正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201501<<12345678910111213141516171819202122232425262728>>201503
辻元清美「今の日本は危険!総理は娯楽控え、ホテルに泊まるな!村山さんを見習って公邸に泊まれ」
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






民主党・辻元清美「ISILによる邦人拘束を知ってからのソーリの私生活を発表する」「日本国内にもテロの脅威がある。ソーリは公邸に泊まれ、娯楽は自粛しろ」
辻元清美「ISILによる邦人拘束後、ソーリは、ゴルフ、映画、フィットネス…!宿泊はホテルや別荘!今は日本国内もテロの脅威で危険!ソーリは、ゴルフなどの娯楽を自粛し、村山富市さんを見習って公邸に泊まれ!」

http://www.sankei.com/politics/news/150220/plt1502200021-n1.html
安倍首相VS辻元氏(上)辻元氏「フィットネス、ゴルフ、映画…」 首相「健康を保つのも重要な仕事」 議論の行方は-
2015.2.20 15:19、産経新聞
衆院予算委員会で民主党の辻元清美氏の質問に答える安倍晋三首相=20日午前、国会・衆院第1委員室(酒巻俊介撮影)

 民主党の辻元清美政調会長代理が20日の衆院予算委員会で、イスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」による日本人殺害脅迫事件をめぐる安倍晋三首相や菅義偉官房長官の対応を批判した。しかし、耳を疑うような指摘も少なくなく、政府・与党席からは失笑が漏れた。論戦の主なやり取りは次の通り。

 辻元氏「(殺害された)後藤健二さんの拘束に政府が心証を得た昨年12月19日の翌日から首相はフィットネスクラブに行き、21日にはゴルフに行った。28日にはコンサートに行き、その後はずっと六本木のホテルにほぼお泊まり。元旦は映画鑑賞。2日はフィットネスと映画鑑賞。3日はゴルフをした」

 辻元氏「首相は休暇を取っていけないとは思っていない。しかし、映画に行ったり、コンサートに行ったり、別荘に行ったり、ゴルフをしている間、(拘束された)2人の命の危険と日本の国家としての危機はぐんぐん上がっていたとは思わないか」

 首相「細々と私の日程をご紹介いただいた。第1次政権の経験から首相は心身ともに健康を保つことも重要な仕事だ。基本的にはどっしりと構え、さまざまなものに対応していく。つかさつかさでしっかりと対応していくということだろう」

 首相「その(指摘の)段階では(拘束したのが)ISIL(イスラム国)とはっきりしているわけではない。邦人が一時的に不明になることは日本国中である。今回の危機対応において私がこういう行動を取っていたことにより問題があったということではない」

 首相「同時に人質案件というのは、1年、2年、3年、4年と続く場合もある。そうなればその間、首相は他のことに手が付かないことになってしまう。なるべく平常心、平常の行動を心がけることも職責の一つだろう」

 首相「辻元さんみたいな批判の仕方もあるかもしれない。しかし、そういう批判にいちいち反応するつもりはない。今後ともしっかりと心身ともに健康を保っていきたい」

 辻元氏「首相に『休みを取るな』と言っているわけではない。この時は特例の年末年始だ。自分の子供が誘拐されて、行方不明になって、その家族がゴルフをしたり、映画を見たりするか? 首相は『すべての国民の命を私が守る』と言っていた。官邸を挙げて対応すべきだった。菅さん、止めなかったのか


http://www.sankei.com/politics/news/150220/plt1502200023-n1.html
安倍首相VS辻元氏(中)「会社だったら潰れている!」「私が判断するのは大きな方針だ」…官房長官も“参戦”で展開ヒートアップ
(本文省略)


http://www.sankei.com/politics/news/150220/plt1502200027-n1.html
安倍首相VS辻元氏(下)「一生懸命、おとしめようという努力は認める」…首相が語った“宰相の矜恃” 
2015.2.20 17:21、産経新聞
衆院予算委員会で民主党の辻元清美氏の質問に答える安倍晋三首相=20日午前、国会・衆院第1委員室(酒巻俊介撮影)

