正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200712<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200802
80代の靖国参拝客に暴行した支那人を麹町署が逮捕・日の丸を奪い足で踏みつけ、さおを折る・止めに入った男性も殴る蹴るで怪我をさせる・「中国人かな、と思ったら一一〇番」の復活を望む!
80歳を超える靖国参拝客を暴行した支那人逮捕


なぜ?靖国参拝客の日の丸奪い暴行 中国人逮捕
1月16日22時20分配信 産経新聞

 東京都千代田区の靖国神社で、参拝客が持っていた国旗を奪うなどしたとして、警視庁麹町署は、暴行と器物損壊の現行犯で中国籍の王班亜容疑者(43)を逮捕した。

 調べでは、王容疑者は15日午前11時25分ごろ、靖国神社の境内で、横浜市から参拝に訪れた80代の男性が持っていた日の丸(縦1m、横1.5m)を奪い足で踏みつけたうえ、さおを折った。さらに、これを止めに入った神奈川県内の40代の男性看護師を殴りつけたり蹴ったりした。2人にけがはなかった。

 王容疑者は仕事で来日していたが、動機などについては黙秘しているという。
―――――――





上の記事は、「2人にけがはなかった。」と報じているが、実際にはどちらかが怪我をしたそうだ。

自称観光客の支那人が靖国神社で、参拝に訪れた80歳代の老人と止めに入った男性に暴行を加えて怪我をさせた。

老人が持っていた日の丸も破壊された。


詳細は以下のブログを参照されたい。


?國会事務局日誌 2008.01.16 Wednesday author : 靖國会事務局
――――――
1月16日凶悪シナ人による?國神社での傷害事件糾弾街宣

本日は、凶悪シナ人による無抵抗の老人(八十代)に対しての暴挙、傷害事件に対しての街宣を麹町警察署前にて行って参りました。
この事件は昨日15日11時頃、シナ人観光者が、国旗を持ち?國会神社を参拝しようとした日本人老人(八十代)に対して、暴行を加えたうえに日本国旗を破り、国旗の棒を折るという事件でした。犯人は暴行と器物破損警察の容疑で麹町警察署員に逮捕された。なお、被害者は怪我をしているため、病院で診断書を取り次第、麹町署は容疑を傷害に切り替えて取り調べる方針だ。
犯人は王班亜容疑者四十三歳。現在取り調べには完全黙秘をしている。
近くにいた機動隊員は事の成り行きに気づかず、110番通報で駆けつけた麹町署員が容疑者を逮捕。現在麹町署に留置されている。なお、一緒に観光していたシナ人観光者4名に対しては暴行の事実が認められないため逮捕はされていない。

 昨夜遅くのお知らせにも関わらず、本日は約五十名の同志の方々が集まって下さいまして本当にありがとう御座います。お巡りさん達もいつにも増して協力的で心から感謝申し上げます。寒い中皆さん本当にご苦労様でした。また、協力頂いた各団体、関係者の皆様にもお礼を申し上げます。

 昨日の件を現場のお巡りさん達もあまり詳しい情報を持っておらず、昨日の時点でシナ人、王班亜四十三歳の名前をこちらが知っていることに驚いていました。被害に遇われたのは八十代のご老人で、後ろからいきなり襲われたらしいです。幸いなことに怪我は軽傷だそうです。
 今回の件で、非常に強く思うのは、シナ人の一般的、どういう理由でかは分かりませんが、嫌いな国、我国日本に観光に来るシナ人の根底に流れる日本人への憎悪と、この傷害事件を一切報道しない報道機関への更なる不信です。

 この事件を、単なる、はねっかえりのシナ人一人の犯行と考えてなりません。江沢民政権下での反日中華思想教育が如実に現れていて、王の野郎は教わったことを正しく実行しただけなのです。日本人を傷つけることを正しい行為として教育を受けたシナ人が日本には溢れ返っています。王も中共政府には褒められ、人民には英雄扱いされるでしょう。

 近い将来、凶悪シナ人が徒党を組んで暴動を起こしたとき、日本政府警察はこれを鎮圧するでしょう、そのとき、シナ人に負傷者が出るでしょう、もしかしたら死者が出るかも知れません。シナ中共政府はそれを黙って見ているでしょうか?日本政府に任せるでしょうか?小生ならば、居留民保護の名の下に軍隊を出動させます。
実際には、出動準備だけで充分です。日本政府は震え上がり米国に泣き付くでしょう。
その時になって、日米安保が絵に描いた餅であったことに日本は気が付きます。米国にも、中共政府にも代償を支払わされるのは火を見るより明らかと思っているのは小生だけでしょうか?

