FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201712<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201802
三橋貴明「近い将来私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか」3週間前に自身のブログで予言
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






三橋貴明容疑者「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか…」 事件の3週間前、自身のブログで「予言」?
三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者「近い将来、わたくしに何らかの『スキャンダル』が出るか、痴漢冤罪で捕まるか、弊社(三橋容疑者が社長を務める経世論研究所のことか)に国税が来るのは避けられないでしょう」
3週間前にブログで予言!

http://www.sankei.com/affairs/news/180107/afr1801070013-n1.html
三橋貴明容疑者「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか…」 事件の3週間前、自身のブログで「予言」?
2018.1.7 19:28更新、産経新聞
三橋貴明容疑者「近い将来、私にスキャンダルが出るか、痴漢冤罪で捕まるか…」 事件の3週間前、自身のブログで「予言」?

 10代の妻に対する傷害容疑で警視庁に逮捕された経済評論家の三橋貴明(本名・中村貴司)容疑者(48)。三橋容疑者は事件を起こす約3週間前の昨年12月13日の自身のブログで「安倍晋三内閣総理大臣との会食」と題して「近い将来、わたくしに何らかの『スキャンダル』が出るか、痴漢冤罪で捕まるか、弊社(三橋容疑者が社長を務める経世論研究所のことか)に国税が来るのは避けられないでしょう」と書いていた。

 三橋容疑者は安倍晋三首相と会食した事実をブログで公開。その席で自著の「『財務省が日本を滅ぼす』を進呈」したことを明かした。その上で(1)この席をオープンで、と決めたのは官邸であること(2)何をやるにしても、PB(プライマリーバランス)の黒字化目標が壁になり、何もできないという現実を総理は認識していること(3)だからといって「総理は分かっている。大丈夫だ」などと思ってはいけないこと、を「和やかに」議論したとしている。

 三橋容疑者は現在の日本を財政拡大に転換させるのは自分が総理の座にいても無理だと記し、財務省のプロパガンダが奏功し、「政治家」「世論」「空気」が緊縮歓迎になっていると主張。

 年収850万円超の会社員への増税、たばこ税、出国税…と増税が次々に決まっていることに関し、「高齢化により社会保障支出が増加する以上、この『増税路線』は既定路線となる。その理由は『PB黒字化目標』のためである」と主張。一例として農産物の輸出補助金をアメリカのように付けなければならないという点で安倍首相と意見が一致したが、「PB黒字化目標があるからできない」と記した。

 その上で「痴漢冤罪を防ぐため、電車移動もしないため、やはり『国税』による攻撃が最も可能性が高いと思います」とし、まるで財務省の「陰謀」に巻き込まれるかのような表現で自身の将来を「予言」した。

 最後は「中国の属国民として生きるという悪夢の未来を避けるため、現代を生きる日本国民として責任を果たすため」ブログのこの項を締めくくった。

 三橋容疑者が経営する会社に東京国税局の税務調査が入ったか否かは、国税の「二重、三重の守秘義務」が壁になり、確認できないが、逮捕容疑が脱税でも痴漢冤罪でもなく、DV(ドメスティック・バイオレンス)だったとは、意外なところに陥穽が口を開けて待っていたようだ。(WEB編集チーム)



>年収850万円超の会社員への増税、たばこ税、出国税…と増税が次々に決まっていることに関し、「高齢化により社会保障支出が増加する以上、この『増税路線』は既定路線となる。その理由は『PB黒字化目標』のためである」と主張。一例として農産物の輸出補助金をアメリカのように付けなければならないという点で安倍首相と意見が一致したが、「PB黒字化目標があるからできない」と記した。


「PB(Primary balance、プライマリー・バランス、基礎的財政収支)黒字化」という目標は、完全に狂っている!

「PB黒字化」という状態は、仮に実現できるようになっても、絶対にしてはいけない馬鹿げた愚策だ!


なぜならば、PB(プライマリー・バランス、基礎的財政収支)は永久に常に赤字状態にし、できる限り多くの国債を発行し続けて日本国民のための社会保障、公共事業、国防、税負担軽減による消費刺激策などに役立てるべきだからだ!


