FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
責任なし31 南京進撃への陰謀・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし31 南京進撃への陰謀


これは「責任なし30 上海戦5 中国和平を蹴る」の続きです。


 日本は最初南京に進撃する予定はありませんでした。

 戦争の目的は、あくまでも上海の邦人救出が目的だったのです。
 だから、軍の名称も上海派遣軍ですし、派遣した軍隊もたったの2個師団で、軍編成も臨時のものでした。

 ところが、ここに、南京進撃を画策する者が現れました。参謀本部の下村定少将です。
 彼は石原莞爾少将の後任として第一部長に就いた人です。

 石原少将は、上海戦に反対し、たったの2個師団しか出しませんでした。
 それが少なすぎて、後から追加の軍を出さざるを得なくなり、辞職に追い込まれたのです。

 後任の下村少将は、もっと積極策をとるべく「杭州湾上陸作戦」を建てました。
 「杭州湾上陸作戦」の部隊は第十軍と名づけられ、最高指揮官に柳川平助中将があてられます。

 ところが、第十軍が杭州湾に上陸する頃、上海の戦況が好転し、中国軍が西に背走し出したのです。その時に、第十軍が杭州湾に上陸したものですから、中国軍は雪崩をうって西へと背走し始めました。

 現在の、我々の感覚からすれば「シメタ戦わずして戦争は終わる。儲けもんだ」となるのですが、当時の軍人はそうは考えていません。 ここまで来て、何もしないで終わるのは面白くない。ならば南京へ進撃しようとなるのです。

 ところが、上海派遣軍の方は「冗談言うな、我々は3ヶ月間戦って、くたびれ上がっている。第一、南京に行く準備はしとらん」となります。

 参謀本部は、和平を模索していますから余計な事をされては困るので、「上海派遣軍はくたびれているから、休ませろ」とか「補給が出来ないから駄目だ」と言って制止するのですが、

第十軍は、「上海派遣軍が駄目なら、我々だけでもやる」、「補給が出来なければ現地調達でやる」と言って聞きません。
 ここに下村少将の陰謀が始まります。彼は、第十軍の南京進撃をしやすくします。

 第十軍が出来た後、上海派遣軍と第十軍をまとめる為に、中支那方面軍が編成されますが、最初のころ、第十軍は中支那方面軍の指図を受けない権限を持っていました。

 参謀本部は第十軍の考えを抑制する為、11月7日、臨命第六百号で「中支那方面軍ノ作戦地域ハ、概ネ蘇州、嘉興ヲ連ヌル線以東トス」という指示を出しました。

 多田次長は、この線でも出過ぎると渋っていたのです。
 中央部においては、制限線で作戦を打切るか、さらに一押しするかについて各種の意見があり、検討が進められました。

 多田次長や河辺作戦課長は制限線を頑強に守る考えでしたが、下村部長は南京追撃を考えて「・・・制令線を今一つ押し出してはどうか・・・」と作戦課に研究を命じていたのです。

 11月15日前後になると「制限線を撤廃すべき」という空気が濃厚になって来、河辺作戦課長は17日「実情を見てくる」と上海に発ちました。

 一方、第十軍は南京追撃を阻止された後でも、この企図を放棄せず、認められた範囲内で実質的追撃行動に移り、数回にわたり、方面軍及び中央に対して南京追撃の意見を具申しました。

 11月18日、第十軍司令官は独断で「南京に向かう追撃」を発令。
 これを知った多田次長は、「イカン・・・すぐ止めさせなきゃ」と下村部長に指示しました。

 ところが、下村部長は「第十軍がそんなことをしましても、方面軍は中央の意図に従ってるのですから、方面軍が処置するでしょう。中央が指示するのは良くありますまい」と抵抗するのです。

 それでも次長が「とにかく・・・止めさせてくれ」と繰り返すので「・・・は臨命第六百号指示の範囲を逸脱せるものと認めるにつき為念」という中途半端な電報を中支那方面軍に送りました。

 極めつけは、11月17日の御前会議です。下村部長は、草案通りの上奏をした後「・・・統帥部と致しましては、今後の状況如何により・・・南京その他を攻撃せしむる事を考慮しております」と付け加えたのです。

 参席者の多くは「ナニ!」と眉を上げましたが、動けません。 御前会議では、発言者以外は不動の姿勢を取らなければならないのです。後で多田次長は怒りますが、もうどうにもなりません。御前会議での上奏は最高方針の決定だからです。

