FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
責任なし25 揚子江上流邦人引揚げ・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし25 揚子江上流邦人引揚げ


これは「責任なし24通州虐殺事件」の続きです。


 盧溝橋事件が始まると、揚子江流域でも不穏な状態になってきました。
 各地で抗敵後援会が組織され、日本人や日本人に使われている中国人に対して迫害が増えてきました。

 27日には、長沙で20数名の中国人が「スパイ・漢奸」の名目で湖南省特務室に引致されました。
 奥地では、居留民を守り切れないため、政府は揚子江流域の各領事に対し「居留民は早めに引揚げよ」と訓令を出します。

 糟谷領事は重慶居留民に対し、とりあえず30日朝までに家財を宜陽丸に積み込み、その上で即時引揚げか形勢暫時観望かを決定すると伝えました。

 一方、宜昌、沙市でも引揚げ準備が進められます。

 ところが、漢口の松平総領事代理と長沙の高井領事代理は、引揚げに反対でした。

 この人達は、今の平和憲法主義者と同じ考えで、“中国が「安全を保証する」と言っている以上これを信頼すべきだ。
 いまこの時期、そのような行動をとれば、中国を刺激し《戦争準備》と疑われる。
 むしろ海軍がいるから戦争になるのだ”と考えていたのです。

 重慶市内の状況は次第に険悪となり、31日、市商会は日貨売買を禁止し、違反者は重罰に処すと宣言しました。
 このような状況下で重慶居留民総員29名は18:00宜陽丸に乗り終えます。

 一方、長沙では、対日空気は更に悪化し、日本人使用人に対する圧迫が顕著となってきました。
 軍艦『勢多』に石炭・重油を運搬する船頭は、水上警察署巡警から脅迫され、今後運搬不能と申し出ました。

 8月1日、重慶、宜昌、沙市の居留民は船に乗り出港します。
 一方、漢口では、中国は日本人に対し、米、塩の販売を停止しました。

 2日、長沙の高井領事代理はやっと、引揚げを決めます。

 3日、漢口では、日本人使用の中国人に圧迫が加わり、日本人経営の工場は中国人職工の欠勤で就業不能となり、日清汽船の中国人船員は乗船を拒みました。この日、南京でも、朝から上海への引揚が続出します。

 4日、漢口では、「租界内の支那人は5日までに退去すべし。然らざれば身は危険にさらされ、又逮捕の上極刑に処す」との流言があり、租界外に逃げ出す中国人が急増しました。

 5日、22:00漢口において中国側は、日本租界への交通及び電話を遮断し、6日の午前0時から、租界周囲前線の土嚢陣地に兵力を増強しました。そこで陸戦隊も0時から土嚢を積み、両軍対峙、一触即発の状態となりました。

 ところが松平総領事代理は、この様な事態になってもまだ、引揚げを発令しません。
 そこで、居留民代表が総領事代理に引揚げ発令を迫り、もし発令のない時は、民団は自由行動に出ると申し入れたのです。

 このとき、漢口に来ていた田中宜昌領事が同総領事代理を説得して、やっと引揚げを発令しました。
 この日、蕪湖では婦女子の引揚げが完了します。

 7日、漢口陸戦隊は、中国軍と対峙しながら引揚げを支援しました。
 信陽丸は13:10「比良」護衛下に、鳳陽丸は17:15「勢多」護衛下に上海に向け漢口を出港しました。

 居留民の引揚げが済んだので、陸戦隊も日没後に撤退作業を始め、8日未明に引揚げる予定でしたが、これが中国側に漏れたため、予定を早め無灯下で撤退作業を行い01:00に出港しました。

 かくて残留者は総領事館員77名となります。尚、漢口より上流の各地領事館職員で引揚げに抵抗していた人達も、居留民引揚げ後、漢口に残留しました。が、中国側から食料と電気を止められ、結局、引揚げざるを得なくなりました。

