FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
責任なし20 盧溝橋事件2 反撃開始・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

ブログ「おやじの独り言」の記事の地図には、永定河、壕、盧溝橋、苑平県城、一文字山、豊台などの位置が、示されており、とても分かりやすいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/moai33jp/26208316.html






Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし20盧溝橋事件2 反撃開始


これは「責任なし19盧溝橋事件1 日本軍銃撃さる」の続きです。


 一木大隊長は攻撃の許可をとった後、スッキリした気持ちで戦闘準備をしようとすると、嫌な人間がやって来ました。桜井29軍顧問です。彼は事態を不拡大に揉み消してしまうからです。

 一木大隊長も不拡大なのですが、不拡大の意味が違っていました。桜井顧問の方は戦闘をせずに丸め込むことが最良と考えてるのですが、作戦部隊の方は「それでは駄目だ、中国人はガツンとやらなければ、増長して却って悪くなる」という考えだったのです。

 そこで、一木大隊長は桜井顧問に「今度という今度は断固やりますよ」というと、桜井顧問は「イヤ今度は止めやせん。ただちょっと貴方にお話しておかにゃならん事があるんです」と切り出しました。

 「ここに来る前、私は秦徳純に会いました。ところが先方は『城外には一兵も配置しておらん』と言うんです」
 「そんな事は絶対ありません。現に…」

 「まー、私の話を聞いて下さい。それでもし城外で銃声がしたと言うなら、それは29軍の兵士でなく匪賊かもしれん。便衣隊の仕業かも知れん。あるいは西瓜畑の番人が泥棒と間違えて撃ったかも知れない、と言ってるんです」。

 「そんな馬鹿な…」 
 「まー待って下さい。それからこうも言っとるんです。もしかしたら29軍の兵士かも知れない。だとしたら上司の命令を聞かないワカラズヤどもだから、攻撃しようと討伐しようと、日本側のご自由に、とこう言うんです」

 「へー」
 「そこで私の意見を申し上げますと、宛平県城には一般民衆も住んでいますから、どうかこの城だけは攻撃しないで下さい」

 「承知しました。宛平県城に対しては銃先を向けません。その代わり城外にいる匪賊か便衣隊か西瓜泥棒か判らんやつは攻撃します」
 「そうして下さい。じゃあ私は宛平県城に入りますから」と言って二人は別れました。

 宛平県城に軍使一行が入り、中国軍営長金振中と話している時に戦闘が始まりました。
 第四回目の銃撃を受けたので、これをきっかけに反撃を開始したのです。
 時に昭和12年7月8日午前5時30分


 このため、交渉は打ち切りとなり、軍使は人質状態になりました。
 寺平補佐官は、人質状態の間、一旦始まった戦闘をいかにして停止させるかを考えていました。

 そこで考えついたのが、永定河を挟んで兵を別けるという方法です。日本軍を東側に、中国軍を西側にです。近くにいたら撃ち合いを始めますので、鉄砲の弾の届かない、この位の距離が必要なのです。

 これを金振中に話すと「同感です、これが一番理想的な解決方法でしょう」と賛成しました。ところが「ただ私はこの地区の警備を任されています。私が西側に行くと、職場放棄で命令違反となります。従って私の一存では動けません」と言ったのです。

 そこで北京に行って、話しをつけることになりました。

‐‐‐‐

 一方、日本軍の方は、中島から反対岸まで進んでいました。この間、日本軍が相手していたのはれっきとした中国軍です。西瓜泥棒などではありません。

 戦闘が始まったとき、宛平県城の中国兵は日本軍に向かって発砲しました。桜井顧問が「撃つな」と言っても聞きません「仲間が殺されるのを黙って見ておれるか」と憤っていたのです。

 それなら最初から「外の兵は中国兵」と認めていれば、こんな事にはならなかったのに、最初から認めていれば、謝罪だけで済んだものを。なぜか中国は嘘をつくわけです。そして事態をややこしくさせます。


 憲兵分隊長赤藤少佐は竜王廟一帯の敵陣地を視察し情報資料を探索しました。

 下士官らしき死体があったので書類ぐらい持ってるかも知れないとポケットを探らせると、手帳が出てきました。そこには直系上官氏名がずらっと書いてあったのですが、その中に、一つ気になる事が書いてありました。

