正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201201<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
石原新党、核保有、国軍、男系存続、政府紙幣、エネルギーなどに関する基本政策・日本国憲法は改正するより無効化すべき・核武装は実現を急ごう・原子力エネルギーゼロには疑問・「維新政党・新風」との差異
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






「石原新党」3月結成へ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120203-00000084-san-pol

石原新党 基本政策、保守色濃く 男系存続へ典範改正
産経新聞 2月3日(金)7時55分配信

 東京都の石原慎太郎知事が、たちあがれ日本の平沼赳夫代表らとともに結成を目指す新党の基本政策の草案が2日、分かった。「国のかたち」「外交・防衛政策」「教育立国」など7分野で構成され、憲法9条改正や、男系存続のための皇室典範改正、首相公選制-を明記。保守色を前面に押し出した内容となる。

 基本政策は、7分野29項目あり、項目ごとに具体策を明記。前文では「グローバリゼーション」や「地球市民社会」などを幻想と断じ、「一国家で一文明」の日本の創生を訴える。

 憲法改正に関しては、9条改正による国軍保持▽国会一院制と大選挙区制導入▽改正手続きを定めた96条の改正-を掲げる。

 外交・防衛分野では、「自立日本」を掲げ、日米同盟の深化▽防衛産業の育成▽「南西防衛戦略」推進▽核保有に関するシミュレーション-などを明記する。

 経済・財政政策は、100兆円規模の政府紙幣発行、国の財政の複式簿記化-など。エネルギー政策としては2040年までの原子力エネルギーゼロを掲げる。

 このほか、国家公務員3分の1削減▽平成版教育勅語(ちょくご)起草▽フラット税制-なども盛り込まれる。



石原新党の基本政策の草案が分かった。



>「国のかたち」「外交・防衛政策」「教育立国」など7分野で構成され、憲法9条改正や、男系存続のための皇室典範改正、首相公選制-を明記。


憲法9条改正は大いなる改善ではあるが、現在の「日本国憲法」は国内法的にも国際法的にも違法なので無効化して大日本帝国憲法(明治憲法)に戻すべきだ。

さすれば、自ずと日本は国軍を保有し、皇室の男系も存続できるようになる。

大日本帝国憲法においては、第2条において皇位は「皇男子孫」が承継するものであることが憲法上規定されていたからだ。

したがって、国軍と皇室の男系維持に関しては、日本国憲法の9条や皇室典範を改正するより、日本国憲法を無効にして大日本帝国憲法を復活させる方が簡単だし筋も通る。

この点に関しては、「維新政党・新風」の『憲法』政策方針の方が勝れている。

日本が法治国家である以上、日本国憲法が法的に有効か無効かを公正に判断し、無効ならばきちんと無効化しなければならない。

日本国憲法は、「占領者は、占領地の現行法律を尊重して、公共の秩序及び生活を回復確保する…」とした国際法(ハーグ陸戦条約)に対する明らかな違反行為だった

1946年2月、日本政府は、大日本帝国憲法の諸条項を踏襲した改正要綱をGHQに提出したが、マッカーサー総司令官は受け入れを拒否、独自の草案をGHQ民政局に作成させた。

したがって、日本国憲法は、占領軍によって作られ、国際法に違反して押しつけられ、当時の日本の憲法にも違反して制定されたのだから完全に無効だ!


(参考)
――――――
大日本帝国憲法

第73条
1.将来この憲法の条項を改正するの必要あるときは勅令を以って議案を帝国議会の議に付すべし
2.この場合に於いて両議院は各々其の総員3分の2以上出席するに非ざれば議事を開くことを得ず、出席議員の3分の2以上の多数を得るに非ざれば改正の議決を為すことを得ず

第75条
憲法及び皇室典範は摂政を置くの間之を変更する事を得ず
――――――



ちなみに、つい先日、チャンネル桜は、皇室の男系維持について竹田恒泰氏による新たな情報などを紹介する放送をしていた。
■動画
【竹田恒泰】女性宮家問題と旧皇族復帰について[桜H24/1/30]
http://www.youtube.com/watch?v=q56Kj5JpgdM






>外交・防衛分野では、「自立日本」を掲げ、日米同盟の深化▽防衛産業の育成▽「南西防衛戦略」推進▽核保有に関するシミュレーション-などを明記する。


概ね同意する。

日本の核武装は急務だが、まずはシミュレーションから始めるのは致し方ないかもしれない。






>経済・財政政策は、100兆円規模の政府紙幣発行、国の財政の複式簿記化-など。


政府紙幣発行、国の財政の複式簿記化これに関しても、同意する。

日銀が十分な(100兆円規模の)貨幣供給を実施するか、日本政府が十分な(100兆円規模の)政府紙幣を発行することによってデフレは解消し、税収も増え、消費税率引き上げの必要性は完全に消滅する

デフレは貨幣供給(通貨供給)を大幅に増やすことや、政府紙幣の発行によって解消可能なのだ。

現在まで長年続いている日本のデフレや円高は、日銀が他国と比べて極端に通貨供給量を少なくしているからだ。

日米の極端なマネタリーベースの伸びの違いが、昨今のデフレ、円高・ドル安の要因になってきた
日米の極端なマネタリーベースの伸びの違いが、昨今のデフレ、円高・ドル安の要因になってきた


戦前、デフレで円高の「昭和大恐慌」のさなか、高橋是清蔵相は、大量発行した国債を日銀に直接引き受けさせて日銀券を大量発行させ、景気を浮揚させた。
高橋是清

この時のように、デフレ・円高・株安からの脱却方法は、日銀に国債を買わせ、それによって得られた資金で景気対策を行うことだ。

高橋是清蔵相のときのように日銀による直接引き受けでなくても、市中から日銀が国債を買い上げ、それと同額の国債を政府が売り出して市中に流せば、日銀による直接引き受けと変わらない。

