FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201712<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201802
平井文夫「土下座外交、土下座報道を復活させてはならない。安倍さんは平昌に行ってはならない」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






平井文夫の言わねばならぬ!
平井文夫
文在寅が再交渉の要求を取り下げたのは、安倍さんが応じないとわかったから。
日本にはこの甘ったれを応援する政治家、官僚、マスコミがうようよいる。
土下座外交、土下座報道を復活させてはならない!
安倍さんは平昌に行ってはならない!



https://www.houdoukyoku.jp/posts/24457
土下座外交、土下座報道を復活させてはならない フジテレビ解説委員【平井文夫の言わねばならぬ!】
甘ったれ文在寅はなぜ再交渉できないのか

土下座外交、土下座報道を復活させてはならない フジテレビ解説委員【平井文夫の言わねばならぬ!】
Jan 12, 2018
土下座外交、土下座報道を復活させてはならない フジテレビ解説委員【平井文夫の言わねばならぬ!】
平井文夫 

■文大統領は、支離滅裂な言い分で自分が嫌にならないのか
土下座外交、土下座報道を復活させてはならない フジテレビ解説委員【平井文夫の言わねばならぬ文大統領は、支離滅裂な言い分で自分が嫌にならないのか!】

韓国の文在寅大統領が慰安婦合意について、日本に再交渉を求めないことを発表した。

そのくせ、安倍首相にもっと謝れとか、日本が払った10億円で元慰安婦に払った金は韓国政府が払ったことにしたいので、10億円の使い道を協議しようなど、支離滅裂なことを言っている。

大統領選の公約で再交渉すると言っていた文在寅が、なぜ今になって取り下げたのか。

それは安倍首相が絶対に再交渉に応じないことがわかっているからだ。


■土下座外交、土下座報道を復活させてはならない

文在寅は左翼の人によくいる甘ったれ。
日本にもよくいる。
最後は、必ず相手が引いてくれると高をくくっている。

だから大統領選では再交渉を公約にした。

でもいざ大統領になってみたら安倍さんが引かないことが分かったので、再交渉はしないと発表したが、そこは甘ったれなので「でも謝罪が足りない」とか言って、国際的な笑い者になっている。

公約違反なので政治的にもたないのだろうが、自分でも言っていて嫌にならないのだろうか。

日本にはこの甘ったれを応援する政治家、官僚、マスコミがうようよいる。
「安倍首相が謝罪の手紙を書けばいいじゃないか。紙一枚だけの話だ」と。
とんでもないことだ!
土下座外交、土下座報道を復活させてはいけない。

2021年以降、安倍以外の人が首相になったら応じないか心配だ。

まあこれに関しては安倍さんは固いので大丈夫だろう。


土下座外交、土下座報道を復活させてはならない フジテレビ解説委員【平井文夫の言わねばならぬ!】

■安倍さんは平昌に行ってはならない

問題は平昌五輪だ。
せっかく南北朝鮮が協議を再開し、北も参加するのだから、という理由で安倍さんを開会式に行かせようとたくらむ奴らが政府内にいる。
マスコミも同調。
これもとんでもないことだ!

約束を守らない国に行くことはできない。

そもそもミサイルを撃ちまくり、拉致被害者を返さない国の人たちと、本当にスポーツを一緒に楽しめるのか。

安倍さんは平昌には行ってはいけない。


■動画

https://twitter.com/blue_kbx/status/951992059585470464
ブルー‏
@blue_kbx
【甘ったれ文在寅】
平井文夫「(日韓合意)文在寅は支離滅裂な事を言ってて、左翼によくいる甘ったれ。日本にもよくいる。日本にはこの甘ったれを応援する政治家、官僚、マスコミがウヨウヨいる事も問題。土下座外交、土下座報道を復活させてはいけない。安倍さんは平昌に行ってはいけない」

ド正論。
(動画)
10:39 - 2018年1月13日





平井文夫が上記のとおり「文在寅の再交渉断念は安倍さんが応じないとわかったから。日本にはこの甘ったれを応援する政治家、官僚、マスコミがうようよいる。 土下座外交、土下座報道を復活させてはならない!安倍さんは平昌に行ってはならない」と正論を訴えた直後、1月14日になったら朝からテレビに「この甘ったれ」(文在寅)を応援する反日韓国人や反日糞左翼どもが続出して猛反撃を試みた!

