FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201201<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
花王、減益で株価が急落!4-12月期予想下回り減益・安く小売店に押し付けるも棚卸資産(在庫)が4倍増加・キャッシュフロー減少・花王「消費者の生活防衛意識が原因」・不買運動の効果絶大・今後更なる下方修正か
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




「理由ありSale」に花王製品が山積み
「理由ありSale」に花王製品が山積み

http://www.bloomberg.co.jp/news/123-LYNDTL0D9L3501.html
花王株が大幅反落、通期営業利益の未達懸念広がる-第3四半期低調
2012/01/31 15:09 、ブルームバーグ

  1月31日(ブルームバーグ)ブルームバーグ:花王の株価が大幅反落。前日発表された2011年4-12月期決算は、天然油脂や石化原料など原材料価格高の影響で営業減益となる中、一部アナリストから通期計画未達のリスクが指摘され、業績の先行き不透明感が広がった。

  株価は一時、前日比7.6%安の1971円まで下げ幅を広げ、取引時間中の2000円を割れは昨年12月19日以来、およそ1カ月半ぶり。終値は5.9%安の2006円で、東証株価指数(TOPIX)の下落寄与度でキヤノンに次ぐ2位。

  花王が30日に発表した11年4-12月期の連結営業利益は、前年同期比6.1%減の941億円。四半期ごとに見ると、10-12月期は同14%減の366億円。12年3月通期計画に関しては、税制改正による繰延税金資産の取り崩しで、純利益予想は従来の570億円から530億円に引き下げたが、営業利益予想は前期比3.3%増の1080億円のままで据え置いた。

  ドイツ証券の森将司アナリストは30日付の投資家向けリポートで、10-12月期は同証予想の約410億円を10%程度下回り、「ややネガティブ」と指摘。国内乳幼児用紙おむつ市場の収益性悪化やスキンケア・ヘアケアビジネスの需要不振などから、今期の営業利益予想は「現在の事業環境を考えれば、ややチャレンジング」と懸念を示した。

  三菱UFJモルガン・スタンレー証券の川本久恵アナリストはリポートで、足元の業況を「国内日用品、ケミカル事業で会社計画を下回る推移」と分析。目標株価を2400円から2200円に引き下げた。



1月31日、花王の株価が急落した!
(1月31日) 株価 2,006円ー126円(-5.91%)
(1月31日) 株価 2,006円ー126円(-5.91%)


花王が1月30日の午後に発表した2011年4-12月期決算(第3四半期決算)が、花王の予想を下回り、減益となった。

2011年4-12月期(第3四半期決算)の連結営業利益は、前年同期比6.1%減の941億円。

四半期ごとに見ると、10-12月期は同14%減の366億円。

業績の変動が小さな業界であるにもかかわらず、営業利益が10-12月期の前年同期比で14%も落ち込むことは珍しい。

結果的に2011年4-12月期決算(第3四半期決算)は、売上が2.2%増加したものの、営業利益が6.1%減少し、純利益も3.6%減少した。

――――――――――
https://www.release.tdnet.info/inbs/140120120113064945.pdf (PDF)
平成24年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

1. 平成24年3月期第3四半期の連結業績(平成23年4月1日~平成23年12月31日)
(2) 連結財政状態
(1) 連結経営成績(累計) (%表示は、対前年同四半期増減率)
             売上高   営業利益   経常利益   四半期純利益
              百万円 %  百万円 %   百万円 %   百万円 %
24年3月期第3四半期 934,804 2.2  94,068 △6.1  95,976 △2.8  49,376 △3.6
23年3月期第3四半期 914,444 0.4  100,228 18.2  98,696 15.8   51,211 14.7


3. 平成24年3月期の連結業績予想(平成23年4月1日~平成24年3月31日)
(%表示は、対前期増減率)
(注)直近に公表されている業績予想からの修正の有無 : 有
    売上高 営業利益 経常利益 当期純利益 1株当たり当期純利益
    百万円 %   百万円 % 百万円 % 百万円 %   円 銭
通期 1,235,000 4.1 108,000 3.3 108,000 4.5 53,000 13.4 101.57
――――――――――