念のため基本中の基本から説明しておく。

政府の支出のことを歳出といい、政府の収入のことを歳入という。

歳出は、社会保障、公共事業、防衛、教育、外交などの政府の一般的活動に要する支出だ。

そのうち、国債の利払いと償還費を除いた歳出を「一般歳出」という。

歳入は、主に税金収入と国債発行によって集めた収入だ。

PB(プライマリー・バランス、基礎的財政収支)というのは、国債の利払いと償還費を除いた歳出(一般歳出)と、国債発行収入を除いた歳入(税収など)についての財政収支だ。

税収だけで「一般歳出」が賄われている場合に「PB(プライマリー・バランス、基礎的財政収支)が均衡している」という。

国債関連費用を除いた「一般歳出」が、税収よりも大きくなると、国債発行による資金調達が必要になるため「PB(プライマリー・バランス、基礎的財政収支)が赤字だ」という。


http://www.mof.go.jp/tax_policy/summary/condition/a02.htm#a01
財務省
平成29年度一般会計歳出・歳入の構成


 平成29年度一般会計予算は約97.5兆円ですが、このうち歳出についてみると、国債の元利払いに充てられる費用(国債費)と地方交付税交付金と社会保障関係費で、歳出全体の7割を占めています。一方、歳入のうち税収は約58兆円であり、一般会計予算における歳入のうち、税収でまかなわれているのは約3分の2であり、残りの約3分の1は将来世代の負担となる借金(公債金収入)に依存しています。

平成29年度一般会計歳出・歳入の構成



日本政府が国債の利払いと償還を問題なくできるのであれば、国債発行によって資金調達をして何が悪いのか?

個人は、より良い生活を送るために返済可能な範囲で住宅ローンを組んだり、カードローンで融資を受けたりする。

企業も、株主や役職員の利益を最大化するために将来の収益を見込んで銀行などから融資を受ける。

特に企業の場合、ごく一部の特殊な例外を除いて永久に常に借金をしている状態になっている!

永久に常に借金をしている方が当該企業の株主のためにも役職員のためにも企業そのもののためにも良いからだ!


国家(政府)も企業と同じように永久に常に借金を有効活用する方が国家と国民のためには良いのだ!



日本政府は、将来において国債の利払いや償還ができるのであれば、できるだけ多くの国債を発行し、できるだけ歳入を増やして日本国民に良いサービスを提供すべきなのだ!

断言するが、日本政府は、将来も何の問題もなく、発行する国債の利払いと償還ができる!

だから、もっとPB(プライマリー・バランス、基礎的財政収支)を赤字にして、どんどん歳入を増やし、社会保障、公共事業、国防、消費刺激策などの予算を増額するべきなのだ!






>その上で「痴漢冤罪を防ぐため、電車移動もしないため、やはり『国税』による攻撃が最も可能性が高いと思います」とし、まるで財務省の「陰謀」に巻き込まれるかのような表現で自身の将来を「予言」した。


かなり用心をしていたようだが、結局は自ら10代の妻に暴力を振るい、通報され、被害届を提出され、逮捕されてしまった。

政府や国民に対して常々良い政策提言をしていただけに実に残念だ!

http://www.sankei.com/affairs/news/180107/afr1801070012-n1.html
経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 10代の妻と口論、腕にかみつき暴行の疑い 警視庁
2018.1.7 19:23更新、産経新聞
経済評論家の三橋貴明容疑者を逮捕 10代の妻と口論、腕にかみつき暴行の疑い 警視庁

 10代の妻に暴行し、けがをさせたとして、警視庁高輪署が傷害の疑いで、経済評論家の三橋貴明容疑者(48)=本名・中村貴司、東京都港区港南=を逮捕していたことが7日、同署への取材で分かった。同署の調べに「何もしていない。何も話さない。弁護士を呼んでほしい」などと話しているという。

 逮捕容疑は、5日午後5時ごろ、妻と自宅マンションで口論になり、妻に足をかけて転ばした上、両腕にかみついたり、顔を平手でたたいたりし、腕に軽傷を負わせたとしている。

 同署によると、同日夜に妻から「夫から暴力を振るわれた」との110番通報があり、同署が妻から被害届を受理するとともに、事情を聴いていた。平成29年にも2回、夫婦げんかをめぐって同様の通報があったが、その際は被害届は出されなかったという。


 三橋容疑者は大学卒業後、民間企業勤務を経て、経済評論家として独立。テレビや雑誌などのメディアで活発な評論活動を展開していた。22年の参院選では自民党から出馬し落選した。



>同署によると、同日夜に妻から「夫から暴力を振るわれた」との110番通報があり、同署が妻から被害届を受理するとともに、事情を聴いていた。平成29年にも2回、夫婦げんかをめぐって同様の通報があったが、その際は被害届は出されなかったという。


