FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201201<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
国の借金958兆円?バカか?日本は債権大国だ!・債務は日本政府が負い、日本国民は債権者・国債発行余力十分・日本政府の資産700兆円・貨幣供給増や政府紙幣・野田政権、電波オークション潰し2兆円獲得するチャンス逃す
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




国の借金958兆円=過去最大
「国の借金958兆円 最大更新」
画像は2012年2月11日付産経新聞


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120210-00000116-jij-pol

国の借金958兆円=過去最大、国民1人で750万円―昨年12月末
時事通信 2月10日(金)17時13分配信

 財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券の残高を合計した「国の借金」が2011年12月末で958兆6385億円となり、過去最大を更新したと発表した。前回公表の11年9月末より4兆2205億円増えた。今年1月1日時点の推計人口で割ると、国民1人当たり約750万円の借金を負っている計算になる。

 借金増加は、高齢化に伴う社会保障関係費の増大や東日本大震災の復興費などを国債増発で賄ったことが主因。この結果、建設国債や赤字国債、復興債を含む普通国債は662兆3594億円と前回公表時より5兆8201億円膨らんだ。

 特殊法人などの資金確保のため国が発行する財投債なども含めた国債全体は、782兆1753億円に達した。民間金融機関などからの借入金は52兆6743億円、一時的な資金不足を穴埋めする政府短期証券は123兆7889億円だった。

 

>財務省は10日、国債や借入金、政府短期証券の残高を合計した「国の借金」が2011年12月末で958兆6385億円となり、過去最大を更新したと発表した。


財務省の「国の借金」という呼称は、事実を正確に表現していない。

なぜならば、日本国は2010年末時点で、対外資産残高563兆円から対外負債残高312兆円を差し引いた対外純資産残高が251兆円となっているからだ。

つまり、日本国は、債権大国(対外純資産残高251兆円は世界1位)であって、債務国ではない。

記事で述べている「国債や借入金、政府短期証券の残高を合計した958兆円」は、「国の借金」と呼ぶより「日本政府の借金」と呼ぶべきだ。





>国民1人当たり約750万円の借金を負っている計算になる。


日本国政府が発行する国債や政府短期証券は、約95%が日本の機関投資家(金融機関、年金、投信など)や日本の個人投資家によって購入されており、最終的な債権者は日本国民(預貯金などの貯蓄)となっている。

したがって、日本国民は、金を借りているのではなく、日本政府に金を貸しているのだ。

正確に表現すると「国民1人当たり約750万円を日本政府に貸している計算になる」となる。



借入金の現在高
借金の現在高


それでも、日本政府が日本国民に958兆円という莫大な債務を負っているため、多くの国民は、「政府は無駄遣いをやめろ!それでも足りなければ増税するしかない!」と考えてしまう。

しかし、実際には今の日本は増税する必要などない。

以下に主な理由を述べる。

まず、日本政府には、まだまだ国債を増発する余力がある。

日本政府が発行している10年満期の国債の利回りは2月10日(金)現在で0.975%と1%にも満たない。


日本の金融機関は過剰貯蓄状態となっており、日本政府が発行している国債は金利を上げるまでもなく簡単に全額売り払われているのが現実だ。

ヨーロッパで新発国債が売れ残っているからと言って、日本でも云々言う奴は頭が悪い。

10年国債利回り
10年国債利回り




に、日本政府は、日本国民に巨額の債務を負っているが、一方で巨額の資産(外貨や土地など)も保有している

企業会計の場合には貸借対照表があり、左側に資産を記載し、右側上方には負債、右側下方には資本(純資産)が記載される。

バカな政治家やマスメディアなどは、政府の負債(借金)の方の金額「958兆円」だけを強調し、政府の資産の方を完全に無視している。

日本政府は、約700兆円も資産を保有しており、これは世界最大だ。

日本政府がどうしても借金を減らさなければならない状況に追い込まれた場合には、日本政府が持っている資産を換金すれば大幅に借金を減らすことができる。

しかし、財務省は政府の資産を運営するのが仕事だから、政府の資産を減らしたくない。

だから、財務省はひたすら「借金」ばかりを強調し、「資産」が無いかのように大騒ぎしている

日本国も日本政府も巨額の資産を持っているのに、財務省はその事実を隠ぺいし、財務省の思惑どおりにバカな政治家やマスメディアが「増税!増税!」と騒いでいるのだ。


11月28日「TVタックル」増税のカラクリ 何時も借金・借金とはいうけれど資産も同時に出して議論されることは少ない。
日本の支払い能力(2010年時点)
1.貸借対照表
日本政府の資産778兆円、負債1135兆円
→差し引き 357兆円


