FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
パンダの貸与を支那に要請・高村が支那政府に雌雄2頭の借り受けを申し入れ・リンリン死亡、胡錦濤来日で実現か・ふざけるな!支那がチベットから掠奪したパンダは要らない!パンダ外交に騙されるな!


政府 中国にパンダ貸与を要請

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080430-00000026-yom-soci


つがいのパンダを中国政府に貸与要請…高村外相
4月30日14時34分配信 読売新聞

 日本政府は中国政府に対し、東京・上野動物園に雌雄計2頭の新たなジャイアントパンダを借り受けられるよう要請している。

 両政府は、5月6日から予定している胡錦濤国家主席の来日時の正式合意、発表を目指している。

 今月17日に東京で行われた日中外相会談で、高村外相が楊潔チ(ようけつち)中国外相に「日中友好のシンボルに」と要請した。楊外相は即答しなかったが、両国政府間で貸与に向けた調整が続いている。(楊潔チの「チ」は竹かんむりに「褫」のつくり)
 上野動物園の小宮輝之園長は「日中首脳会談は願ってもないチャンス。借り受けが実現するならぜひ飼育したい」と話した。
――――――






ふざけるな!!

パンダなんで全く要らない!

パンダ借り受け絶対反対だ!

支那は、パンダを外交に利用するのが常套手段だ。

日本は、支那の「パンダ外交」に騙されてはいけないのに、日本から貸与を要請とはアホ丸出しだ!


そもそもパンダは、支那の動物ではなく、チベットの動物だった。



支那がチベットを侵略し、パンダを掠奪し、四川省の成都市や雅安市などに強制連行する一方、支那人(漢族)が本来のパンダの故郷であるアバ州などに多数移住して観光開発を進めたためにパンダは絶滅の危機に瀕しているのだ。

つまり、支那はチベットを侵略してかっぱらったパンダを対日工作などの外交に利用してきたのだ。



そういうことを全く考えずにパンダを寄越されて「日中友好」などと喜んでいる馬鹿国家が日本だ。

2006年、台湾の陳水扁政権が支那からのパンダの贈呈を断った姿勢を見て、私は日本も陳水扁政権を見習うべきだと痛感したものだった。

ところが、それからちょうど1年経った2007年4月、温家宝からトキを贈呈されることになって、またまた感謝している日本国政府を見て呆れたものだ。

今回のパンダ借り受け要請にしても、日本は、ガス田問題や毒ギョーザ事件などで酷い目に遭っているのだから、これら重要問題を誤魔化されないためにもトキやパンダで支那に借りを作ってはならない。

日本の政治家やマスコミは、マヌケだったり支那の工作員だったりするので、大多数の日本人は騙されているが、賢明な日本人は騙されないでほしい。




自民党に物申す!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi

首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

民主党・ご意見フォーム
http://www.dpj.or.jp/header/form/contact.html





台湾の陳水扁政権を見習え!

――――――
台湾 「パンダ」拒否 中国の贈呈提案
2006/04/01, 産経新聞

 【台北=長谷川周人】中国が台湾に対し、パンダ贈呈を提案したことを受け、受け入れの可否を検討してきた台湾の農業委員会(農水省)の諮問委員会は三十一日、パンダ保護などを理由に受け入れを拒否する結論をまとめた。中国はパンダを「寄贈」することで、中台間に融和ムードを作り出そうとしてきたが、中国に厳しい姿勢を見せている陳水扁総統は、ひとまず、中国の提案に「ノー」の回答を出した。

 同委はこの日の第三回審査会で、希少動物を保護するワシントン条約を順守する立場から、「受け入れ態勢が整っていない」として、受け入れは認めない判断を下した。しかし、「学術研究や教育目的などの観点から問題が解決されれば、規定に沿って輸入は可能だ」とも指摘し、将来の受け入れに可能性を残した。

 ワシントン条約は、パンダの商業目的の国際取引を禁止しており、このため中国は外国に対しては、基本的にパンダを貸し出す形をとってきた。しかし、中国は今回、台湾に対して「贈呈」を申し入れた。このため、受け入れを認めれば、台湾が「一つの中国」を認めたと受け取られかねないため、陳政権は慎重に対応を検討してきた。


