FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201008<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201010
岡崎トミ子、片山善博が入閣?!・岡崎 トミ子の入閣が検討・総務相に片山善博前鳥取県知事が内定・国民の血税で韓国日本大使館前反日デモに参加した岡崎トミ子・「日本海」を「朝鮮東海」と呼び南北朝鮮との交流に異常な意欲を持つ片山善博
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




岡崎トミ子
日本国民の血税で韓国の反日デモに参加した国賊の岡崎トミ子

売国奴、国賊 片山善博
朝鮮語ペラペラで「日本海」のことを「朝鮮東海」と呼ぶ売国奴の片山善博

菅改造内閣、総務相に片山善博前鳥取県知事が内定、岡崎トミ子氏の入閣が検討

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20100917-00000585-fnn-pol

菅改造内閣、午後に発足へ 外相に前原国交相、総務相に片山善博前鳥取県知事が内定
フジテレビ系(FNN) 9月17日(金)6時25分配信
(一部抜粋)
閣僚人事では、総務相に片山善博前鳥取県知事が内定し、外相には前原国交相が横滑りで就任、後任の国交相に馬淵副大臣が昇格することが固まった。
玄葉政調会長の国家戦略担当相の兼務が内定したほか、野田財務相、蓮舫行政刷新担当相、それに北沢防衛相の続投が固まっている。
さらに大畠章宏氏の経産相への起用と、小川敏夫氏の法相起用が有力となっているほか、岡崎 トミ子氏の入閣が検討されている。




岡崎トミ子は、2003年2月12日、国民の血税で、韓国に行って、反日デモに参加している。

当時の産経新聞の記事は次のとおり。


民主・岡崎議員 ソウルで反日デモ
2003年2月13日、産経新聞

訪韓中の岡崎トミ子・民主党議員(参院)は十二日、ソウルの日本大使館前で行われた韓国の慰安婦問題支援団体が主催する日本政府糾弾の反日デモに参加し話題になっている。
このデモは支援団体が元慰安婦の韓国女性らとともに毎週水曜日、大使館前の路上で行っているもので、日本からも時々、支援者が参加するが国会議員は初めて。
 岡崎議員は慰安婦問題で日本政府による国家補償などを要求する日本での議員立法案に関連し韓国側との意見交換のため訪韓した。
 社民、共産など他の女性議員三人も一緒だが、日本大使館デモには、岡崎議員だけが参加した。
 岡崎議員は約百人の参加者を前に日本での立法活動を報告し、大使館の建物に向かって韓国人参加者たちとともにコブシを振り上げていた。
今回の女性議員団に対しては送迎などで日本大使館から公用車が提供されている。


岡崎トミ子


岡崎トミ子は、ソウルの日本大使館の公用車を使って、日本大使館前で行われた反日デモに参加し、反日韓国人たちと一緒に日本大使館に向かってコブシを振り上げた。

今回、岡田克也は幹事長に就任するようだが、当時も民主党の幹事長は岡田だった。

同じ民主党の松原仁議員は2月13日、岡田克也幹事長と会い、岡崎トミ子が韓国の日本大使館前で行われた反日デモに参加したことに関連し、「不適切な行為」として事実関係の確認を求める申し入れ書を提出した。

申し入れ書には15人が署名していた。

松原仁が「大使館に向かってこぶしを振り上げた行為は許しがたい」と述べたのに対し、岡田幹事長は、「(岡崎トミ子議員が参加したのは)反日デモではなく慰安婦問題のデモだ。」と説明した。

本当に酷い!

岡田克也の馬鹿っぷりは、半端じゃない。


岡田克也


岡崎トミ子自身も、2月13日の産経新聞記事に対する反論として同様のことを述べた。

http://www.tamanegiya.com/syakumei.html
(一部抜粋)
2)「水曜デモ」は反日デモではありません。
私が伺った「水曜デモ」は、反日デモではありません。「従軍慰安婦」とされたおばあさんたちが日本政府に対して謝罪と補償を求めるデモです。



アホ~!

「従軍慰安婦」などと自称する元売春婦の韓国人婆が日本政府に対して謝罪と補償を求めるデモのことを、「反日デモ」と言うんだよ!

