正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
責任なし34 揚子江啓開作戦・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

予め言っておきますが、今回の記事は、つなぎの記事なので内容的にはあまり面白くはありません。





Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし34 揚子江啓開作戦


これは「責任なし33 怪しい三光証言(上海~南京)」の続きです。


 この項目は最初、書くつもりなかったのですが、南京虐殺の証言に関連事項があるので入れました。

 南京攻略が本決まりになりますと、海軍としても南京に行かなければなりません。ところが、中国が揚子江のあちこちに閉塞線をつくり、機雷を浮かべていますので、簡単には行けません。そこで揚子江啓開作戦が始まります。

11月29日~12月7日までの活動は省略

12月8日、第二掃海隊はクーパーバンク西方の水路を啓開。
  スリーツリー北方設標中、天塩丸は前方江上に管制機雷の爆発2条を認めたので、敵トーチカを砲撃、
  同隊は19:00までに北水道南方水路を掃海、巫山・弧山の連結線以東の福姜沙海岸水路の掃海を完了した。

9日、二掃の間宮丸・天塩丸・雄基丸の三隻は、8日掃海した北方水面の掃海を08:30再開した。

ところが09:15雄基丸は
 巫山の330度4200m付近で触雷沈没、他の二隻は直ちに北岸の敵トーチカを攻撃、かつ、乗員の救助に任じた。

 この辺の掃海は一端停止、後で本格的にやることとした。

  一掃及び「勢多」、「江風」、「比良」は三江営陣前に交戦しつつ進出、三江営陣の敵は野砲及び小銃、機銃で攻撃、激戦 1時間、ほぼ同地を制圧したので「掃二、掃四号」を以って13:00から同陣地上下流約6キロにわたる間を掃海。

  この間、「勢多」は、亀山砲台の偵察を実施、2キロ付近に達した時、同砲台から突如砲撃を受け直ちに応戦。

 約90発の散弾を浴び、前檣、煙突に各一発命中弾を受け、一時避退した。

  同夜、各艦は三江営の下流6キロ付近に警泊、北岸の敵から2回猛射をうけた。

10日、15:00ごろ「比良・勢多」は三江営付近を制圧。「江風」は神川丸飛行機と協力して亀山砲台を制圧した。

11日、田村一掃司令は第一、第二小隊の掃海艇4隻を率いて09:00泊地発、主隊の前路を掃海。

  「保津・勢多・二見・熱海・比良」並びに一掃各艇は16:25泊地発、丹徒水道を探索しつつ遡江、都天廟狭水道付近に達するや、都天廟砲台及びその東方陣地から猛烈な射撃をうけた。

  これに対し16:30第24駆逐隊各艦は援護射撃を開始。各艦艇は弾雨の中掃海を続行、都天廟敷設線を突破、「勢多・保津」は焦山南水道を突破して鎮江に突入18:00桟橋に横付けした。

12日、前衛部隊、主力部隊の順に08:30追撃を開始。
  鎮江から下江してきた「保津・比良・勢多」と共に、都天廟砲台及び付近の残敵の猛射を反撃、かつ途中左岸一体の敵陣地密集部隊と交戦、これを撃破制圧しつつ全軍一丸となって砲台下を強行通過。

  「掃六・掃三号」は先頭部隊の「保津・勢多」と合同、12:30ごろ烏龍山閉塞線付近に到着し、掃海作業に移ったが、
 北岸の劉子口付近から野砲・機銃・小銃の猛射をうけた。

  この時「保津」は命中弾をうけ左舷機故障、掃六号は後部艦橋に、掃三号は艦長室水線付近に被弾し、負傷者発生のため一時避退し応急修理を行なった。

  15:30ごろ主隊が閉塞線付近に到着、第24駆逐隊並びに神川丸機及び二連空機は烏龍山砲台及び北岸陣地の砲爆撃を実施。

  同夜、23:00ころから諸岡少佐指揮の工作隊は安宅の高速艇に乗り、「勢多」援護下に閉塞線に接近し、閉塞船をつなぎとめていたワイヤーを切断、箱舟やジャンクを取り除き、約3時間後幅三百米の可航水路を啓開した。