 危機管理をめぐる丁々発止のやりとりは大詰め。果たして映画やコンサート、ゴルフは行かない方がいいのか…。安倍首相は「おとしめようという努力は認める」と辻元氏を皮肉った上で、諭すように“矜恃”を語り始めた。

 辻元氏「シリアの拘束案件と一般の誘拐案件とを同列に考えて対応しているのであれば、あまりにも危機感がない。テロが身近なところで起こるかもしれない。日本国の首相だからしっかりと身を守ってほしい。首相が雑踏に行く。その危機管理もなっていない」

 辻元氏「特にこれから首相は公邸に泊まられた方がよい。なぜか。首相の私邸、ご近所の方々含めてものすごい警備だと思う。首相も身を守っていただかないといけない。映画やコンサートに行くのは慎まれた方がよい」

 辻元氏「危機管理上、首相自身も狙われてはいけないが、いろいろな人が『テロが来るのではないか』と心配している中、ご自身は公邸に泊まった方がよいし、しばらくはゴルフに行ったりしない方がよい。もう公邸に泊まってください。警備も大変だ。それぐらいの危機感を持った方がよい」

 辻元氏「他の首相と比べても全然違う。村山富市元首相に『正月に温泉とか行かないんですか』と言ったら、『自分が動いたら警備が大変だ。警備の人たちを休ませてやりたい』と。テロの危機が高まっているわけだから、公邸に陣取って、年末の反省の下に行動していただきたい」

 首相「一生懸命、おとしめようという努力は認める。しかし、はっきり申し上げて日本は脅しにあっても安全な国だ。われわれの政権ができて500万人観光客が増えた。日本は安全な国だから来てくれている。まるで日本が危険な国であるかのようなことをあなたはおっしゃった。とんでもないことだ」

 首相「日本は安全な国だ。安全な国であることを確保することが私の責任だ。私に求められているのは公邸に泊まるとか、泊まらないということではない。公邸にずっと泊まっていたら立派な首相なのか。私は違うと思う」

 首相「私が公邸にいるときも相当の量の警備の方々がいる。私は感謝している。ゴルフをやっているときも警備をやっていただく。『申し訳ないな』と思っている。しかし、私に求められているのは心身ともに健康を保って、大切なときに判断を間違わないことだ。温泉に行かなければよいということではない。そこを間違えてはいけない」


安倍無双「辻元清美さんが、まるで日本が危険な国だという、とんでもないとおもう」
■動画
後半【危機管理と安全保障】辻元清美(民主党)【衆議院 国会中継】予算委員会
https://www.youtube.com/watch?v=Lm8c86-N1nc
安倍無双「辻元清美さんが、まるで日本が危険な国だという、とんでもないとおもう」
https://www.youtube.com/watch?v=Q0AkF__tzFE




>辻元氏「シリアの拘束案件と一般の誘拐案件とを同列に考えて対応しているのであれば、あまりにも危機感がない。テロが身近なところで起こるかもしれない。日本国の首相だからしっかりと身を守ってほしい。首相が雑踏に行く。その危機管理もなっていない」


最初に「辻元清美とテロ」に関して言っておきたいことは、辻元清美自身がかつて昭和58年(1983年)に「ピースボート」というテロ組織を設立したテロリストだったということだ。

辻元清美が設立した「ピースボート」は、北朝鮮(朝鮮総連)によるスパイ事件や密輸事件にも関わった万景峰号をチャーターして北朝鮮へのクルーズを行うなど、数回にわたり北朝鮮へ渡航している北朝鮮系のテロ集団だ。

平成8年(1996年)に、辻元清美は、社民党党首の土井たか子(北朝鮮工作員テロリスト)から誘いを受け、当選して国会議員になった。

平成13年(2001年)に、辻元清美は、北朝鮮による日本人拉致事件(テロ)について、「日本は北朝鮮に補償してないのに、拉致被害者を『返せ!』ばかり言ってフェアじゃない」という驚くべきテロリストの主張を行った!

