正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200710<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200712
責任なし38 便衣隊狩りは正当・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史・便衣兵摘出(兵民分離)作業は簡単で正確だった


Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし38 便衣隊狩りは正当


これは「責任なし37南京、便衣兵の攪乱工作2」の続きです。


 日本軍は13日の午後、南京に突入し、一歩一歩注意深く前進しました。どこに敵が潜んでいるか判らないからです。
 14日、15日、は中国兵の掃討、便衣兵の摘発が行われ、17日は入城式、18日は戦没兵士の慰霊祭です。

 松井大将はこの時、中国兵も同時に慰霊するつもりでしたが、他の将軍達の反対や準備不足などで止めました。
 尚、17日から18日にかけての夜、幕府山で悲劇が起こります。

 第13師団に大量の中国兵が投降して来たのですが、多すぎて処置に困り、こっそり揚子江の対岸に逃がそうとした所、対岸から撃たれ、捕虜が暴れだして、結局、機関銃で撃ち殺さざるを得なくなりました。

 翌日調べたところ死体は千くらいで残りの三千は逃げたとのことです。

 19日には、第十軍は杭州攻略戦に向けてUターンし、他の部隊も21日に各配置場所に向けて南京城を去りました。

 22日からは第16師団だけが南京警備に残されました。

 ところが、第9師団だけは、居残って安全区の便衣隊摘発をやっていたようです。
 特に第7連隊は、24日まで粘って、かなり過酷な摘発と処刑をやったようです。

‐‐‐‐

 こういう事が、大虐殺として、宣伝される原因です。
 しかしながら、先に示しましたように、これも理由があっての事です。
 中国兵が、降伏もせず、安全区に武器を持ったまま潜入したのが原因です。

 彼らは、安全区内に大量の武器を持ち込み、略奪・強姦・放火を行い、反乱も画策しました。

 従って、日本軍の便衣隊狩りには正当性があります。

 間違えて民間人を摘発したとか、兵民分離がずさんだとか、ロクに調べもせずに適当に連行して殺したとかあるでしょう。
 これを非難するのは簡単です。

 しかしながら、そうなるように仕組んでるのは中国です。彼らは意図的にそうしているのですから。

 中国には古来から《兵隊が民間人に化け、民間人の間から攻撃をかけ、民間人の間に逃げ込む》という卑怯な戦法があります。
 これは意図的に、無関係な民間人を巻き添えにし、盾にします。

 この作戦は、相手が善人であればあるほど有効です。善人であれば民間人を攻撃できません。
 その中に隠れて攻撃すれば、こんな楽なことはありません。

 相手が反撃して民間人を殺せば市民を虐殺したと宣伝できます。
 かつ、相手の善人は罪の意識にさいなまれるでしょう。そこが付け目です。

 つまり、この戦法は相手の善人心を逆手にとっての戦法なのです。日本軍もある程度、中国と戦争していると、そのやり方が理解でき、日本的奇麗事・善人根性では対応できないことが解かって来ます。

 そうすると、中国的非常手段をとらなければならなくなります。
 しかしながら日本人は、中国軍のように《中国人もろとも日本人を殺す》という非情さに徹し切れません。

 兵隊と民間人を選り分けようとしますが、簡単には区別がつきません。潜伏した中国兵が良心的な存在なら問題ありませんが、油断してたら、どこで攻撃されるか判らない存在です。

 そんな状態では、疑わしい者を片っ端からしょっ引いて殺す、というのもやむを得ない事でしょう。奇麗事を言ってたら自分が危ないのですから。
彼らはわざと、日本軍が間違えて民間人を摘発するようにしています。自分が助かる為に。

 従って、非は中国にあります。過酷な便衣隊摘発処刑・誤民間人の処刑等の全責任は中国にあります。そのような作戦を当たり前のように行なう中国に問題があるのです。非は日本にありません。我々が罪の意識を持つのは間違いです。

