FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201005<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201007
NHKから三一事件の返事がキタ━(゜∀゜)━!!・5月16日放送NHKスペシャル シリーズ「日本と朝鮮半島」「第2回 三・一独立運動と“親日派”」・NHK会長「NHKを見ていようが見てまいが関係ない。できるかぎりの手だてを尽くして受信料を払わせろ」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




2010.5.16NHKスペシャル3.1テロ事件
2010.5.16NHKスペシャル3.1テロ事件

NHKは、5月16日の「NHKスペシャル」シリーズ「日本と朝鮮半島」「第2回 三・一独立運動と“親日派”」において、重要な事実を隠ぺいし、歴史を歪曲する反日偏向番組を放送した。

そのため、私はすぐにNHKに電凸し、HPにメールで抗議し、更には抗議文書を郵送した。

その時のブログ記事は次のとおり。


NHKに電凸!抗議文郵送!
5月16日放送のNHKスペシャル シリーズ「日本と朝鮮半島」「第2回 三・一独立運動と“親日派”」
重要な事実を隠ぺいし、真実を歪曲した歴史偽造
朝鮮人暴徒の悪逆暴虐は全く取り上げず、一方的に日本を悪者に仕立てる反日偏向番組
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3844.html



このとき私がNHKに郵送した抗議文書に対して、NHKから私のところに返事がキタ━━━━(゜∀゜)━━━━ !!!!!

しかし、そのHNKからの返事は、私の最初の質問や指摘に対する回答や説明になっていなかったため、改めて抗議文書を郵送した。

早速NHKからの返事と私の再抗議文書を掲載するが、私が最初に抗議文書を郵送してから既に20日くらい経過しているので、念のために私の最初の抗議文書から順番に掲載する。


まず最初に、5月16日の放送直後に私がNHKに郵送した抗議文書を再掲載


2010.5.16NHKスペシャル3.1テロ事件

〒150-8001
NHK放送センター
NHKスペシャル 「シリーズ 日本と朝鮮半島」係

━━━━━━━━━━━
拝啓

5月16日放送のNHKスペシャル シリーズ「日本と朝鮮半島」「第2回 三・一独立運動と“親日派”」を拝見しました。

番組で幾つか重要な事実を意図的に隠ぺいしたことについて指摘し、疑問点を質問させて頂くので、番組制作責任者の見解や回答をお願いします。



ナレーション
4月15日、チェアムニ(堤岩里)という村で国際社会に大きな波紋を呼ぶ事件が起きます。
独立運動の鎮圧にあたっていた日本軍が村人を教会に集めて銃で撃ち、火を放ったのです。
地元の人によれば、この地域の独立運動では当初武器は使われていなかったといいます。
しかし、日本人の警官が鎮圧のため住民に発砲。
それに対し、村の男たちが警官を殺害したことで弾圧は激しくなってゆきました。




質問です。

まず、「地元の人」とは、いったい誰のことですか?
仮に独立運動で武器が使われていなかったとしても、集団で警察官駐在所などを襲えば警官が正当防衛で発砲することは当然有り得ることです。
にもかかわらず、暴徒鎮圧のために発砲した日本人警官が悪いようなナレーションを付けることは反日偏向です。
ですから、番組が情報源とした「地元の人」の人定と証言内容を明確にすべきです。

次に、実際に、チェアムニ(堤岩里)があった水原郡においては朝鮮人暴徒(テロリスト)たちが警察を襲って巡査を虐殺してその死体を凌辱したり、当地在住の日本人に投石したり、暴行したり、小学校に放火をしたりしていたのですが、どうして番組ではそのような重要な事実を全く取り上げないのでしょうか?

