正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200709<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200711
台湾で16年ぶりの軍事パレード・独自開発ミサイルなど一般公開し台湾防衛の決意を示す・来年3月の総統選は謝長廷と馬英九の一騎打ち・非核の日本や台湾のせめてもの抑止力は三峡ダムへのミサイル攻撃


台湾の軍事パレード 来年3月の総統選 三峡ダム攻撃

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071010-00000054-mai-int


<台湾>16年ぶりの軍事パレード 辛亥革命を記念
10月10日18時7分配信 毎日新聞

 辛亥革命(1911年)を記念する台湾の「双十節」の10日、台北市内の総統府前で、16年ぶりの軍事パレードが実施された。独自開発の対空ミサイルなど台湾軍の装備が一般公開された。来年5月に退任する陳水扁総統にとって、在任中最後の双十節。軍事パレードの復活は内外に台湾防衛の決意を示す狙いがある。
――――――






台湾の陳水扁総統(56)の後任を決める総統選は、来年3月22日が投開票だ。


昨日の産経新聞によると、与党・民主進歩党の候補、謝長廷・元行政院長(首相、61)と、最大野党、支那国民党の馬英九前主席(57)による実質的な一騎打ちで、激しい論戦を展開しているという。

「終極統一」を目指す国民党に対し、独立志向を強める民進党。

ただ、「和解共生」を掲げる謝長廷は、支那との関係で政治的には「独立」を目指しながらも、経済で対支開放路線を提唱し、対話による対支関係の緊張緩和を目指しているため、民進党内でも対支強硬姿勢で支持拡大を狙う急進的な独立派は謝長廷の協調路線に批判的だ。

一方、国民党の馬英九は、香港生まれで支那湖南省の省籍を持ているため、本省人(戦前からの台湾住民)が抱く不信感は根深い。

台湾メディアの世論調査によれば、支持率は、今のところ馬英九が20ポイント近くリードしている。



国民党の馬英九が総統になれば、北京五輪後、台湾は支那に取り込まれる大ピンチを招くだろう。



本日、16年ぶりに行なった軍事パレードの復活は、陳水扁総統が内外に台湾防衛の決意を示す狙いがあるという。



私は、日本は勿論のこと、台湾も核武装するべきだと思う。


台湾は、支那の主権が及ばない立派な独立国家だ。

歴史的にみても台湾は全く支那ではなく、支那が頻繁にいう「台湾は不可分の固有の領土」などというのは根も葉もない出鱈目だ。

また、台湾は、「自由」、「民主主義」、「法治主義」、「人権」などの価値観を日本と共有しており、支那とは全く相容れない。



台湾も、日本と共に核武装して、自他共に認める正式な独立主権国家に早くなってもらいたい。



現時点で、支那の核攻撃に対する抑止力として台湾軍部が考えていることは、三峡ダム攻撃用の高精度バンカーバスター巡航ミサイルだという話がYahoo!掲示板でされていた。

重慶から南京、上海に至る揚子江流域の巨大都市群の人口は数億人だ。

タダでも脆くて危険といわれている三峡ダム本体に命中すれば、300億トンの津波(水爆)が時速百kmのスピードで揚子江下流域を襲うという。

核装備を持たない台湾国防部も、これなら支那の核攻撃をある程度は抑止できることになる。


日本も、すぐに核武装をしないなら、支那の核兵器に怯えて唯々諾々と支那に従うだけでなく、せめてこの程度の有効な抑止力となる通常兵器をきちんと備えておくべきだ。







くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
http://kutsulog.net/cat03-1.php?id=66431
クリックお願いします

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.