正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
責任なし2 中国の反日策謀・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史

Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし2 中国の反日策謀


これは「責任なし1 義和団の乱」の続きです。

 中国は1894年の日清戦争で負けた後、日本に取られた領土を取り返すべく、欧米列強に働きかけました。
 いわゆる“夷を以って夷を制す”です。

 そして1895年に三国干渉でうまく遼東半島を取り返したのですが、その代わりドイツに膠州湾と青島を、イギリスに威海衛と九龍を、ロシアからは遼東半島の旅順と大連を、フランスからは広州湾を租借させられました。

 その後1896年、中国はロシアと日本を仮想敵国とした秘密同盟条約を結び、ロシアに満洲での鉄道敷設権やその他の権益を与えます。
 この条約によって中国は日露戦争の前から最中にかけて、ロシアに有利な秘密の援助を与えました。

 日露戦争の最中、新民屯の営長をしていた張作霖がロシア軍の食料・弾薬の輸送をしていて、日本軍に捕まります。
 彼は死刑になる所でしたが、井戸川少佐と田中義一中佐(後の首相)の嘆願で助けられました。

 田中義一氏と張作霖の二人は後に満洲問題で関わってきます。

 その次に、日露戦争で日本が勝ち満洲の利権を手に入れると中国は、それを妨害する工作に出ました。

 1906年 日本が南満洲鉄道株式会社を設立するや、翌年には英国にファークメン鉄道の契約を持ちかけ、日本の企業を無力化させようと企んだのです。もっともこれは英国が日英同盟のよしみで受けなかった為、陰謀は失敗しますが。

 中国の妨害工作が、余りに露骨で執拗なため、日本は遂に対華二十一か条の要求を出さざるを得なくなりました。
 その目的は中国に侵害されかけている満州の利権を保護することにあったのです。

 要求は第1号から第5号まで、大別して5項目に分かれていますが、加藤外相の本命は第2号の満蒙問題でした。
 この要求に、元老・軍部・財界などがそれぞれの要望を付け加えた為21ヶ条に膨んだのです。

 そして、この中の第5号が悪名高い項目です。しかしこの第5号(希望条項)も元老の反対で締結2日前には削除されました。

 袁世凱は、これを受諾するにあたり「日本の方から最後通牒のようなものをつき突付けてくれ」と要求したのです。
 その方が呑みやすくなる。脅されてやったのなら国民に言い訳がたつというものです。

 そんな事を言われて「ハイそうですか!」とやる日本人もどうかと思うのですが。
 ナイーブというか馬鹿というか。お陰で日本人は完璧に悪者にされてしまいました。

 もっとも、こういうやり方は中国の常套手段で、後で何度も同じ事が出てきます。
 そして中国はこれを反日宣伝に大いに利用しました。結果、中国人の間に反日感情が高まります。

 1919年1月中国はベルサイユ会議で21ヶ条条約の破棄を訴える行動に出ました。
 しかし、これが通らないとなると、次は、5月4日学生を主体とする反日運動を起こし全国的に拡大しました。

 その後1921年のワシントン会議で「条約国が中国に特殊利益を獲得する行為を認めない」 という9カ国条約が結ばれ、日本は譲歩して21ヶ条問題を片付けました。

 しかし中国は排日運動を強め、1928年5月、南京の国民教育会議で

一、国家の屈辱に関する豊富な資料を、中学校及び小学校の教科書に載せる事。

二、我らの国家的屈辱に関する事実を宣伝し、どの国が中国の最大の敵であるかを国民に印象付けるために、
   あらゆる機会を用いて学校を利用すること。

三、四、五、……略

などの決議を採択しました。この中の「最大の敵」とは日本の事です。
 尤もその前から幼稚園の本には「日本は敵国だ。…侵略国だ…」とあったそうですけど。

 こうやって、反日教育を受けた子供が大人へと育っていき日本人への憎悪を醸成するわけです。そして、このような排日・侮日の悪宣伝を信じ、激昂した者が居留日本人を襲撃するようになります。

 大部分は(K・カール・カワカミ著『シナ大陸の真相』)より引用

 なお、この中国の反日の裏にはソ連の工作もありますので、次はソ連の反日工作について紹介します。









■関連記事

●重要
「二十一カ条要求」
「日本の支那侵略の現れ」とか「支那の抗日運動激化のきっかけ」と言われる「21か条要求」の真相
実は袁世凱のヤラセだった!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/19487390.html



幣原外相の対支宥和外交で図に乗った国民党
反日的教科書・無数の暴力行為(対日テロ)
日本は侵略国か、それとも権利を侵害された国か
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14404914.html










人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

支那が臓器移植仲介の日本人を拘束・支那で行われている臓器移植の主なドナー(臓器提供者)は死刑囚ではなく、実際には無実の法輪功学習者・絶対反対!北京五輪!