平成29年にも2回、夫婦げんかをめぐって同様の通報があり、今回が3回目の通報だったようだ。

もしかすると、DV癖があったのかもしれない。

実は、現在の「10代の妻」の前の奥さんだった【さかき漣】さんについても、「もしかしたら…」と思い当たる節がある。

平成27年(2015年)7月23日から8月3日まで、当時の奥さんだった【さかき漣】さんも原因不明の大怪我をして療養していた。

その際、完全に同じ平成27年(2015年)7月23日から8月3日まで、夫だった三橋貴明氏も一切の活動を停止していた。


――――――――――
【キャスター討論】田母神事務所横領疑惑と日本の行方[桜H27.2.28]
■動画
1/3【キャスター討論】田母神事務所横領疑惑と日本の行方[桜H27/2/28]
https://www.youtube.com/watch?v=wastF8lujKI&t=17m41s

17:41~
【文字起こし】
三橋貴明
私、2010年に参議院選挙出ました。
自民党から全国比例で。
本当に何のバックアップもなく、政治家のバックもなく出たんですけれど、やっぱり(選挙ゴロが?)来ました。
本当に悲惨な目に遭いました。
結局落ちたわけなんですけれど。
落ちたらですね、本当に悲惨なんですよ、選挙ってのは。
で、私はですね、正直言うと、全財産がなくなって、借金が残りました。
借金だけが残ったと言ってもいいんですよね。
で、私はもう政治家の芽がないなというように判断されたんでしょう。
周りにいっぱい人がいたんですけれど、ぶぁーっと蜘蛛の子を散らすように逃げていきました。
見事なまでに。
で、お金がなかったんで。
借金しか残っていない奴に、いてもしょうがないと。
で、さかき漣だけが残ってくれまして、一緒にがんばってくれて、ほんとに他は誰も助けてくれなかったんです、あのとき。
で、借金はですね、その後ふたりで数年間頑張って働いて返したんですけれど、あのような選挙に負けた後の地獄っていうのは想像を絶しますから、絶対みなさん想像がつかないと思うんですよね。

で、もしですよ、田母神さんの言うようなことが正しくて、会計責任者の鈴木さんという方が本当に一人で全部やったというのが分かった瞬間に絶対にキレますよ。
もし知らなかったら。
その瞬間に告訴ですよ。
絶対に。
そのくらいキツイですよ。
選挙に負ける、あるいはお金を取られるっていうのはね。
ところが、田母神さんは、記者会見で、名前は可哀想だから出しませんって言ってですね、しかも、刑事告訴も弁済計画立てさせて、それが誠意あったら刑事告訴しませんと。
この時点でね、絶対申し訳ないけど、あり得ないです。
ということで、私はハッキリ言いますけど、田母神さんが記者会見で嘘を吐いたと、いうことでブログでその辺りのことを指摘させて頂きました。

――――――――――



平成27年(2015年)2月28日には、上記のとおり田母神俊雄氏を「嘘吐き」と断言しつつ、元奥さんだった【さかき漣】さんとの夫婦愛について述べていた。

それから約5か月が経った同年7月~8月、次のような不可思議な出来事があった。

三橋貴明氏は平成27年7月23日にブログを更新した後、翌24日から翌月8月3日まで1週間以上ブログを更新しなかった。

ブログ以外の活動についても、外からは一切知ることができなかったようだ。

1週間以上ブログ更新などの活動をしなかった理由については、その前にもその後にも具体的な説明がなかった。

https://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/day-20160803.html
ご心配おかけいたしました
2016-08-03 17:04:23

 しばらく、ブログの更新ができない状況になっていました。

 御心配おかけいたしました。申し訳ありません。

 明日から、ブログ更新を再開いたします。

三橋貴明




一方、奥さんだった【さかき漣】さんは、同時期の7月23日に大怪我をしてしまい、8月3日に「わりとの大怪我から、いちおう生還してまいりました」と報告していた。

「無数のガラス片が突き刺さるなどした」とのことだが、どうして無数のガラス片が突き刺さったのかという理由についてはやはり説明がなかった。

さかき漣[わりとの大怪我から、いちおう生還してまいりました] 2016.08.03
http://rensakaki.jp/blog/1448/
わりとの大怪我から、いちおう生還してまいりました 
2016.08.03

実は7月23日に大怪我をしてしまい療養生活を送っていたのですが、このほどやっと抜糸も済み、とりあえずホッとしているところです。
無数のガラス片が突き刺さるなどして、下肢全体と二の腕に計30弱の傷を負ってしまいました・・・
特に大きい傷に関しては、中からガラス片を洗い流して、ぱっくり開いた切創を縫合したため、なんだかフランケンシュタインかブラックジャックみたいになってます。。。
しかも私、体調不良の続いていたせいか出血の止まるのが遅く、異常に多く出血してしまって、我ながら真っ青でしたわ。
救急隊員のお兄様がた、救急担当で手術をしてくださった先生、看護師の皆様、まさに私の命の恩人です。