■資料
―――――――
3月下旬、同地方(水原郡南方の堤岩里)では官公署の破壊焼却されたものが少なくなかった。
殊に花樹、抄江の両地では巡査を虐殺し、其の死体を凌辱した。
また当地在住の内地人の被害頻々として起こり、民心の恐怖・憤怒一時其の極に達した。
発安場に於いては3月31日、市の日に際し、約1000名の暴民が大極旗を押立て路上演説をし内地人家屋に投石暴行し、終に白昼小学校に放火して高唱するなどの暴行を行った。
翌4月1日の晩より発安場周囲の山上80余箇所にかがり火を焚き、内地人の退去を迫った。
そのため、内地人婦女子43名は幾多の危険、困難を排し3里離れた三渓里に避難した。
『日本側公文書(憲兵隊司令官・児島惣次郎の報告書)』
―――――――


1919年の「3・1事件」で、朝鮮人暴徒たちは、日本の憲兵6名と警察官2名を殺害し、また放火等による官公署建築物を破壊しまくりました。
とくに、4月3日に水原郡雨汀面(村)の花樹里警察官駐在所(日本人巡査1名、朝鮮人巡査補3名が勤務)の川端豊太郎巡査を石と棍棒で殺した上に(創痕51箇所)、耳と鼻をそぎおとし陰具を切断した惨殺事件がありました。
官公署の被害は、朝鮮総督府の調査によれば次のようなものです。
面事務所(村役場)の全壊19。うち放火によるもの5。窓硝子破壊、器物・書類の焼却など村役場の一部破壊28。
警察署・警察官駐在所・憲兵分隊・同分遣所・同駐在所については全壊16ヶ所。一部破壊29ヶ所。
郵便局の全壊2。一部破壊9。

これでは、「3・1独立運動」ではなく、「3・1テロ事件」「3・1暴動」です。

チェアムニ(堤岩里)があった水原郡においては朝鮮人暴徒(テロリスト)たちが警官や当地在住の内地人(日本人)に対して酷い危害を加えていたことを番組で隠ぺいしたことについて、NHKは、放送で取り上げ、謝罪して下さい。

朝鮮人暴徒たちが、警察を襲って巡査を虐殺してその死体を凌辱したり、当地在住の日本人に投石したり暴行したり小学校に放火したりしたことを隠して放送しなかったことは、かなり悪質です。



更に、ナレーションは「4月15日、チェアムニ(堤岩里)という村で国際社会に大きな波紋を呼ぶ事件が起きます。独立運動の鎮圧にあたっていた日本軍が村人を教会に集めて銃で撃ち、火を放ったのです。」と述べましたが、どうして教会に集められた朝鮮人たちが日本軍による質問中に逃亡したり木片または腰掛などを持って日本軍を攻撃したりした重要な事実を隠ぺいするのでしょうか?

教会に集められた朝鮮人たちが逃亡したり木片や腰掛などを持って日本軍を攻撃したりした事実に触れずに、「日本軍が村人を教会に集めて銃で撃ち、火を放ったのです。」とだけナレーションを付ければ、悪いのは100%日本軍になってしまいます。

しかし、実際には、朝鮮人たちは逃亡したり木片や腰掛などを持って日本軍を攻撃したりしたのですから、むしろ悪いのは朝鮮人たちの方です。

■資料
―――――――
有田中尉は同地方騒擾の根元は堤岩里における天道教徒並にキリスト教徒であるとのことを聞き、この検挙威圧の目的で・・・中略・・・堤岩里に到着すると、巡査補に命じて天道教徒及びキリスト教徒20余名を、キリスト教の教会に集合させた。
そして先回の騒擾及び将来の覚悟について、2,3質問をしている間に、1人が逃亡しようとしたので、これを妨げようとしたところ、他の1名と共に打ち掛かってきたので、直ちに之を斬棄てた。
この状況を見て、朝鮮人全部が反抗の態度に出て、その一部は木片または腰掛などを持って打ち掛かってきたので、直ちに外へ逃げ出て兵卒に射撃を命じ、殆ど全部を射殺するに至った。
この混乱中、西側隣家より火を発し、暴風のため教会堂に延焼し、遂に20余戸を焼失するに至った。
『日本側公文書(憲兵隊司令官・児島惣次郎の報告書)』
―――――――


このように、日本軍の過剰防衛だった可能性は残りますが、少なくとも番組のナレーションで述べたように、一方的に日本軍が悪いわけではなく、むしろ非は朝鮮人暴徒たちの方に重くあったのです。

