FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201201<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
天皇陛下が使える金額は?宮内庁予算約170億円、天皇家予算約3億円・だが陛下が自由に使えるお金は約500万円・世界最高権威なのに超質素・仁徳天皇「民のかまど」・被災地でスリッパ履かず、皇居で自主停電
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




避難所を訪れ、被災した人たちに話しかける天皇陛下=2011年4月27日午後、宮城県南三陸町の歌津中学校
避難所を訪れ、被災した人たちに話しかける天皇陛下=2011年4月27日、宮城県南三陸町の歌津中学校

http://www.news-postseven.com/archives/20120213_87155.html
宮内庁の予算約170億円 天皇家のプライベート予算約3億円
2012.02.13 07:01

 宮内庁には平成23年度予算で、170億8158万円の予算がついた。うち宮内庁費は107億8557万円。残りが宮廷費、内廷費、皇族費となる。皇室を支える“財布”の中身とは。以下に解説する。

【宮廷費】宮内庁が管理する皇室の公的活動費。宮中晩餐会や園遊会、行幸啓や外国訪問などに使われる。56億8378万円。

【内廷費】御手元金として支出される天皇家(天皇・皇后、皇太子一家)の日常費用などのプライベート予算。3億2400万円。

【皇族費】同じく御手元金として支出される各宮家の皇族の予算。平成23年度は当主1人につき3050万円など。2億8823万円。

*内廷費や皇族費は内廷職員や私的に雇用している職員の人件費としても使われている。

※宮内庁HPなどを元に作成
※参考資料:『知られざる皇室』(久能靖著、河出書房新社刊)、『皇室のすべて』(学研刊)ほか

※SAPIO2012年2月22日号



上の記事については、ネット上でも議論になり、「安すぎる!」「高すぎる!」といろんな意見が出ていた。

「高い」と非難する書込みの中には、朝鮮人による書込みと推測できるものも少なからずあった。


(例)
――――――――
34 :名無しさん@12周年:2012/02/14(火) 00:50:24.30 ID:HlY7NRiJ0
高すぎるだろ


35 :名無しさん@12周年:2012/02/14(火) 00:50:27.64 ID:GwM9QUHH0
贅沢してんなこいつら


79 :名無しさん@12周年:2012/02/14(火) 00:57:46.37 ID:EbxP6bX00
天皇家は泥棒

毎年3億円の税金泥棒

天皇家の人間を刑務所にぶちこめ

ヘイセイ天皇には天罰くだって心臓手術失敗して死ね、くたばれ、昭和天皇のいる地獄に落ちろ

ヘイセイ天皇は2/18に死ね それか一ヶ月苦しんで死ね

死んで地獄に落ちてにどとこの世界に出てくるな
――――――――


このように、どうみても日本人による書込みではなく、日本の皇室に嫉みを持つ朝鮮人が必死になっているとしか思えない書込みも多々あった。

それに対して「決して高くはない」と主張する書込みの中には3年くらい前からある次のコピペもあった。


119 :名無しさん@12周年:2012/02/14(火) 01:02:57.61 ID:whYKauKS0
8兆9547億円 男女共同参画予算中の高齢者向け予算(2005年度、概算要求)
5兆6102億円 道路特定財源(国と地方の合計、2007年度)
4兆8563億円 防衛関係費(2005年度、概算要求)
3兆5780億円 アメリカの宇宙関係予算
3兆1280億円 りそな銀行に投入された公的資金
2兆7800億円 朝銀(北朝鮮系金融機関)に投入された公的資金
1兆6743億円 男女共同参画予算中の男女共同参画等向け予算(2005年度、概算要求)
1兆3600億円 全国の朝鮮銀行に投入された公的資金(1998年から2002年まで)
1兆0200億円 在日外国人への生活保護
  6724億円 NHKの予算(2005年度)
  6216億円 欧州の宇宙関係予算
  2845億円 日本の宇宙関係予算
  2273億円 中国への日本のODA(2000年度)
  1212億円 中国への日本のODA(2002年度)
   110億円 宮内庁運営費(2008年度)
    60億円 宮廷費(2008年度) ←――――――――――――ここ!!
    9億円 朝鮮学校への補助金(全国の合計、2003年度)
    3億円 内廷費(2008年度) ←――――――――――――ここ!!
    3億円 皇族費(2008年度) ←――――――――――――ここ!!




