FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201504<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201506
韓国は民主主義や法治主義ではない!韓国が民主主義と思う日本人14%・証拠なし冨田尚弥に有罪判決
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座
【韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座】平成27年5月30日(土)

http://www.sankei.com/world/news/150529/wor1505290031-n1.html
「韓国は民主主義」と答えた日本人わずか14% 前ソウル支局長問題影響か 日韓世論調査 
2015.5.29 19:06、産経新聞
世論調査の結果を発表する「言論NPO」の工藤泰志代表=29日午後、東京・有楽町の日本外国特派員協会

 日本の民間非営利団体「言論NPO」(工藤泰志代表)と韓国のシンクタンク「東アジア研究院」は29日、共同世論調査の結果を発表した。相手国に「良くない印象を持っている」と答えた人の割合は日本が前年比2.0ポイント減の52.4%、韓国は同1.6ポイント増の72.5%に達した。今年は日韓国交正常化50周年を迎えるが、根深い国民感情の対立が浮かび上がった。

 相手国に対する理解では、韓国を「民主主義」と考える日本人の割合は前年比7.5ポイントの大幅減となる14.0%に落ち込んだ。韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領への名誉毀損(きそん)で産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が在宅起訴され、8カ月以上にわたり出国禁止措置を受けたことが影響したとみられる。工藤代表は「韓国の司法判断に対して違和感を覚えている国民が日本の中に存在している」と述べた。

 一方、韓国では日本を「軍事的脅威」とみなしている人が58.1%に達し、中国(36.8%)を上回った。日本を「軍国主義」と考える人も56.9%に上る。安倍晋三政権が進める安保法制の整備に関する韓国メディアの報道などを通じ、世論に誤解と曲解が広がっている可能性がある。



>相手国に対する理解では、韓国を「民主主義」と考える日本人の割合は前年比7.5ポイントの大幅減となる14.0%に落ち込んだ。


韓国には言論の自由がないのだから、韓国を「民主主義」を考える者は馬鹿だ。

なお、上掲した産経新聞記事などでは報道されていないが、韓国を「自由主義」と考える日本人の割合は6.4%ともっと低い。

相手国の「社会・政治体制」の認識
韓国は自由主義だと思いますか?  思う 6・4%  思わない 93・6%
韓国は民主主義国家と思いますか? 思う 14・0%  思わない 86・0%




2013年2月25日、韓国大統領就任式で朴槿恵新大統領を表敬訪問した麻生太郎副総理は、「韓国は民主主義や法の支配など、価値観を共有する大変重要な隣国」と韓国重視の姿勢を強調した。

この外交辞令は、欺瞞以外の何ものでもなかった。

韓国が民主主義や法治主義でないことは明白だ。

民主主義でも法治主義でもない韓国のことを「民主主義で法主主義」と嘘まで吐いて、「価値観を共有する大変重要な隣国」とおだて上げていた日本の外交はトコトン腐っている。

今年に入って、ようやく日本政府・外務省は、ウェブページに書いていた「我が国と、自由と民主主義、市場経済等の基本的価値を共有する重要な隣国」となっていたところを、「我が国にとって最も重要な隣国」と改めた。

━━━━━━━━━━
2013年2月25日、韓国大統領就任式で朴槿恵新大統領を表敬訪問した麻生太郎副総理の発言
「韓国は民主主義や法の支配など、価値観を共有する大変重要な隣国」
↓ ↓ ↓
2013年2月28日の安倍晋三首相の施政方針演説
「韓国は自由や民主主義といった基本的価値と利益を共有する最も重要な隣国」
↓ ↓ ↓
2014年1月、外務省ウェブページ
「韓国は基本的な価値や利益を共有する最も重要な隣国」に短縮
↓ ↓ ↓
2015年2月、外務省ウェブページ
「韓国は最も重要な隣国」にまで簡略化
↓ ↓ ↓
2015年3月、安倍内閣、閣議決定の答弁書
「韓国と価値共有」の表現を避ける

━━━━━━━━━━

はっきり言って、「韓国は最も重要な隣国」というのも嘘だ!