‐‐‐‐

 便衣隊狩りに参加された心優しき方が、罪の意識を感じて、残酷証言をなされてますが、もう、ご自分を責めるのはおやめ下さい。あれは戦争だったのです。

 あなた方は謀略によって残酷な事をせざるを得ない状況に置かれただけです。
 あなた方に罪はありません。向こうはもっと汚い残酷で卑怯な事をしています。

 彼らは、古代から大虐殺をやり続け、今もチベットで行なっています。皆様方の善意の証言は、その真実を覆い隠すことになります。それは決してアジアの人達との平和や友好の為にはならないでしょう。

つづく








rekisisiranai さんは、「間違えて民間人を摘発したとか、兵民分離がずさんだとか、ロクに調べもせずに適当に連行して殺したとかあるでしょう。」と述べたが、私はこの見解は違うと思う。

兵民分離は簡単であり、便衣兵と間違えて民間人を摘出して処刑したことはなかったと思う。

ミニー・ボートリン日記には、夫や兄弟などが何人も便衣兵と間違えられて連行されたという支那人女性の訴えが記述されているが、支那軍は徴兵しない成年男子を一家に一人しか認めなかったので、こんな訴えは嘘だとすぐに判明する。




●関連記事

責任なし37 南京、便衣兵の攪乱工作1
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27740643.html

責任なし37南京、便衣兵の攪乱工作2
Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27769912.html

南京虐殺は嘘11 支那人反日撹乱工作隊1
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6500457.html

南京虐殺は嘘12 支那人反日撹乱工作隊2
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6568114.html

南京虐殺は嘘13 支那人反日撹乱工作隊3
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/6666133.html

南京虐殺は嘘66・支那軍による虐殺6
南京における虐殺と反日撹乱工作
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/11329215.html

南京虐殺は嘘77・便衣兵の処断は当たり前1
支那軍便衣隊(兵)の活動事例
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12180420.html



南京虐殺は嘘78・便衣兵の処断は当たり前2
現実問題として処断しなければ一般住民と日本軍将兵の犠牲者は急増した
兵民分離(便衣兵摘出)作業に間違いはなかった
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12257289.html

(一部抜粋)


2006年8月13日の「NHKスペシャル」で、元日本兵が「便衣兵と民間人の区別はつかなった」と言っていたが、それは実際に便衣兵摘出作業を行わなかった者の想像に過ぎない。

実際に便衣兵摘出作業を行った日本兵は、便衣兵と民間人の区別は容易かつ正確に出来たと証言する。


――――――
市民が日本軍による「残敵掃討」の際に間違って捕らえられたのではないか、という疑問が出て来よう。
しかし、その疑いは極めて低い。
なぜなら第七連隊は、手のタコや軍帽跡まで調べていた。
その上、「本十五日迄捕獲したる俘虜を調査せし所に依れば殆ど下士官のみにして将校は認められざる状況なり」
と記して、将校がいないことに注意を喚起していた。
ということは、捕らえられた者が市民か兵士かを厳しく選別したうえ、兵士とすれば階級まで確認していたことを意味するからである。
「諸君」2002・4「ベイツの化けの皮」東中野修道

Ω Ω Ω



便衣兵摘発の状況
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ryunosuke/8312/page034.html


(一部抜粋)

 上の写真は5000-6000人ということですから、規模的に見て12月16日に歩兵第七連隊が行った便衣兵摘出の光景と考えられます。安全区で外見的特長から摘発された容疑者は、安全区の外側に集められ憲兵による取調べを受けています。
 毎日新聞のキャプションでもこの集団は「正規兵」となっていますから、摘出されたほとんどの者が客観的に兵士に見えたということでしょう。写真手前側の男が上着の胸をはだけて取調べを受けているのが分かります。軍隊から支給された下着かどうかのチェックだと思われます。
 
 兵士の多くは坊主頭だったそうです。実際にこの写真で判別できる範囲の人間も、ほとんどが坊主頭であることが確認できます。これにヘルメット焼けや、銃ダコの有無、その他の身体的特徴が重なった場合は「兵士」と考えたようです。
 南京に避難した住民の多くは貧困層で、首都防衛にあたって大規模な徴兵が行われた事などを考えると、上記写真に写っている男性が「一般市民」である確立はかなり低いと考えてよいでしょう。(南京市民で徴兵された者も、徴兵された以上は兵士であり、安全区に家族がいて無実を訴えたとしても市民としては扱われない)

