FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
トルコで北京五輪の聖火リレーにウイグル族支援団体のメンバーが駆け寄る・トルコ警察は6人以上のウイグル人を拘束・東トルキスタンにおける支那の弾圧、拷問、大虐殺・東トルキスタンの歴史


トルコで聖火リレー妨害騒ぎ


<トルコ>ウイグル族支援グループが聖火リレー妨害
4月4日11時47分配信 毎日新聞

 【エルサレム支局】AP通信などによると、トルコのイスタンブール市内で3日、北京五輪の聖火リレー隊が、中国新疆(しんきょう)ウイグル自治区での人権侵害に抗議するグループに妨害される騒ぎが起きた。トルコ警察は少なくとも6人のウイグル族を拘束した。

 聖火リレーは2日にカザフスタンで始まり、3日に2カ国目のトルコに到着。同市中心部の広場で式典が行われたあと、最初のランナーがトーチを持って走行中、ウイグル族を支援する団体のメンバーが駆け寄った。妨害者は周囲を警備していた警官らに取り押さえられ、リレーは続行された。広場周辺では当時、ウイグル族ら約200人が中国政府を批判する抗議デモを行っていた。

 聖火リレーは残り19都市・地域を巡る予定だが、チベット暴動を鎮圧した中国当局への批判は強く、各地で同様の抗議行動が懸念されている。
――――――





東トルキスタン(新疆ウイグル自治区)における中国共産党の弾圧




東トルキスタンに自由と平和を
(一部抜粋)

皆さんは東トルキスタンと言う国をご存知でしょうか?
国と言っても国連に加盟もしていなければ地図にも書いてありません。
通常は中華人民共和国の、「新疆ウイグル自治区」と呼ばれる地域です。
ここは、シルクロードの舞台として、東西の文明の交わる地点であると同時に、独自の文化と歴史を持った地域として繁栄してきました。しかし、18世紀に清朝に征服され、19世紀には「新しい領土」を意味する「新疆」という名の一つの省として支配されました。
その後、回族の軍閥やソ連軍、新疆政権などによる騒乱を経て、「東トルキスタン」という名をつけた国が2度誕生しました。
1933年に、宗教指導者の下「東トルキスタンイスラム共和国」が誕生しますが、約半年という短い期間で終焉を迎えました。
1944年には、テュルク系諸民族が各地で武装蜂起し、「東トルキスタン共和国」が誕生します。しかし、この国も誕生してから1年少々で、ソ連と中国国民党の間で交わされたヤルタでの密約により、中国の新疆省政府に合流させられることになりました。 その後、元東トルキスタン共和国政府の指導者達は殺害され、この国は名実共に消滅することとなったのです。
現在は国共内戦を制した中国共産党による占領下に置かれています。
そして中国共産党による激しい弾圧によって、数多くの東トルキスタンの人々の命が奪われてきました。
例えば ・・・
・「計画生育」と言う名目で数百万の赤ちゃんの強制中絶を行い
・45回の核実験と核廃棄物の投棄により、多くの人々が放射能中毒で犠牲になり
・「政治犯」として数万人単位の人々の処刑が執行されている

現在でも東トルキスタンの人々は中国の圧政の下にあり、9.11テロ(米国同時多発テロ)以降はテロ対策の名目で、政治犯の投獄、処刑がさらに厳しく行われています。
また、大量の漢族の移住と、中国共産党による民族浄化政策のもとに、独自に培われてきた文化や言語、風習は消し去られようとしています。
しかしこの事実はあまり知られていません。
イスラムの犠牲者となるといつもイラクの人ばかり、中国共産党の圧政と言うとチベットや台湾の問題ばかりを耳にします。
ですが、今なお多くの東トルキスタンの人々も苦しんでいるのです。
東トルキスタンの人々の為に何ができるでしょうか?我々一人の力ではあまりにも無力です。
しかし、この事実を日本を始めとして世界中に広めることによって、中国への抗議、東トルキスタンへの支援の声を集めることは可能です。
現在、中国は東トルキスタンだけではなく、周辺諸国にも軍事的覇権政策を取っています。 東トルキスタンの人々の苦しみは他人事ではないのです。
今こそ皆さんで東トルキスタンの苦しみを世界に知らせ、中国に抗議しようではないですか!




━━━━━━━━
●東トルキスタンの歴史

744年、突厥帝国から独立し、ウイグル(九姓回鶻)帝国を建国

744~804年 ウイグル王朝(ヤグラカル朝)
ウイグル帝国は支那本土の唐が安史の乱鎮圧の為、派兵を要請してきた際、チベットの吐蕃と共に唐の首都長安に派兵

795~840年 ウイグル王朝(エディス朝)

840年~1218年 カラハン王朝(西ウイグル王国)

13世紀~17世紀 、モンゴル帝国(元朝)に服属

17世紀~18世紀、カシュガリヤ国

18世紀~19世紀、満州帝国(清朝)に服属
圧政・収奪により反清反乱頻発
清朝より独立(カシュガリヤ国)

