正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201201<<1234567891011121314151617181920212223242526272829>>201203
光市母子惨殺「殺意はないし、強姦もしてない。傷害致死だから死刑を回避して欲しい」判決は20日・勝間和代「私は強い死刑制度廃止派。犯罪の原因はその人だけではない。その人が死刑になっても何も解決しない。」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




こいつが凶悪犯罪者福田孝行
光市母子惨殺事件・凶悪殺人犯の福田孝行

光市母子惨殺の福田孝行「殺意はないし、強姦もしてない。傷害致死だから死刑を回避して欲しい。怖い」…判決は20日

http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00217518.html
山口・光市母子殺害事件 判決を前に元少年がFNNの記者との面談で現在の心境など語る

1999年に、山口・光市で母子を殺害した罪に問われ、死刑を言い渡されている当時18歳の元少年について、20日に最高裁の判決が下される。判決を前に、元少年はFNNの記者との面談に応じ、現在の心境などを語った。

広島拘置所の接見室で、記者の質問に対し、「僕自身、殺意がなかった。強姦(ごうかん)ではないという主張をしています」と話したのは、1999年の光市母子殺害事件で、殺人などの罪に問われている、犯行当時18歳の元少年。

現在は、30歳になっている。

元少年は、面談で「死姦(しかん)というのは、一般的に言われるようなこととは一線を画している。変質者というか、そのような人のみが行う行為を思っていたので、自分は言えませんでした。吉田鑑定書、その中の遺体所見では、『姦淫(かんいん)』とは書いてあるが、『強姦』とは書かれていない。捜査機関が作ったもので、証拠があると言われて認めてしまったけど、事実としては強姦はしていない」と話した。

元少年は、会社員・本村 洋さんの自宅で、妻・弥生さんの首を絞め、殺害したあとに乱暴した。

当時生後11カ月だった長女・夕夏ちゃんも、首をひもで絞めて殺害した疑いが持たれている。

2000年3月、本村 洋さんは「きちんと、犯した罪に対して相当する罰を与えるような判決を下してくれることを信じています」と話していた。

1・2審ともに無期懲役の判決だったが、2006年、最高裁がそれを破棄した。

2008年の差し戻し審では、死刑が言い渡され、元少年は上告した。

その判決が、20日に下される。

元少年は「僕がどうこう言えるわけではないですが、裁判官の判断で決めるわけですが、厳正な対処を望みます。傷害致死であって、死刑が適用ないなら回避してほしい。素直な思いとしては、怖いと思います」と話した。

記者の目を見て、落ち着いた丁寧な言葉づかいで答えた元少年。

2008年の差し戻し審では、これまで犯行事実を認め、謝罪していたにもかかわらず、それを翻し、判決文では、死刑を免れることを企図して、旧供述を翻したうえ、虚偽の弁解を弄(ろう)していると批判された。

本村 洋さんは「彼も、どこかでこの判決を覚悟していたんじゃないかなというほど、落ち着いた顔だったというふうには、印象を受けました」と話していた。

死刑判決後、傍聴席の本村さんに対し、頭を下げたことについて、元少年は「ずっと心残りだった。1審、2審含めて、本村さんの方に深く礼をなすことができなかった。僕自身、どこかこだわりがあった。頭を下げたところで、命が戻ってくるわけではないという、変な逡巡(しゅんじゅん)があった」と話した。

事件から13年。
3日後に迫った判決の日を、どのように過ごすのかという問いには「落ち着いて受けるしかない。どのような内容であれ、僕自身の不備なので、それを相手のせいにしないで、自分のことを棚に上げて、相手をどうこう言うことは控えたい」と答えた。
(02/18 01:09 テレビ新広島)


※事件概要
アパートで主婦、本村弥生さん(当時23歳)を暴行目的で襲って殺害。
遺体を陵辱後、母の遺体に泣きながらはって寄ってくる夕夏ちゃん(同11カ月)を持ち上げて床に叩きつけそれでもなお母の所へ来ようとするところを絞殺。
財布を盗んだ。

山口地裁は
(1)犯行時は18歳と30日で発育途上
(2)法廷で涙を浮かべた様子から更生可能性あり
(3)生育環境に同情すべき点あり、
などから無期懲役を言い渡した。