教会に集められた朝鮮人たちが逃亡したり木片や腰掛などを持って日本軍を攻撃したりした事実を番組で隠ぺいしたことについて、NHKは、放送で取り上げ、謝罪して下さい。



当番組が反日偏向していると考えられる箇所は他にもあります。


ナレーション
当時朝鮮にはおよそ4百人の外国人宣教師が居ました。
宣教師が本国アメリカに送った書簡の中にチェアムニ(堤岩里)事件についての報告書がありました。

―――――
私たちは村をくまなく歩いたが、その途中で酷く焼け焦げた若い男性の死体を見た。
教会の建物があったというすぐ外に横たわっていた。
―――――


ナレーション
事件はイギリスにも伝わっていました。
3・1独立運動に対する鎮圧の実態を外交官が現地調査していたのです。
(略)
イギリス外相代理、ジョージ・カーゾンは、珍田捨巳駐英日本大使と会談。
カーゾンは、自分の手元には日本の残忍性を示す証拠が多数あり、公表すれば文明世界は騒然となるだろうと伝えました。




また質問させて頂きます。

まず、カーゾンの手元にあった日本の残忍性を示す多数の証拠とは、具体的に何でしょうか?

私の知る限り、「3・1事件」で日本がそのような残忍なことをした事実はありません。

したがって、もしも、本当にカーゾンが手元に日本の残忍性を示す証拠を持っていたとすれば、それはガセネタに過ぎません。

当時は朝鮮に居たアメリカ人宣教師どもや上海にあった大韓民国臨時政府の連中などから様々なデマが流布されました。

それらデマをまとめたものが朴殷植の『独立運動之血史』ですが、この本の内容は日本の残忍性を虚偽宣伝する嘘出鱈目のオンパレードとなっています。

実際には日本は「3・1事件」の際にそれほど残忍なことをしなかったので、カーゾンが珍田大使に伝えた「日本の残忍性を示す多数の証拠」とやらも、そのようなデマだったと考えられます。

■資料
―――――――
 朝鮮人の心を煽動したのは米国の宣教師の罪である。この暴動を起こしたのは彼らである。暴動原因の調査のため、2、3人の宣教師が検束され取調べを受けている。宣教師の中には軽率な者が多数おり、朝鮮人の心を惑わせ、民主主義の種をまいている。30万朝鮮基督教徒の大部分は日韓併合を好まず、自由到来の機会を狙っている。
 宣教師の連中は古い朝鮮と現在の朝鮮を同じように考え、基督教徒の学校に入りさえすれば朝鮮人が言いたい放題自由だと考えている。彼らは<民族自決>に関するウイルソンの声明をたてに、宗教のかくれみのを使って民衆を煽動するのである。
 宣教師は他の国の自由な習慣を、まだ完全に文明化していない朝鮮の民衆にあてはめようとした。キリスト教学校の女学生までがこの騒擾に参加したことは、運動が宣教師に由来していることの証明である。
 暴動の陰に、指揮棒を振っている幽霊が見える。この幽霊は実際憎むべき悪意にあふれ、凶悪である。黒衣をまとったこの幽霊はだれなのか?それは宣教師たちと天道教の首領である。これら宣教師達はアメリカから来ている。彼らは年棒300円ほどのわずかな給料のために身売りしたのだ。そして蛇のように腹ばいになって朝鮮にはい広がっている。彼らの知識・性格・気質について良い事は何も言われていない。
 これら神の使徒達はただ金に餓え、腹いっぱい食べて、自分達の家の周辺に座りこんでいるのである。世界の悪事は全てこのような人間の屑から始まっているのである。彼らはこの卑怯な事件を計画し天道教と同盟を結んだ。これらの事全てを考えると宣教師たちは皆憎むべき畜生である。
 何故新聞に公に謝罪文を出さないのか。ジョン・トーマスがあのように残酷に襲撃されたのも無理はない。だが、彼らは決して彼を悪い奴とは信じないのである。
「朝鮮新聞」社説
―――――――


カーゾンは、上記のようなアメリカ人宣教師たちや、朴殷植の『独立運動之血史』に書かれたようなデマを流した上海の大韓民国臨時政府などが、報告した嘘出鱈目を「手元にある日本の残忍性を示す多数の証拠」と述べていたものと考えられます。

どうして番組では、そのような事実の検証を一切しないのでしょうか?

