正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201504<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201506
辛坊治郎が大阪都構想の否決に高齢者の反対票を批判「これからの世代の子はかわいそう」・偏向報道
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






辛坊治郎氏が大阪都構想の否決に高齢者の反対票を批判「これからの世代の子はかわいそう」
辛坊治郎が大阪都構想の否決に高齢者の反対票を批判「これからの世代の子はかわいそう」

http://news.livedoor.com/article/detail/10126081/
辛坊治郎氏が大阪都構想の否決に高齢者の反対票を批判「これからの世代の子はかわいそう」
2015年5月18日 18時50分

18日放送の「朝生ワイド す・またん!」(読売テレビ)でニュースキャスターの辛坊治郎氏が、大阪都構想の否決について、高齢層の反対票に対し批判的な見解を示す一幕があった。

番組の「辛坊さんの朝刊早読みニュース」コーナーで、辛坊氏が大阪都構想をめぐる住民投票の動向を分析した。

今回の投票で大阪都構想に賛成したのは、大阪市内の24区のうち、市役所のある北区を中心とした北部11区だという。逆に、反対が多かった南部12区は零細企業が多く、また西成区のように生活保護受給者を多く抱えている区もあるということで、辛坊氏は「弱者とみられるかたが多いところ」「未来が見えにくいところがあった」と分析した。

続けて、辛坊氏は、出口調査の結果をグラフ化した映像を指しながら、投票者の年代・性別ごとの投票行動を解説した。辛坊氏は、70歳以上の層を指して、大阪都構想が否決となった要因はこの年代にあると主張した。

年代別・性別の出口調査のグラフでは、確かにどの年代や性別も賛成が過半数近くに達しているか、反対を上回っている。ところが70歳以上では、男性が61.3%、女性が60.5%と、反対が賛成を大きく上回っているのだ。

この結果に辛坊氏は「今回、(投票では)反対が若干多かったんですけど。原動力となったのは圧倒的に70代以上ですから!」と断言した。

そして、今後の大阪を決める若い世代の間で賛成が多かったにもかかわらず、こうした結果となった理由を「老い先短い人たちの目の前の不安感を解消することができなかった」からと指摘し、「これからの世代の子はかわいそうかなって気がします」と漏らした。

そこで、森たけしアナウンサーが「もう死なない程度の病気だったら、『このまんまでええわ』って感じ?」「大手術に踏み切らないでしょう、年配のかたは」と高齢者の保守的な傾向を例えてみせると、辛坊氏も「『手術失敗したら、死んじゃうもん!』ってところですね」と皮肉めいた調子で返している。

辛坊氏によると、生活保護者にとって大阪都構想の実現できめ細かい行政が実現することは不都合であり、高齢者も長年無料だった市営バスや地下鉄を一部有料とされたことに大きな不満を抱いているという。辛坊氏は、こういった人たちが反対に回ったことで、大阪都構想は否決されたのではないかと推測した。

最後に、辛坊氏は「必ずおかしな反対派からクレームの電話来るんだけど。いい加減にしろ、お前ら本当に!」とカメラ目線で訴えたが、森アナから「いい加減にしろって、言わなくていい」とツッコミが入った。



>辛坊氏は、70歳以上の層を指して、大阪都構想が否決となった要因はこの年代にあると主張した。
>年代別・性別の出口調査のグラフでは、確かにどの年代や性別も賛成が過半数近くに達しているか、反対を上回っている。ところが70歳以上では、男性が61.3%、女性が60.5%と、反対が賛成を大きく上回っているのだ。
>この結果に辛坊氏は「今回、(投票では)反対が若干多かったんですけど。原動力となったのは圧倒的に70代以上ですから!」と断言した。



70歳以上に反対票が多かったことは、誰もが知る事実だ。
辛坊治郎氏が大阪都構想の否決に高齢者の反対票を批判「これからの世代の子はかわいそう」

辛坊治郎氏が大阪都構想の否決に高齢者の反対票を批判「これからの世代の子はかわいそう」





>そして、今後の大阪を決める若い世代の間で賛成が多かったにもかかわらず、こうした結果となった理由を「老い先短い人たちの目の前の不安感を解消することができなかった」からと指摘し、「これからの世代の子はかわいそうかなって気がします」と漏らした。
>そこで、森たけしアナウンサーが「もう死なない程度の病気だったら、『このまんまでええわ』って感じ?」「大手術に踏み切らないでしょう、年配のかたは」と高齢者の保守的な傾向を例えてみせると、辛坊氏も「『手術失敗したら、死んじゃうもん!』ってところですね」と皮肉めいた調子で返している。



年寄りを批判する当該コメントは的外れだ。

若者は投票に行かなかった。

投票に行ったお年寄りを責めるより、投票行かない若い世代の方が問題。

投票に行った高齢者を批判するより、投票に行かなかった若者を批判すべきだ!