 8日、蕪湖や南京でも居留民が引揚げました。

 9日、引揚者は全員無事上海に到着します。

 10日、漢口に居残っていた領事館員たちも、岳陽丸に乗って出港、

 12日、南京に立ち寄り、南京で後始末をしていた領事館員を積んで上海に向かいました
 ところが、13日、江陰にさしかかった所、中国軍艦「海容」に停船を命ぜられ、「水路危険につき通行禁止」を通告され、南京に戻らされたのです。

 後で判った事ですが、12日に、江陰に、軍艦5隻と2000tないし5000tの商戦18隻を沈めて、水路を閉塞させていたのです。
 南京に戻った、領事館員たちは鉄道で青島に、脱出しました。

 (以上、海軍戦史叢書より抜粋要約引用)

 この日(13日)、中国はすでに上海で戦争を始めていました。

続く










●関連記事

責任なし24 通州虐殺事件(通州事件)
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27252431.html








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

支那製の毒ビーズを飲んだ2人の幼児が意識不明で病院へ・420万個回収・玩具業界を監督する米消費者製品安全委員会(CPSC)のトップが玩具業界の負担で支那などを頻繁に旅行する過剰接待を受けていた

支那製毒ビーズを飲んだ幼児が意識不明

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071108-00000946-san-int


飲んだ幼児、意識不明も 中国製「毒ビーズ」420万個回収
11月8日18時41分配信 産経新聞

 【ワシントン=渡辺浩生】米消費者製品安全委員会(CPSC)は7日、カナダの玩具メーカーが販売した中国製の人気ビーズ玩具「アクア・ドッツ」約420万個の自主回収を発表した。
ビーズに毒性の化学物質が含まれ、誤って飲み込むと意識を失ったり、呼吸が苦しくなったりする恐れがある。2人の幼児が意識をなくして病院に運ばれた被害が報告されており、CPSCは使用中止を呼びかけている。 
 回収を始めたのはスピン・マスター(本社トロント)。商品は今年4月から全米で17~30ドルで販売。水を掛けるとビーズ同士がくっついていろいろな形をつくることができる。小売り最大手ウォルマート・ストアーズでは今年のクリスマス用玩具のトップ12位に挙げられた人気おもちゃだ。
 しかし、表面に「1・4-ブタンジオール」という工業用溶剤が使用されており、体内に摂取すると麻薬のように中枢神経を抑制する毒性がある。同社はカナダでも自主回収する。オーストラリアでも同様のビーズを飲み込んだ3人の子供の被害例があり、100万個の回収が開始された。
――――――





また支那製品の毒で子供たちが被害に遭った。

意識をなくして病院に運ばれた2人の幼児は大丈夫だろうか?



米国ではこれほど支那製品の回収騒ぎが頻発しているのに、玩具業界を監督する立場にある米消費者製品安全委員会(CPSC)のトップが、業界の負担で支那などを頻繁に旅行するなどの過剰接待を受けていたから呆れてしまう。



――――――
メーカーから過剰接待受ける 米国の中国製玩具検査機関トップ
11月7日19時52分配信 産経新聞

 【ワシントン=渡辺浩生】中国製玩具の大量回収が起きた米国で玩具業界を監督する立場にある米消費者製品安全委員会(CPSC)のトップが、業界の負担で中国など国内外を頻繁に旅行していたことが、分かった。議会は業界との癒着関係を問題視、首脳の辞任を求めている。

 米紙ワシントン・ポストなどによると、“過剰接待”を受けていたのはストラトン前委員長(2002~06年)と後任のノード委員長代行。旅行は02年以降約30回にわたり、乗り物、宿泊、食事など計6万ドル(約680万円)を、監督対象の業界団体やメーカーが負担。行き先は米国内の都市やゴルフリゾート地、中国、スペインなどだった。

 例えばストラトン前委員長は04年、花火業界の関連団体が1万1000ドル(約125万円)の費用を負担し、中国・香港を11日間視察旅行。ノード委員長代行は05年、米玩具産業協会の年次総会に出席するため協会の丸抱えでサンフランシスコを訪問。総会直前の週末に夫を連れて現地入りし、夫の分のレンタカー費用まで業界に持たせた。

