FC2ブログ
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
200712<<12345678910111213141516171819202122232425262728293031>>200802
米女優L・ローハンが遺体安置所で社会奉仕へ・日本においても執行猶予に社会奉仕命令を出せるように刑罰の選択肢を拡大へ・急増する外国人犯罪者にかかる国や都道府県の費用が急増


米女優L・ローハン、遺体安置所で社会奉仕へ



飲酒運転などで有罪の米女優L・ローハン、遺体安置所で社会奉仕へ
1月20日18時39分配信 ロイター
 [ロサンゼルス 18日 ロイター] 飲酒運転とコカイン所持の有罪となっていた米女優リンジー・ローハン(21)が、当地の裁判所から命じられた社会奉仕の一環として遺体安置所で行われるプログラムに参加することになった。ローハンの弁護士が18日に明かした。
 それによると、この社会奉仕は飲酒運転の恐ろしさを学ぶことを目的とした裁判所命令によるプログラムの一環で、6月に遺体安置所で行われるという。
 同弁護士はまた、ローハンは同罪によりすでに当地の刑務所に2時間未満収監されたほか、赤十字で80時間の社会奉仕を行ったとしている。








今朝の産経新聞の1面トップ記事も、「社会奉仕」の記事だった。






執行猶予に社会奉仕 刑罰の選択肢を拡大へ
2008/01/20, 産経新聞

 司法改革を進める法務省は19日、これまでの刑罰の仕組みを根本的に見直す方向で動き出した。実刑を免れて執行猶予判決を受ける刑事被告人に社会奉仕命令を出せるようにする。「刑務所に収容される実刑と実社会で暮らす執行猶予との差が大きすぎる」(法務省幹部)というのが理由で、刑罰の幅を広げる。

 具体的には、懲役か禁固となる刑事罰について、現在の実刑判決、執行猶予付きの判決に加え、社会奉仕命令も科した執行猶予付き判決を導入する。

 3月にも省内の勉強会で議論を始め、社会奉仕の内容や対象となる罪などを検討。その上で、刑法と刑事訴訟法を改正するために、法制審議会に諮ることになる。法務省幹部は「刑罰の仕組みを根本的に変えるのだから、勉強会での議論だけで少なくとも2、3年はかかる」とみている。

 社会奉仕命令は欧米では一般的で、海岸でのゴミ拾いや介護補助などがある。平成18年7月、当時の杉浦正健法相が、犯罪者の社会復帰や再犯防止の促進、犯罪者増による刑務所や拘置所の過剰収容を解消する目的から、短期の懲役・禁固の実刑や罰金刑の代替措置を念頭に法制審に導入の検討を諮問。法制審は昨年12月までに「被収容人員適正化方策に関する部会」の会合を11回開いたが、意見集約ができないままとなっている。

 鳩山邦夫法相は今月8日の記者会見で、「刑務所があふれてきたから外に出そうという、過剰収容対策のみの観点からの議論は許されない」と述べ、実刑の代替措置ではないとの考えを強調。その一方で、「実刑と執行猶予の差が大きすぎる。大いに検討の価値がある」と述べ、執行猶予に追加する形での導入には前向きな姿勢を示した。


■海外の場合 清掃や介護、30カ国以上で

 社会奉仕命令は1972年に英国で導入され、現在は米国、ドイツ、フランス、韓国など30カ国以上が採用している。

 法的性格は、フランスなどは執行猶予の条件、ドイツは保護観察の順守事項など国によって異なる。作業時間も米ニューヨーク州では500時間以内を推奨する一方、規定のない国もある。

 内容は、道路・海岸・公園の清掃、高齢者・障害者の介護などが多い。ドイツでは、専門家の監督の下での歴史的建造物修復や小学校のペンキ塗りもある。

 最近では、米国で陸上女子五輪金メダリストのマリオン・ジョーンズ元選手が、偽証罪などで禁固6月の実刑と、刑終了後に2年間の保護観察下で年400時間の社会奉仕を命じられている。

 また、韓国では、昨年、背任などの罪で起訴された自動車会社トップに対し、懲役刑の執行猶予とともに、法を順守した経営の重要性についての経済団体での講演や新聞や経済誌への寄稿が命じられた。








実刑を免れて執行猶予だけで済む犯罪者には、社会奉仕命令を出せるようにしておく方が良いのではないだろうか。

特に、急増する外国人犯罪者にかかる国や都道府県の費用が急増している。

外国人犯罪者の場合、通訳費用だけでも馬鹿にならない。



増える外国人犯罪予算奪う 通訳費用4年で70倍 愛知県警、昨年5800万円
2003/06/29, 読売新聞(中部)

 愛知県警で外国人犯罪の増加に伴って、容疑者に付ける通訳にかかる費用が急増している。一九九八年には年間八十万円だったものが、昨年は七十倍超の五千八百万円余まで膨れ上がった。通訳は大半を民間に委託しているが、費用がかかるからといって、捜査に支障をきたすわけにはいかない。(以下略)



↑これは、たまたま2003年6月の記事があったので取り上げたが、5年前の愛知県警に限ったことでさえこんな状態なのだから、現在や今後のことを考えると空恐ろしい。


外国人犯罪者に国や自治体の費用がこれ程かかっているのに、中には執行猶予で済んでしまう者が居るなんて納税者にしてみれば堪ったもんじゃない。


下の動画は、街頭演説で、支那人留学生や外国人犯罪者にかかる費用に言及しているので取り上げるが、この凶悪支那人に執行猶予をつけることは絶対に許されない!!

凶悪支那人(中国人)の殺人未遂を許さない街頭演説/速報版その2

●関連記事
支那人2人を殺人未遂で逮捕・御茶ノ水駅の警官重傷事件
電車進入を知りながら口論になった男性をホームから突き落とす
「中国人かな、と思ったら一一〇番」
http://blogs.yahoo.co.jp/deliciousicecoffee/28643190.html

支那人留学生には1人当たり20万円の日本の国費が支払われている。

犯罪を行った支那人の通訳に20万円の費用がかかる。

その支那人が刑務所に入ると年間200万円の費用がかかる。







「実刑を免れて執行猶予だけで済む犯罪者には、社会奉仕命令を出せるようにしておく方が良いかもしれない。不逞外国人をこれ以上日本に寄越すな!」と思う人は、↓クリックお願いします↓

Click please!
くつろぐブログランキング→ビジネス・経済→政治
クリック、よろしくお願いします
copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.