正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現
嘘の歴史に騙されるな!日本最優先政治、日本国民の生命と財産と自由を守る核武装、日韓断交を実現しよう!マスゴミの嘘や洗脳工作を許すな!がんばれ!日本国民党!
201605<<123456789101112131415161718192021222324252627282930>>201607
天安門事件とヘイトスピーチ規制法・日本政府やNHKは、民間人を大虐殺した支那政府を支援した!
↓忘れずに、最初にクリックお願いします。↓






天安門事件(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)
天安門事件(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)

6月4日は、「天安門事件」(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)があった日だ。

1989年6月4日、天安門近くの「天安門広場」「長安街大通り」などで、人民解放軍(支那軍)は、銃撃などによって学生を中心とする民間人を大虐殺した!

ところが、当時、支那当局は、「6月4日未明、戒厳軍は天安門広場で、一人の学生も射殺していない。ひき殺してもいない。天安門広場では流血事件は一切なかった。」と発表した。

天安門事件 私達は天安門事件を忘れません。
■動画
天安門事件
https://www.youtube.com/watch?v=hNlZiVKDW_4



その後も、支那は、「流血・殺戮は無かった。」と主張しているが、嘘吐き支那人の馬鹿馬鹿しい嘘を信じる馬鹿はどこにもいない。

と思いきや、ところがどっこい、NHKは、視聴者から受信料を巻き上げ、公共の電波を使用し、しっかりと支那が主張どおり報じた!

天安門事件から4年後の平成5年(1993年)に、NHKは、『クローズアップ現代』において、「天安門広場に居た市民や学生は、人民解放軍軍と武力衝突なく、撤退した。」「新しい証言と映像を基に検証した結果、『広場では一人も死んでいない』という侯德健の証言は極めて信憑性が高く、虐殺というものはなかったとはっきり言える。」と放送した。

NHKが「天安門広場では虐殺はなかった。広場では一人も死んでいない!」などとトンデモ放送をした平成5年(1993年)、支那は日本を除く世界中から制裁措置を受けており、窮地に陥っていた。

NHKは、そんな支那を窮地から救出しようとしたのだ。

3分でわかるNHKクローズアプ現代「天安門事件での虐殺は無かった」.mpg
■動画
3分でわかるNHKクローズアプ現代「天安門事件での虐殺は無かった」.mpg
https://www.youtube.com/watch?v=C-8a255cx5c

売国放送局NHK 中国天安門事件大虐殺なかったとアサヒる「クローズアップ現代」 海外メディア・チャンネル桜との比較
売国放送局NHK 中国天安門事件大虐殺なかったとアサヒる「クローズアップ現代」 海外メディア・チャンネル桜との比較
https://www.youtube.com/watch?v=oouhR8g6ehg




天安門事件から20年が経過した平成21年(2009年)、米国政府が事件当初からその全容を把握していたことを証する秘密文書が解禁された。

この文書は、当時の初代ブッシュ政権の支那駐在大使ジェームズ・リリーが1989年6月4日付で米国の国務長官や国家安全保障会議あてに送られていた。

北京の米国大使館からの秘密公電の文書は「6月3、4日に天安門周辺で起きた出来事の目撃証言」とされ、銃撃と死傷のほとんどが起きた長安街大通りの状況を明確にすることが目的とされていた。

北京の米国大使館からの秘密報告には、銃撃などによる大虐殺は「長安街大通り」「天安門広場」の両方で起こったことがしっかりと述べられている。

当該「秘密報告」の概要は次のとおり。


▼天安門事件に関する秘密報告 発・在北京大使 宛・米国政府▼
――――――――――
天安門周辺 北京市
 6月4日午前1時、北新華街の片隅でも1・6キロも離れた民族飯店周辺から初めての銃声が聞こえてきた。西長安街ではバスやトラックが転覆、放火されて、オレンジ色の炎が道路沿いに広がった。

 銃声がさらに大きくなり、人民解放軍の装甲車のヘッドライトが東に向けて動くにつれ、群集の間の怒りが高まった。年配の女性が「なぜ中国人が中国人を撃つのか」と叫んだ。若い男が「われわれは中国人だが、彼らは違う」と声をあげ、中南海を指さして「彼らは悪者なのだ」と叫んだ。