 今年に入り、きかんしゃトーマスやバービー人形など中国製玩具に基準値以上の鉛が検出されて数百万個の大量回収に発展したが、同協会には、問題の玩具を中国に委託生産させていたマテルなどが加盟している。


 CPSCは、中国の輸入玩具が国内市場の7、8割まで拡大したのに、「玩具担当の常勤検査員は1人」(米紙ニューヨーク・タイムズ)しか置かず、「大量の危ない玩具の流入を放置している」(米消費者団体)と批判されてきた。

 一方、政府規則は、政府機関の信頼性に疑問をもたれるような業界負担の旅行を禁止しているが、ノード委員長代行は「目的は業界にわれわれのメッセージを伝えるためで、内部審査の結果も合法」と釈明している。

 野党・民主党は「番犬がペット犬になっているようなもの」(マーキー下院議員)と批判、癒着関係が、危ない輸入玩具への甘い対応を招いたとして、ノード委員長代行の引責辞任を求めている。
――――――




そういえば、思い当たるふしがある。


2006年2月、ミズーリ州の公共衛生当局の担当者が、体内から高水準の鉛が検出された子供の家を訪問し調べたところ、合金製の「きかんしゃトーマス」から鉛が検出され、同担当者は米消費者製品安全委員会(CPSC)に報告したのに、その後、CPSCから何の連絡もなかったという。



合金製の「きかんしゃトーマス」にも鉛が混入
体内から高水準の鉛が検出された子供の家で判明し
「公共衛生当局」が「米消費者製品安全委員会」に報告したが何もせず放置
メーカーもどこで製造されか公表せず放置
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21717177.html

(一部抜粋)



おかしなことがあるもんだ。


「公共衛生当局の担当者」が体内から高水準の鉛が検出された子供の家を訪問し調べたところ、「RC2社」の合金製の【きかんしゃトーマス】から鉛が検出されたため、「公共衛生当局の担当者」が「米消費者製品安全委員会(CPSC)」に報告したのに、「米消費者製品安全委員会(CPSC)」は何もせず放置しているという。

また、「RC2社」は自主回収に踏み切った木製トーマスが製造されたのは支那だったことを明らかにしたが、合金製トーマスがどこで製造されているかは明らかにしないという。

したがって、合金製トーマスが支那製かどうかも確定していない。



どう考えても、「米消費者製品安全委員会(CPSC)」とメーカーの「RC2社」の両方ともおかしい!

実際に鉛が検出された合金製のトーマスで遊んでいた子供の体内から高水準の鉛が検出されているのだ!


日本の販売元はどうするんだろうか?!







くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

責任なし24 通州虐殺事件(通州事件)・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし24 通州虐殺事件


これは「責任なし23郎坊事件と広安門事件」の続きです。


 香月中将は、最後通牒を出し、通告どおり7月28日、北京の中国軍へ攻撃を開始、実力排除に出ました。
 宋哲元はこれまでと北京を去りましたが、只では逃げません。

 通州と天津に分駐する冀東保安隊と第38師の一部に“蜂起”を指令しました。
 そしてその指令は実行されます。

 天津の中国軍は、天津駅、東機器局、飛行場、日本租界、支那駐屯軍司令部などを襲撃しました。
 尤も、これは日本軍によって撃退されますが。

 一方、通州の方は事情が異なっていました。通州は親日政権冀東防共自治政府の所在地であり、保安隊は野砲を持つ強力な存在だったので日本軍は安心していたのです。 ところが、彼らは、ひそかに宋哲元に服従していました。

 南京から「日本軍が負け、中国軍が勝っている」というラジオの偽放送があり、これを信じた彼らは、このまま親日でいたら自分たちが危ない、ここは一つ手柄をたてて、宋哲元の下に馳せ参じようと考えたのです。