きちんと事実を説明することなく、カーゾンが「手元には日本の残忍性を示す証拠が多数ある」と日本の大使に話したことだけ放送するのは、悪質な印象操作です。


他にも問題の多い番組だったと思いますが、以上の大きく2箇所についてNHKが幾つか重要な事実を意図的に隠ぺいしたことに関する指摘と質問をさせて頂きました。

私の要望は、NHKが幾つか重要な真実を隠蔽したことについて放送で取り上げ、謝罪して下さることです。

以上、ご回答よろしくお願い申し上げます。


〒1●●-0●●● 東京都●●区●●7-●-●
 ●●●●

━━━━━━━━━━━
2010.5.16NHKスペシャル3.1テロ事件

2010.5.16NHKスペシャル3.1テロ事件





次に、今回私に届いたNHKからの返事を掲載。
2010.5.16NHKスペシャル3.1テロ事件
━━━━━━━━
●●●●様

拝啓
日頃はNHKの放送に格別のご配慮を賜り、有り難うございます。
貴信確かに拝受しました。
番組制作担当者より、ご質問に回答させていただきます。

①堤岩里では当初武器は使われていなかったとする地元の人について。

 地元の人とは、コメントの後にインタビューを紹介している、イ・ギルウォン氏です。郷土史家であるイ氏は、事件を20年にわたって調査してきました。

②堤岩里事件に至る住民側の行動について。

堤岩里事件の原因として、番組では、「村の男たちが警察官を殺害したことで弾圧は激しくなっていきました」というコメントを、朝鮮軍司令軍から陸軍省に宛てた報告書の「警官を惨殺」という映像に乗せて伝えています。さらに、事件を20年以上調査してきたイ・ギルウォン氏の「日本軍と住民との衝突は繰り返す度に激しくなった。そうするうちにあってはならない極端な方法で鎮圧する悪循環が生まれた」というインタビューを使い、日本軍による弾圧の背景に、住民側の抵抗があったことを伝えております。

③イギリス外相代理カーゾンの手元にあった日本の残忍性を示す多数の証拠とは何かとのご質問について。

 カーゾンの発言は、カーゾンがまとめた報告書の中から引用したものです。イギリスでは、現地の外交官が日本軍の鎮圧の実態を現地調査し、その報告を受けた外務省極東局は「朝鮮における日本の政策」という文書をまとめました。珍田駐英大使に対するカーゾンの発言は、そうした報告書などの内容に基づいてなされたものであります。

以上、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

     敬具
日本放送協会 NHKスペシャル「日本と朝鮮半島」
番組担当者

━━━━━━━━



上記のNHKからの返事は、私の最初の質問や指摘に対する回答や説明になっていない。

特に、NHKが、堤岩里事件に関して教会に集められた朝鮮人たちが有田中尉を攻撃した事実を、隠ぺいして放送したことについては完全に無視している。


これでは到底納得できないので、私は再度抗議文書をNHKに郵送し、訂正と謝罪の放送をするよう要求した。


最後に、今回NHKに郵送した2回目の抗議文書を掲載する。

2010.5.16NHKスペシャル3.1テロ事件
〒150-8001
NHK放送センター
NHKスペシャル 「シリーズ 日本と朝鮮半島」係

━━━━━━━━━━━
拝啓

5月16日放送のNHKスペシャル シリーズ「日本と朝鮮半島」「第2回 三・一独立運動と“親日派”」に関する私の手紙に対して、お返事ありがとうございました。

ただ、残念ながら私としましては、到底納得できないことや解消されない疑問が多いです。


>①堤岩里では当初武器は使われていなかったとする地元の人について。
>地元の人とは、コメントの後にインタビューを紹介している、イ・ギルウォン氏です。


ならば、最初からそう放送すべきでした。

ナレーションで、「地元の人によれば、この地域の独立運動では当初武器は使われていなかったといいます。」と語れば、当時の生き証人の証言かと錯覚します。

その上で申し上げます。

1919年3月、朝鮮人どもは、官公署を破壊焼却し、巡査を虐殺し、その死体を凌辱し、さらには内地人家屋に投石暴行し、小学校に放火したのですから、「武器は使われていなかった」というイ・ギルウォン氏の証言は明らかに史実に反します。

