正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
長野聖火リレー2・逮捕6人・支那の犬!長野県警はふざけるな!・血色の支那国旗で他の旗を覆い隠す支那人・支那人の道路交通法違反を取り締まらない長野県警・支那人と警察はやりたい放題
聖火韓国へ 逮捕者は6人に


<聖火リレー>日本を離れ韓国へ 逮捕6人…大きな混乱なく
4月26日22時43分配信 毎日新聞

 長野市で26日開催された北京五輪の聖火リレーで、中国当局のチベット人権問題への対応などを巡る妨害行為で、台湾籍の1人を含む男6人が威力業務妨害容疑などで逮捕され、中国人4人が小競り合いで軽傷を負った。だが、リレーは大きな混乱もなく終了。聖火は長野新幹線で東京に運ばれ、26日午後10時40分ごろ、羽田空港から次のリレー開催地の韓国ソウルに向かった。

 長野県警の調べでは、沿道などの観客は約8万5600人。うち、ゴールの若里公園は5000人、出発式が開かれた県勤労者福祉センター跡地と休憩地点の長野五輪競技施設「エムウェーブ」は各300人だった。

 午前9時前、タレントの萩本欽一さん(66)が通過する際に火がついていない発炎筒を投げ付けるなどした横浜市西区の政治結社構成員(33)を暴行容疑などで逮捕。同じころ、車道に飛び出した川崎市多摩区の会社員(30)を威力業務妨害容疑で現行犯逮捕した。

 ほかに同容疑で現行犯逮捕されたのは▽北京五輪卓球日本代表、福原愛さん(19)を妨害しようとした台湾籍の建設作業員(42)▽東京都中野区の会社員(38)▽世田谷区の無職(25)の3人。また、愛知県津島市の自営業者(63)は聖火に向けて投げたトマトが警官に当たり、暴行容疑で現行犯逮捕された。

 調べに対し、川崎市の会社員は「チベット問題を訴えたかった」と話し、台湾籍の建設作業員は「中国人がたくさんいたので興奮した」と供述しているという。【藤原章博】
――――――





上のニュースでは観客を約8万5600人と報じている。

また、いろんな報道を見てみると、今日の長野の支那人の人数をや「5千人以上」と報じていることが多いが、私の感覚では、1万人くらいは居たように思える。

支那人どもは非常に大きな血色に染まった支那国旗(五星紅旗)を沢山持っていたが、チベットや東トルキスタンの支持者たちが持っていたチベット国旗(雪山獅子旗)や東トルキスタン国旗(キョック・バイラック)などは小さいモノや手作りのものが多かった。

抗議派の人数は千人足らずで、支那人大軍団の10分の1位のように思えた。



朝8:47頃、長野駅前の長野大通りで萩本欽一に抗議の叫びを上げた私は、次に、駅の反対側に移動し、長野駅東口(駅反対側)朝日新聞・長野朝日放送前で抗議をすることにした。




マスコミの取材などは、ゴール地点となった若里公園に集中していたようだが、この長野駅東口(朝日新聞・長野朝日放送)でも、いろいろあった。

まず、腹が立ったのは、最初に私が歩道最前列を陣取ったにもかかわらず、後から大勢で来た支那人の集団が割り込んで真横まで来てしまうことだった。

連中の血色の支那国旗(五星紅旗)はバカデカイため、そうなると私が掲げていたチベット国旗(雪山獅子旗)(約59センチ×約89センチ)は、たちまち覆い隠されてしまう。

更には、バカデカイ血色の支那国旗が私の顔を覆い隠し視界を遮る。

私は、何度も何度も、「オマエラ、後から来て無理やり前に出て来るな!後ろに下がれ!!」と怒鳴ってやったが、周囲に支那人が多数居ることもあり、意味不明な反論をして来て一向に下がろうとしない。

風が吹いたりしたときに何度も繰り返し私の顔に纏わりついてきたので、私はそのバカデカイ血色の支那国旗を掴んで放さないでいたら、ムキになって引き離そうとする支那人たちと小競り合いとなった。

すると、目の前の警察官2~3人が、主に私に向かって、「やめなさい!」と言いながら割って入ってきた。

私が警察官たちに事情を説明しても、警察官たちは、「仲良くやりなさい」とか「子供みたいなことを言わないで」とか言ってくる。

その他いろいろ見ていても、本当に警察官どもは、支那人に甘く、日本人などには厳しい。
●動画
長野聖火リレー 中国人が堂々とハコ乗り&市民が何もしない警察に抗議


どこからともなく頻繁に、「ちょんこう!ちゃーよう!!(中国、加油!)、ちょんこう!ちゃーよう!!(中国、加油!)」の大合唱が沸き起こる。

こちらも、「フリー・チベット!フリー・ウイグル!フリー・モンゴル!ストップ・キリング!」などと連呼するが、数では10倍くらいの差がある上に、警察官は支那人側に味方をするから劣勢は否めなかった。

そうこうしていると救急車が来た。

詳しいことは知らないが、どうやら支那人が怪我をしたらしい。






更に暫くすると、今度は、暴力団か朝鮮人街宣右翼の構成員風の人たち数人が暴れだした。






このとき、私のデジカメの電池が切れた。

そのため、間もなく(12:10頃)聖火ランナーが来たが、写真は撮れなかった。

聖火ランナーは女性だったが、一般人なのだろうか、私には誰か判らなかった。


これで、私の長野での戦いは、終了した。

ときどき雨も降る寒い中、五輪手錠Tシャツ姿になり、私なりには頑張ったと思っている。

ただ、残念ながら多勢に無勢の上、警察まで支那大軍団の味方をしたので、支那の侵略と大虐殺を非難する側は、苦しい戦いを強いられた。



【長野県警】チベット旗を積んでたら、基本的人権を剥奪します








「支那の犬!長野県警はふざけるな!」
「長野の支那人留学生、大杉!」
「絶対反対!北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.