FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201105<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201107
なぜ菅と孫は再生エネ法に強くこだわるのか?・「再生可能エネルギー特別措置法案」成立なければ孫正義の新ビジネス成功なし・孫は巨額の国民の税金が必要・菅直人は孫からキックバックを受け取る約束・連中に日本を滅ぼさせるな!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




菅直人と孫正義のための「再生可能エネルギー特別措置法案」
菅直人と孫正義のための「再生可能エネルギー特別措置法案」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110623-00000122-mai-pol

<菅首相>再生エネ法成立に強いこだわり 「8月解散説」も
毎日新聞 6月23日(木)21時8分配信

 菅直人首相は23日、沖縄県糸満市で開かれた「沖縄全戦没者追悼式」に出席した後、「私がやらねばならない課題は復旧復興、そして原発事故の収束。全力をあげ、燃え尽きる覚悟で取り組んでいきたい」と、延長国会への意気込みを記者団に語った。続投への強い意欲を示したとも取れるが、「燃え尽きる」との表現に首相周辺からは「会期末までの退陣を覚悟しているのではないか」との観測も上がった。

 会期延長で延命した首相は依然、退陣時期を明確にしていない。22日夕、衆院で延長が議決されると、首相は民主党の輿石東参院議員会長を官邸に呼んで政権運営への協力を要請。党執行部と溝が生じた首相に対し、輿石氏は皮肉を込めて「思ったようにやればいい」と応じた。

 首相は同日夜、東京都内のホテルに集まった約30人の菅グループ議員と合流。機嫌良く「みなさんのおかげでここまで来た。70日間、しっかりやろう」と呼びかけた。会合後、記者団には「やらなきゃいけないことはしっかりやりたい」と述べ、再生可能エネルギー固定価格買い取り法案の成立などに強いこだわりを見せた。



菅直人は、何故これ程までに、「再生可能エネルギー特別措置法案」の成立にこだわるのか?!

それは、孫正義から余ほど良い条件の見返りを約束してもらっているからだ。


●6月15日

太陽光や風力などの自然エネルギー普及を目指す超党派議員や民間人による緊急集会が衆院議員会館で開かれ、菅直人やソフトバンクの孫正義ら出席した。

連中は、電力会社に自然エネルギー買い取りを義務づける「再生可能エネルギー特別措置法案」の成立を目指している。

孫正義は会合で、菅直人に対して「すごい土俵際の粘りだ。この土俵際のねばりで、ねばり倒して、この法律だけは絶対通して欲しい。頑張ってください!」と大袈裟なゼスチャーを交えてエールを送った。

すると、菅直人は席から立ち上がって孫と頭を下げ合いながら熱い熱い握手をした。

その間中拍手が鳴り止まない。

菅は席に戻りながら、ニコニコとピースサイン(Vサインサイン?)をする。

孫正義の後、菅がマイクを握り、満面の笑みで次のように話し、電力会社に自然エネルギーによる電力の買い取りを義務付ける同法案の今国会成立に強い意欲を表明した。

「…今考えたんですね。どうも菅の顔だけは見たくないという人がいるんですよね!国会の中には。そういう人たちにですね、言おうかと思うんですよ。ホントに見たくないのか、ホントに見たくないのか、ホントに見たくないのか、と。それなら、早いことこの法案を通した方がいいよと!この作戦でいきたいと思いますので!(右手を二度突き上げる)どうかよろしくお願いします!!」

菅直人と孫正義のための「再生可能エネルギー特別措置法案」
菅だけの顔は見たくないという人 結構いるんですよ 中には!

菅直人と孫正義のための「再生可能エネルギー特別措置法案」
そういう人たちにですね、言おうかと思うんですよ。

菅直人と孫正義のための「再生可能エネルギー特別措置法案」
本当に見たくないのか?!

菅直人と孫正義のための「再生可能エネルギー特別措置法案」
本当に見たくないのか?!

菅直人と孫正義のための「再生可能エネルギー特別措置法案」
本当に見たくないのか?!

菅直人と孫正義のための「再生可能エネルギー特別措置法案」
それなら、早いことこの法案を通した方がいい

菅直人と孫正義のための「再生可能エネルギー特別措置法案」
この作戦でいきたいと思いますので!(右手を二度突き上げる)どうかよろしくお願いします!!



