正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201310<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201312
実行せよ!韓国制裁論が自民議員から相次ぎ主張「融資引き揚げ」「ウォン買い占めによるウォン高」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131122-00000006-jct-soci
「韓国へ経済制裁を!」自民議員相次ぎ主張 「融資引き揚げ」「ウォン買い」…
J-CASTニュース 11月22日(金)19時38分配信

週刊誌が相次いで掲載した「韓国制裁論」。自民議員が入れ代わり立ち代わり登場している
週刊誌が相次いで掲載した「韓国制裁論」。自民議員が入れ代わり立ち代わり登場している

 「反日」韓国に、「経済制裁」で倍返しを食らわせてやれ――ごく一部の保守派論客が唱えるだけだったこんな強硬論が最近、大手週刊誌にも相次いで掲載されている。

 この1週間ほどだけでも、

  「日本メガバンクが融資を打ち切ればサムスンは一日で壊滅する」(週刊文春)
  「朴槿恵が泣いて謝罪する"5つの切り札" 韓国に『経済制裁』を!」(週刊ポスト)
  「韓国『撃沈』までの全シナリオ 経済制裁を発動せよ!」(FLASH)

などなど、「好戦的」な見出しのオンパレードだ。


■片山さつき参院議員ら相次ぎ強硬論

 しかもこれらの週刊誌では、自民党の議員たちが入れ替わり立ち代わり登場し、自ら先頭に立って「制裁論」をぶっている。

 たとえばポストのインタビューに答えた片山さつき参院議員は、基本的には韓国を無視すべきとしつつ、いざというときには経済制裁を取るべきだと主張する。具体的な話は伏せているものの、先日韓国の高裁で判決が下った戦時中の徴用工への賠償問題などで韓国側が日本企業に対し「差し押さえ」などの強硬策に出た場合には、「WTOなどに訴え、対抗措置を取ることはできるでしょう」。

 FLASHでは、やはり自民の金子恵美衆院議員が「経済制裁・圧力をかけて、韓国側が日本に歩み寄る状況に追い込む」必要があると大真面目に説く。

 安倍晋三首相によるとされる「愚かな国」発言を掲載して波紋を呼んだ文春でも、自民党総裁特別補佐の萩生田光一衆院議員が「ウォン買い占め」によるウォン高作戦に言及した。萩生田議員は首相側近で、自民若手のリーダー格の1人だ。韓国への「制裁」論が、政権のある程度中枢に近い部分にまで浸透していることがうかがえる。

■金融面では世界「81位」

 制裁の方法については「韓国からの融資引き揚げ」「ウォン買い」「資本財の輸出拒否」など意見が分かれるが、いずれも「経済」が韓国の弱点と見ていることは確かだ。

 一時は「日本を追い抜いた」とも言われた韓国経済だが、ここ最近は国際競争力ランキングでも順位を落とすなど(2013年は6ランクダウンの25位。日本は9位。世界経済フォーラム)、順調さを欠いている。特に金融面では世界81位と、他の産業の足を引っ張る有様で、国内では「みすぼらしい競争力」(中央日報)との嘆きさえ聞かれるほど。また輸出依存の高い経済状況、サムスンを除く財閥各社の経営不振など「不安材料」は少なくない。これを突けば韓国も「泣いて謝罪する」というのが制裁論者の主張だが――

 こうした議論は韓国側の耳にも届いており、現地メディアはいらだち交じりで報じている。たとえば大手紙・朝鮮日報では、サムスン関係者による「日本の資金には全く依存していない」という反論を掲載し、日本による融資引き揚げについても、「欧米に借入先を変更すればよい」「政治的な論理で資金を一気に引き揚げることはないはずだ」と反論する。

 やはりソウル経済では、日本からの投資は米国などに比べても少ないことを挙げ、実行されても影響は小さいと論じている。また「ウォン高」策も、「日本の損害が大きすぎる上に、被る国際的批判は見当もつかない」(金融関係者)と否定的だ。「できっこない」「他国が黙っちゃいない」といささか他力本願気味ではあるが、なかなか強気に見える。

 しかし、同じくソウル経済は、「とはいえ……」と不安も覗かせる。

  「国際的な金融不安などの機に乗じられれば、影響は大きくなるかもしれない」

 韓国・イーデイリーも、日本側の主張を「ありえない!」と全面否定しながらも、「日本の経済規模は我が国より5倍も大きいし、ITなど主要産業で部品を日本に依存している。経済制裁論は無視できない」と警戒心露わだ。



