正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
北京五輪開会式に皇族のご出席見送り・不安定要因多く・広がれ!不参加の輪!・天皇陛下の政治利用は許さない・平成4年の天皇陛下の御訪中を振り返る・天皇陛下を支那の広告塔に利用した支那と宮沢政権


五輪開会式 皇族の出席見送り



北京五輪開会式 皇族の出席見送り 政府方針、不安定要因多く
4月2日8時1分配信 産経新聞

 中国が北京五輪開会式に、天皇、皇后両陛下をはじめとする皇族方の出席を要請していた問題で、日本政府は1日、この要請を受諾しない方針を固めた。中国製ギョーザ中毒事件や膠着(こうちゃく)状態の東シナ海のガス田共同開発問題に加え、チベット騒乱など不安定要因が多く、時期尚早と判断した。開会式への出席では欧州各国に参加を辞退する動きがある。日本政府から開会式に誰を派遣するかは「全くの白紙状態だ」(外務省幹部)という。

 この問題には、宮内庁と外務省はもともと消極的で「2月のギョーザ事件以前から、皇族方にはご出席を要請しない方向だった。国際的に注目されるチベット騒乱が起きた今はなおさらだ」(政府関係者)としている。

 一方、首相官邸は態度表明を保留していたが、3月27日の参院内閣委員会で、岩城光英官房副長官が、自民党の有村治子氏の質問に「諸般の事情を踏まえつつ慎重に検討する」と慎重姿勢を明らかにしている。

 中国は昨年1月、当時の王毅駐日大使(現外務次官)らを通じ、政府・与党に、非公式に皇太子ご夫妻の開会式出席を要請。また同年4月には、訪日し、陛下と会談した温家宝首相が「ぜひ、陛下と皇族の方々においでいただきたい」と要請していた。これに対して陛下は通常通り「自分の外国訪問は政府で検討することになっています」と話されていた。

 北京五輪で中国側は「アテネ五輪の時に(集まった)各国の指導者、元首は六十数人だったが、北京はこの数を超える」などとして、元首招聘(しょうへい)を進めている。

 両陛下は平成4年、天安門事件で国際社会から孤立していた中国を訪問された。これには「日中関係を非常にしっかりした盤石なものにした」(河野洋平衆院議長)との評価はあるが、中国の銭其シン元外相が回想録で「中国が西側の制裁を打ち破る最も適切な突破口となった」と記したように、「ご訪問が中国に利用された」(閣僚経験者)側面は否定できない。

 さらに江沢民前国家主席は、両陛下ご訪問後も「反日教育」を強化し、反日デモが繰り返されてきた。

 北京五輪開会式では、ドイツやチェコ、ポーランドなどの首脳が欠席を表明しているほか、英国のチャールズ皇太子も不参加を明らかにしている。
――――――





当然のことだが、実に喜ばしいニュースだ!

日本の皇族も英国のチャールズ皇太子も不参加となった以上、是非ともデンマーク、スウェーデン、スペイン、オランダ、ベルギー、ノルウェーなどの王族も不参加を決断して頂きたい。

また、各国首脳の開会式欠席も、ドイツ、ポーランド、チェコ、エストニア、スロバキアなど5カ国以上に上っている。

聖火ランナーでは、タイのナリサラー・チャクラポーンさん(51)に続いて、インドのサッカー代表チーム主将バイチュン・ブティア選手(31)も辞退した。

日本の聖火ランナーには星野仙一監督やタレントの萩本欽一さんらが選ばれているが、チベット情勢が好転しないままニコニコ笑って走ってもらいたくない。


今後は、各国の皇族・王族や首脳による開会式欠席、聖火リレー走者の辞退だけではなく、選手団の完全ボイコットを期待したい。

ちなみに、ブラジルの預言者ジュセリーノは北京五輪の中止を予言している。







> 両陛下は平成4年、天安門事件で国際社会から孤立していた中国を訪問された。…(略)…中国の銭其元外相が回想録で「中国が西側の制裁を打ち破る最も適切な突破口となった」と記したように、「ご訪問が中国に利用された」

> さらに江沢民前国家主席は、両陛下ご訪問後も「反日教育」を強化し、反日デモが繰り返されてきた。



この部分を説明しておこう。

1989年6月4日、民主化を要求し、北京の天安門前広場で座り込みをしていた学生・市民などに対し、支那当局は弾圧に乗り出した。
人民解放軍が戦車で学生や市民を轢き殺すなどして大虐殺を行なった。