2.個人金融資産 1453兆円/5572兆円(国全体=国家金融資産)
国債の95%は国内消化


3.対外純資産 252兆円

4.経常収支  17兆円
日銀、財務省資料から

いつも「借金、借金」とは言うが、【資産】も同時に出して議論されることは滅多にない。




デフレは貨幣供給(通貨供給)を大幅に増やすことや、政府紙幣の発行によって解消できる

また、日本は他国の通貨価値に連動しない自国通貨をいくらでも増発できる数少ない国の一つであるため、いつでも紙幣を大量増発して自国通貨(円)の価値を下げることが出来る。

政府が通貨の価値を下げて物価を上げれば、政府の借金が目減りして政府が保有する資産価値が上昇し、たちまち日本政府の貸借対照表は資産超過に転ずることになる。

今の日本はデフレと円高で苦しんでいるのだから、本来なら政府の借金とは関係なく景気対策としてもっともっと貨幣供給量を増やさなければならない。

デフレ・円高ならば貨幣供給を増やしてインフレ・円安にすることが、日銀として当然行うべき基本中の基本の金融政策だ!


ところが、日銀は、諸外国が大幅に資金供給量(マネタリーベース)を増やしても対応せず、インフレターゲットも設定せず、いつまで経ってもデフレ・円高になるような金融調整しかしてこなかった。

リーマンショック以降、米国は貨幣供給を大幅に増やしているが、日本は殆ど増やしていないため、デフレ・円高・株安が続いている

主要国のマネタリーベース残高の推移でも、米国の他、中共・英国・ユーロ圏・韓国も供給している通貨量が増加して、日本だけが横ばい
主要国のマネタリーベースの推移


先日、石原新党の基本政策の草案が報道されたが、その基本政策の中に「100兆円規模の政府紙幣発行」があった。

これは、本来なら日銀が貨幣供給量を100兆円増やせば済むのだが、日銀(日本の中央銀行)だけが他国の中央銀行と違って十分な貨幣供給量を増やさないため、石原新党が日銀に代わって貨幣供給量を増やすということだ。

日銀が日銀券の増刷をしない場合には、政府が「政府紙幣」を発行すれば国民は「政府紙幣」を日銀券と替えたがるため、日銀は入ってくる政府紙幣の分だけ日銀券を刷るので貨幣供給が増える

戦前も、デフレ・円高の「昭和大恐慌」のさなか、高橋是清蔵相は、大量発行した国債を日銀に直接引き受けさせて日銀券を大量発行させ、景気を浮揚させた。

この時のように、デフレ・円高からの脱却方法は、日銀に国債を買わせ、それによって得られた資金で景気対策を行うことだ。

高橋是清蔵相のときのように日銀による直接引き受けでなくても、市中から日銀が国債を買い上げ、それと同額の国債を政府が売り出して市中に流せば、日銀による直接引き受けと変わらない。

あるいは、日銀が今のままどうしても貨幣供給を増やさないし何もしないと言うなら、今回石原新党が基本政策に掲げたとおり、日本政府が「政府紙幣」を発行すれば良い

「政府紙幣」を発行すれば人々は日本銀行券(日銀券)と替えたがるから、日銀は入ってくる政府紙幣の分だけ日銀券を刷らされる。

結局、日銀が貨幣供給を増やすことと同じこととなる。

「国債の日銀の直接引受け」(または、市中から日銀が国債を買い上げ、それと同額の国債を政府が売り出して市中に流す)と、「政府紙幣発行」は、最終的には同じ効果がある。





歳出・税収等の試算
歳出・税収等の試算

最後に、増税と言っても今は消費税率の引き上げばかりが取り沙汰されているが、国家の歳入を増やす方法は消費税率の引き上げだけではない。

何度も言うが、歳入を増やす方法は消費増税の他にも、「電波オークション」の導入と「電波利用料」の大幅引上げ、広告税導入、朝鮮玉入れ税(パチンコ税)の導入、在日朝鮮商工人の脱税特権の廃止、営利ビジネスを展開している創価学会など宗教法人への課税などがある。

最近も野田内閣は、電波オークションを実施していれば2兆円もの収入が見込めた千載一遇のチャンスを、あっさりと手放した。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw191113
野田政権 電波オークション潰し2兆円獲得するチャンス逃す
NEWSポストセブン、 2012年2月6日(月)7時00分配信

