FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201201<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
河村「撤回も謝罪もしない」「南京事件はなかったと思っている」発言について・南京市代表団「大虐殺、鉄壁の証拠山ほどある」と河村たかし名古屋市長を批判・藤村官房長官「非戦闘員の殺害、略奪行為あった」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




名古屋の河村たかし市長、南京事件否定発言 撤回の考えないことを明言
南京事件否定発言で撤回の考えないことを明言した河村たかし名古屋市長(2012年2月22日)


http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120220/lcl12022011410001-n1.htm
「南京事件なかった」と河村名古屋市長 中国共産党の市常務委員に「互いに言うべきこと言おう」
2012.2.20 11:35、産経新聞

 名古屋市の河村たかし市長は20日、同市役所を表敬訪問した中国共産党南京市委員会の劉志偉常務委員らとの会談で、旧日本軍による「南京大虐殺」について「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったと思っている」と発言した。

 河村氏は、終戦時に父親が南京市にいたことを挙げて「事件から8年しかたってないのに、南京の人は父に優しくしていただいた」と指摘。「南京で歴史に関する討論会をしてもいい。互いに言うべきことを言って仲良くしていきたい」とも述べた。



http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120222-00000645-yom-pol

河村市長、南京事件発言「撤回も謝罪もしない」
読売新聞 2月22日(水)13時14分配信

 名古屋市の河村たかし市長は22日、友好都市提携を結んでいる中国江蘇省南京市政府が名古屋市との交流を一時停止する考えを明らかにしたとの報道について、「南京市との友好関係は不変であり、これまでに重ねてきた交流を今後も継続していきたい」などとコメントした。

 一方、発言については「撤回や謝罪するつもりはない」と述べた。市役所で記者団の質問に答えた。



河村たかし名古屋市長が2月20日に名古屋市役所を表敬訪問した支那共産党南京市委員会の代表団との会談で、いわゆる「南京大虐殺」について「通常の戦闘行為はあったが、南京事件はなかったと思っている」と発言した。

それに対して、南京側代表団は“南京大虐殺”について「鉄壁の証拠は山のようにある」と反論した。

さらに、南京市政府は、友好都市提携を結んでいる名古屋市との交流を一時停止する考えを明らかにした。

それでも、河村市長は、南京事件否定発言について「撤回や謝罪するつもりはない」と述べた。

私は、河村市長の信念ある発言を高く評価し、今後も過去に良くあった「へたれ政治家」のようにへたれないことを期待する。


2月20日<河村・名古屋市長>「南京事件というのはなかった」と発言
2012年2月20日、河村たかし名古屋市長は、支那共産党南京市委員会常務委員(左)に「南京事件というのはなかった」と発言した。


河村たかしが「南京事件はなかったのではないか」と主張するのは、今回が初めてのことではない。

まず、河村たかしは、名古屋市長になる前の国会議員の時の平成18年(2006年)6月13日に日本政府(小泉純一郎首相)に対して「いわゆる南京大虐殺の再検証に関する質問主意書」を提出した。

当時、外務省は、HPに「歴史問題Q&A」というコーナーを設け、【問6.「南京大虐殺」に対して、日本政府はどのように考えていますか。】の問いに対して、【日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。】などと回答していた。

この外務省HPには産経新聞などでも批判的な記事が掲載されたが、日本政府は南京事件について「非戦闘員の殺害は否定できない事実」という見解を崩さなかった。

そこで、河村たかし議員が政府に対して、次の質問を含む「いわゆる南京大虐殺の再検証に関する質問主意書」を提出した。


―――――
三 それにもかかわらず「非戦闘員の殺害は否定できない事実」という政府見解や、日本軍は市民や捕虜を殺害して国際的な非難を浴びたという教科書記述はいったい何を根拠としているのか。市民虐殺と捕虜虐殺があったと明確に記載されている、南京陥落当時の、既に検証された記録をご教示いただきたい。

四 旧日本軍兵士の聞き取り調査等により、南京大虐殺を行ったという証言を得たことはあるか。また、南京市民において、親族が虐殺されたといった類の証言ないし証言録を政府は取得したことがあるか。
―――――


平成十八年六月十三日提出
質問第三三五号
いわゆる南京大虐殺の再検証に関する質問主意書
提出者  河村たかし
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/a164335.htm


政府の答弁
http://www.shugiin.go.jp/itdb_shitsumon.nsf/html/shitsumon/b164335.htm



上記の河村たかし議員の「質問主意書」に対して、政府(内閣総理大臣小泉純一郎)は、何一つ根拠、記録、証言、証言録を示すことが出来なかった。

つまり、外務省は、何一つ根拠、記録、証言、証言録がないにもかかわらず、HPに漠然と「日本政府としては、日本軍の南京入城(1937年)後、多くの非戦闘員の殺害や略奪行為等があったことは否定できないと考えています。」と書いているだけだったことが判明した。