宮内庁関係予算=【宮内庁費+皇室費(内廷費、皇族費、宮廷費)】の推移は、次のPDFで見ることが出来る。

宮内庁関係予算の推移(PDF)
http://www.kunaicho.go.jp/kunaicho/kunaicho/pdf/yosansuii-h23.pdf



私も、「皇室費」が約63億円で、そのうち天皇皇后両陛下と皇太子殿下一家(計5人)のプライベート予算である【内廷費】が3億2400万円で、各宮家の当主1人につき3050万円等の【皇族費】が2億8823万円というのは、どう考えても安過ぎる思っている。

最初に、宮内庁関係予算=【宮内庁費&皇室費(内廷費、皇族費、宮廷費)】と言ってもピンと来ない人も多いかもしれないので、分かり易く説明した文章を紹介する。


【参考】

読書 今週の逸冊 『天皇家の財布』森暢平著
2003/09/13, 週刊ダイヤモンド

新潮社●本体価格680円
おカネの動きから見えてくる天皇家の実像と時代の変遷
評者 保阪正康●ノンフィクション作家

(一部抜粋)

大日本帝国憲法下の主権者としての立場から、日本国憲法下では象徴という存在に変わったが、そのプロセスで天皇家の財布は極端に小さくなり、さらに制約も加えられることになった。もともと天皇家自体の〈公〉は別にして、〈私〉はきわめて質素だったが、その〈公〉もまたGHQの監視を受けていたことがわかる。

知られざる皇室予算
 本書によれば、天皇や皇族は、その社会的活動のために「皇室費」という名目で予算が割かれているとのことだが、これも宮廷費、内廷費、皇族費の3つに分かれていて、宮廷費はオフィシャルマネーで残り二つはプライベートマネーなのだという。皇室費の予算は2003年度は114億6129万2000円。そのうちの80%近くは人件費と手当て関係だというから、天皇家のオフィシャルマネーは“人件費増”に苦しめられているのかもしれない。

 宮内庁はこれに宮内庁費を含めて「四つの財布」を持っているそうで、その区別は厳格だという。鉛筆1本を購入しても、天皇の公務用なら宮廷費、愛子様のお絵かきならば内廷費、秋篠宮様のナマズ研究ならば皇族費となり、職員の事務に用いるならば宮内庁費となる。こうした一般に知られざる事実が次々に明かされていくうちに、天皇家もまたそれほど裕福ではないとの実感を持ってしまう

 本書が好感を持てるのは決して覗き趣味に堕していないことだ。天皇とその制度に批判的な人たちは、こうした台所事情に対して度の過ぎた中傷や揶揄(やゆ)を含んで記述を進めるのだが、それがないのも現行の皇室制度に客観的な理解を深める一助となっている。

 昭和天皇の侍従だった人物からの直話だが、昭和天皇は24時間天皇であり続けようとしたという。替わって平成の天皇は、憲法上の制約や時代の流れもあって8時間天皇であり、自らの時間を大切にする生き方を採っていると指摘していた。本書を深読みしていけば、皇室費をどのようにとらえるかという視点のなかに、皇室のあり方が提示されているようにも思う。

 1989年7月に、昭和天皇の遺産は20億円と公表された。平成の天皇の資産は明確にはなっていないが、昭和天皇よりはるかに少ないだろうという。それも皇室のあり方と結び付けて考えるべきかもしれない。



少し、宮内庁関係予算【宮内庁費と皇室費(内廷費、皇族費、宮廷費)】について理解し易くなったのではないだろうか?