国民の知らないところで、公共財産である電波を山分けする壮大な「談合」が進められている。

1月27日、電波を所管する総務省は、携帯電話会社1社に割り当てる周波数900Mヘルツ帯の認可申請を締め切った。応募したのは、ソフトバンク、イー・アクセス、NTTドコモ、KDDIの4社。早ければ今月中にも審査は終了し、電波の割り当てを受ける新事業者が公表される見通しだ。

昨年11月、行政刷新会議は提言型政策仕分けで、「900Mヘルツ帯からオークション制度を導入すべき」「オークション収入は一般財源とすべき」と提言した。

これまで日本では、電波を割り当てる事業者を総務省が独断で選定し、その事業者から得る電波利用料を特定財源として自らの自由にしてきた。しかも利用料は諸外国に比べればタダ同然の安さで、役人にも事業者にもオイシイ仕組みだった。一方、電波オークションは、最も高い金額を提示した事業者に電波を割り当てる制度で、売却益を一般財源とすることから新たな税外収入になる。公正な競争原理の促進と国庫収入の増大をもたらす制度として、すでにOECD加盟国の大半が導入している(※)。

今回新たに割り当てられる900Mヘルツ帯は、3.9世代と呼ばれる携帯電話通信に用いられるもので、今年度中にも割り当て予定の700Mヘルツ帯と合わせ、「プラチナバンド」と呼ばれる貴重な帯域だ。だからこそ、行政刷新会議はオークションの導入を求めた。

ところが総務省は、「透明性を図りつつ、割当事業者を決定」(1月19日総務省発表)と宣言し、提言を無視して、従来どおりに事業者を恣意的に選ぶことを決めた。電波オークションはあっさりと潰されたのだ。

行政刷新会議で民間仕分け人を務めた鬼木甫・大阪大学名誉教授(経済学)は、こう憤る。

「電波の市場価格を諸外国のデータを基に試算すると、新たに割り当てられる900Mヘルツ帯だけで4000億~5000億円の価値がある。700Mヘルツ帯も合わせると、両帯域で2兆円を超す価値を持っています。今後入札が予定される帯域にはそこまでの価値がない。今回オークションが実施されなければ、電波オークションを行なう意味そのものを失いかねない」

野田内閣は、オークションを実施していれば2兆円もの収入が見込めた千載一遇のチャンスを、あっさりと手放したことになる。

※米英など多くのOECD諸国では、事業者が電波オークションによって帯域の使用権利を落札した上で、別途、電波利用料を毎年支払う。一方、日本では帯域を使用する権利に対して支払う対価はなく、毎年の電波利用料だけ支払えばよい仕組みになっている。
※週刊ポスト2012年2月17日号



野田が消費税率を上げようとしている理由が、財政再建を考えてのことではないことは、電波オークションを潰して2兆円を獲得しなかった事からも容易に分かる。

とにかく「政府の借金」を減らす方法は、消費税率の引き上げ以外にも幾らでも有る


むしろ、消費税率を引き上げれば、税収が減ってしまうことは、現在の日本が経験している真っ最中のことだ

政治家も国民も、この事実を直視して学習し、2度と同じ愚行を繰り返してはいけない。


●1997年に消費税率を3%から5%に引き上げて日本はどうなったか?!

【中小企業の廃業率】
91―96年 3.2%
96―99年 5.6%
99―01年 4.5%
01―04年 6.1%
1996年~1999年の直前6年間と比べて75%も急増!) 

【失業率】
97年 230万人 3.4%
98年 279万人 4.1%  
99年 317万人 4.7%
失業率も急増!

【自殺者数】 
97年 24391人
98年 32863人
99年 33048人
自殺者数も急増!以後現在まで年間3万人超が継続中!

【日経平均】
95年 19868円
96年 19361円  
97年 15259円  
98年 13842円
大暴落!!



【実質経済成長率】
97年 +1.56%
98年 -2.05%
99年 -0.14%
プラス成長からマイナス成長へ大逆走!

【国の税収入】
     消費税 法人税  所得税   計
96年  6.1  14.5  19.0  39.6兆円
97年  9.3  13.5  19.2  42.0兆円
98年 10.1  11.4  17.0  38.5兆円
99年 10.4  10.8  15.4  36.6兆円
消費税が増えても法人税や所得税などが減少し、何と総額では大幅に減収!

【国債残高】
96年 242兆円
97年 257兆円  +15兆円 
98年 298兆円  +41兆円  
99年 335兆円  +36兆円
00年 493兆円  +38兆円
国債残高を減らすために行った消費税率の引き上げだったが、現実は逆効果!

