正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201105<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201107
19時全民放1ケタ視聴率・なぜテレビは見られなくなった?・韓国ごり押し法則発動、ネット台頭、コネ入社無能揃い、制作費削減で悪循環・「民放の19時台視聴率が1ケタになった」 テレ朝プロデューサーの「ツイッター」に「当然」の声
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




韓国ゴリ押しの理由
韓国ゴリ押しの理由

「民放の19時台視聴率が1ケタになった」 テレ朝プロデューサーの「ツイッター」に「当然」の声

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110617-00000000-jct-ent

「民放の19時台視聴率が1ケタになった」 テレ朝プロデューサーの「ツイッター」に「当然」の声
J-CASTニュース 6月17日(金)11時33分配信

 テレビ朝日の藤井智久ゼネラルプロデューサーが「ついに民放全局の視聴率が1ケタになった」とツイッターで呟いているとネットで話題になっている。

 1ケタになったのは19時台全ての番組。もともと19時台はゴールデンタイムの入り口で、視聴率や広告収入が見込めたドル箱。しかし、10年ほど前から不振が続き、メインターゲットとしていた小学生から高校生がテレビから離れてしまったという。

■「見たい番組がない」など大量のリツィート

 藤井ゼネラルプロデューサーは2011年6月15日、ツイッターで

  「ついに昨日、19時台の民放は全局、視聴率が1ケタになった(関東地区)」

と呟いた。昨日というのは14日(火)のことで、新聞のテレビ欄を見ると「泉ピン子宮古島に来襲」「AKBVS戦隊ヒーロー」「熟女4人が下町電車旅」などの番組が並んでいる。

 この呟きがネットで大きな反響を呼んでいて、

  「正直、見たい番組が、ない…TV 本当にもういらないかも…」
  「5年後にゴールデンが全局一ケタでも驚きもしない」

などと「当然」と受けとめるリツイートが大量に寄せられている。

 放送評論家の松尾羊一さんによれば、昔から19時台はゴールデンタイムの入り口として、まずは小学生から高校生を集める番組制作が行われた。20時台になれば会社から家族が戻り、家事も一段落。家族全員でテレビを見ながら団欒する、という流れがあった。しかし、携帯電話やゲーム、パソコンなど普及によって19時台の視聴者は10年前から急速にテレビ離れしていった。

■復活のヒントは池上彰に学べ

 視聴率が下がると制作費が削られるため魅力的な番組が減るスパイラルに陥り、起死回生策としてマンガやゲームでヒットした作品を持ってきたりもしたが、

  「他のメディアでヒットした作品におもねても、テレビで成功するわけではない。若い人は感覚が鋭いため納得のいかないものは見ない」

 さらに、番組が一部の人しか興味を示さないような狭い内容になってきた。こうしたことが視聴率が取れなくなった原因だと松尾さんは説明する。

 もう19時台の視聴率復活は難しいのかというと、復活のヒントはあるのだそうだ。実は、19時台で高視聴率を記録した番組があり、それはテレビ朝日系で08年から19時台に放送した池上彰さん司会の「学べる!! ニュースショー!」。この番組はティーンエイジャーが主な視聴者で大うけだった。10年からは放送が8時台に移り「そうだったのか!池上彰の学べるニュース」に番組名が変更になった。

  「見てわかりやすいし、勉強になるだけでなく楽しめる。この応用としてドラマやクイズ、バラエティー番組を制作する。そこに若い人達のニーズがあるのではないかと思います」

 そう松尾さんはテレビ業界に対し提言している。



>テレビ朝日の藤井智久ゼネラルプロデューサーが「ついに民放全局の視聴率が1ケタになった」とツイッターで呟いているとネットで話題になっている。
>1ケタになったのは19時台全ての番組。もともと19時台はゴールデンタイムの入り口で、視聴率や広告収入が見込めたドル箱。しかし、10年ほど前から不振が続き、メインターゲットとしていた小学生から高校生がテレビから離れてしまったという。



昨日の当ブログ記事【「笑っていいとも」没落!キムチ鍋やプルコギピザなど1位捏造で視聴率が暴落・お昼の番組に異変!! TBS「ひるおび」度々トップに躍り出る……】で、最後に紹介した【6月14日19時台の民放は全局、視聴率が1ケタになった】ことが、その後「J-CASTニュース」で上の記事になった。