13日、「勢多・保津」は霧の晴れるのを待って10:30抜錨、閉塞線を突破して劉子口野砲陣地からの猛射に反撃しつつ、烏龍山砲台及び水路を偵察しつつ引き返した。

 12:10近藤司令官は南京への進撃を下令した。
 12:30前衛隊、 15:15主隊の順に泊地発、縦陣列で閉塞線を突破し、南京に向けて進撃を開始した。

 この時、江上、江岸は敗走する敵大部隊、舟艇、筏で充満していた。各艦は、これに攻撃を加え、更に天河口・硫安工場付近の野砲陣地その他の抵抗を排除しつつ前進し、先頭の「保津・勢多」は15:40、主隊は17:00南京に突入した。

 第一掃海隊は、南京到着後直ちに泊地を掃海、浦口桟橋を確保。

 「保津」は南京到着後、「パネー号の救助に向かえ」との指令を受け、直ちに下関を出港、20:30開源碼頭に到着、パネー号の遭難者の救助にあたった。

 (海軍戦史叢書より抜粋要約引用)

 尚 揚子江の掃海は、この後4月までかかった。

つづく








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

外国人に指紋提供義務化・米に続き2カ国目・改正入管法、20日施行・在日韓国・朝鮮人ら特別永住者は対象外・韓国では17歳以上の全国民が両手のすべての指紋を登録することが義務付けられている

外国人に指紋提供義務化、ただ、在日韓国・朝鮮人ら特別永住者は対象外

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071120-00000005-jij-pol


外国人に指紋提供義務化=米に続き2カ国目-改正入管法、20日施行
11月19日17時1分配信 時事通信

 日本に入国する外国人に指紋採取と顔写真の撮影に応じることを義務付ける改正出入国管理・難民認定法が20日、施行される。テロリストの流入や強制退去処分を受けた者の再入国を防ぐのが主な目的。入国審査に際し、こうした措置を導入したのは米国に次いで2カ国目だ。
 空港などの審査窓口ではこれまで、出入国カードと旅券のチェックだけで入国を認めていた。改正法の施行により、これらに加え、外国人はカメラ付きの読み取り機に、両手の人さし指をかざして、指紋採取と顔写真を撮影することを求められる。入管当局はその情報を、国際指名手配犯や過去に不法滞在などで強制退去となった外国人らのブラックリストと照合。該当した場合や、指紋採取などを拒否すれば、入国を認めない。
ただ、在日韓国・朝鮮人ら特別永住者、外交官や国の招待者などは対象外とした。
――――――





>ただ、在日韓国・朝鮮人ら特別永住者、外交官や国の招待者などは対象外とした。



在日だけ差別するのはおかしいだろ。

在日朝鮮・韓国人ら特別永住者の指紋も採取しなければおかしい。

韓国では殺人やレイプや窃盗などが非常に多いため、満17歳以上の全国民は住民登録する際、両手のすべての指の10指紋を登録することが義務付けられている。

しかし、在日韓国人は韓国籍であるにもかかわらず、韓国に10指紋の登録をしていない。

更に、日本にとっては外国人であるにもかかわらず、やはり指紋を登録しない。

こんな馬鹿な話があって良いのか?!

どうして密入国や密航して来て日本に住みついた連中に限って指紋採取が免除されるのか?

ふざけるな!!