 「諸情報を総合するに、日本軍は最近の機会において、演習の名目の下に宛平県城を奪取する企図を抱いているようである。
 この情勢はここ数日来、とくに緊迫したものが感ぜられる。
 該地の警備に任ずる部隊は、昼夜間断なく至厳なる警戒を実行し、防務の完璧に最善の努力を傾倒する事が肝要である」

 こんな訓示が出てるもんだから、にわかに堤防上の陣地を強化したり、夜間、配備についたりして、こんな事になったのか、と赤藤少佐は理解しました。

つづく










●関連記事

責任なし19 盧溝橋事件1 日本軍銃撃さる
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27071508.html


盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)1
なぜ日本軍が支那の盧溝橋付近で演習をしていたのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22260211.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)2
「盧溝橋事件」とその後に続く日支全面戦争は支那共産党が計画的に行なった根拠
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22301264.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)3
8日四回目の銃撃で反撃開始・『盧溝橋事件』寺平忠輔著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22324391.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)4
毛沢東、周恩来、?小平、劉少奇(葛西純一)
「共産党が戦争を起こした!」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22327852.html








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

民主党の小沢代表が辞職願提出「党内混乱の責任取る・小沢氏辞任会見詳報「中傷報道に厳重に抗議する」・痛烈なマスコミ非難では小泉純一郎元首相の靖国神社参拝後の会見を思い出した


民主党の小沢代表、辞職願提出


民主党の小沢代表、辞職願提出「党内混乱の責任取る」
11月4日17時15分配信 読売新聞

 民主党の小沢代表は4日夕、党本部で緊急記者会見を行い、自民党との連立政権構想をめぐり、党内を混乱させた責任を取り、鳩山幹事長に辞職願を提出したことを明らかにした。

 小沢氏は記者会見で、「民主党代表としてけじめをつける。党首会談で要請のあった連立政権の樹立をめぐり、政治的混乱が生じたことを受け、代表を辞することを決意し、辞職願を提出し、執行部に進退をゆだねた」と述べた。

 さらに、党首会談で首相が「自衛隊の海外の活動は国連の活動に参加することに限る。連立ができるなら、新テロ特措法案成立にこだわらない」と約束したとしたうえで、「役員会で反対されたのは不信任を受けたのに等しいので、けじめをつける必要があると判断した」と語った。
――――――





小沢は、小沢が党首会談や大連立を呼びかけたというマスコミ報道に強く抗議していた。

あのマスコミ非難は、結構見応えがあった!

最近、私も、国民や政治家よりもマスコミの方がやりたい放題に政治を動かしているような気がして頭にきていた。

特に最近、読売新聞と日テレは9月の自民党総裁選で福田を支持して世論操作をした。

そして、今回も大連立と中選挙区制復活に向けてナベツネ(渡辺恒雄)自身が党首会談を仕向けたくせに、不調に終わると福田政権を援護するために、「連立政権構想は、実は小沢氏の方が先に持ちかけていた」とデマを垂れ流したのだろう。
――――
「民主党内、絶対まとめる」大連立は小沢氏が持ちかけ
11月4日11時4分配信 読売新聞(本文略)
――――
●関連記事
大連立協議の裏に「ナベツネ」・渡辺恒雄はいったい何様なのか?





私は、小沢の記者会見の様子をNHKの生放送で観ていたが、小沢は辞任表明以上にマスコミの誹謗中傷報道への抗議を強調していた。

ただ、マスコミはこのことを殆ど報道しない。


小泉元首相は去年の8月15日に靖国神社を参拝した後の記者会見でマスコミを厳しく非難した。

だが、その後マスコミはそのことを殆ど報道しなかった。

それと同じような現象が今起こっている。





――――――
IZAニュースより

小沢氏辞任会見詳報(2)「中傷報道に厳重に抗議する」

 民主党の小沢一郎代表が4日夕、都内の党本部で行った辞任表明の記者会見で、冒頭読み上げた「中傷報道に厳重に抗議する」と題したコメントは以下の通り。

 中傷報道に厳重に抗議する意味において、私の考えを申し上げる。福田総理との党首会談に関する新聞、テレビの報道は、明らかに報道機関としての報道、論評、批判の域を大きく逸脱しており、私は強い憤りをもって厳重に抗議したい。特に11月3、4両日の報道は、まったく事実に反するものが目立つ。私のほうから党首会談を呼びかけたとか、私が自民、民主両党の連立を持ちかけたとか、果ては今回の連立構想について、小沢首謀説なるものまでが社会の公器を自称する新聞、テレビで公然と報道されている。いずれもまったくの事実無根だ。