 このことによって、南京進撃を禁ずることが、難しくなりました。
 下村部長に外堀を埋められた、多田次長は、抵抗していましたが、結局、下村部長の説得を受け入れざるを得なくなったのです。

 つづく








今回、rekisisiranaiさんは第十軍や下村部長(少将)を厳しく批判している。

今回だけ見た人の中には、「なーんだ、やはり日本軍の一部が暴走して南京を侵略したんだ」と思う人がいるかもしれない。

しかし、それは誤解だ。

支那軍は、盧溝橋で戦闘を始め、北支で何度も停戦協定を破って戦争を継続し、突然大軍を以って上海に戦線を拡大させたが、日本軍によって上海から追放された後も戦争の継続を決意していた。

日本軍が南京に進軍しなかった場合、支那軍は南京や武漢で態勢を整え、また上海や北支に反撃したはずだ。

第十軍や下村部長(少将)が南京への進軍を推進しなくても、戦争は終わらなかったとみるのが正しい歴史認識だ。

これは、rekisisiranaiさんも承知していたことなので今回の投稿だけを見て誤解しないで頂きたい。

分かり易く補足すると以下のようになる。



上海で日本軍は大苦戦を強いられた。

兵力に大差があった上、支那軍はトーチカとクリークを利用して立て籠もり、更には便衣隊が日本軍を銃撃した。

11月5日に上海の南70キロの杭州湾に日本から急派された第10軍が上陸して背後を衝き、ようやく11月12日に上海を陥落させた。


――――――
上海陥落の前日の11月11日、蒋介石は首都南京で、南京を放棄するか、死守するか、李宗仁、白崇禧、何応欽、唐生智、徐永昌、ドイツの軍事顧問団団長のアレキサンダー・フォン・ファルケンハウゼンといった将軍らと善後策を諮っていた。

偕行社版『南京戦史資料集?』によると、李宗仁将軍は「私は南京防守に反対である。その理由は戦術上、南京は他と隔絶しており、敵は三方から包囲可能で、しかも北面は長江によって退路が阻まれている。今、挫折敗北を喫した部隊を孤城の防衛に配置しても、長く守ることは望みがたい」と述べた。

ドイツ人顧問もこれに賛成し、無用の犠牲は生まぬよう、南京放棄を「極力主張」した。このように南京放棄論が大勢を占めていたが、突如、唐生智将軍が南京死守を力説する。そこで、蒋介石は、「わが血肉をもって南京城と生死を共にする」と誓う唐生智将軍を南京防衛軍司令官に任命し、南京死守を決定した。

蒋介石は南京死守を決定したものの、国民党軍の敗北は誰の目にも明らかであった。事実、死守の決定をしながら、その5日後には南京放棄をひそかに決定し、11月16日から3日以内に全官庁の撤退準備を完了するよう命令している。

その一方で、唐生智将軍を南京防衛司令官として日本軍を迎え撃つ準備が、南京では着々と進んでいた。蒋介石はドイツ軍事顧問団の助言にもとづき、「空間を武器として」活かすという観点から、広大な国土を武器とし日本軍を大陸の奥深くに引き込みさえすれば、勝てなくても負けないという長期消耗戦の戦略に立っていた。そしてもう一つ。「宣伝は作戦に優先す」という宣伝戦重視の世界戦略に立っていた。

『南京事件――国民党極秘文書から読み解く』東中野修道著
――――――


つまり、蒋介石は、11月6日にトラウトマン駐支ドイツ大使から伝えられた日本の和平案に応じる気など端からなかった。

蒋介石は、「敵が南京に至れば我々は南京を防衛する。敵が四川を攻撃すれば我々は四川を防衛する。敵の侵略が続く限り我々は永久に戦い続けるであろう」と世界に公言した。

11月20日の「遷都宣言」でも、
「盧溝橋事件発生以来…日本の侵略は止まる事を知らず…各地の将士は奮って国難に赴き…死すとも退かず…日本は更に暴威を揮い…わが首都に迫る…およそ血気ある者で瓦全より玉砕を欲せざる者はない。…」
と言っていた。










●関連記事

責任なし30 上海戦5 中国和平を蹴る
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27488212.html

事実確認の大年表
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/24306196.html








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

責任なし30 上海戦5 中国和平を蹴る・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし30 上海戦5 中国和平を蹴る