辛坊治郎は、批判の矛先を完全に間違っている。






>辛坊氏によると、生活保護者にとって大阪都構想の実現できめ細かい行政が実現することは不都合であり、高齢者も長年無料だった市営バスや地下鉄を一部有料とされたことに大きな不満を抱いているという。


この部分は、イマイチ意味不明なところも残るが、生活保護の支給にかかる費用を減らしたかったら、大阪都構想などという本当にそれによって生活保護費が減るかどうか不明なことではなく、はっきりと外国人への生活保護費を廃止すれば良かった!

既に最高裁でも「生活保護法が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」との判断が下されているのだから、堂々と外国人への生活保護をストップすれば良かったのだ!

しかし、橋下徹には、そのような真っ当な発想が全くなかった!

それどころか、逆に、「外国人への生活保護支給をやめろ」と訴えていた在特会を不当に批判し、ヘイトスピーチ呼ばわりし、挙句の果てにはヘイトスピーチ規制法を本気で制定しようとしている!


▼最高裁判断「生活保護法が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」に関するおさらい▼

日本国憲法
第25条
すべて【国民】は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。
国は、すべての生活部面について、社会福祉、社会保障及び公衆衛生の向上及び増進に努めなければならない。


生活保護法(昭和25年=1950年施行)
第1条
この法律は、日本国憲法第25条に規定する理念に基き、国が生活に困窮するすべての【国民】に対し、その困窮の程度に応じ、必要な保護を行い、その最低限度の生活を保障するとともに、その自立を助長することを目的とする。


↓ ↓ ↓

1950年11月27日、長田区役所襲撃事件
1951年、下里村役場集団恐喝事件
1952年、万来町事件
全国各地で、在日朝鮮人どもが生活保護を要求し、集団で役所を襲撃!

生活保護と住民税免除を要求して長田区役所を襲撃する在日朝鮮人(1950年11月27日)
生活保護と住民税免除を要求して長田区役所を襲撃する在日朝鮮人(1950年11月27日)
朝鮮人生活擁護闘争

↓ ↓ ↓

昭和29年(1954年)5月、予算措置での厚生省社会局長通知
一 生活保護法第一条により、外国人は法の適用対象とならないのであるが、当分の間、生活に困窮する外国人に対しては一般国民に対する生活保護の決定実施の取扱に準じて左の手続により必要と認める保護を行うこと。



↓ ↓ ↓

平成21年(2009年)12月、鳩山由紀夫内閣の下、厚生労働大臣は、在日外国人の生活保護の支給要件を緩和する「速やかな保護決定」(事前審査・就労斡旋の禁止、【申請=支給】を原則とする。)を地方自治体に通達。(2012.5.26産経新聞)

↓ ↓ ↓

グラフ:生活保護を受給する外国人世帯
在日外国人(大半が韓国人・朝鮮人)への生活保護支給は、歯止めのかからない状態に!

平成24年(2012年)3月16日時点
約1%の外国人が、生活保護受給者数の約3.5%を占めており、金額的にも3.6%以上を受け取っている。
外国人の受給比率は、日本人の受給比率よりも、約3倍も高い。

外国人のうち、3分の2が朝鮮人(韓国人)


片山さつき 「日本人が生活保護を受ける場合、本人の経済状態や扶養できる親戚がいるかどうかなど、綿密な調査が行われる。しかし、外国人については、領事館に『本国に親戚がいるかどうか』を問い合わせるだけ。事実上、外国人の方が簡単に生活保護を受けられる仕組みになっている」

日本国民だけが厳しく審査され、在日朝鮮・韓国人は碌に審査をされていないことは明白であり、「在日特権」の一つとなっている。
上は、脱北した一人暮らしの在日朝鮮人が月17万円も生活保護を受けて「まだ足りない」と不満を訴えている。 下は、福岡県北九州市で病気で働けない56歳の日本人男性が生活保護を打ち切られ、その後、役所に7回も生
上は、脱北した一人暮らしの在日朝鮮人が月17万円も生活保護を受けて「まだ足りない」と不満を訴えている。
下は、福岡県北九州市で病気で働けない56歳の日本人男性が生活保護を打ち切られ、その後、役所に7回も生活保護の申請をしても断られて、「おにぎりが食べたい!」と日記に書き残して餓死した事件


↓ ↓ ↓

平成26年(2014年)6月27日、最高裁での弁論
大分市「生活困窮者の保護は国籍のある国が責任を持つのが前提で、生活保護法の対象が日本国籍の人に限られていることは明らかだ」と主張!

↓ ↓ ↓
平成26年(2014年)7月18日
最高裁「永住外国人に生活保護の権利なし」 最高裁が初判断「外国人は法的保護の対象外」 NHK
最高裁「生活保護法が保護の対象とする『国民』に外国人は含まれない」初の判断!
永住外国人に生活保護の権利なし!