★経済企画庁
「需要の反動減が予想以上に大きく…実体経済に影響を及ぼした」
(98年・年次経済報告)

★橋本龍太郎(責任者)の謝罪
「私は97年から98年にかけて緊縮財政をやり、国民に迷惑をかけた。私の友人も自殺した。本当に国民に申し訳なかった。これを深くお詫びしたい」
(自民党総裁選 2001年4月)
橋本龍太郎

●まとめ

消費税率を引き上げると、

1.消費が低迷し、企業業績が悪化する。

2.倒産・廃業が急増し、雇用環境が悪化し、失業者や自殺者が急増する。

3.経済成長率がマイナスに落ち込み、株価も大暴落する。

4.消費税収入は増えるが、法人税や所得税などの収入がそれ以上に減少するため、国への税収は総額で大きく減少する。

5.国債残高(政府の借金)も大幅に増加する。




【消費税率を引き上げた直後から政府の借金が急増】
日米構造協議            平2           166.3兆円(平 2末)
8党連立(細川内閣・羽田内閣)   平5 / 8 ~ 平 6/ 6 178.4兆円(平 4末) → 206.6兆円(平 6末)
自社さ連立(村山内閣・橋本内閣) 平6 / 7 ~ 平 8/11 192.5兆円(平 5末) → 244.7兆円(平 8末)
自民(橋本内閣)            平8 /11 ~平10/ 7 225.2兆円(平 7末) → 295.2兆円(平10末)←消費税率の引き上げ!
自自公連立(小渕内閣)        平10/ 7 ~平12/ 4 258.0兆円(平 9末) → 367.6兆円(平12末)
自公保連立(森内閣)         平12/ 4 ~平13/ 4 331.7兆円(平11末) → 436.2兆円(平13末)
自公連立(小泉内閣)         平13/ 4 ~平18/ 9 367.6兆円(平12末) → 887.7兆円(平18末) 

(政権誕生前年度末の債務残高から政権最終年度末までの債務残高推移)



「『国の借金』とか言って騙すんじゃない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:野田内閣 - ジャンル:政治・経済

AKBは韓流か?報道規制は秋元康とその弟、少女時代やKARAを牛耳るプロダクション尾木の力・韓国人スタッフ、整形、キムチ鍋・中森明夫氏がAKB48高橋みなみの母親逮捕を報じない大手マスコミに怒り「恥を知ってほしいね」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




高橋みなみが篠田麻里子のブログに登場、元気な姿見せる 「みなみがキムチ鍋を作ってくれました」
高橋みなみが篠田麻里子のブログに登場、元気な姿見せる 「みなみがキムチ鍋を作ってくれました」


http://news.livedoor.com/article/detail/6264486/
中森明夫氏がAKB48高橋みなみの母親逮捕を報じない大手マスコミに怒り
2012年02月09日12時13分
提供:トピックニュース

8日、アイドル評論家の中森明夫氏が、「週刊文春」2月16日号が報じた高橋みなみの母親逮捕を、テレビや新聞など旧来のメディアがほとんど扱っていないことに対して、自身のツイッターで露骨に不快感を表明した。
―――――――
加護亜依の恋人は逮捕されて一般人なのにマスコミにボロカスに叩かれて、AKBの高橋みなみの母親は逮捕されてテレビも新聞もまったく報じないのか!? これが日本のマスコミだな…

芸能人の親族や恋人など一般人に関わるスキャンダル報道をすべて控えるならわかる。だけどジャニーズやAKBなどの場合は控えて、そうではない芸能人の時はめちゃめちゃ叩く。現在のマスコミ報道は明らかにおかしい。

AKBのファンも若い子たちも高橋みなみの母親が逮捕されたことはネットの情報でみんな知ってるのに、テレビはじめマス報道の現場だけが「無かった」ことにしてる。若い世代に「日本のマスコミは信用できない」というメッセージを流してるようなもんだ。恥を知ってほしいね

―――――――

中森氏は、ほかのツイートでも「恥を知ってほしい」「現在のマスコミ報道は明らかにおかしい」など、報道に規制がかかっているかのような現在の状況に激怒している模様。

中森氏のツイートを受け、ネット掲示板では「かっけええええ」「中森も書いてるけどAKB程度の利権で媚びるマスコミが政府やら大企業叩ける訳ない」など、同氏のツイートに賛同の意を示す書き込みが続出した。