これは「責任なし29上海戦4 外国の加担」の続きです。


 上海戦が始まっても、日本は和平を諦めていません。常に和平の道を模索していました。

 参謀本部石原少将の第一部長離任転出直前、第二部の馬奈木中佐が
 「今度支那の大使に着任したトラウトマンはベルリンで補佐官をしていた時代の友人である」
と言ったので、
石原第一部長は
「それは願ってもない。すぐ支那に行ってトラウトマンと会い、日支和平工作の手がかりを作ってくれ」
と、馬奈木中佐を上海に行かせました(オット大佐同行)。

 この後、石原少将は第一部長を離任、満州へ転出します。

10月26日から3日間上海で会談し、いい感触を得たのでこれを広田外相に報告。

10月30日ごろ上海の日本人居留区が中国軍の脅威から解放されたので

11月2日、広田外相は正式にドイツ大使に仲介を依頼し、日本側の条件を提示しました。


その内容は

(1) 内蒙古民族は自治政府を樹立する。その国際的地位は外蒙に同じ。

(2) 満州国国境に非武装地帯を設定し、中国警察が治安維持にあたる。北支の全権は南京政府の手に存する。
 …事変前から交渉中の鉱物採掘権については日本に満足のいく結果を求める。

(3) 上海は非武装地帯を拡大し国際警察を設けて管理する。

(4) 抗日政策の停止

(5) 共同して防共に努める

(6) 関税の引き下げ

(7) 外国の諸権利を尊重する

日本側は、この条件に従って7月7日以前の状況にまで軍を退く 
 というものです。


 この内容を、ディルクセン駐日独大使は“穏当なもの、これなら中国側の面子も潰れないだろう”と言いました。

 後に、白崇禧将軍も「たったこれだけの条件なら、なんのための戦争か」と言ったくらいです。

 ここで、補足しますと、(1)の“内蒙古民族は自治政府を樹立する”は、事情を知らない人は侵略と見るでしょうが、“満蒙独立運動”の所を読まれた方は、そうでない事がお解かりになると思います。

 これは“満蒙独立運動”の一環だからです。
 これは“満蒙独立運動”を知らないと、とうとつに見え、理解できません。

 日本の条件は、トラウトマン駐支独大使から、11月6日、中国に伝えられました

 ところが、蒋介石はこれを蹴ったのです。
 彼は、国連に「日本が侵略している」と訴え、これが9カ国会議に付託され審議されていたので、いい結果が出るのを期待していたのです。

 “図々しい”と言うか何と言うか、中国は自分の方から戦争を仕掛けておきながら、9月12日に「日本が侵略している」と国際連盟に訴えたわけです。

 そしてあきれた事に国連は中国の言い分を聞き、10月5日に、日本の行動は9カ国条約に違反、9カ国会議で解決すべきだと決議しました。その為、9カ国会議がブリュッセルで開かれたのです。


 日本は、戦争を止めたくても中国が止めない限りやめられません。
 一方的に停戦しても向こうが喜んで襲撃してくるのは経験済みだからです。
 
 しかし日本は追撃の限界線を一応 蘇州までと定めました。そこで蘇州まで追撃し、19日にこれを攻略したのです。

 ところが、蒋介石は 「敵が南京に至れば我々は南京を防衛する。敵が四川を攻撃すれば我々は四川を防衛する。敵の侵略が続く限り我々は永久に戦い続けるであろう」と世界に向かって公言しました。

 これではまるで日本が侵略しているかの様に聞こえます。

 そして20日の「遷都宣言」でも次の様に言いました。

 「盧溝橋事件発生以来…日本の侵略は止まる事を知らず…各地の将士は奮って国難に赴き…死すとも退かず…日本は更に暴威を揮い…わが首都に迫る…およそ血気ある者で瓦全より玉砕を欲せざる者はない。…」

 日本は「戦争を止めよう」と言ってるのに、蒋介石は拒否しながら、こんな事を言ってるわけです。
 しかも自分の方から戦争を仕掛けておきながら。
この時点では、日本は四川はおろか南京攻略の予定すらありません。

 一部の将軍には南京への考えを持つ人もありますが、参謀本部が許可しません。
 しかし、蒋介石が和平に応じなければ、いつまでも“南京進撃”を抑止する事はできなくなります。

つづく









●関連記事

責任なし28 上海戦3 中国の嘘と呼応する人1
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27386515.html

