FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200803<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>200805
日教組利用拒否で港区がプリンスホテルを厳重注意・「カルト集団」日教組の集会利用や参加予定者の宿泊拒否は合法だ・金日成の北朝鮮を礼賛し、革マル派や朝鮮学校や部落解放同盟と仲間


港区、プリンスホテル厳重注意


プリンスホテルを厳重注意=日教組利用拒否で-東京都港区
4月15日18時1分配信 時事通信

 グランドプリンスホテル新高輪(東京都港区)が裁判所の決定に従わず、日教組の集会利用や参加予定者の宿泊を拒んだ問題で、港区は15日、同ホテルに対し、旅館業法の順守と再発防止を徹底するよう口頭で厳重注意した。
 旅館業法は、宿泊者が伝染病にかかっていたり、賭博などの違法行為をする恐れがあったりする場合などを除き、ホテルが宿泊を拒んではならないと規定している。
 港区は、今回の宿泊拒否は旅館業法に違反すると判断したが、「社長自らが反省し謝罪したほか、ホテル側が提出した改善報告書で、適正に営業されることが確認できた」とし、営業停止処分は見送った。 
――――――





上の記事にあるように、違法行為をする恐れがある場合には、ホテルは宿泊などを拒んでも良い。

日教組はカルト集団なのだから、グランドプリンスホテル新高輪は連中の宿泊などを拒んで良いはずだ。

それに、日教組は、自分たちの集会が危険を招くことを自覚しており、教育研究会も、場所を秘密にし、バスに掲げるツアー名は偽装して行っている。

日教組は、革マル派、朝鮮学校、部落解放同盟、朝鮮人などと仲間の「カルト集団」なのだから当然だ。

日教組 徹底研究 1/5(昨年の教研集会の模様など)







●カルト集団「日教組」関連サイト
日教組を観察する




(一部抜粋)

・奥山えみ子【日本教職員組合婦人部長】
「『チョソンという国はキム・イルソン一家だ』と私は率直に思った。キム・イルソン主席を父として、すべての人民が一軒の家族のように、ぴったりと呼吸を合わせ、輝かしい未来に向かって。チョンリマのようにかけつづけている。」
日本教職員組合編『発展するチョソンと教育』(1973年)より


・槇枝元文【日本教職員組合委員長】
「この国には泥棒がいない。泥棒とは富の片寄ったところに発生する。この国には泥棒の必要がないのである。泥棒も殺人犯もいないから警察官もいない。交通整理や怪我人のために社会安全員が街角や交差点に立っているだけ。」
安井郁、高橋勇治編『チュチェの国・朝鮮を訪ねて』(1974年)より


・槇枝元文【元日本教職員組合委員長・元総評議長】
「私は常々一番尊敬している人は、という質問に対して金日成主席と答えてきました。」
出典元:1997年4月10日『朝鮮時報』より




(一部抜粋)

≪祖国を蝕む内なる敵を斬る!≫

こうして12名を殺害した残党がかの「浅間山荘」へと向ったわけだが、この榛名山アジトがそのまま国家規模になった国がソ連・中共・北朝鮮等々なのである。
すなわち日本共産党員が目指す国のことだ。
これは観念論ではなく、共産党の頂点に長らく君臨した宮本顕治議長はリンチ殺人で逮捕されたことのある人物であり、殺人犯を党首に戴く政党なんて共産党だけなのである。
この宮本のリンチ殺人について共産党は「党と社会進歩をめざす闘争の正しい前進を防衛するためにおこなった正義の闘争」(昭和51年1月8日・日共中央委員会)としている。
殺人を「正義の闘争」と断じる政党は日本においては共産党だけである(500頁)。

 オウムが革命による日本支配を計画していたように、共産党もまた一度は「武力革命による政権転覆」を呼号したテロ政党であり、その違いはサリンを使ったか火炎瓶を使ったかだけにすぎない(512頁)

深田匠著『日本人の知らない「二つのアメリカ」の世界戦略』
――――――







頑張れ!プリンスホテル!
くたばれ!「カルト集団」日教組!
と思う人はクリックお願いします。↓
Click please!

人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上、クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.