この時から7年半経ち、この岡田克也と岡崎トミ子が、与党の幹事長と内閣の大臣になるというのだから、狂っている。

なお、岡崎トミ子は2月16日生まれで、金正日と同じ誕生日だ。


岡崎トミ子
――――――
岡崎トミ子(おかざき とみこ)
参 宮城 民主

・在日韓国人をはじめとする永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
・新政局懇談会
・戦時性的強制被害者問題解決促進法案
・二重国籍推進
・歴史リスクを乗り越える研究会(呼びかけ人)
・国旗及び国歌に関する法律に反対した議員
・平頂山事件に関し日本政府に公式謝罪を要求した議員
・外国人参政権賛成派
・旧社会党議員
・リベラルの会
・児童買春、児童ポルノに係る行為等の処罰及び児童の保護等に関する法律案(H11.3.31)
・『戦時性的強制被害者問題解決促進法案』の審議を要求する緊急集会参加議員
・「慰安婦問題解決オール連帯ネットワーク」旗揚げ集会(メッセージ送付)
・人権政策推進議員連盟(副会長)
・元慰安婦女性らの「水曜デモ」に参加(朝鮮日報)
・(人権擁護法案に関連して)受刑者の人権も考慮するべき(国会議事録:平成17年04月07日)
・従軍慰安婦問題、解決に向けて決意を表明(民主党)
――――――






片山善博

片山善博もかなり酷い。

片山善博は朝鮮語がペラペラであり、その言動からも、到底生粋の日本人とは思えない。

2002年7月30日から2泊3日の日程で、当時鳥取県知事だった片山善博は、朝鮮総連の朴井愚氏を道案内にし、石黒豊・県議会議長、黒見哲夫・境港市長、足立統一郎・境港商工会議所会頭などを引き連れ、知事レベルでは全国初の平壌公式訪問を果たした。


(朝鮮総連の朴井愚氏だって。そういえば八尾市立病院にも似たような名前の人が居たな…)

北朝鮮訪問「交流の糸口できた」 
地域間で推進に意欲 片山善博知事会見 /鳥取

(2002/08/09)

7月30日から2泊3日の日程で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の首都・平壌を訪問していた片山善博知事はこのほど行った会見で、「中央レベルと会うのは今回が初めてで、入り口を通過した点では、交流の糸口ができたと思う」と述べ、今後も県と北朝鮮の道レベルで地域間交流を進めていく意欲を示した。
片山知事のほか、石黒豊・県議会議長、米井悟県議、黒見哲夫・境港市長ら14人が中国・北京経由で訪問。宋浩京・朝日友好親善協会長らと会談した。 会談では具体的な交流先として、双方から咸鏡北道と江原道が挙がったが、片山知事は「互いに多くの人が行き来して相手の地域を知るということが大事で、まずそうした努力を進めていきたい」と述べた。
また、境港と羅津港との定期航路の開設について、片山知事が「両地域の発展にとって重要」と述べ実現に向けて双方が協力することを提案。北朝鮮側も「交流を深めることは大変いい構想なので 研究してみたい」と回答したという。 今回、元山市と10年間交流している境港市の黒見市長に、北朝鮮側から親善勲章が贈られた。(毎日新聞)



境港市長の黒見哲夫は、この訪朝で北朝鮮から勲章[朝鮮民主主義人民共和国親善勲章第二級]を授与された。

境港市は、現在大人気の「ゲゲゲの女房」の水木しげるの出身地として有名だが、京都舞鶴港と並んで北朝鮮の船が最も多く来航する港だった。

片山善博は、境港と羅津港との定期航路の開設について「両地域の発展にとって重要」と述べ実現に向けて意欲を示した。



http://www1.korea-np.co.jp/sinboj/sinboj2002/8/0809/61.htm

定期航路の開設、人の往来・交流
片山善博・鳥取県知事に聞く

2002年8月9日、朝鮮新報
(一部抜粋)

―「アリラン」を見た感想は。

 感銘を受けた。あのように多くの人を1つにまとめるということは、そう容易なことではない。「アリラン」を構想し指導したプロデューサーとは、いったいどのような人物なのかと思った。「アリラン」はとても水準の高い完成作品だ。すべての場面が美しく、構成、内容もよく練られている。日本人でも内容は十分に理解できた。前編は植民地時代、後編は統一問題を描いていたのでは。

(略)