 そこで、彼らは29日、通州にある特務機関、警察分署、守備隊、旅館、出張所、食堂、民家、など日本人のいる所を一斉に襲撃しました。ここで彼らは軍人、警察官だけでなく、非戦闘員の日本人居留民約260人を惨殺しています。老若男女の別なく。


 その、惨状は、聞きしに勝るものでした。証言には

 《城内は実に凄惨なもので到る処、無惨な日本居留民の死体が横たわって居りまして、殆ど全部の死体には首に縄がつけてありました。頑是なき子供の死体や婦人の虐殺死体は殆ど見るに耐えませんでした》

 《旭軒とか云ふ飲食店を見ました。そこには四十から十七~八歳迄の女七~八名は皆強姦され裸体で陰部を露出したまま射殺されて居りました。そのうち四~五名は陰部を銃剣で刺されていました。家の内は家具・布団・衣類等は何物もなく掠奪されていました》

 《錦水楼と云ふ旅館は凄惨でありました。同所は危険を感じた日本人が集まったものの如く大量虐殺を受けておりました。錦水楼の女主人や女中等は数珠繋ぎにされ、手足を縛られたまま強姦され、遂に斬首されたと云ふ事でした》

 《男は目玉をくり抜かれ、上半身は蜂の巣の様でありました》

 《南城門の近くに一日本人の商店があり、そこの主人らしき者が引っ張りだされ殺された屍体が路上に放置されてありました。これは腹部の骨が露出し、内蔵が散乱しておりました》

 《旭軒と云ふ飲食店に入りますと、そこに居りました七~八名の女は全部裸体にされ、強姦射(刺)殺されて居りまして、陰部に箒を押し込んである物、口中に土砂を填めてあるもの、腹部を縦に割ってあるもの等、見るに耐えませんでした》

 《東門近くの鮮人商店の付近に池がありましたが、その池には首を縄で縛り両手を併せて、それに八番鉄線を通し(貫通)、一家六名数珠繋ぎにして引廻された形跡、歴然たる死体がありました。池の水は血で赤く染まって居たのを目撃しました》

 《守備隊の東門を出ますと、殆ど数間間隔に居留民男女の惨殺死体が横たわって居るのを目撃し、一同悲憤の極に達しました。敵兵は見当たりませんでしたので‥‥「日本人は居ないか」と連呼し乍ら、各戸毎に調査して参りますと、

鼻部に牛の如く針金を通された子供や、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦等が、そこかしこの塵埃箱の中や壕の内、塀の蔭等から続々這い出して来ました》

とあります。

‐‐‐‐

 彼らは、日本人をやっつけた手土産を持って意気揚々北京にやって来ました。ところが、そこにいたのは宋哲元ではなく、日本軍だったのです。彼らは慌てて逃げますが捕まります。

 温厚な中島29軍顧問は「機関銃をくれ、仇をとってやる」と息まきました。尤も「それでは暴に酬ゆるに暴を以ってするだけだ」と止められ、結局、連中は収容もされず城外に放置されただけでした。

 理由は「収容すると飯を食わさにゃならん。本当は鉛の弾を食わしたいくらいなのに、飯などもったいない」という事です。彼らは後、移動して中国軍に加わります。これが当時の日本軍だったのです。現在宣伝されている事とえらい違いです。

 この後も、日本は和平を模索しますが、蒋介石は逆に上海戦を計画します。

つづく










●関連記事

惨!通州事件
1937年7月29日
南京放送のデマ報道で身の危険を感じた支那保安隊が日本人居留民約260人を大虐殺
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/23308190.html

南京虐殺は嘘61・支那軍による虐殺1・通州事件
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/10890186.html

盧溝橋事件~通州事件(1937年7月)
北支で攻撃を受け停戦しても繰り返し攻撃を受け続けた日本軍
第7章いかにして戦闘は始まったか
『シナ大陸の真相1931~1938』K・カール・カワカミ6
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14471246.html








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.