 1時10分。群集の後方から腹に響く音が聞こえてきた。炎に包まれた装甲車が疾走してきた。装甲車の車輪に向け、群集は大きなコンクリート片を投げつけ、停止させた。怒った群集は装甲車を取り囲み、古い木材を積み重ねて火を放った。数分後、車の扉が開き、兵士が1人、飛び出した。群集は彼を捕まえて殴り、殺してしまった。

 1時20分。後続の装甲車隊が群集を銃撃しながら北新華街に次々に到着した。弾丸が飛来し、群衆のなかに血まみれになって倒れる人間が続出した。デモ参加者は兵士たちが空砲でもゴム弾でもなく実弾を撃っていることを知り、恐怖に駆られて天安門方向や脇道へと逃走した。

 1時45分。さらに新たな部隊が天安門に着き、装甲車隊が長安街に面して一定間隔で展開し、人民大会堂の東正面にも達した。装甲車隊は東長安街の約1万5000人の抗議者らにヘッドライトの光をあて、不動の態勢をとった。

 2時9分。毛沢東主席の肖像画の前に並んだ将兵と装甲車隊は長安街の大群衆に対し発砲した。群集は東の北京飯店の方向へと、どっと避難した。多数の人間が銃弾を浴びて倒れ、苦痛の悲鳴が起きた。報告者に向かって「なんとかしてくれ! あなたがた外国人に助けて欲しい!」と叫んだ男は次の瞬間、額の真ん中に銃弾を受けて倒れた。

 2時30分。約100人の解放軍兵士は歴史博物館隣の道路の向かい側に腹ばいで布陣し、ライフルを40メートルほど東のデモ隊に狙いを定めていた。兵士たちが狙撃をするたびに、デモ隊はばらばらとなり、遮蔽物を求めた。数分後には街路に戻り、仲間の死体を輪タクに乗せ、元の場所に集結した。次に再び銃撃が起きると、10~15人のデモ隊の人間たちがまた倒れた。

 4時27分。天安門の照明は同3時30分に消えていたが、また点くと、装甲車、戦車、トラックなどが果てしないほど並んだ兵器集団が姿をみせた。照明は広場の北端近くの「民主の女神」の残骸を照らし出した。人民英雄記念碑の周囲からは煙が上がっていた。広場での銃撃は学生たちが人民解放軍への武器のない対決で、希望を失いながら殺されていったことを意味していた。

 5時30分。装甲車、戦車、トラック合計約50台から成る軍の第2の隊列が轟音をあげながら東長安街を通って、天安門広場に入った。民主活動家たちが怒りの声をあげると、解放軍将兵はジープに装備した機関銃2丁を撃ち始め、15分ほども銃撃を続けた。この大虐殺が中断されたとき、天安門広場と北京飯店の間の東長安街の路上には25~30の人間の体が横たわり、その一部はもがき、他は動かなかった。活動家たちはその道路ににじり寄り、死傷者を輪タクに乗せ、人民解放軍の狙撃手の列とまた対決する構えをとった。

 6時20分。装甲車、戦車、トラック合計約40台の軍の第3の隊列が東長安街を東から驀進し、広場に入った。人民解放軍将兵は民主活動家ら群集に向けまた10分ほど機関銃の激しい射撃を続け、多数の死傷者を出した。


 この2回の虐殺の間、天安門の政府拡声器からは奇妙に優しくなめらかな声が流れ、「北京の友人たち」に「混乱は終わり、秩序が回復され、乱暴者たちは鎮圧されました」という鎮静の言葉が伝えられ続けた。

 7時30分。拡声器が静かになって数分後、聞きなれた勇ましい中国国歌が流れて、周囲の空気を圧した。だが国歌の吹奏はその途中で歴史博物館の背後から響いてくるライフル発射の音と東長安街でのデモ参加者にまた発射された機関銃の連続音とに抑えつけられた。国歌が終わると、ソフトな女性の声が流れた。「同志たち、おはようございます。幸いにも反革命分子は粉砕されました。私たちの愛する天安門広場に平和が回復されました」と。