>この1週間ほどだけでも、
>「日本メガバンクが融資を打ち切ればサムスンは一日で壊滅する」(週刊文春)
>「朴槿恵が泣いて謝罪する"5つの切り札" 韓国に『経済制裁』を!」(週刊ポスト)
>「韓国『撃沈』までの全シナリオ 経済制裁を発動せよ!」(FLASH)
>などなど、「好戦的」な見出しのオンパレードだ。



週刊誌などの雑誌や夕刊紙などでの嫌韓報道や征韓報道は、今年はずっと増加傾向にあり、9月頃からは嫌韓・征韓のオンパレードとなっている。

嫌韓報道や征韓報道の方が、親韓報道や妄韓報道などよりも、雑誌や夕刊紙などが売れているのだ。

当たり前だろう。

テレビや大新聞は、何十年も前から虚構の親韓報道や妄韓報道ばかりのオンパレードだったが、それら親韓報道や妄韓報道が真っ赤なウソ(虚偽報道)だということを知る日本人が急拡大しているのだ。

10月5日には、親韓・妄韓の東京新聞(中日新聞)が【「売れる」進む過激化 増える嫌韓報道の「なぜ」】といタイトルで、嫌韓報道に関する特集記事を掲載した。

その一部を掲載する。

http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013100502000166.html
「売れる」進む過激化 増える嫌韓報道の「なぜ」
2013年10月5日、東京新聞

「韓国経済 反日放射能デマ」「『嫌がらせ反日』が止まらない」-。一部の夕刊紙や雑誌がこのところ「反韓・嫌韓報道」を繰り広げている。ネットや出版業界で「嫌韓」がブームになってから久しいが、なぜ今盛り上がっているのか。日韓関係が泥沼化する中、火に油を注ぐだけではないのか。一連の報道の真偽と背景を検証する。(荒井六貴、上田千秋)

 五十代のベテラン週刊誌記者は、嫌韓報道の背景をこう読み解く。
 「韓国と仲良くやろうという記事を掲載するより、反韓が売れるということだ。それは若い人に支持され、高齢世代にも少しずつ広がっている。読者アンケートでも、好評だというのをつかんでいるはずだ。三十代以下の若い編集者も反韓に共感する部分がある」

 最近の嫌韓報道の急先鋒(せんぽう)がフジサンケイグループの夕刊フジだ。
 四日発行の紙面でも「韓国経済 反日放射能デマ 大打撃」との大見出しが一面トップに躍った。福島原発事故の汚染水問題をめぐり、韓国が福島など八県の水産物の輸入を全面禁止したものの、ネットでうわさやデマが出回り、自国の水産業者が販売不振に陥っていると揶揄(やゆ)する内容だ。

 とにかく連日の嫌韓報道である。「韓国卑劣 東京五輪潰(つぶ)し画策」(九月七日発行)では、水産物の輸入禁止は、東京五輪決定を妨害するためだったのではないかと主張した。日本が、九州、山口の明治時代の産業革命遺産を世界文化遺産に推薦する際、韓国が「植民地時代に強制徴用された朝鮮半島出身者が働かされた場だ」と抗議した問題では、「五輪に続き世界遺産 韓国 下劣な妨害」(九月十九日発行)と断じた。

 週刊誌も負けていない。週刊ポストは九月三十日発売の最新号で「韓国『嫌がらせ反日』が止まらない」と題した特集を組み、同二十二日に発生した韓国人による靖国神社の「放火未遂」事件などを詳報した。硬派のニューズウィーク日本版も「韓国の自滅外交」(五月二十一日発売)などと韓国外交に異を唱える。

 こちら特報部が、韓国バッシングの意図などを各社に聞いたところ、フジは「粛々と事実を伝えている」、ポストは「編集方針はコメントできない」、ニューズウィークは「忙しくて対応できない」と答えた。
(以下略)






>しかもこれらの週刊誌では、自民党の議員たちが入れ替わり立ち代わり登場し、自ら先頭に立って「制裁論」をぶっている。


今頃になって「制裁論」をぶっているようでは遅過ぎる。

昨年8月に、当時の韓国大統領だった李明博が竹島に不法上陸し、天皇陛下に土下座謝罪要求した時点で、すぐに制裁論が出て、実行しなかったことの方が異常だ。


大統領が朴槿恵に変わった後、不当な反日工作は更に悪化しており、もうとっくに「制裁論」を実行に移してなければおかしい。

しかしながら、安倍首相は、今月になってても、相変わらず親韓・妄韓ぶりで、韓国の朴槿恵にラブコールを送り続けているから、理解できない。

――――――――――
11月15日、安倍首相は、韓国の国会議員と首相官邸で会談し韓国は、基本的価値を共有する重要な隣国だ。韓国で開催される冬のオリンピックや東京オリンピックを通じた協力など、さまざまな分野での協力を進めていくことが重要だ」と述べた。(関連記事