続き★責任なし28 上海戦3 中国の嘘と呼応する人2
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
反日捏造野郎、都留文科大学教授、笠原十九司の捏造を暴く
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27417068.html

責任なし29 上海戦4 外国の加担
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27451117.html

「第二次上海事変」(上海戦)
8月9日大山中尉惨殺事件→8月13日支那大軍が国際租界日本人居留区包囲攻撃→8月14日支那軍機がホテル爆撃→日本が「暴支膺懲」宣言→日本海軍が『渡洋爆撃』
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/23844075.html

事実確認の大年表
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/24306196.html








人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

流行語大賞候補発表・「KY」「オッパッピー」「そんなの関係ねぇ」「どんだけぇ~」「チャイナショック/チャイナフリー」など・「アサヒる」は?・2ちゃんねる検索「ネット流行語大賞2007」
流行語大賞候補


「KY」「オッパッピー」流行語大賞候補発表
11月15日20時42分配信 産経新聞

 今年の流行語大賞の候補60語が出そろった。「KY(空気が読めない)」「鈍感力」「赤ちゃんポスト」「オッパッピー」…。スポーツではゴルフ界の新星、石川遼の代名詞「ハニカミ王子」、ボクシングの亀田大毅戦で注目された反則技「サミング」、バドミントン界の人気ペア「オグシオ」などがエントリーされた。
 角界からの候補語もある。急死した新弟子に前師匠が暴行していたことで社会問題化した時津風部屋騒動で注目されたキーワード「かわいがり」である。本来は強くするために弟弟子に激しいけいこをつけることだが、一連の騒動で「いじめ」同然の言葉となった。(以下略)
――――――





2007年ユーキャン新語流行語大賞の候補語60語を発表します。
このことばの中から大賞・トップテンが選ばれ12月3日に発表されます。ご期待ください。

KY(空気が読めない)   産む機械   事務所費   ナントカ還元水   しょうがない   お友達内閣   背水の陣内閣   共生   マダム・スシ   そのまんまショック   (宮崎を)どげんかせんといかん   宮崎のセールスマン   身体検査   姫の虎退治   (消えた)年金   オグシオ   ハニカミ王子   かわいがり   サミング   国民の期待に応えられました   そんなの関係ねぇ   オッパッピー   どんだけぇ~   欧米か!   ビクトリー/ビリーズブートキャンプ   千の風になって   がばい(旋風)   おしりかじり虫   別に・・・   干物女   格差婚   鈍感力   赤ちゃんポスト   1円○○(1円パチンコ、1円携帯)   鉄子   ミンチ偽装(偽装食肉)   猛暑日   ふるさと納税   モンスターペアレント   闇サイト   ネットカフェ難民   デトックス   カワユス/ギザカワユス   コンプライアンス   金属ドロ   チャイナショック/チャイナフリー   大食い(メガ○○)   フードファイター   ワーキングプア   (核施設の)無能力化   もてぷよ   不都合な真実   大人かわいい   ハケン   工場萌え   炎上   Dice-K   奪回   ハンカチ世代   (一連の)ルー語  



「アサヒる」は?

「チャイナショック/チャイナフリー」ってあるけど、「ダンボール肉まん」の方がインパクトが強かったのに残念だ。

「そんなの関係ねぇ」 「オッパッピー」 「どんだけぇ~」 「KY」 の声が多いようだ。


過去10年の流行語

2006年・・・イナバウアー、品格

2005年・・・小泉劇場、想定内

2004年・・・チョー気持ちいい

2003年・・・毒まんじゅう、なんでだろう~

2002年・・・タマちゃん、中津江村

2001年・・・米百俵、聖域なき改革、恐れず怯まず捉われず、骨太の方針、ワイドショー内閣、改革の「痛み」

2000年・・・おっはー、IT革命

1999年・・・ブッチホン、リベンジ、雑草魂

1998年・・・ハマの大魔神、「だっちゅーの」

1997年・・・失楽園







2007年11月5日17:35現在のトップ10は以下の通り。

1.アサヒる 
2.アッー!
3.スイーツ(笑)
4.滝川ルネッサンス
5.Nice Boat.
6.スイーツ(笑)
7.初音ミク
8.ニコニコ動画
9.自重
10.アベする
2ちゃんねる検索が「ネット流行語大賞2007」の募集を開始






Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.