ソース:2009年6月、産経新聞【ワシントン=古森義久】

――――――――――


北京の米国大使館からの最初の「秘密報告」は、銃撃などによる大虐殺が【長安街大通り】【天安門広場】の両方で起こったことをしっかりと報告している。

「天安門広場では流血事件は一切なかった。」と主張する支那や、その支那の嘘に加担するNHKの事実隠蔽は明白だ。

こんな嘘番組を頻繁に垂れ流しておいて、受信料を取る「支那の犬HK」の行為は詐欺そのものだ。

NHKのみならずテレビ局は、いくら捏造偏向報道をしても、「言論の自由」「表現の自由」を盾にとって法的に罰せられないから、同様の出鱈目番組が繰り返されている。

支那の犬HK




上述したとおり、1989年の「天安門事件」の後、国際社会は、学生ら市民を大虐殺した支那に対して、投資を激減させるなどの制裁措置をとった。

支那は、その後何年間も、国際社会による制裁措置にあえいだ。

この支那の窮地に、いち早く手を差し伸べたのは、日本だった。

まず、平成3年(1991年)8月、竹下登元首相の強い働きかけもあり、海部俊樹首相が支那を訪問し、対支制裁を全面解除した。

しかし、日本が支那への制裁を解除しても、日本を除く世界は、支那への制裁を続行した!

次に、翌平成4年(1992年)、海部の後任となった宮沢喜一は、国際社会による支那への制裁も、何とかして解除させようとした!!

そこで、日本政府(宮沢内閣)は、日本国民の強い反対論を押し切って、天皇陛下の支那ご訪問を閣議決定し、世界による対支制裁措置解除の突破口にしようとした。

明らかな、日本政府(宮沢内閣)による天皇陛下の政治利用だった!

現実問題として、前年日本が真っ先に支那への経済制裁解除をしたものの、他の西側諸国はまだまだ支那に厳しい態度で臨んでいたが、天皇陛下の支那ご訪問は、そのような西側の制裁を解除させる決定打となった。

実際に支那の銭其シン元外相は、回想録で、天皇陛下の支那ご訪問について「中国が西側の制裁を打ち破る最も適切な突破口となった」と書いている。


支那と、その手下である宮沢喜一や加藤紘一らは、天皇陛下を支那の広告塔として利用したのだ。

天皇陛下ご訪支の翌年1993年3月に、江沢民が国家主席に就任した。

ちなみにNHKは、このタイミング(平成5年=1993年6月)で、『クローズアップ現代』において「天安門広場では虐殺はなかった!広場では一人も死んでいない」と放送した。

ところが、その翌年平成6年(1994年)に、江沢民は「愛国主義教育実施要綱」を伝達し、反日教育を強力に推進することにした!

平成10年(1998年)11月、江沢民は、日本に来た際、各地の講演などで、延々と日本軍国主義批判を繰り返し、反日行脚を続けた。

なかでも、天皇陛下の晩餐会での、江沢民の振る舞いは目に余るものがあった。

中山服を着込んだ江沢民は、天皇陛下の晩餐会で辟易するほど日本批判を続けたのだ。
1998年11月25日、元赤坂の迎賓館で開かれた非公式夕食会で、ご満悦の表情を浮かべる江沢民
平成10年(1998年11月25日、元赤坂の迎賓館で開かれた非公式夕食会で、ご満悦の表情を浮かべる江沢民

まさに、支那は、恩を仇で返したのだ。

日本政府もNHKも、マジキチだ。

北京大虐殺の犯人を支援した日本政府とNHKは恥知らずだ!

■動画
「平成4年の天皇陛下の御訪中を振り返る」3-1(H19.4.18)

http://www.youtube.com/watch?v=xNGQMsJAW_M
3-2
http://www.youtube.com/watch?v=KOpjQaCT-9c
3-3
http://www.youtube.com/watch?v=iRpfQyMKxus




平成3年(1991年)頃から平成10年(1998年)頃まで、日本政府とNHKは、天安門事件で「言論の自由」「集会の自由」を含む民主化を求めた学生などの民間人を大量虐殺した支那政府について嘘を吐いてまで擁護し、支那政府を支援した。

そして、最近の日本政府及びNHKを中心とするマスゴミは、自ら【日本国民の「言論の自由」や「集会の自由」】を弾圧している!

日本政府やNHKなどのマスコミは、日本における【愛国デモ】について、【ヘイトスピーチ】の虚偽のレッテルを貼り、【日本国民の「言論の自由」や「集会の自由」】を弾圧している!