――――――――――
2001年11月12日
「ガールズ・ビー・ポリティカル」インタビュー記事
「(拉致問題の解決よりも優先すべき、)北朝鮮との国交正常化のなかでは、戦後補償が出てくるでしょう。日本は、かつて朝鮮半島を植民地にして言葉まで奪ったことに対して、北朝鮮には補償を何もしていないのだから、あたりまえの話です。そのこととセットにせずに、「9人、10人返せ!」ばかり言ってもフェアではない」
――――――――――

北朝鮮の拉致問題 補償してないのに「返せ」ばかりフェアじゃない
2002年03月17日、産経新聞

◆辻元清美議員、ネットで主張

社民党の辻元清美政審会長が昨年十一月、インターネットに掲載されたインタビューで、北朝鮮による日本人拉致問題に関連、「北朝鮮には(戦後)補償を何もしていないのだから、そのことをセットにせず『九人、十人返せ』ばかり言ってもフェアじゃない」と発言していたことが十六日、明らかになった。

辻元氏のインタビューは「カフェグローブ・ドット・コム」に昨年十一月中旬、掲載された。

この中で、辻元氏は北朝鮮という国家が拉致という罪を犯している問題点を指摘しないまま、「拉致問題というのは、これまでにも世界のいろいろなところで起きている」と提起したうえで、拉致問題解決よりも北朝鮮との国交正常化を優先させるべきだと主張。

さらに、「国交正常化の中では、戦後補償が出るでしょう。日本は、かつて朝鮮半島を植民地にして言葉まで奪ったことに対して、北朝鮮には補償も何もしていないのだから、あたり前の話」と述べている。
(後略)



上記のとおり、北朝鮮による多数の日本人拉致事件については極めて冷淡な北朝鮮系テロリストの辻元清美が、後藤健二らが誘拐されたテロ事件について、日本政府の対応を厳しく批判し追及したのだから、究極の恥知らずだ。

何度も言うが、日本国内で普通に生活していたのに、北朝鮮によって拉致されて北朝鮮に連れて行かれた人たちについては、日本に国家として救出する責務がある。

一方、後藤健二の場合は、日本政府・外務省が「行くな」と勧告している地域に、10分間で300万円の映像撮影などのために、自らホイホイ出かけて行ったのだ。

後藤健二は、「何が起こっても責任は私自身にあります」と言い残して、残虐非道として知られるイスラム国に自ら入って行ったわけであり、これは「自己責任」以外の何ものでもない!
詳細記事

後藤健二の場合は完全な自己責任なのだから、日本政府は日本国民の血税を使ってまで後藤を助けるべきではない!

なお、この時(2001年11月)、辻元清美は「日本は、かつて朝鮮半島を植民地にして言葉まで奪ったことに対して、北朝鮮には補償も何もしていない」などと言っていたが、完全に事実に反する出鱈目だ。

日本は、朝鮮半島を植民地支配もしていないし、言葉も奪っていないし、戦争もしていないし、仮に戦後補償(請求権行使)をすれば日本が北朝鮮から大金を受け取ることになる。

●詳細記事
日本が朝鮮半島に残した資産16兆9千億円、個人資産が4兆9千億円。日本が財産請求権行使なら北朝鮮に6兆円請求。
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3345.html
酷過ぎる仙谷由人の歴史認識・「韓国併合の植民地支配の過酷さは、言葉を奪い、文化を奪い、土地を奪った実態を直視しなければいけない」・全部ウソだ!アホ!謝罪すべきは竹島奪った韓国だ!・植民地支配謝罪、盛る・日韓併合100年、首相、村山談話を踏襲
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-3933.html
韓国人が日帝時代の小学校の教科書(参考書)をアップ→「なぜハングルを教えてるのか?」と困惑
http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5208.html



今回(平成27年2月20日の国会で)、辻元清美は「シリアの拘束案件と一般の誘拐案件とを同列に考えて対応しているのであれば、あまりにも危機感がない。」と述べ、『一般の誘拐事件よりISによる誘拐事件が重大』である旨の驚くべき発言をした!

辻元清美が言った上記『一般の誘拐』の中には北朝鮮による多数の日本人拉致事件も含まれており、つまりは『北朝鮮による日本人拉致事件はどうでも良い(日本が悪い)が、今回のIS(イスラム国)によるテロ事件は重大事件だ』と言いたかったのだと思う。






>辻元氏「他の首相と比べても全然違う。村山富市元首相に『正月に温泉とか行かないんですか』と言ったら、『自分が動いたら警備が大変だ。警備の人たちを休ませてやりたい』と。テロの危機が高まっているわけだから、公邸に陣取って、年末の反省の下に行動していただきたい」


ハァ?!