番組が使用したイ・ギルウォン氏は嘘吐き朝鮮人であり、このような簡単に嘘吐きだと判る人物の証言を放送で取り上げたNHKの責任は重大です。


>②堤岩里事件に至る住民側の行動について。
>堤岩里事件の原因として、番組では、「村の男たちが警察官を殺害したことで弾圧は激しくなっていきました」というコメントを、朝鮮軍司令軍から陸軍省に宛てた報告書の「警官を惨殺」という映像に乗せて伝えています。さらに、事件を20年以上調査してきたイ・ギルウォン氏の「日本軍と住民との衝突は繰り返す度に激しくなった。そうするうちにあってはならない極端な方法で鎮圧する悪循環が生まれた」というインタビューを使い、日本軍による弾圧の背景に、住民側の抵抗があったことを伝えております。


イ・ギルウォン氏の「日本軍と住民との衝突は繰り返す度に激しくなった。」という証言は誤魔化しです。

堤岩里事件に至る経緯は、まず3月下旬に朝鮮人暴徒(テロリスト)たちが官公署を破壊焼却し、巡査を虐殺し、その死体を凌辱しました。また当地在住の内地人も被害に遭い、3月31日には約1000名の暴民が内地人家屋に投石暴行し、小学校にも放火しました。
それに対して、有田中尉は同地方騒擾の根元は堤岩里における天道教徒並にキリスト教徒であるとのことを聞き、堤岩里の巡査補に命じて天道教徒及びキリスト教徒20数名を教会に集合させ質問をしたのです。
有田中尉が質問をしている間に、朝鮮人暴徒1人が逃亡しようとし、さらに他の1人と共に攻撃してきて、最後は朝鮮人20数名全員が反抗し、一部は木片または腰掛などを持って攻撃してきたので、外へ逃げ出て兵卒に射撃を命じたのです。

以上が、堤岩里事件に至る経緯であり、別に「日本軍と住民との衝突は繰り返す度に激しくなった。」というわけではありません。

堤岩里事件に至る経緯は極めて単純簡潔にまとめることが可能です。
要するに、「3月に朝鮮人暴徒どもが犯罪をしまくったので、有田中尉が容疑者たちを集めて質問していたら、朝鮮人暴徒どもが攻撃してきたので射殺した。」ということです。

イ・ギルウォン氏の「日本軍と住民との衝突は繰り返す度に激しくなった。」という証言は、朝鮮人暴徒どもの犯罪の悪質性を有耶無耶にしています。


それから、私は最初の手紙で、次の質問と指摘をしています。
――――――
どうして教会に集められた朝鮮人たちが日本軍による質問中に逃亡したり木片または腰掛などを持って日本軍を攻撃したりした重要な事実を隠ぺいするのでしょうか?
教会に集められた朝鮮人たちが逃亡したり木片や腰掛などを持って日本軍を攻撃したりした事実に触れずに、「日本軍が村人を教会に集めて銃で撃ち、火を放ったのです。」とだけナレーションを付ければ、悪いのは100%日本軍になってしまいます。
しかし、実際には、朝鮮人たちは逃亡したり木片や腰掛などを持って日本軍を攻撃したりしたのですから、むしろ悪いのは朝鮮人たちの方です。
■資料
(省略)
このように、日本軍の過剰防衛だった可能性は残りますが、少なくとも番組のナレーションで述べたように、一方的に日本軍が悪いわけではなく、むしろ非は朝鮮人暴徒たちの方に重くあったのです。
教会に集められた朝鮮人たちが逃亡したり木片や腰掛などを持って日本軍を攻撃したりした事実を番組で隠ぺいしたことについて、NHKは、放送で取り上げ、謝罪して下さい。
――――――

