FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
米国大使館に抗議殺到「失望発言に失望」「日本だけに我慢させるな」・宣戦布告義務はなかった
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




米国大使館のFBに抗議「失望発言に失望」「李明博の竹島上陸の時は何も言わなかったのに」「日本だけに我慢させるな」
米国大使館のFBに抗議「失望発言に失望」「李明博の竹島上陸の時は何も言わなかったのに」「日本だけに我慢させるな」

http://yukan-news.ameba.jp/20131227-113/
首相の靖国参拝に米国が声明も米大使館FBに異議の声
2013年12月27日 14時35分、アメーバニュース

 安倍晋三首相(59)が12月26日に靖国神社を参拝したことを受け、在日米国大使館は同日、「日本は大切な同盟国であり、友好国である」と前置きしながらも、「日本の指導者が近隣諸国との緊張を悪化させるような行動を取ったことに、米国政府は失望している」との声明を発表した。

 また、この安倍首相の靖国神社参拝について米政府当局者が同日、オバマ政権が「中韓両国の反発を招き、大きな国際問題になる」と外交ルートを通じて安倍首相に対し、参拝を控えるよう求めていたことを明らかにしている。

 しかし、この米国大使館の声明に対して、ネットでは「アメリカ大使館の『失望した』とのコメントに失望しました」などの声も挙がっており、中には米国大使館のFacebookに抗議の声を書き込む人も登場。

 米国大使館のFacebookには「大切な同盟国だけに一言苦言を。アメリカには、ガッカリですね。安倍総理が靖国参拝に、失望とはあまりにも日本人を理解していない!」「イミョンバクが竹島に上陸したときにはあんたたちは何か声明でもだしたか?大人しく物分かりが良い日本だけに我慢させるな。日本国民の大多数は我慢の限界だからな」「あなた方は『失望した』などと発言した事に対し、恥を知りなさい!」などの抗議の声が書き込まれている。



>米国大使館のFacebookには「大切な同盟国だけに一言苦言を。アメリカには、ガッカリですね。安倍総理が靖国参拝に、失望とはあまりにも日本人を理解していない!」「イミョンバクが竹島に上陸したときにはあんたたちは何か声明でもだしたか?大人しく物分かりが良い日本だけに我慢させるな。日本国民の大多数は我慢の限界だからな」「あなた方は『失望した』などと発言した事に対し、恥を知りなさい!」などの抗議の声が書き込まれている。


日本国民の当然の怒りの声だ。

米国大使館のFacebookやアメリカ大使館首席公使の公式ブログには、日本語でも抗議できる。

日本政府が強く抗議すべきだが、私たち日本国民も声を届けよう!

▼抗議先▼
アメリカ大使館Facebook
http://m.facebook.com/usembassyirctokyo

アメリカ大使館公式FB(絶賛炎上中!)
https://www.facebook.com/ConnectUSA

アメリカ大使館首席公使の公式ブログ
ご意見・ご提案をお寄せください
皆さんからのご意見・ご提案をお待ちしております。
http://deputyscorner.jp/j/deputy-jcomments.html
■参考例文■

━━━━━━━━━━
国家が戦没者を慰霊するのはどこの国も同じだ。
日本国首相が靖国神社を参拝することは、当然の責務だ。
アメリカは、アーリントン墓地への訪問について、他国から干渉を受けたら、近隣諸国との関係を悪化させないためにアーリントン墓地への訪問を控えるのか?
我々日本国民は、アメリカなどの他国が日本に対して不当な内政干渉することを、断じて許すことができない。
アメリカは、日本国首相による靖国神社参拝について、不当な内政干渉を行ったことにより、多くの日本国民の信頼を失った。
━━━━━━━━━━



また、首相官邸や外務省などにも、「首相の靖国神社参拝について不当な内政干渉をするアメリカなど全ての国に対して猛抗議しろ」と訴えよう!

官邸などへのメールは、内容などより数が重要!

2~3行で良いから、国民の声を届けよう!


