FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201307<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>201309
24時間テレビ嵐5千万円、森三中大島1千万円のギャラ・障害者を利用し日テレとタレントが荒稼ぎ
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ




「嵐5000万円、森三中・大島1000万円…」『24時間テレビ』のギャラ公開報道に波紋 ネットで『募金する気なくなった』の声
1000万円のギャラでチャリティーマラソン(実際にはお散歩)をする大島美幸

http://news.livedoor.com/article/detail/7941762/
日テレ24時間テレビ「チャリティーなのにギャラおかしい」 週刊誌が出演者のギャラ金額を報じ、議論が再燃
J-CASTニュース
2013年08月09日18時46分

毎年夏の恒例行事となっている、日本テレビ系のチャリティー番組「24時間テレビ 『愛は地球を救う』」。2013年は8月24日から25日にかけて放送される。

この番組について、これまで度々議論になっているのが「出演者へのギャラ支払いの是非」だ。毎年「チャリティーなのにギャラが払われるのはおかしい」という声が大量に上がるが、週刊誌が出演者のギャラの金額を報じたことで、今回も議論を巻き起こしている。

■「嵐」に5000万円、森三中・大島美幸1000万円?

24時間テレビの出演者のギャラを報じたのは、13年7月30日発売の「FLASH」だ。

「事情を知るプロデューサー」の話として、24時間テレビの予算は総制作費が4億2000万円、CM収入合計が22億2750万円。そのうち出演者のギャラと総制作費を除いて赤字にならない範囲で寄付に回すと書かれている。

そのギャラだが、今年メーンパーソナリティーを務めるグループ「嵐」に5000万円、番組内で放送するドラマに主演する嵐・大野智さんにはプラス500万円、マラソンランナーの森三中・大島美幸さんに1000万円、パーソナリティーの上戸彩さんに500万円、総合司会の羽鳥慎一さんに500万円。番組の合間で歌を披露する人には、加山雄三さん、谷村新司さんクラスで200万円、その他懐メロ歌手や芸人などには10万~100万円が支払われるという。

これだけの額が支払われる理由は「拘束時間が長く、1人あたりのパーソナリティーの負担がかなり大きいから」とのことで、最近テレビに出なくなった「懐かしの歌手」にとっては「おいしい小遣い稼ぎ」の場でもあるというのだ。

この記事を知った人からは、インターネット上で「ボランティア番組でギャラ貰うのって、日本くらいじゃないのか?」「駅前で募金する女の子がバイト代もらってたら興ざめだよなあ」「障害者を食い物にして金をまきあげる偽善企画はまさに金サライ」など、反発の声が上がった。

■赤木智弘「ノーギャラにしたら貧乏芸人しか集まらんぞ」

24時間テレビの出演者にギャラが支払われているか否かは、はっきりしたことはわかっていないが、これまで「多額のギャラが支払われている」として度々議論されてきた。

米国の「レイバーデイ・テレソン」、フランスの「テレソン」といった海外のチャリティー番組では、大物歌手だろうがタレントだろうがノーギャラで出演するのが当然とされている。24時間テレビに対して「庶民に募金を呼びかけるくせに、自分は高額のギャラをもらっている」として批判する声は根強い。

一方、ギャラが支払われることに理解を示す声もある。

フリーライターの赤木智弘氏は12年8月25日、ツイッターで「24時間テレビをノーギャラにしろとか言っている奴がいるが、そうなったらテレビに映りたいだけの貧乏芸人しか集まらんぞ。そんな24時間テレビ、誰が見るんだ?」と投稿した。この考えに対して反対コメントが殺到したが、「別にギャラ貰ってもいいんじゃないか?仕事なんだから ただ貰ったギャラの半分ぐらいは寄付するくらいの気持ちでやって欲しいが」「仮に自分が出演者なら24時間フル、又は一部でもノーギャラで仕事というのは仕事の内容に影響が出てしまいます」と賛同意見もあった。

