FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200704
<ミサイル防衛>海上配備型の発射実験実施へ・海自が初めて・だから何なの?・仮に実験に成功しても実践では役に立たないのがMDの恐ろしいところ


<ミサイル防衛>海上配備型の発射実験実施へ 海自が初めて
3月28日13時19分配信 毎日新聞

 【ワシントン及川正也】米国防総省ミサイル防衛局は27日、日本が配備するミサイル防衛(MD)網のうち海上配備型迎撃ミサイル(SM3)の発射実験を今年末に実施すると明らかにした。昨年は日米合同で米軍のSM3発射実験を実施したが、海上自衛隊による迎撃実験は初めて。日本配備のMDの性能が試されることになる。
 オベリング同局長が27日に下院軍事委員会戦略軍小委員会に提出した書面証言で明らかにした。実験では海上自衛隊の最新鋭イージス護衛艦「こんごう」装備のSM3が中距離弾道ミサイルから分離された弾頭を迎撃する。「こんごう」には今年後半にSM3システムが配備される予定。
 昨年6月には米軍のSM3発射実験に海自のイージス艦「きりしま」が参加し、標的をレーダーで捕捉、追尾する実験が実施された。同局は08年に2回目の共同実験を実施する計画。

最終更新:3月28日13時42分

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000056-mai-int&kz=int





>弾道ミサイルから分離された弾頭を迎撃する



ふーん、分離された複数の弾頭を迎撃しようとしているのか。

それは結構なことだが、予め、何時、何処に飛んで来るのか分かっている標的をレーダーで捕捉、追尾、迎撃する実験を何度成功しても、実戦では役に立たないという恐るべき事実をどうするのだろうか?

また、支那大陸の奥から発射された場合、たとえ日本海上のイージス艦が捕捉、追尾できたとしても、SM3の射高が標的に達しないという話もあった。
実験では、当然、射程・射高が届く範囲で行われるだろうが、実戦と実験とでは何から何まで大違いだ。

こんなもモノに日本国民の税金を無駄使いされるのでは溜まったものではない。






日本の政治家(石破や久間など)は国民の生命・財産を危険に晒したまま、「MDの利権」を模索しているにすぎない。

そもそも、自国に報復される恐れが無いMDより、報復される可能性がある日本の核武装のほうが、支那の安全保障戦略にとってはよりダメージが大きいという簡単な事実を理解しなければならない。

支那などが自国にふりかかる新たなコストの問題からMDに反対しているが、連中の本心を言えば、それで日本人がMDを核武装の代用品になると思い込み、日本が核武装を諦めるならそれは大局的な戦略として彼らにとって勝利を意味する。

そしてそれはアメリカの対日戦略においてもやはり勝利を意味する。

莫大なカネのかかるMDの買い手確保、しかも日本は非核のままゆえに相変わらず米国のコントロール下からは外れない。

結局、日本は最終的な局面で周辺の大国に生存権を握られたままになる。

まず抑止力(核武装)を持った後に公共の核シェルターをつくり、それでも予算が余っていればMDを考えれば良い。

MDは独自の核抑止の保有(日本の核武装)の代わりにはなり得ない。






■関連記事


MDは全く役に立たない 『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3942761.html


PAC3は遅くて大きいミサイル(アル・サムードやアビバル100)でさえ半分も迎撃できない。
速くて小さい支那の東風21や北のノドンは迎撃不可能
セオドア・ポストル教授(MIT)もMDは役に立たないと指摘
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/13737690.html


MD実験用の攻撃側ミサイル「アリーズ」は「ノドン」より大きくて遅い。
実験で成功しても実戦では役に立たない。
MDは無理だから核武装して抑止力を持て!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4586467.html


核シェルターとMD。MDは役に立たないが、核シェルターは大いに有効。
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/4542490.html

謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚1~13・目次・・・・米下院の慰安婦決議、採決延期へ…安倍首相の訪米後に