2011年4-12月期決算(第3四半期決算)で、売上が2.2%増加したものの、営業利益が6.1%減少し、純利益も3.6%減少したことから、花王は小売店に対して安い価格で製品を押し付けているものと推定できる。

どうやら花王は小売店に対して製品を値下げして引き渡し、安売りをさせているようだが、それも限界に近付きつつあるようだ。

花王の在庫は、大幅に増え、おそらく既に山積みとなっている。

花王の在庫が山積みとなっていることは、決算短信の12ページに記載されている「たな卸資産」(いわゆる在庫)が4,990百万円から21,070百万円へと4倍以上に膨れ上がっていることから間違いない!


貸借対照表(B/S)の商品及び製品や仕掛品も増加している。

また、「たな卸資産」と同じく決算短信12ページに記載されている売上債権も33,484百万円から40,950百万円に増加していることから、花王製品を押し付けられた小売店でも在庫が増加している可能性が高い。

この結果、「営業活動によるキャッシュ・フロー」が1,044億円から795億円に249億円も減少し、「フリー・キャッシュ・フロー(営業活動+投資活動)」も843億円から444億円へと398億円も減少している。

花王としては、不買運動の影響を最小限に食い止めるために、不買運動が収まるまでは製品単価を下げて見せかけの売上だけは減少させずに乗り切りたいのだろうが、棚卸資産(在庫)やキャッシュフロー見るとそろそろ限界に達してきているようだ。


ファーファー頑張れ!花王に負けるな!
ファーファー頑張れ!花王に負けるな!


今回、花王は2011年4-2012年3月期の通期連結業績予想を下方修正し、純利益を前回予想5億7000万円から前期比13%増の5億3000万円に引き下げた。

一方、花王は、売上高、営業利益、経常利益については前回予想を据え置いたが、売上高、営業利益、経常利益を前回予想どおりに達成することはまず不可能だ。

さらに、今回下方修正した純利益の5億3000万円というのも、花王の希望というか、無謀な目標に過ぎず、今後さらなる下方修正を余儀なくされるだろう。


上の決算短信の笑い所は、2ページ目にある次の文言だ。

>当社グループの主要市場である日本のトイレタリー(化粧品を除くコンシューマープロダクツ)市場は、消費者の生活防衛意識が強く、前年同期に対して金額では横ばいに推移しましたが、消費者購入価格は低下しました。


「消費者の生活防衛意識」?!

良く考えた言葉だ!

確かに、花王不買運動も花王抗議デモも、「生活防衛意識」から起こっていると言っても間違いとは断定できない。

しかし、現在の花王の減益と在庫山積みは、花王不買運動の効果であることは、間違いない。

不買運動と花王デモの効果は絶大!

8月から12月までの僅か5か月間で花王の在庫を4倍以上に積み上げさせ、キャッシュフローを大幅に減少させた!


花王は、消費者の「生活防衛意識」の他、天然油脂や石化原料など原材料価格高の影響で営業減益になると説明しているが、同業他社は原材料価格高の影響で営業減益とはなっていない。

花王は、5月の最終決算発表の前に、さらなる大幅下方修正の発表を余儀なくされる可能性が高い。


■動画
【替え歌】「お店と花王のデス・セール」【市況板】(You Tube)
http://www.youtube.com/watch?v=CDarfiYXfTo
【替え歌】「お店と花王のデス・セール」【市況板】(ニコニコ動画)
http://www.nicovideo.jp/watch/nm16842348



さあ、みなさん!

生活防衛意識を高めて、品質が粗悪な花王を不買しよう!

花王、カネボウ化粧品、エスト、ニベアは、不要、不快、不買!