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20160602/k10010544231000.html
“ヘイトスピーチの可能性高い” デモ禁止の仮処分
6月2日 20時09分、NHK
“ヘイトスピーチの可能性高い” デモ禁止の仮処分

川崎市の男性などが計画しているデモについて、横浜地方裁判所川崎支部は民族差別的な言動を繰り返すヘイトスピーチが行われる可能性が高いとして、市内にある在日韓国人の男性が理事長を務める団体の施設周辺でデモを行うなどの行為を、禁止する仮処分の決定を出しました。

申し立てをしていたのは在日韓国人の男性が理事長を務め、介護施設などを運営する川崎市川崎区の団体です。
団体の弁護士によりますと、「市内に住む男性らは、多くの在日韓国人や在日朝鮮人が生活する団体がある地区で、民族差別的な言動を繰り返していて、今月5日にもデモを計画しヘイトスピーチを行う可能性があり、業務を妨害されるおそれがある」として、団体の周辺でデモを行うことを禁止することを求めた仮処分を裁判所に申し立てしていました。
これについて、横浜地方裁判所川崎支部の橋本英史裁判長は「男性らの発言から計画されているデモでヘイトスピーチが行われる可能性が高い。新たに成立したヘイトスピーチを解消するための法律をみても、在日韓国人や在日朝鮮人などの平穏な生活は強く保護されるべきだ」と指摘し、団体施設の入り口から半径500メートル以内でデモを行うことや、大声を張り上げて差別的な意識を助長する行為を禁止する仮処分の決定を出しました。
デモを計画している男性を巡っては、川崎市は市が管理する2つの公園でこの男性が企画している集会について、民族差別的な言動を繰り返すヘイトスピーチが行われる可能性が高いとして、公園の使用を認めないことを決める異例の措置をとっています。

仮処分を申し立てた社会福祉法人、青丘社の三浦知人事務局長は「デモは私たちの住宅街、商店街に深い傷を残してきました。この決定をきっかけに、ヘイトスピーチに悩まされている全国の地域からこの異常事態がなくなってほしいです」と話していました。
また、同じ法人の施設で働く崔江以子さんは「この決定で地域の子どもたちがヘイトスピーチに怖がることはなくなります。新しい法律ができても、助けてもらえないのではないとか、繰り返されるならみずから命を絶ちたいと言っていた地域の在日コリアンのおばあちゃんもいたので、早く帰って報告したい」と話していました。

団体の代理人を務める神原元弁護士は「決定は、成立したばかりのヘイトスピーチを解消する法律を引用して出された初めてのもので、弁護団としては、今回の判断は、画期的、歴史的なものだと評価している。新しい法律は実効性について疑問があったが、決定を通じて今後裁判所の規範となることを確信したほか、この法律を作るために努力した人たちの成果だと感じている」と話しています。


【告知】

http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1013
2016年6月5日(日) 11時00分~12時30分の予定  
川崎発!日本浄化デモ第三弾!

川崎発!日本浄化デモ第三弾!参加の皆さんへ
再度、注意事項を申し上げます。

『悪法も法なり』
上記を実践出来ない方の参加はお断りします。
今回のデモは悪法である、
『本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律』
施行後初のデモです。
このデモの成功が次の段階、つまり悪法を無効化出来る『良法』を生む第一歩となります。
何よりも、我々は我慢が出来る誇りある戦う保守です。
悪法だからと法を無視すれば、福田紀彦川崎市長や、パヨク、劣化サヨクと同じになってしまいます。
上記を良く認識してデモを行いましょう。

ご意見を頂いたのでデモテーマを追加します。
『有田芳生参議院議員落選』です。
さらに、
『日本人の人権は無視!法務省人権擁護局!』
も追加します。

集合時間についてのご意見を頂きました。
このデモの集合時間は11:00と、公安委員会に届け出ております。
それより前に公園にいても構いませんが、デモ関連の行動は控えていただきたい、と言う意味です。

今回の川崎デモは、初の中原区で行います。
再開発やら、『○気タウン』とやらではしゃいでいる中原区の武蔵小杉駅周辺ですが…
其処で何故?高層居住施設からの植木鉢その他の投擲事件が続発するのでしょうか?
また、再開発に伴い出来た『市の施設』では『どの様な組織のどう言う内容の』イベントが行われているのかご存知ですか?是非、調べてみましょう!
更に、今回の【集合、待機場所】の公園の名が【平和公園】なのでしょうか?
一々言われなくても平和は大事ですよ。皆さんもそうお考えだと思います。それなのに何故何かにつけヘイワァとかの連呼が続くのでしょうか?