11月20日、安倍首相「朴槿恵大統領は私とだいたい同世代だし、以前は食事を共にしたこともある。非常に優れた指導者だと思っている」。「こちら側は常にドアは開いているし、対話を呼び掛けたい」

――――――――――






>たとえばポストのインタビューに答えた片山さつき参院議員は、基本的には韓国を無視すべきとしつつ、いざというときには経済制裁を取るべきだと主張する。具体的な話は伏せているものの、先日韓国の高裁で判決が下った戦時中の徴用工への賠償問題などで韓国側が日本企業に対し「差し押さえ」などの強硬策に出た場合には、「WTOなどに訴え、対抗措置を取ることはできるでしょう」。
片山さつき


片山さつき参院議員の主張は、間違ってはいないが、当たり前のことに過ぎない。

既に韓国の高裁判決自体が明らかな協定違反なのだ。

日本と韓国は、1965年に国交正常化した際に、「日韓基本条約」と同時に締結された付随協約の「日韓請求権並びに経済協力協定」を締結した。

「日韓請求権協定」によって日韓両政府は、日韓両国民【北朝鮮の分も含む】の個人の請求権を放棄した。

日韓請求権並びに経済協力協定
第二条
1 両締約国は、両締約国及びその国民(法人を含む。)の財産、権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権に関する問題が、千九百五十一年九月八日にサン・フランシスコ市で署名された日本国との平和条約第四条(a)に規定されたものを含めて、完全かつ最終的に解決されたこととなることを確認する。



サンフランシスコ講和条約(1952年発効)では、日本が整備した鉄道、港湾や預貯金、保険などの財産について、日本と朝鮮が互いに請求できる権利(財産請求権)が認められていた。

日本と韓国(北朝鮮も含む)が「過去の清算」をすると、日本が韓国(北朝鮮も含む)から約10兆9400億円を受け取る計算だった。

さらに、「個人の請求権」「個人補償」について言うと、日本人が朝鮮半島に残してきた個人資産は4兆9000億円で、朝鮮人が日本に残した個人資産は殆ど無いに等しい。

要するに、日本は、韓国に対して、国家財産と個人財産を合わせて15兆円以上の財産請求権があったが、「日韓請求権協定」によってそれを全て放棄した。

さらに日本は、北朝鮮の分も含めて韓国に経済援助をし終えている。

今さら三菱重工などの日本企業に対して、徴用された韓国人への賠償命令を出すことは、「日韓請求権協定」違反以外の何ものでもない。

韓国が一方的に協定違反をしていることは、明白だ。

韓国は、法治主義ではない無法国家なのだ。

韓国側が韓国の高裁判決どおりに日本企業に対し「差し押さえ」を強行した場合、日本が黙っていて反撃しなければ、日本まで国際法を無視する「ならず者」の仲間になってしまう。


片山さつき参院議員の言うとおりWTOなどに訴えることは当たり前であり、百倍返しの対抗措置を取らなければならない。






>FLASHでは、やはり自民の金子恵美衆院議員が「経済制裁・圧力をかけて、韓国側が日本に歩み寄る状況に追い込む」必要があると大真面目に説く。
自民党の金子恵美衆議院議員


経済制裁・圧力をかけるのは当然だが、韓国側が日本に歩み寄った場合、きちんと突き離さなければならない。





>安倍晋三首相によるとされる「愚かな国」発言を掲載して波紋を呼んだ文春でも、自民党総裁特別補佐の萩生田光一衆院議員が「ウォン買い占め」によるウォン高作戦に言及した。萩生田議員は首相側近で、自民若手のリーダー格の1人だ。韓国への「制裁」論が、政権のある程度中枢に近い部分にまで浸透していることがうかがえる。
萩生田光一


ウォン高は今の韓国にとって確かに制裁となるが、日本がウォンを買い占める必要などない。

日本がウォンを高値を付けながら買い上がったら、日本がウォンを買い占めた後にウォンが下落する可能性が高く、日本も多少なりとも損をしてしまう。

ましてや、韓国ウォンなんて、いつ紙屑になってもおかしくない。

韓国への制裁は、「ウォン買い占め」以外の方法が山ほどあるのだから、別の方法でするべきだ。






> 制裁の方法については「韓国からの融資引き揚げ」「ウォン買い」「資本財の輸出拒否」など意見が分かれるが、いずれも「経済」が韓国の弱点と見ていることは確かだ。


「韓国からの融資引き揚げ」「ウォン買い」「資本財の輸出拒否」の3つの中では、「資本財の輸出拒否」が最も効果的で良いと思うが、どうせなら貿易禁止や国交断絶が更に良い。

9月7日付当ブログ記事で述べたが、韓国は東京の五輪招致に対して凄まじい妨害工作を展開した!