 実際に現場にいた毎日新聞の記者も「多数の一般市民」とは記しておらず、逃亡を企てた正規兵とキャプションをつけています。

(略)

 また、兵民分離査問に立会した内田義直氏(陸軍省通訳官・第十六師団警備司令部配属)は、その実態を次のように述べている。



 「中国人の言葉には地方訛りがある。南京を守備した中国軍は、広東、広西、湖南の兵隊で南方訛りであって、言葉で兵隊と市民の区別は難しかった。しかし、体つきを見れば兵隊と一般市民とは、直ぐ区別がつく。自治委員会の中国人と一緒に相談しながら分離作業をやったので、一般市民を狩り立てることはなかった。上着だけが民間服で、下着が兵隊服のものが多く、すぐ見分けがついた。」







尚、幕府山事件に関しては、nmwgipさんのHPが詳しい。

幕府山事件
宣誓に依らざる捕虜解放に関する誤解
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/Bakufu.html








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

ミサイル防衛の移動展開訓練を来月から新宿御苑や市ヶ谷駐屯地など10か所で実施・MDは役に立たない・迎撃は絶望的なのだから税金の無駄使いはやめて日本は核武装しなければならない


PAC3


ミサイル防衛の移動展開訓練を来月から新宿御苑など10か所で実施

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071125-00000402-yom-soci


ミサイル防衛、来月から訓練実施…新宿御苑など10か所で
11月25日15時5分配信 読売新聞

 弾道ミサイル攻撃から首都は守れるのか――。防衛省は12月から、ミサイルを地上から撃ち落とす地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の移動展開訓練を、東京・新宿御苑や防衛省のある市ヶ谷駐屯地など都内約10か所の公園や施設で実施する。

 緊急時に迎撃部隊が展開する場所を決めるためで、精密兵器の運用に重要な通信環境、障害物の有無などを綿密に調査し、“その時”に備える。

 PAC3は今年3月、埼玉・航空自衛隊入間基地に初配備された。だが、発射される迎撃ミサイルの射程は15~20キロと短く、都心まで約40キロも離れた同基地からでは、皇居や首相官邸、国会議事堂のほか、中央省庁が集中する霞が関を狙った弾道ミサイルを迎撃することはできない。
――――――






●MDは役に立たない(関連記事)

MDは全く役に立たない 『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3942761.html

核シェルターとMD。MDは役に立たないが、核シェルターは大いに有効。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4542490.html

MD実験用の攻撃側ミサイル「アリーズ」は「ノドン」より大きくて遅い。
実験で成功しても実戦では役に立たない。
MDは無理だから核武装して抑止力を持て!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4586467.html

PAC3は遅くて大きいミサイル(アル・サムードやアビバル100)でさえ半分も迎撃できない。
速くて小さい支那の東風21や北のノドンは迎撃不可能
セオドア・ポストル教授(MIT)もMDは役に立たないと指摘
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/13737690.html

<ミサイル防衛>海上配備型の発射実験実施へ
海自が初めて
だから何なの?
仮に実験に成功しても実践では役に立たないのがMDの恐ろしいところ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16882873.html

迎撃地点の探知防止・PAC3擬装作戦・首都圏の基地巡回・防衛省方針
MDは役に立たない
キッシンジャー氏:日本の核武装警戒、74年の米公文書で判明
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/17635394.html

集団的自衛権の行使容認を提言へ・首相の私的懇談会
米国に向かった弾道ミサイルを日本がMDで迎撃すべき?←無理無理
核恫喝されればお終いだし、MDでは支那や北朝鮮やロシアの弾道ミサイルを撃ち落とせない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/21949155.html

露が新型SLBMを量産しMD網に対抗
そこまで頑張らなくてもMDでは弾道ミサイルを撃ち落せない
見過ごされ続ける膨大な税金の無駄使い
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/23657226.html

米が戦域高高度広域防衛(THAAD)のミサイル実験が成功?
所詮はインチキ迎撃実験に過ぎない
MDは役に立たない
MDでは日本の核武装の代わりには成り得ない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/26862466.html

(一部抜粋)