また、「普通に報道させて本人は“お騒がせしてすいませんでした”で終わってたのにな。利権がでかくなり過ぎたのか」「事務所が強いところは絶対に叩かないんだよな」「マスゴミの偏向体質に反吐が出るわ」など、他の芸能人親族のスキャンダルは大々的に報じておきながら、高橋みなみの母親逮捕の報道だけはスルーするテレビなど旧来のメディアの報道姿勢にユーザーからの怒りの声が殺到している。

ネット掲示板には、テレビ局などの報道姿勢を支持する声はほどんどなく、「報道の自由ってのはマスコミが好き勝手な報道をする自由って意味なんだよね。残念ながら」など、マスコミに呆れ果てたユーザーも多いようだ。


評論家・中森明夫 コラムニスト、おたくという語の生みの親。ペンネームは中森明菜に由来している。
評論家・中森明夫 コラムニスト、おたくという語の生みの親。ペンネームは中森明菜に由来している。

中森明夫氏がAKB48高橋みなみの母親逮捕を報じない大手マスコミに怒り

中森明夫氏がAKB48高橋みなみの母親逮捕を報じない大手マスコミに怒り

中森明夫氏がAKB48高橋みなみの母親逮捕を報じない大手マスコミに怒り



中森明夫の主張は、2月9日付当ブログ記事において私が述べた事とほぼ同じ内容となっている。

私は、容疑者の家族などに非礼な取材をするマスゴミには怒りを覚え、強く非難してきた。

例えば2009年11月、マスコミは、「リンゼイ・アン・ホーカー事件」で市橋達也容疑者が逮捕されると、岐阜県羽島市に住んでいた市橋容疑者の両親に詰め掛けて、大雨の中で約30分間もインタビューをし、テレビで放送した!
マスコミが市橋の両親追及

市橋容疑者の父親は医師(外科)で、母親が歯科医師だったので、マスコミはネタにしたかったのだろう。

市橋容疑者の両親がテレビカメラの前に2人揃って顔出しで現れたのは本人たちも了承したからだろうが、マスゴミが雨の中で対応する両親を大勢で取り囲み、「整形や逃走の資金提供をしていないと誓って言えますか?!」などと追及する様子は実にあさましかった。(関連記事

いくら犯罪容疑者の家族だからと言って、罪のない家族をテレビに晒したり大勢で取り囲んで追及したりのは、たとえ芸能人や有名人の家族に対してでも控えるべきだ。

ましてや市橋達也の両親は一般人であり、芸能人でも有名人でもない。

マスゴミは、過去において、息子の逮捕で三田佳子を散々叩き、観月りさの母親の逮捕、ゴマキの弟の逮捕、加護亜依の恋人の逮捕などについて大々的に報道してきた!
加護亜依が1歳の時別れた実父スキャンダルは表沙汰になり、12歳の加護はフォーカスのインタビューに答えている。

加護亜依が1歳の時別れた実父スキャンダルは表沙汰になり、12歳の加護はフォーカスのインタビューに答えている。
http://yoshizawasouka.webuda.com/kone/kago_zip_focus0.jpg


そして、AKB高橋みなみの母親の逮捕が発覚した当日の2月7日には、クロード・チアリの息子の逮捕のことを一斉に報道していた。


しかし、AKB高橋みなみの母親の逮捕については、全てのテレビが完全隠ぺい、全国紙も読売新聞と朝日新聞と毎日新聞は完全隠ぺい、全てのスポーツ紙も完全隠ぺい、さらに日刊ゲンダイと夕刊フジと東京スポーツの夕刊紙までもが完全隠ぺいしている!

あの東スポまでもが完全隠ぺいに参加しているのだから、驚きだ!

高橋みなみの母親の高橋ひとみさんは、2011年9月2日放送の関西テレビ「ミュージャック」というAKBの番組にも出演し、タレントのマネ事までしていた。
「高橋みなみ 20歳の夏」という特別編で、熱海旅行へ向かった「たかみな」と母の高橋ひとみさんに密着する内容の番組だった。

息子の先輩の15歳少年とセックスした高橋みなみ(20)の母親(44)

中森明夫が「芸能人の親族や恋人など一般人に関わるスキャンダル報道をすべて控えるならわかる。だけどジャニーズやAKBなどの場合は控えて、そうではない芸能人の時はめちゃめちゃ叩く。現在のマスコミ報道は明らかにおかしい。」と怒るのは当たり前だ。


では、どうして、AKBやジャニーズだけが自分や家族の犯罪の多くを隠ぺいできるのか?

