FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
教科書の沖縄戦「集団自決」修正問題で文科省が見直し検討・福田、町村、渡海らも・軍命令の事実は確認されておらず、軍命令は嘘だったとの告白証言を無視・こうして歴史は偽造されていく

沖縄集団自決
教科書検定で修正された記述が見直されることになれば、極めて異例

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071001-00000014-yom-soci


教科書の沖縄戦「集団自決」修正問題、文科省が見直し検討
10月1日22時58分配信 読売新聞

 来年度から使用される高校日本史の教科書検定を巡り、沖縄戦の集団自決に「日本軍の強制があった」とする表現を文部科学省が検定意見をつけて修正させた問題で、同省は修正された記述の見直しが出来るかどうか検討に入った。

 先月29日に沖縄県で開かれた、検定意見撤回を求める沖縄県民大会に11万人が参加したことを受けた対応。

 教科書検定で修正された記述が見直されることになれば、極めて異例だ。

 渡海文部科学相は1日、報道陣に対し、「沖縄の人たちの気持ちも考え、何をするべきか、何をできるかを考える必要がある」と述べ、できるだけ早い時期に結論を出す考えを示した。
――――――






日本軍が強制した事実など確認されていない。

むしろ、「遺族補償のために日本軍の命令としてきたが、実は嘘だった」との告白証言が複数あるのに、どうして声高に叫ばれたからといって修正された教科書の記述を見直さなければならないのか全く理解できない。

何が何でも日本軍を悪者にしておきたい反日勢力がごねれば教科書の記述って変わるものなのか?

こんなことで、ごね得を許して良いのか?

「こうして歴史は偽造されていくんだなー」とつくづく思ってしまう。









■関連記事




沖縄戦の集団自決・日本軍「強制」は修正
高校教科書の検定結果・文科省
渡嘉敷島集団自決の軍命令は否定
大江健三郎や岩波書店などは猛省せよ!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/18020187.html





許容する余地はない大江健三郎の人権侵害的記述
秦郁彦の稀に見る正論
沖縄戦の集団自決と大江氏裁判
両守備隊長の優れた人間性明らか
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/18020187.html

(一部抜粋)


・・・・・
≪「自決せず生きのびて」≫

 裁判は進行中だが、原告側は座間味村役場の援護係だった宮村幸延氏が昭和62年に、集団自決は当時の村役場助役の命令だったが、遺族補償のため梅沢守備隊長の命令として申請した事情を記して、梅沢氏へ渡した「詫(わ)び状」を提出した。梅沢氏の無実を証する決定的証拠といえるもので、文科省の検定でも援用された。

 これに対し大江氏側は「詫び状」は宮村氏を泥酔状態に陥れハンコを押させたとか、守備隊長と記し実名は書いていないから特定できぬはずだとか、日本軍全体の非人間性に目を向けろ式の見苦しい弁明に終始している。

 その半面、法廷記録から浮かびあがってきたのは赤松、梅沢両氏のすぐれた人間性であった。25歳、27歳の若さなのに彼らは絶望的な戦況下、数百人の部下と島民をまとめ、冷静、沈着な判断力で終戦までの5カ月をしのいだ。「自決するな。生きのびなさい」と指示したのに、米軍の砲火でパニックに陥り死を選んだ島民を思いやって「汚名」を甘受した2人に比し、「現存する日本人ノーベル文学賞作家」の醜悪な心事はきわだつ。
・・・・






沖縄集団自決で検定意見撤回求めた県民大会に11万人参加
反日捏造主義者たちと反日マスコミが執拗に煽って再び問題化
秦郁彦の【正論】報道は冷静な検証の姿勢忘れずに
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/25794763.html

(一部抜粋)


≪情緒過剰な記事が並ぶ≫
・・・・
今や生き残りといっても、当時は10歳前後だった人たちが主だから、要領をえないあやふやな証言ばかりになってしまった。

 たとえば、県の意見書のまとめ役になった当時8歳だった議員の体験談は「200人ほどの住民と壕に隠れていたところ、3人の日本兵が来て、泣き続けていた3歳の妹といとこに毒入りのおむすびを食べさせるよう迫った。敵に気づかれるのを恐れたため」(6月23日付朝日)というのだが、記者は不自然さに気づかなかったのだろうか。

 激戦のさなかに毒入りおむすびを作る余裕があるのか、毒と告げて親が食べさせるものか、食べたとしても、苦悶(くもん)の泣き声に変わるだけではないのか、そんなことをしなくても、200人も入っている広い洞穴なら奥へ移ればすむのではないか、と疑問の種はつきない。問題はそうした検証をいっさい放棄して、記事に仕立てた記者の資質にある。


 ≪攻撃用武器の手投げ弾≫

 ついでに記すと、県議会では「集団自決の軍命令はあったはず」と主張する野党と「なかったらしい」と主張する与党の議員が対立、妥協のすえ意見書は「日本軍による関与なしに起こり得なかった」という争点を外した表現におちついたとのこと。

 「関与」とは一部で日本軍の手投げ弾が自決用に使われたのを指しているらしいが、兵器不足に悩み、兵士に竹槍まで持たせていた日本軍にとって、手投げ弾は貴重な攻撃用武器だった。現地召集の防衛隊員(軍人)に持たせていたものが家族の自決に流用されたのに、16歳だった語り部の元短大学長が「手投げ弾は自決命令を現実化したものだ」と語るのを、朝日が社説(6月23日付)で「悲惨な証言」と信じ込み、引用しているのはいかがなものか。
・・・・・






くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
http://kutsulog.net/cat03-1.php?id=66431
クリックお願いします

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.