FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
責任なし4 第一次南京事件(1927年)・Yahoo!掲示板でrekisisiranai さんが語った真実の歴史


1927年3月27日付朝日新聞夕刊に掲載された写真




Yahoo!掲示板


投稿者 :
rekisisiranai


日本の戦争責任


責任なし4 第一次南京事件


これは「責任なし3 ロシア・ソ連の反日工作」の続きです。


 昭和元年(1926年)蒋介石は、他の軍閥を倒して中国を統一する為、北伐を開始しました。
 この北伐は中国の国内問題ですから、日本としては干渉する気はありません。

 ただ一つ問題があります。それは中国軍の常として、軍が都市を通過する際、略奪・強姦・殺戮・放火など乱暴・狼藉を働らく事です。 従って警戒しなければなりません。

 ところが南京の森岡領事は、今の平和主義者と全く同じ考えで《こちらが善意で接すれば、相手も善意で返してくれる》と信じている人でした。だから《過度に防備を備えて相手を刺激してはいけない》と考えていたのです。

 その結果どうなったか、そこの所を児島襄著『日中戦争』で見てみましょう。


 森岡領事は、国民革命軍が入城した以上「十中八九危険は去った」と判断し、荒木大尉に"武装"の撤去を求めた。
 午前七時ごろ、約三十人の国民革命軍兵士が訪れ、敗兵の所在を訊ねたが、不在と聞くと黙って去った。

 日本人一同が安心していると、約三十分後、五十人程の兵士が「疾風の如く」領事館に乱入して、警察署長木村三畩の所持品を奪い左腕に貫通銃創を負わせた。

 同時に居合わせた陸軍武官根元博少佐も腰を銃床でなぐられ、署長と少佐は領事の病室に避難した。
 二人が逃げると呼笛が鳴らされ、すかさず平服の女性と青年を先頭にした兵士達約二百人が喚声をあげて領事館内になだれ込んだ。

 掠奪品運搬の為、トラック、馬車、人力車までが続行した。 暴兵と暴民は荒れ狂った。
 館内の隅々まで先を争って走り込み、トランクを開け戸棚を壊して物品を掠奪した。

 男女の別なく衣服を奪われ財布・時計・指環は例外なく奪取されたほか、次々に衣服をぬがされて身体検査をされた。
 女性の場合は下着までぬがされて「忍ブベカラザル」検査さえされた。

 森岡領事は荒木大尉を自室に呼び「気の毒ながら各兵の階級章及び帽子の如き標識を一時取り去られたし」と言った。
 荒木大尉は血相を変えた。国民を外敵から守るのが軍人の本務、それを戦うなと言うだけでなく軍装まで解けと言う。

 「度を過ごしたる無抵抗主義」は、却って相手の増長心を刺激し暴行を激化させる。
 そう思ったが「在留民の生命が風前の灯だから」と病床に深々と頭を垂れる領事を見て承知した。

 森岡領事の病室にも暴兵が乱入し、室内の品を奪ったあと領事の布団・寝間着も剥いで行った。
 一人の暴兵が領事めがけて威嚇射撃を行い、居合わせた邦人数人が逃げ領事の他、夫人・木村三畩署長・根元博少佐の三人が残った。

 「外に出よう」 領事がベランダに出たとたん一人の暴兵が走り込んで来て、木村署長は左胸を銃剣で刺されて階下に逃げ、根元少佐は後続した二人の暴兵に左腹部・左臀部を刺され、ベランダ下の貯水槽に転落した。

 暴兵達はひとわたり荒し回ると事務所の大金庫に集中した。
こじ開けようとしたが開かないので館員のだれかれとなく鍵を出せと迫った。

 領事夫妻はベランダにいたが、裏庭に避難した邦人達が「暴兵達が車庫からガソリンを持ち出して放火しようとしている」と告げたので、階下に降り金庫の鍵を煙突の破口に投げ込んで、一同と合流した。