首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
(外務省、内閣官房、内閣府など)
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

自民党に対するご意見・ご質問
http://www.jimin.jp/voice/





参考までに、マトモなアメリカ人の見解を紹介する。

http://sankei.jp.msn.com/life/news/131228/trd13122809350004-n1.htm
鎮霊社訪問「平和望む意思明白」米ジョージタウン大 ケビン・ドーク教授に聞く
2013.12.28 09:35、産経新聞

米国ジョージタウン大学東アジア言語文化学部長・ケビン・ドーク教授
米国ジョージタウン大学東アジア言語文化学部長・ケビン・ドーク教授

 安倍晋三首相の靖国神社参拝に対する評価を、6月に安倍首相とも会った日本研究者で、米ジョージタウン大学教授のケビン・ドーク氏に聞いた。
(ワシントン 青木伸行)

 靖国参拝は日本国民と、民主的な選挙で国民から選ばれた安倍首相ら国会議員が自身で決める、日本のすこぶる国内問題だ。

 中国と韓国がなぜ、この日本の国内問題に首を突っ込むのか、いまだに理解できない。安倍首相の靖国参拝は、戦争を始める意思の合図でもなければ、旧日本軍を奉じるものでもない。首相は国内外で国家と国民のために命を落とした人々の霊を、慰めたいと欲しているのだ。中国と韓国の指導者は、同じように(自国民を)慰霊したいと望まないのだろうか。

 靖国神社には戊辰戦争の戦死者らが祭られている。このことは、米国のアーリントン国立墓地(バージニア州)に(南北戦争などの)戦没者が慰霊されていることと類似している。

 安倍首相の靖国参拝で最も印象的なのは本殿だけではなく鎮霊社も参拝したことだ。外国の人々には、鎮霊社を訪れた意味を理解してほしい。

 重要なのは、鎮霊社には世界のあらゆる国の戦没者が祭られているということだ。ここには第二次世界大戦で、旧日本軍と戦った米国人や中国人なども含まれている。安倍首相が鎮霊社を参拝したのは平和を望む意思があったからであることは明白である。

 鎮霊社参拝はまた、安倍首相が国民を、「民族主義」から(国民を重視する)「国民主義」へと導こうとするものでもある。

 日米関係に負の影響がないことを望む。米政府が「失望している」と表明したのは(中国、韓国が)感情を害する事態を、避けようとしただけだろう。




【テキサス親父】狂気の特亜!安倍総理の靖國参拝について
■動画
【テキサス親父】狂気の特亜!安倍総理の靖國参拝について
https://www.youtube.com/watch?v=tZSHJdR3VqY




過去、靖国神社には、軍人を中心として多くのアメリカ人も、公式参拝している。

▼靖国神社公式参拝関係年表(アメリカ政府編)▼
昭和21年3月22日 米国GHQ ロバート・G・ガード氏 参拝
昭和38年6月25日 米国空軍士官学校の士官候補生一行 参拝
昭和41年10月29日 米國・沖縄民政府政治顧問 ジェームス・マーチン夫妻 参拝
昭和44年4月9日 米国在日海軍司令官ダニエル・T・スミス海軍少将以下幹部25人 参拝

※(昭和52年10月17日 靖國神社に所謂「A級戦犯」14名合祀)

昭和58年8月4日 米国・国立公園アリゾナ記念館(真珠湾) ゲーリー・カミンズ館長参拝
昭和60年7月23日 米軍横田基地空軍司令官ウォル・ファイル大佐 参拝
昭和61年6月6日 米軍横田基地空軍副司令官エドワード・フライ大佐 参拝
昭和63年10月27日 米軍横須賀基地司令官スティーブン・H・ハウエル海軍大佐 参拝

平成元年6月20日 米軍横須賀基地司令官スティーブン・H・ハウエル海軍大佐 参拝
平成10年6月27日 米国海軍第七艦隊ミカエル・ローランド・オリバー海軍大佐 参拝

平成12年1月12日 米国コルゲート大学学生 参拝
平成13年4月26日 米国海兵隊第三師団長ウォーレス・グレッグソン海兵隊少将 参拝

平成14年5月31日 在日米軍空軍基地将校会ロニー・デート空軍少佐以下 参拝







さて、昨日の記事へのコメントの中に、次のような変な質問があった。
━━━━━━━━━━
COFFEEよ、年の瀬はこの質問に応えて送るように

おい、COFFEE!

もう世界の常識を知らない吹けば飛ぶデマの放言は今年限りにしておけよ。

>「A級戦犯」というのは、当時の国際法にも国内法にも全く違反していなかったのに、なぜか無理やり犯罪人にでっち上げられた無罪の人たちだ。
>多くの日本人も誤解しているのだが、そもそもGHQの基準においても「A級戦犯」が「B級戦犯」や「C級戦犯」よりも重罪犯だったということは全くない。


対米戦争を誘発させるために無差別テロ攻撃の一貫として、わざわざ日本から不意打ち的戦法という国際常識とはかはかけ離れ、武士道の尊厳まで著しく汚した真珠湾奇襲攻撃で開始させた東条英樹とは、サンフランシスコ講和条約で否定されなかった東京裁判で宣戦布告義務違反によりA級戦犯を宣告されたのは、東条が軍務官僚とはいえ、一応トップの地位に属すると判断されたためB、CではなくAがつく等級を与えられただけであり、当時トップとして天皇の責任を問うことになりそうだったのを、天皇がマッカーサーに直接「真珠湾奇襲攻撃は何も知らなかった、自分は東条に米国との戦争は回避せよと言い続けてきただけに真珠湾奇襲攻撃とは青天の霹靂であり、東条にだまされた」と言ったメモが米国公文書博物館に保存されている以上、戦争勝者国の正義に区議会選挙でも落ちるような一般大衆から相手にされなくなるように新風まで陥れてお前いったい何がしたいんだ!