●在日こそが犯罪者の権化

平成16年国籍別日本国内の犯罪分析
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/20060310hanzai.html
日本人を100%とした場合の日本国内における犯罪者率比較
http://www.wafu.ne.jp/~gori/diary3/image/20060314-1.gif






指紋押捺拒否運動

在日朝鮮人は1947年5月に外国人登録されることになったが、
1.当初より外国人登録証の偽造・売買が多かった
2.韓国からの密入国が多かった
3.北朝鮮からの工作員潜入があった
という3点の状況から本人確認の一番確実な指紋が必要となり、1952年に指紋制度が実施された。

1980年代に在日朝鮮人で外国人登録証の指紋押捺を拒否する運動が盛んとなった。
指紋押捺は外国人登録法第14条に明記されている義務であり、拒否者には逮捕者が出るなどの緊張した状況になったものだった。
この問題は1990年5月の盧泰愚大統領の訪日の際に取り上げられて外交問題にまで発展し、最終的に1991年1月の海部首相訪韓時に調印された日韓覚書で2年以内の指紋廃止が決定し、拒否運動も終息した。
そしてこの1月より指紋廃止は施行された。







「在日の指紋も採取しろ!」と思った人はクリックよろしくお願いします
↓ ↓ ↓
人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

責任なし33 怪しい三光証言(上海~南京)・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし33 怪しい三光証言(上海~南京)


これは「責任なし32上海から南京へ」の続きです。


 上海から南京に到る途中で、松井軍司令官や他の将軍たちが三光作戦や虐殺の命令を出していたかのように言う証言がありますが、これは変です。

 松井大将は、日中友好協会の会長のような人で、常に「支那人を愛護せよ、労われ」と言っていた人です。
 この人がそんな命令出す筈がありません。

 松井大将は、11月11日、上海で外人記者団と会見した折
 「・・・抵抗は、果たして支那将兵の意志なりや・・・気の毒に耐えない・・・」
と言っています。

 これは、上海の南市攻撃の前で、一部の兵が中国軍を追って西へ動き始めた頃の話です。
 このころ、第十軍の第6師団は、上海派遣軍応援のため崑山に行かされました。

 この時の、証言に (秦郁彦著『南京事件』より引用)

 《一時、上海派遣軍へ編入され崑山へ進撃中の第6師団司令部へ、「女、子供にかかわらずシナ人はみな殺せ。家は全部焼け」という命令が届き、「こんなバカな命令があるか」と平岡副官が握り潰した》 (平松鷹史『郷土部隊奮戦史』)

 《筆者も当時第6師団歩兵第45連隊長だった竹下義晴氏から、“火の不始末を注意したところ、部下の大隊長から「中支を全部焼き払えと軍司令官が言ってるのを新連隊長は知らないのですか」と反問された”のを聞いた》 (従軍カメラマン河野公輝氏の回想『証言記録・三光作戦』)

と言うのがあります。

 これが南京で出てくると、「さもありなん」と思うでしょうが、これは、まだ上海戦です。
しかもこの頃、上海憲兵隊の塚本大尉が、崑山の花園アパートに下士官何人かと寝起きしていました(塚本誠著『ある情報将校の記録』)。

 しかし彼は、その様な現場を目撃していません。彼は、常に中国人擁護に回っていた人です。そんな事をされたら彼が黙っていません。彼の友人には松本重治氏がい、松本氏の友人にはティンパーレがいます。

 次に秦氏が『南京事件』に引用した証言に

 《国崎支隊の歩41連隊に従軍した宮下光盛一等兵は、杭州湾上陸時に「1、民家を発見したら全部焼却すること。2、老若男女を問わず人間を見たら射殺せよ」との命令を受けていたという》というのがあります。

 兵士が「従軍」という言い方も変ですが、それより前に、杭州湾上陸時に、その様な「命令」が出ていたという事自体が変です。 第十軍の目的は、上海派遣軍を助けて、上海を解放する事です。

 何で「皆殺し焼却」命令があるのでしょうか。この時点では、まだ南京攻撃の予定はありません。
 もし、この命令が事実なら、第十軍の通った後は、一面焼け野原で累々たる死体が転がってる筈です。

 しかし、そうはなっていません。
 第一、そうだったらティンパーレが黙ってないでしょう。彼は南京大虐殺の前に「杭州大虐殺」を書いた筈です。

 彼は「南京大虐殺」を書く時、ベイツから「南京だけではまずいから、他所も調べてくれ」と言われて調べたのですが、「上海・松江・嘉興に関しては、日本軍の暴行の証拠は見つからなかった」と報告しています。