「村山富市首相を見習って。首相は公邸に泊まれ!」だと?!

では、村山富市が総理大臣だった時には、日本の危機管理ができていたというのか?!

テロ事件ではないが、かつて辻元清美が所属していた社民党の前身である社会党の村山富市が総理大臣をしていた時の阪神大震災で、村山富市は「テロ」と言っても過言ではないほど大震災を放置し、尊い多くの人命を失わせた。

【『阪神・淡路大震災』の真実】は、次のとおり。

━━━━━━━━━━
▼平成7年(1995年)1月17日、『阪神・淡路大震災』の真実▼

1月17日
05:46
地震発生

06:00
CNNワールドニュース、トップニュースで「マグニチュード7・2。神戸で大地震」と報道。
村山起床。テレビで震災を知る。

06:30
村山、園田源三秘書官に、電話で、状況把握を指示【園田本人は「そのような事実は無かった」と否定】

08:00
官邸、防衛庁に、派遣要請がきているか確認するも、要請無し。

08:26
総理、官邸執務室へ(予定より1時間早い)。テレビで情報収集。

08:45
村山「万全の対策を講ずる」とコメントを発表。

09:18
村山、廊下で記者に「やあ、大変だなあ」、視察はしないのかとの質問に「もう少し状況を見てから」とコメント。

09:20
総理、国土庁長官、月例経済報告出席。地震対策話題無し

10:00
村山、月例経済報告終了後、廊下で、記者の「北海道や東北と違い今回は大都市での災害だが、対策は?」との質問に「そう?」とコメント。

10:04
定例閣議。閣僚外遊報告。
非常対策本部設置決定。
玉沢徳一防衛庁長官には「沖縄基地縮小問題で(上京してきている)
大田昌秀知事としっかり協議するように」と指示。
震災についての指示なし。

10:15
中部方面総監部、自衛隊災害派遣出動命令(村山の指示で3000人限定。到着は2300人

11:00
村山、廊下で会見。
記者の「総理が現地視察する予定は?」との質問に、「状況見て、必要があればね」
「総理は行く用意はありますか?」、「そうそう、状況を見て、必要があればね」
村山総理、「二十一世紀地球環境懇話会」出席。「環境問題は国政の最重要課題の一つとして全力で取り組んでいく」と発言。

12:00
新党さきがけ高見裕一、現地から官邸に電話。自衛隊増員要請するも、村山「高見は大げさだ」

政府与党連絡会議中、五十嵐官房長官が村山に「死者203人」と報告。
村山「え!?」と驚愕。

14:07
村山総理、定例勉強会出席

15:58
村山、廊下で記者の「改めて聞くが、総理が現地に行く可能性は?」との質問に「明日、国土庁長官から現地の状態を聞いてな」とコメント。


16:00
村山総理、地震後初の記者会見。
「関東大震災以来、最大の都市型災害だ。人命救助、救援の万全を期したい」、「近く現地入りする」(初めて現地入りを明言)。 5分で終了。
村山富市、阪神大震災

21:00
兵庫県知事、航空自衛隊に災害派遣要請
TBSニュース23の筑紫哲也(辻元清美の親友)、人々が焼け死んでいる最中に、ヘリコプターから下界を見下ろし嬉々として、「まるで温泉地に来ているようです。そこらじゅうから煙がまいあがっています。」とレポート!