あるいは、日銀が今のままどうしても貨幣供給を増やさないし何もしないと言うなら、今回石原新党が基本政策に掲げたとおり、日本政府は「政府紙幣」を発行するべきだ

「政府紙幣」を発行すれば人々は日本銀行券(日銀券)と替えたがるから、日銀は入ってくる政府紙幣の分だけ日銀券を刷らされる。

結局、日銀が貨幣供給を増やすことと同じこととなる。

「国債の日銀の直接引受け」(または、市中から日銀が国債を買い上げ、それと同額の国債を政府が売り出して市中に流す)と、「政府紙幣発行」は、最終的には同じ効果がある。


また、国の財政の複式簿記化によって、日本政府の資産約700兆円が広く認知されるようになり、財務省や馬鹿な政治家やインチキマスコミが大騒ぎしている所謂「国の借金1000兆円」がインチキの大嘘だということが分かり易くなる。






>エネルギー政策としては2040年までの原子力エネルギーゼロを掲げる。


これは意外だ。

「たちあがれ日本」の平沼赳夫代表は地下原発の構想を持っていたと思ったが、諦めたのだろうか?

私は、原発中心のエネルギー政策こそ日本にとって最善策だと考えている。

日本も真の独立主権国家になるためには、エネルギーや重要資源を他国に依存していてはならない。

将来、日本はウランやレアメタルなどを海水や海藻などから採取できるようになる。

ウランなどを海水や海藻から採取する方が、太陽光発電や風力発電などより、遥かに現実的だ。

そうなると日本は資源大国になる。

近代以降、日本は初めてエネルギーを他国に依存せずに済む真の独立主権国家になるのだ。

また、最近、愛知沖の深海底で世界で初めてメタンハイドレート産出試験に着手することが報じられていた。

メタンハイドレート(燃える氷)
メタンハイドレート(燃える氷)


日本は「メタンハイドレート」と「海藻や海水からのウラン採取」の両面で研究を重ね、実用化の面などからエネルギー政策を選択していけば良い。

ただ、私は「海藻や海水からのウラン採取」の方が実用化に近いと予想しているし、国防の観点からも核技術の維持・向上は必要不可欠だと考えてる

海水からウランを集める方法。技術的に可能で、最大の課題のコストも大幅に削減できることが最近の研究で分かった。
海水からウランを集める方法。
技術的に可能で、最大の課題のコストも大幅に削減できることが最近の研究で分かってきた。


海水からウランを採取する研究が、実用化まであと1歩です。
海水からウランを採取する研究が、実用化まであと1歩

海水ウランの捕集技術(PDF)
http://www.aec.go.jp/jicst/NC/iinkai/teirei/siryo2009/siryo20/siryo1-1.pdf


■動画
日本も資源大国なるぞ。海に眠るウラン
http://www.youtube.com/watch?v=U4ssguJxB3Q






結論として、石原新党の基本政策は、違法な日本国憲法を9条も含めて約60年間護り通してきた自民党の政策よりも遥かに勝れている。

しかし、「維新政党・新風」の基本政策と比べるとやや劣る。

したがって、「維新政党・新風」が候補者を立てる選挙では新風の候補者に投票するべきだし、「維新政党・新風」が候補者を立てない選挙では石原新党の候補者に投票するべきだろう。



(参考)
●主な「維新政党・新風」の政策公約
「憲法改正に名を借りた戦後体制温存糾弾」

「核武装推進」

「宮沢・村山・河野談話撤回」

「在日特別永住者制度廃止」

「安易な外国人移民受入反対」

「スパイ防止法推進」

「自衛隊を正規の軍隊に」
 

「靖国神社祭祀を国家祭祀に」

「犯罪国家北朝鮮に拉致された同胞救出のために武力行使を辞さず」

「安易な食糧輸入を排し安全性と自給率及び備蓄向上の食糧政策確立」

「夫婦別姓反対」

「国連分担金の低減要求」

「小学校の英語教育反対」

「職業教育の推進」

「行き過ぎた男女共同参画法廃止」

「不法滞在外国人への断固たる対処」

「入国管理体制強化」

「人権擁護法案反対」

などなど




【告知】
――――――――――
維新政党・新風 角田晶生(つのだ あきお)
http://shinpu-nishitokyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/2424-e140.html
【平成24年2月4日(土) 渋谷駅ハチ公前広場】殺すな!チベット虐殺抗議、緊急国民行動。【頑張れ日本!全国行動委員会】
12時00分 街頭演説 渋谷駅ハチ公前広場
14時00分 抗議集会 六本木三河台公園
(港区六本木4-2-27・六本木駅より徒歩3分)
抗議活動 中国大使館前

――――――――――
http://shinpu-nishitokyo.cocolog-nifty.com/blog/2012/01/2424-b3f6.html
人権侵害救済法案反対デモ。【平成24年2月4日(土)日比谷公園】
※日時:平成24年2月4日(土)
※集合:13:00 日比谷公園 霞門
※概要:13:30 デモ隊出発、15:00 常磐橋公園にて解散
※主催:「言論の自由を奪う人権侵害救済法に反対する地方議員の会」
     会長:大西宣也 町田市議(携帯:090-4711-3716)
     事務局長:渡辺眞 元日野市議(携帯:090-1113-2061)
――――――――――




「国軍保持などには賛成だが、改善の余地あり!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:国防・軍事 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.