 暴兵は尚も、一同に迫り交互に銃剣を突きつけて鍵を要求していたが、午前十時半ごろ、一人の中国人将校が現れて、暴行を制止し終わった。

とあります。本文は長いので抜粋しました。


 尚、この様な掠奪・暴行は市内の全ての外国人のいる所で行われた様です。

 そして、4月末に領事館を訪ねた佐々木少佐は「…金物という金物はドアのハンドルにいたるまで取り外し、窓枠の木材、ガラス、床板すべてが持ち去られ…」と記録しています。

 また、女性に対する「身体検査」というのも本当は強姦の事実を隠す"外交辞令"で、実際には27人に輪姦された婦人もいるとの事です。

 この事件で屈辱的な「無抵抗」を強いられた荒木大尉は自決しました。

 次は済南事件です。








■関連記事

1927年の「南京事件」・最低だった幣原宥和外交
第5章日本は侵略国か、それとも権利を侵された国か
『シナ大陸の真相1931~1938』K・カール・カワカミ著4
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14335293.html

【今日は何の日?】1927年:南京事件が起こる・蒋介石の北伐軍が外国領事館などを襲撃
強姦・虐殺『暗黒大陸中国の真実』ラルフ・タウンゼント著
最低の幣原宥和外交『シナ大陸の真相』K・カール・カワカミ著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16589572.html








くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
http://kutsulog.net/cat03-1.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします

亀田史郎のセコンドライセンス無期停止は最低1年か・亀田大毅には1年間ライセンス停止、兄・興毅には厳重戒告処分・日本ボクシングコミッション(JBC)倫理委員会が処分決定・TBSも同罪だ


亀田父資格停止 最低1年以上か
大毅には1年間ライセンス停止、父・史郎にはセコンドライセンス無期停止、兄・興毅選手には厳重戒告


亀田父資格停止 最低1年以上か
10月15日22時13分配信 産経新聞

 世界戦のリングを汚した暴挙に対し、日本ボクシング協会(JBC)は厳罰で臨んだ。中でも、亀田大毅選手の父、史郎トレーナーには陣営の中で最も重い無期限の「セコンドライセンス停止処分」。解除を受けるまでボクシング界とはかかわりをもてない。兄弟の親である“諸悪の根源”に、一時退場を命じた形となった。
 史郎トレーナーは昨年9月、後楽園ホールで行われた亀田大毅選手のノンタイトル戦で、観客と乱闘騒ぎを起こし、警視庁富坂署から事情聴取を受けた上、JBCから厳重注意処分を受けた。これを含めこれまでに2度、厳重注意処分を受けている。
 今回の世界戦では試合前、「しゃー、なんやこら」などと相手側に体を寄せた。また、11回開始前に亀田大毅選手に反則を促すような言動があったと認められた。
 安河内剛事務局長はこれまでの問題行動を加味したとし、「威嚇、恫喝(どうかつ)。チーフセコンドとしてあるまじき行為」と非難。今後は選手のセコンドやトレーナーとして教えることも禁止。合宿への帯同も許されない。
 同じの処分では昭和57年、協栄ジムの故金平正紀会長が、世界戦で対戦相手に薬物の入ったオレンジジュースを飲ませていたことが発覚。平成元年まで、ライセンスは戻らなかった。史郎トレーナーも復帰には最低1年以上かかるとみられる。
 亀田大毅選手については、12回の「レスリング行為」について、故意の反則とし「世界戦のリングを冒涜(ぼうとく)するもの」と指摘。ただ、倫理委員会の斉藤慎一委員長は「前途ある選手。ひとつの苦労を乗り越えて、返り咲く可能性を秘めている」と18歳の若さに“温情”を加味したことも付け加えた。
 兄の興毅選手は、史郎トレーナーと同様に反則指示が指摘されていたが、疑惑はあるものの「100%確認できない」とし、出場停止は見送った。
 「オーナーライセンス3カ月停止」の協栄ジム、金平桂一郎会長については実際の活動にほとんど影響は出ず、「自浄作用に期待したい」とした。
 また、ジム経営者らで組織する東日本ボクシング協会(大橋秀行会長)は、金平会長を「厳重戒告」処分などとし、練習場所や合宿を独自に行っている亀田家について、今後、ジムの管理下におくよう誓約書を提出させるとした。
――――――




亀田史郎(父)はセコンドライセンス【剥奪】ではなく、【無期停止】だった。

どうやら1年そこそこの資格停止のようだ。

亀田興毅(兄)への「厳重戒告処分」というのは処罰してないのと同じ。

↓これでも、ホントに確認できないの?↓

亀田家のボクシング用語を実践



キンタマ打ってもええから


おい大毅
ヒジでもいいから目ぇ入れろ!な?おもいっきり
目ぇもっといけよ!
目のとこ重点的に突くぞ






公正な放送をしなかったTBSの中継スタッフも同罪だ!