また、もう一つ多くの人が誤解していることに「皇室や皇族は税金を払っていない」という間違った思い込みがあるが、少なくとも皇室や皇族も住民税や相続税は納めていらっしゃる

http://allabout.co.jp/finance/assetmanagement/closeup/CU20041215A/index.htm
(一部抜粋)
昭和64年1月7日、昭和天皇が崩御された際は相続税が発生しています。課税遺産総額は18億6000万円強、法定相続分通りに2分の1を相続された昭和皇后は配偶者控除により相続税額はゼロとなり、残りの2分の1を相続された今上天皇は4億2800万円の相続税を納めました。
もう一つ余談ですが、天皇・皇后・紀宮は御所のある千代田区に、皇太子・皇太子妃は東宮のある港区に、それぞれ住民税を納めています。


このように、現在の天皇陛下は相続税や住民税をお納めになっていることもあり、天皇陛下の資産は先帝陛下(昭和天皇)の資産だった20億円よりも遥かに少なくなっている。

その結果、天皇陛下の資産は、世界の王族と比べても非常に小さい

世界一の金持ちはタイ国王王族長者番付、天皇陛下は選外-米経済誌
2008年8月22日11時38分配信 時事通信

 【ニューヨーク21日時事】米経済誌フォーブスは21日までに、世界の王族長者上位15人の番付を公表し、タイのプミポン国王が推定純資産350億ドル(約3兆8000億円)でトップに立った。タイ当局が今年に入り、バンコク市内の広大な所有地を含む大胆な国王の資産公開に踏み切ったため、総額が膨れ上がった。
 第2位はオイルマネーで潤うアラブ首長国連邦(UAE)のハリファ大統領(アブダビ首長)で、推定純資産は230億ドル(2兆5000億円)。3位はアブドラ・サウジアラビア国王の同210億ドル(2兆3000億円)だった。英国のエリザベス女王は12位にランクインしたが、天皇陛下は15位以内に届かず、順位は不明



天皇陛下は、世界最高権威者であるにもかかわらず、個人資産を殆どお持ちにならず、実に質素であられる

また、天皇皇后両陛下と皇太子殿下一家(計5人)には「内廷費」3億2400万円、皇族には「皇族費」2億8823万円が支払われているが使途は人件費等が大半を占めており、両陛下と皇太子殿下一家の方々が実際に自由に使えるお金は、お一人あたり推定500万円程度と言われている

天皇陛下は、日々、過酷な祭祀、国事行為、その他行為(賓客の接待、国体等への御出席など)に御尽力されておられるにもかかわらずだ。

天皇陛下の祭祀
天皇陛下の祭祀


天皇陛下の資産は世界の王族の中で15位以内に入っていないことも驚きだが、資産だけではなく自由に使えるお金が約500万円という事実はさらにもっと衝撃的だろう。

こういう事実を確かめもせず、「宮内庁の予算約170億円 天皇家のプライベート予算約3億円」という見出しだけ見て、2ちゃんねるで必死に「高すぎる」とか「贅沢してんなこいつら」とか「天皇家は泥棒!刑務所にぶちこめ!地獄に落ちろ!」などと書き込んでいる連中は、朝鮮人と人間のクズなのだ。


■動画
世界最強の天皇陛下
http://www.youtube.com/watch?v=lsOFxj9To-o


世界的権威の国際的な秩序

天皇陛下(emperor)
 ≧ローマ法王(Pope)
  >英国女王(Queen)
   >アメリカ大統領etc(president)
    >日本国首相etc(premier)


天皇陛下はまた、神道の法王として、日々、祭祀を行い、日本の国民が幸せになるように、日本が平和であるように、常に祈り続けている。

祭祀は、肉絶ちや水ごりを伴い、日頃からの節制や、体力が要求されるものも少なくない。

それに加えて、国賓の接待や御公務、国事行為等を 日々、精力的にこなされているのである。




それでいて、陛下が自由に使えるお金が年間たったの「約500万円」だ。

ここまで説明すれば、誰もが「安過ぎる」と思うはずだ。


しかも、このような宮内庁関係予算【宮内庁費と皇室費(内廷費、皇族費、宮廷費)】は、減額傾向にあり、特に「皇室費」は10年連続で減額されている。



▽▽ご参考▽▽

http://www.rekishikaido.gr.jp/time-trip/kaido/kdsakai.htm
歴史街道を行く
文:真木嘉裕
掲載:大阪新聞 1991年12月

