正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
善光寺がチベット無差別殺人理由に出発地を辞退・長野聖火リレーはルート変更へ・長野市は、支那が行っている侵略や大虐殺を肯定する聖火リレーを強行するな・絶対反対!北京五輪!・26日は長野に行くぞ!



善光寺が聖火の出発地を辞退


善光寺が出発地を辞退=「チベット弾圧」理由に-ルート変更へ・長野聖火リレー
4月18日13時12分配信 時事通信

 長野市で26日に開催される北京五輪の聖火リレーで、出発式が行われる予定だった善光寺は18日、リレーの出発地を辞退する考えを市に伝えた。市はこれを受け、ルートを変更することを決めた。チベット問題への抗議から、聖火リレーは世界各地で計画変更や混乱が続いており、長野でも開催日を目前に控え、コースが見直されることになった。
 長野市役所に同日午前、善光寺幹部らが訪れ辞退を申し入れた。
 理由について、記者会見した善光寺事務局の若麻績信昭寺務総長は「チベットの宗教指導者が立ち上がり、それに対し弾圧しているので、仏教の寺として考えた」とし、文化財や一般信者の安全上の問題に加え、チベット問題が理由であることを明らかにした。
 辞退は同日午前の特別会議で決まったといい、善光寺の総意だとした。
 住職の1人は18日朝、取材に対し「われわれはチベット人と同じ仏教徒との気持ちが強かった」と話した。
 長野市は新ルートについて「週明けでは間に合わない」としており、早急に検討し土日にも決めたい考え。「できる限り変更のない形で考えたい」としている。
――――――



予定されていた聖火リレーのルート




本来、善光寺は最初から辞退していれば良かったのだが、今日の決断は正しかった。

夕方以降のニュースではカットされていることが多いが、住職の若麻績信昭さんは、昼行われた記者会見で、辞退の理由を「支那が無差別殺人を行った」と話していた。

事実を率直に話す姿勢には好感が持てた。


善光寺、出発地"辞退"を正式決定 +もう1人の日本人ボイコット者(08/04/18)



(支那が、)「無差別殺人を行った」

「チベットの宗教者、仏教徒の方々が立ち上がり、それに対し弾圧している」







ただ、鷲沢正一市長や聖火リレー長野市実行委員会は、土日にも新ルートを決めて、聖火リレーを強行するつもりだ。

支那での「平和の祭典」開催を肯定する行為は、支那が行っているチベットや東トルキスタンや内モンゴルなどの侵略や大虐殺を肯定する行為だ。

侵略と大虐殺を行っている支那の首都で、「平和の祭典」を開催させてはならない。

長野市は、どうして支那の侵略や大虐殺に加担する聖火リレーを強行するのか?!





私は、4月26日の午前中に重要な用事があったので長野には行けないと思っていたが、急に行けることになった。

早速、Yahoo!オークションで小さめ(約59センチ×約89センチ)のチベット国旗を2100円落札した。

26日に長野に行けない皆の分も頑張って抗議するぞ!!





●参考

悪魔のリレーを黙認するな!長野に集結を

<偽りの聖火に怒りの声を!チベット人虐殺糾弾デモ行進>

チベットの僧侶が殺戮されているなか、同じ仏教徒の善光寺が五輪聖火リレーの点火式を主催する。シナ・中共の虐殺に加担する善光寺!「仏」の仮面を被った善光寺の悪行を、日本の名誉にかけて糾弾しよう。デモ終了後、善光寺へ抗議・決議文を提出予定。

?日時:4月25日(金)13時半に集会開始、14時にデモ行進出発(善光寺のメインストリートを約1時間)
※デモ終了後、善光寺へ抗議・決議文を提出予定

場所:南千歳公園【長野駅西口、東急デパートの(南側)近く】

?日時:4月26日(土)7時集合・出発(抗議場所並びに移動地点を指示します。確認のうえ行動開始)

場所:南千歳公園

※雨天決行、プラカード等のご持参に協力を

※リレースケジュールは以下の通り
?聖火リレー出発式・点火式(善光寺) 午前8:00~8:30
?聖火リレー 8:30~10:20
?休憩(エムウェーブ) 10:20~10:50
?聖火リレー 10:50~12:15
?聖火リレー到着式・祝賀式典(若里公園) 11:30~13:00
?聖火リレー長野市イベント(南長野運動公園) 14:00~15:00

http://www.city.nagano.nagano.jp/upload/1/taiiku_lane.pdf
(リレー地図)