▼翌日へ▼
18日
9:46
初の緊急閣議


辻元清美らピースボートが現地入り。
印刷機を持ち込み宣伝ビラを配布し始める。
「生活に密着した情報をとどける」と銘打つが、内容は、ピースボートの宣伝や、被災した喫茶店主の「国は17日付で公庫の返済分をきっちり引き落としよった」や、韓国基督大学による韓国風スープ炊き出しの話しなど。

▼翌々日▼
19日
村山、記者会見で「高架に木切れ等が紛れ込んでいたが、欠陥工事ではないか?」との女性記者の質問に、「そんなことは後で調べる。今はそれどころではない」と激昂!(結局その後の調査せず)

11:32
村山首相と土井たか子衆議院議長が伊丹空港に到着。
村山、土井、ヘリで現地視察。
灘区の王子公園陸上競技場に着陸。
当時救助に当たっていた自衛隊ヘリには、王子グラウンドヘリポート以外への着陸を禁止していた。
クリントン在日米軍支援申し入れ。救助犬、発電機、航空機、横須賀母港の空母インディペンデンスを救護拠点とした救援活動を申し入れるも、村山拒否

▼4日後▼
21日
村山、国会で「なにぶん初めてのことでございますし、早朝のことでもございますから、政府の対応は最善だった」(後に全面撤回)


▼7日後▼
24日
村山、(交通制限や物価統制の可能な)緊急災害対策本部設置必要なしと答弁


(参考)
http://poo-mono.jugem.jp/?eid=294

━━━━━━━━━━




また、大震災に関して言えば、平成23年(2011年)の東日本大震災の直後のゴールデンウイークに、【震災対策副本部長】で民主党の副代表だった石井一が、生方幸夫元民主党副幹事長や那谷屋正義参院議員と一緒にフィリピン・マニラ郊外でゴルフを楽しんでいたこともあった。

石井民主副代表らマニラでゴルフ 「目につかないと思った」
2011.5.6 10:21、産経新聞
民主党副代表で災害対策責任者、マニラでゴルフ 

 民主党の震災対策副本部長を務めている石井一副代表ら同党議員3人が、訪問先のフィリピン・マニラ首都圏郊外のゴルフ場で5日、在留邦人らとゴルフをしていたことが6日、分かった。

 石井氏は、東日本大震災後、ゴルフをするのは初めてで「国外であれば目につかないと思った」と説明。「被災者の方から見れば『何だ』という気持ちになるでしょうね」と述べた。

 同氏は昨年秋に日本フィリピン友好議員連盟の会長に就任。会長として3~6日の日程でフィリピンを訪れ、同国政府当局者や上院議員らと面会して、日本の政府開発援助(ODA)や通信事業関連について意見交換した。日本への震災支援の関係者や、議連のフィリピン側議員らとも会ったという。

 ゴルフをした他の2議員は、生方幸夫元副幹事長と那谷屋正義参院議員でいずれも議連メンバー。(共同)




さらに、その翌年の平成24年(2012年)、韓国によるテロ行為に対して、民主党政権(野田首相)がどのような危機管理を行ったのかを振り返る。

参考「正義の見方
それでは、韓国によるテロ行為に対する民主党政権時の危機管理をご覧ください。

[12/08/10] 韓国の李大統領が竹島に不法上陸して「韓国領土である」と改めて主張(現職大統領による上陸は初)
韓国の李大統領が竹島に不法上陸して「韓国領土である」と改めて主張(現職大統領による上陸は初)



[12/08/11] 野田首相、11日から15日まで夏休み休暇 17日の閣議から公務を再開
http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1344623434/



[12/10/19] 野田政権、国連・非常任理事国の選出で韓国に投票・・・竹島問題で不支持する方針を見直し
http://mimizun.com/log/2ch/newsplus/1350624394/



[12/10/19] 【韓国政府】国連安保理に選出されて「慰安婦問題などで影響力を行使できるようになった」と評価
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1350620148/



[12/10/27] 野田政権、竹島に韓国議員団が上陸した直後に「単独提訴の先送り」を表明・・韓国側に「修復の兆しあり」と民主党政府判断
http://anago.2ch.net/test/read.cgi/wildplus/1350984842/
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1351252459/


12: オリエンタルな名無しさん@\(^o^)/ 2015/02/20(金) 14:30:58.81 ID:CJOY2z5c.net
ブーメラン党に改名すればいい


左:「イスラーム国の衝撃」池内恵著 (2015/1/20)
右:「歴史通増刊」【歴史を見ればこの国の正体がわかる 雑誌】(2015/1/21)佐々木益荒男…反日宣伝を狙った支那軍の人民虐殺(P183-195)

「辻元清美は恥知らず!落選させろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:事件・事故・社会問題・時事一般 - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.