今回の「ギャラ金額報道」に対しても、「別に募金からギャラが出てるわけじゃないんだから良いだろ 真っ当に労働で得る金だし局は出演して貰うんだからギャラ出さないわけにはいかない」「ノーギャラで少ない募金額よりギャラ払って高額の募金集めた方がいいに決まってんじゃん」という意見もある。

なお、12年度の24時間テレビ募金額は11億6847万円で、福祉車両の贈呈や身体障害者補助犬を普及させる活動、環境保護活動、災害援助に利用したと公式サイトで報告されている。



>そのギャラだが、今年メーンパーソナリティーを務めるグループ「嵐」に5000万円、番組内で放送するドラマに主演する嵐・大野智さんにはプラス500万円、マラソンランナーの森三中・大島美幸さんに1000万円、パーソナリティーの上戸彩さんに500万円、総合司会の羽鳥慎一さんに500万円。


以前にも何度か説明したが、『24時間テレビ』に出演する連中は、日テレから高額のギャラを受け取っている。

テレビに出演している連中は高額のギャラをもらっているくせに、子供を含めた一般市民に募金を呼びかけるのだから詐欺だ。

外国のチャリティー番組では出演者はノーギャラなので、この『24時間テレビ』は日本の恥となっている。

メインパーソナリティーの嵐には、一人当たり1000万円~1500万円が支払われ、マラソン(実際には散歩)をする森三中の大島美幸には1000万円が支払われる。


『24時間テレビ』のメインパーソナリティーと言っても、休みながら時々出て1日で一人1000万円だから嵐の連中にとっては物凄い荒稼ぎだ。

2012年の24時間テレビの嵐
(2012年の24時間テレビの嵐)


また、チャリティーマラソンについても、実際には大したことはないのに、苦しそうな表情をしながら歩くだけで1000万円もらえるのだから、森三中・大島美幸にとっては詐欺のような荒稼ぎだ。
1000万円のギャラでチャリティーマラソンランナーに選ばれた(お散歩する)大島美幸
1000万円のギャラでお散歩をする大島美幸


例えば、一昨年2011年の徳光和夫(当時70歳)の場合は公式には63kmと主張しているが、実際には推定43km~54kmと言われている(ソース)。

今は、一般人が参加料金を払ってマラソンに参加する時代だ。

徳光和夫が63kmを約25時間かけて移動する場合、1時間あたりたったの2.5kmしか進まないのだから、普通に歩くよりもかなり遅いペースだった。

『24時間テレビ』史上最年長ウォーカー徳光和夫
2012年、普通に歩くよりも遅いペースで高額ギャラをゲットした徳光和夫

『24時間テレビ』史上最年長ウォーカー徳光和夫 途中で寝ていた
歩いては寝て、歩いては寝て…それでも高額ギャラをゲットした徳光和夫


実際に、例えば、毎年「行橋 - 別府100キロウォーク」というイベントが開催されているが、参加者の多くは100Kmを26時間以内に「完歩」している。

そして、100Kmを26時間以内に移動するこの大会では、大会規約で走ることが禁止されている。

100kmを26時間以内に移動するイベントで「歩く」、「ウォーク」、「完歩」などという言葉が使用され、大会規約で「走ることが禁止」されているのに、24時間テレビでそれ以下の距離を25時間かけてかなりゆっくり移動することを「マラソン」とか「完走」と呼ぶのは詐欺行為だ。

また、日本各地で「100キロマラソン大会」が開催されているが、「100キロマラソン」の場合には、13時間以内か14時間以内にゴールしなければ「完走」とされない。

そして、65歳の女性が9時間台で100キロを完走したり、73歳の男性が12時間台で100キロを完走したりしている。

100キロチャレンジマラソン秋田
100キロチャレンジマラソン秋田
http://www.kumagera.ne.jp/a100km/

100キロ 完走者

宮城県 女 65 田中 ゆり子 9:19:46

山形県 男 73 川野部 満  12:42:01

2009年の完走者725人(54.80%)
http://www.kumagera.ne.jp/a100km/kiroku/2009_kiroku/100-kansou2009.htm