支那が臓器移植仲介の日本人を拘束


移植仲介の邦人拘束=公安局が通報、組織代表か-不透明実態を捜査・中国
10月13日3時0分配信 時事通信

 【北京12日時事】中国で日本人に対する臓器移植を仲介している日本人男性が中国公安当局に拘束されたことが12日分かった。遼寧省瀋陽市公安局が9月、瀋陽の日本総領事館に対して日本人を拘束するなど捜査を進めていると通報した。
中国政府は既に外国人が国内で移植を受けることを禁止。
公安当局は、死刑囚がドナー(臓器提供者)の大半を占め、病院・医師が司法当局と癒着して臓器を獲得するなど不透明な移植実態の解明に向けて捜査しているとみられる。

 一方、中国で移植手術を受けた日本人の通訳や付き添いでサポートする組織「中国国際臓器移植支援センター」(本部瀋陽市)代表の日本人男性が9月中旬以降、行方不明になっている。周辺関係筋によると、同センター代表は中国に入国した際に上海で拘束され、瀋陽市公安局が取り調べている。
――――――




>中国政府は既に外国人が国内で移植を受けることを禁止。


支那人が移植を受けるのは良いが、外国人は駄目だという。
やましいことがなければ外国人が支那で移植を受けることを禁止する必要はない。
と言うか、去年までは散々支那国内において外国人に臓器移植が行われていたが、ドナー(臓器提供者)が死刑囚ではなく、実は無実の法輪功学習者だったことが、カナダの議員や弁護士などの調査で判明してしまったから、禁止にしただけなのだ。




>公安当局は、死刑囚がドナー(臓器提供者)の大半を占め、・・・


したがって、この部分は真っ赤な嘘だ。
実際にドナー(臓器提供者)となっているのは、死刑囚ではなく、無実の法輪功学習者だ。
時事通信は、支那当局が吐く大嘘を事実のように垂れ流すのをやめろ。


病気になって臓器が必要な人にとっては、臓器提供は何よりも有り難いことだ。
私は、処刑された後の死刑囚から臓器を摘出して必要な人に移植することは理解する。
しかし、支那の権力者たちが無実の人間(法輪功学習者)を犯罪者に仕立て上げ、金儲けのために無実の法輪功学習者から臓器を摘出するということは、絶対に許せない。


月刊「WiLL」2007年2月号に大紀元編集部の荘金鐘が支那の臓器狩りについて寄稿している。
2000年~2005年の6年間で、6万件の臓器移植が行われ、その大半が法輪功学習者からの摘出だと指摘している。


(以下概要)

――――――
支那では死刑囚からの臓器移植が行われているが、アムネスティ・インターナショナルの報告によると、支那で処刑された死刑囚の人数は、1995年~1999年には年平均1680人で、2000年から2005年には1616人。あまり大きな変化はない。

ところが、法輪功への本格的な迫害が始まった2000年頃から支那では臓器移植が急増している。

公表された報告によると、1999年までに支那で行われた臓器移植は約3万件で、特に1994年~99年の6年間では18500件だという。
「中国医療臓器移植協会」副会長の石秉義教授は最初の臓器移植が行われてから2005年までに、合計で約9万件の臓器移植が行われたと述べた。
これにより、2000年~2005年の6年間で約6万件の臓器移植が行われたことが明らかになった。

法輪功の迫害の始まり(2000年頃)と臓器移植の急増は見事に符合する。

また、脳死からの臓器提供は2006年までのすべての臓器移植のなかで、僅か9件しかない。
 
1994年~1999年の出所が明かな臓器による移植が18500件なので、2000年~2005年にも同じ件数の出所が明かな臓器による移植が行われたとすると、石教授のいう6万件のうち、はっきりしない件数は約4万件になる。

中国国際移植センターでの臓器の待ち時間は僅か1週間で、他も似たり寄ったりだ。

摘出後の腎臓の機能時間は24時間~48時間、肝臓が12時間とされているので、新鮮な臓器を提供するには、大量の生きている提供者を確保するしかない。

つまり、生きた人間による人体臓器バンクがあることになる。
 
直接、中山病院肝臓移植センターへ電話したところ、提供される臓器は全部法輪功信者の青壮年だと答えたという。
――――――


売買される臓器=Internal organs removal from person who is alive






Click please!

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上、クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.