溝橋事件4 中国停戦協定破る・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

ブログ「おやじの独り言」の記事の地図には、永定河、壕、盧溝橋、苑平県城、一文字山、豊台などの位置が示されており、とても分かりやすいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/moai33jp/26208316.html






Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし22 盧溝橋事件4 中国停戦協定破る


これは「責任なし21 盧溝橋事件3 停戦交渉」の続きです。


 本交渉で協定案文の詰めが行われている最中、不測の事態を起こさせない為、軍を動かさないよう、中国側から申し入れが、10日午後4時にありました。

 ところが中国側は、その日の夕方、襲撃を掛けてきたのです。

 実は、申し入れより前すでに中国側は、夜襲を計画していました。

 埼玉県の海軍受信所は7月10日(土)午後2時、北京の米海軍武官から米本土にあてた
 「信頼スベキ情報ニヨレバ、第29軍、宋哲元麾下ノ一部将兵ハ現地協定ニアキタラズ、今夜7時ヲ期シ、日本軍に対シ攻撃ヲ開始スルコトアルベシ」
という電報を傍受しました。

 この情報はすぐさま、陸軍省に伝えられましたが、陸軍側は「何かのデマだろう、現地協定ができている以上、そんな事はある筈がない」と取り合いませんでした。
 ところが、実際、襲撃してきたのです。
 日本人は、つくづくお人好しです。

‐‐‐‐

 停戦協定が調印されて、日本人は安心しましたが、それは甘い考えでした。
 翌々日の13日には中国兵が大紅門で、移動中の日本軍トラック二台に手榴弾を投げ込み全員を爆死させました。

 ドーンという音を聞いた笠井顧問と周参謀は現場を見に行きましたが、そこは惨憺たる状態でした。
 そこへ中国軍の営長が四、五人の部下をつれて通り掛ったので、周参謀は呼び止めて 「これは、お前の部下がやったのか」と聞くと
「ハイ、そうです。ちょうどこの付近を警備していた私の部下がやっつけたんです」と得意満面に答えたのです。
 周参謀は声を荒げて「とんでもない事をしてくれた。…」と張師長の命令書を見せました。
 とたんに営長の顔色が変わりました。

 ここで笠井顧問は「日本軍が今日ここを通ったのは、豊台に移動するのが目的で、あなたの部下と戦争する為ではありません。今後もこの付近を通るでしょうが、師長の命令にある通り、今後こういう事をしてはいけません」と注意しました。

 この事件でトラックに乗っていた日本兵は肉片と化しましたが、日本側は厳しい注文をつけませんでした。

注文は

一、破壊自動車後片付けに対する援助
ニ、日本軍通過部隊に対する安全保障

だけです。
日本側は、これほどまでに中国側に気を使っていたのです。

‐‐‐‐

 そうした所、今度は、団河付近で騎馬兵が殺されました。
 14日、天津騎兵隊は通州を通過して豊台に向かっていたのですが、大紅門事件の事を聞いてましたので不測の事態を避ける為、迂回していたのです。

 主力は無事豊台に着きましたが、二人ほど、落鉄のため部隊から遅れ馬をひいて歩いていると中国兵に出くわし、機銃攻撃をうけました。近藤二等兵はその場に撃ち倒され、大垣軍曹は高粱畑に逃げ込み、日が暮れてから、通州に歩いて戻りました。

 翌日、桜井顧問が現地に派遣され、営長の董少校と会見します。始めのうちは言を左右にしていましたが、営長室の片隅に立てかけてあった日本の四四式騎兵銃を見つけられ、白状しました。

 現場に行き死体の検証を行うと、二等兵は銃弾六発を身に受け即死、その後、青竜刀で頭を二つに割られ、脳漿がなくなっていました。その上、右脚も切り落とすという残酷な殺され方だったのです。

(以上、寺平忠輔著『盧溝橋事件』読売新聞社刊 昭和45年発行より抜粋要約引用)


 日本側は、戦闘を小競り合いで終わらせ、拡大しないように努力しているのに、中国側は、日本がルールを守って攻撃しないのを良い事に、一方的に攻撃をかけているのです。

 それだけでは、ありません。蒋介石は宋哲元に「日本軍は15日に総攻撃をかけてくるから戦闘態勢に入れ」と要求しました。誰の吹き込んだガセネタかは判りませんが、中国側の一方的な思い込みで、事態はますます悪い方へ進んでいきます。

 停戦協定を結んでも、攻撃を止めず撤退もせず、一向にルールを守ろうとしない中国に苛立ち、日本本土は、“中国懲らしめの為の軍を動員する必要があるのでは”と考えるようになります。

つづく










●関連記事

責任なし19 盧溝橋事件1 日本軍銃撃さる
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27071508.html
責任なし20 盧溝橋事件2 反撃開始
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27106227.html
責任なし21 盧溝橋事件3 停戦交渉
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27141197.html


盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)1
なぜ日本軍が支那の盧溝橋付近で演習をしていたのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22260211.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)2
「盧溝橋事件」とその後に続く日支全面戦争は支那共産党が計画的に行なった根拠
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22301264.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)3
8日四回目の銃撃で反撃開始・『盧溝橋事件』寺平忠輔著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22324391.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)4
毛沢東、周恩来、?小平、劉少奇(葛西純一)
「共産党が戦争を起こした!」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22327852.html