 もちろん党首会談および会談に至るまでの経緯と内容について、私自身も、そして私の秘書等も、どの報道機関からも取材を受けたことはないし、取材の申し入れもまったくない。それにもかかわらず、事実無根の報道が氾濫(はんらん)していることは、朝日新聞、日経新聞等をのぞき、ほとんどの報道機関が政府・自民党の情報を垂れ流し、自らその世論操作の一翼を担っているとしか考えられない。それにより、私を政治的に抹殺し、民主党のイメージを決定的にダウンさせることを意図した明白な誹謗(ひぼう)・中傷報道であり、強い憤りを感ずるものだ。
 このようなマスメディアのあり方は明らかに報道機関の役割を逸脱しており、民主主義の危機であると思う。報道機関が政府・与党の宣伝機関と化したときの恐ろしさは、亡国の戦争へと突き進んだ昭和前半の歴史を見れば明らかだ。また自己の権力維持等のために、報道機関に対し、私や民主党に対する誹謗中傷の情報を流し続けている人たちは、良心に恥ずるべきところがないか、自分自身によくよく問うてみていただきたい。各種報道機関が1日も早く冷静で公正な報道に戻られるよう切望する。以上だ。
――――――




小泉純一郎 - 靖国神社参拝後の会見02

8月15日を避けても、いつも批判や反発、そして何とかこの問題を大きく取り上げようとする勢力。変わらないですね。いつ行っても同じです。

いつ行っても問題にして混乱にしようとする勢力があるんです。いつ行っても参拝に、何とか争点にしようとか、混乱させようとか、騒ぎにしようとか、国際問題にしようとかいう勢力はあるんです。これに対してね、いけないと言ったってね、そりゃ日本は言論の自由が認められてるんですから、どうにもなりません。ですから、いつ行っても、こういう騒ぎにしようとする勢力はあるんですから、8月15日に行っても適切じゃないかなと・・・また、寧ろ拘ってるのはね、毎回、拘ろうとする勢力が居るんですよ。私は今まで靖国神社の問題も質問された限りは答えたことないんですよ。自ら靖国問題を、こうだあーだと言ったことじゃなくて、いつも皆さんの質問に答えて言ってるわけです。

一番マスコミが取り上げるのは、靖国参拝のことでしょ。
まー、そういうのは、やめた方が良いと言っても聞かないですから、マスコミは・・・
いつでも、拘ってんのはマスコミじゃないでしょうか。

(今回の靖国神社参拝が総裁選に与える影響は?)
マスコミの皆さんが争点にしたがっている面が強いですから、それ如何でしょうね。




Click please!
くつろぐブログランキング(ビジネス・経済→政治)
クリック、よろしくお願いします
<南京虐殺>被害者を騙る嘘吐き支那人婆の夏淑琴が勝訴・著者の東中野修道教授などに400万円支払い命令・東中野教授は当たり前のことを述べただけ・松原仁 慰安婦問題と大虐殺について:動画
被害者勝訴 著者などに400万円支払い命令


<南京虐殺>被害者勝訴 著者などに400万円支払い命令
11月2日21時18分配信 毎日新聞

 1937年の南京虐殺に関する本で「偽の被害者」と指摘されたとして、生存者の夏淑琴さん(78)が、著者の東中野修道・亜細亜大教授(60)と出版元の展転社(東京都)に1500万円の賠償などを求めた訴訟で、東京地裁は2日、400万円の支払いを命じた。三代川三千代裁判長は「指摘は真実でなく、原告の名誉を著しく棄損した」と述べた。

 訴えなどによると、夏さんは南京の自宅で旧日本軍に襲われ一家9人のうち7人が殺害され、夏さんも銃剣で刺され負傷した。夏さんは、米国人牧師が被害状況を記録した資料に「8歳の少女」として登場し、戦後は中国や日本で虐殺の証言活動を続けている。

 一方、東中野教授は牧師の資料を分析し、98年出版の「『南京虐殺』の徹底検証」に「『8歳の少女』は夏さんとは別人。夏さんは事実を語るべきだ」と記した。

 判決は、東中野教授の翻訳や解釈では文脈に矛盾や不自然さが生じると指摘し「資料の解釈が妥当とは言えず、学問研究の成果に値しない」と批判。「夏さんが虚偽の証言をしていると読者に印象付け、多大な精神的苦痛を与えた」と指摘した。
――――――