 松江とは、国崎支隊が上陸してすぐ攻略した都市です。上記の証言が正しければ、松江は《皆殺しの焼け野原》になってなければなりません。国崎支隊は命令違反をしたのでしょうか。

 そして他の部隊も。なら、南京やその途中でもそうする筈ですが。
 次に、リリー・アベックは、『支那の革新』の中で《日本軍は、上海までは非の打ち所のない軍隊だった》風に書いています。

 また、第十軍司令官柳川中将は、11月17日に「南京追撃」の方針を示した際、次の様に訓示しました。
 「・・・窃に聞く所に拠れば、最も忌むべき婦女暴行・金品強奪の犯行、二、三に止まらずと謂う。
斯ては、集団の戦績を汚辱し、皇軍の威武を涜すものにして、まことに痛嘆に堪えず、隷下の将兵克く自動自戒し、軍規厳正、益々士気を励起し、各々、其の任務を邁進すべし」と

 「皆殺し焼却命令」を出している者が「婦女暴行・金品強奪」など気にするでしょうか。

 実にこの「皆殺し焼却命令」は不自然です。行なわれた形跡もありません。南京ではこの手の証言が通用しても、上海では通用しません。

つづく










●関連記事

南京虐殺は嘘 57・中帰連とホラ話「三光」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10329635.html



南京虐殺は嘘31 ベイツとティンパリー、嘘吐き宣伝工作員同士の音信
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/8120325.html



責任なし26 蒋介石が仕掛けた上海戦
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
大山中尉惨殺事件→包囲攻撃→上海市街爆撃。
(おまけ:松本重治の正体)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27316312.html

責任なし28 上海戦3 中国の嘘と呼応する人1
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27386515.html

続き★責任なし28 上海戦3 中国の嘘と呼応する人2
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
反日捏造野郎、都留文科大学教授、笠原十九司の捏造を暴く
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27417068.html

責任なし29 上海戦4 外国の加担
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27451117.html

責任なし30 上海戦5 中国和平を蹴る
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27488212.html

責任なし31 南京進撃への陰謀
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27518447.html

責任なし32 上海から南京へ
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27547891.html








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

拉致の家族会などが帰国・米紙に北のテロ支援国家指定解除反対の意見広告も・福田など日本の政治家が職務を怠るから国民がカネと労力を費やさざるを得ない・政治家は日本国民の生命と財産を守れ!核武装が必要だ!

北のテロ指定維持へ意見広告

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071118-00000924-san-soci


拉致の家族会帰国 米紙に指定解除反対の意見広告も
11月18日18時34分配信 産経新聞

 北朝鮮のテロ支援国家指定を解除しないよう働きかけるため訪米していた北朝鮮による拉致被害者の家族会と支援組織「救う会」、超党派国会議員の「拉致議連」が18日午後、帰国した。

 成田空港で会見した家族会副代表で田口八重子さん=拉致当時(22)=の兄、飯塚繁雄さん(69)は指定解除の動きについて「せっぱ詰まった状況」とし、解除の条件に拉致問題の解決を盛り込んだ法案を下院に提出した米国議員らと拉致議連の連携強化に期待を寄せた。

 家族会事務局長で増元るみ子さん=同(24)=の弟、照明さん(52)は、海外の拉致被害者の家族らと協力し、米国紙に解除に反対する意見広告を出す考えを明らかにした。
――――――





福田がアホ首相であり、日米首脳会談で言うべきことをきちんと言わなかったために、拉致被害者の家族たちが米国紙に北朝鮮のテロ支援指定国家解除に反対する意見広告を出さなければならない破目になった。

