FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200702<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200704
ヘンリー英王子が泥酔、カメラマンと取っ組み合い=大衆紙報道、王室は否定・主な君主国の継承の一覧

ヘンリー英王子が泥酔、カメラマンと取っ組み合い=大衆紙報道、王室は否定
3月25日17時9分配信 時事通信

【ロンドン25日】英国の大衆紙、ニューズ・オブ・ザ・ワールドは25日付で、同国のヘンリー王子がロンドンの高級ナイトクラブの前で、カメラマンと取っ組み合いを演じたと写真付きで報じた。
 同紙は、ヘンリー王子が地面に倒れて助け起こされている写真を掲載。また別の写真には、逃げようとするカメラマンの真後ろで、前のめりになりながら両腕をカメラマンの方に伸ばしている王子の姿が写っている。
 同紙によると、24日午前3時ころに騒動は起きた。カメラマンは同紙に、「ヘンリー王子は非常に酔っていた。僕が2、3枚写真を撮ると、僕の方に向かってきた。王子は僕につかみかかり、両腕を襟首と背中に巻きつけて押し倒そうとした。あれは襲撃だ」と語っている。
 別のカメラマンが語ったところによると、王子のボディーガードが止めようとしたところ、王子は急に体の向きを変えようとしてバランスを失い、あおむけに転倒したという。
 王室スポークスマンは、王子は歩道の縁につまづいてカメラマンに倒れ掛かっただけだと、この報道を否定している。ヘンリー王子は2004年にも、ナイトクラブの前でパパラッチと取っ組み合いを演じている。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000076-jij-ent









国名    代数   起源      継承

日本   125代 紀元前660年 男系継承、世界最古

デンマーク 54代  900年頃 女系容認

イギリス  40代  1066年  女系容認、現王室の初代はドイツ人

スウェーデン23代 1523年 女系容認、現王室の初代はフランス人

スペイン  17代  1479年 女系容認、現王室の初代はフランス人

タイ      9代  1782年 王が任命(王族男子)

オランダ   6代  1815年  女系容認

ベルギー   6代  1830年  女系容認、王室の初代はドイツ人

トンガ     4代  1845年  女系容認

ノルウェー 3代 1905年 女系容認、現王室の初代はデンマーク人

サウジアラビア 6代 1932年 男系継承

アラブ首長国連邦(UAE) 地方の世襲君主間の互選








●動画

世界最強の天皇陛下
http://jp.youtube.com/watch?v=lsOFxj9To-o





人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

謝罪外交の罪・詫びれば済むという錯覚11・「安倍再訪支前には胡の来日必要」中川昭一・「誠意」が通じない国・靖国での妥協や経済援助や謝罪などの日本の誠意は支那の力への屈服でしかない多数の失敗・櫻井よしこ

<中川政調会長>安倍首相再訪中前に胡主席の来日必要
3月24日19時35分配信 毎日新聞

 自民党の中川昭一政調会長は24日、金沢市内の講演で「(昨秋の)安倍晋三首相の訪中の後、(中国の)ナンバー1の胡錦濤国家主席が日本に来なければ、日中は対等の関係にならない」と述べ、安倍首相の再訪中の前に胡主席の来日が必要との認識を示した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070324-00000072-mai-pol







日本の要人は、無理してまで支那と交流する必要は全くない。

支那が日本に対して誠意を示すまでは、日本は支那と交流などする必要はない。








「誠意」が通じない国

【櫻井よしこ 小泉首相に申す】
2006/06/08, 産経新聞


 小泉純一郎首相は6日、凍結中の対中国円借款を解除、約740億円の供与を決めた。同日、中国外務省はこれを「不十分」とし「両国関係の改善と発展のために具体的で誠実な行動」を求めた。

 中川昭一農水相が「なんでまた援助を再開するのか正直言って分からない」と語ったように、国民にとっても分からない。

 援助再開は現状打開のためという見方がある。日中関係を"打開"するのであれば、援助の使い道はむしろ逆でなければならない。援助は日本の譲歩としてでなく、中国の譲歩を引き出すためにこそ用いるべきなのだ。

 そもそもなぜ、援助は凍結されたのか。それには十分かつ正当な理由があった。日本国民は、中国の横暴に心底憤っているのであり、援助凍結はその表現だ。反日デモ、領海侵犯、尖閣領有宣言、東シナ海の海底資源の略奪、日本の国連常任理事国入りへの執拗な反対工作、靖国神社参拝での内政干渉、際限のない軍事力の増強等々。

 これらすべてで、日本国民は中国に疑問を抱き憤っている。

 巨額の財政赤字に苦しむなか、国内では義務教育費や医療費まで削減し、ようやく捻出したおカネを発展途上国の援助に当ててきた。その貴重な国民の税金を、日本を貶(おとし)める中国に、なぜ与えるのかと国民が想(おも)うのは当然だ。こうした疑問を解き、援助再開で納得を得るには、中国こそが「具体的で誠実な行動」を示さなければならないのだと、日本政府は直截に中国に伝えることだ。そうした行動を中国側にとらせる梃子(てこ)としてこそ、経済援助を使うべきなのだ。

 振りかえれば、日中外交には思わず臍(ほぞ)をかむ多数の失敗が目につく。


 まず、靖国神社問題での失敗だ。ソ連の弱体化に伴って中国は、80年代半ばには対日戦略をそれまでの友好政策から強硬策へと切りかえていく。日本軍国主義復活への批判さえ始めた。そして85年8月15日には南京の「大虐殺殉難同胞記念館」などが公開された。