工業高校卒で松平という国賊愛好家集団を率いて勝手に自称保守が演じる有門大輔が、ただ新風創始者が長州出自であるがために賊軍会津の怨念を背負う恨感情で党風をレイシスト風に変えたくて自ら投げ捨てた会員の復権を新風に求めることをしたいのか!

同じく長州出身の高田誠の在特会を辞めて孤立から回避するためにまた会員になった有門が、かつて日本国政府から反乱分子と断定された国族者松平を神輿に担いで、東北の女性を遊郭に売り飛ばした責任を阿倍総理に求める活動を在特会の街宣を利用して在特会を分断しようとした事に東北人としてCOFFEE
お前同調しているのか!

答えてみろよ!
お前いったいどんな生き方してきたのか言ってみろ!
2013/12/28(土) 18:17:11 | URL | もう米国は今までのように首相閣僚級の靖国参拝を認めない #- [ 編集 ]
━━━━━━━━━━



>対米戦争を誘発させるために無差別テロ攻撃の一貫として、わざわざ日本から不意打ち的戦法という国際常識とはかはかけ離れ、武士道の尊厳まで著しく汚した真珠湾奇襲攻撃で開始させた東条英樹とは、サンフランシスコ講和条約で否定されなかった東京裁判で宣戦布告義務違反によりA級戦犯を宣告されたのは、東条が軍務官僚とはいえ、一応トップの地位に属すると判断されたためB、CではなくAがつく等級を与えられただけであり、…(主語と述語が不明な長文が続く)…


「東京裁判で宣戦布告義務違反によりA級戦犯を宣告された」などというのは、出鱈目だ。

以前、宣戦布告の必要性については、同一人物(SHIN)に教えてやったはずだが、こいつは鳥頭だからもう忘れたらしい。(関連記事


「宣戦布告義務」などというものは存在しない!

1941年12月に日本が真珠湾攻撃をする直前に「開戦の通告」(宣戦布告)をしようとしていたのに、ワシントンの日本大使館員の怠慢によって通告が間に合わなかったことは有名な話だ。

しかも、怠慢で大失態をしでかしたワシントン在中の外交官たちは誰一人として責任を取らなかった。

この失態よって米国人に、日本を必要以上に叩き潰す口実を与えた可能性がある。

したがって、怠慢によって「開戦の通告」を間に合わせることの出来なかった外交官たちの責任は極めて重大であり、万死に値する。
彼ら外交官たちは、日本国民によって八つ裂きにされても文句は言えない。

しかし、結果的に奇襲攻撃となってしまった日本の真珠湾攻撃は、国際法的には犯罪性を追及できない。
「宣戦布告」は、法律上の義務というより儀礼の問題にすぎなかった。

――――――――――
「ウィートンの国際法」第七版において、B・キース博士は宣戦布告をしないことは、その戦争を非合法なものとしない、と結論している。…(略)…ストーウエル卿によれば、事前告知がなくても戦争は正当に存在しうるのであり、告知は事実の形式的証左にすぎないと。
 ついでキース博士は、1870年から、1904年にわたる期間から実例をあげ、正式の宣戦布告は、ある場合は行われ、他の場合は行われなかったことを示している。
…(略)…
 右の指摘したように、一般的布告を公表する慣行ができたとはいえ、この慣行は確立したものではなく、法律上の義務というよりは、むしろ儀礼の問題にすぎなかった。キース博士はいわく、本問題がかように不満足な状態にあったことに鑑みて、1907年のヘーグ会議はこの問題を取りあげ、ヘーグ条約第3号中に明確な規定を規定した。しかして本条約第3号は現在交戦諸国を拘束するものであると。