私は、河村たかし議員の「質問主意書」に対する政府の答弁を見て、「やはり日本政府は何ら根拠や証拠もなしに、『非戦闘員の殺害があった』などと言い張っているだけなのだな」と改めて確信した。

この時、河村たかしも私と同様の確信を持ったものと思われる。






それから3年後の2009年4月に、河村たかしは名古屋市長に当選した。
名古屋市長選挙当選、河村たかし2009年4月

その年の9月15日、河村たかし市長は、市議会の本会議での一般質問で、いわゆる「南京大虐殺事件」について、30万人以上が死亡したとする説については「当時の南京の人口より多いので絶対違う」と否定した上で、「一般的な戦闘行為はあったが、誤解されて伝わっているのではないか」、「事件そのものについて日中友好のためにきちんと検証し直す必要がある」などと述べた。

要するに、河村市長は、2009年にも名古屋市議会で今回と同様の発言をしていたのだ。

河村市長が2009年9月15日に発言した際にも、いろいろと報道され、名古屋市には意見が相次いだ(関連記事)。

名古屋市広聴課によると、2009年9月18日正午までに寄せられた意見は58件。
メールが8割で、電話、ファクスの順だった。

内訳は「よく言ってくれた」「発言を支持する」などの好意的な内容が37件、「公的な場で言う話ではない」「歴史認識に誤りがある」などの批判的意見が21件だった(名古屋市内在住者の割合は不明)という。

当時、毎日新聞などは、秦郁彦や笠原十九司などの「南京大虐殺」肯定派(捏造派)の意見を掲載し、河村市長に批判的な記事を掲載していた。

河村たかし南京大虐殺発言で名古屋市に意見相次ぐ2009年9月
河村市長の南京発言で名古屋市に意見相次ぐ(2009年9月)


以上のように、いわゆる「南京大虐殺」とか「南京事件」に関する河村たかし名古屋市長の信念は揺るぎないものと考えられる。

だから、河村市長は、今回も「撤回や謝罪するつもりはない」と発言したのだ。

今後もへたれずに、信念の貫いて頂きたい。

2月21日夜、南京市政府が名古屋市との交流一時停止を発表した。

また、2月22日、人民日報系の新聞「環球時報」の胡錫進編集長は、ミニブログ「微博」で「名古屋市長が謝罪しなければ、彼の(中国)入国を禁止し、訪日旅行団が名古屋を避けるようにして、圧力を加えよう」と強調した。

河村市長の支那への入国禁止や、支那人旅行団の名古屋回避なんて、圧力でも何でもない。

むしろ、うらやましいくらいだ!

頑張れ!河村たかし!





今回の件で南京市代表団は「大虐殺、鉄壁の証拠山ほどある」と主張しているが、だったら一つでも良いから、その「鉄壁の証拠」とやらを示してほしいものだ

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0221&f=politics_0221_001.shtml
南京市代表団「大虐殺、鉄壁の証拠山ほどある」…名古屋市長を批判
2012/02/21(火) 10:14、サーチナ

  河村たかし名古屋市長(63歳)は20日、同市役所を表敬訪問した中国・江蘇省南京市政府の代表団に対して、日中戦争時の「“南京事件”はなかったのではないか」と話した。中国新聞社など中国メディアによると、中国側代表団は河村市長の発言に対し、“南京大虐殺”について「鉄壁の証拠は山のようにある」と表明した。中国新聞社が報じた。

  河村市長は「通常の戦闘行為はあった」と述べた上で、“南京事件”から8年後の終戦時に父親が南京市にいたと述べ「南京の人は日本の軍隊に優しくした。なぜか」などと、“大虐殺”について疑問を示した。

  中国側代表団が自らの“反論”を、河村市長の発言を受け直接述べたのか、別の場所で述べたかは伝えられていない。

  中国側代表団は「中国を侵略した日本軍が南京で大虐殺を行った歴史事実は抹殺できない。鉄壁の証拠は山のようにある。国際社会でも早くから定説になった」などと“厳正な反応”をしたという。

  河村市長の発言についてさらに、「無責任だ。歴史を歪曲(わいきょく)して南京の人民を尊重しないものだ」、「歴史の教訓を切実にくみ取り、両国の友好と両市の人民にとって有益なことを多くしてほしい」などと批判・論評した。

  中国メディアは河村市長の発言中の「父親は終戦時に南京にいた」、「南京の人は日本の軍隊に優しくした。なぜか」の部分は伝えなかった。「南京市で歴史にかんする討論会をしてもよい。私は南京の人に感謝している。互いに言うべきことを言って仲良くしていきたい」との発言も伝えなかった。