この東京地裁の三代川三千代という裁判長はアホじゃ。

誰がどう見ても、夏淑琴は嘘吐きだ。

東中野教授は控訴するとコメントしている。

高裁ではマトモな判決を期待したい。







●関連記事



南京虐殺は嘘38 嘘吐き婆夏淑琴と嘘吐き宣教師マギー?
(一部抜粋)
マギー証言(解説書)と、後年の夏淑琴証言との間には、家族の人数などで食い違いがある。
―――――――
?『南京安全地帯の記録』における当該事件に関するマギー証言は家族13人中11人の殺害。

?『日支紛争』に収録されたマギーの説明文は2家族14人中12人の殺害。
但し、この中の「7,8歳になる妹も銃剣で突き殺した」が「銃剣で突き刺した」の間違いであると解釈すれば、2家族13人中11人の殺害。
また、扉を開けたのは家主の「マア」。
生き残りの少女が隠れた場所は古い敷布の下。

?笠原十九司著『南京難民区の百日』に収録された「8歳の少女(夏淑琴)」の証言によれば、1家族15人中13人の殺害。

?本多勝一著『南京への道』によれば、生き残りの少女が隠れた場所は防空壕代わりに中庭に4個並べて置かれた机の下。

?夏淑琴来日時の証言によれば扉を開けたのは夏淑琴の父親で、15人中13人殺害。

以上が、東中野修道教授が検証して『「南京虐殺」の徹底検証』で「摘示した事実」だ。

『南京への道』は最初から論外として、『南京難民区の百日』及び来日時の証言と、マギー証言では、夏淑琴の家族の人数が異なっている。
殺された家族の人数を間違えるなんて、普通に考えればあり得ない。
だから、普通に考えれば、マギー証言の少女と夏淑琴は別人物、というのが東中野教授の主張だ。
―――――――



「南京虐殺」の悲痛な記憶を支那人婆さん夏淑琴が13日京都で証言・当時8歳で状況を精確に把握できず真実は支那人による犯行だった
(一部抜粋)
●検証

?賊が「なかに入れろ」と要求したら、馬氏が戸を開けた。夏氏が犯人に懇願し馬夫人が犯人に質問しており、会話をしているのだから犯人は支那人。

?婦人が強姦された後、胸を銃剣で刺され、膣に瓶を押し込まれ、赤ん坊は銃剣で刺殺され、他の少女も刺殺され、膣に杖が押し込まれた…犯行手口から犯人は支那人。

?戸を開けた者を直ちに撃ち殺す連中の前に別の者が跪いて他の者を殺さないように懇願したなんて有り得ない。

?8歳の子供が犯行日時は12月13日9~10時と認識し、更に14日間も経って記憶していたなんて有り得ない。

?事件後、向かいが日本軍の宿泊所になり、日本兵が家の庭を通る足音が聞こえる都度布団に隠れ、兵士達が毎日来て家から物を持って行ったのに、4歳の妹も泣き喚いたりせず二人で古シーツの下に隠れていたので発見されなかったなんて有り得ない。

?傷を負い這っていた8歳の夏淑琴が、銃殺された母の死体が横たわる部屋で、誰にも見つからず14日間も4歳の妹と生き続けたなんて有り得ない。

?12月1日に南京市長、12月8日に支那軍司令長官が、全市民に安全区に移るよう命令し、警察や支那軍による強制退去が行われ、12月13日には安全区以外の南京には誰も居なかった。犯行は13日より前に支那軍か支那人盗賊が行った。

?仮に12月13日の犯行だとしても、南京は前夜から本格的な戦闘状態に突入しており、近所の連中が当該事件に恐れて避難したなんて有り得ない。

?安全区国際委員会のマギーが日本軍による犯行だと考えれば、現場の日本軍憲兵隊に通報しなければならなかったのに通報しなかった。



●結論

犯人は支那軍か支那人盗賊であり、犯行は日本軍が入城した12月13日よりも前に行なわれていた。







民主党 松原仁 慰安婦問題と大虐殺について




Click please!
くつろぐブログランキング(ビジネス・経済→政治)
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.