正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201311<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201401
安倍首相が靖国神社を参拝!就任後初・2回目の総理大臣就任から1年目の12月26日
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131226/plc13122610260010-n1.htm
安倍首相、きょう靖国参拝 政権1年、就任後初 
2013.12.26 10:26、産経新聞

26日午前、官邸に入った安倍首相(酒巻俊介撮影)
26日午前、官邸に入った安倍首相(酒巻俊介撮影)

 安倍晋三首相は政権発足から1年となる26日午前、靖国神社に参拝する。首相による靖国参拝は平成18年8月の小泉純一郎首相以来、7年4カ月ぶり。首相は第1次政権時代に参拝しなかったことについて、かねて「痛恨の極み」と表明しており、再登板後は国際情勢などを慎重に見極めながら参拝のタイミングを探っていた。「英霊に尊崇の念を表するのは当たり前のことだ」と主張し続けた首相が、参拝に反発する内外の圧力をはねのけ、参拝を実行した意義は大きい。

 「痛恨の極みとまで言った以上、その発言は重い。戦略的にも考えている」


 首相は25日夜、周囲にこう語り、靖国参拝の可能性を示唆していた。10月半ばにも周囲に「年内に必ず参拝する」と漏らしていた。

 首相は昨年12月、いったんは就任翌日の27日に靖国に「電撃参拝」することを計画したが、このときは周辺に慎重論が強く、見送った。就任直後でまだ中国、韓国など近隣国や同盟国の米国の反応や出方が見えにくかったこともある。

 だが、その後も中韓は、首相が「対話のドアはいつでも開かれている」と呼び掛けているにもかかわらず、首脳会談に応じようとしていない。それどころか、韓国の朴槿恵大統領は世界各国で対日批判を繰り返し、中国は尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海上空に一方的に防空識別圏を設定するなど、一切歩み寄りを見せない。

 また、戦没者をどう慰霊・追悼するかはすぐれて内政問題であり、東アジア地域で波風が立つのを嫌う米国も表立った反対や批判はしにくい。
米国とは安全保障面や環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)など経済面での関係を強化しており、首相は反発は一定レベルで抑えられると判断したとみられる。



ようやく、安倍晋三首相が、靖国神社を参拝することになった。

12月21日に、時事通信は、「靖国参拝、年内見送りの公算=対中韓関係を考慮-安倍首相」との見出しで、「安倍晋三首相は年内の靖国神社参拝を見送る公算だ。」と報じていたが、見事に外れた!

http://www.jiji.com/jc/zc?k=201312/2013122100173
靖国参拝、年内見送りの公算=対中韓関係を考慮-安倍首相

 安倍晋三首相は年内の靖国神社参拝を見送る公算だ。自民党内で参拝を求める声はあるが、中韓両国との関係悪化をエスカレートさせないためには参拝しないことが適切と判断しているもようだ。首相は第1次政権で在任中に参拝しなかったことを「痛恨の極み」としており、来年の春季・秋季例大祭などに改めて機会を探る。

 中国の防空識別圏設定後、日中間の緊張は一段と高まっている。首相は海上・航空自衛隊と中国海・空軍との連絡体制構築の必要性を訴えており、習近平国家主席との首脳会談で事態打開を図りたい考えだ。

 これに関し首相周辺は「首脳会談実現には、首相が靖国を参拝しないことが不可欠だ」と強調。菅義偉官房長官も、首相の参拝には「慎重な立場」(政府関係者)だ。

 20日に行われた岸田文雄外相と程永華中国駐日大使との初会談で、両国関係の改善に向けて双方が努力していくことで一致した。また、歴史認識をめぐり、米国は日本側に韓国を刺激しないよう要求しており、こうした情勢も首相の判断に影響しているとみられる。

 ただ、首相の「政治の師」である小泉純一郎元首相は11月の記者会見で、自身の靖国参拝に触れつつ「批判する方がおかしい」と述べ、首相に参拝を促している。自民党内には「(首相は)就任1年という時間軸の中できちんとその姿勢を示されると思う」(萩生田光一総裁特別補佐)との声もある。(2013/12/21-14:44)



安倍晋三首相は、自民党幹事長代理のときの平成17年(2005年)5月28日に、次のとおり発言した。

「小泉総理大臣がわが国のために命をささげた人のために靖国神社をお参りするのは当然だと思うし、責務だ。次の総理にも、またその次の総理にもお参りをしてもらいたい。」

それなのに、安倍晋三は、翌年の平成18年に自分が次の総理大臣になったら靖国神社を参拝しなかった!

韓国の国立顕忠院には、すぐに訪問して献花したにもかかわらずだ!

国立顕忠院で献花する安倍総理
韓国の国立顕忠院で献花する安倍総理(平成18年10月)

韓国の国立ソウル顕忠院は、日本統治時代におけるテロリストたちの他、朝鮮戦争、韓国軍がベトナム人の大虐殺や強姦をしまくったベトナム戦争の戦死者を祀っている。

安倍晋三は、平成18年に首相になったら、すぐにその韓国の国立顕忠院に訪問して献花したが、その後靖国神社には全く参拝しなかった。

安倍晋三は、前回首相になる前年に「靖国神社参拝は首相の責務だ。次の総理にも、また次の総理にも参拝してもらいたい」と言っていたくせに、自分が首相になったら参拝しなかったことについて、平成24年12月の総選挙の前にも、今年の2月7日の国会でも、「第1次安倍内閣において靖国神社を参拝できなかったことは痛恨の極みだ。」と述べた。

第1次安倍内閣において靖国神社を参拝できなかったことは痛恨の極みだ

安倍晋三は、幹事長代理の時に「靖国神社参拝は首相の責務だ」とまで発言し、昨年の総選挙や今年の国会で「第1次安倍内閣において靖国神社を参拝できなかったことは痛恨の極みだ」と発言したのだから、2度目に首相になった後、出来るだけ早く参拝しなければならなかった。

2回目の首相就任からちょうど1年が経った本日11:30、安倍晋三は、ようやく首相として初めて靖国神社を参拝することになった!

当然と言えば当然!

遅すぎると言えば遅すぎる!

しかし、ようやく決断し、実行することについて、素直に評価したい。




『在特会とは「在日特権を許さない市民の会」の略称です !』桜井誠著
内容:在特会に関わる人は、私も含め一般の人たちです。しかし今までタブーとされてきた在日問題に斬り込んでいるからヘイトスピーチと言われ反発される。私達は今までの常識をひっくり返そうとしているのです。

絶賛発売中!


「安倍首相の靖国神社参拝は当然ではあるが、評価!支持!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:安倍晋三 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.