以下重要事項!

今回のデモ前では『集会を行いません!』
集会と思しき行為は禁止です。

○集合、待機場所は川崎市中原区平和公園です。
http://www.city.kawasaki.jp/shisetsu/category/30-14-0-0-0-0-0-0-0-0.html

○集合時間より前に参集されるのは、ご遠慮願います。
 止む終えず、若しくは撮影等の準備で、時間前に到着される方は【個人として行動して】ください。
○その際も警察より指示が有った場合は従って下さい。
○旗、幟、プラカード等の掲示物は、指示が有るまで、掲示、掲揚しないで下さい

○撮影、ニコ生、ユーストの方は、実績のある方のみ基本許可します。

○マスメディアの取材は、既に許可させて頂いた1社以外の方は、以下のメールアドレスに許可申請をお願いします。
 審査の上、諾否の連絡を差し上げる【場合が】あります。
 尚、神奈川新聞、朝日新聞、毎日新聞、TBS、NHK、東京新聞、及び左記系列の取材は拒絶します。
 また、上記の、無断(取材、撮影、インタビュー)があった場合は
 今後【申請の有無を問わず大手マスメディアの取材、撮影、インタビュー】について基本、禁止といたします。
 アドレス: kawasaki.hinomaru.demo@gmail.com

○主催者の意向に反する不規則発言等を行わないでください。
○上記を遵守いただけない方は参加をお断りします。
○但し、デモの運営、方針について、建設的なご意見がある方は、ご連絡頂く様お願いします。


http://www.koudouhosyu.info/skantou/scheduler.cgi?mode=view&no=1000
2016年6月5日(日) 15時00分~16時30分の予定
反日本共産党デモin帝都

反日本共産党デモ

戦後唯一だされた非常事態宣言は、朝鮮学校の閉鎖令に反発した在日朝鮮人が起こした大規模テロが原因ですが、当時その朝鮮人と一緒になってテロに加担したのが日本共産党です。戦後数十年たった今でもその本質は変わっておらず。保守系の街頭活動に対して違法カウンターを呼びかけ潰そうと躍起になっています。

「人権をまもれ!」共産党が好んで使う言葉ですが、震災に見舞われた熊本と隣県の被災者の事などお構いなしに原発停止をさけび、震災を自身のイデオロギーのために利用する共産党が言っても何の説得力もありません。

このような朝鮮人を優遇し日本人を蔑ろにする日本最大の差別主義政党の本性を周知するためにデモ行進を行います。

【日時】6月5日(日)
15時集合15時30分出発

【場所】渋谷 宮下公園 http://bit.ly/24Xe7qn



以下、天安門事件(北京大虐殺)の証拠画像を列挙します。

かなり、残虐な画像も多いので、ここで読み終える方は、
↓応援クリック↓お願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく ↑
 ( ∪ ∪
 と__)__)



■動画
NHKと朝日が絶対に放送しない映像
https://www.youtube.com/watch?v=t2rOMlQZ2HY



六四天安門事件・北京大虐殺

「天安門事件」(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)

「天安門事件」(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)

六四天安門事件・北京大虐殺

六四天安門事件・北京大虐殺

六四天安門事件・北京大虐殺

「天安門事件」(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)

六四天安門事件・北京大虐殺

「天安門事件」(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)

「天安門事件」(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)

「天安門事件」(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)

「天安門事件」(89動乱、64事件、六四天安門事件、北京大虐殺)



左:「さよならパヨク 」千葉麗子著(2016/4/16 )
中:「カエルの楽園」百田尚樹著 (2016/2/26)
右:「余命三年時事日記2」余命プロジェクトチーム著(2016/5/16)


左:カゴメ ふくしま産トマトジュース食塩無添加 スマートPET 720ml×15本
中:Panasonic 32V型 ハイビジョン 液晶テレビ VIERA TH-L32C6
右:「三島由紀夫が生きた時代 楯の会と森田必勝」村田春樹著(2015/10/20)


「民間人大虐殺した支那政府を支援し、日本国民を言論弾圧する日本政府やNHK(マスゴミ)は腐っている!」

と思う人は、↓クリックお願いします。↓





  ∧_∧
 ( ・∀・) よろしく
 ( ∪ ∪
 と__)__)

テーマ:報道・マスコミ - ジャンル:政治・経済

copyright © 2018 Powered By FC2ブログ allrights reserved.