酷い話だ。

菅直人が孫正義から余ほどのキックバックを約束してもらっていることは間違いない。

菅直人は6月上旬から自身のブログで、「次の時代」と題して再生可能エネルギー特措法への思い入れを語っており、6月16日には、「私にとっては初当選した約30年前からのテーマで、ようやく流れがここまで来た」とも力説している。

しかし、実際には菅が震災以前に大きな意欲を見せたことはなかった。

それなのに、菅が退陣条件としたのは、孫に国民の巨額の税金を投入したり電力料金を値上げしたりすればキックバックを約束されたからだ。


孫はソフトバンクの社長でもあるし、個人資産も6723億円ある。

孫が菅に見返りを保障することは、何とでも出来る。

最悪のケースとして、仮に菅が次の選挙で落選しても、孫が菅をソフトバンクに迎えれば良いだけだ。

実際に現在のソフトバンクの社長室長は民主党の元議員だ。

だから、菅は、この「再生可能エネルギー特別措置法案」を通すまでは、何が何でも首相を辞めたくないのだ。

孫が太陽光発電などで利益を上げるためには、国民の税金を思いっきり投入したり電気料金を値上げしたりして自然エネルギーを支援しない限り絶対に無理なのだ。

「再生可能エネルギー特別措置法案」は、太陽光などを使って発電された電気を電力会社が買い取り、電気料金にその費用を上乗せし、電気利用者全体で負担する仕組みだ。

正式名称は「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」という。

ソフトバンクが計画する太陽光発電所が事業として成立するには、その電力を(原発の4倍以上の高値で)電力会社が高く買い取ることを義務づける再生エネ法が不可欠なのだ。

孫の新ビジネスを支援するために、菅は国民の巨額の税金や資産をドブに捨てる可能性が高い法案を通そうとしている。





その後、孫正義は、韓国で原発事故について日本を代表して謝罪し、一方では 「安全に運営されている韓国の原発を高く評価している」 「脱原発は日本の話」などと語った。

■動画
【原発】孫正義、韓国で謝罪「日本は犯罪者になった...」
http://www.youtube.com/watch?v=aB5b0NG17iY




女子アナ「この原発問題をめぐってソフトバンクの孫正義会長が世界に謝罪しました。」
女子アナ「この原発問題をめぐってソフトバンクの孫正義会長が世界に謝罪しました。」

孫「世界中の皆さんに申し訳ないと思う。.
孫「世界中の皆さんに申し訳ないと思う。

日本は犯罪者になってしまった。」(英語のスピーチ・韓国語の同時通訳)
「日本は犯罪者になってしまった。」(英語のスピーチ・韓国語の同時通訳)

孫会長は自然エネルギーの活用などについて話し合う国際会議に出席し、原発事故の影響で周辺の国々に迷惑をかけたと謝罪しました
孫会長は自然エネルギーの活用などについて話し合う国際会議に出席し、原発事故の影響で周辺の国々に迷惑をかけたと謝罪しました

再生可能エネルギー特別措置法案\005その上で、日本政府は原子力依存に依存する現在の政策を変えて自然エネルギーをもっと活用するべきだと主張しています
再生可能エネルギー特別措置法案\005その上で、日本政府は原子力依存に依存する現在の政策を変えて自然エネルギーをもっと活用するべきだと主張しています。

孫会長は、イ・ミョンバク大統領とも会談し
孫会長は、イ・ミョンバク大統領とも会談し、

イ大統領は、ソフトバンクが韓国に設立予定のデータセンターについて日韓両国の経済に良い影響を与えると歓迎する姿勢を明らかにしています。
イ大統領は、ソフトバンクが韓国に設立予定のデータセンターについて日韓両国の経済に良い影響を与えると歓迎する姿勢を明らかにしています。

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0621&f=national_0621_171.shtml
孫正義社長、安全な韓国の原発を評価…「脱原発」は日本の話
2011/06/21(火) 17:54

  訪韓したソフトバンクの孫正義社長は20日、青瓦台(大統領府)を表敬訪問し、李明博(イ・ミョンバク)大統領と会談した。孫社長は席上、「脱原発は日本の話。韓国は地震が多い日本とは明らかに異なる」とし、「安全に運営されている韓国の原発を高く評価している」と話した。複数の韓国メディアが報じた。

(以下略)




この孫とイイ、菅とイイ、こんな連中が今日本の運命を大きく左右する法案を無理やり通そうとしている。

絶対にこいつらの思い通りにさせてはならない。




「菅や孫の思い通りにさせてなるものか!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:民主党・菅直人政権 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.