この天安門事件の後、世界は支那への投資を激減させるなどし、支那はその後何年間も後遺症にあえいだ。

この支那の窮地に、いち早く手を差し伸べたのは、日本だった。

1991年8月、首相の海部俊樹が支那を訪問し、対支制裁を全面解除した(竹下登元首相の強い働きかけがあったらしい)。

翌1992年、海部の後任となった宮沢喜一は、自民党内や国民の強い反対論を押し切って天皇陛下の支那ご訪問を閣議決定した。

前年日本が真っ先に支那への経済制裁解除をしたものの、他の西側諸国はまだまだ支那に厳しい態度で臨んでいたが、天皇陛下の支那ご訪問は、そのような西側の制裁を解除させる決定打となった。

実際に支那の銭其シン元外相は回想録で、「中国が西側の制裁を打ち破る最も適切な突破口となった」と書いている。

支那と、その手下である宮沢喜一や加藤紘一らは、天皇陛下を支那の広告塔として利用したのだ。

ところが、天皇陛下ご訪支の翌年(1993年)、江沢民が国家主席に就任し、「愛国主義教育実施要綱」が伝達され、反日教育に拍車がかかった。

1998年11月、江沢民は、日本に来た際、各地の講演などで、延々と日本軍国主義批判を繰り返し、反日行脚を続けた。

なかでも、天皇陛下の晩餐会での振る舞いは目に余るものがあった。

中山服を着込んだ江沢民は、天皇陛下の晩餐会で辟易するほど日本批判を続けた。



「平成4年の天皇陛下の御訪中を振り返る」3-1(H19.4.18)










「皇族の北京五輪開会式出席見送りは当然だが喜ばしい!」、「絶対反対!北京五輪!」と思う人は、↓クリックお願いします。↓

Click please!

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
支那製おもちゃまた回収・恐怖の失明レーザー銃・購入者に使用をしないよう呼びかけ・回収連絡先、大国屋048・949局7311、ジェーン06・6634局7456・玩具、子供用品など危険な支那製品まとめ一覧


恐怖の失明レーザー銃…また支那製おもちゃ回収


恐怖の失明レーザー銃…また中国製おもちゃ回収
3月29日8時0分配信 スポーツ報知

 経済産業省は28日、中国から輸入されたおもちゃの銃などから出るレーザー光が国の安全基準より大幅に強く、失明する恐れがあるとして、輸入業者2社に対して、製品約9000個強の回収を指示した。対象となったのは、銃、カード、弾丸の形をしたレーザーポインターの5製品。同省では購入した人に対して使用をしないよう注意を呼びかけている。

 また「中国製」で回収措置がとられることになった。

 経済産業省によると、回収するのは、大国屋(埼玉県三郷市)が輸入したおもちゃの銃「AIRSOFT GUN P388A-B」約8600個と、ジェーン(大阪市)が輸入した銃、弾丸、カード型のレーザーポインター約530個、輸入業者、販売個数とも不明な「エアーガンP・718F」。

 いずれの製品も消費者からの情報提供を受け調査を開始。独立行政法人「製品評価技術基盤機構」が、消費生活用製品安全法に定める技術基準について試験を行ったところ、おもちゃから発するレーザー光が目を傷つけ、ひどい場合には失明に至る可能性があることが判明した。

 大国屋など輸入業者は義務づけられた検査機関のチェックを受けず、数百円で販売していたが、現時点で事故は確認されていない。ジェーンは「検査が必要なことを知らなかった」と話している。同省では他の製品に関しても、消費者に安全基準を満たす「PSCマーク」がついているか、確認するよう呼びかけている。

 レーザー光を出す製品は、利用者の目が傷つく事故が2000年ごろに続発したため、国の基準に適合しなければ販売を禁じる「特別特定製品」に指定。中国製のおもちゃからはこれまでにも塩化ビニール製のおもちゃで基準を上回る化学物質が検出され、販売していた大手量販店が回収する騒ぎが起こっている。

◆連絡先 大国屋は(電)048・949局7311、ジェーンは(電)06・6634局7456。
(以下略)
―――――





4日前のニュースだが、マスコミもあまり大きくは取り上げておらず、万が一まだ知らない人が居て使用するといけないので記事にした。



中国製銃玩具、レーザー失明の恐れ・回収へ































繰り返しになるが、日本人として出来ることは、1にも2にも支那には行かないこと。

支那産食品や支那製品は購入しない。

日本政府などに対して、支那からの輸入中止を訴える。

外食料理や加工食品にも原材料の原産地表示の義務化を訴える。

とにかく、支那、支那人とは極力関り合わないことが重要だ。


支那産・支那製は、食材、食品、水、酒、飲料、薬品だけではなく、義歯、まな板、割り箸、弁当袋、紙ナプキン、土鍋、魔法瓶、練り歯磨き、浴用スポンジ、子供服を含む衣服、布団、毛布、玩具、装飾品、アクセサリー、化粧品などにも毒が含まれているから要注意!!

はっきり言って、かなり危険!







「いいから、早く支那からの輸入を中止しろ!!」と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.