引き続き交流の論議

 ―地域交流の展望は。

 朝・日友好親善協会の宋浩京会長と会談した際、地域交流をいかに進めていくかという論議を今後も引き続き深めていくことで一致した。これと関連した実務協議も行った。
 われわれは羅先市と境港市の間に定期航路を開設するという構想を持っている。まずは人の往来、交流を増やしていくことが必要だ。
 私も機会を見つけて再び朝鮮を訪れたい。次回は平壌だけではなく、地方都市にも行ってみたい。とくに日本海、いや朝鮮東海の沿岸地帯などを回ってみたい。



>とくに日本海、いや朝鮮東海の沿岸地帯などを回ってみたい。


いくら「朝鮮新報」(朝鮮総連の新聞)のインタビューだからといって、日本の知事が「日本海」のことを「朝鮮東海」と呼ぶなんて許されることではない。

これだけでも、片山善博は政治家失格、いや日本人失格だ。



『週刊文春』2003年5月1日・8日ゴールデンウィーク特大号
ジャーナリスト上杉隆

 主体(チュチェ)思想塔は平壌中心部を流れる大同江の東岸に立っている。高さ百七十メートル、金日成、正日親子を称える目的で建てられたランドマークだ。最上階の展望台まで一気にエレベーターで昇ると眼下には平壌市内が広がる。

 エレベーターを降りると、金日成、正日親子の肖像画が目に入る。正面の暗い廊下を進み、左側の二つめのドアを開けると、そこが貴賓室だ。部屋の壁にはやはり金親子の肖像画がかけられている。その脇に置かれたテレビからは、主体思想のすばらしさを謳うプロパガンダ映像が流されている。

 私の座ったソファーの前に一冊だけ記帳用のノートが置かれていた。説明では、主体思想への共鳴者がサインしていくという。そのサインの中に、ふと日本語が目に入った。〈鳥取県知事 片山善博 2002年7月31日〉

 鳥取県のホームページの「知事日誌」によれば、この訪問は鳥取県と北朝鮮を結ぶ定期航路の就航、さらにそれに伴う海上貿易が目的だ。しかし片山の訪朝後、北朝鮮は拉致を認め、いまも被害者の家族を帰そうともしない。片山が金政権を支える象徴でもある主体思想塔を訪れるだけならまだしも、そこで記帳して主体思想への“支持”を表明する必要があったのか。




●韓国人による玄界灘殺人事件で、鳥取県の漁船の行方不明者を捜索中に、観光交流促進のために韓国を訪問

2003年7月2日、玄界灘で鳥取県境港市の共和水産(株)所有の巻き網漁船「第18光洋丸」が、韓国の興亜海運社船主コンテナ船「フンア・ジュピター」が衝突されて沈没し、乗組員1人が死亡、6人が行方不明になった。

鳥取県の漁船が韓国のコンテナ船によって沈没させられ、1人が死亡、6人の行方不明者の捜索をしている時に、この共和水産(株)のある鳥取県の知事だった片山善博が何をしていたかというと、伝統旅館の女将などと一緒に観光交流促進のために韓国を訪問していた。

http://japanese.chosun.com/site/data/html_dir/2003/07/04/20030704000030.html
鳥取県PRのため本社を訪問した片山善博知事
2003年7月4日、朝鮮日報
(一部抜粋)
日本の片山善博鳥取県知事(51)が4日、伝統旅館の女将など、観光交流促進のための使節団と共に訪韓した。 片山知事はこの日、朝鮮(チョソン)日報社を訪問して「イラク戦争、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)の核問題、重症急性呼吸器症候群(SARS)などの影響で、相互の往来が激減した」としながら、「来月には鳥取に美しい『日韓友好交流公園』も誕生するので、多くの人に訪れてほしい」と述べた。



片山善博鳥取県知事は、懸命の行方不明者の捜索がおこなわれていた最中に、よりによって韓国を訪問し、鳥取県の『日韓友好交流公園』などをPRしていた。

しかし、この玄界灘殺人事件について片山善博鳥取県知事が韓国側に何らかの申し入れをしたという話は全く聞かない。


●関連記事

朝鮮人による玄界灘殺人事件
朝鮮語がぺらぺらの片山善博鳥取県知事のトンデモ言動「朝鮮東海」?!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/3634792.html





「岡崎トミ子や片山善博の入閣なんて正気の沙汰とは思えない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2019 Powered By FC2ブログ allrights reserved.