主催:主権回復を目指す会、NPO外国人犯罪追放運動、せと弘幸Blog『日本よ何処へ』
協賛:人権擁護法案を阻止する市民の会、在日特権を許さない市民の会、外国人参政権に反対する市民の会・東京

連絡:西村(090-2756-8794)有門大輔(090-4439-6570)




2ちゃんねるのOFF会

「聖火リレーでチベットを応援しよう」まとめサイト
http://www8.atwiki.jp/winwin/pages/1.html

長野市のリレー実行委員会は、『走者に危害を加えたり運営を妨げる行為は警察が取り締まる。』とのことですが 『日本の法律上、五輪に反対する横断幕を出すことまで排除できな
い』としており、個々人がチベット国旗やプラカード、横断幕をもったりFREE TIBETと書かれたマスクやTシャツを着て紳士的に沿道に立つなど合法行為は問題はありません。


FAQ
http://www8.atwiki.jp/winwin/pages/11.html#id_ec9dbd40

●いつ どこで 行われるの?
日本での聖火リレーは、2008年4月26日に長野市内で予定されている。 長野駅の近くです。

観光名所の善光寺をスタートし、長野五輪で使われた競技施設などを巡りながら若里公園へゴールする18.5キロのコース。

80人のランナーが1人200~300メートル走って、聖火をつなぐらしい。ランナーには、一般市民のほかに、野球日本代表の星野仙一監督、タレントの萩本欽一さん、卓球日本代表の福原愛選手、北島康介さんら著名人が参加する見込みです


●OFF会の目的

合法的な範囲で、「聖火ランナーが走っているのを撮影してるカメラの前で、OFF会のメンバー一同が合法的な自己表現をする。」という趣旨です。

チベットの旗を振ってもいい、FREE チベットと叫んでもいい 横断幕作ってもっていってもいい。




せと弘幸Blog『日本よ何処へ』

善光寺境内使用を拒否!
http://blog.livedoor.jp/the_radical_right/archives/51887022.html

☆長野ツアー(東京発)につきまして
☆長野ツアー(名古屋発)につきまして






「いいぞ善光寺!長野市は支那の侵略と大虐殺を肯定する聖火リレーを強行するな!」
「侵略や大虐殺をしている支那で、『平和の祭典』を開催させてはならない。」
「絶対反対!北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
「支那製品はゴミ」「支那人は過去50年間、暴徒と強盗の集団だった」・CNNジャック・キャファティのコメントでCNNが釈明・事実のコメントを釈明するな・遥か昔から無法者だった支那人に関する発言集


事実をコメントしたのだから釈明するな!

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080417-00000009-rcdc-cn


CNNアナの“聖火リレー暴言”「中国人への侮辱ではない」、同局が声明発表―米国
4月17日11時15分配信 Record China

2008年4月15日、米CNNは同局アナウンサーが聖火リレー報道の中で
「中国製品はゴミ」「中国人は過去50年間、暴徒と強盗の集団だった」などとコメントしたことについて、「中国政府を批判するもので、中国国民を侮辱したものではなかった」との釈明の声明を発表した。

このアナウンサーはCNNのジャック・キャファティ氏。先日、サンフランシスコでの聖火リレーの混乱を報道した際の発言に中国国内などで「暴言」と反発が高まり、外交部の姜瑜(ジアン・ユー)報道官からも撤回と謝罪が要求された。【 その他の写真 】

これに対しCNNは「キャファティ氏もCNNも中国国民を侮辱する意図はなかった」と言明。しかし一方で「同発言は中国政府への批判。キャファティ氏はこれまでも米国政府と政治家に対し厳しい批判を続けてきた」とし、同氏の発言が反権力の姿勢から出たことを強調、中国蔑視の考えはなかったと釈明した。
――――――






このCNNアナは事実をコメントしたのだから、CNNは釈明する必要などなかった。

共産党が異常な程の「ならず者集団」であることは事実だが、一般の支那人だって昔も今も「ならず者」だ。

危険な支那製品を製造しているのは、支那政府と関係ない支那人も多数いるし、確かに共産党は「暴徒と強盗の集団」だが、共産党と関係ない一般支那人だって同じだ。

コメントの中で正確性を欠いた部分といえば、「過去50年間」という部分くらいだろう。

支那人が無法者だったのは、50年前より遥か昔からだ。

例えば100年以上前の1900年頃には義和団の乱が起こり、支那人どもは支那在住の外国人たちを大虐殺した。

アメリカの第31代大統領ハーバート・フーバーは、若かりし頃には義和団事件も起こった支那に居たこともあり、大統領を辞めた後にも、
「支那人くらい、残忍で信用できない連中はいない。われわれは、あんな連中と関わりあいになるべきではない」と発言していた。