以前にも述べたことだが、MDの化けの皮が剥がれるまで訴え続ける。

支那の毒食品も長年訴え続けて、今年の5月にようやく世間に知れ渡った。

MDが役に立たず、我々の税金の膨大な無駄使いであることも、世間に知れ渡るまで訴え続ける。


MDの迎撃実験が成功するのは、支那や北朝鮮やロシアの弾道ミサイルより遅くて大きい実験用のミサイルが、事前に飛んで来るコースを知らされているからだ。



実験用ミサイルよりも速くて小さいロシアや支那や北朝鮮の弾道ミサイルが、いつ、どこに飛んで来るか分からない実戦では役に立たない。

1991年の湾岸戦争でも迎撃成功率はせいぜい9%(イスラエル軍事筋によれば1%)であり、MDの実戦での迎撃成功率は1%~9%でしかない。


石破や久間などの族議員がアメリカのMD関連企業などからキックバックを貰うだけではなく、防衛省の幹部までが天下り先の確保などのためにMDが役立つという嘘宣伝に加担しているとしか考えられない。

日本がMDを配備することによって核武装を踏み止まれば有難いと考えている支那の手先勢力である野党やマスコミは、この日本国民の税金の膨大な無駄使いを追求しない。

インターネットや一部の出版物でしか真実は分からない。




アメリカは、巨額のMD開発費用を日本へのMD販売で補いながら、日本のMD関連技術を吸い取ることができるし、更には日本の自主核武装も思い止まらせることが出来るのだから「一石三鳥」だ。

はっきり言って、アメリカはMDが役に立つなんて全く考えておらず、日本人を騙して日本からカネと技術を奪い取りながら日本に核武装をさせない道具としか考えていない。




そもそも、自国に報復される恐れが無いMDより、報復される可能性がある日本の核武装のほうが、ロシアや支那などの安全保障戦略にとってはよりダメージが大きいという簡単な事実を理解しなければならない。

ロシアや支那などが自国にふりかかる新たなコストの問題からMDに反対しているが、連中の本心を言えば、それで日本人がMDを核武装の代用品になると思い込み、日本が核武装を諦めるならそれは大局的な戦略として彼らにとって勝利を意味する。

そしてそれはアメリカの対日戦略においてもやはり勝利を意味する。

莫大なカネのかかるMDの買い手確保、しかも日本は非核のままゆえに相変わらず米国のコントロール下からは外れない。

結局、日本国民の生命と財産と自由は最終的な局面で周辺の核大国に握られたままになる。

まず抑止力(核武装)を持った後に公共の核シェルターをつくり、それでも予算が余っていればMDを考えることにまでは反対しない。

しかし、MDは自主的な核抑止力の保有(日本の核武装)の代わりには決してなり得ない。








くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

ゲストブック【優先】お蔭様で20,000コメント


額にくっきりとしたハート模様を持つ牝馬「トレジャースマイル」
(岩手・水沢)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071124-00000058-jij-soci&kz=soci




お蔭様で20,000コメントを突破しました。

m(._.)m

ぺこ<(_ _)>


2万コメントをゲットしてくださったのは、ブログ「マスコミに騙されるな!」のカラカラ帝さんでした。

さて、







ここは「ゲストブック」の代わりです。


ゲストブックは滅多に見ませんので、こちらのコメント欄に書き込みをお願いします。


―――――――
日本に戦争責任なし!

戦争責任はソ連・支那・米国・英国などにありました。

南京大虐殺なんて嘘っぱちのでっち上げです。

日本軍が虐殺した南京市民はゼロ(0人)です。

正しい歴史認識の普及と、国益最優先の外交と、日本の核武装の実現を目指してブログを始めました。




「日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!」



日本国民の生命と財産を守り、日本国民の権利と利益を最大限に追求します。

売国奴(国賊)は許しません。

絶対反対!北京五輪!