 ≪「政治目的を持った決定」 中国側が非難≫
 【北京=野口東秀】中国国営新華社通信は三十一日、台湾側のパンダ受け入れ拒否は「政治目的を持った決定だ」と伝え、台湾当局を非難した。同通信は「島(台湾)内では当局がこの問題を政治化していることに批判があがっている」と台湾の野党関係者やメディアの声を伝え、陳水扁政権への揺さぶりを継続する構えだ。
――――――








●関連記事

日支防衛相会談で高村正彦が艦船相互訪問や軍事ホットライン創設を合意
「日中友好議員連盟」会長
「北京五輪を支援する議員の会」副会長
支那の対日政策責任者が頼りにする「七人のサムライ」の1人
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/24604478.html

長野聖火リレー3
高村正彦は「中国人もチベット人も1人も逮捕されていない」と大嘘を吐く
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/32515441.html



ちょっと待て!
もともとパンダは支那の動物ではなく、チベットの動物だ
支那のパンダ外交に騙されない台湾とトキにも騙される日本
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/28426618.html

台湾でパンダ争奪戦
いったん拒否の台湾だが国民党の馬が総統になってやっぱり欲しい
動物園の誘致競争熱気
ちょっと待て!
もともとパンダは支那の動物ではなく、チベットの動物だ
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/31636307.html

(一部抜粋)


現在、全世界のパンダの8割が四川省に居る。

その四川省のパンダのうち、殆どのパンダは四川省のアバ州(アバ・チベット族チャン族自治州)で生息しているが、成都市や雅安市でも多数のパンダが飼育されている。

アバ州以外の、成都市や雅安市で飼育されているパンダは、アバ州に生息したのを強制連行されたのだ。


支那は、「チベット」を侵略し、青海省、四川省、甘粛省、雲南省、チベット自治区の5つに分割した。

本来のパンダの生息地である四川省アバ州は、もともと「チベット」なのだ。

アバ州は、1951年に支那に侵略された後も、暫く四川省の一部分になってはいなかったが、1955年に四川省に編入されてしまった。

現在では観光開発が進んで支那人(漢族)が多数アバ州に移住しているが、もともとアバ州に支那人は殆ど生息して居なかった。



パンダが絶滅危惧種になったのも、支那のせいだ。



つまり、パンダは支那の動物ではなく、支那がチベットを侵略してかっぱらった動物であり、支那はチベットから略奪・連行したパンダを対日工作などの外交に利用してきたのだ。

一昨年、台湾の陳水扁総統は、そのような支那の策略には乗らず、支那から申し入れられたパンダ贈呈を「希少動物の国際取引を規制するワシントン条約」などを理由に毅然と拒否した。

私は、パンダやトキを貰って馬鹿みたいに喜んでいる日本とは大きく異なる陳水扁総統や台湾国民を尊敬していたのだが、本当に残念だ。

台湾もチベットも支那ではないため、台湾などの外国が、チベットのパンダを支那から受け取ることは、「希少動物の国際取引を規制するワシントン条約」に2重に違反することになる。








「高村ふざけるな!支那からパンダを借り受けるな!」
「支那は、チベットを侵略して掠奪したパンダを外交に利用するな!」
「日本はパンダやトキを全て支那に返せ!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


くつろぐブログランキング
→ビジネス・経済→政治
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

『胡錦濤来日反対!シナ人の「長野暴乱」を許さないぞデモ行進!』に参加・酒井信彦元東京大学教授の主張に激しく同意・ダライ・ラマ14世は勝手に独立を放棄するな!・非暴力主義では何も解決しない!
胡錦濤が長野聖火リレー協力「高く評価」


長野聖火リレー協力「高く評価」=訪中の中曽根元首相に-中国主席
4月29日16時0分配信 時事通信

 【北京29日時事】中国の胡錦濤国家主席は29日、北京・人民大会堂で中曽根康弘元首相と会談し、長野市で行われた北京五輪の聖火リレーについて、「成功裏に終え、日本の関係当局の協力を高く評価し、感謝する」と述べた。
 また胡主席は、5月6日からの自らの訪日に関し、「非常に心待ちにしており、特に国民の皆さんに会えるのが楽しみだ」と発言。「日中が共に努力し、戦略的互恵関係の新しい局面を切り開きたい」と訪日成果に期待感を表明した。







本日、『胡錦濤来日反対! シナ人の「長野暴乱」を許さないぞデモ行進!』に参加して来た。

このデモ行進のことは、昨晩、新風から送信されたメルマガで知ったが、行くつもりはなかった。

ところが、午前中にいろんなブログを訪問していたら、多くの人が一生懸命に参加を呼びかけていたので「自分も参加しないと悪いかな…」などと思ってしまって昼近くになって参加する決断をした。

「手錠五輪Tシャツ」に着替え、「チベット国旗」を持ち、いざ!出発!!