聖帝・仁徳天皇 民のかまどは賑いにけり

 仁徳天皇の四年、天皇が難波高津宮から遠くをご覧になられて
 「民のかまどより煙がたちのぼらないのは、貧しくて炊くものがないのではないか。都がこうだから、地方はなおひどいことであろう」
 と仰せられ「向こう三年、税を免ず」と詔(みことのり)されました。それからというものは、天皇は衣を新調されず、宮垣が崩れ、茅葦屋根が破れても修理も遊ばされず、星の光が破れた隙間から見えるという有様にも堪え忍び給いました。

 三年がたって、天皇が高台に出られて、炊煙が盛んに立つのをご覧になり、かたわらの皇后に申されました。
 「朕はすでに富んだ。嬉ばしいことだ」
 「変なことを仰言いますね。宮垣が崩れ、屋根が破れているのに、どうして富んだ、といえるのですか」
 「よく聞けよ。政事は民を本としなければならない。その民が富んでいるのだから、朕も富んだことになるのだ」
 天皇は、ニッコリされて、こう申されました。

 そのころ、諸国より
 「宮殿は破れているのに、民は富み、道にものを置き忘れても拾っていく者もありません。もしこの時に、税を献じ、宮殿を修理させていただかないと、かえって天罰を蒙ります」
 との申し出が頻頻とあるようになりました。

 それでも、天皇は引き続きさらに三年間、税を献ずることをお聞き届けになりませんでした。六年の歳月がすぎ、やっと税を課し、宮殿の修理をお許しになりました。その時の民の有様を「日本書紀」は次のように生き生きと伝えている。
 「民、うながされずして材を運び簣(こ)を負い、日夜をいとわず力を尽くして争いを作る。いまだ幾ばくを経ずして宮殿ことごとく成りぬ。故に今に聖帝(ひじりのみかど)と称し奉る。みかど崩御ののちは、和泉国の百舌鳥野のみささぎに葬し奉る」



>みかど崩御ののちは、和泉国の百舌鳥野のみささぎに葬し奉る


この御陵が「仁徳天皇百舌鳥耳原中陵」(にんとくてんのうもずみみはらなかのりょう)、あの有名な、いわゆる「仁徳天皇陵」だ。
「仁徳天皇陵」(全長486m)5世紀
「仁徳天皇陵」(全長486m)5世紀





戦後、先帝陛下(昭和天皇)は、一兵の護衛をも持たず、ツギのあたった背広をお召しになり、中折れ帽をかぶって、全国ご巡幸を開始された。
戦後、陛下は一兵の護衛をも持たず、ツギのあたった背広をお召しになり、中折れ帽をかぶって全国ご巡幸を開始された





http://sankei.jp.msn.com/life/news/110324/imp11032421310002-n1.htm
両陛下、「自主停電」お続けに
2011.3.24 21:30 [皇室]

 天皇、皇后両陛下が、東日本大震災の被災地に思いをはせ、お住まいの皇居・御所の電気を一定時間使わない「自主停電」を続けられていることが分かった。「国民と困難を分かち合いたい」という趣旨で15日に始めたもので、宮内庁の羽毛田信吾長官らによると、陛下は「寒いのは(服を)着れば大丈夫」とおっしゃっているという。

 両陛下は計画停電で「第1グループ」に分類された地域の停電時間に合わせ、1回約2時間にわたり、明かりや暖房といった電気の使用を一切控え、時にはろうそくや懐中電灯を使いながら過ごされているという。暗い中で夕食を取られることもあったようだ。