2010年のはるな愛(大西賢示)のチャリティーマラソンに関しても、大会規約で走ることが禁止されている「行橋~別府100キロウォーク」よりも遅かった。
24時間テレビでチャリティーマラソンを完走したはるな愛=東京・日本武道館

相当ゆっくり歩かないと、2010年のはるな愛(大西賢示)のように、85kmに25時間40分もかけることは不可能だ。
放送終了直前のゴールを演出するため、実際にはるな愛の歩きはかなりゆっくりだったし、3~4km毎に休憩を入れた上、さらに夜中の02:35からは2時間以上の大休憩まで取っていた。
普通の人の歩行速度が4km/hであり、はるな愛はそれよりも遥かにゆっくり歩いていたのだから「マラソン」と称しての募金集めは、詐欺行為となる。

しかも、毎年、この24時間チャリティーマラソン(詐欺徒歩)のランナー(超ゆっくり歩行者)には、平均的サラリーマンの年収2年分のギャラが支払われている。

24時間テレビ70kmマラソン 萩本欽一
―――――――――
●有名マラソン大会 賞金、ギャラ ランキング
2000万円余(推定) 24時間テレビ70kmマラソン 萩本欽一(ギャラは募金したらしい)
1500万円 世界陸上マラソン 優勝&世界新ボーナス
1400万円 ボストンマラソン 優勝賞金
1300万円 高橋尚子ベルリンマラソン優勝&世界新ボーナス
1250万円 ニューヨークシティマラソン 優勝賞金
1200万円(推定) 24時間テレビ100kmマラソン 杉田かおる
1000万円(推定) 24時間テレビ100kmマラソン 西村知美 ※残り20km世界記録ペース(非公式記録)
1000万円(推定) 24時間テレビ113kmマラソン エド・はるみ

 800万円 東京マラソン2009 優勝賞金
 600万円 世界陸上マラソン 優勝賞金
500万円(推定) 24時間テレビ85kmマラソン はるな愛(大西賢示)
 400万円 ホノルルマラソン 優勝賞金
  80万円 ゴールドコーストマラソン 優勝賞金
――――――――






>この記事を知った人からは、インターネット上で「ボランティア番組でギャラ貰うのって、日本くらいじゃないのか?」「駅前で募金する女の子がバイト代もらってたら興ざめだよなあ」「障害者を食い物にして金をまきあげる偽善企画はまさに金サライ」など、反発の声が上がった。


そのとおり!

チャリティー番組で出演者がギャラを貰っているのは、日本くらいだ。

まさに、障害者を利用して、日テレと出演タレントどもが荒稼ぎする偽善企画、詐欺行為なのだ!

これでは【24時間テレビ~愛は地球を救う~】ではなく、【24時間テレビ~無垢な子供たちや情弱が日テレとタレントを救う~】ではないか!

24時間テレビ~無垢な子供たちや情弱が日テレとタレントを救う~

なお、7月30日発売の「FLASH」の記事中の“事情を知るプロデューサー”によると、「徳光和夫はギャラが1,500万円もしたため、外れることになりました」としている。

徳光のようにカメラの前で嘘泣きするだけで1500万円もらえるなら、誰でも嘘泣きしたい。
徳光和夫嘘泣き

ちなみに、徳光和夫は「ギャンブルで、これまで10数億円損をした」と告白している(ソース)。






>米国の「レイバーデイ・テレソン」、フランスの「テレソン」といった海外のチャリティー番組では、大物歌手だろうがタレントだろうがノーギャラで出演するのが当然とされている。24時間テレビに対して「庶民に募金を呼びかけるくせに、自分は高額のギャラをもらっている」として批判する声は根強い。


そのとおり、アメリカやフランスなどで毎年続いているチャリティー番組に出演する大物芸能人は全員がノーギャラのボランティアだ。

帰国子女の西田ひかるは、制作発表の席上、「まさか出演料が出るとは思わなかった」と発言し、場を凍りつかせたことがある。

帰国子女の西田ひかるが出演料に驚いたのは当然であり、日テレと「24時間テレビ」出演タレントは、日本の恥だ。

外国人も呆れる"エセチャリティ"『24時間テレビ』
2009年08月23日、日刊サイゾー
(一部抜粋)