実に情けなく腹立たしい出来事だ。


これと似たような出来事は、今年慰安婦問題でも起こった。

日本の超党派国会議員有志や言論人グループなどが今年に6月14日付の米紙ワシントン・ポストに、慰安婦らが日本軍によって強制的に慰安婦にされたことを示す歴史文書は存在しないなどとする全面広告を出したことがあった。

平沼赳夫議員ら超党派の議員グループのほか、政治評論家の屋山太郎氏やジャーナリストの桜井よしこ氏ら言論人が賛同者として名を連ねていた。

これも、安倍前首相が、訪米して日米首脳会談などで無責任にも慰安婦に関する事実の主張を放棄してしまい、最後は逆に反省や謝罪をしてしまったことが原因だった。


首相がきちんとするべきことをしないから国民がカネや労力を費やして苦労しなければならなくなる。

これ以上、我が国首相には職務怠慢をしないでほしい。

政治家はちゃんと日本国民の生命と財産を守れ!





――――――
【産経抄】11月18日

 これなら夜中までビールを我慢することはなかった。福田康夫首相の初外遊の成果やいかに、と17日未明(日本時間)にワシントンで行われた首相とブッシュ米大統領の共同会見をテレビで見たが、途中でメモをとるのをやめた。心に響く言葉がなかったからだ。

 ▼確かにブッシュ大統領は、「拉致被害者や家族を決して忘れない」とリップサービスしてくれたが、北朝鮮のテロ支援国指定解除問題に触れなかった。肝心の福田首相も「拉致問題の前進がない以上、解除すべきではない」と一言あってしかるべきだったのに、何も言わなかった。

 ▼記者団は質問する機会も与えられず、テロ支援国解除をめぐるやりとりは秘密にされた。外務省は「米との申し合わせで紹介できない」と言い訳するが、よほど拉致被害者や国民に後ろ暗いところがあるのだろう。

 ▼この程度の情報公開すらできないようでは、秘密主義の一党独裁国家に笑われるが、笑い事ですまない事態が東シナ海で起きている。ガス田開発をめぐる日中交渉で、日本側が試掘を示唆すると、中国側は「そうなれば軍艦を出す」と言い出したそうだ。

 ▼穏やかに外交交渉をしている最中に、軍艦を持ち出すのは、帝国主義時代の砲艦外交そのものだが、中国だってバカじゃない。あれほど強固だった日米同盟にほころびが見え始めたからこその恫喝(どうかつ)だろう。

 ▼ほころびは、すぐ縫わねば大変なことになる。インド洋での補給活動再開は、日本の国益にとって一刻を争う問題となった。民主党は防衛省の疑惑解明が先だ、と難癖をつけるべきではない。疑惑解明と新テロ法案の審議は、休日返上で毎日、国会を開けば同時進行可能だ。党首が辞任を表明したのも日曜だったことだし。
――――――





拉致問題にせよ、東シナ海のガス田開発をめぐる日中交渉で支那が軍艦を出すと言い出した問題にせよ、やはり核武装していないことが大きなネックとなっている。

丸腰の市民がピストルを持ったヤクザと対等な交渉などできるわけがないのだ。

政治家はちゃんと日本国民の生命と財産を守れ!







●関連記事

日本政府は全力で救出してない
救出には核武装必要
「ひうらさんの思い出」
「軍艦を盾に賠償金を取った田村総領事」
支那人を相手に交渉するには強大な武力が必要
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21897381.html

慰安婦強制性否定の全面広告を日本の議員や言論人ら有志が米紙ワシントン・ポストに掲載
「事実」(THE FACTS)と題して強制性の否定や慰安婦の待遇などを述べる
櫻井よしこ・屋山太郎・平沼赳夫など
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21300035.html

拉致問題に何ら進展がないなら制裁を強化しろ!
「救う会」は追加制裁の断行を要請へ
まだまだ出来る制裁強化の具体策
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25836134.html

戦略的互恵関係は「名ばかり」
2国間懸案の東シナ海ガス田開発問題や人工衛星破壊実験問題で支那へ不信感
温家宝訪日など話し合いは無駄
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14096505.html







くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.