2ちゃんねるの「ニュース速報+」にもスレッドが立ち、既に書き込みが約14,000に上っているので、今日はどうして皆がテレビを見なくなっているのか理由について掘り下げてみよう。

結論から言うと、テレビ離れが進んでいる理由は主に次の4つと考えられる。


■■テレビ離れ!4つの理由■■
―――――――
1.韓国ゴリ押しが酷く、「あの国のあの法則」(Kの国の法則)が発動

2.コネ入社で無能人間ばかり揃っている(在日、創価大学卒、みのの息子など)

3.インターネットの台頭で、テレビからインターネットへシフト

4.視聴率低下→広告減少→制作費削減→内容劣化→視聴率低下……の悪循環
―――――――



では、一つ一つ検証していこう!

まず、【1.韓国ゴリ押しが酷く、「あの国のあの法則」(Kの国の法則)が発動】について。

昨日の【「笑っていいとも」没落】の記事でも述べたとおり、これは絶対法則だ。


「あの国のあの法則」とは?
――――――
《絶対法則》
第一法則 国家間から企業、個人に至るまで、韓国と組むと負ける。
(以下略)
――――――



百聞は一見し如かず!

数字は真実を物語る!

この絶対法則を証明するために、同じ番組で韓国と組んだ時の視聴率を見よ!

一目瞭然!


●テレビ朝日「ロンドンハーツ」
12.4% 21:00-21:54 EX__ ロンドンハーツ 6/14
11.1% 21:00-21:54 EX__ ロンドンハーツ 6/07
13.3% 21:00-21:54 EX__ ロンドンハーツ 5/31
*7.3% 21:00-21:54 EX__ ロンドンハーツ 5/24 ★←K-POPアイドルMBLAQ出演
14.1% 21:00-21:54 EX__ ロンドンハーツ 5/17
14.5% 20:00-21:48 EX__ ロンドンハーツ2時間SP 5/10
10.1% 21:00-21:54 EX__ ロンドンハーツ 4/26
10.4% 21:00-21:54 EX__ ロンドンハーツ 4/19
11.6% 19:00-21:48 EX__ ロンドンハーツ3時間SP 4/12

●フジテレビ「VS嵐」
13.2% 19:00-19:57 CX* VS嵐 6/16
*9.7% 19:00-19:57 CX* VS嵐 6/9  ★ ←韓国人のヨンア 出演
13.5% 19:00-19:57 CX* VS嵐 6/2        
13.2% 19:00-19:57 CX* VS嵐 5/26
11.9% 19:00-19:57 CX* VS嵐 5/19  
12.7% 19:00-19:57 CX* VS嵐 5/12
12.0% 19:00-19:57 CX* VS嵐 5/5

●フジテレビ「ピカルの定理」
*7.9% 23:10-23:55 CX* ピカルの定理 6/11
*6.1% 23:10-23:55 CX* ピカルの定理 5/28 ★←K-POP野獣アイドル2PM 出演
*7.5% 23:20-24:05 CX* ピカルの定理 5/21
*6.4% 23:10-23:55 CX* ピカルの定理 5/14
*6.4% 23:10-23:55 CX* ピカルの定理 5/7
*8.0% 23:10-23:55 CX* ピカルの定理 4/30


●フジテレビ「潜入リアルスコープ」 (4月からゴールデンに移行)
12.3% 23:10-23:55 CX* あらゆる世界を見学せよ!潜入!リアルスコープ 3月19日
12.3% 23:10-23:55 CX* あらゆる世界を見学せよ!潜入!リアルスコープ 3月19日
*6.7% 23:10-23:55 CX* あらゆる世界を見学せよ!潜入!リアルスコープ 3月5日 ★←K-POPアイドルに潜入
*9.3% 23:40-24:25 CX* あらゆる世界を見学せよ!潜入!リアルスコープ 2月26日
*9.8% 23:30-24:15 CX* あらゆる世界を見学せよ!潜入!リアルスコープ 2月19日
*8.2% 23:10-23:55 CX* あらゆる世界を見学せよ!潜入!リアルスコープ 2月12日
*7.9% 23:10-23:55 CX* あらゆる世界を見学せよ!潜入!リアルスコープ 2月5日
11.5% 23:10-23:55 CX* あらゆる世界を見学せよ!潜入!リアルスコープ 1月29日
11.8% 23:20-24:05 CX* あらゆる世界を見学せよ!潜入!リアルスコープ 1月22日