 そんな中、あたりまえのように出演料が発生する日本の『24時間テレビ』。はたして海外メディアの目にはどう映るのだろうか。日本在住の外国人記者にこの疑問をぶつけてみた。まずは日本在住満3年のアメリカ人記者の声。

「アメリカでもしジェリー・ルイスがギャラをもらっていたらそれはもうスキャンダルだね(笑)。かつてインド洋津波被災者のための『ツナミ・エイド』が放送されたときも、マドンナやハリウッドセレブ達が全員ノーギャラで参加をしていたし」

 在日5年のフランス人記者はやや興奮気味にこう語る。

「絶対におかしい! フランスの『テレソン』もタレントがたくさん出るけど全員が無償参加。番組で発生するお金は極力チャリティに使われるべきだよ」

 まだ来日2年目を迎えたばかりのカナダ人記者は、「みんな無償で出演しているとばかり思っていたからショックだよ。でも本当に? 交通費とかじゃなくて?」と、にわかには信じ難い様子。24時間テレビが日本人のチャリティ精神を喚起してきた貢献面を評価する声もあると説得(?)してみたが、「カナダやアメリカでその考えは通らないね。チャリティとはリーダーが手本を示すべきで、本来大金を稼げるはずの多忙な著名人があえて時間を割いて出演するから、一般視聴者にも意識が芽生える。むしろ日本人がなぜ怒らないか不思議」と手厳しい。


アメリカで40年以上も続いているチャリティー番組『レイバーデイ・テレソン』は豪華な出演者

アメリカで40年以上も続いているチャリティー番組『レイバーデイ・テレソン』は豪華な出演者
アメリカで40年以上も続いているチャリティー番組『レイバーデイ・テレソン』で、ノーギャラでボランティアをする豪華な出演者たち





>フリーライターの赤木智弘氏は12年8月25日、ツイッターで「24時間テレビをノーギャラにしろとか言っている奴がいるが、そうなったらテレビに映りたいだけの貧乏芸人しか集まらんぞ。そんな24時間テレビ、誰が見るんだ?」と投稿した。


赤木智弘って、何者か知らないが、かなり馬鹿だ。
フリーライターの赤木智弘

実際に海外では、有名タレントが出演しているし、日本でもノーギャラなら北野たけしや明石家さんまなどが出演する可能性が高くなる。

――――
「24時間テレビから出演依頼がしつこく来てたんだけど全部断ってやったよ。あんな偽善番組は大っ嫌いだ。誰がなんと言おうと俺は絶対出ないから。ヨダレ垂らした芸能人どもがこの番組でめちゃくちゃ高いギャラ稼ぐくせにこれ以上貧乏人から金巻きあげんな。チャリティーって言うくらいならおまえら全員ノーギャラで出ろよ!コノヤロー!!」
ソース:ビートたけしのオールナイトニッポン
――――
明石家さんま 「この番組はノーギャラですよね」
24スタッフ  「いえ」
明石家さんま 「ならそのまま募金に回してください」
24スタッフ  「そういう訳にはいきません」
それ以来、出なくなった。
byヤングタウン
――――






>なお、12年度の24時間テレビ募金額は11億6847万円で、福祉車両の贈呈や身体障害者補助犬を普及させる活動、環境保護活動、災害援助に利用したと公式サイトで報告されている。


「24時間テレビ」が庶民から巻き上げる募金は1回で約10億円だが、これは日テレが上げる営業利益約300億円の3%を寄附するか、あるいは、3000人以上居る平均年収1491万円(関連記事)の日テレ社員が30万円ずつ募金すれば済む金額だ。

にもかかわらず、日テレは莫大な利益を上げ、日テレ社員は高給を取り、出演タレントは総額何億円ものギャラを受け取りながら、子供を含めた一般視聴者にカネを払うよう呼びかけるのだから、偽善どころか悪質な「詐欺」だ!




「日テレと出演タレントは、偽善(詐欺)をやめろ!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓

人気ブログランキングへ



  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:日本テレビ - ジャンル:テレビ・ラジオ

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.