正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201105<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201107
緑豆が安全説を言論弾圧・「グリーンピース・ジャパン」などテロ集団が「福島原発のリスクを軽視している」 「安全説」山下教授に解任要求署名・まさに反原発ファシズム、集団ヒステリーだ・現実や理論では反論できずに解任要求!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




グリーンピースが言論の自由と学問の自由を弾圧・福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの山下俊一・長崎大学教授の解任署名活動
画像は愛国画報 from LAより
グリーンピース・ジャパン【原発問題】「福島原発のリスクを軽視している」“安全・安心説”を唱える長崎大・山下教授に解任要求署名

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110614-00000005-jct-soci

「福島原発のリスクを軽視している」 「安全説」山下教授に解任要求署名
J-CASTニュース 6月14日(火)20時22分配信

 福島第1原発から放射性物質が放出されて続けている問題で、一貫して「安全・安心説」を唱えていると受け止められている識者が、福島県放射線健康リスク管理アドバイザーの山下俊一・長崎大学教授だ。1年間に許容される被曝量として「20ミリシーベルト」という数字が議論になるなか、山下氏は「100ミリシーベルト以下のリスクは分からない」との立場を崩していない。これが「リスクを軽視している」と批判を浴びており、NGOは、解任を呼びかける署名活動を始めている。

 山下氏は、長崎市生まれの被曝二世。1991年から約20年間にわたって、チェルノブイリやセミパラチンスクでの被曝者治療に携わっている。05年から2年間は、世界保健機関(WHO)のジュネーブ本部で放射線プログラム専門科学官を務めている。福島県の放射線リスク管理アドバイザーには3月19日に就任し、県内の講演会で「放射能を『正しく恐れる』ことが大事」などと説いている。

■「年間100ミリシーベルト」の評価

 山下氏に対して解任要求をしているのは、FoE Japanやグリーンピース・ジャパンなどの環境NGO。6月10日に菅首相や佐藤雄平福島県知事に宛てた要請文の中で、(1)特に放射線量が高い地域において、避難・疎開・夏休みの前倒しを促進すること(2)子どもを含む県民の内部被ばく検査の実施、など4項目を要求。そのなかの一つに、山下氏の解任が入っている。要請文では、

  「低線量被ばくのリスクを軽視し、『100ミリシーベルトまでは、妊婦も含めて安全』との言動を福島県内で繰り返しています」

と山下氏を批判。署名活動を7月6日まで展開するという。

 山下氏の発言で主に批判が集中しているのは、「100ミリシーベルト」の評価と、住民を避難させる範囲についてだ。

 例えば、5月3日に、福島第1原発から50キロ以上離れた福島県二本松市で行われた講演会では、山下氏は

  「100ミリシーベルトで、5人くらいがんのリスクが上がることが、長年の調査結果で分かっている。100ミリシーベルト以下は分からない。明らかな発がんリスクは観察されていないし、これからも、それを証明することは非常に困難」

と発言。

 「二本松は危険だから逃げろ」という声があることについては、

  「とんでもないこと」

と反論。

  「皆さん、現実、ここに住んでいるし、住み続けなければならない。広島、長崎もそうだったし、チェルノブイリもそういう状況。そういう中で、明らかな病気は、事故直後のヨウ素による子どもの甲状腺がんのみ。このような現実をもって話している。国の指針が出た段階では、国の指針に従うのが国民の義務だと思うので、そのような内容でしか答えられない」

と発言し、「国の指針に従うのが国民の義務」という発言が、さらに地域住民の反感を読んだ模様だ。

■「30キロ圏外でも必要ならば避難させなきゃだめ」

 その後も、山下氏は「100ミリシーベルト以下のリスクは確認出来ていない」との立場を崩しておらず、5月24日発売の「週刊朝日増刊 朝日ジャーナル 原発と人間」の中では、

  「1回、100ミリシーベルト浴びると、例えば細胞に傷が100個できます。1ミリシーベルト受けると細胞に傷が1個できます。100個の傷にはときどきエラーが起きますが、1個の傷は体がすぐ治します。遺伝子は傷がついても治るという生物学的な生命現象が大前提としてあるので、僕は、微量の被曝には過敏になるな、と言っているんです」

と主張。「潮」11年6月号では、

  「原発の放射性物質によってがんにかかりうるといっても、がんは日本人の3人に1人がかかる病気だ。確率論的に誰にでも起こりうる病気なのに、『放射線のせいでがんにかかる』と心配して生活を台無しにしても仕方がない」

とも述べている。
(以下略)



>1年間に許容される被曝量として「20ミリシーベルト」という数字が議論になるなか、山下氏は「100ミリシーベルト以下のリスクは分からない」との立場を崩していない。これが「リスクを軽視している」と批判を浴びており、NGOは、解任を呼びかける署名活動を始めている。


(゜Д゜)ハァ?