( ´∀`)アハハ
もうお分かりだろう。

K-POPアイドルや韓国人タレントを出演させたり特集したりした時の視聴率の低さは一目瞭然だ。

日本では如何にK-POPアイドルや韓国人タレントが嫌われているか、上述した視聴率を見れば明白だ。

これは、同じ番組の週ごとの視聴率の推移(変化)のみならず、韓国マンセーでお馴染みのフジテレビの1日の視聴率の推移(変化)を見ても一目瞭然だ。


▼視聴率が低いのに韓国ドラマを垂れ流しているフジテレビの1日の視聴率の推移
―――――
2月16日
*8.5% 08:00-09:55 CX* とくダネ!
*7.0% 12:00-13:00 CX* 笑っていいとも!
*6.7% 13:00-13:30 CX* ごきげんよう
*6.1% 13:30-14:00 CX* さくら心中
*3.9% 14:07-15:57 CX* 韓流α・ベートーベン・ウィルス ←★一気に下がる(笑)
*2.3% 15:57-16:53 CX* 韓流α・テロワール ←★さらに下がるwww

*7.9% 17:54-19:00 CX* FNNスーパーニュース ←ここで回復ww
―――――



●現在のフジテレビの番組表
フジテレビの番組表がひどいことに 韓流ノンストップ3時間
フジテレビの番組表がひどいことに!
毎日が韓流ノンストップ3時間!



▼▼韓国ゴリ押しの理由▼▼

日本でK-POPアイドルや韓国人タレントが物凄く嫌われていることは、テレビ関係者なら誰でも知っているはずだ。

それでも、テレビがK-POPや韓流ドラマをごり押しする理由は、主に2つある。

一つは、韓国政府が国策として、韓国の文化や芸術を輸出品として海外へ売り込もうとし、テレビや出版などのメディアに対して絶大な支配力を持つ電通に巨額の工作資金を渡しているためだ。

韓国政府が国策事業の一環として、莫大な予算を投資し、日本の電通と協力して韓流をゴリ押ししていることは、何年も前にTBSが番組で暴露したし、2010年10月2日にBSの「未来ビジョン」という番組で「AKB48」の秋元康プロデューサーも韓国のエンターテイメントが国策であることを証言した

さらに、2010年11月16日放送のNHK「クローズアップ現代」は、韓国政府が韓国アイドルの活躍によって、韓国ブランドを向上させ、韓国製自動車や韓国製電化製品などの輸出に好影響を与えようとしていると説明していた

広告費によって経営が成り立っている日本のメディアは電通の飼い犬状態。

電通は、雑誌や映画や音楽業界に幅広く影響力を持ち、「番組制作会社」「芸能プロダクション」「レコード会社」までその影響下に置いている。

さらに、電通にはNHKが出資した営利企業が20数社もあり、NHK職員の天下り先にもなっているため、電通は広告がないNHKにまで強い影響力を行使している。

このように電通はテレビや出版などのメディアに対して絶大な支配力を持っている。

そして、電通会長の成田豊は韓国の工作員だ。


電通の成田豊は、ソウルで生まれ育ちで、韓国が遅れて招致に乗り出した2002年のサッカー・ワールドカップで日本の単独開催を妨害して日韓共同開催を主導した韓国の功労者として韓国から外国人に与えられる勲章としては最高位の勲章を授与された。

電通会長の成田豊
2009年、電通会長の成田豊は、サッカーWC(2002年)の日本単独開催を阻止した功績により韓国から最高勲章を授与された!

ふざけんな!怒っています


「電通」というバケモノ代理店が日本を破壊する!
「電通」というバケモノ代理店が日本を破壊する!