9月6日には、韓国政府が記者会見し、日本の8つの県の水産物をすべて輸入禁止にすると発表した!
ソウルで9月6日、汚染水漏れ問題で福島、栃木、群馬など8県の水産物禁輸について記者会見する韓国政府の担当大臣(右)ら

韓国は、なぜか群馬県や栃木県など海の無い県の水産物まで輸入禁止にした!

実際には、群馬県や栃木県は、水産物を韓国に一切輸出しておらず、なぜ韓国が水産物の輸入を禁止する8県に含まれたのかチンプンカンプンだった。

群馬や栃木県など海水とはまったく縁のない地域まで含まれているが、群馬県や栃木県は水産物を韓国に一切輸出しておらず、なぜ含まれたのか疑問だという。

韓国人は非常に頭の悪い劣等民族であり、いわゆる「放射脳」なのだ。(関連記事

日本政府は、本来、ここで危険な韓国産の水産物を輸入禁止に踏み切るべきだった。

しかし、実際には、日本政府は、韓国に説明したりお願いしたりするばかりだった!

━━━━━━━━━━
●関連記事
韓国、東京五輪招致妨害
日本水産物輸入禁止を強化!
放射性物質なくても栃木や群馬など8県ダメ
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5189.html
(一部抜粋)

>そのうえで菅官房長官は「汚染水の流出に関連する情報は韓国政府に提供しており、科学的根拠に基づいて対応して欲しいと、引き続き求めたい」と述べました。……
そのうえで菅官房長官は「汚染水の流出に関連する情報は韓国政府に提供しており、科学的根拠に基づいて対応して欲しいと、引き続き求めたい」と述べました。

>林農林水産大臣は日本記者クラブで行われた講演での質疑で、……今後、外務省を通じて韓国政府に対応を見直すよう申し入れを行う考えを示しました。……
林農林水産大臣は日本記者クラブで行われた講演での質疑で、……今後、外務省を通じて韓国政府に対応を見直すよう申し入れを行う考えを示しました。

>福島県の佐藤知事は会見で……「私自身も韓国に行って福島県の状況を、しっかりと訴えてきたつもりだが、先が見えていないのが現状だ。…」

福島県の佐藤知事は会見で……「私自身も韓国に行って福島県の状況を、しっかりと訴えてきたつもりだが、先が見えていないのが現状だ。…」


「放射脳」を持つ劣等民族にいくらお願いしても説明しても無駄だ!

しかも、韓国人には馬鹿も多いが、実際には日本への嫌がらせ目的なのだから、お願いしたり誠意を示したりしても全く意味がない。


(略)

日本政府は、韓国に対して日本の水産物の輸入禁止をやめてもらうようにお願いしたり説明したりするのではなく、これを機会に逆に本当に危険な韓国産の水産物を輸入禁止するべきだ!

2011年10月~12月、アメリカで少なくとも4人が韓国のシーフードを食べた後に病気になった。

うち3人は10月に、うち1人は12月に、韓国産魚介類を食べて病気になった、とFDA(食品医薬品局)は発表した。

2012年6月、米FDA(食品医薬品局)は、韓国の海産物が人間の糞便にまみれていてノロウイルスに汚染されているとして、韓国産のカキ、ハマグリ、ムラサキイガイおよびホタテガイを店頭で販売しないよう勧告した。

米FDA(食品医薬品局)によると、韓国産は、生は勿論のこと、缶詰や他の加工食品まで韓国人の糞便によるノロウイルスに汚染されているというから凄まじい!

しかも、韓国人は、貝類だけではなく、イクラまで人糞でノロウイルス汚染させている。


つまり、韓国産の海産物は人間の糞便にまみれてノロウイルスに汚染されており、韓国産海産物による死者が発生しているため、アメリカは全ての韓国産海産物とその加工品の輸入や販売を禁止したのだ。

米国が韓国産貝類を販売禁止に!理由は糞まみれ!
米国が韓国産貝類を販売禁止に!理由は糞まみれ!
画像は「愛国画報 from LA


ところが、日本(民主党政権)は、逆に韓国産の海産物やキムチなどの検査を次々と免除し、輸入拡大を推進した!!