韓国は、日本にとって「最も重要な隣国」などではなく、「最も憎むべき敵国」だ!






>韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領への名誉毀損(きそん)で産経新聞の加藤達也前ソウル支局長が在宅起訴され、8カ月以上にわたり出国禁止措置を受けたことが影響したとみられる。工藤代表は「韓国の司法判断に対して違和感を覚えている国民が日本の中に存在している」と述べた。


2013年まで、安倍首相や麻生副首相などは、「韓国は民主主義や法の支配(法治主義)など、価値観を共有する大変重要な隣国」とし、韓国重視の姿勢を強調していたが、盗んだ仏像すら返さない韓国について、「民主主義や法治主義などの価値観を共有する大変重要な隣国」などと嘘を吐いてはいけない。

韓国の裁判所は、韓国人窃盗団が対馬の寺から盗んだ仏像について、犯人グループを逮捕して盗んだ物と判ってしているにもかかわらず、「盗品の日本への返還はダメ」とする仮処分決定を下した!

盗んだ仏像、日本に返すな:韓国の大田地裁が仮処分・泥棒にお墨付き・対馬の観世音菩薩坐像


韓国の裁判所は、マジキチ機関であり、韓国に法の支配など存在しない。

つい最近も、昨年9月、仁川アジア大会開催中に、韓国記者のカメラレンズを盗んだとして略式起訴され、その後「無罪」を主張している水泳の冨田尚弥選手に対して、韓国の裁判所は有罪判決を下した。

韓国の警察は、冨田尚弥選手を逮捕した決定的な証拠について防犯カメラに映っていた「犯行シーン」だと主張していた。(関連記事

しかし、結局、犯行シーンの映像など全くなかった!

韓国の警察が決定的証拠を主張していた防犯カメラに冨田の犯行シーンなど全然なかったのに、韓国の裁判所は冨田に有罪判決を下した。

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20150528-00000421-fnn-int
カメラ窃盗事件 韓国裁判所、冨田尚弥選手に対し有罪判決
フジテレビ系(FNN) 5月28日(木)17時11分配信
カメラ窃盗事件 韓国裁判所、冨田尚弥選手に対し有罪判決

2014年9月のアジア大会でカメラを盗んだ罪に問われている、冨田尚弥選手(26)に対し、韓国の裁判所は28日、有罪判決を言い渡した。
判決の中で、裁判所は、犯行の瞬間が映っているとされる防犯カメラの映像について、日本選手団の関係者が冨田選手と特定しているうえ、冨田選手が「カメラを入れられた」と主張した「第三の人物」は映像からは認められないとした。
また、冨田選手の宿舎からカメラが出てきたことや、冨田選手自身が当初、犯行を認め、被害者に謝罪しているとして、カメラを盗んだ事実は十分認められるとし、罰金100万ウォン(日本円でおよそ11万円)を言い渡した。
判決後、冨田選手は「悔しくてたまらない」と話し、控訴するかどうかは、弁護士と相談して決めるという。



>判決の中で、裁判所は、犯行の瞬間が映っているとされる防犯カメラの映像について、日本選手団の関係者が冨田選手と特定しているうえ、冨田選手が「カメラを入れられた」と主張した「第三の人物」は映像からは認められないとした。


韓国の裁判所は、【冨田選手が「カメラを入れられた」と主張した「第三の人物」は映像からは認められない】と述べたが、富田がカメラを盗んだことも映像からは全く認められない。

結局、【日本選手団の関係者が冨田選手と特定している】ことを口実に有罪にされてしまった。

冨田がカメラを盗んだ映像など全くないにもかかわらず、富田を韓国に売った日本選手団の関係者とは、日本オリンピック委員会(JOC)総務担当の柳谷直哉とJOC事務局長の平眞だ。

日本オリンピック委員会(JOC)は、当該事件について、証言を二転三転させて、徐々に韓国の警察に加担し、富田を裏切っていった!

2014年11月6日には、日本オリンピック委員会(JOC)は、「本部役員のJOCスタッフ2人が韓国の警察で監視カメラの映像を確認し、冨田が手にしたカメラを自分のバッグに入れる場面も映っていた」と証言した!