 両陛下は、第1グループで停電が計画されたものの、実際には電力供給が逼迫せず、停電がなかった日も、当初の計画時間に合わせ、自主的な停電を実行された。15日から23日までは1日も欠かさずに行い、スケジュールに合わせて同じ日に朝晩2回、電気を止められた日も複数回あったという。宮内庁東宮職によると、皇太子ご一家も、同様の「自主停電」を、お住まいの東宮御所で行われているという。

 計画停電では、皇居のある東京都千代田区は対象地域になっていない。


●関連記事
両陛下が毎日「自主停電」・菅首相の自宅は停電対象外
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4187.html




http://www.news-postseven.com/archives/20120211_87099.html

被災地の両陛下「自分達が履く訳には・・・」とスリッパ脱がれる
2012.02.11 16:00

 東日本大震災以来、天皇、皇后両陛下は幾度も被災地にお見舞いに向かわれた。今あらためて被災した東北3県を取材し、お見舞いの際に両陛下と被災者の間に生まれた心温まる秘話を再現する。

 東北3県のうち最初のお見舞い先は4月27日の宮城県。両陛下が同県で最初に視察された被災地、南三陸町の町長・佐藤仁氏(60歳)が振り返る。

「両陛下は町立伊里前小学校の校庭に自衛隊ヘリで降りられ、被災した市街地を校庭の隅から視察されました。学校は高台にあり、校庭の先は崖になっているため、安全を考えて校庭の隅にある花壇の手前に立っていただく予定にしていたのですが、両陛下は崖のすぐ近くまで歩み寄られ、じっと眼下の市街地を見ておられました」

 両陛下は市街地に向かって黙祷を捧げ、佐藤町長から被災状況などについて説明を受けられると、被災者が待つ町立歌津中学校の体育館を訪ねられた。同行した佐藤町長はそこで両陛下の心遣いの深さを目の当たりにする。

「私が先に体育館に入り、両陛下をお迎えしました。実は当時はまだ物が不足していて、スリッパも用意できたのは両陛下に履いていただく2足分だけで、私はスリッパを履いていませんでした。すると、それを見られた皇后陛下が、いったん履かれたスリッパを脱がれたのです。さらに天皇陛下までがスリッパを脱ごうとなさった。それで皆で慌ててお止め申し上げたのですが、他の誰も履いていないのに、自分たちだけ履くわけにいかない、というお心遣いだったのでしょう」

※SAPIO2012年2月22日号


この記事を読むと、天皇皇后両陛下は、昨年の南三陸町でのみスリッパをお履きにならなかったかのように思うかもしれないが、両陛下はかなり以前から被災者のお見舞いではスリッパをお履きにならないことが多かった。

雲仙・普賢岳噴火でお見舞いの言葉をかけられる両陛下(スリッパ無しで正座されている)
雲仙・普賢岳噴火でお見舞いの言葉をかけられる両陛下(スリッパ無しで正座されている)


中越地震の被災者をお見舞いなされた天皇陛下=2004年11月06日、新潟県川口町の川口中学校体育館(スリッパ無しで正座されている)
中越地震の被災者をお見舞いなされた天皇陛下=2004年11月06日、新潟県川口町の川口中学校体育館(スリッパ無しで正座されている)


避難所を訪れ、被災した人たちと話す皇后さま=2011年4月27日、宮城県南三陸町の歌津中学校
避難所を訪れ、被災した人たちと話す皇后さま=2011年4月27日、宮城県南三陸町の歌津中学校(スリッパなし)

宮城県南三陸町の避難所で、被災者に声をお掛けあそばされる天皇陛下、皇后陛下 御尊影=2011年4月27日午後、同町の歌津中学校(スリッパなし)
南三陸町の避難所で、被災者に声をお掛けあそばされる天皇陛下、皇后陛下=2011年4月27日午後、同町の歌津中学校(スリッパなしで正座されている)



「陛下に感謝!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)
>>続きを読む

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.