テレビがK-POPや韓流ドラマをごり押しするもうひとつの理由は、テレビ局に在日朝鮮人や在日韓国人が多数潜伏しており、テレビ局内で直接支配力を強めているためだ

実際にテレビ局には沢山の在日朝鮮人と在日韓国人がいる。



【就職】「在日は武器」 在日女子大生、面接で靖国や独島の質問答えてTBSに内定:2007/01/10(水) 民団新聞
■TBSテレビ内定【李民和】さん
李民和
李民和



TBS『みのもんたの朝ズバッ!』で、 毎日新聞の鈴木琢磨が、「メディアにも朝鮮学校卒業生がたくさんいる」と暴露した!
毎日新聞の鈴木琢磨「実際、メディアにも朝鮮学校卒業生がたくさんいるんですよ。」

■You Tube 動画
日本のメディアの中には朝鮮学校卒業者が多いんです
http://www.youtube.com/watch?v=ULJt3l7Aets

毎日新聞の鈴木琢磨
「実際、メディアにも朝鮮学校卒業生がたくさんいるんですよ。」







■■テレビ離れ!4つの理由■■のうち、【2.コネ入社で無能人間ばかり揃っている(在日、創価大学卒、みのの息子など)】については、上で一部を説明しているし、当ブログでは過去に何度も詳しく説明しているのでここでは詳細を省略する。

当ブログ2010年5月20日付記事などを参照して頂きたい。


●関連記事
みのもんた長男TBS社員の御法川隼斗(30)がTBSの番組で父子共演
みのもんた長男でTBSにコネ入社した御法川隼斗は最低の人間
テレビ局のコネ入社が酷すぎる
有名人や政治家などの子弟枠、創価学会枠、朝鮮人枠など
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3847.html







次に、■■テレビ離れ!4つの理由■■のうち、【3.インターネットの台頭で、テレビからインターネットへシフト】について。

これについては上の「J-CASTニュース」のニュースでも次のとおり説明している。


>しかし、携帯電話やゲーム、パソコンなど普及によって19時台の視聴者は10年前から急速にテレビ離れしていった。


そして、これは視聴者側だけの問題ではない。

スポンサー企業側も、不景気をきっかけに、高コストのテレビ広告を見直し、インターネットにシフトする動きが出ている。


実際に英国では、既にテレビ広告費がインターネットに抜かれている。

2009年9月30日付フィナンシャル・タイムズによれば、英国では2009年1~6月期のインターネットの広告収入が前年同期比4・6%増の17億5千万ポンド(約2500億円)となり、広告収入全体に占めるシェアでテレビを逆転した。

英国では、世界的な経済悪化を背景に全体の広告収入が16・6%落ち込んだが、ネットはプラスを維持し、シェアが23・5%と4・8ポイント上昇、テレビの21・9%を上回ったという。

アメリカでは、テレビ広告費のシェアが約30%と微減なのに対して、インターネット広告費はここ3年で倍増して19%になった(ニールセンなど調べ)。

日本では、テレビ広告費のシェアが約28%なのに対して、インターネット広告費は約10%と、まだまだテレビ広告費はネットの2.8倍もある(電通調べ)。

しかし、日本においてもテレビ広告費が前年比4%下がったのに対して、インターネット広告費は年率2%ずつ増えているので、遅くとも10年以内に逆転すると予想されている。

つまり、近い将来、米国でも日本でもインターネットが広告売上最大のメディアになる。

テレビとインターネット







最後に、■■テレビ離れ!4つの理由■■のうち、【4.視聴率低下→広告減少→制作費削減→内容劣化→視聴率低下……の悪循環】について。

加速する負のスパイラル
テレビ業界で加速する負のスパイラル


この悪循環に関しては2010年3月9日に『週刊ダイヤモンド』が、どうして落ち目のテレビ局がバラエティー番組ばかり放送するのかを詳しく説明した特別レポートを掲載していたので紹介しよう。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

日本のテレビ業界が復活するには 「キー局の合従連衡」が待ったなし
特別寄稿 A.T.カーニー メディア・プラクティス

(一部抜粋)

テレビ局の広告収入の減少、ひいては収益悪化につながる“悪循環”
図1
テレビ局の広告収入の減少、ひいては収益悪化につながる“悪循環”(図1を参照)