●TBSの主な不祥事(2006年5月以降のみ)

2006年5月、番組で紹介した白インゲン豆ダイエットを試した視聴者が多数入院

6月、筑紫哲也の「ニュース23」で、“超訳”。靖国神社に、「行くべきでないと強く感じているわけではない」と語ったヘンリー・ハイド米下院議員のコメントを、「行くべきではないと強く思っている」と日本語字幕を付けて放送

7月、報道番組「イブニング・ファイブ」の731部隊に関する捏造報道の中で、内容と関係のない安倍晋三官房長官の顔写真を映す

8月、「KUNOICHI」収録中、一般参加者の1人が感電して病院で手当てを受けるが、総務省などに届け出ず


2007年1月、「みのもんたの朝ズバッ!」で不二家が賞味期限切れチョコ再出荷と捏造報道

2月、頭のよくなる音・ハイパーソニック音で過剰表現・論文無断使用

情報番組「サンデー・ジャポン」で柳沢発言を不適切編集

3月、「人間!これでいいのだ」で捏造発覚

情報番組「サンデー・ジャポン」が11日の放送で柳沢伯夫厚生労働相の発言を不適切に編集

“2ちゃんねるそっくり”掲示板放映 TBS「担当者が作成」

「新SASUKE2007」の収録で、お笑いコンビ「ブラックマヨネーズ」のメンバー小杉竜一(33)が左肩を脱臼する事故などを隠蔽

2006年12月~2007年4月、情報番組「サンデー・ジャポン」の番組スタッフが、取材日時を事前連絡し街頭インタビューに同一人物を4回登場させた

6月、石川遼選手(はにかみ王子)の同伴競技者に「盗聴」のため小型マイクを装着するよう依頼。また第1日から上空にヘリコプターを飛ばしプレイを中断させる。

9月、TBSの情報番組「ピンポン!」が、年金問題について民主党議員が舛添厚労相を一方的に批判する内容の放送を流す「欠席裁判」

10月、WBCフライ級タイトル戦で実況や解説が亀田大毅寄りで亀田の反則も碌に非難せず、1500件の抗議が殺到

10月、「みのもんたの朝ズバッ!」のスポーツコーナー担当の高田茂が女子トイレ内で盗撮を試み逮捕


すっごい滑るよ! TBS不祥事の歴史年表
http://www24.atwiki.jp/sweatslip/pages/259.html

TBSの免許を剥奪しろ!




Click please!
くつろぐブログランキング
ブログランキング(ビジネス・経済)
クリック、よろしくお願いします
ゲストブック【優先】お蔭様でブログ開設1周年

10月15日、お蔭様でブログ開設1周年となりました。

m(._.)m

ぺこ<(_ _)>





ここは「ゲストブック」の代わりです。


ゲストブックは滅多に見ませんので、こちらのコメント欄に書き込みをお願いします。


―――――――
日本に戦争責任なし!

戦争責任はソ連・支那・米国・英国などにありました。

南京大虐殺なんて嘘っぱちのでっち上げです。

日本軍が虐殺した南京市民はゼロ(0人)です。

正しい歴史認識の普及と、国益最優先の外交と、日本の核武装の実現を目指してブログを始めました。




「日本国民の生命と財産と自由を守る核武装!」



日本国民の生命と財産を守り、日本国民の権利と利益を最大限に追求します。

売国奴(国賊)は許しません。

絶対反対!北京五輪!

「維新政党・新風」を応援しています。







くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
http://kutsulog.net/cat03-1.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.