1884年、清朝による再侵略・占領

1912年、辛亥革命によって清朝が崩壊すると、ウイグル族(イスラム教徒)は再び、国を持とうと立ち上がった。

1933年、「東トルキスタン・イスラム共和国」建国

1944年、「東トルキスタン共和国」建国

国共内戦を勝ち抜いた支那共産党が「中華人民共和国」を建国すると、清朝時代の領土を回復しようと、満州、内モンゴル、チベット、そして、「東トルキスタン」をも併合し、「新疆ウイグル自治区」と改称した。

1949年、共産支那が東トルキスタン共和国を侵略
1955年、東トルキスタンを「新疆ウイグル自治区」と改称

2004年、東トルキスタン共和国亡命政府樹立
━━━━━━━━






「支那はチベットや東トルキスタンや内モンゴルの侵略をやめろ!」
「侵略や大虐殺をしている支那で、『平和の祭典』を開催させてはならない。」
「絶対反対!北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525
くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431
クリック、よろしくお願いします
北京五輪の会場外なら選手らの意思表示を規制せずとIOC調整委員長・仏の出場選手らは8月8日の開会式で支那政府への抗議の「目印」を身に着ける予定・「傍観IOCも共犯」・五輪ボイコットと北京のマナー


チベット問題、IOCは中立の立場

五輪会場外は選手の抗議自由


<北京五輪>会場外なら選手らの意思表示を規制せず IOC
4月3日21時48分配信 毎日新聞

 【北京・石井朗生】北京五輪の準備状況を確認する国際オリンピック委員会(IOC)調整委員会のフェルブルッゲン委員長(オランダ)は3日、当地で会見。聖火リレーに参加する現役選手らが、人権擁護などの意思表示をすることに、IOCとして規制するつもりはないとの考えを示した。同委員長は「競技会場内では政治的な行動を取ることは許されないが、会場外ならば選手も自由に意思表示をすることができるはずだ」と答えた。

 世界21都市を巡回する聖火リレーでは、シドニー五輪男子柔道金メダリストのドイエ(フランス)が、7日のパリでのリレーで人権擁護を訴えるバッジをつける計画を表明するなど、チベット問題での中国当局の姿勢に対する抗議行動が予想されている。

 一方で、フェルブルッゲン委員長は世界各国の政治家らから、北京五輪の開会式や大会自体のボイコットを求める声が起きていることについて「五輪参加の可否を決めるのは選手と国内オリンピック委員会(NOC)だ」と強調。個別の国の政治問題で、五輪への参加が制限されることを懸念した。
――――――





外国(チベット)を侵略し、そこで大虐殺を行なっている支那の首都で、「平和の祭典」を開催させようとしている国際オリンピック委員会(IOC)は狂っているとしか言い様がない。

IOCの委員たちは、余ほど支那からカネを貰っているのだろう。

上の記事によれば、IOC調整委員会のフェルブルッゲン委員長は、「競技会場内では政治的な行動を取ることは許されないが、会場外ならば選手も自由に意思表示をすることができるはずだ」と言っている。

しかし、フランスの出場選手らは、8月8日の開会式で、支那政府の対応に懸念を示すための「目印」を身に着ける予定だ。

開会式で抗議のバッジを身に着けることは、果たして許されるのだろうか?!
本当は、開会式で抗議するより、開催中止に追い込みたいのだが・・・
――――――
北京五輪の仏選手団、開会式で人権問題への懸念表明へ
4月3日15時1分配信 ロイター

 [パリ 2日 ロイター] 8月8日に予定されている北京五輪の開会式で、フランスの出場選手らが、人権問題をめぐる中国政府の対応に懸念を示すための「目印」を身に着けることが分かった。柔道の五輪金メダリスト、ダビド・ドイエ氏が2日発表した。
 フランスオリンピック委員会のアスリート専門委員会とフランスの柔道連盟に名を連ねる同氏は、パリで行われた記者会見で「われわれには言うべき意見があり、それを伝えることになる」とコメント。フランスでの聖火リレーと北京五輪の開会式で選手が身に着ける「目印」の詳細については、4日に行われる記者会見で選手らから発表されると述べた。
 当地のスポーツ紙は2日、選手らが開会式でバッジを身に着ける可能性を報じている。
 フランスでは7日から聖火リレーがスタートする予定。
――――――





(関連記事)
――――――
「傍観IOCも共犯」アムネスティ、行動迫る 中国人権問題
2008.4.3、産経新聞

 【ヘルシンキ=木村正人】国際人権団体「アムネスティ・インターナショナル」(本部・ロンドン)は1日、中国の人権問題に関する報告書を発表した。この中で北京五輪を前に国際オリンピック委員会(IOC)や世界の指導者らがチベットや北京で行われている人権弾圧に「暗黙の了解」を与えていると厳しく非難するとともに、中国当局に対して人権状況の改善を迫るよう強く求めた。
 同団体は五輪開催が近づくにつれ人権状況は改善されるどころか、逆に人権弾圧が強化されていると指摘しており、中国当局への国際的な非難はさらに強まりそうだ。(以下略)
――――――




五輪ボイコットと北京のマナー、朝鮮暴行男逮捕








「侵略や大虐殺をしている支那で、『平和の祭典』を開催させてはならない。」
「チベット大虐殺の張本人・胡錦濤は日本に来るな!」
「絶対反対!北京五輪!」
と思う人は、↓クリックお願いします。↓
Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.