※元少年が知人に出した手紙など
・「無期はほぼキマリ、7年そこそこに地上に芽を出す」
・「犬がかわいい犬と出合った…そのまま『やっちゃった』…罪でしょうか」
・『もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。私は環境のせいにして逃げるのだよ、アケチ君』
・『オレ自身、刑務所のげんじょーにきょうみあるし、速く出たくもない。キタナイ外へ出る時は、完全究極体で出たい。じゃないと二度目のぎせい者が出るかも』
・(妻子を殺され陵辱され、死刑求める夫に対して)『ま、しゃーないですね今更。ありゃー(テレビに出て極刑訴える夫は)調子付いてると僕もね、思うとりました。』

※安田弁護士(死刑廃止派)らの意見…弁護団は21人構成
「遺体を強姦したのは、生き返らせるための魔術的儀式」
「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」
「(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」
「口をふさごうとして手が滑って弥生さんの首を締めてしまった」
「口をふさごうとして手が滑って弥生さんの首を締めてしまった」

※元少年の質問回答
「赤ちゃんの遺体を押し入れの天袋に隠したのは、ドラえもんが何とかしてくれると思った」
「赤ちゃんをあやそうと抱いたら、手が滑って頭から落ちた」
「死んだあとで服を脱がしたのは、女性だったら恥ずかしくて反応するかと思って」
「精子を女性の体内に入れたら、生き返ると本で読んだ」

光市母子惨殺事件

光市母子惨殺事件の凶悪殺人犯福田孝行
光市母子惨殺事件・凶悪殺人犯の福田孝行





勝間和代「私は強い死刑制度廃止派。犯罪の原因は必ずしもその人だけではない。その人が死刑になっても何も解決しない。」
勝間和代「私は強い死刑制度廃止派。犯罪の原因は必ずしもその人だけではない。その人が死刑になっても何も解決しない。」

http://news.livedoor.com/article/detail/6289805/
勝間和代氏の「死刑廃止」発言に物議2012年02月17日20時23分
提供:トピックニュース

勝間和代氏が司会を務める経済情報番組「勝間和代#デキビジ」(BSジャパン)18日放送予定の対談で、同氏が死刑制度について言及したと、16日のニコニコニュースが報じ、ネット掲示板で物議を醸している。

記事によると、18日放送予定の対談相手は、ドキュメンタリー映画監督・作家の森達也氏。2008年に死刑制度との向き合い方をまとめた『死刑』(朝日新聞社)を出版しており「明確な理由がないのであれば、死刑制度はなくしたほうがいい」という立場をとっている。

その一方で勝間氏も「私はけっこう強い(死刑制度)廃止派なんですよ。もともと犯罪の原因は、必ずしもその人だけではないですから。さらに加えて、その人が死刑になっても何も解決しない。この2点なんですよ」と述べたのだった。

この発言に対してネット掲示板では「自分の子供が殺されても同じことが言えるの?」「少なくとも再犯のリスクはゼロになるだろ」と勝間氏の意見への反論が相次いだ。その一方で「死刑を容認することは殺人に加担すること」など、勝間氏に賛同する意見も目立つ。死刑制度は、犯罪や命のあり方まで考えさせられる重要な問題であり、今後も様々な議論を呼びそうだ。



>その一方で勝間氏も「私はけっこう強い(死刑制度)廃止派なんですよ。もともと犯罪の原因は、必ずしもその人だけではないですから。さらに加えて、その人が死刑になっても何も解決しない。この2点なんですよ」と述べたのだった


まず、「犯罪の原因は、必ずしもその人だけではないですから。」の意味が不明だ。

社会が悪いと言いたいのか?

それとも殺された人も悪いと言いたいのか?