科学者がデータに基づき主張していることに対して、解任を呼びかける署名活動をするということは、マジキチの言論弾圧だ!

山下俊一・長崎大学教授の主張が間違っているなら、100ミリシーベルト以下のリスクを証明すれば良いのに、証明できないから解任の署名活動って滅茶苦茶だ!

これでは言論の自由も学問の自由もない、まさに、反原発ファシズム、反放射線ファシズムだ。




私がこのニュースを知ってすぐに思い浮かんだのは、パチンコ礼賛者の武田邦彦・中部大教授の次のコメントだ。

放射線と人体の関係を研究している人の多くが「放射線を少し浴びた方が発癌性が低い」と考えている。でも,決して口に出さない.口に出すと袋だたきにあうからだが,民主主義だから専門家はおそれずに「本当の事」を言うべきだ.

平成21年5月5日 執筆
武田邦彦

テレビに出たくて出たくてしょうがないパチンカス武田邦彦


パチンカスの武田邦彦は2年前にブログで上記のとおり述べていたが、自分は芸能界やテレビの仕事のために、震災後は放射線の危険性ばかりを訴え、風評被害を拡大させている。

パチンカス武田のように危険性を過剰に吹聴しておく方が、その通りになれば「ズバリ的中」と称えられるし、もし間違っていても、特に酷く叩かれることはない。

反対に、山下教授のように「危険ではない」「安全だ」と訴えていると、もしもの事がった場合、責任重大であり、人殺し扱いされる。

だから、保身を考慮すれば、パチンカス武田のように、兎に角「危険だ!」と言って万全の対策を訴えておく方が責任を取らずに済むし、今回の山下教授のように反原発ファシストなどから狙われることもない。

一方、山下教授のように「安全だ」と本当のことを主張することには大変な勇気が必要であり、重大な責任が伴う。





>山下氏は、長崎市生まれの被曝二世。1991年から約20年間にわたって、チェルノブイリやセミパラチンスクでの被曝者治療に携わっている。05年から2年間は、世界保健機関(WHO)のジュネーブ本部で放射線プログラム専門科学官を務めている。


放射線の人体への影響を研究している人の中でも、これ以上はない程の最高レベルの経歴だ。

署名活動をしている連中は、このような最高水準の山下教授の主張に対して現実と理論で反論できないために解任の署名活動を行っている。


長崎大学の山下俊一教授 福島県の放射線リスク管理アドバイザー
長崎大学の山下俊一教授 福島県の放射線リスク管理アドバイザー




>山下氏に対して解任要求をしているのは、FoE Japanやグリーンピース・ジャパンなどの環境NGO。


なーんだ、データを基に科学的に安全説を主張している山下教授の解任要求をして言論封殺を企んでいるのはテロ集団のグリーンピースか!
greenpeace is terrorist
■動画
greenpeace is terrorist , australia support terro
http://www.youtube.com/watch?v=vzNZD_KlVMc

2008年1月、環境テロリストのグリーンピースが日本の捕鯨船に突っ込んだ!
greenpeace terrorist or terrorism?
greenpeace say "Non Violence",
But is it "Violence"!
――――――



テキサス親父 グリンピースに宣戦布告
■動画
テキサス親父 グリンピースに宣戦布告!
http://www.youtube.com/watch?v=Gy9PkuzmIWU

捕鯨国は日本だけではなく、他にも沢山ある。
ノルウェー、グリーンランド、デンマーク、ロシア、カナダ、グラナダ、ドミニカ、セントルチア、アメリカ、セントビンセントフォローズ(ウクライナ)、アイスランド、インドネシア

テロリストたち(グリンピース)は、上記のような日本以外の捕鯨国にはテロを仕掛けない。
他の国が捕鯨制限を越えているにもかかわらず、日本を攻撃するのは、なぜか?