 では、どうしたら良いのでしょうか?
まず、外国人、特にシナ人、韓国人の渡航制限。制服警官への、ご苦労様の一声、そして何よりも日本人自身が客観的に現状を理解することです。その上で、自主憲法制定、靖國神社国家護持、国家祭祀、実際に六十年以上かけて歪められた日本国ですから、一朝一夕に正しく元に戻せるとは思っていませんが、やらなければ、悪くなる一方です。黙っていてシナ人の犯罪が無くなることはありません。また、シナ人の凶悪化に伴い、日本人犯罪者や、日本人自身にも悪影響を及ぼしています。それが、今流行のモンスターペアレントやら何やらではないでしょうか。


 まるで、お先真っ暗のようですが、本日集まった皆様、急だったので駆けつけられなくて申し訳ないとご連絡頂いた方々、皆様のような日本人が居ることが、日本の希望と信じ活動して参りますので、皆様の叱咤激励よろしくお願い申し上げます。
――――――




松桐坊主さんのこちらのブログも紹介させて頂きたい。
【動画】1・15靖国事件の概要
http://blogs.yahoo.co.jp/hdymd958/1256366.html





平成12年(2000年)に警視庁地域部が東京都内各署に配った防犯チラシ「中国人かな、と思ったら一一〇番」の復活を望む!



靖国神社を冒涜した支那人を許さない!【前編】1/2




動画を同時に2つ観ようとすると、パソコンが固まるのでやめましょう。



靖国神社を冒涜した支那人を許さない!【後編】2/2











「この事件をマスコミが大きく報道しないのはおかしい。日本政府が支那政府に強く抗議しないのはおかしい。」と思う方は、↓クリックお願いします。↓

Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
「南京大虐殺記念館」に日本政府(上海総領事)が内容見直し要求・虐殺数を以前同様30万人・「平和と未来を強調する」との事前説明に反し残虐性・嘘っぱちのでっち上げ、数はゼロ(0人)だから閉鎖しろと要求しろ


「南京大虐殺記念館」に日本政府が見直し要求

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080117-00000028-mai-pol


<南京大虐殺>中国の記念館に日本政府が内容見直し要求 
1月17日10時29分配信 毎日新聞





Yahoo! JAPANのトップに掲載された上の毎日新聞の記事はあまり詳しくなく、産経新聞の記事の方が詳しい。

―――――――
南京虐殺館展示に対し遺憾申し入れ 上海総領事
産経新聞

 在上海日本総領事館の隈丸優次総領事は、「南京大虐殺記念館」の展示内容について「事実に疑いのある展示があるなど配慮に欠ける」と、南京市幹部や朱成山館長らに申し入れた。

 総領事館によると、11日から12日にかけて隈丸総領事が南京市を訪問した際、「(展示が)日本人への反感や恨みを抱かせる内容になっているのは残念」と伝えた。

 具体的には「戦後日本の平和への営みへの配慮にかける」ほか「虐殺数を以前同様に30万人としている」などと申し入れた。朱館長らは「配慮すべきところは配慮し、良いものができたと思う」と答えたという。

 同記念館は南京事件70周年を記念して大拡張され、昨年12月に開館。展示について「平和と未来を強調する」という中国側の事前説明に反し、日本軍の残虐性が前面に押し出されているとの批判がでている。(上海 前田徹)
―――――――