>最後に、辛坊氏は「必ずおかしな反対派からクレームの電話来るんだけど。いい加減にしろ、お前ら本当に!」とカメラ目線で訴えたが、森アナから「いい加減にしろって、言わなくていい」とツッコミが入った。


辛坊治郎は、橋下徹の仲間であり、橋下徹の言動については悉く肯定する。

黒い物もでも白いというほどだ。


象徴的な出来事は、昨年10月20日に行われた【橋下徹vs桜井誠】の討論についての論評だった。

【橋下徹vs桜井誠】の討論において、橋下徹はマトモな戦いを回避して逃亡したにもかかわらず、辛坊治郎は翌日の放送で一方的に桜井誠だけを批判した。

大阪市民(日本国民)の意見は、読売テレビでコメントしていた辛坊治郎や読売テレビアナウンサー・森武史などの意見とは、180度違っていることが証明されている。

橋下徹「選挙に立候補しない奴や当選できない奴は、発言するな!デモをするな!政治活動をするな!」
橋下徹「選挙に立候補しない奴や当選できない奴は、発言するな!デモをするな!政治活動をするな!」
●関連記事
橋下惨め!辛坊治郎の卑劣な印象操作!読売TV・特別永住者制度の見直しは橋下徹の持論・負惜しみ
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5614.html
(一部抜粋)

■動画
10/21 橋下派 読売TVの【橋下徹vs在特会】の放送
https://www.youtube.com/watch?v=KeqTceecE-M&spfreload=10

━━━━━━━━━━
10月21日
読売テレビ
朝生ワイドすまたん


10/21 橋下派読売TVの【橋下徹vs在特会】の放送
辛坊治郎
まあ、お下品
んまぁーお下品(笑)

10/21 橋下派読売TVの【橋下徹vs在特会】の放送
っちゅーか在特会っていうのが、あっまあこういう連中なんだなっていう事がよくわかって
よかったんじゃねぇかっていう、ハッハッハッ感じですけどね


(略)

10/21 橋下派読売TVの【橋下徹vs在特会】の放送
読売テレビアナウンサー・森武史
ちゃんとした喋り方でしゃべって頂いた方がいいんじゃないですかね

10/21 橋下派読売TVの【橋下徹vs在特会】の放送
辛坊治郎
まー在特会というものがいかなるものか、どういうものかという事が一目瞭然という感じなんで
そういう意味はあったなかという感じは致します

10/21 橋下派読売TVの【橋下徹vs在特会】の放送
読売テレビアナウンサー・森武史
橋下さんはね、ちゃんとね、話し合いたかったんでしょうけどね
(とこが?テロップにも「怒号の応酬」と書いてあるだろ)

10/21 橋下派読売TVの【橋下徹vs在特会】の放送
辛坊治郎
これでは、これではねっていう
ま、最初からわかってた話ですけどね

━━━━━━━━━━


昨年10月20日に行われた【橋下徹vs桜井誠】の討論について、翌21日に放送された読売テレビで辛坊治郎や読売テレビアナウンサー・森武史などが述べたコメントは、著しい偏向放送だった。

実際には、【橋下徹vs桜井誠】の討論の後、大阪市役所には橋下徹を非難する電話が殺到していた!

さらに、J-CASTニュースが「意見交換会はどちらの言い分に納得しましたか?」と質問したところ、桜井誠の得票が6747票(48.4%)で、橋下徹の得票が2691票(19.3%)を圧倒した。
▼ソース▼
橋下徹大阪市長VS桜井誠在特会会長 「戦い」終わって・・・世間の評価は?
http://www.j-cast.com/2014/10/21218924.html?p=all


上記のとおり、【橋下徹大阪市長VS桜井誠在特会会長】は、圧倒的に桜井誠が勝利したのにもかかわらず、読売テレビ「朝生ワイドすまたん」では都合良く編集したVTRを使って辛坊治郎が桜井誠を一方的に批判した。

今回の辛坊治郎による高齢者批判も似たようなものだ。

辛坊治郎は、投票に殆ど行かなかった若者を批判することなく、投票に行った高齢者を一方的に批判し、「これからの世代の子はかわいそうかなって気がします」などと頓珍漢なコメントをした。

これは、完全に不公平な報道であり、まさに偏向報道だ。



左:『21世紀の「脱亜論」――中国・韓国との訣別』 西村幸祐著 2015/4/2
中:『パラオはなぜ「世界一の親日国」なのか~ 天皇の島ペリリューでかくも勇敢に戦った日本軍将兵』井上和彦著 2015/3/12
右:『日之丸街宣女子(ひのまるがいせんおとめ)』富田安紀子著 2015/5/15

「偏向報道やめろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.