  名古屋市と南京市は1978年に友好都市(姉妹都市)として提携を結んだ。



この問題について、2月22日、藤村修官房長官は記者会見で、旧日本軍による「南京事件」について「非戦闘員の殺害、略奪行為などがあったことは否定できない。村山談話以来、政府の姿勢は変わっていない」と従来の日本政府の見解を繰り返した。
藤村官房長官「非戦闘員の殺害、略奪行為あった」 村山元首相談話の踏襲表明


また、支那外務相アジア司(局)の羅照輝司長は、支那を訪れた日本外務省アジア大洋州局の杉山晋輔局長と会談し、「南京大虐殺は日本帝国主義が中国に対する侵略戦争で犯した残虐な行為で、確証がある。 国際社会でも定論もあり、疑う余地がない」と強調した。

すると、杉山局長は「名古屋市長の発言は個人的な見解で、日本政府の立場を代表できない。歴史問題における日本政府の立場が変わっていない。過去、日本が行った殖民地支配と侵略は多くの国、特にアジア各国の人民に大きな損害と苦痛をもたらした。これに対し、日本は深く反省していると共に、平和発展の道を歩んでいく決意である」と述べた。



藤村修官房長官も外務省アジア大洋州局の杉山晋輔局長も「バカの一つ憶え」を繰り返すのみならず、まずはその「鉄壁の証拠」とやらを提示してもらうべきだ。




●まとめ

日本軍による南京市民虐殺はなかった(犠牲者0人)。

まず、南京市民の大半は、日本軍が南京を陥落させた1937年12月13日以前に南京を脱出して日本軍が占領していた上海などに避難していた。
南京に残った約20万人の南京市民も全員が安全区に避難し、安全区以外の南京城内に善良な市民は誰一人として居なかった。
南京城内の安全区以外には誰も居なかったのだから、そこで虐殺など起こるわけがない。

次に、南京に残った全市民が集められていた安全区内の状況だが、12月13日に日本軍が南京を陥落させる前と比べ、日本軍占領後の南京安全区の人口は増加した。
日本軍による南京占領後、南京の治安が回復すると、日本軍が占領していた上海などに避難していた南京市民が徐々に南京に戻って来たからだ。

また、15人の安全区国際委員会メンバーや100人を超す日本人報道関係者などは南京に長期間滞在していたが、誰も1度も日本軍による虐殺を目撃しなかった。
陥落から何日か経ち、安全区内で日本軍による約10件の強姦事件や同程度の掠奪事件が発生したが、これら事件は、軍関係の裁判を司る日本の法務部で把握されている。
日本軍では、日本軍将兵が道端で拾った靴を持ち帰っただけで掠奪事件として軍法会議にかけていた。
ところが、「虐殺」事件については南京に居た日本軍憲兵隊などが目撃したことも通報を受けたことも全くなかった。
つまり、日本軍による虐殺事件に関しては、目撃が0件で、現地の憲兵隊などへの通報も、憲兵隊などによる発見も全くなかった。

更に、支那国民党は南京戦を挟む1937年12月1日から1938年10月24日までの約1年間に300回も外国人記者などに記者会見をして日本の悪事を宣伝したが、1回も南京で虐殺があったと言わなかった。


最後に、戦後しばらく経ってから「南京で虐殺した」と自白した元日本兵が何人か居たが、これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されている。

以上のことから、支那軍による虐殺や戦闘中の誤爆による死亡事故はあったが、犯人や被害者が特定されるような日本軍による虐殺事件は全くなかったと断定できる。

結論!
日本軍による南京虐殺事件は全くなかった(0件)。



陥落
陥落直後の南京、日本軍の配給を受ける避難民。昭和12年12月


南京陥落
陥落直後の南京で治療活動をする日本軍衛生隊


南京入城する松井石根司令官
南京入城する松井石根司令官(1937年12月17日)


平和甦る南京
【平和甦る南京《皇軍を迎えて歓喜沸く》】朝日新聞1937年12月20日掲載「17日河村特派員撮影」


●シリーズ84!【南京虐殺は嘘(0人)】
南京虐殺は嘘(0人) 目次1 (1~40)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27009515.html
南京虐殺は嘘(0人) 目次2 (41~84)
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/27009833.html



●英語サイト(日英バイリンガル)
The Alleged "Nanking Massacre"​再審「南京大虐殺」
http://www.ne.jp/asahi/unko/tamezou/nankin/alleged/



●上級者向け詳細サイト
今尚進行するWar Guilt Information Program(戦争についての罪悪感を日本人の心に植えつけるための宣伝計画)に対抗する為の資料収集を目的とするサイト
http://1st.geocities.jp/nmwgip/index.html
「南京大虐殺」はWGIPのメインテーマです
http://1st.geocities.jp/nmwgip/nanking/NankingWGIP.html




「頑張れ!河村市長!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:中国問題 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.