 同日、中曽根康弘首相は靖国神社を公式参拝した。それ以前は問題にしなかった靖国参拝を中国政府は激しく批判。中曽根氏が翌年から靖国参拝を見送ったのは周知のとおりだ。氏が日本人の心の問題を犠牲にして中国に妥協したことが、今日まで尾を引き、日本の国益を損ねている。

 次の失敗は皇室外交だ。89年の天安門事件で国際社会は中国に経済制裁を科した。それを、91年、先頭に立って解除したのは日本だった。中国のために骨を折ったつもりが、日本は思いがけないしっぺ返しを受ける。

 92年2月、中国が領海法を定め、尖閣諸島を中国領としたのだ。日本の領土を奪う中国に日本はしかし、またもや、スジを曲げて譲歩し、同年10月、日本の持てる最高最善の外交カードを切り、天皇皇后両陛下のご訪中を実現させたのだ。

 国内の強い反対に抗して断行されたご訪中だったが、その効果は当時も今も疑わしい。天皇陛下との会見で江沢民は「歴史を戒めとする」と発言。

 そして95年には、銭其●外相が、中国は日本に対する国家賠償は放棄したが「その中に個人の賠償は含まれていない」「賠償要求は中国国民の権利」だと述べた。

 同年5月、江沢民はモスクワで日本軍は中国人3500万人を死傷させたと演説。9月には人民大会堂で、右の虚構の数字を入れて再び日本を批判し、日本軍による直接被害は1000億ドル(12兆円)、間接被害は5000億ドル(60兆円)と語った。


 その先に今年4月2日の「中国民間対日賠償請求連合会」の設立がある。反日運動の象徴の童増氏が日中戦争当時の民間人の被害と損害賠償を求めて作ったもので、中国共産党が公認し、中国共産党、政府、軍のOBが多数、名前を連ねた。歴史問題をカードにする中国外交は一貫しているのだ。

 靖国での妥協も、経済援助も、日本側はそれを日本の中国に対する"誠意"と考える。しかし、中国にその誠意は届かない。中国から見れば、日本の誠意は、中国の力への日本の屈服でしかない。眼前の状況の改善に汲々とし戦略を欠く日本は、徹頭徹尾、戦略の国、中国に翻弄(ほんろう)されるばかりだ。

 経団連の新会長、御手洗冨士夫氏が靖国問題は日中関係の妨げになっていないと述べた。眼前の利益のために己の心や、譲ってはならない国益を投げ捨てることの愚を悟らせる発言だ。中国の横暴さも理不尽さも、小泉首相よりは、国民のほうが敏感に感じとっている。だからこそ、中国の罠にはまり、国民の想いとかけ離れた対処をすれば、己の政治生命が危うくなることに、小泉首相も与党も気づかなければならない。


●=深のさんずいを王へんに







人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

青い川に枯れる草、汚水排出工場の実態―北京市・木々は枯れ、夏には川から嫌なにおいが立ち上り、近隣住民は窓を開けることすらできなくなる


青い川に枯れる草、汚水排出工場の実態―北京市
3月25日6時7分配信 Record China

2007年3月23日、北京市都市管理部門はある紙箱工場の立ち入り検査を行った。記者は管理部門の係員とともにこの工場を訪れた。この工場には汚水排出の容疑があるのだ。


工場内に入ると、印刷機の横に2本の排水管があるのが見つかった。排水管には毒々しい色の液体が流れ込んでいる。この排水管は工場の外に通じており、1本は排水を公園の草地に直接流している。排水が流された一角の木々は枯れていた。
もう1本の排水管は近くを流れる小川に流れ込むようになっている。工場の近くに住む住民は「川の色は随分前から青くなってしまった」と証言する。夏には川から嫌なにおいが立ち上り、近隣住民は窓を開けることすらできなくなるという。

紙箱工場の責任者は、この工場の工業用排水の90%は工場内で処理しており、一部分だけが工場外に排水されていて、その排水も国家の環境保護基準をクリアしたものだと反論した。しかし主張を裏付ける証明書などは存在しなかった。検査した都市管理部門の係員によると、検査の結果、排水に問題があれば3日以内に解決するように命じられるとのことだ。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070325-00000002-rcdc-cn&kz=cn







木々が枯れ、夏には川から嫌なにおいが立ち上り、住人が窓を開けることすらできなくなる所で来年オリンピックが開催される・・・

どうして、こういう所が開催地に選ばれたのかつくづく疑問だ・・・








■関連記事



支那から「もや」、日本列島覆う…NASAが撮影・朝鮮半島と日本列島襲う支那の大気汚染と水質汚染
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/14044044.html
(大気と海水も汚されまくっている)





支那・汚染食品が拡大・卵や魚に発がん物資・工業用染料を混ぜた飼料を家禽に食わせる
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12263787.html


(一部抜粋)

七色に光り輝く、支那の美しき河川



http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/03/2005032223021.jpg

http://www.peacehall.com/news/gb/china/2005/03/2005032223022.jpg

http://www.peacehall.com/news/gb/china/2003/11/2003110613332.jpg

http://www.peacehall.com/news/gb/china/2003/07/2003070711022.jpg

http://www.people.ne.jp/2004/07/12/0712-1-1-220.jpg

http://www8.epochtimes.com/i4/2003-5-16-450-szlz-2d10.jpg

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.