まず、1月14日付当ブログ記事で詳述したとおり、フジテレビ「新報道2001」に金慶珠(キム・キョンジュ)が出演し、韓国政府が「慰安婦問題日韓合意」を破ったことについて『最終的かつ不可逆的に解決した』という合意ではないんです!未完の合意なんです!いや、未来形の合意だ」などと韓国の合意違反を正当化した!

平成30年(2018年)1月14日
【#新報道2001 2018.1.14】金慶珠「日韓合意は未完の合意!未来形の合意!最終的かつ不可逆的に解決したという合意ではない」
金慶珠(キム・キョンジュ)
(韓国政府が「慰安婦問題日韓合意」を破ったことについて)
「最終的かつ不可逆的に解決した」という合意ではないんです!
誠実に履行されることを前提に、履行されたことを前提に解決すると、いう意味では、未完の合意でもあるんですよね。
(反論、ツッコミ)
いや、未完の合意ではなくて、未来形の合意だということ。

平成30年(2018年)1月14日フジテレビ「新報道2001」
詳細記事





次に、TBS「サンデーモーニング」に青木理が出演し、「そもそも振り返れば、やっぱりかつての戦争中に日本が犯してしまった罪のうちの1つなわけですから、突き放すのではなく、韓国政府と一緒になって、この問題を完全に解決しようって努力をするっていう、日本側が一歩大人の外交をするっていうのも必要」などと言い放った!

平成30年(2018年)1月14日
【慰安婦合意新方針】青木理氏「そもそも戦争中に日本が犯してしまった罪の一つ」「日本側が大人の外交をするのも必要なのかなと言う気がする」@サンモニ(動画)
青木理
そもそも振り返れば、やっぱりかつての戦争中に日本が犯してしまった罪のうちの1つなわけですから。
これを何とかね、そのもう一歩、何とか突き放すのではなくてね、もう一歩踏み込んで、韓国政府と一緒になってね、この問題を完全に解決しようって努力をするっていうね、日本側が一歩大人の外交をするっていうのも僕は必要なのかなっていう気はしてるんですけども!

TBS「サンデーモーニング」

■動画

https://twitter.com/i/web/status/952336636284624896
DAPPI‏
@take_off_dress
青木理「慰安婦問題は日本が犯した罪の一つ。韓国を突き放さずに一緒に問題を解決すべき。韓国のおかしさはあるが日本が大人の外交をしろ!」

一方的に日韓合意を反故した韓国に付き合う必要はないです。
そもそも慰安婦問題は朝日が捏造した日本の戦後最大の報道犯罪です

#サンデーモーニング
(動画)
9:28 - 2018年1月14日



>青木理
>そもそも振り返れば、やっぱりかつての戦争中に日本が犯してしまった罪のうちの1つなわけですから。



青木理は、ドサクサに紛れて悪質な印象操作をするな!

慰安婦に関して何が「戦争中に日本が犯してしまった罪」なのか具体的に言ってみろ!

具体的には何も言えないくえに、漠然と「戦争中に日本が犯してしまった罪のうちの1つ」などといい加減なことを言って視聴者を洗脳しようとするから青木理の悪質な印象操作は許し難い!






>これを何とかね、そのもう一歩、何とか突き放すのではなくてね、もう一歩踏み込んで、韓国政府と一緒になってね、この問題を完全に解決しようって努力をするっていうね、日本側が一歩大人の外交をするっていうのも僕は必要なのかなっていう気はしてるんですけども!


青木理が日本政府に促した「大人の外交」というのは、1月9日のTBS「NEWS23」で星浩が言った「大人の対応」と同じことだ。(関連記事

今やテレビに登場する反日出演者どもの主張することは数少ないパターンしか残されていないようだ。






1月14日(日)の夜になると、今度はBS朝日「日曜スクープ」にまたまた金慶珠がゲスト出演し、「国と国との合意は政権が変わっても守るというのは国際社会における普遍的な原則。しかし現実ではトランプ大統領もTPPを脱退した」などと主張した。

平成30年(2018年)1月14日
金慶珠(東海大学教養学部 国際学科教授)「国と国との合意は政権が変わっても守るというのは国際社会における普遍的な原則。しかし現実ではトランプ大統領もTPPを脱退した」
金慶珠(東海大学教養学部 国際学科教授)
「国と国との合意は政権が変わっても守るというのは国際社会における普遍的な原則。しかし現実ではトランプ大統領もTPPを脱退した」
2018年1月14日(日)放送BS朝日「日曜スクープ」
「公約撤回!文大統領慰安婦日韓合意で方針転換」の影響は?!