JOCは、監視カメラの映像について、発言をコロコロ変えた!

9月27日
デイリースポーツ
柳谷総務担当が警察でビデオを確認した結果、盗んだ瞬間などははっきりと確認はできなかったが、水泳連盟のTシャツ姿の冨田の顔が付近を歩く姿などが映っており、任意同行され、冨田は事実を認めた。

柳谷直哉
JOC総務担当の柳谷直哉
↓ ↓ ↓

11月6日
http://www.sanspo.com/sports/news/20141106/swi14110620020006-n1.html
本部役員のJOCスタッフ2人が警察で監視カメラの映像を確認した。
映像は冨田選手とすぐに判別できるもので、手にしたカメラを自分のバッグに入れる場面も映っていたという。

JOCが協力してたから。
平成26年(2014年)11月6日、JOC事務局長の平眞は、挙動不審で顔を引き攣らせながら会見し「冨田がカメラをカバンに入れるところが映っていた」と証言した!

しかし、平成27年(2015年)2月4日に、韓国の検察が公開した映像には、「富田がカメラを自分のバックに入れる場面」など全く映っていなかった!

JOC事務局長の平眞やJOC総務担当の柳谷直哉らは、 「富田がカメラを自分のバックに入れる場面も映っていた」と証言したが、一体どこに「富田がカメラを自分のバックに入れる場面」も映っているのか説明しろ!

JOCは、富田を裏切り、明らかに途中から韓国と一緒になって嘘の証言をするようになった。

冨田側は、JOCを名誉棄損で告発し、損害賠償請求で提訴するべきだ。


【まとめ】
【防犯カメラ映像を入手!】競泳の冨田尚弥選手の防犯カメラ画像が捉えた映像は・・・
■動画
【防犯カメラ映像を入手!】競泳の冨田尚弥選手の防犯カメラ画像が捉えた映像は・・・
https://www.youtube.com/watch?v=hRXedxCQr8Q

●検察側が提出した映像には、誰かがカメラを盗んだ映像が全く映っていない。
●検察側が提出した映像には、誰かがカメラに取り付けられていた望遠レンズを外して本体のみをバックに入れた映像が映っていない。

●冨田尚弥選手とは確定できない人物のどうでも良い映像がある。
●検察側が提出した映像は、複数ある防犯カメラのそれぞれの原本ではなく、検察側が編集したものであり、(検察側に都合の悪い)多くの映像がカットされている。
●防犯カメラなので、定点カメラのはずなのに、なぜかカメラが選手を追跡したりしている。 防犯カメラの映像を改めて他のカメラで撮り直した映像だからだと思われるが、それでさえも誰かがカメラを盗んだ映像や望遠レンズを外して本体のみをバックに入れた映像は全くない。したがって、もちろん冨田尚弥選手と確定できる人物がカメラを盗んだり望遠レンズを外して本体のみをバックに入れたりした映像は全くない。






5月30日(土)東京八重洲~銀座~新橋で、【韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座】が行われた。

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=802
韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座
韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座

【日時】
5月30日
15時集合 15時30分デモ出発

【集合場所】
千代田区常盤橋公園
(東京都千代田区大手町2-7-2)


韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座
【韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座】平成27年5月30日(土)

20150530韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座

20150530韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座

20150530韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座

20150530韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座

20150530韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座
【韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座】平成27年5月30日(土)

20150530韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座
20150530韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座
【韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座】に対して、頓珍漢な抗議をする馬鹿丸出しのしばき隊

■動画
【2015/5/30】韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座1
https://www.youtube.com/watch?v=tg-kUsHuMc0
【2015/5/30】韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座2
https://www.youtube.com/watch?v=DPmz7wAc-_I
【2015/5/30】韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座3
https://www.youtube.com/watch?v=OaAH-aXQPCQ
【2015/5/30】韓国の皇室へのヘイトスピーチを許さない!デモin銀座4
https://www.youtube.com/watch?v=r2VWtYd24BU



左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
中:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15

「韓国は民主主義でも法治主義でもない憎むべき敵国だ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.