「維新政党・新風」を応援しています。





このブログは、今年の6月頃、何故かYahoo!のブログランキング から除外されてしまいました。

そこで、今は励みと宣伝を兼ねて「くつろぐブログランキング」に参加してます。

最近、「ビジネス・経済 > 政治 」カテゴリで、「城内実(きうちみのる)オフィシャルサイト 」と接戦となっています。

城内実氏は、私も尊敬している立派な政治家ですが、それはそれ、これはこれです。



コメント、傑作クリック同様、「ランクリ」(記事中のくつろぐブログランキングのURLアドレスをクリック)もよろしくお願いします。



くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

豪下院選で労働党が大勝、11年半ぶり政権奪回・支那は歓迎・新首相に就任するラッドは親支那派・世界中で次々と支那の工作員が首脳に・売国放送局NHK天安門事件大虐殺なかったとアサヒる「クローズアップ現代」
豪総選挙、野党勝利 労働党党首、ケビン・ラッド氏 外交官出身の親支派


豪総選挙、野党勝利 労働党党首、ケビン・ラッド氏 外交官出身の親中派
11月25日8時0分配信 産経新聞

 自他ともに認める親中派の政治家だ。中国との出合いは10歳のとき。母親から中国古代文明の本を与えられ、歴史ロマンに没頭した。11歳のときに父親を交通事故で亡くし、苦学の末、オーストラリア国立大で中国語と中国史を学んだ。

 中国語の腕前は9月、胡錦濤・中国国家主席との会談を中国語で行い、主席をうならせたほど。外交官出身で北京の大使館で働いた経歴ももつ。(以下略)







<オーストラリア>総選挙 中国は労働党勝利を歓迎
11月24日21時50分配信 毎日新聞

 【北京・浦松丈二】中国は豪州総選挙でラッド党首率いる労働党が勝利したことを歓迎している。中国の胡錦濤国家主席は今年9月に豪州を訪問した際、同党首とも会談していた。

 胡主席は会談で「オーストラリアとは経済貿易、エネルギー資源、教育文化、オリンピック主催の分野で全面的な協力関係を発展させたい」と労働党の協力を求めていた。野党党首との会談は異例であり、政権交代を視野に入れたものとみられていた。

 ラッド党首は大学で中国史などを学び、80年代に外交官として北京に駐在した経験がある。「陸克文」という中国名まで持つ中国通だ。





<オーストラリア>新首相に就任するラッド氏は親中国派
11月24日22時1分配信 毎日新聞

 24日のオーストラリア総選挙で勝利した労働党首のケビン・ラッド氏(50)は、労組出身が多い労働党幹部では珍しく元外交官。北京大使館にも駐在し、豪政界きっての親中国派とされる。9月、アジア太平洋経済協力会議(APEC)で訪豪した胡錦涛国家主席との会談を中国語でこなし、胡主席から「中国の真の理解者」と持ち上げられた。(以下略)








あーあ、また支那の工作員が国家の首脳になってしまったよ。

日本で支那の工作員である福田が首相になって、オーストラリアでも支那の工作員が首相になり、来年アメリカで支那のメス豚ヒラリーが大統領になったら、この世もお終いだ。

このままだと世界は侵略・大量殺戮大好き国家の支那に征服されてしまうよ。

最近できたNHKの信じられない報道に関する動画を紹介したい。

もう、支那のためなら何でもありだ。






売国放送局NHK 中国天安門事件大虐殺なかったとアサヒる「クローズアップ現代」 海外メディア・チャンネル桜との比較

 NHKクローズアップ現代は、天安門事件の大虐殺がなかったと報じている。海外メディ アやチャンネル桜との取り扱いを比較すると、NHKは中国当局の主張、中国当局と取り 引きした工作員の意見をそのまま垂れ流ししているだけだということが明白。
 「地獄図だ」と報じた海外メディア、チャンネル桜によって報じられた戦車にひき殺され た人民の写真・・・・よく「虐殺はなかった」と言えたものだ。NHKが中国のプロパガ ンダ機関であることがよくわかる。
※一部音声に欠け・乱れあり
 テレビ東京の中国食品を取り上げた特集番組では、前半は中国のひどい側面を見せ、後半 は中国進出企業が衛生的な食品を作る奮闘ぶりを映すことにより、結果的に中国に親近感 を与える内容に仕上げられていた。
 中国政府の協力のもとにこれらの番組が作られていることは明らかで、中国に好印象を植 え付けようとする巧妙な工作だということに注意が必要だ。














Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.