上記の私の質問と指摘に対して、今回のNHKからのお返事には全く回答や説明がありません。

マトモな回答や説明が出来ないのであれば、NHKは、教会に集められた朝鮮人たちが逃亡したり木片や腰掛などを持って日本軍を攻撃したりした事実を番組で隠ぺいしたことについて放送で取り上げ、謝罪して下さい。


>③イギリス外相代理カーゾンの手元にあった日本の残忍性を示す多数の証拠とは何かとのご質問について。
>カーゾンの発言は、カーゾンがまとめた報告書の中から引用したものです。イギリスでは、現地の外交官が日本軍の鎮圧の実態を現地調査し、その報告を受けた外務省極東局は「朝鮮における日本の政策」という文書をまとめました。


イギリス外務省極東局の「朝鮮における日本の政策」という文書には、日本の残忍性について、具体的に何と述べられていますか?
私の知る限り、「3・1事件」で日本がそのような残忍なことをした事実はありません。
イギリス外務省極東局の「朝鮮における日本の政策」に述べられている日本の残忍性に関する具体的記述と、NHKがその具体的記述について事実検証をしたのかどうか教えてください。


私の要望は、NHKが幾つか重要な真実を隠蔽したことについて放送で取り上げ、謝罪して下さることです。
特に、堤岩里事件で教会に集められた朝鮮人たちが木片や腰掛などを持って有田中尉を攻撃した事実を隠ぺいして放送したNHKの責任は重大だと考えています。

以上、ご回答よろしくお願い申し上げます。


〒1●●-0●●● 東京都●●区●●7-●-●
 ●●●●

━━━━━━━━━━━







さて、このようなNHKの福地茂雄会長が、「NHKを見ていようが見てまいが関係ない。できるかぎりの手だてを尽くして受信料を払わせろ」と言っている。

NHKの福地茂雄会長
NHK福地茂雄会長「NHKを見ていようが見てまいが関係ない。できるかぎりの手だてを尽くして受信料を払わせろ」

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100603-00000614-san-soci

1人が支払い NHK受信料、強制執行申し立てで
6月3日18時18分配信 産経新聞

 NHKは3日、受信料の支払いに応じず、裁判所に強制執行を申し立てた5人のうち、福島県在住の1人が支払いに応じたことを明らかにした。今月1日に入金を確認したという。この1人に対する申し立ては取り下げる。残りの4人については債権の差し押さえを行うとしているが、申し立てから執行までには1カ月程度かかる見込み。

 NHKの福地茂雄会長は同日の定例会見で、「公共放送NHKを支える財政基盤は受信料であり、公平負担の徹底は極めて重要。どうしてもご理解いただけない場合は、できるかぎりの手だてを尽くしていきたい」とコメント。

 NHK番組を見ていない人でも受信料を支払わなくてはいけないことへの“不公平感”については、「NHKを見ていようが見ていまいが、そういったことは関係ない。NHKの放送を受信できる設備を持っている人については当然、法律上の契約義務がある」と説明した。



NHKの福地茂雄会長は、「NHKを見ていようが見てまいが関係ない。できるかぎりの手だてを尽くして受信料を払わせろ」と言っている。

ふざけんな!

歴史を偽造したり、現在起こっていることについても事実無根の反日偏向放送をしたりしているNHKに受信料なんぞ払えるか!

NHKと受信契約を結んでいる人達にも落ち度はある。

NHKと受信契約を結んでいる以上は、受信料の支払い義務が発生する。

したがって、NHKに受信料を払いたくなければ、NHKとの受信契約を解約しなければならない。

テレビを持っていても、NHK受信契約の解約は可能だから、すぐに解約すべし!


NHK受信料・受信契約総合スレッド99
http://yutori.2ch.net/test/read.cgi/nhk/1273881880/





「ふざけんな!NHK!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:NHK総合 - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.