正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
責任なし19 盧溝橋事件1 日本軍銃撃さる・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

ブログ「おやじの独り言」の記事の地図には、永定河、壕、盧溝橋、苑平県城、一文字山、豊台などの位置が、示されており、とても分かりやすいです。
http://blogs.yahoo.co.jp/moai33jp/26208316.html






Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし19 盧溝橋事件1 日本軍銃撃さる


これは「責任なし18 盧溝橋事件直前の予兆」の続きです。


(以下、寺平忠輔著『盧溝橋事件』読売新聞社刊 昭和45年発行より抜粋要約引用)

‐‐‐‐

 1937年7月7日、日本軍は盧溝橋の原で、鉄帽もかぶらず空砲を使って演習していました。

 この時、永定河の堤防の上から中国29軍の兵士が見物していました。

 ところが、夕方になっても帰りません。「まさか、あいつら俺たちを監視してるのか」と言いながら演習を続けていました。

 夜10時半ごろ、清水中隊長は「今夜の演習終了」を伝令に伝達に行かせました。
 本当は一声怒鳴れば聞こえるのですが、夜間の隠密作戦の訓練なので、そうしてるのです。

 そうした所、仮設敵陣地の機関銃が突然、うなり出しました。伝令を敵襲と勘違いしたようです。

 ところがその時、突然、堤防の方から実弾が飛んできました。

 危険なので、中隊長は集合喇叭をふかせます。そうすると、竜王廟と鉄橋の中間で懐中電灯の合図があり、途端に、トーチカのすぐ南側、堤防上から十数発の実弾が飛んできました。

 「伏せっ!」、「小隊長は直ちに人員点検!」、殆どの小隊に異状はありませんでしたが、第一小隊だけは報告がありませんでした。伝令に行った新兵がまだ戻ってなかったのです。

 まさか、今の弾で殺されたのでは。
 清水中隊長は、岩谷曹長を騎馬で豊台へ連絡にやりました。
 その後で、行方不明の新兵が戻ってきました。

‐‐‐‐

 豊台で岩谷曹長の報告をうけた一木大隊長は、北京の旅団副官松山少佐に電話しますが、少佐は河辺旅団長に随行して出張で留守でした。
 そこで、こんどは牟田口連隊長に電話します。こちらは出張から帰ってきたばかりでした。

 一木大隊長は、顛末を説明し「部隊を率いて盧溝橋に行き中国側と談判したい」と申し出、牟田口連隊長が「よろしい」と答えたので一木大隊長は、岩谷曹長に「絶対に応戦するなと、中隊長に伝えて置け」と伝令に戻し、出動の準備を始めました。

 一方、特務機関のほうにも、旅団副官小野口大尉から連絡が入りました。特務は、林耕宇やその他必要な関係者に電話します。特務機関が慌ただしく動いているとき、小野口大尉からまた電話があり、行方不明の兵が戻ってきたと伝えられました。

 最初は、謝罪の要求とか、中国軍の撤退要求とかの話もありましたが、“そんなことより、まずは軍使を派遣して、中国側の代表と交渉し、現状を打開することが先”という事で、寺平補佐官が行く事になりました。

 他に、憲兵分隊長赤藤庄次少佐、桜井29軍顧問、中国側から林耕宇と宛平県長王冷斉が行く事になります。一行が出かけようとすると、連隊本部の方から「相談したい事があるので」立ち寄って欲しいと電話があり、寄る事になりました。

 森田中佐も部隊を率いて一緒にいくそうです。
 この時、桜井顧問は「城門開門の交渉をしてくるから」と先に現地に行きました。

 連隊本部では牟田口連隊長が、王冷斉に「軍に命令できるだけの権限を与えられているのか」と問いました。それが無いことには、交渉ができないからです。そこの所があやふやだったので市長に問い合わせをしましたが、相手につながらず、結局あいまいなままで行くことになりました。

 また一方、寺平補佐官に対しては、牟田口連隊長は森田中佐のことで「彼は、爆弾三勇士で有名な廟行鎮突入部隊の指揮官ですが、あの調子でジャンジャン攻撃命令を出されると、とんでもない事になる。君がシッカリ手綱を引いてくれ」とブレーキ役を頼みました。

 午前四時前、一行は出発しました。


 一方、現地では、午前3時25分、またも三発の銃声がしました。現地ではやっと仮設電話が開通したので、一木大隊長は、北京の牟田口連隊長に電話し、三度目の銃撃を報告し、「もう反撃してもよいのではと思いますが、お許しになられますか」と問いますと、連隊長はしばらく考え込んでから「よろしい。やり給え」と答えました。

 驚いたのは一木大隊長、言ってはみたものの、まさか、断を下すとは思ってなかったからです。本当にやると責任重大だから「本当にやってよろしいんでありますか」と念を押すと「やってよろしい。いま、午前4時20分。確実に僕は攻撃命令を下した」と答えました。 これで、いつでも反撃できる態勢がとれます。

 つづく










●関連記事

責任なし17 盧溝橋事件前 共産党の策動
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27004789.html
責任なし18 盧溝橋事件直前の予兆
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27041835.html


盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)1
なぜ日本軍が支那の盧溝橋付近で演習をしていたのか?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22260211.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)2
「盧溝橋事件」とその後に続く日支全面戦争は支那共産党が計画的に行なった根拠
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22301264.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)3
8日四回目の銃撃で反撃開始・『盧溝橋事件』寺平忠輔著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22324391.html
盧溝橋事件(1937年7月7日に日本軍が攻撃され7月8日に反撃)4
毛沢東、周恩来、?小平、劉少奇(葛西純一)
「共産党が戦争を起こした!」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/22327852.html








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

麻生「(大連立)小選挙区では難しい。中選挙区に戻すなら国民が支持するか聞いてみなければならない」・大連立協議の裏に「ナベツネ」・渡辺恒雄はいったい何様なのか?
麻生、大連立、小選挙区では困難


大連立、小選挙区では困難=自民・麻生氏
11月3日19時1分配信 時事通信

 自民党の麻生太郎前幹事長は3日、北海道帯広市で講演し、福田康夫首相が民主党の小沢一郎代表に打診した大連立について「小選挙区では難しい。中選挙区に戻すなら国民が支持するか聞いてみなければならない」と述べ、現在の選挙制度の下では実現困難との見方を示した。連立を打診した首相の判断に関しては「国会が全然動かない状況を避けるため、何とか動かさなければという気持ちからだと思う」と一定の理解を示した。
――――――





自民党と民主党の大連立となって2大政党が同じ政策になってしまうと、小選挙区で1名のみが当選する選挙制度は意味がなくなる。

大連立となれば、小選挙区の選挙制度も中選挙区へと戻さなければならなくなり、混乱に陥る。

自民党と創価学会(公明党)の連立政権も、自民党と民主党の連立政権も、似たり寄ったりで両方とも日本国民のためにはならない。



それにしても、この【大連立→中選挙区制復活】構想が、読売のナベツネによるシナリオだったことは、もっと深刻な問題ではないか?!

たかが一人の元共産主義者によって、日本国首相や最大野党の党首が【大連立→中選挙区制復活】へ向けて動かされるなんて狂ってる。



――――――
大連立協議の裏に「ナベツネ」 混乱に拍車
11月3日9時33分配信 産経新聞

(一部抜粋)

 会談内容は漏れなかったが、会談の仲介者が読売新聞の渡辺恒雄グループ本社代表取締役会長だったことが知れ渡ったため、混乱に拍車がかかった。渡辺氏は熱心な大連立論者であり、中選挙区論者として知られていたからだ。
 渡辺氏は2日夕、民放報道番組の収録で、党首会談の仕掛け人なのかと問われ、「知りません」とうそぶいたが、「年内にも大連立政権を作って懸案をドンドン合理的に処理すべきだ」と持論をぶった。同席した中曽根康弘元首相も「政治家の本領を発揮するときだ。小沢氏が思い切って国家本位で大連立に踏み切ってくれれば」と同調した。
 しかし、大連立構想は政局を不安定化し、解散風を加速しかねない。特に自民、民主のはざまに埋没しかねない公明党は危機感を募らせた。動揺を押さえようと森喜朗元首相は10月31日昼、自民党本部で細田博之幹事長代理に会い、首相に(1)公明党との連立維持(2)大連立構想に乗らない(3)早期解散に応じない-の3条件を譲らぬよう提言したことを伝えた。
 それでも公明党の疑念は解けなかった。2日朝には、ある有力幹部が「今日の党首会談で憲法改正、中選挙区制、恒久法の3つが合意に向け大きく動く。完全な公明外しだ」との情報を流布。支持母体の創価学会までも「悪魔のシナリオだ」(関係者)とパニック寸前に陥った。
――――――








(一部抜粋)

今回の総裁選は、日本テレビと読売新聞が福田に決めて世論操作した。

読売新聞は、渡邊恒雄主導で2005年から首相の靖国神社参拝に反対し、「検証・戦争責任」の連載を始めた。

この頃から読売新聞は、朝日新聞や日経新聞らと共に支那のプロパガンダ新聞になった。

読売新聞による反日宣伝工作は目に余る。



今年の8月15日に靖国神社を参拝する閣僚が1人しか居なかったことにも影響か。





「北京週報日本語版」2007年8月10日より抜粋

渡辺恒雄
日本の首相の靖国神社参拝は、私が絶対に我慢できないことである。
・・・
今後誰が首相となるかを問わず、いずれも靖国神社を参拝しないことを約束しなければならず、これは最も重要な原則である。安倍氏は参議院選挙の後に引き続き首相でありつづけるが、私も彼に絶対に靖国神社に行ってはならないと進言しなければならない。もしその他の人が首相になるなら、私もその人が靖国神社を参拝しないと約束するよう求めなければならない。
さもなければ、私は発行部数1000数万部の『読売新聞』の力でそれを倒す。
私は新しい首相ができるだけ早く中国を訪問するよう促し、そのほかに皇室メンバーの訪中を促し、皇太子が日中友好関係のためになることはよいことであり、それから胡錦涛主席の訪日を招請する。







総裁選 - 影のドン渡辺恒雄の暗躍、靖国参拝の内閣は倒閣する!






Click please!
くつろぐブログランキング(ビジネス・経済→政治)
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.