2月9日付当ブログ記事でも多少は説明したが、その後、幾つか新たに知った事があるので書き留めておきたい。

まず、昨年の7月の時点で、既にAKB48関連のスキャンダルを書いていたのは唯一『週刊文春』(文藝春秋)だけだった

そして、かつては一般誌では報じることのできないスキャンダル写真を次々と掲載していた『BUBKA』までもが、秋元康の巧妙な接待により、今では『BUBKA』の編集部が『AKBヲタ』の巣窟となり、AKBを守るために他媒体に圧力をかけているという。

http://www.cyzo.com/2011/07/post_7888.html
噂の真相」元デスクが喝!「AKB48と秋元康に懐柔された『BUBKA』よ、しっかりしろ!」
2011.07.14 木

(略)
「唯一、AKB48関連のスキャンダルを書いていたのが『週刊文春』(文藝春秋)ですが、他の多くの雑誌媒体がまるでAKB48応援団のようになって久しい。『フライデー』(講談社)や『フラッシュ』(光文社)といった写真週刊誌も頻繁にAKB48を表紙に登用し、グラビアもてんこ盛りでバックアップしています。仕掛け人である秋元康と電通の大勝利と言っていいでしょう」(出版関係者)

 そんな中、出版業界で最も「AKB48に"やられた"象徴」とひんしゅくを買っているのが、「BUBKA」(コアマガジン)なのだという。

「BUBKAと言えば、かつては宮沢りえと中田英寿のキス写真や、奥菜恵と押尾学のニャンニャン写真など、一般誌ではなかなか報じられないスキャンダル写真を掲載していた、いわば鬼畜系裏情報雑誌だった。…(略)…それが今では『AKB48応援』一色ですからね」(マイナー雑誌に詳しい出版評論家)

 それは"やられた"どころではない、と嘆くのが、スキャンダル路線のころに「BUBKA」に関わったライターだ。

「名物編集長だった寺島元編集長が交代して以降、この傾向が顕著になりました。これまでも、AKB48側からさまざまな懐柔が行われていたようですが、秋元康のインタビューを掲載するわ、卒業した途端にメンバーの熱愛を報じるわなど、これまでの『BUBKA』はどこに行ってしまったのか、という状態です。特に秋元氏の巧妙な点だと思うのですが、AKB48のイベントやコンサートに『BUBKA』のスタッフも招待するんです。しかも、かなりいい席にね。彼らは、これまで芸能界からそんな待遇を受けたことがないので、もうそれがうれしくてしょうがない。今では編集部は『AKBヲタ』の巣窟といった感じです(笑)。それだけでなく、自社の他媒体がAKB48を批判的に取り上げようとした際、圧力までかけたらしい。何を考えているんだか」

 AKB48側からの手厚い待遇に「自分たちは一流雑誌だ」と勘違いしている、との批判まで出る始末。誤解されないように言っておくが、筆者は過去の鬼畜スキャンダル路線「BUBKA」を評価しているからこその苦言なのだ。

 秋元の手腕にメディア業界全体が"丸め込まれた"状態の昨今。「BUBKA」も早く目を覚まして、マイナー雑誌の意地を見せてほしい。AKB48賛美一色の気持ち悪い状況を脱し、「BUBKA」にしかできない、衝撃のAKB48スキャンダルをマジで願う
(文=神林広恵)



活字メディアへの対応は、AKB48の秋元康プロデューサーの弟がやっており、『FRIDAY』や『日刊ゲンダイ』や『アサヒ芸能』などにも利権をばら撒いているから、それらの雑誌もAKBに都合の悪い記事はタブーになっているという。

http://news.nicovideo.jp/watch/nw128207
週刊誌でAKB48批判はタブー!? 「活字メディア対応は秋元(弟)」
ニコニコニュース 2011年10月12日(水)18時32分配信

 週刊誌など雑誌メディアによるジャーナリズムの意義とは? 2011年10月10日の「青木理のニュース現場主義」では、雑誌ならではの報道スタイルや雑誌ジャーナリズムにおけるタブーなどについて議論がなされた。『噂の眞相』元副編集長の川端幹人氏が、「半分冗談」としながらも現在の雑誌ジャーナリズムにおけるタブーが「AKB48」であると指摘する…(略)…

■「『噂の眞相』みたいに何でもバサバサ斬る雑誌はもうない」
 …(略)…
 一方で雑誌メディアにもタブーはある。2004年に休刊した『噂の眞相』元副編集長・川端氏は「半分冗談だが、いま雑誌業界の最大のタブーは『AKB48』(の批判)でしょうね」と語る。川端氏によるとAKB48のメディア対策は"周到"で、「これまでの芸能プロダクションとはまったく違う」という。「活字メディア(への対応)は秋元(康プロデューサー)さんの弟さんがやって」おり、これまでの芸能プロダクションとは異なるメディア対応をしているという。