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0601&f=national_0601_195.shtml
韓国産キムチの日本向け輸出「衛生検査が3年間免除に」=韓国
2011/06/01(水) 19:01
(本文略)


http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=1004&f=national_1004_128.shtml
日本政府が韓国産ヒラメの精密検査を免除、韓国は輸出拡大に期待
2011/10/04(火) 14:18

  韓国農林水産検疫検査本部は4日、日本政府が韓国産ヒラメに実施してきた精密検査を、9月22日から全面的に免除したと明かした。複数の韓国メディアが報じた。
(以下略)


実際に、日本政府が韓国産ヒラメの精密検査を免除し、韓国産ヒラメの輸入を拡大させた後、日本では韓国産ヒラメによる食中毒などが頻発している。

2011年10月から頻繁に食中毒を発生させたヒラメは殆ど(全て)が韓国産だった!

――――――――――
2011年 9/22  韓国のヒラメ検査全面解除
2011年10/ 6~ 奈良の和食店、栃木、広島、島根で食中毒発生 原産地マスコミ発表せず
2011年10/21  各検疫所当てにクドア食中毒を出した韓国養殖業者2件の検査強化の知らせ
2012年 6/20  福岡のレストラン他でクドアの食中毒発生
2012年 6/20  各検疫所当て 韓国養殖業者 先の2件の他、3件追加検査強化
2012年 7/ 8  茨城県牛久でクドア食中毒
2012年 7/18  山形県でクドア食中毒!韓国産ヒラメからクドア・セプテンプンクタータクドアが検出

ヒラメの寄生虫で食中毒 福岡のレストラン営業停止
2012.6.20 21:21、産経新聞


輸入養殖の韓国産で今は輸入の際に検査してないからとも言ってたわ 。
明日は営業停止日だって。お店はFDAの報道は知っていた 。
海外で韓国産人糞問題なのに日本政府は野放し状態カンカンに怒っていたよ 。
今後韓国産は一切扱わないって。
★詳細を店に問い合わせたら答えてくれたそうです。
――――――――――


このように、日本政府が韓国産ヒラメの精密検査を免除し、韓国産ヒラメの輸入を拡大させた後、日本では韓国産ヒラメによる食中毒などが頻発した。
クドア・セプテンプンクタータ(寄生虫)
クドア・セプテンプンクタータ(寄生虫)

繰り返す。

日本政府は、韓国に対して日本の水産物の輸入禁止をやめてもらうようにお願いしたり説明したりするのではなく、これを機会に逆に本当に危険な韓国産の水産物を輸入禁止するべきだ!

━━━━━━━━━━





>韓国・イーデイリーも、日本側の主張を「ありえない!」と全面否定しながらも、「日本の経済規模は我が国より5倍も大きいし、ITなど主要産業で部品を日本に依存している。経済制裁論は無視できない」と警戒心露わだ


やはり、韓国との貿易の中止や日韓断交が最善策だ。

韓国にとって、日本は、第2の貿易相手国だ。

韓国は日本と貿易しないと生きていけない。

一方の日本は、韓国と貿易しなくても、生きていける。

つまり、日本は、韓国の生殺与奪権を握っているのだ。

日本の名目GDPと対中韓輸出
日本の名目GDPと対中韓輸出


もともと、韓国の輸出依存度(外需=純輸出/GDP)は約50%なのに対して、日本の輸出依存度は10%台と低い。
出典:IMF、内閣府「国民経済計算」我が国の輸出依存度は低い
出典:IMF、内閣府「国民経済計算」
韓国の輸出依存度は、50%超と非常に高い(輸出しないと国が成り立たない)
日本の輸出依存度は、17%と低い



日本は、韓国の生殺与奪権を握っているのだから、もっと毅然と対応すれば良い。

韓国は、福島第一原発事故の風評被害を拡大させようとして、日本の水産物の輸入制限をした。

その時、日本政府は、韓国との貿易を止めるべきだった。

日本はいつでも韓国との国交断絶を実現するつもりで韓国に対処していくべきなのだ


結局、日韓断交が最善策だ。

「維新政党新風」は、日韓断交を公約にしている。
【11.17】日韓国交断絶国民大行進in帝都【鈴木信行】
■動画
【11.17】日韓国交断絶国民大行進in帝都【鈴木信行】
http://www.youtube.com/watch?v=aPnYhQJ_60g




「早く制裁を実行しろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.