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

小沢が辞意撤回「恥をさらすようだが皆さんの意向を受けて、ぜひもう一度頑張りたい」・民主党は後継者問題でも人材不足が深刻・産経抄「こちらこそ、もうあなたに、疲れました」・小沢辞任表明に 街の声は


人材不足が深刻な民主党



<小沢代表辞意撤回>「また密室」の混乱劇
11月6日22時29分配信 毎日新聞

 突然の辞意表明で党内を混乱させた小沢一郎民主党代表は2日「恥をさらすようだが」として続投する意思を示した。しかし一喜一憂する議員たちを尻目に、党役員の説得を受け入れるまでの小沢氏の行動も「密室」の中だった。7月の参院選で民主党に投票した有権者からは、安堵(あんど)の声も聞かれた。

 午後9時、民主党本部で鳩山由紀夫幹事長は、終始こわ張った表情で口を開いた。記者は50人ほどに膨らんでいた。「今日は、小沢さんと話をし、続投をお願いしました」などと経緯を説明。「明日の議員総会で決意を力強く述べていただく場にしたい」とことばをつなぐ。「恥をさらした」などの小沢氏の言葉を紹介し、続投することを認めた。
(以下略)
――――――



――――――
<民主・小沢代表>辞意撤回「もう一度頑張りたい」
11月6日21時11分配信 毎日新聞

 民主党の小沢一郎代表は6日夜、鳩山由紀夫幹事長らに対し、辞意を撤回することを伝えた。鳩山氏らが続投を求める意見が党内の大勢を占めていることを伝え、改めて翻意を促したところ、小沢氏は「恥をさらすようだが皆さんの意向を受けて、ぜひもう一度頑張りたい」と慰留を受け入れる考えを表明した。4日から続いた小沢氏の辞意をめぐる混乱はひとまず決着がついた。ただ、党内には小沢氏への批判も強まっており求心力低下は必至。民主党が受けた痛手は大きく、当面の政局は与党主導が強まるとみられる。

 民主党は6日午前の常任幹事会で小沢氏に慰留を求める方針を全会一致で決定。さらに同日午後には当選回数別の会合を開き、所属議員から意見聴取し、慰留方針は大筋で容認された。

 これを受け、鳩山氏と菅直人代表代行、輿石東参院議員会長が同日夜、国会近くの小沢氏の個人事務所を訪問。常任幹事会の決定と当選回数別会合の議論を小沢氏に伝え、辞意の撤回を要請した。小沢氏はこれを受け入れ、7日午後に開かれる両院議員懇談会に出席し、辞意撤回を正式に表明する考えを示した。
(以下略)
――――――





いったい何だったのか?

それにしても、小沢が辞任した場合の後継者としては、菅直人か岡田克也が有力だったというから民主党の人材不足は深刻だ。

本当に碌な奴が居ない。

菅や岡田が代表ではとても次期衆院選は戦えないというのが民主党の連中の率直な思いだったのかもしれない。





――――――
【産経抄】11月6日

 小沢一郎様、4日の会見には本当に驚きました。あなたの民主党代表の辞任表明もさることながら、2日の福田康夫首相との党首会談でのやりとりは、事実なのでしょうか。

 ▼あなたの外交、安全保障の考え方は承知しています。「国連の平和活動は国家の主権である自衛権を超えたものです。したがって、国連の平和活動は、たとえそれが武力の行使を含むものであっても、日本国憲法に抵触しない」。月刊誌『世界』11月号に寄稿した論文の一節につきてますね。

 ▼このような極端な「国連至上主義」に、小欄はとてもついていけませんが、野党党首であるあなたがどんな主張をなさろうと自由です。問題は、福田首相がそれを受け入れたかのように、あなたが話していることです。日本の安全保障政策が、密室のなかで根本的に覆されそうになった、というのですか。事実なら日本の政治の軽薄さに、あぜんとするしかありません。

 ▼朝日新聞と日経新聞を除いたマスコミ批判も、よく理解できません。何をもって誹謗(ひぼう)中傷とされるのでしょう。少なくとも、小紙は複数の証言から、事実を追いかけてきました。取材を受けなかったといいますが、いつも拒否してきたのはそちらのほうでしょう。

 ▼8月のシーファー駐日米大使との会談や与謝野馨前官房長官との囲碁対局など、自分に都合のいい話題だけ報じればいいんだ。そう言わんばかりの態度は、あなたが例に挙げた「昭和前半の歴史」すなわち言論統制の時代を思い起こさせます。

 ▼それにしても、作っては壊しの20年、何度も政界をにぎわしてくれました。きのうの小紙によれば、あなたは周辺に「もう疲れたよ」と漏らしているそうですね。こちらこそ、もうあなたに、疲れました。
――――――



小沢辞任表明に 街の声は


小沢の辞任表明   当然20 辞めるべきでない30

大連立         支持15    支持しない 35

民主党に政権を とってほしい13  期待できない36





Click please!
くつろぐブログランキング(ビジネス・経済→政治)
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.