■動画

https://twitter.com/N74580626/status/952511043456004098
雨雲‏
@N74580626
金慶珠氏「国と国との合意は政権が変わっても守るというのは国際社会における普遍的な原則。しかし現実ではトランプ大統領もTPPを脱退した」
小松アナ「アメリカがやったんだたらいいやと?」
金「韓国を攻撃するのはいいんだけども…」
小「攻撃するつもりはない。前に進みたいだけ」

#日曜スクープ
(動画)
21:01 - 2018年1月14日



夜になってBS朝日「日曜スクープ」に登場した金慶珠が主張した「現実ではトランプ大統領もTPPを脱退した」というのも、1月9日のTBS「NEWS23」で星浩が言った「国際合意が見直されることはよくある。TPPも合意がひっくり返された。」と同じことだ!

やはり、今やテレビに登場する反日出演者どもの主張することは数少ないパターンしか残されていないようだ。




平成30年(2018年)1月9日
TBS「NEWS23」
星浩「日本側は合意について1ミリも動かさないと言ってるが、国際合意が見直されることはよくある。TPPも合意がひっくり返された。日本側は、文在寅さんの置かれている立場とか韓国の事情だとかに耳を傾けて、大人
星浩(韓国が慰安婦日韓合意を反故にしたことについて)
「日本側は合意について1ミリも動かさないと言ってるが、国際合意が見直されることはよくある。TPPも合意がひっくり返された。日本側は、文在寅さんの置かれている立場とか韓国の事情だとかに耳を傾けて、大人の対応が必要だ

関連記事


アメリカがTPPから離脱したのは発効前だったため、今回韓国が慰安婦日韓合意を反故にしたのとは全然違う!

日本やアメリカなど12か国が参加したTPP協定の署名式は、日本時間の2016年2月4日、協定文書のとりまとめ役を務めたニュージーランドのオークランドで行われた。

TPP協定は、署名から2年以内に参加する12の国すべてが議会の承認など国内手続きを終えれば発効した。

しかし、2年以内にこうした手続きを終えることができなかった場合には、12か国のGDP=国内総生産の85%以上を占める少なくとも6か国が手続きを終えれば、その時点から60日後に協定が発効する仕組みになっていた。


したがって、アメリカのトランプ大統領が2017年1月23日にTPPから離脱するための大統領令に署名したことは、協定違反とは言えないのだ。
参考:TPP発効の条件

一方、慰安婦に係る日韓合意は、2015年12月28日に日韓両国が「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した!
一方、慰安婦に係る日韓合意は、2015年12月28日に日韓両国が「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した!

既に「最終的かつ不可逆的な解決」を確認した「日韓合意」と、署名から2年以内に参加する12の国すべてが議会の承認など国内手続きを終えれば発効となっていたTPPとを同じ「合意違反」とすることは、完全なフェイクニュースだ!





(参考)
日本国民の78%が「韓国を信頼できない」! 
83%が「慰安婦追加要求の拒否を支持」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00050121-yom-pol
慰安婦追加要求拒否、支持83%…読売世論調査
1/14(日) 22:17配信 読売新聞

 読売新聞社が12~14日に実施した全国世論調査で、慰安婦問題を巡る2015年の日韓合意について、韓国政府からの追加要求には応じないとする日本政府の方針を「支持する」と答えた人は83%だった。

 韓国を「信頼できない」と思う人は、「あまり」と「全く」を合わせて計78%だった。



●関連記事
青木理「北朝鮮に得させないと拉致は解決しない」「政府はピースボート絡むICANにも言及しろ」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6912.html
青木理「ジャーナリストは対案を出す立場にない」・小松靖に追い詰められ室井佑月と田原総一朗が発狂
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6933.html
星浩「日本政府は大人の対応が必要!国際合意の見直しは良くある。日本は韓国の事情に耳を傾けろ」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6942.html
金慶珠「日韓合意は未完の合意!未来形の合意!最終的かつ不可逆的に解決したという合意ではない」
http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6945.html








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


左:徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり』 小川 榮太郎著 2017/11/21
右:『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「 報道特注(本)」生田與克, 和田政宗, 足立康史 著 2017/11/9
右:「永田町アホばか列伝」足立康史(2017/10/17)


「土下座外交、土下座報道を復活させてはならない。安倍は平昌に行ってはならない!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.