花王不買運動


2011.9.16花王本社平日デモ
2011.9.16花王本社平日デモ


2011.10.21花王抗議デモ(茅場町の花王本社前)
2011.10.21花王抗議デモ(茅場町の花王本社前)


第3回花王抗議デモ(1月20日金曜日、雪、新宿)
第3回花王抗議デモ(1月20日金曜日、雪、新宿)



↓花王不買運動が重要であることを詳しく説明した当ブログ記事↓

花王デモはテロではない!
西村博之「花王デモは、現代的で効果的なテロである件」
花王は多くの抗議を無視して自らの意思で反日妄韓のフジテレビを支援し続けている反日売国企業!
花王不買運動や花王デモは当たり前
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4408.html



↓前回2011年10月25日に花王が第2四半期(4~9月)決算を発表した時の当ブログ記事↓

花王が急落!
決算が予測下回り、野村が投資判断を引き下げ!
原因は不買運動?
尾崎社長は不買運動については「影響は一切ない。」
飽くまで顧客無視の姿勢貫く花王
不買運動の拡大を!
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4428.html


(一部抜粋)

そういえば、2011年10月10日付日経新聞に掲載された尾崎元規社長のインタビュー記事では、今年度の売上高予想が前年度に比べて-3%~-5%になっていると言っていた。(関連記事
花王の売上高4~5%減!花王社長の尾崎元規が今期売上高の見通しを述べる・理由は単価下落(デフレ)で花王不買運動には言及せず

(略)

社長自らが、今年度の売上高予想が前年度に比べて-3%~-5%になっていると言っていたのに、今回の決算発表ではプラスの予想にしているところが、非常に不可思議というか怪しい。

意地でも売上高を減らすまいと、花王が無茶苦茶な安売りをしているか、意地を張って売上高を現実よりも大きく発表している可能性が高い。

無茶苦茶な安売りをして売上高を見繕っても利益は減少するし、現実を無視した強気の売上高予想をしているなら今後業績は下振れする。

いずれにせよ、3ヶ月前の7月25日に業績予想を上方修正をしたばかりで、今回その時の予想を下回る結果となっているということは、花王不買運動の効果が現れていると言って良い。

しかし、花王の尾崎元規社長は、不買運動については「影響は一切ない。」と話した!

http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C9381949EE0E7E2918A8DE0E7E3E2E0E2E3E3E2E2E2E2E2E2;at=DGXZZO019557700812200900000

花王社長、タイ洪水の業績への影響「経過見て判断」
2011/10/25 16:35、日本経済新聞
(略)
テレビ局のスポンサー契約にからみ、一部消費者の間で同社製品の不買運動が起きていることについては「影響は一切ない。基本的に業績に影響が出るような問題ではないと認識している」と話した。〔日経QUICKニュース〕



花王の尾崎社長は、顧客(消費者)の声には耳を傾けず、批判を真摯に受け止めようとせず、飽くまで不買運動や抗議デモを黙殺するつもりらしい。

上述したとおり、私は、花王の業績が3ヶ月前の見通しと比較して悪化していることについては、抗議デモなどによる不買運動の影響が大いにあると考えている。

10月26日は、フジメディアHDの株価もマイナス1.32%、電通の株価もマイナス1.99%と下げた。

株式市場も、フジテレビの大スポンサー「花王」への不買運動の効果を認識しつつあるのだ。

このまま不買運動が続けば、花王は近いうちに業績の下方修正を発表せざるを得ない事態に追い込まれるのではないだろうか。

フジテレビと花王の悪逆暴虐を戒めるため、さらに花王不買運動の拡大を推し進めよう。

花王の売上で大きいのはBeauty(化粧品)だが、カネボウ化粧品が花王の100%子会社となっているため、カネボウ化粧品の不買の周知徹底が必要だ。

花王のBeauty(化粧品)部門の利益率はもともと低く、もう少し売上が減れば、Beauty(化粧品)部門は赤字となるだろう。

また、花王の利益を大きく稼ぎ出しているのは、Fablic&Home(洗剤や掃除用品)だ。

花王のFablic&Home(洗剤や掃除用品)が落ち込めば、花王の利益は大きな打撃を受ける。




「花王は消費者をなめるな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:株式情報 - ジャンル:株式・投資・マネー

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.