(略)

バラエティ番組も
報道番組も同質化
(略)
 そもそも番組の同質化と魅力度が低下した背景には、「世帯視聴率を卸売りする」という事業モデルの存在がある。これが、より安価に、より多くの“世帯視聴率”(性別や年齢といった属性で分けられていない視聴率)を獲得する方向にテレビ局を牽引してきた。いわゆる、“視聴率至上主義”である。

視聴率1%あたり番組制作費
図2
 結果として、番組の編成はおのずと「制作費が安く」「安定的に視聴率が稼げる」番組づくりに傾斜していく。それで発生しているのが、過剰なまでのバラエティ番組への依存である。バラエティは、ドラマやドキュメンタリーなどに比べて制作費が低いわりに、比較的安定して視聴率が稼げる番組フォーマットなのだ(図2を参照)。

 バラエティへの傾斜は、今に始まったことではない。ゴールデン帯(19~22時)におけるバラエティの比率は、30年前の17%から、直近では50%にまで高まっている(下の図3を参照)。とりわけ、近年は、制作費削減のあおりを受けて、出演料の安いタレントを並べた“生放送”(ビデオ撮影+編集による番組は制作費が高くつく)で制作費を抑える傾向が加速した。

ゴールデン帯におけるバラエティの比率は、30年前の17%から、直近では50%
図3

 その結果、どのチャンネルをつけてもバラエティ、クイズや情報ワイド番組が氾濫し、各局のコンテンツの差が見えなくなってしまった。そして、視聴者離れも進行した。最も視聴率が高い土日のゴールデン帯において番組ジャンル数と総世帯視聴率(各局の視聴率の合計)の関係を分析すると、両者のあいだには強い相関が見られる。
 これは、各局で流れる番組が似通ってくると、テレビを見る総世帯数が少なくなること、すなわち横並びによるバラエティ依存の危険性を示唆している。
━━━━━━━━━━━━━━━━━



要するに、バラエティは制作費が低いわりに、比較的安定して視聴率が稼げるのだ。

その結果、ゴールデンタイム(19~22時)におけるバラエティの比率は、30年前の17%から、直近では50%にまで高まっている。

視聴率が危機的状況で、カネもなくなってきているTBSがバラエティに走るのはセオリーどおりということだ。


  視聴率1%あたり番組制作費

スポーツ(野球)■■■■■■■■ 135万円
バラエティ    ■■■■■■■■■■■■■■■ 250万円
音楽       ■■■■■■■■■■■■■■■■ 263万円
ドラマ       ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 348万円
教育・教養    ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 349万円
アニメ       ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■ 391万円
_______        ▲100     ▲200     ▲300     ▲400


ちなみに、フィンランド(子供の学力世界一)にはテレビでバラエティがない。







■復活のヒントは池上彰に学べ


確かに昨年を中心として、池上彰が出た番組に視聴率は非常に高かった。

比較的ウソが少なく、分かり易いのは大ウケした。

私も学ばせてもらうこともあるが、肝心な所ではここ一番のウソを垂れ流すから要注意!


特に酷かったのは、池上彰が麻生太郎を執拗にぼろ糞に非難した一方で、菅がラーメン屋でラーメンを食べたことを称賛していたことだ。

■動画
【そうだったのか】池上彰とフジTVの捏造をわかり易く解説【Mrニュース】
http://www.youtube.com/watch?v=SQtl3Nt2BDU



●関連記事

菅スーパーで買い物、庶民派アピール
頻繁に高級ホテル料理店に通っているのに「1億総白痴」だから騙せるとの考え
マスコミや池上彰は麻生のバーを非難し菅のラーメン屋を称賛
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-4107.html

池上彰の戦争を考えるSP~戦争はなぜ始まり、どう終わるのか~
明らかな間違いがあり電凸&手紙
柳条湖事件は支那事変の始まりではない
上海を攻撃したのは日本ではなく支那
戦陣訓を民間人に押し付けていない
日本の戦争終結努力を無視するな
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3945.html




「韓国ゴリ押しのテレビにウンザリだ!!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:テレビ視聴率 - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.