実際には、それ相応の理由がある場合には殺人事件を起こしても死刑にはならず、死刑になるのは悪質で凶悪な殺人のケースだけだ。


次に、「その人が死刑になっても何も解決しない」というのは明らかに間違っている。

凶悪殺人犯をこの世からなくすのだから一応の解決になる。

殺された被害者の恨みを晴らし、遺族などの恨みや悲しみが和らぐのだから、死刑の確定と執行は一応の解決と言える。

勝間のいう「解決」の意味が「犯人を死刑にしても被害者の損害は回復しない」ということなら、死刑に限らずあらゆる刑罰は無意味となってしまう。






>その一方で「死刑を容認することは殺人に加担すること」など、勝間氏に賛同する意見も目立つ。


殺人犯を擁護することは殺人に加担することだ。

死刑には幾つかの効果やメリットがあり、死刑が必要な最大の理由は、殺人事件の抑止力(抑止効果)だ。

死刑に殺人事件の抑止効果があることは、カナダで死刑廃止後に殺人事件が大幅に増えた実例を見ても明らかだ(データ)。

カナダでは、1966年、一般殺人罪について死刑規定を廃止した(警官及び刑務官殺害罪についてのみ存置)。

カナダにおける1966年の殺人事件発生件数は、250件だった
(1966年の人口10万人当たりの殺人発生率は1.25件)

ところが、死刑制度が廃止されてから殺人事件が急増し、9年後の1975年には殺人事件発生件数が701件と3倍近くにまで増加した
(1975年の人口10万人当たりの殺人事件発生率は3.03件)

カナダの10万人あたりの殺人発生率①が死刑が廃止された1966年
カナダの10万人あたりの殺人発生率
①が死刑が廃止された1966年



また、アメリカにおいても、学者らの調査により、死刑制度に殺人事件の抑止効果があることが明白になっている。

http://www.usfl.com/Daily/News/07/06/0611_007.asp
死刑は犯罪抑止に効果あり~各種調査が証明
2007年06月11日、U.S. FrontLine

(一部抜粋)

 AP通信によると、コロラド大学のネイシ・モカン教授(経済学)らが2003年にデータを分析し、06年に同じ調査を見直した結果、死刑を1件執行するごとに殺人が5人減り、逆に死刑を1回減刑するごとに殺人が5件増えることが分かった。

 01年以降、死刑の犯罪抑止効果について数十件の研究が行われているが、いずれも死刑には犯罪抑止効果があると結論している。研究者はそれぞれ、年ごと、または州、郡ごとに分けたり、地域の失業率、人口1人当たりの収入などさまざまな間接要因も考慮しながら死刑の効果を解明しようとしている。

 主な調査結果は次の通り。1)エモリー大学が03年に行った調査では、死刑が1件執行されると平均18件の殺人が防止できる(ほかに防止件数を3件、5件、14件とする研究も)。2)00年にイリノイ州が死刑執行を停止して以来、4年間で殺人が150件増加した(ヒューストン大学調べ)。3) 死刑を迅速に執行するほど犯罪抑制効果は高い。死刑囚が監房で過ごす期間が2.75年短縮されるごとに殺人が1件防止できる(04年、エモリー大学調べ)。



上の「U.S. FrontLine」の記事の最後に、【3) 死刑を迅速に執行するほど犯罪抑制効果は高い。死刑囚が監房で過ごす期間が2.75年短縮されるごとに殺人が1件防止できる(04年、エモリー大学調べ)】とあるが、ここが非常に重要だ。

昨年は、マジキチ法務大臣の平岡秀夫のせいで、日本では死刑執行が19年ぶりにゼロとなってしまった。

平岡秀夫「殺人犯にもそれなりの事情がある」
平岡秀夫は過去に「殺人犯にもそれなりの事情がある」とテレビで発言し、法相に就任しても死刑を執行しなかった。


刑事訴訟法475条は、「死刑が確定すれば、法相は再審請求が出ているときなどを除いて6カ月以内に刑の執行を命令しなければならない」と定めている。

法相が死刑確定後6ヶ月以内に刑の執行を命令しなければ法律違反なのだ。

この事は、鳩山邦夫元法相も明言している。


●鳩山邦夫の発言集
「死刑確定後、6カ月以内に執行しないのは法律違反!」
「私のときにもっとたくさんやるべきだった。少なくとも30~40人は執行すべきだった!」
「宮崎勤は私から執行の検討をしろと命じた!」
「こんな奴生かしておいてたまるか!」(宮崎勤死刑囚に対して)
「更生の余地を考えてはいけない。犯罪そのものに目を向けること!」