怪我をしてすぐに、とりあえず今お仕事で関わっている人へ早急に「怪我の状況」と「治療に充てるので一週間だけ〆切を伸ばしてほしい」旨を伝えようと、徳間書店の担当さんなど数名に連絡をして・・・(私、〆切を守らないとか約束を守らないとかが凄くイヤなんです)
それだけ何とか済ますと、後はバッタリ、ぐったり、寝込んで療養していたのです。
(以下略)

さかき漣[わりとの大怪我から、いちおう生還してまいりました] 2016.08.03




もし、三橋貴明氏が、大怪我をした奥さんのお世話などでブログの更新などの活動ができなかったとしても、一言ぐらいの説明はできたはずだし、奥さんが回復した後にその旨説明があって然るべきだろう。

一切の説明なしで、奥さんの大怪我療養中にブログが全く更新されなかったことについては、もしかすると、今回と同様のことが起こっていたのかもしれない。




弊ブログの読者からの情報(コメント)によれば、【結婚→離婚→さかき漣さんと再婚→一昨年頃に離婚バツ2→10代の女性と3度目の結婚】となっていたようだ。

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6937.html
さかき漣さんと再婚して一昨年頃に離婚バツ2
そして十代女性と三度目の結婚です。


2018/01/07(日) 19:19:47 | URL | けん #- [ 編集 ]






昨晩更新した前回の当ブログ記事でも述べたとおり、1月7日12:00から放送されたテレビ朝日「TVタックル」【2018年ニッポンはきっとこうなる!?“個性派”専門家が言いたい放題!SP】 では、参考となる興味深い提言をしていただけに実に残念だ!
ビートたけしのTVタックル 2018年1月7日三橋貴明

私と同様に上記番組での三橋貴明の提言を評価するコメントが寄せられており、参考となるので掲載しておく。

http://deliciousicecoffee.jp/blog-entry-6937.html
三橋貴明

アラフィフで10代の幼妻とくれば、「保守」はそれだけで目くじらを立てるところですが、相手が保守に人気の三橋貴明だけに、「意外」の表明程度で、これを正面切って難じる向きは今のところいないようですね。
私見では、相手が10代だろうと60代だろうと妻に暴力を振るう男など許せません。暴行は親告罪ではありませんが、恐らく妻からの訴えがあってのことでしょうから、逮捕した側(司法)には落ち度はないと推測します。

それはそれとして、当該番組は私も見ていました。彼の主張は、「予測」等ではなく、政策提言です。青木理などの反日評論家と比して、三橋は安倍政権に対して、今回、現実的な「代替案」を持って論じているのですから、傾聴に値します。
「人手不足を逆手にボロ儲け!?をしている人たちがいる」と言う扇動的な発言は、実は、安倍の外国人労働者の「世界最高速」での受け入れ政策への一自民党員からのアンチテーゼとなっています。

発言内容は、実に正しいものです。政府は、安易に外国人労働力に頼る前に、生産性の向上を含むイノベーションを加速する政策をとるべきです。

もっとも、日本の経済界にその意思がなく、只々、易きに流れる様だと、その政策も水泡に帰す結果となるでしょう。

日本の経済人は、もっと、三橋の上記の提言に耳を傾けるべきです。


2018/01/08(月) 00:28:57 | URL | John Doe The PasserBy #odcdKkXI [ 編集 ]



番組の動画がYou Tubeに掲載されているので興味ある方はどうぞ。
ビートたけしのTVタックル 2018年1月7日三橋貴明
■動画
TVタックル2018.1.7
https://www.youtube.com/watch?v=3ByIrae_nJ0
ビートたけしのTVタックル 2018年1月7日
https://www.youtube.com/watch?v=_lZmsbd1YSs








★登録URL変更のお願い★

平成29年12月5日の夜から弊ブログのURL(アドレス)を以下のとおり変更しました。

旧アドレス
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/

新アドレス
http://deliciousicecoffee.jp/


お手数ですが、読者の皆様にはURL(アドレス)の登録の変更をお願いいたします。



「報道しない自由 ――なぜ、メディアは平気でをつくのか」 西村幸祐 著 2017/11/26


左:徹底検証 テレビ報道「噓」のからくり』 小川 榮太郎著 2017/11/21
右:『徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪』小川榮太郎著2017/10/18


左:「 報道特注(本)」生田與克, 和田政宗, 足立康史 著 2017/11/9
右:「永田町アホばか列伝」足立康史(2017/10/17)


「妻への暴力での逮捕は、残念!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:政治・経済・社会問題なんでも - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.