●参考記事

南京虐殺は嘘76
法と平等なき支那の人民大虐殺の伝統・発言集
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/12083408.html



●発言集

【法と平等なき支那の人民大虐殺の伝統】



――――――
毛沢東(仏大統領ジョルジュ・ポンピドーに)
「うちは人口が多いから、それぐらい(数千万人)死んでも丁度いい」
「中国人民の半分は死んでも構わない」


――――――
ベルルスコーニ(イタリア首相)2006年3月25日
「毛沢東時代の中国で、共産党は赤ん坊を煮て肥料にしていた」


――――――
ジェームス・リリー(元中国大使・CIA中国分析官)
「(中国共産党は)残忍な殺し屋集団」




ハーバート・フーバー(米第31代大統領。支那で就労経験。第37代大統領になる以前のニクソンに)
「中国人くらい、残忍で信用できない連中はいない。われわれは、あんな連中と関わりあいになるべきではない」



李鵬(元首相。ジム・ベーカー国務長官に)
「中国にとって天安門事件は、とてもよいことだった。あそこで民主化運動を叩き潰しておいたから、われわれはソ連の二の舞を演じずにすんだ」



サミュエル・ハンティントン(国際政治学者)
「欧米諸国は、民主主義・法治主義を普遍的な価値を持つものだと考える。しかし中国人は、そのような普遍性を認めたことはない。」

ヘンリー・キッシンジャー(元国務長官、チャイナ・ロビー活動家)
「中国はその長い歴史の中で、一度も他の諸国と平等な関係を維持したことはない」

『中国の「核」が世界を制す』伊藤貫著


――――――
松永安左衛門(電気事業経営者・歴史研究家)
「自己より弱き者に対しては、如何にも残忍なり。而して此の残忍を行ふや極めて平気にして、些かも自己の感情を興奮せしめず、平然として之れを為す。(略)故に支那人は強者に対しては従順なれども、弱者に対して残忍酷薄にして、之れを愛撫誘掖して以て自己と共に発達し向上せんとするの精神は毫も有せざるものと断ずるを妨げず。斯の如き支那の国民性は、彼等をして政治的若くは社会的に発達せしむる上に、大なる障碍たるは言を俟たざる也。」

『支那我観 対支新策支那小遊』松永安左衛門著


――――――
ロドニー・ギルバート(支那長期滞在・作家)
「中国人は自分がトップに立って誰か他の者を押さえつけているか、または自分より強い者の前で屈辱を受け恐れおののいているか、のどちらかでなければ満足できない。対等の基盤に立って誰かと公平に公正に付き合うことに中国人は決して満足できないのだ」

エルギン卿(英外交官)
「武力を用いることを余儀なくされるような事態になることは自分としては不愉快だし気乗りもしないが、しかし中国人は武力に対しては常に屈するが理屈には決して従わない国民だ」

ハンフリー・マーシャル(元在中米高等弁務官)
「中国政府は武力及びそれを行使しようという意志の存在する場合に限ってのみ正義を認める」

ロバート・M・マクリーン(元在中米高等弁務官)
「中国との外交交渉はカノン砲を突きつけたときのみ行うことが出来る」

『シナ大陸の真相』 K・カール・カワカミ著


――――――
アーサー・スミス(支那長期滞在・宣教師)
「他人を信用する中国人はいない。なぜなら、自分が相手の立場に立ったら自分を信用できないと思っているからである」

ラルフ・タウンゼント(元上海・福州副領事)
「(支那の)歴史を思い出そう。無知で仲間を思いやる気持ちがないから残酷な刑ができた。『地獄へ堕ちるぞ』と脅してきた。もちろん、両方をうまく使って脅してきたのは言うまでもない。人間の情に訴え、人心を掌握するということはなかった。」

『暗黒大陸中国の真実』ラルフ タウンゼント著
――――――








「支那製品はゴミ」
「支那人は暴徒と強盗の集団」
「事実をコメントしたのだから釈明するな!」
「絶対反対!北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします↓


人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.