「ベルトコンベア式に死刑執行が行われることが望ましい!」
「わたしの兄はバカだ」
「兄は菅さんに騙されたw」

鳩山邦夫 死刑
鳩山邦夫


死刑廃止論者だった千葉景子以外、民主党政権での法相は誰一人として死刑を執行していない。

民主党が政権をとった後、法相に就任した者は死刑廃止論者と執行ゼロの者ばかりだ。


▼過去10年の法相と死刑執行数

森山眞弓   6人
野沢太三   2人
南野知惠子  1人
杉浦正健   0人 
長勢甚遠   10人
鳩山邦夫   13人
保岡興治    3人
森英介     9人
――政権交代――
千葉景子   2人
柳田稔     0人
仙谷由人   0人
江田五月   0人
平岡秀夫   0人
小川敏夫   0人

民主党政権の死刑廃止論者の法務大臣たち


ただし、1月の改造内閣で新たに就任した小川敏夫法相は、死刑執行の再開に前向きな発言をした。

法相・小川敏夫氏インタビュー 死刑執行「逃げるつもりない」
2012年1月25日、産経新聞
小川敏夫法相

(一部抜粋)

 現在の確定死刑囚は130人にもなる。新たに法相に就任した小川敏夫氏(63)は執行に前向きな姿勢を示しており、産経新聞などのインタビューに、執行が避けられる傾向にあった国会中も「逃げるつもりはない」などと語った。

 --死刑執行に対する考えは

 「やりたいかやりたくないかといえば、やりたくないのが心情だ。だが、死刑の執行は法相の職責。法律で定められた職務を執行しないことは、許されない」

 --国会会期中は執行がない傾向がある

 「開会中に執行すると、質問されるから嫌だと逃げるつもりはない」



是非、小川敏夫法相には一刻も早く、一人でも多く、死刑を執行してほしいものだ。





>死刑制度は、犯罪や命のあり方まで考えさせられる重要な問題であり、今後も様々な議論を呼びそうだ。


いや、少なくとも現在の日本においては、議論の余地がないくらい死刑賛成が圧倒的に多い。

死刑制度容認85・6%、「廃止」大幅に上回る
時効「短い」が半数超 内閣府調査
2010.2.6、産経新聞

死刑について、「場合によってはやむを得ない」と容認する声が85%を超え、否定的な意見を大幅に上回っていることが6日、内閣府の発表した「基本的法制度に関する世論調査」で分かった。また、政府の法制審議会で「廃止」が検討されている殺人などの公訴時効についても初めて調査され、54・9%が「短い」と回答。結果について、法務省は「死刑は肯定的に受け止められ、時効制度見直しも求められている」と説明している。

調査は昨年11月~12月、全国の成人3千人に面接で実施。64・8%(1944人)から回答を得た。

死刑制度について、「場合によってはやむを得ない」と肯定する回答が85・6%で、「どんな場合でも廃止すべきだ」の5・7%を大幅に上回った。平成16年の前回調査で肯定したのは81・4%で、約4ポイント増。死刑についての世論調査は昭和31年から9回目で、質問はやや異なるものの、死刑容認派は今回が過去最多だった。

死刑容認の理由(複数回答)では、「被害者や家族の気持ちが収まらない」「凶悪犯罪は命をもって償うべきだ」「廃止すれば犯罪が増える」が多かった。廃止の理由(同)では「生かして償いをさせた方がよい」「裁判に誤りがあったとき、取り返しがつかない」との回答が目立った。

死刑を容認するうちの約6割が「将来も廃止しない方がよい」とした。
(以下略)



(参考コピペ)
■死刑廃止は世界の潮流である
嘘。死刑廃止は90国、死刑存置は97国。
さらに、潮流とやらで内政を決定しなければならない理由は主権国家である以上まったく無く、
仮にそうならば真っ先にあなたは9条の廃止と軍隊を持つように主張しなければダブルスタンダートである。

■抑止力が無い
嘘。非常に大きな抑止力があると証明されている。(一件執行されるたびに殺人が5件減少する)

■国が殺人を容認するのはおかしい
刑罰は殺人では無い。正当な司法である。ならば懲役は監禁、罰金は恐喝になる。

■終身刑でいいだろ
日本の刑務所は"満員"を超えて116%の収容率になっている。場所が足りない。税金も無駄。
さらに、死刑になるような凶悪犯罪に対する罰がその程度では国民が納得しない。
国勢調査で8割の国民が死刑を望んでいると出ている。

■野蛮!
日本は世界のどの廃止国よりも犯罪率の低い国です。ちなみに廃止国は現場で射殺しています。
日本では正当防衛で撃っただけで問題になります。




「死刑は必要だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:死刑制度について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.