米下院の慰安婦決議、採決延期へ…安倍首相の訪米後に
3月28日15時22分配信 読売新聞

 【ワシントン=五十嵐文】旧日本軍のいわゆる従軍慰安婦問題をめぐり日本政府に正式な謝罪を求める決議案の米下院での採決が、4月下旬に予定される安倍首相の訪米後に持ち越される方向となった。

 決議案を審議している下院外交委員会のエニ・ファレオマバエガ・アジア太平洋地球環境小委員長が27日、本紙の取材に対し、明らかにした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000407-yom-int







さて、どうなることやら・・・

もう安倍には期待しない方が良さそうだが・・・



さて、2007/3/14から続けてきた【謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚】シリーズは、昨日の13回目で一区切りつけます。

また、良いネタがあれば、続けて掲載します。

ご愛顧いただきありがとうございました。


今後しばらくは、『世界政治と東亜』G・F・ハドソン著(1939年)を抜粋・引用して紹介していこうと考えています。

こちらも、よろしくお願いします。








謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚



謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚1
内閣改造直後に突然「村山談話」
少数で決めた「侵略」の謝罪
「東京裁判史観を基に個人的な思い」
2005/08/02, 産経新聞
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/15853879.html



謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚2
総辞職前日の慰安婦談話「河野談話」
裏付けなく認めた強制連行
河野洋平は支那の化学兵器の処理にも無理矢理日本国民の税金を使用
2005/08/03, 産経新聞
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/15913810.html





謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚3
「ラダ・ビノード・パール」(パル博士)?
1952年・わざわざごていねいに英文パンフレットまで出して、日本の《罪悪》を謝罪する日本外務省への怒り
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/15981369.html



謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚4
「ラダ・ビノード・パール」(パル博士)?
1952年広島原爆慰霊碑『安らかに眠って下さい。過ちは繰り返しませぬから』に慨嘆
「子孫のため誤れた歴史は書きかえよ」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16050037.html





謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚5
韓国「心からの反省と謝罪をすることを恐れてはならない」
東国原知事「韓国の慰安婦=なり手の多い娼婦」
支那にはせず日本にだけ謝罪を要求する韓国
謝罪は悪用される
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16106375.html





謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚6
安易な謝罪と無茶な非難
「正論」2002年12月・呉善花&金完燮
小泉訪朝拉致事件確定後の在日朝鮮人の発言「親の罪を子が償うことはできない」
朝鮮人強制連行の嘘
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16209985.html



謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚7
『謝罪派の破綻の瞬間』・進歩派の植民地認識の破綻
佐藤勝巳・和田春樹討論
日韓併合と日本統治の真実
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16291411.html



謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚8
宥和政策への反省足りぬ日本外交
言われなき加害者意識の払拭を・【正論】田久保忠衛
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16385119.html





謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚9
四面楚歌の計
南京大虐殺肯定派は工作員
香港返還の際の英国王室による香港支配肯定論と江沢民の感謝の意
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16451137.html





謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚10
慰安婦決議案、5月以降に採決=安倍首相訪米時の対応見極め
支那韓国に受け入れ意思なし・日本の謝罪目的達成せず
米国人日本研究者ジェーン・ヤマザキ、学術書で分析
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16518246.html





謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚11
「安倍再訪支前には胡の来日必要」中川昭一
「誠意」が通じない国
靖国での妥協や経済援助や謝罪などの日本の誠意は支那の力への屈服でしかない多数の失敗・櫻井よしこ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16651570.html



謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚12
英奴隷貿易廃止法200年で「国の謝罪」行わず
踏襲必要ない村山談話・だまし討ちの「謝罪決議」採択
小泉首相の失敗を受け継ぐな・櫻井よしこ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16730881.html



謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚13
安倍も謝罪(おわび)の能無し
ジェームズ・アワー氏「首相の靖国神社参拝は過去を反省し謝罪していないからだ」の非難は的外れ
支那は最初から関係改善を望んでいない
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/16810531.html