理由その1
人種差別しているからだ。

理由その2
日本がテロリストを丁重に扱うからだ。
――――――





「グリーンピース・ジャパン」の幹部ら2人が窃盗容疑などで青森県警と警視庁の合同捜査本部に逮捕。グリーンピースは「無実の人間が逮捕されたことは驚きだ。 」とコメント。画像は佐藤潤一容疑者
画像は佐藤潤一容疑者

環境保護団体グリーンピースの2人が窃盗で逮捕
グリーンピース:即時釈放求める声明

2008年6月20日、毎日新聞

国際環境保護団体グリーンピースは20日、「グリーンピース・ジャパン」の幹部ら2人が窃盗容疑などで青森県警と警視庁の合同捜査本部に逮捕されたことを受けて、「無実の人間が逮捕されたことは驚きだ。即時に釈放されるべきだ」との英文の声明を東京発で発表した。

 声明は、「日本の捕鯨は国際的に批判されている。逮捕された活動家には、捕鯨で誰が得をしているか知る権利がある。(逮捕は)脅迫行為だ」と非難した。




そして、先日の記事で詳しく説明したとおり、山本太郎は、上記のように青森市の運送会社から鯨肉入りの段ボールを盗んで、建造物侵入と窃盗の罪に問われた環境テロ団体「グリーンピース・ジャパン」の関係者(テロリスト)だ。

グリーンピース・ジャパン「クジラ肉裁判」初公判 直前イベント参加記 14 Jan. 2010
(一部抜粋)

公判直前のこのイベントには全世界からグリーンピース関係者が駆けつけた。

 俳優の山本太郎氏も急遽駆けつけ、挨拶を行った。

 山本氏は過去、GPJの呼びかけによる「米国の対イラク攻撃不支持と、国連に『平和のための結集』を働きかけることを求める要請書」などにも意見を寄せている社会派俳優である。


テロ集団のグリーンピース・ジャパン「クジラ肉裁判」初公判直前イベントで挨拶する俳優の山本太郎グリーンピース関係者
挨拶する俳優の山本太郎氏



運送会社に不法侵入してクジラ肉を盗んでおいて「無罪」を主張する山本太郎らグリーンピースはマジキチのテロリストだ。

だから今回も自分たちと違う主張をする山下教授の解任署名活動という言論弾圧をしている。



2008年7月、グリーンピース・ジャパンの山本太郎は、読売テレビ「たかじんのそこまで言って委員会」(2008年7月20日放送)に出演し、「竹島は韓国にあげたらよい!」などと発言した。
山本太郎の福島に向けた呼びかけに賛否 このたびは東京に電力を送るために作られた福島原発の事故、ほんとうに申し訳ありませんでした
山本太郎「竹島はあげたらよい!」



そして、2011年4月、グリーンピース・ジャパンの山本太郎は、ラジオで「韓国の原発は安全、日本のはダメ」「いやぁ韓国の原発は携帯と同じく安全ですからね 」 などと発言していたという

いったい何を根拠に「韓国の原発は安全だが、日本のは駄目」といっているのか?!

韓国は地震がないからだろうか?

原発事故はチェルノブイリ事故などのように、地震がなくても起こり得る。

にもかかわらず、どうしてグリーンピースの山本太郎は「日本の原発は駄目だが、韓国の原発は安全だ。」などとラジオで発言できるのか?!





>要請文では、
> 「低線量被ばくのリスクを軽視し、『100ミリシーベルトまでは、妊婦も含めて安全』との言動を福島県内で繰り返しています」
>と山下氏を批判。署名活動を7月6日まで展開するという。



現実や科学的根拠を無視し、とにかく「放射能安全説を唱える学者はけしからん!」というのが、反捕鯨テロ集団「グリーンピース」の主張だ。

また、グリーンピース・ジャパンの山本太郎は「チェルノブイリでは年間5ミリシーベルトで強制退去だったから、年間20ミリシーベルトの基準値にした文科省は殺人行為」と主張したが、全く科学的ではない。

さらに山本太郎は「今、福島の子どもたちが、これから先、病気になるのはわかりきっている。まるで死刑台に向かって、列を作らされているようです。」とも発言した。

しかし、健康への悪影響が認められているのは、年間100ミリシーベルト(mSv)以上の被曝からであり、年間100ミリシーベルト(mSv)以下の被曝では健康への悪影響は認められていない。