「それこそ『日刊ゲンダイ』から『アサヒ芸能』にも出て、『FRIDAY』には集中的に出ている。一番抑えなければならない『FRIDAY』に利権をまいている」
(以下略)



また、高橋みなみが所属する「プロダクション尾木」が、AKBの他「少女時代」や「KARA」などと親密で、奴らK-POPの日本でのマネジメントを牛耳るほどの力を持っているという。

http://www.cyzo.com/2011/11/post_9179.html
AKB48、少女時代、KARAを牛耳る音事協トップ・プロダクション尾木の"実力"
2011.11.24 木

 仲間由紀恵、布施明のほか、渡辺麻友、高橋みなみ、小嶋陽菜らAKB48の人気メンバーが所属する芸能プロダクション・プロダクション尾木(以下、尾木プロ)。その社長・尾木徹氏は日本芸能界の最大派閥といえる音事協(日本音楽事業者協会)の会長を務めている。そんな同事務所所属のAKB48のメンバーによるイベント「Team Ogi祭」が11月15日・16日に開催された。そこには、尾木プロの力を誇示するような豪華ゲストが出演した。

「韓国のSMエンターテインメント所属の男性グループ・SHINeeが登場しました。高橋みなみらとのトークで、尾木氏からいつも豪華な差し入れをもらっていることをアピールしました。また、少女時代、KARAがコメントVTRで登場。両者はそれぞれSMエンターテインメント、DSPメディアと別の事務所所属ですが、日本でのマネジメントに尾木プロが関わっており、番組出演のブッキングなどを担当しています。今年1月に放送されたKARAの連続ドラマ『URAKARA』(テレビ東京系)放送の裏には尾木プロの影響力もあったはずです」(週刊誌の記者)

 実は業界ではよく知られた話だが、AKB48とK-POPの少女時代、KARAなどは尾木プロを通じて交流があり、渡辺らAKB48メンバーがそろって少女時代のライブを見に行って一緒に写メを撮るなど、蜜月を続けているのだ

  Ogi祭では、観客の前でK-POPとの親密な関係をアピールしたのに加えて、業界の実力者も訪れていたという。

「フジテレビのバラエティー制作センター担当局長の港浩一氏が来ていましたね。…(略)…同局は尾木プロと蜜月関係にあり、『新堂本兄弟』では、かつて仕事がなくなった華原朋美(07年まで尾木プロ所属)を起用し続け、現在は高橋みなみが同番組に出演中。…(略)」(同)

 尾木プロにはAKB48、SDN48のメンバーが計12人が所属しており、これは所属事務所が分かれているAKB48内では最大派閥となっている。仲間由紀恵以降人気タレントを育成できていなかった同事務所だが、AKB48とK-POP利権で再起したようだ。
(以下略)


つまり、高橋みなみら多くのAKBメンバーがK-POPと親密な尾木プロ所属なのだ。

そういえば、AKBには在日韓国人らしき者が多く、韓国人スタッフも多く、やたらと韓国が付きまとっている。


▼証拠と参考コピペ▼
AKB48いいとも出演で「電通AKB48チーム一同」「パチンコ京楽」から花束
AKB48いいとも出演で「電通AKB48チーム一同」「パチンコ 京楽産業」から花束
AKB48のスポンサーは朝鮮玉入れ屋「パチンコ京楽」



週刊AKBのプロデューサーも在日韓国人の金永振
週刊AKB「マジすか学園」のプロデューサーも電通の在日韓国人の金永振


大堀恵のマネージャーは 金成徳
大堀恵のマネージャーは金成徳

星野みちると大堀恵が所属するAZ-ENTERTAINMENT(エーゼット)は在日朝鮮・韓国人タレント専門の事務所
http://web.archive.org/web/20060827193527/www.az-e.jp/az/profile.html
商号 株式会社エーゼット
従業員数 8名
代表取締役 宗 成輝
所在地 〒106-0032 東京都港区六本木4-9-5 六本木ISOビル 8F
事業内容 アーティストマネジメント
タレントマネジメント
在日朝鮮・韓国人アーティストマネジメント
在日朝鮮・韓国人タレントマネジメント