人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回、クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

日本の核武装に関する新刊2冊の紹介・?『核武装論――当たり前の話をしようではないか』西部邁著・?『ぼくらの核武装論』西村幸祐編集

北朝鮮核実験は失敗、保有認めずとCIA長官…韓国紙
3月28日18時38分配信 読売新聞

 【ソウル=福島恭二】28日付の韓国紙、中央日報は韓国国防関係者の話として、訪韓中のマイケル・ヘイデン米中央情報局(CIA)長官が27日、金章洙(キム・ジャンス)国防相との会談で、「米国は北朝鮮を核保有国と認めない。昨年の核実験が失敗したからだ」と述べた、と報じた。
(以下略)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070328-00000211-yom-int&kz=int









■日本の核武装に関する新刊の紹介





?『核武装論――当たり前の話をしようではないか』西部邁著

http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=1498843


現代新書

核武装論
当たり前の話をしようではないか
著者: 西部邁

発行年月日:2007/03/20
サイズ:新書判
ページ数:270
ISBN:978-4-06-149884-6

定価(税込):798円

在庫僅少

――――――




内容紹介
――――――
「非核三原則」には嗤いを、「核の傘」には疑いを。
核武装に現実味を感じていないのは日本人だけだ。
蔓延する偽善的な平和主義に抗して老師ニシベが語る「核」への天下の正論

北朝鮮の拉致問題、核武装問題が騒がれる今日、日本人が避けて通れない議論の核心!!
●「核」は使われない武器ではない
●「唯一の被爆国」はむしろ「言わぬが花」の部類である
●「生命最優先」と「核恐怖」の日本における蔓延
●米中接近の可能性についての日本人の無頓着
●国家の独立性は「核」の有無によって左右される




目次
――――――
第1章 核意識の蒙昧ぶり
第2章 自立心なければ核抑止もなし
第3章 核武装にはどんな民主制が必要か
第4章 独立自衛核への道










?『ぼくらの核武装論』西村幸祐編集

http://www.ch-sakura.jp/publications/book.html?id=506

ぼくらの核武装論 撃論ムック
西村幸祐【編集】

出版社 オークラ出版
ISBN 978-4775508930
紹介日 2007-3-9
この本を紹介した番組

報道ワイド日本


西村幸祐責任編集の、核武装論集大成。
チャンネル桜でもお馴染みの識者達が、日本は核を持つべきか?持たざるべきか?タブーを越えて語ります!



【内容】
◎総特集1 今、なぜ、核武装論なのか
 核思想の錬磨、それが核保有の条件 / 西部邁
 六カ国協議で高まった日本の危機 / 西尾幹二vs西村幸祐
 核保有を巡るFAQ / 佐藤正博
 北の核と拉致問題 / 野村旗守
 ほか

◎総特集2 敵の核に囲まれる、世界一危険な日本
 日本に向けられた核弾頭 / 平松茂雄
 核保有よりミサイル防衛を / 惠谷治
 命ある限り核武装に反対する / 青山繁晴
 ほか

◎特集 世界は日本の核をどう見るのか
 日本核武装は不可抗力な / 片岡鉄哉
 危機迫る台湾から、日本へのメッセージ / 黄文雄
 中国人から見た日本の核武 / 石平
 ほか

◎特集 女たちの核武装論
 天は自ら助くる者を助く! / 大高未貴
 日本の核武装論 核不拡散と国際政治の狭間で / 鈴木邦子
 女性にとっての核武装論 / 桜林美佐

◎総特集3 日本が核を持つ日










それから、当ブログの投票

日本は核武装するべきか?議論は?
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/POLL/yblog_poll_list.html?fid=625457


の締切が今週の土曜日に迫ってきています。

今までに140の投票と60のコメントを頂戴していますが、まだの方がいましたら是非とも投票してくださるようお願い申し上げます。


m(._.)m






人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.