 この条約は題して「敵対行為の開始に関する条約」といい、八箇条から成っている。そのうち、われわれの現在の目的と関連性のあるものは、第1条、第2条、第3条及び第7条である。
 第1条は次のように規定している。「条約国は理由を付したる開戦宣言の形式又は条件付開戦宣言を含む最後通牒の形式を有する明瞭且つ事前の通告なくして其の相互間に戦争を開始すべからざることを承認す」
 第2条は、戦争状態の存在は遅滞なく中立国に通知されるべきことを要求し、
 第3条は、本条約第1条は締約国中の2国または数国間の戦争の場合に効力を有するものであるとのべ、
 第7条は、いずれの締約国も本条約を廃棄し得るものとし、かつその廃棄し得るものとしかつその廃棄の方法を定めている。

 これらの条文を注意して読んでみれば、同条約は単に契約上の義務を設定するに止まり、国際制度になんら新しい法の規則を導入したものではないことがわかるであろう。
ウェストレークは、本条約によって本問題に関する既往の法律が重大な影響を被ったことはないと考えている。ピットコペットによれば「締約国は、事前に宣戦を布告することなしに敵対行為にはいることはないと絶対的に誓約をなしたものではなく、単に交戦国間における場合と同様、敵対行為は明白な警告を事前に与えることなしに始めるべきでない旨を認めているに止まる」
ペロットは、敵対行為の開始には、慣習並びに条約によって制限が付されているにかかわらず、それは主に戦略の問題とおもわれる、と考えている。
 キース博士も、同条約によって設定された規則は、宣戦布告のない戦争を非合法であると指摘しているのでは全然ないと結論している。同規則から見ると、宣戦布告と実際の対敵作戦の開始との間に、一定の時間の経過を認めることは必要でないように見える。同会議の席上では、戦闘の開始は二十四時間後に行われるべきことが提唱されたが、これは可決されず、所要の予告期間は、遂に規定されなかったのである。法廷証第231号すなわち敵対行為開始に関する第2回委員会から会議への報告を参照されたい。今次大戦の場合には、最後通牒は英国からドイツにあてて9月2日午前9時に手交され、同日午前11時に期限が切れるものとなっていた。フランスも同様の最後通牒を手交し、これは同日午後5時に期限が切れた。ロシアは1939年正式の通告なしにフィンランドを攻撃した。この条約「以外に」宣戦布告のない戦争を非合法とする法律は存しなかったのである。

『パール判事の日本無罪論』

――――――――――





>工業高校卒で松平という国賊愛好家集団を率いて勝手に自称保守が演じる有門大輔が、ただ新風創始者が長州出自であるがために賊軍会津の怨念を背負う恨感情で党風をレイシスト風に変えたくて自ら投げ捨てた会員の復権を新風に求めることをしたいのか!


このような全く関係なく、意味不明なコメントをするから、いつもオマエをコメント拒否(禁止)に設定することになる。





>答えてみろよ!
>お前いったいどんな生き方してきたのか言ってみろ!



                ハ        _
    ___         ∥ヾ     ハ
  /     ヽ      ∥::::|l    ∥:||.
 / 聞 え  |     ||:::::::||    ||:::||
 |  こ ?  |     |{:::::∥.  . .||:::||
 |  え      |     _」ゝ/'--―- 、|{::ノ!
 |  な 何   |  /   __      `'〈
 |  い ?   ! /´   /´ ●    __  ヽ
 ヽ      / /     ゝ....ノ   /´●   i
  ` ー―< {           ゝ- ′ |
        厶-―    r  l>        |
      ∠ヽ ゝ-―     `r-ト、_,)      |
      レ^ヾ ヽ>' ̄     LL/  、   /
      .l   ヾ:ヽ ` 、_      \\ '
     l    ヾ:ヽ   ト`ー-r-;;y‐T^
      |    ヾ `ニニ「〈〉フ /∥. j




「グレンデール市の売春婦像を撤去しろ!」が、8万を突破!!

署名と拡散を!
――――――――
▼初めて署名される方への解説▼ 
http://staff.texas-daddy.com/?eid=454

▼署名サイト▼
期限 : 1月10日迄(必要数10万筆)
「グレンデール市の売春婦像を撤去しろ!」
https://petitions.whitehouse.gov/petition/remove-offensive-state-glendale-ca-public-park/3zLr8dZh
期限 : 1月12日迄(必要数10万筆)
「ニューヨーク州ナッソーの売春婦記念碑を撤去しろ!」
https://petitions.whitehouse.gov/petition/please-remove-offensive-state-nassau-county-new-york-eisenhower-park/RB7kC1hD
――――――――




『在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です !』桜井誠著
内容:在特会に関わる人は、私も含め一般の人たちです。しかし今までタブーとされてきた在日問題に斬り込んでいるからヘイトスピーチと言われ反発される。私達は今までの常識をひっくり返そうとしているのです。

絶賛発売中!


「アメリカは不当な内政干渉をやめろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.