年間100ミリシーベルト(mSv)以下の被曝では健康への悪影響がないことは、チェルノブイリ原発事故のデータも含めて確認されていることだ。

年間20ミリシーベルト(mSv)の被曝の場合、悪影響が全く認められていないどころか、むしろ「ホルミシス効果」によって癌の発生率を低下させるという好影響が認められている。

インド南部ケララ州のカルナガパリ地域の放射線量は世界平均の5~10倍で、住民は子供も含めて年間10~20ミリシーベルトの放射線を常時浴びているが、がんの発生率は低く、健康で長寿だ。


インドの高自然放射線地域での疫学調査に基づくがん死亡リスク
インドの高自然放射線地域での疫学調査に基づくがん死亡リスク

年間10~20ミリシーベルトの放射線を常時浴びていると推定されるインド南部ケララ州では、他の地域よりもがん死亡リスクが低い。

グリーンピースや危険説を唱える連中は、現実を直視しなければならない。

年間20ミリシーベルトの被曝が健康に悪影響を及ぼす根拠を示すことが出来た人は誰も居ない。

出来る訳がない。

なぜならば、年間1ミリシーベルトの被曝よりも年間20ミリシーベルトの被曝の方が健康に良いデータ(現実)はあるが、その反対のデータ(現実)はないからだ。




皆さんは、年間1ミリシーベルト以上を危険とした基準がどのように決まっていたかをご存知だろうか?

500ミリシーベルトとか1000ミリシーベルトのような高放射線量での発癌率からデータを取って、それらの値から直線を引いて、それを100ミリシーベルト以下にまで伸ばしただけだ。

そうすれば、当然「0シーベルト」の癌発生率が最小値となるが、実際には100ミリシーベルト以下の場合だと人間の自己回復能力によって細胞が再生されるため、直線ではなく放物線を描き、低線量被曝の方が被曝量ゼロよりも発癌率は低くなっている。

データ、事実、現実を一切考えずにただ直線を引いただけの基準は、科学的ではないし、現実を無視している。

実際に、長崎の追跡調査でも、1000ミリシーベルト(100ラド)以下の被曝の場合、全死亡者に対する被爆者の死亡率は低い。
さらに、10~490ミリシーベルト(1~49ラド)の被曝では、ガンによる死亡率も、被曝量ゼロより低い。

長崎原爆の被ばく者の追跡調査(1970年~1988年)。横軸が被曝量。縦軸が被爆者以外との死亡比
長崎原爆の被ばく者の追跡調査(1970年~1988年)。横軸が被曝量。縦軸が被ばく者以外との死亡比。
1ラド=10ミリシーベルト
100ラド(1000ミリシーベルト)以下では、全死亡者に対する被ばく者の死亡率は低い。
癌の発生は、50ラド(500ミリシーベルト)以上は高まるが、1~49ラド(10~490ミリシーベルト)では逆に被曝量ゼロよりも低い。




中には、「内部被曝」云々と食い下がる輩も居るが、過去の広島、長崎、チェルノブイリなどにおいても内部被曝は起こっており、それら内部被曝も含めた上で年間(外部)被曝量100ミリシーベルト以下では健康への悪影響は認められていないのだ。

自然界に存在する天然の放射性物質と人工的に作られた放射性物質との違いについて言及する人も居るが、放射性物質が異なっても、放射性物質から出る放射線はまったく同じものだ。

たとえば、自然界に存在する天然の放射性物質カリウム40も、人工的に作られた放射性物質コバルト60も、ともにベータ線とガンマ線を出す。

このときにカリウム40もコバルト60もともにβ線とγ線を出して安定した物質に変わるが、放出されるβ線やγ線はまったく同じもので、自然放射性物質と人工放射性物質による違いはない。


宇宙飛行士が宇宙に居ると、毎日1ミリシーベルト以上被爆する。

JAXAの若田光一さんたちは、一回の長期宇宙滞在で100ミリシーベルト以上の放射線を浴びている。

それを何度も何度も繰り返している。

しかし、土井隆雄さんや若田光一さんたちは健康で元気だ。


土井隆雄さん
土井隆雄さん

若田光一さん
若田光一さん



「言論の自由と学問の自由を弾圧するな!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:テロリズム - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.