何もしないよりはマシだろう。

しかし、「南京大虐殺」というのは嘘っぱちのでっち上げなのだから、そのようにはっきりと抗議しなければならない。

「30万人はおかしい」と抗議すれば、人数は確定できなくても、虐殺はあったことにされてしまう可能性が高い。

そうではなく、日本政府(隈丸優次総領事)は、「南京大虐殺は嘘っぱちのでっち上げであり、日本軍による虐殺はなかったので南京大虐殺記念館は閉鎖しろ」と要求しなければならない。







●関連記事

新「南京大虐殺記念館」の不当展示撤去を求める
超党派の国会議員でつくる「中国の抗日記念館から不当な写真の撤去を求める国会議員の会」(会長・平沼赳夫)
犠牲者数はゼロ(0人)・これを機会に勉強しよう!
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/28371069.html




●まとめ


1937年12月13日以前に南京に残った市民は全員が安全区に避難しており、安全区以外に南京市民は誰一人として居なかった。

安全区以外には誰も居なかったのだから、そこで虐殺など起こるわけがない。

安全区に居た15人の安全区国際委員会メンバーや100人を超す日本人報道関係者などは、南京に長期間滞在したにもかかわらず、誰も1度も日本軍による南京市民虐殺を目撃しなかった。

現地(南京)に居た日本軍(憲兵隊など)に通報された虐殺事件も全くなかった。

陥落から何日か経ち、安全区内で日本軍による約10件の強姦事件や同程度の掠奪事件が発生したが、このことは、日本の軍関係の裁判を司る法務部で把握されていた。

日本軍将兵は道端で拾った靴を持ち帰っただけで掠奪事件の軍法会議にかけられていたが、それでも「虐殺」事件は全くなかった。

日本軍による南京占領後、南京の治安が回復すると、上海などに避難していた南京市民が戻って来て南京の人口は増加した。

虐殺事件に関しては、目撃が0件で、現地の憲兵隊などへの通報も、憲兵隊などによる発見もなかった。

支那軍による虐殺や戦闘中の誤爆による事故はあっても、犯人や被害者が特定されるような日本軍による虐殺事件はなかった。

戦後暫くして自白した元日本兵が何人か居たが、これまで本名で証言をした人は例外なくすべて嘘であったことが確認されている。




自民党に物申す!
http://meyasu.jimin.or.jp/cgi-bin/jimin/meyasu-entry.cgi

首相官邸・ご意見募集
http://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken.html

各府省への政策に関する意見・要望
http://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

民主党・ご意見フォーム
http://www.dpj.or.jp/header/form/contact.html








南京の真実
製作委員会 スタッフブログ
http://www.nankinnoshinjitsu.com/blog/


製作委員会から「試写会」のお知らせ H20/1/12
映画「南京の真実」第一部「七人の『死刑囚』」の試写会(東京・大阪)の詳細が決定いたしました!
皆様のご来場をお待ちしております。

【東京】
日 時:
  平成20年1月25日(金)
  17時00分 開場
  17時30分 舞台挨拶
  18時00分 開映 終了時間21時10分予定
場 所:
  よみうりホール (有楽町駅前)
  東京都千代田区有楽町1-11-1 読売会館7階
  TEL 03-3231-0551
入場料:
  無料
  ※座席数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。

お問い合せ先:
  映画「南京の真実」製作委員会
  TEL 03-5464-1937

【大阪】
日 時:
  平成20年2月9日(土)
  17時30分 開場
  18時30分 舞台挨拶
  19時00分 開映 終了時間22時10分予定

場 所:
  八尾市文化会館プリズムホール 2F大ホール
  大阪府八尾市光町2-40(近鉄八尾駅より徒歩5分)
  TEL 072-924-5111
入場料:
  無料
  ※座席数に限りがございますので、あらかじめご了承ください。

主 催:
  映画「南京の真実」関西上映実行委員会
  TEL 090-5128-1569










人気ブログランキング
http://blog.with2.net/in.php?671525

くつろぐブログランキング
http://kutsulog.net/index.php?id=66431

1日(0:00~24:00)1回以上クリックよろしくお願いします


  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.