胡錦濤来日反対! シナ人の「長野暴乱」を許さないぞデモ行進!

<侵略・虐殺現行犯!シナ人は人類の敵だ>

日時:平成20年4月29日 午後13時半集合・開始(挨拶、決議文朗読)
  デモ出発14時~

場所:渋谷・宮下公園

雨天決行、プラカードの持参にご協力を

主催:主権回復を目指す会、NPO外国人犯罪追放運動
せと弘幸Blog『日本よ何処へ

協賛:人権擁護法案を阻止する市民の会
在日特権を許さない市民の会 

連絡:西村修平(090-2756-8794)有門大輔(090-4439-6570)





まずは、西村修平さんの挨拶。






次に、酒井信彦(元東京大学教授)は、チベット問題について次のように述べた。
「チベット問題は、人権問題ではなく、支那の侵略問題だ。 ダライ・ラマ14世はチベットの独立を求めないと言ってしまったが、これは大きな間違いだ。 これでダライ・ラマ14世がチベット自治区に戻ってしまえば、チベット問題は解決ではなく消滅してしまう。 支那のチベット侵略が内外で承認されてしまい、二度とチベットは独立できなくなる。 そんなことになれば、チベットの後に日本が同じように侵略される。 チベット問題で支那を非難する際には、人権弾圧ではなく、侵略を非難しなければならない。」




私は、この酒井信彦先生の主張に激しく同意する。

支那が外国(チベット、東トルキスタン、内モンゴルなど)を侵略して大虐殺しているのに、「人権問題」などというのは、ピント外れも甚だしい。

また、ダライ・ラマ14世が、「独立を求めていない。求めているのは高度な自治だ。」というのは、馬鹿な話だ。

ダライ・ラマ14世は、国家というものをいったい何だと考えているのだろうか?!

私は、ダライ・ラマ14世に、「千年以上前からある国家の独立を勝手に放棄するな!」と強く抗議したい!

また、ダライ・ラマ14世の「非暴力主義」では何も解決しないことも強く訴えたい。

正義も理屈も通用しない支那によって武力で侵略されて大虐殺されているのだから、チベットは独立を目指して闘争する以外に道はないのだ。

そして、日本や台湾やインドやベトナムなどの周辺諸国は、力を合わせ、世界にも呼びかけながら、チベットなどの独立闘争を支援し、支那に対しては制裁などの圧力を強めていかなければならない。
●関連記事
ダライ・ラマの「退位」言及は独立急進派を抑制するメッセージ・現在チベットでは「ダライ・ラマ14世の非暴力路線、高度の自治要求は、支那に対し無意味で無力」と反発を強める若手急進派が台頭・それが正しい




酒井信彦元東京大学教授の次に、古賀俊昭東京都議会議員や渡辺眞日野市議会議員や瀬戸弘幸「維新政党・新風」副代表の挨拶が続いた。

更に、「決議文朗読」を終え、デモ隊は宮下公園を出発した。

集会・デモの参加人数は、およそ200人と思われる。





約200人のデモ隊は、

「胡錦濤の来日を、阻止するぞー!」

「日本人は、長野の屈辱を、忘れないぞー!」

「虐殺の祭典・北京五輪を、ボイコットするぞー!」

「支那人はチベットから出て行けー! ウイグルから出て行けー! モンゴルから出て行けー! 日本から出て行けー!」

「支那は、犯罪者を日本に輸出するなー!」

「日中国交を、断絶するぞー!」

「支那は、侵略と大虐殺を、やめろー!」

「虐殺現行犯の胡錦濤来日反対!」

などとシュプレヒコールを上げて、多くの人出で賑わう渋谷の街をデモ行進した。








胡錦濤来日反対デモ







「ダライ・ラマ14世が求める高度な自治など意味がない。チベットは独立を求めよ!」
「支那人相手に非暴力主義は役に立たない。」
「支那はチベットや東トルキスタンや内モンゴルの侵略をやめろ!」
「チベット大虐殺の張本人・胡錦濤は日本に来るな!」
「絶対反対、北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.