0031AKB48のコンサート舞台演出はユン・ヘソンという韓国人
AKB48のコンサート舞台演出ユン・ヘソンという韓国人


人気投票1位とされている大島優子は韓国人クォーター (板野と河西がラジオで暴露)。7歳のときにパチスロ機で遊ぶ写真がテレビで紹介される
人気投票1位~2位の大島優子は韓国人クォーター(板野と河西がラジオで暴露)。7歳のときにパチスロ機で遊ぶ写真がテレビで紹介される。


19枚目のシングルセンター内田真由美の実家は焼肉店 (焼肉業界の6割は在日韓国・朝鮮系)
19枚目のシングルセンター内田真由美の実家は焼肉店 (焼肉業界の6割は在日韓国・朝鮮系)


・倉持明日香の父親は元ロッテ所属のプロ野球選手。 現役時代から暴力団と付き合いがあり、違法カジノの看板に出ていたこともある。
・佐藤夏希には韓国人の友達がいて「日本人より韓国人の友達の方が多い」と発言。(チームB公演2010年12月1日)
・SKE48が韓国ドラマ「ストライク・ラブ」撮影のため訪韓
・AKB48公式HPから「よぼせよーーー」と韓国語&クレジットカード情報がファンにメールで韓国の取引先と間違い誤送信される
・秋元康は東京ドームで「韓流フォーカード~FOUR OF AKIND~」を総合演出したりイ・ビョンホンの日本でのイベントや楽曲のプロデュースしたり京楽の韓流イベントなどを手がける
・前田敦子が先祖代々の墓は無いと発言。
・AKB48は統一○会で有名な「家庭教師のトライ」のCMに出演



秋元康「日本・韓国をまたにかけ活躍中」
秋元康「日本・韓国をまたにかけ活躍中」

秋元康プロデュース「ぱちんこ冬のソナタ2」デビュー・イベント開催!
http://www.wowkorea.jp/news/enter/2008/0307/10041976.html
【秋元康総合演出】韓流4大スターの東京ドーム公演 
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1104&f=national_1104_007.shtml
秋元康プロデュースSDN48が韓国の作曲家が作ったシングル『ガガガ(GAGAGA)』を韓国と日本で同時発売
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=001&aid=0004724524
【芸能】イ・ビョンホンが歌う秋元康プロデュースの日本語曲。本人出演のトヨタCM曲発売決定!
http://www.unkar.org/read/gimpo.2ch.net/news4plus/1221698154
【芸能】AKB48初の洋画主題歌決定 韓国大ヒット映画の超日本語吹き替え版で
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1282889910
【韓国】AKB総選挙、ソウルの映画館でも生中継!韓国紙も報道
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1307678480/
【芸能】“AKB48の妹分” SKE48が韓国ドラマ「ストライク・ラブ」撮影のため訪韓
http://kamome.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1307772808






また、AKB48には韓流女優やK-POPメンバーと同じように美容整形を受けた者が多い。

板野友美の整形前と整形後
板野友美の整形後と整形前


篠田麻里子の整形後と整形前
篠田麻里子の整形後と整形前


柏木由紀の整形後と整形前
柏木由紀の整形後と整形前


小嶋陽菜の整形後と整形前
小嶋陽菜の整形後と整形前


高橋みなみの整形前と整形後
高橋みなみの整形前と整形後

高橋みなみの整形前写真
AKB48高橋みなみの整形前写真






駄目押しは、今回の騒動の最中に、高橋みなみがキムチ鍋を作って元気そうにしていたことだ。

【芸能】AKB48の高橋みなみが、篠田麻里子のブログに登場し、元気な姿見せる!「みなみがキムチ鍋を作ってくれました」★2
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1328781487/


 AKB48の高橋みなみの母親が逮捕されたと一部週刊誌に掲載されたが、高橋みなみがメンバーと
なっているAKB内ユニット、ノースリーブスのブログでは、彼女への激励コメントが殺到。また、
篠田麻里子のブログにも登場し、元気な姿を見せた。

 篠田麻里子の9日更新の日記では、高橋みなみの家でメンバーたち数人と鍋パーティが開かれた
ことが披露され、そのなかで高橋の元気そうな姿が写った写真も掲載された。
(以下略)

高橋みなみが篠田麻里子のブログに登場、元気な姿見せる 「みなみがキムチ鍋を作ってくれました」

高橋みなみが篠田麻里子のブログに登場、元気な姿見せる 「みなみがキムチ鍋を作ってくれました」
高橋みなみが篠田麻里子のブログに登場、元気な姿見せる「みなみがキムチ鍋を作ってくれました」



「マスゴミは最低だ!」
「AKB48は本当に日本のグループか?!」


と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:AKB48 - ジャンル:アイドル・芸能

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.